はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

三相誘導電動機で欠相した場合の電流値

三相三線デルタ結線の電動機で、U、V、W各線にXアンペア流れているとき、Vが断線したとします。
このとき、単相運転になってしまいますが、U、Wに流れる電流値は何アンペアになりますが?
(三相のときの何倍になりますか?)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1で回答すたdaiteiです。


質問者のレベルがわからないので、先には簡単に書きましたが
もうすこし補足します。
運転中に断線(1相欠相)した場合の状況は、大きく分けて
3種類あります。(1)スター結線された電動機(3.7Kw以下に多い)の
1線欠相。(2)デルタ接続されたデルタの外で断線した場合。
(3)デルタ接続された、デルタ内で断線した場合。・・の3つのケース
があります。デルタ内で起きた場合以外は、((1)と(2)の場合)
全負荷運転時の電流の173%程度になるというデータが
有ります(メーカーの資料)。
デルタ内で断線した場合((3)の場合)はV結線になり、3線とも電流は流れていますが、1本は全負荷電流の150%、残りの2本は87%と逆に減少します。一般のサーマルスイッチは2つの線(R相、T相)にヒートエレメントが入っていますが、S相には、入っていません。
このため。デルタ内の断線の場合は、確率的に検出できない場合があります。このようなことを防ぐため、3素子サーマルという物が用意されていて、どの相でも増加すれば検出できるような商品があります。
一般に3.7Kw未満の電動機は構造的には簡易なスター結線になっていますので、普通の2素子サーマルで欠相保護できますが、
3.7Kw以上のデルタ結線の電動機は3素子サーマルでないと、
保護できない場合があります。
さきの回答では、判らないと申しましたが、
全負荷時の電流に対して、結線方法により、
またどこが欠相したかにより電流値も増える相もあり、減る場合もあるというのが正しいと思います。あまり小さな電動機で、負荷が軽い場合は、検出できるほど、増えない場合も有るようです。 
    • good
    • 7
この回答へのお礼

丁寧な長文の説明、誠にありがとうございました。

お礼日時:2007/11/12 18:58

負荷の(重さ)状態により、一概に言えないと思います。


もともとの設計が余裕があったか(例えば全負荷の20%とか)
または、全負荷に近い状態であったかなどの状況ににより、
増えることいは間違いありませんが、割合はわからないないと思います。ヒータのような負荷ならば計算で出ますが電動機では
判らないと思います。
欠相の場合はサーマルスイッチでも検出できますので、120%以上にはなると思います。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q欠相によるサーマルトリップ

3相3線式200vのモーターでS相が欠相になり、サーマルがトリップしていました。なぜ欠相でトリップするのか、調べてみたのですが「欠相による過電流」や「過電圧になり、モーター焼損」などしか書いておらず理屈がわかりません。単に単相でまわそうとしているので過負荷状態になっているだけなのでしょうか。教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

3相モーターの特性として1相が欠相したときは残った2相の電流が√3倍つまり1.73倍の電流が流れます。
このためサーマルが動作して電源を遮断し焼損を防止しています。
また、「単に単相でまわそうとしているので過負荷状態になっているだけなのでしょうか。」
は、3相電力=√3VIcosφの電力を消費していたモーターを単相で回そうとするためVIcosφの電力しか供給されないため。電流が√3倍となります。
ご参考までに。

Q三相誘導電動機の運転中の欠相電流について

三相誘導電動機の運転中に欠相が発生した場合の電流値に
ついて悩んでいます。

三相誘導電動機は運転中でも、欠相した場合は電流値は三相時よりも増えます。
その電流が増える倍率や理屈について いろいろな参考書や雑誌・ネット検索を
読んで勉強しました。
そして実測もしてみましたが、完全明白な理解には至らず、
それらをもとにして推測した自分の考え方があっているかどうかについて悩んでいます。

ですので、教えてもらえないでしょうか?

では、何点かにわけて質問させてください

(1)電流の倍率は、三相と単相の電力の差である√3によるものだと考えていいでしょうか?
  (同じ負荷を回転させるためには同じ電力が必要 だから約√3倍になる)

(2)(1)は参考書をもとに考えました。それに加えてある雑誌も読んでみました。
  その中でも やはり(1)同様に同じ負荷を回転させるから同等の電力が必要なような
  ことが記載されていました。
  ただ 参考書と違うのは約2倍になるというところです。
  対象座標法から解いていき単相時の電圧が0.5倍となるので電流は約2倍ということでした。 
 (1)の√3とどちらが正解なのでしょうか??

 
√3(約1.73倍)も2倍もたいして違いはありませんが なんかもやもやしています。

すいませんが 教えてもらえないでしょうか?

三相誘導電動機の運転中に欠相が発生した場合の電流値に
ついて悩んでいます。

三相誘導電動機は運転中でも、欠相した場合は電流値は三相時よりも増えます。
その電流が増える倍率や理屈について いろいろな参考書や雑誌・ネット検索を
読んで勉強しました。
そして実測もしてみましたが、完全明白な理解には至らず、
それらをもとにして推測した自分の考え方があっているかどうかについて悩んでいます。

ですので、教えてもらえないでしょうか?

では、何点かにわけて質問させてください

(1)電流の倍率は、...続きを読む

Aベストアンサー

#5補足に関して。
どの雑誌かまではわかりません。電気機器を扱う雑誌は数誌程度でしょうから、その中のどれかだろうなというあたりまでは想像できますが。

理論的な取り扱いとしては、大学電気工学科での電力工学(対称三相法)、電気機器(誘導機)で習う範囲かと思います。学年としては、3,4年くらいのところでしょうか。もし、理論的な裏づけを押さえたいということでしたら、全体を網羅している解説書やハンドブックの類(全体を網羅している分、個々の事柄は簡潔にまとめられている)と、細部を記述した電力工学や電気機器の教科書を併せて読まれるのが良いかも知れません。(教科書だけだと、対称法と誘導機を関連させての把握がしにくい面もあるかと思います。)

こういうのを扱いなれている分野、となると、電力制御や回転機制御に携わられているところ(今回の問題だと誘導機の特性によるところが大きいので、回転機制御の分野かな)、ということになるかと思います。

実務で扱う、ということになると、実際の機器では非線形性があるので線形なモデルで計算した場合から若干ずれるでしょうし、それ以外の要因(たとえば、通常運転時も電圧のひずみや非対称性がある)もあるでしょうから、(理論的な背景は頭の隅に残しておくとして)ざっくり「2倍弱」という程度で良いかなと思います。

#5補足に関して。
どの雑誌かまではわかりません。電気機器を扱う雑誌は数誌程度でしょうから、その中のどれかだろうなというあたりまでは想像できますが。

理論的な取り扱いとしては、大学電気工学科での電力工学(対称三相法)、電気機器(誘導機)で習う範囲かと思います。学年としては、3,4年くらいのところでしょうか。もし、理論的な裏づけを押さえたいということでしたら、全体を網羅している解説書やハンドブックの類(全体を網羅している分、個々の事柄は簡潔にまとめられている)と、細部を記述した...続きを読む

Qモーターが焼損しているかどうか調べる方法

三相200vのモーターが焼損しているかどうかを調べるにはどうすれば最も良いでしょうか??メガテスターをつかって調べると良いようなのですがよくわかりません。匂いである程度わかりますが、もっと確信が持てる方法を知りたいと思います。どなたか詳しい方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

モータの主な故障原因とその確認法について私見ですが書いて見ます。
(1)ベアリング故障:小型モータであれば、軸を手で回転させて、滑らかに回るかどうかを確かめる。
(2)断線:テスターの抵抗レンジで、巻線間の抵抗値を測定する。アンバランスがあると断線の可能性あり。
(3)絶縁破壊:メガー(500V)で巻線と外枠の間の絶縁抵抗を測定する。JISC4004の基準では0.2MΩ以下が不良とされるが、これは水中ポンプなど使用環境の良くない場合であり、通常の環境なら1MΩを下回るようであれば要注意。
(4)総合:通電して無負荷で運転中の電流、振動、騒音、臭気などの異変を確かめる。

Qモータコイルの焼損の原因は?

三相誘導電動機のコイルが焼損してしまいました。

原因を突き止めようとしているのですが、
考えられる原因をお教え下さい。

また、機械の運転の仕方で、1秒運転→89秒停止の繰り返しで1年半ほど動かしておりました。
この様な運転方法がコイル焼損と関係があるのでしょうか?(モータに過負荷を掛けてしまったとか?)

Aベストアンサー

定格以上の負荷運転による異常な温度上昇及び経年による絶縁劣化で巻線の短絡に至る現象です。

電動機の中の巻線は巻線間及び巻線-本体間でショートしないよう絶縁物質で包まれています。
この絶縁物質は熱や使用期間が長くなる事で絶縁する能力がだんだん落ちていきます。

電動機の起動時は電流が定格の7倍程度流れ、一気に熱が発生するので、電動機の寿命を短くする一番の要因です。
悪いことにこの起動電流の熱はコイルばかり温度が上がり、本体に伝わってくるころには、中はさらに熱くなっていて、電動機本体温度からは推測が困難です。
(起動停止の回数が少ないほど電動機にやさしい。)

容量にもよりますが、数10kW以上の電動機であれば、通常許容起動頻度が有り、一般的な電動機は連続運転状態から1回停止して起動すると次に停止して起動する際には1時間以上停止させる必要が有るというくらいの物です。
ほぼ1分間隔で寸動を繰り返しておられたようなので焼けて当然です。1年半もよく持ちこたえたと思います。

電動機を新品にしても、また同じ事になります。
電動機メーカに許容起動間隔を問い合わせその範囲内で使用するようシーケンス(運転停止間隔)を変更する必要が有ります。
これが許容できない場合は、電動機を熱容量の大きな物にする、台数を増やし1台の起動頻度を減らすなどの対策が必要です。

定格以上の負荷運転による異常な温度上昇及び経年による絶縁劣化で巻線の短絡に至る現象です。

電動機の中の巻線は巻線間及び巻線-本体間でショートしないよう絶縁物質で包まれています。
この絶縁物質は熱や使用期間が長くなる事で絶縁する能力がだんだん落ちていきます。

電動機の起動時は電流が定格の7倍程度流れ、一気に熱が発生するので、電動機の寿命を短くする一番の要因です。
悪いことにこの起動電流の熱はコイルばかり温度が上がり、本体に伝わってくるころには、中はさらに熱くなっていて、電...続きを読む

Qモーターの定格電流の出し方

三相200v5.5kw定格電流22Aのモーターなんですが全負荷運転で22Aの電流が流れるって事で良いのでしょうか?
ちなみに定格電流が分からないモーターの電流値の出し方は5500/200×√3なのでしょうか?
そうすると定格電流が違ってくるので・・・
勝手な考えなんですが力率を70%って考えればよいのでしょうか?
調べていくうちにだんだん分からなくなってきちゃいました
もし宜しければ教えていただきたいのですが

Aベストアンサー

・全負荷運転で22Aの電流が流れる
で、OKです。

・定格電流が分からないモーターの電流値
5.5kWは軸出力なので、電気入力(有効電力)に換算するために、効率で割る必要があります。
次に、皮相電力に換算するために力率で割る必要があります。
結果、
{出力/(力率*効率)}/(√3*電圧)
ということになります。

モータの力率や効率が不明の場合には、
JISC4203 一般用単相誘導電動機
JISC4210 一般用低圧三相かご形誘導電動機
JISC4212 高効率低圧三相かご形誘導電動機
で規定されている効率や力率を使うことになるかと。
(これらの規格には、各容量について電流が参考値として記載されていますが)

Q3相電動機の消費電力の求め方

3相電動機の消費電力の求め方について質問です。

定格電圧 200V
定格電流  15A
出力   3.7KW

上記の電動機ですが実際の電流計指示値は10Aです。
この場合の消費電力の求め方は
√3*200*15=5.1KW
3.7/5.1*=0.72
√3*200*10*0.72=2.4KW
消費電力 2.4KW

このような計算で大丈夫でしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

出力は軸動力を表しているので、消費電力はそれを効率で割る必要があるかと思います。
概算で出してみると、定格での効率が85%程度と仮定すると、定格時の消費電力は3.7/0.85=4.4kW程度になります。
この時の一次皮相電力は、5.1kVAで、無効電力Qnは√(5.1^2-4.4^2)=2.6kVar程度になります。

この無効電力は励磁電流が支配的でしょうから、負荷によらず変わらないとすると、軽負荷時に線電流が10Aになったときの皮相電力は√3*200*10 で3.5kVAで、このときの有効電力は√(3.5^2-2.6^2)=2.3 kW という具合になりそうに思います。

Q三相誘導電動機の一相断線・・・

以前、単相誘導電動機について教えていただきながらこのような質問を申し訳ございません。
いろいろ参考書等で調べ、勉強したのですがどうなるのかは載っているのですが、なぜそうなるのかがでていません。
(1)三相一次巻線のうち、一相の巻線が運転中に断線するとどうなるのか?
→そのまま運転を続ける(すべりが増加するや負荷電流が増加するのは別にして)
(2)なぜ運転をつづけるのか?・・・過去のプリントの中に
→いわゆる単相誘導電動機となり、運転中は二相巻線による交番磁界によって交流が誘導されて回転磁界が発生しているので運転を続ける

とありました。また、これ以外の答えはどの参考書にもありませんでした。
ここで、
(3)1次巻線については、Y結線とΔ結線がありますが、Y結線で1相(たとえばa相)が断線した場合、コイルは2相(b、c相)が残ります。しかし、これは直列につながっているだけなので1つ・・・いわゆる単層巻線になってしまうという理解でよいのでしょうか。→これにより単相回路になるので交番磁界になる?
一方Δ結線で1相(たとえばa相)が断線した場合、同じようにコイルは2相(b、c相)が残りますが、Y結線と違い、三線で2つのコイル・・・いわゆるV結線になるのではないでしょうか。→この場合2相巻線になるのであればこれは回転磁界をつくるのでしょうか?

(4)1次巻線の2相が断線した場合について
→Y結線でもΔ結線でも1次側の回路が成り立たなくなり電流が流れないことから当然停止すると・・・。

(5)一方2次巻線が断線した場合についてはどのようになるのか記述された文献がありません。運転中に二次側の巻線が断線した場合どのようなるのでしょうか。またそれはなぜなのでしょうか。

 

以前、単相誘導電動機について教えていただきながらこのような質問を申し訳ございません。
いろいろ参考書等で調べ、勉強したのですがどうなるのかは載っているのですが、なぜそうなるのかがでていません。
(1)三相一次巻線のうち、一相の巻線が運転中に断線するとどうなるのか?
→そのまま運転を続ける(すべりが増加するや負荷電流が増加するのは別にして)
(2)なぜ運転をつづけるのか?・・・過去のプリントの中に
→いわゆる単相誘導電動機となり、運転中は二相巻線による交番磁界によって交流が誘導され...続きを読む

Aベストアンサー

(1)(2)と(3)のY結線の部分は#1さん回答のとおりかと思います。
(3)のΔ結線でコイル一相の断線(想定しているのはコイルの断線で給電線一本の断線ではないですよね?)の場合には、内部に回転磁界が形成されるでしょう。(きれいな回転磁界になるか、楕円状の磁界になるかはチェックしてみる必要がありますが。(感覚的には、きれいな回転磁界になっていそうな気がします。))
(4)コイル2相の断線(給電線2本の断線ではなくて)の場合、Yだと電流は流れませんが、Δ結線だと1コイルが残っていてこれに線間電圧がかかるので、交番磁界ができます。
(5)二次巻き線の断線
かご型の場合、一相の断線というのはありません。二次導体が一本切れて(という状況は想像しにくいですが)も大勢には影響しないように思います。
巻き線型の場合、二次が大抵はY結線になっているかと思います。一線が切れた場合、二次電流による磁界は交番磁界になりますが、(感覚的には)固定子の回転磁界との相互作用で脈動しながらも回転方向のトルクは発生するように思います。(確かめては無いので、、、)

Q漏電遮断器の原理を教えて下さい

現在専門学校で電気を勉強しているものです。

漏電遮断器の原理がいまいちよく分かりません。

特に接地(アース)していないと漏電遮断器が働かないという根拠が分かりません

電気に詳しい方、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと、電気が流れている電気製品で、電線の被服が破損して電気製品のボディーに接触したとします。この時破損した側の電線がアース側なら電位が同じなので何も起きません。また反対側でも電気製品のボディーが完全にゴムか何かの絶縁体の上に乗っていれば漏れ電流が流れないので漏電遮断機は働きません、あくまで遮断器のところを通る電流の差が規定値(50mA程度)を超えた場合のみ働きますから。ここでこの電気製品のボディーを地面に接触(アース)させると電流がボディーからトランスのアース側へと流れて漏電遮断機に流れるプラスマイナスの電流値に差が出て漏電遮断機が働くことになります。つまりこの意味で、アースしていないと漏電遮断機が働かないのであって、漏電遮断機そのものをアースする必要は全くなくまたそんな端子もありません。

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと...続きを読む

Q三相電力のUVWとRSTの違いについて

三相電力にはU相V相W相がありますよね?これはR相S相T相とどこが
違うのですか?
また、各相は発電したときから決まっているのですか?
素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。

有効電力がPowerから、P となった後
単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして
Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。
・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z

相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として
 XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。
XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが
既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。
1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。

Q単相モーターと三相モーターの違い。その利点と欠点。を教えてください。

位相の数が違う。といってもその「位相」って言葉から複雑怪奇。バカにでも理解できるようにわかりやすい言葉で教えてください。
単相と三相の利点と欠点。使い分け方。マメ知識なんぞ教えてください。
恥ずかしくて誰にも聞けないんです。

Aベストアンサー

一番大きな違いは、簡単な構造で、起動できるか(自分で回転を始められるか)どうかだと思います。一番簡単な構造である 誘導電動機で三相の場合はスイッチを入れるだけで回転を始めますが、単層の場合は、唸っているだけで回転を始められません。単相電動機でも何らかの方法で回転させれば、(例えば手で回しても良い、回転方向は、回してやった方向で決まる。)回転を続けます。この方法には、コンデンサー起動、反発起動等がありますが 1/2HPぐらいまでの小さなものに限られます。町工場など住宅地では、三相交流の供給が受けられませんので苦労したこともありました。


hp


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング