私の父は61歳で、腺癌と医師より宣告されました。主治医の先生は、治療について尋ねても、きちんとした説明を家族にしていただけなく。やむおえず、私は思い切って別の病院にセカンドオピニオンを相談しに行きました。その結果、主治医はセカンドオピニオンを聞きに言った病院で治療を受けてくれと、患者本人に宣告しました。無論、患者が決めることで、主治医が決めることではないのですが、今後治療を進めていく上で、このような主治医に父親の余命を託すことは出来ません。また、主治医より突然このようなことを言い渡されたため、家族・患者共にどうしたら良いのか分かりません。どうか、近畿圏で抗がん剤治療と放射線治療を得意とする病院があれば教えて頂けないでしょうか。宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

治療法に関して、再追加情報です。


国立ガンセンターのHPから
1.http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/0sj/010708. …
(がんの薬物療法)
2.http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/0sj/010706. …
(放射線療法)

ご参考まで。
    • good
    • 3

追加情報です。


littlekissさんが、「転移」について少しコメントされてますので・・・。
恐らく、ご存知でしょうが、癌では癌細胞の組織診断によって分類されてます。
肺癌の場合、大きく以下の2つに分類されます。
1.小細胞癌(SCLC)
2.非小細胞癌(NSCLC)
です。
この、NSCLCには、
・腺癌
・扁平上皮癌
・大細胞癌
等があります。
転移に関しても、組織により転移部位等が異なってきます。
「脳」転移等はどちらかと言うとSCLCの場合です(細かい転移率は忘れましたが)。
更に、化学療法・放射腺療法に対する奏効率(効果)も異なってきます。
 一般には、SCLCは化学療法・放射腺療法に効果があるといわれてます。
NSCLCでは、化学療法が効きにくいと言われてます。その中でも、腺癌は扁平上皮癌よりも難しいとされてます。

これらは、あくまでも(!!)一般論ですので、羽曳野病院の担当医の先生とよくお話されては如何でしょうか?

そうそう、思い出しましたが、国立ガンセンターのHPが参考になるかもしれません。
以下の参考URLです。

少し、専門的になったかもしれませんが、ご参考まで。

参考URL:http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/sites/0sj/l …
    • good
    • 2

あなたのお気持ちとっても痛いぐらいわかります。


何度かここで書きましたが、一昨年わたしも父を肺ガンで
なくしました。
そしていま、母も乳癌にかかり明日手術をうけます。
セカンドオピニオン他の方もおっしゃられてましたが
まだまだ、根付いていませんね。
今回、母の入院にともなって父のにのまえだけになりたくない
主治医の先生に事細かに術後に起こりうる症状なり
状態について最悪を想定していろいろききました。
(本人も同席させて)
自分の病気がどういうもので、今どのような状態にあって
手術によるメリット&デメリットをきいたうえで
手術に向かうことによって、乳房がなくなったあと
受ける精神的ダメ―ジをより軽くすませれるように
事前にききました。
女性の乳房は、ある意味女性としての象徴だと思うんです
それがなくなったあと、精神的なショックを緩和する意味で、カウンセリングなどのケ-スワ-カ-などはいらっしゃるのかと聞いてみたところ・・・・
大きな大学病院でもまだ、その類の機関は設けられていないとのこと。
医師がいってにその役割も負担しているという話でした。
医師には、話しにくい患者の気持ちをきいていただける
ところがあればとつくづくおもいます。

話がご質問からそれましたね。ごめんなさい。
神戸の方のことなら少し・・・
放射線の機材があるところは限られています。
・神戸大学付属病院(神戸駅山側にあります)
・神戸市民病院(中央区ポ-トアイランド)
・鐘紡病院(兵庫区和田岬)
・明石成人病センタ-(明石駅よりバスで10分)

上記の病院へ放射線だけを照射しにいかれるかたもおおいですね。(他の病院で入院しながら・・・機材がない為)

肺ガンを摘出すようになった場合、人にもよりますが
もともと、右と左の肺をつかって呼吸をしていたものが
肺をいくらか(ガンの部分)とってしまうことによって
呼吸がしずらくなります。それにともない運動量も制限されます。
抗がん剤の投与もよく理解しなくてはなりません。
抗がん剤自体が『毒』なのですから・・・
ガンを弱らすことができたとしても健康な細胞まで
同時にいためてしまうということです。
『諸刃の刃』だということを・・・・
肺ガンの場合、脳や骨その他の臓器に転移することを
考えるとすぐさま手術、抗がん剤の投与となるみたいですが、
父の場合、手術、抗がん剤の投与により術後2年余り
生きたものの寝たきりのままの2年余りでした。
自分の足で歩いて、好きなものを食べて過ごせる時間が
たとえわずかでもその方が良かったのではないかと・・・
抗がん剤の副作用でほとんど口からものを食べても吐く毎日でした。
なにが、当人にとって最良なのかはわかりませんが・・・
お話に出てくる医師、そのひとにとったら単なる患者の一人ぐらいにしか考えていないのでしょ
親身になってくれるお医者さんもたくさんいます。
たまたまその医師は、そうじゃなかっただけです。
病院を他にかわられた方が良いと思います。
その際には、その病院での資料等(検査結果、レントゲンフィルム等)を貸し出してもらってください。
悔いの残らないようにできるだけのことしてみてください。
    • good
    • 0

おっしゃる通り、病院を換えたほうがいいと思います。



日本の医療にはセカンドオピニオンは、全く根付いておりません。

お父様の1日も早いご回復を御祈り申し上げます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お忙しい中、返答をいただき誠にありがとうございました。今後、父のため悔いがないよいうに全力で病院及び治療方法を探して行こうと思います。貴重なお時間ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/03 10:54

近畿圏では、いろいろ専門病院もありますが、以下の「府立羽曳野病院」の第二内科(肺腫瘍内科) は全国的にも有名(?)です。

一度診察していただいては如何でしょうか?

お大事に。

参考URL:http://www.hbk.pref.osaka.jp/sinryo2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

誠に貴重なお時間ありがとうございました。一度府立羽曳野病院の方へ連絡し診察等について相談しようと思います。心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/03 11:04

ちょっと気になったのですが、3期ですと外科切除も選択に入ると思うのですが、その辺りのことは聞かれたのでしょうか。

3期ですと、教科書的には遠隔転移が無いもので、隣接臓器を含めた合併切除と放射線照射と書いてありましたが...低肺機能、胸水などの理由があったのでしょうね。余分なことを言いました。
その相談にいった先の先生はどうなんですか?そこがもしちゃんとした病院でしたら、そこも近いようですし、選択肢にいれては?やはり県外などになると、見舞いなども大変かと思いますが。
何しろ今はパニックになっているかもしれませんが、長丁場を覚悟して、ご家族の方も疲れないようにしていただくのも大変重要かと思います。
病院に関しては病院選びの本なども出ているようですので、呼吸器内科の専門の方がいらっしゃる病院が良いのではないでしょうか。
お大事に。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。腺癌の3bで主治医よりは外科的治療は無理と判断されました。それと、胸水も4L程溜り、その後、胸膜の癒着術も実施しました。
貴重なご意見ありがとうございました。専門書等で色々情報を収集していこうと思います。誠にありがとうございました。

お礼日時:2001/01/03 11:10

さきほど、このサイトの中で見つけたところです.



有料HP(会員制)とそのほかの検索用HP書いときます.
http://mediscope.jkk.hitachi.co.jp/main.html

http://www.healthy.pair.com/
http://www.webmd.com/
http://www.doctor-navi.com/
http://www.umin.u-tokyo.ac.jp/index.htm
http://www.gan-support.com/

その主治医は最低です.
はっきり言って二昔くらい前のタイプですね.
セカンドオピニオンを求められた事で、
プライドを傷つけられたのと、
自分の治療に対しての自信のなさが露呈したのと半々でしょう.
気にしないで、お父上に良い治療を心行くまでさせてあげてくださいね.
鍼灸治療も痛みなどの除去に有効なので、
利用してみてくださいね.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。soulshakerさんの言われるとうり
主治医は自分の治療ミス(気胸を発生させた)と今後の治療をしていく上で、自信がない。また、色々質問する患者はわずらわしいようです。教えていただきましたサイトにアクセスし情報等を収集していこうと思います。
誠にありがとうございました。

お礼日時:2001/01/03 11:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 術後精神病<こころの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    術後精神病とはどんな病気か  いろいろな手術のあとに、幻覚(げんかく)や妄想(もうそう)を中心とする精神病症状が起こることがあります。これを術後精神病といいます。手術は身体的のみならず精神的にも大きな影響を与えるので、精神的に不安定になり、ひどいと精神病症状が起こります。とくに高齢者に多いので注意が必要です。  手術後に最も多い精神障害は、術後せん妄(もう)です。これは正確には術後精神病ではありません...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肺がんは抗がん剤で完治しますか?

知人男性(69歳)が11月9日から入院しています。

ずっと「なんとなく体調が悪い」というような事を言っていたのですが、病院で検査をしたら左下の方の後頭部の脳にハムスターぐらいの大きさの腫瘍があるという事で16日に腫瘍を取り除く手術をしました。

脳腫瘍だと思っていたのですが、肺がんで肺から転移してきたものだったようです。

そして肺がんの治療をしなければいけないのですが、抗がん剤で治療するそうです。
12月21日に1回目の抗がん剤治療をを5時間かけてすると聞きました。

それからも3週間おきに抗がん剤治療を行っていくそうです。

抗がん剤で完治できるのでしょうか?
抗がん剤は手術できなくてもう延命するだけのもののように聞いた事があるのですが、完治して退院できる事はありますか?

Aベストアンサー

ご愁傷様です。

残念ながら癌の中でも肺がんは死亡率高いですから

大腸がんなら比較的生存率高いですけど。

転移したものは厳しいと思います。初期なら摘出で完治する可能性高いけど。

最後の手段として、ガンで余命どれだけと宣告された場合

ターミナルケアという方法あります

これは抗がん剤投与中止してモルヒネで痛みの緩和。死への恐怖、残されたわずかな

命をどう有意義に過ごすかという心のケアを中心とした治療です

完治の退院はむりでしょう、病院生活か自宅療養の選択くらいはできるでしょうけど

あなたのこのサイトがパソコンからのものでしたら一応下記アドレスへ

http://www.gccrafts.com/cate4/

 上記はパソコンサイトです

教えてgooは携帯電話からもアクセスできるようなので

Q肺がんステージ3 B経験者または関係者の方教えて

肺ガンステージ3 Bで手術出来ないと言われました。抗がん剤・放射線治療になるようですが経験者で完治または回復に向かっている方 医療関係者等 参考意見をお待ち致しております。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

肺がんステージ3 B経験者または関係者の方教えて

参考までに!私の経緯を?

2009年9月に会社の定期健診で肺の異常陰影を指摘されました。
「毎年会社の定期検診を受けていたのですが2007年2008年と、
嘱託判定医の見落としがあったのではと思っています?」

国立がんセンターで精密検査をしステージ4の診断!。
(右肺 非小細胞 腺がん)
(左鎖骨リンパ節及び胸中央部リンパ節に転移)

原発巣3cmと、遠隔転移のため手術不可、放射線治療不可でした。

抗がん剤投与で効く確率は20%位、治癒はしません、
病気と仲良くお付き合いしながら治療しましょう。
と医師に言われ2年生存率50%、5年生存率20%です。

これが簡単な経緯ですが、抗がん剤投与は4クールに分けて行います。
「2週間ほど入院抗がん剤投与、2週間ほどお休み」この繰り返しです。

第二クール終了後CT検査をし原発巣及び転移部分の縮小を確認、
第四クール終了後、病巣が縮小したので放射線治療が可能になり
右肺から左鎖骨リンパ節にかけて30回放射線治療を行った結果、
右肺原発巣はレントゲンで素人の私では確認出来ないくらい縮小し、
転移部分も殆んど分からなくなりました。
経過観察の通院は最初の一年は毎月、2年目は2ヶ月毎、
現在は4ヶ月に一回になりました。

肺がん発見から丸3年になりますが、再発、他臓器への転移は見られません。
3年前の10月1日にガンの宣告を受けたのですが、その日を肺がん記念日として
毎年家内と食事会をする事になっています、今年で3回目ですが、あと何回出来ますやら。

ご病気の方は質問者さんでしょうか?ご家族の方でしょうか?
ご心配ですねお察しします、希望は捨てずに頑張りましょう!
お大事に。

肺がんステージ3 B経験者または関係者の方教えて

参考までに!私の経緯を?

2009年9月に会社の定期健診で肺の異常陰影を指摘されました。
「毎年会社の定期検診を受けていたのですが2007年2008年と、
嘱託判定医の見落としがあったのではと思っています?」

国立がんセンターで精密検査をしステージ4の診断!。
(右肺 非小細胞 腺がん)
(左鎖骨リンパ節及び胸中央部リンパ節に転移)

原発巣3cmと、遠隔転移のため手術不可、放射線治療不可でした。

抗がん剤投与で効く確率は20%位、治癒はしません、
病気...続きを読む

Q腺癌といわれましたが・・

60歳の母が腺癌といわれました。まだ検査の途中で全て分かっているわけではないのですが母が医師に途中でもいいからと説明を求めた結果、こういわれました。原発部位ははっきりしませんが、膵臓か卵巣の疑いが強いということです。医師は消化器専門の医師でCT,MRIなどをみても全ての臓器に関して異常はないといいます。ただ卵巣だけはMRIにも全く写ってないのでそんなに大きくないのだろうといいます。しかし膵臓を疑ってみても、血液検査で膵臓がんの数値の値がそれほど高くない、なので僕は卵巣の方だと思ってる、と言っています。ひとつ、心臓近くにあるリンパ節が少し大きいのがあるということも言ってます。膵臓がんだと予後が悪いということも仰られました。母の症状は咳と10日ほど前から溜まりだした腹水でお腹がぱんぱんというだけですが、腹水があると末期だと言う声も聞いてとても落ち着かないのです。今後PETをとる予定ですがどちらの癌だとしても母の状態はよくないといえるのでしょうか?

Aベストアンサー

突然のことである上に、検査をたくさんした(胃カメラ・大腸カメラも当然済んでおられるはず)にもかかわらず、いまだ原発巣が特定されなければ、さぞかし不安は強いことと思います。残念ながら不安の解消にはあまり役立てませんが、事実の認識の手助けになればと思い投稿いたしました。
 まず・・・私も消化器癌を診ている一人として、この先生の診断と同じ印象を受けました。考えられるの原発は、肺・胃・大腸・胆嚢・胆道・膵・前立腺・卵巣・乳腺などです。腹水から細胞診で腺癌細胞が検出されたことは、原発がどこであれその腺癌が腹腔内に飛び散る状態にまで進行したことを示しており、癌性腹水は高度進行癌を意味します。よって原発巣はそれなりに大きいはずですが、各種検査で原発がつかめないことがたまにあるのは、胆嚢・胆道・膵・前立腺or卵巣など(原発も腹腔内にあると思うのが当然でしょう)です。胆・膵系は、血液検査でおそらく腫瘍マーカー(臓器ごとに多少違います)を測っておられ、否定的なのでしょう。保険診療上、マーカーは月に2種類ぐらいしか測れませんが、卵巣癌の腫瘍マーカーはどうだったでしょうか?現状で残さた頼れる検査はPETと婦人科受診でしょう。産婦人科は、経膣的に超音波エコーをして卵巣・子宮を見ると思います。PETで疑われれば婦人科へ担当が変わるのでPETが先がいいでしょう。一般的には、原発が決まらなければ治療方法・薬剤投与メニューなどが決められません。とても大変で不安でしょうが是非がんばってください!
 臓器ごとに癌には取り扱い規約があり、進行度をstage(ステージ)で表します。多くの癌で癌性腹水のある方は最も進行したstageIVに属します。しかしstageIV=末期ではありません!私はそう考えています。末期=終末期という言葉のイメージがありますが、終末期とはほとんど癌の治療には意味がなく緩和医療を主体にしていく時期のことです。癌性腹水のみで治療に意味のない末期とは言えません!
 最後に参考までに記します。原発不明のまま治療中の方を受け持っています。腹部膨満感を主訴で来られたお母様と近い年齢の女性で、血性腹水を認め、腺癌でした。さんざん調べましたが胆・膵・卵巣を含めてどこにも異常がなく、他の数人の専門医と相談して、抗癌剤の腹腔内投与を数回しました。入退院を繰り返しながら3ヶ月後には腹水がたまらなくなり、本人希望で投与中止。8ヶ月経過して元気で変化も症状もありません。一般的に抗癌剤で完治したことはありません。再発は必須ですが、いつ再発するかと心配しながら外来で経過を見ています。 参考になったでしょうか? 一部のご家族やあなた一人だけでがんばらず、担当医・親戚・病院のスタッフなどみんなで協力していかれますよう、そして治療がうまくいきますように・・

突然のことである上に、検査をたくさんした(胃カメラ・大腸カメラも当然済んでおられるはず)にもかかわらず、いまだ原発巣が特定されなければ、さぞかし不安は強いことと思います。残念ながら不安の解消にはあまり役立てませんが、事実の認識の手助けになればと思い投稿いたしました。
 まず・・・私も消化器癌を診ている一人として、この先生の診断と同じ印象を受けました。考えられるの原発は、肺・胃・大腸・胆嚢・胆道・膵・前立腺・卵巣・乳腺などです。腹水から細胞診で腺癌細胞が検出されたことは、原...続きを読む

Q末期肺がん患者は、いつぐらいから意識がなくなるものなのでしょうか?

 人それぞれでしょうか?
 親族の人が、いまのうちに聞いておけることは聞いておけというものなので...

Aベストアンサー

我が父親は直前まで意識はあったようです。
亡くなる1週間前から夜になると危篤、朝持ち直すのを繰り返していましたが、持ち直している間に親族や母親が声をかけていた事や、内容等は理解していたようです(母親談)。

ただし、理解していたとしてもあなたに分かる形で意思表示ができるかは別の話ですよ。
長年連れ添ってきた人の方が何気ない仕草等で何となく分かる様ですね。

父親は入院して1月程度で亡くなったんですが、自分の意志で動けたのは最初の1週間でした。入院直前には片腕が麻痺していました。
本人も「もう長くない事」は理解していたのか入院前に家族に伝えておかなくてはいけない事は文書等にして残してありました。

Q痛みがない末期の肺がん

ご存知の方教えてください。

身内で肺がん末期の患者がいます。場所は分かりませんが他の臓器にも転移してるようです。
今回3度目の再発で、今までは切除手術、放射線、抗がん剤を使用しましたが、
今回は医師からは手の施しようがないとのことで無治療です。

昨年の秋に担当医から余命3か月と診断され、いよいよ今月くらいかなという感じで
身内中はピリピリした緊張感が漂っています。
肺がんは元気そうに見えても急変する可能性が高いともいわれていますし、
私は携帯電話が鳴るたびドキドキしてしまいます。

現在は先月から酸素吸入器が必要になりましたが自力で歩行が出来ていますし、
会話もしっかり出来、果物や水をほんの少量ですが経口摂取できています。
この冬に入ってからは寝ている時間が長いようです。
ただこの状態から急変することが想像もつきません。

末期がんはかなりの痛みがあると思っていましたが、痛み止めの飲み薬を
随分早い時期から処方されていたようで、現在も本人は殆ど痛みを
感じていないようです。モルヒネは全然使ってないようです。
痛みがないぶん体力を奪われないから元気に見えるのでしょうか?

今年に入ってからホスピスへ入所する手続きも済ませ、今月いよいよ入所ということで
担当医からホスピスの医師にバトンタッチされる時、ホスピスの医師からは
余命3か月くらいと言われました。
そのためホスピス入所はまだ保留にし、在宅ケアをする準備を進めています。

医師によってそんなに余命の出し方は違うのでしょうか。
それから、末期の肺がんでも痛みを感じずに天国へ行けるものでしょうか。
この身内の状態で、本当にまだ余裕があるのか知りたいです。

よろしくお願いします。

ご存知の方教えてください。

身内で肺がん末期の患者がいます。場所は分かりませんが他の臓器にも転移してるようです。
今回3度目の再発で、今までは切除手術、放射線、抗がん剤を使用しましたが、
今回は医師からは手の施しようがないとのことで無治療です。

昨年の秋に担当医から余命3か月と診断され、いよいよ今月くらいかなという感じで
身内中はピリピリした緊張感が漂っています。
肺がんは元気そうに見えても急変する可能性が高いともいわれていますし、
私は携帯電話が鳴るたびドキドキしてしまいます。...続きを読む

Aベストアンサー

私の母が末期の肺癌でなくなりました。
母は酸素吸入して、自宅で母と食事をしました。会話も普通にしていました。
翌日が入院予定日のため、翌日になったら予定通り入院しましたが、病院の人に「よくここまでガマンしましたね」と言われました。自宅では、錠剤の痛み止めは飲んでいました。
入院したら、あれよと言う間に具合が悪くなり、食事もできず、起き上がることもできず、意識もあったりなかったりになりました。
母は、苦しいのだけは嫌だと言っていたので、モルヒネを投与するようになり、母が苦しむたびにモルヒネが増えました。
寿命なのかモルヒネの量なのか分かりませんが、母は数日で息を引き取りました。
私はクリスチャンなので、亡くなる前日に牧師先生が病院にいらして、お祈りしてくれました。その時母はたまたま意識があって、牧師先生のお祈りにうなずいていました。
人間は聴覚だけは最後に残るそうです。
私の身内には、看護師と救急救命士がいたので、医師と看護師が離れていても、身内に聞いて母の状態を見守ることができました。
医師と看護師は、意識のない数日には亡くなる患者には、ケアをしに来ないです。
霊安室も、都心の大病院にしては、あれれという感じでした。
亡くなった後遺体を綺麗にしてくれた看護師さんたちは誠意があって、とても感謝しています。
人間は生きてこそです。伝えたいこと、その他やるべきことがあったら、早めになさってください。
亡くなった後も、今様々なお別れの方法がありますが、きちんとお別れすることって大切です。うちは父がめちゃくちゃなことしてきちんとしたお別れも悲しむこともできず、母の兄弟姉妹が激怒しています。
うちのような例は珍しいと思いますが、母の心を思うと辛くなります。
母は、自分の死をどの様に捉えていたのか、死ぬ前に、自分が写った写真を全て処分していました。
まるで父が2ヶ月後に愛人を作って自宅に連れ込むことを予期していたかのようです。
父は母の高価な遺品を愛人にプレゼントするとまで言っています。
質問者様のご家族は、愛情や思いやりにあふれ、肺癌を患っている方にできる限りのことをされると思います。
とにかくお祈り申し上げます。
ちなみに私の母も余命よりかなり長く生きました。

私の母が末期の肺癌でなくなりました。
母は酸素吸入して、自宅で母と食事をしました。会話も普通にしていました。
翌日が入院予定日のため、翌日になったら予定通り入院しましたが、病院の人に「よくここまでガマンしましたね」と言われました。自宅では、錠剤の痛み止めは飲んでいました。
入院したら、あれよと言う間に具合が悪くなり、食事もできず、起き上がることもできず、意識もあったりなかったりになりました。
母は、苦しいのだけは嫌だと言っていたので、モルヒネを投与するようになり、母が苦し...続きを読む

Q放射線治療で本当に癌は完治するのでしょうか?

私の家族が今、癌を宣告され病気と闘っているのですが、今日 主治医の先生から、オペ以外の治療で放射線治療も考えていると言われました。
癌の完治はオペしかないと私は思っているんですが、昔 子宮癌で放射線治療を(コバルト)した女性が 副作用で歩けなくなってしまい、車椅子での生活を余儀なくされた、コバルト治療って怖いんだよ?っと、聞いた事があります。
放射線治療で癌の完治ってあるのでしょうか?
癌の完治はオペしか無い・・・って思ってるのですが、開腹しないのなら、オペより体の負担は無いのかも知れないし・・・
でも、どうしても放射線治療が不安でなりません。
【医者を選ぶのも寿命のうち】何て聞いてるだけに不安で・・・。
歯科でも安全だって言われていたアマルガム何か 今では問題になっているし、コバルト治療って本当に大丈夫なんでしょうか・・・?

Aベストアンサー

放射線治療、これは悪性腫瘍が放射線の影響を(正常細胞以上に)強く受けることを利用し、更に放射線を悪性腫瘍に集中させることにより、腫瘍を消すものです。
腫瘍の種類にも寄りますが、状況によっては非常に有効です。また、手術を行わないため、臓器の機能を損なうことが少ないです。
手術が行えないような大きな腫瘍を縮小させ、その後手術を行うことも可能です。
また、脳の内部のような、手術が適用できないような腫瘍に対しても有効です。

”放射線治療が不安”お気持ちはわかりますが、放射線治療は歴史も長いです。副作用の例もありますが、有効な治療法の一つです。この機会にいろいろと調べ、主治医の先生ともお話になってみてはいかがでしょうか?

Q抗がん剤が効かなくて・・・

父が癌でリンパや骨に転移してます。
点滴投与の為入院して1ヶ月が経ちます。
もう4種類の抗がん剤を打ちましたが、どれも効き目がないようです。

母の話だと、5種類目の投与をしたとかしないとか・・
それが、副作用が強くて吐血したり血尿になったりで、合わないようです。
母が先生に呼ばれ「抗がん剤を止めたらどうでしょう・・?」と言われたらしいです。
母が「そんな事言われても・・私には決められないし、私も主人も抗がん剤にまだ希望を持っています。それに、主人の弟夫婦や娘にも相談しないと。。ヘモグロビンがどうのとか口頭で言われても、分からないし、言うにしても説明しなければいけないんで、紙に書いてください」と言ったらしいのですが「先ほども手術、これから手術でこの後も手術で紙に書いてる時間がないんですよ・」と言われました。

高齢(76です)の母もガックリして気を落としています。
「あと何ヶ月とかハッキリ言ってください」と聞いたらしいのですが「それは分かりません」と言われたらしいです。

父には「抗がん剤投与を止める」のは言わないように言ったらしいです。
止める=死を待つみたいに取れるので。。
実際病室へ行くと、父は寝たきりではありますが、元気なようで(痛み止め効果はありますが)、TV見たり、喋れるし、お風呂も何日かに1回は入ってるようです。
そう思うと、諦めきれません。

この後、どうしたらいいのでしょう。。
止めた方がいいのか、続けた方がいいのか・・
退院のメドは「お正月をメドに」と言っていますが・・

父が癌でリンパや骨に転移してます。
点滴投与の為入院して1ヶ月が経ちます。
もう4種類の抗がん剤を打ちましたが、どれも効き目がないようです。

母の話だと、5種類目の投与をしたとかしないとか・・
それが、副作用が強くて吐血したり血尿になったりで、合わないようです。
母が先生に呼ばれ「抗がん剤を止めたらどうでしょう・・?」と言われたらしいです。
母が「そんな事言われても・・私には決められないし、私も主人も抗がん剤にまだ希望を持っています。それに、主人の弟夫婦や娘にも相談しない...続きを読む

Aベストアンサー

私からのアドバイスというよりも、私の胸の呟きです。

癌末期といっても過言ではない非常に厳しい病態を迎えているのに、サバイバルを期して抗がん剤治療を続けていらっしゃる父上様の堅い信念には、私は感激すると伴に本当に頭が下がる思いで一杯です。

癌治療に限らず医療は何よりも患者さんの意志が最優先されます。そして、長年住み慣れた自宅で過ごされる満足感と幸福感は何も替え難いと思います。ならば、サバイバルを期して抗がん剤治療を続け、年末には自宅に帰り、「犬のシャンプーをして、ガソリンスタンドへ行って……」と言われる父上様の希望を叶えて上げては如何でしょうか?

前回記した「末期がんの方の在宅ケアデータベース」には、現在の抗がん剤を自宅で継続投与すると伴に、癌性疼痛に対する緩和治療などを往診で治療してくれる日本全国のホスピス医の一覧が掲載されています。ですので、現在のお住まいから近いホスピス医へ電話して一度ご相談してみたらどうでしょうか? 何かしらの解決策が見出せるかと思いますが……。

私事になりますが、癌末期を迎えた従弟に対して私がして上げられたことと言えば、私自身の癌治療の合間に少しの時間でも彼の傍らにいてあげたことと、生き別れになった彼の娘が訪ねてきたら、「あなたの父さんはこのように癌と闘って来たんだよ」と、いつでも伝えられるように、彼の治療経緯と闘病生活を克明に記録していたことです。彼にとって別れた娘のことが唯一の心残りだったからに他なりません。

いま父上様が何を望み、そしてあなたが父上様に何をして上げられるかを、じっくりお考えください。

参考URL:http://www.homehospice.jp/db/db.php

私からのアドバイスというよりも、私の胸の呟きです。

癌末期といっても過言ではない非常に厳しい病態を迎えているのに、サバイバルを期して抗がん剤治療を続けていらっしゃる父上様の堅い信念には、私は感激すると伴に本当に頭が下がる思いで一杯です。

癌治療に限らず医療は何よりも患者さんの意志が最優先されます。そして、長年住み慣れた自宅で過ごされる満足感と幸福感は何も替え難いと思います。ならば、サバイバルを期して抗がん剤治療を続け、年末には自宅に帰り、「犬のシャンプーをして、ガソリ...続きを読む

Q肺がん(非小細胞ガン)末期の予後、死に方

今、肺がん(非小細胞ガン)末期の71才の祖母がいます。ステージ4ということで胸水がかなり溜まるようになって、胸膜癒着術も試みましたが、くっ付き方が悪くてもうやたらとやることも出来ないと医師から言われ、後は自宅で酸素療法するしかないと告げられてしまったのですが、もし仮に自宅で言われた通り過ごす場合、勿論酸素療法を行いますが、本当に末期で何も手をつけられない状態なのでいつ何が起こるかわからないですよね。そうなると急に重篤な症状が出てくるのですか?それとも徐々に悪くなって最期・・・という形になるのですか?後、人によっては最期は壮絶な苦しみ方をして息を引きとる聞きますが、本当そうなのですか?どういう亡くなり方をするのかも皆目見当がつきません。人によって様々とは思いますが、一般論でいいのでどうか教えてください。

Aベストアンサー

先月、親戚が末期(見つかった時すでに胃、膵臓、肝臓、リンパ..腹部内はがんが広がってました)で医師の余命3ヶ月その通りで亡くなりました。

入院してモルヒネによる痛みのコントロールをして1ヶ月すぐにとても危険な状態となりました。あと何も出来ることはない状態でした。痛みもひどくなり苦痛は増すばかりでしたので鎮静剤で意識を落とし眠らせるという措置を取りました。セデーションと言います。

一時的セデーションは夜だけしっかり眠らせ食事時などには目が冷め会話も出来ます。眠っている間は痛みなどの苦痛は軽減されます。これでも苦痛が増した場合、もう少し眠らせる時間(意識をもう少し深く落とす)を増やします。もうろうとしてることが多くなり眠っている時間が多くなりますが苦痛はもちろん軽減されてます。痰など取ってあげたり体の向きなど変えてあげたりします。本人はかなりもうろうとしてるので会話はつじつまが合わないようになります。

最終セデーションになると深く眠らせ意識を落とします。
会話は出来ません。事実上のお別れになります。早い人では4,5日の命となることもあります。私の親戚は心臓が丈夫で腎機能ももったので1ヶ月眠りましたが病室でただ眠って会話も出来ず1ヶ月そこでもっても意味はあるのか
微妙だと感じました。

セデーションは本人の意思、本人が意思を伝えられない状態では家族が医師と話合って始まります。以前、テレビのがん特集で患者本人が「次の強い痛みが来たら意識落として下さい」と頼んで一週間後、亡くなったというのを見たことがあります。

痛みのコントロールが上手く出来て、一時的、最終のセデーションも上手に行えば患者の苦痛はかなり楽に出来ます。

セデーションで検索するといろいろ詳しく知ることが出来ます。
痛みのコントロールについてはURL参考にして下さい。

参考URL:http://www.jpap.jp

先月、親戚が末期(見つかった時すでに胃、膵臓、肝臓、リンパ..腹部内はがんが広がってました)で医師の余命3ヶ月その通りで亡くなりました。

入院してモルヒネによる痛みのコントロールをして1ヶ月すぐにとても危険な状態となりました。あと何も出来ることはない状態でした。痛みもひどくなり苦痛は増すばかりでしたので鎮静剤で意識を落とし眠らせるという措置を取りました。セデーションと言います。

一時的セデーションは夜だけしっかり眠らせ食事時などには目が冷め会話も出来ます。眠っている間は...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q肺がん手術後1ヶ月経過、咳が良く出る。なぜ?

父親73歳、去年夏肺癌発覚 腺がん ステージ3Aでした。

放射線、抗がん剤、治療後、癌が小さくなったので、根治のために、
1ヶ月前に右上葉肺摘出手術を受けました。
Dr.は検査の結果、根治したとのことで、約1週間で退院し、自宅で療養中ですが、
手術前よりも咳が良く出ます。特に喋ると良く咳をしてます。すぐに終わらない咳。
それも、風邪の時の咳とは違い、とても苦しそうな(多分喘息っぽい感じ)咳をします。
病院からは、化膿止めの薬をもらって服用してるだけです。

本人は診察に行こうとしません、このままで大丈夫なのかとても心配です。
術後の経過として良くあることなのでしょうか?
どなたか教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まずは主治医の先生に相談されるのがよいと思います。

私の父も肺がんを患い、摘出手術を受けましたが、半年ほど後に再発しました。
術後は特に変わったことはなかったのですが、徐々に咳がひどくなってきたため
(一回ではじめると、なかなかとまらない)3ヶ月後にレントゲン検診をしたところ
5cmの病巣がみつかりました。当時の記録が手元にないのですが、咳は
間質性肺炎によるものだったと記憶しています。

ご本人も大変な手術をされたばかりで、しばらく様子を見たいという気持ちが
おありかもしれませんが、診察の結果、何もなければそれでご家族も
納得できますし、仮に何か異常がみつかったとしても、それは早く対処できる
ということでもあります。

ご家族の気持ちをつたえて、診察を受けてもらうように話されてはいかがでしょうか?


人気Q&Aランキング