色に関する資格をとりたいと思ってます。
カラーコーディネーターと色彩検定がありますが
私の場合どちらを受けていいのか
悩んでしまって質問をすることにしました。

●動機として●
今年からリハビリの学校で作業療法を学びます。
卒業後などの自分の道を広げるために
『福祉住環境コーディネーター』という
高齢者や障害を持つ方の福祉・医療・保健面と
住宅改修・福祉用具といった各種の知識を持ち、
また専門家と連携をとりながら、クライアントに
最適な住環境を提供する人材となるための資格を
とろうと考えています。

これに合わせて色の資格をとろうと思うのですが
カラーコーディネーターと色彩検定の
どちらをとるべきか迷っています。
どなたか良きアドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

カラーコーディネーター検定の方でしょう。



私の指導した学生達にはカラーコーディネーター検定2級をとったものと,
色彩検定2級をとったものがいますが,
色彩検定はファッション中心の内容が多いようです。
もともとファッション分野の色彩検定ということではじまったとのことで,
そういった雰囲気の内容が多くなっているようですが,最近の改訂では
色彩学全般にシフトしてきているということです。
色彩検定を受験した学生も,テキスタイルや染色の内容が出て,専門ではない(建築学ですので)ので難しかったということでした。
カラーコーディネーター検定は,もっと色彩学全般の内容になっています。
1級で分野を,ファッション,商品,環境の3つに分類していることからも,
色彩に関わる分野をきちんと整理して,包括的に問題をだすように考えていると思います。(住環境だけに絞り込んだ色彩関連の資格はないと思います)

気になる点としては,色彩検定は現時点では文部省のお墨付きになっており,カラーコーディネーターは商工会議所の資格であるという点でしょう。
ただ,危険物取り扱いといった,「もっていないと何かをしてはいけない」という資格ではありませんので,そういった意味合いでの価値はどちらも同じです。学生達には「持っていれば,色彩の基礎的な知識がある人で,そういう教育をする必要がないという証明になる」という説明をしています。
素材の色などの指定は,商品番号などの記号以外に,カラーシステムに関する知識があると,プロ相手に話が通じやすいです。明度,色相,彩度,照明などの知識も重要で,資格をとる目的以外に,色彩学は勉強する価値があると思いますし,環境計画全般に役に立つと思いますよ。

あと,カラーコーディネータ検定の場合,問題の多くは,商工会議所の発売している教科書をもとに出ます。いろいろ参考書も出ていますが,時々意外な問題があって,そういう内容はたいてい商工会議所のテキストにはふれられていることが多かったです。
3級は,受験すると言った学生のほぼ100%が合格できています。
内容的には,3級で実務には十分です。2級からは普通の人にとっては,難しい専門的な内容になっていきます。特に調査や心理に関する内容や実験方法などの内容が難しいと思います。

色彩検定の3級の内容は,コーディネーター検定の内容の半分程度です。
言い換えると,カラーコーディネーター検定は,色彩検定3級と2級の
中間程度のレベルの内容であると思います。
(とりあげられている内容から判断してですが)

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

カラーコーディネーター検定の方が
良さそうですね。
ご指摘があったとおり気になっていた点は
色彩検定が文部省認定であるということ。
でも色彩検定はファッション関係に向いているということ。

でも要は自分の目標のために
必要な資格をとることですよね。

しっかり勉強して自分の肥やしにしたいです。

お礼日時:2002/03/15 01:41

カラーコーディネーター検定だと思います。


詳しいことはNO1のformaさんがお答えになっているので書かないことにします。
私は福祉住環境コーディネーター検定を勉強している大学生です。去年カラーコーディネーター3級を取得しました。
私は家政学科の住居・インテリアコースで学んでいます。
私は住宅改修、福祉用具など高齢者に関する仕事をしたいと思い勉強をはじめました。カラーコーディネーターを受けたときは受けてみたいと思っただけでしたが。
カラーコーディネーター検定は改訂があって私が受けたときとは雰囲気が変わってしまったのでよくわからないですが、本屋にいってカラーコーディネーター検定と色彩検定の1級のテキストを見比べると自分の受けたいほうがわかると聞いたことがあります。
色彩検定かカラーコーディネーターかという質問は前にもしている人がいるので他の人の質問を見てみると参考になると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
カラーコーディネーター検定ですね。

やはりこの二つで迷う方は多いらしく
以前に質問していらっしゃる方の記事は
拝見していたのですがケース・バイ・私
となると迷ってしまうところがあって
今回質問させていただいた次第です。

実際テキストを見るのも手ですよね。
ありがとうございます。
早速本屋さんで1級のテキストを見比べて見ます。

お礼日時:2002/03/18 00:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q福祉住環境コーディネーター2級取得へのテキストの違いは?

私は「改定版」のテキストを持っています。発売中の物は「二訂版」です。かなり内容は違いますか?なんせ高価なテキストで購入しなければならないのか迷っています。教えてください。

Aベストアンサー

過去2級受験者です。

私が受験した年は、改訂版が出た年でそれに準拠した試験だったんですけど、古いテキストしか持ってませんで、買い替えもしませんでした。

結果、改訂版で加わった部分は全て不正解でしたが、そのほかの部分で補えたので、合格はしました。

あとからネットとかで調べていたら、改定部分だけ乗っているサイトなどもあったので、そこだけ見ておけば良かったと思いましたけど。今はそのサイトなくなったように記憶してますが、似たようなところはあるんじゃないでしょうか。

そういえば問題の基本テキストは持ってましたが、まともに見たことありませんでした・・・。問題集は最新版を購入し、それを繰り返し繰り返しやるのがポイントです。

Qカラーセラピスト、色彩検定について

カラーの勉強をしたいとおもっています。

希望はカラーセラピストになりたい・・と思っているのですが
具体的にはどういう方向性の試験を受ければいいのでしょうか?

ちなみにオーラソーマを勉強して、付属知識としてオーラソーマ以外の
カラーの資格をと考えております。

調べるとカラーの試験や資格といっても色々あるので
何が何に関連づいているのかよくわかりません。
そういう説明が書いてある書籍等も探しています。

とりあえず色彩検定というものを受けようかな?と考えているのですが
問題集はみつかるのですがテキストなるものが発見できません。
ひょっとして普通には売ってないものなのでしょうか?

もしご存知でしたら公式テキスト名称等おしえてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

色彩検定はファッション限定です。
カラーコーディネーターの方がいいと思います。

上記2種の検定を受ける人は、実社会で数年経験を積んでから資格を希望する事が多いです。
また資格があるからと言って希望の職種につけるとは限りません。

私はユーキャンの通信講座でカラーコーディネートを学びました。
物理などもあり少々難しめですが、数ヶ月勉強すれば2級が所得できます。

Q福祉住環境コーディネーター

初めて質問いたします。
今度11月に福祉住環境コーディネーターの2級を目指しております。
どなたか良い通信講座か通学講座をご存知の方がいれば教えてください。
現在、自分で本を買い勉強はしておりますが、覚えるのに苦労をしております。
よろしくお願いいたします。
(現在資格はありません。今後福祉関係の仕事に携わりますのでどうしても必要になります。)

Aベストアンサー

お勧めは3級も一緒に勉強する事ですね。
2級は3級を基礎として、プラス建築関係、障害者施策が加わってきますから。特に押さえたいのは脊髄損傷と建築基準法関連。
かなり細かく出題されますし、そこを逃げずにやることで差はつきます。教本をしっかり読み込んで図や用語も正確に理解したいですよね。
一応参考となる講座を挙げておきます。
まだ時間があるので、しっかり対策を立てて頑張ってください☆

http://fukushi-tsusin.com/

Q色彩検定 2級の範囲改訂について

昨年の冬に一度受けてあと少しだったので次回はもう少し勉強すれば受かるだろうとタカをくくっていたのですが、範囲の改訂にともない大きく変更されると聞聞きました。自分は別に美術などを専攻しているものでもないので興味で受けているので特に以前(もしくは今世の中にある)参考書しかありません。
やはりテキストを買って勉強する以外にないのでしょうか?できれば落ちたくないですし(次回からは忙しくなるので今回がラストチャンスだと思ってます)。

できればどこが変更されたのわかる方いらっしゃいましたら教えていただきたいです。その部分を図書館にでもかじりついて調べたいと思います。自分では、どこが変わったのかすらあまりわかりませんでした…

わがままな質問かもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

色彩検定1級受験者です。

今年からテキストが大幅に改訂されたということは聞きましたが、
範囲が改訂されるということは初めて聞きました。

範囲改訂についてはHPでも触れられていませんし、
書店で公式テキストを見てみましたが、私としては「使いにくくなったな~」程度の改訂で、
内容が変わっている雰囲気はなかったです。

多分、テキスト改訂のことをお聞きしたのではないでしょうか?

参考URL:http://www.aft.or.jp/index.html

Q自分は色音痴で、そんな状態で色彩検定試験を受けようと思いこれから勉強を

自分は色音痴で、そんな状態で色彩検定試験を受けようと思いこれから勉強をするのですが…
勉強方法や受験する際の注意点等何かしらのアドバイスを賜れないでしょうか?

Aベストアンサー

色音痴というのが単に「色彩的センスがない」という事なら、何ら
問題ありません。マンセル表色系にしても、PCCSの色相環にし
ても、暗記で機械的に答えられる問題だからです。確かに色の名前
の由来の問題や配色(ドミナント効果やトーンなど)の問題はやや、
そういうセンスは求められますが、それでも繰り返し問題集を解け
ば、かなりの部分は応えられるハズです。それに、色そのもの以外
にも、照明やインテリア、目のしくみなど、知識系の問題は結構あ
ります。1級はともかく、3、2級なら大丈夫だと思います。まあ、
その勉強をする中で、少しでも色音痴が改善すれば十分、成功だと
思います・・・


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報