3相3線式200vのモーターでS相が欠相になり、サーマルがトリップしていました。なぜ欠相でトリップするのか、調べてみたのですが「欠相による過電流」や「過電圧になり、モーター焼損」などしか書いておらず理屈がわかりません。単に単相でまわそうとしているので過負荷状態になっているだけなのでしょうか。教えてください。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

3相モーターの特性として1相が欠相したときは残った2相の電流が√3倍つまり1.73倍の電流が流れます。


このためサーマルが動作して電源を遮断し焼損を防止しています。
また、「単に単相でまわそうとしているので過負荷状態になっているだけなのでしょうか。」
は、3相電力=√3VIcosφの電力を消費していたモーターを単相で回そうとするためVIcosφの電力しか供給されないため。電流が√3倍となります。
ご参考までに。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
なるほどです。
なんとなくだったのが、明確になりすっきりしました。

あとキルヒホフの法則のよるR相の先の分岐点a(デルタの1点)での
Ir+Ica-Iab=0(S相の先c、T相の先b)はこのとき√3Ir+0-√3Iab=0
と考えていいのですか。

補足日時:2002/03/19 23:05
    • good
    • 2

若干、説明を


電動機の保護方式は1.温度検出によるもの2.運転電流を検知する方法が有ります。
一般の低圧電動機ではサーマルリレーによる保護方式を用います。この方式は、電動機の熱特性に対応させ、電動機の入力電流の応じた動作させます。

欠相運転の場合には、(1)電源が欠相状態で始動する場合と、(2)運転時に欠相する場合が考えられます。
(1)の場合回転せず、定格電流より大きな欠相電流が流れます。よって、サーマルリレーが動作します。
(2)の場合は、2通りの状態が発生します。
電動機側のトルクが負荷トルクが大きい場合には、次第に停止します。その途中で(1)の場合と同じとなりサーマルリレーが動作します。
電動機側のトルクが負荷トルクより強い場合は、回転は止まりません。このときの運転電流は正常時の運転電流と異なりますが、トルクの大きさによってはサーマルリレーが動作しない領域が有ります。
モーター巻き線がΔ又はY結線で異なりますが、モーター巻き線が発熱する事になります。
詳細はとばして、標準のサーマルリレーは15KWまでと覚えておいてください。
そのために2Eリレー付き製品出ていますので、メーカーの対応表などを参照してみて下さい。
モーターの故障には、欠相以外に拘束や過負荷などもあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

今回の場合、(2)の状態から停止しトリップしていたので
負荷トルクの方が大きかったということになりますが、
トルクの大きさにより、単相でもきっかけさえ与えてやれば
回ることもありうるということですね。

逆に、回っていても欠相状態の可能性もあるということか。

標準サマールリレーは15KWも覚えておきます。
今回のは1Eだったのでやはり(2)がばっちりあてはまります。

とてもわかりやすい解説で、実務にも役立ちそうです。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/20 21:35

サーマルの電流検出は、どうなっていますか。


1線づつでしたら線電流の過電流ですが、3線を一緒に検出していれば、0相電流でトリップします。(電源がスターで中性点接地のとき)
欠相運転は、故障の原因になりますから、そのようにして検出していると思われます。
検出している部分を調べてください。回路図は、有りませんか。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。
回路図はないと思いますが
検出方法は調べてみます。

補足日時:2002/03/19 22:58
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相図・状態図の役割って?

良く、物理系の教科書・論文等に○○相図(状態図)が記載されていて、状態別に統計的に記述されていますよね?

その相図の役割というのは何ですか?状態をグラフにして何か利点があるんでしょうか?

ただ単に、状態を区別しているようにしか解釈できません。
「相図?それが何か?」という感じなんですが・・・

Aベストアンサー

>統計的に記述さ
とは言いがたい部分もあるのですが。

相変化付近では、状態方程式のように状態に関係する法則がおかしくなります。有効桁があっていれば良いほうで、「対数で1桁(つまり1/10から10倍の範囲)であっていたから、まー、使えないことはないだろう」なんてことがあります。このように状態の関係する法則の限界を見るために使います。

ぶしつの精製、蒸留・しょうせき・ちゅうしつ、、、等に使います。
最近の話題では、くず鉄中に含まれる亜鉛の除去、亜鉛の沸点を使っています。

窯業関係ですと、ゼーゲル式の補助です。Ca-Al-Si系酸化物の酸性分系状態図を見て、CaOの代わりにこの位他の金属を入れてみて、限界はこのくらいたから、最大添加はこのくらい。なんて、範囲を大雑把に定めるのに使います(うまくいかないことがわかっている試料をつくりたくない)。

金属関係ですと、多くの場合、単一成分ではありません。複数の成分が混ざっています。この混ざっている状態を特に作る場合に使われます。たとえば、応力腐食割れ(折ったか山で全日空きの圧力かくへきが破壊されて、坂本九他が死亡したのが有名)の原因が、この成分が多いとき、ということがわかっている合金の場合、冷やし方を変更すると「この成分」の生成を押さえることが出きる場合があります。逆に、ちょっと焼きなましてやると「この成分」が大量にできて簡単に応力腐食われを起こします。「やきなまし」の温度を決定するのに使います。

ただ、いずれも、「なんかおかしいな」というときにみると納得できる、わけで、研究者以外の方は、使うことはないと思います。技術者が、「なんかおかしいな」と思うような原因を潰してから工場(生産)に引き渡しますし、出荷物の「おかしなこと」に対しては警告文を説明書に書きますので、ちょっとわからないでしよう。

具体的内容は言えないのですが、新聞で「新技術が開発された。これにより大量生産が可能になった」と報道された内容ですが、昭和の初めから1970年代に書けて研究報告された状態図のコピーを国会図書館で入手して、運転条件をちょっとずらしただけです。
誰もが口をそろえて言います「そんなこと俺だって出きる」と。しかし、状態図のコピー1枚から読み取れる方はいませんでした。たった1名の該当分野が専門外でちょっと趣味で状態図の読み方を知っていた「同級生の誰もが口をそろえて言う、本人自らが認めている、どうしょうもない馬鹿」が一言発言しただけで開発された「新技術」です。

気がつかないと、使い方はわからないでしょう。

>統計的に記述さ
とは言いがたい部分もあるのですが。

相変化付近では、状態方程式のように状態に関係する法則がおかしくなります。有効桁があっていれば良いほうで、「対数で1桁(つまり1/10から10倍の範囲)であっていたから、まー、使えないことはないだろう」なんてことがあります。このように状態の関係する法則の限界を見るために使います。

ぶしつの精製、蒸留・しょうせき・ちゅうしつ、、、等に使います。
最近の話題では、くず鉄中に含まれる亜鉛の除去、亜鉛の沸点を使っています。

窯業...続きを読む

Q単相2線式と三相3線式

どちらの電圧降下率が大きいのですか?その理由も教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

質問には条件が書かれていないので(同一の電線とか、電線量が同
じとか)正しい回答はできませんが...

電線量を同じと仮定すれば、単相2線と三相3線で送れる電力比は、
(sqr(3)/2)ですから、同一の電線で同一の電力を送ったならば
三相3線式の方が電圧降下率は小さくなります。

計算とか理屈は、初歩的な電気工学とか電気計算の本を見れば必ず
載っていますのでここで質問をするよりも本を見た方が早いと思います。

基本的には
2×ρ×(L/A1)×I1^2=3×ρ×(L/A3)×I3^2
の関係が成り立ちますのですぐ分かると思います。
三相3線の電圧降下は
sqr(3)×I×(Rcosθ+Xsinθ)=(PR+QX)/Vr
です。

もし同一の電線で同一の電力と言うなら、計算するまでも無く三相3線
の方が1本あたりの電線に流れる電流が小さいんですから電圧降下は
小さいです。

Q九相図について

九相図について

美女の死体が白骨となってゆく様を描いた「九相図」という絵巻があります。
何種類かあるようなのですが、実際に展示されている場所(出来れば関東近郊)をご存知でしたら、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

やはり国宝である六道絵「人道不浄相図」が圧巻です。
滋賀県大津市にある聖衆来迎寺蔵のものですが、毎年8月16日の虫干会(むしぼしえ)に展覧されます。

また、資料集としては、
岩田書院『九相図資料集成 死体の美術と文学』がたいへんおすすめです。

Q単相3線式について

こんばんは。説明するのがヘタなのではわかりにくいかも
しれませんが、詳しい方教えて頂ければ幸いです。

単相3線式で、電圧(100v)のかかっている電線をRとT、
接地されている電線をNとすると

R-T間 200v
R-N間、T-N間 100v

になっていると思いますが、
この時にR相とT相の位相は180度ずれているのでしょうか?

また、この場合電柱に設置されている変圧器で3相6.6kvから
100v/200vに降圧する際に3相の位相差120度から
180度に変換?されるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.4のymmasayanです。補足にお答えします。

>トランス2次側のR-T間が200Vで、その中間にNというタップを取ったと
>考えればよろしいでしょうか?

全くそのとおりです。

>それと3相から1相からだけ取り出すと不平衡になってしまうと思いますが、
>何か対策?はあるのでしょうか?

単相負荷群を3等分して各相に割り振ります。それしか方法はありません。
当然トランスは3つ必要です。
柱上トランスも1個づつ別の相に割り当てて、不平衡にならないようにしています。

Q相図とクラペイロンの式

大学のレポで、相図とクラペイロンの式の関連について説明しなきいけないんですが、クラペイロンの式が温度と蒸気圧の関係を示していて相図と密接に関係あることはわかるんですが、説明しろと言われるとうまく説明できません。何かいい説明の方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

dp/dT の符号とΔv(体積変化)の符号が同じですから,
T-p 平面での相転移線の右上がり or 右下がりと
Δv の符号が関係します.
水の液体-固体線の傾きと,氷が水に浮かぶことなど結びつけるのは
面白いんじゃないかと.....

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=562554
で Umada さんが水の相図を描かれています.

Qモールドトランスの一次側MCCBがトリップする原因は何かありますか?過負荷以外でありますか?

モールドトランスの一次側MCCBがトリップする原因は何かありますか?過負荷以外でありますか?

Aベストアンサー

無負荷でトリップするのであれば、トランスの絶縁不良です。

Q相図(状態図)の見方

相図の見方が良くわからずに困っています。詳しい本、ホームページ等をお教えいただけると大変助かります。
具体的には、2成分の酸化物の固液の相図でいくつかの化合物ができる場合です。温度の昇降をした際の組成変化等を詳細に理解できると助かります。また、急冷した場合のことも知れると助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

鉄-炭素系の平衡状態図です。
一番上の線が液/固線です。
途中の区切りは化合物の状態の区切りです。

ある温度から急冷するとそのときの組織のままで固まります。
いわゆる焼きが入った状態になります。

参考URL:http://www.jfe-21st-cf.or.jp/jpn/chapter_3/3a_2_img.html

Qガラス面の貫流(通過)熱負荷には、結露による潜熱負荷が何故入らないのですか? ビル管過去問 【

ガラス面の貫流(通過)熱負荷には、結露による潜熱負荷が何故入らないのですか?

ビル管過去問
【 建築物の熱負荷に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
(1) 負荷計・・・~
(4) ガラス面の貫流(通過)熱負荷は、顕熱負荷と潜熱負荷である。
(5) TAC・・・~
解答 (4)】
上記のビル管過去問にて解答が(4)で理由が潜熱負荷が無いかららしいのですが結露による潜熱はあると思います。
何故、結露による潜熱は含まないのでしょうか?

Aベストアンサー

単純に暖房負荷計算の場合は、すきま風以外の潜熱は計算しないからですよ。(すきま風は、直接室内の空気と混合して、潜熱負荷となります)
結露する場合は、除湿分の熱量は貫流顕熱です。(つまり、貫流顕熱を計算してあれば良い事になります)
窓面の結露は、結果として、室内の顕熱負荷を減らすので、全体で見れば、暖房負荷としてはバランスする事になります。
加湿量としては、結露の場合は、窓の貫流顕熱負荷の一部として、その潜熱負荷は見込まれていますから、暖房負荷としては、加湿用の加熱量を増す必要はありません。(最初から、その分は加湿用の熱量として見込まれている事になります)
実際は、人体の発汗や室内の水の蒸発による潜熱増加もあるわけですが、暖房負荷計算の場合は、安全側として、これを考慮しません。
冷房負荷計算の場合は、ガラスは非透湿材料なので、貫流熱量は、顕熱だけとなります。
回答のポイントとしては、すきま風以外の潜熱負荷を計算するのは、冷房負荷計算の場合だけで、ガラスは非透湿材料なので、顕熱しか貫流しないと言う事ですね。

Q合金の状態図と相図

合金の状態図と相図
鉛・スズ合金の冷却曲線を作成して、
鉛ースズ系状態図の状態図を描きたいのですが、やり方がわかりません。
どなたか教えてください!

Aベストアンサー

多分もっとも単純挙動をする組み合わせと思います。
Pb純品、Sn純品、それからPbとSnのモル比を振った混合サンプルを用意します。
坩堝で昇温して融解し、これを熱電対で温度を計測しながらゆっくり放冷します。純品はそれぞれの融点で凝固が始まります。温度を時間に対してプロットすると、一旦過冷却したのち温度が凝固点まで上がり、凝固中は一定温度になるはずです。横軸に(例えば)Snをx=0にとればx=0の位置がSnのモル分率が1です。縦軸を温度とします。Snのモル分率が1のところにSnの融点がプロットされます。Pbは反対側のx=1でモル分率1になります。こちらにPbの融点がプロットされます。
あるモル比の混合物を融解させ、放冷すると、あるところで一方が凝固し始めるはずです。ここで凝固曲線(温度vs時間プロット)が折れ曲がります。その折れ曲がりの温度を当該モル分率の位置に対応させてプロットします。たとえばSnがrichの側での凝固の開始はSnの析出です。ここがプロットされます。液相がすこしずつPbがrichになるように変化します。そしてあるところ(共融点)で両方とも凝固します。そして完全凝固になるまで温度はフラットになります。
他の組成でも折れ曲がりは2箇所ですが一方(早く析出する方)が析出開始をする温度が違います。x=0あるいはx=1に近いほど、対応する純物質に近い温度でrichな成分の凝固が開始します。(凝固点降下に対応)また、共融点の折れ曲がり温度は共通です。
丁度共融混合物ならば、共融点で一気に凝固が始まるのでそこで温度曲線はフラットになります。
最初の折れ曲がりから上が液相です。共融点の温度から下は固体です。一つ目の折れ曲がり温度と、共融点の温度の間は一方の成分の固体と液体のMixです。
もし複雑な相をもつものならば、折れ曲がり箇所は他にもあったりして挙動は複雑になります。

多分もっとも単純挙動をする組み合わせと思います。
Pb純品、Sn純品、それからPbとSnのモル比を振った混合サンプルを用意します。
坩堝で昇温して融解し、これを熱電対で温度を計測しながらゆっくり放冷します。純品はそれぞれの融点で凝固が始まります。温度を時間に対してプロットすると、一旦過冷却したのち温度が凝固点まで上がり、凝固中は一定温度になるはずです。横軸に(例えば)Snをx=0にとればx=0の位置がSnのモル分率が1です。縦軸を温度とします。Snのモル分率が1のところにSnの融点がプロットされま...続きを読む

Q普通のモーターとインバーターモーター

とあるポンプに”インバーターモーター”が装備されています。
回転制御のため別途のインバーター(回路)が必要なのですが,
今回は回転制御は必要ないんです。
そこでインバーター回路はつけないんですが、
ポンプにはインバーターモーターがついています。
こうした場合,インバーターモーターの意味があるのでしょうか?
また、インバーター回路が付属しない、インバーターモーターって
普通のモーターとどう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

通常、モータには発生する熱を放散するために後部にファンが付いています。
通常のモータは一定のスピードで回転するので問題ないのですが、
インバータ駆動をすると周波数の変更により低速回転が出来るようになります。
その際、ファンが遅く回転するために熱の放散がうまくいかなくなります。
その弱点を克服したものがインバータモータとなります。
(熱に対して強化してある)
更に、低回転でもトルクの落ち込みがない(6Hz~60Hzの範囲)
といった特徴を持っています。
インバータモータをインバータ無しで駆動させても問題はありません。
普通のモータと同じように使えるだけです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報