今回の質問は、私自身ではく義母についてのことなんですが、今年(2008年)8月、検査入院した総合病院で肺に影があることが判明し、更に大きな病院へ転院して詳しい検査をしたところ『肺腺癌』と診断されました。
エコー検査・血液検査・CT・MRI・・・など、いろいろな検査をしました。
担当医には、余命6ヶ月~1年だとのことで聞いていますが、「イレッサ」という薬が義母の体に合っているのか?現在(10/15)は、とても元気に自宅療養という形で生活しています。
自分の身の回りのこともほとんど出来るので、こんなに状態が良いのにそれでも余命というのは変わらないのか?疑問に思います。
担当医曰く、どんなに薬が本人の体に合っていても、一度宣告された余命というのは変わることが無い!!というのです。
本当にそうなんでしょうか?
入院期間は8/14~9/8までととても短く、本人にはまだ余命宣告されていることは話してありません・・・。
義母の人生なので、余命を告げて残りの人生の送り方を本人なりに過ごして欲しいとも思うし、現在の状態がこんなに良いのでこのまま黙っておいた方がいいのかとも思うし、家族は悩んでいます。
入院した当初は、両足大たい骨・右鎖骨にまで転移しており、頭部、更に(首の所の)脊椎にも転移がみられました。
肝臓も良くないらしく、悪い所があちこちあるようです。
このような状態で、余命宣告された期間よりも長く延命出来た方はいらっしゃいますか?
また、そのような話を聞いた方はいらっしゃいますか?
具体的な情報を教えて頂ければ光栄です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

転移先の場所、数にも寄りますが、平均で半年程度です。

ただ、抗がん剤の効果でさらに延長することもございます。
    • good
    • 7

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

骨転移をしているということは、すでにステージで言うと4期に該当することになります。



残念ながら治療の効果は限られていることが多いでしょう。

食事の見直しなど、普段の生活についても見直してみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 75

何度もすいません。

NO.3です。
私の母も52歳と若いです。若いと、進行が早いというのは間違っていませんよね・・・。
お知り合いの方に言われたように、私は主治医から「今がいちばんいい状態のときです。できるだけご本人とご家族が一緒に過ごして、できるだけ好きなことをさせてあげてください。」と言われています。また母の場合は悪くなることはあってもこれ以上よくなることはないとも言われており、さらに脊髄に転移があるので(がん性髄膜炎と言います)、急死の可能性もあるとまで言われました。
残り少ないことを伝えて、好きなことをして過ごしてもらうのか。別れを恐れながら生きるようなことはせず、家族ができることを周りからするのか・・・。本当に難しく毎日が葛藤です。若いだけにこれから楽しもうと思っていたこともたくさんあると思います。どんな道を通っても後悔はすると思います。だけど、今、私たちが出来る限りのことをすればその後悔がもっとも少なくなると思っています。出来る限りのことというのは本人のことを一番に考えることだと思います。
すごくえらそうなことを書いてしまいすいません。なかなか受け入れることの出来ない私自身にも言い聞かせています・・・。一人じゃないと思うだけで、がんばれます。家族も体にきをつけましょう・・・。
    • good
    • 32
この回答へのお礼

お母様、52歳ですか・・・。
まだまだとてもお若いですね。
子育てを終えてこれから自分に費やせる時間がどんどん増えて、これから楽しいことや趣味や新しい挑戦や・・・と、いろいろゆっくり考えることが出来る年代になったばかりなのに、何故・・・って思いますよね。
悔しいですよね・・・。
義母も、あと2年働いて退職しようと思っていた矢先でした。
義父が13年前にやはり癌(大腸癌)で亡くなり、つらい時期を乗り越えて、当時19歳と15歳だった2人の息子を一人で育て、ようやく勤め先の仲の良い同僚と旅行に出掛けたり、食事をしに行ったり、イベントに出掛けたりと、自分に費やせる時間が増えて活き活きとした表情で毎日暮らしていたところに、悪夢が訪れたのです。
癌の告知をされた時の、義母の落胆した表情・・・今でも鮮明に覚えています。
自分が経験したことが無いだけに、同じ立場に立った考えや、ましな声掛けが出来ず、御見舞に行っても言葉を選んで話している自分がいました。
私自身、どうにもしてあげられないことがとてもつらかったです。
今は、とても回復したので義母も口数が増え、会話も自然となり、笑いまで出るようになりました。
義母は精神的にも疲れていたと思うので、しばらくはこのまま今までと変わらないライフスタイルを続けていきたいと思います。

お礼日時:2008/10/31 16:28

はじめまして。

私の母も今年7月に肺腺がんが見つかりました。同時に脊髄転移があり、脊髄の転移は予後不良であり、どれくらい生きられるかと言われました。治療はzora2さんのお義母さまと同じく、イレッサです。通常、イレッサは第一選択薬ではなく、他の抗がん剤に耐性が出来た場合や、手術後、再発した場合のお薬だそうです。しかし、転移があったり、体力的に点滴の抗がん剤が使えない場合、イレッサを使うと説明を受けました。ただ、女性・非喫煙者・アジア人など条件にあえば、高い確率で効果が期待できますが、イレッサには延命効果は認められておりません。でも、「余命」というものは、統計的なものです。もちろん長く生きている方もたくさんいらっしゃいます。私の母は、7月の時点で分からないと言われましたが、元気です。余命宣告というのは、転移のことも考えて言われるので、元気な時期もだんだん悪くなる時期も考えての期間ということです。母の場合ですが、悪くなり始めると急激に憎悪するそうです。母は残念ながら、先日脳転移が見つかり、年内という厳しい話がありましたが・・・。でも、本人の生命力を信じてサポートできればと思います。本人に余命を伝えるかどうかは本当に難しく、私たちも葛藤しています。ただ、本人の性格、今の精神状態をよく考えた上で、決めるのがいかと思います。
長くなり、すいません。他人事と思えず、書き込ませていただきました。酷なことも書きましたが、患者をサポートしている家族として同じ気持ちかと思い、書きました。
    • good
    • 34
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
義母は58歳とまだ若いので、あっという間にあちらこちらに転移してしまうようです。
現在は1週間~2週間に1度通院をしており、杖をつけばなんとか一人でゆっくり歩くことが出来るので、体に負担が掛からない程度に歩行運動しています。
ある人からは、「今一番状態がいい時なのかもしれないね。どこか連れてってあげたい所があれば今の内だよ。癌だけは、ある日突然状態が急変する時があるし、今飲んでる薬に体が慣れて効かなくなる時が来るよ・・・」と、あまりいい事を聞かないので、それであるならこの一番状態がいい時に余命を言ってあげた方が幸せなのかもしれないと考え始めましたが、ひょっとして余命宣告の期間よりも延命された方が多くいるのなら、そんな恐怖と隣り合わせで日々生活するのも酷かと思い、今回この質問をさせて頂いた次第です。
apple12-12さんのお母様と癌が見つかった頃が近く、転移箇所も似ていて同じ家族としてとても共感しました。
参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/17 17:04

一ヶ月位前にあるテレビ番組で放送されているのを見ました。



肺がんで余命6ヶ月と宣告され現在1年6ヶ月経って大変元気に暮らしておりました。

以前の話ですが,肺がんが治ってしまった患者さんの話がありました。

又有る患者さんが病院で肺の検査をし医者から肺がんが治ってた跡がクッキリ残っていると言う記載がありました。

不思議な現象があるのだと,私は思います。
    • good
    • 36
この回答へのお礼

メッセージありがとうございます。
お返事が遅くなりまして大変申し訳ございませんでした。
awjhxeさんがご覧になられたテレビ番組の事例は、本当に奇跡のようなお話しですね!
現在の義母は杖がなくてもゆっくりながら歩けるようになりました。
医者から本人にも末期癌だと言われていながらも、イレッサを飲んでわずか2ヶ月程でここまでの状態に回復したので、義母も家族も「奇跡」が起こるのでは?と期待している限りです。
世の中にはたくさん不思議なことが起こるので、我が家にもその「奇跡」が訪れるといいです。

お礼日時:2008/10/31 14:58

私の知り合いは余命1ヶ月からすでに2年近く生きています。


お腹の中にガンの固まりがボコボコできて内臓のアチコチに転移してるそうですが_(骨と脳は大丈夫)

それと 私自身骨転移していますが(骨盤・頚椎など10箇所)余命は言われていません。骨転移そのものは命には関係ないのです…
おおよそですが7~10年生きて当然みたいです。

ただ呼吸中枢などに転移したら判りません。肺ならガンじゃなくて呼吸困難が死因になる気がします。
※肺がん自体が他のガンより生存率が少ないというか…余命が短いというか…呼吸に関係していますのでそういう統計があるようです

問題は 肺そのものの機能かなと思います。
※私や知り合いは 肺ガンじゃないので…
    • good
    • 24
この回答へのお礼

「肺癌」並びに「肺腺癌」がリンパを通して転移した場合、だいたい『脳』へ入るそうです。
脳へ入った癌細胞が進行して脳の真ん中にある「髄液」に達してしまうと、髄膜炎を起こして意識障害が起こり、悪化すると昏睡状態となり、死に至るそうです。
「髄液」までに到達しないまでも、髄膜まで進行すると言語障害となってしまうようです。
いずれにしましてもとても大事な部分ですので、悪化すれば命に関わることになるのは間違いないわけです。
今のところ、イレッサがとても義母の体に合っているらしく、肺に多数あったプツプツした癌細胞もだいぶなくなりキレイになっているそうです。
先週からイレッサの飲む量も減りました。
大腿骨へ転移していた為に痛みがあって歩行困難だった両足も、放射線治療と飲み薬を続けることで、痛みがなくなり今では杖を使わなくてもゆっくりと歩けるようになりました。
ここまで回復しているのに、医学的な統計からみた余命が変わらないというのはとても不思議です。

お礼日時:2008/10/31 15:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q足のくるぶしの外側と内側の骨の名前がわかりません・・・

足のくるぶしの外側と内側の骨の名前がわかりません・・・
外踝、内踝それぞれ教えてください!

Aベストアンサー

tibia fibula
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%93%E9%AA%A8

Q大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事 2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部

大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事
2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部
に癌が多数あるとの事 手術不可能と医者から宣告があり、今の所 抗ガン剤 放射線の治療は受けていません。副作用が怖くて 一歩踏み出せません。
今の所、日常的に痛みも無く 生活をしています。
発症して 2年 経ちます。

Aベストアンサー

私も何時もメキシコの爺ちゃんのご意見を参考にさせて頂いて居ます。
今回メキシコの爺ちゃんの奥様の闘病生活が詳しく分かり、とても参考になりました。抗がん剤は拒否されたのですね。そうして最初45mmの癌が11mmに!
この3年間に何が奥様に起こったのでしょう?

ご質問者の欄に変な質問をして、とても申し訳ありません。しかしそれを聞くことがご質問に取っても良いことだと思います。

私は基本的に副作用や苦痛の生じる癌治療はしない方が良いとの考えです。その副作用や苦痛で寿命がちじまったり癌が大きくなる事があるからです。手術や抗がん剤は避けるべきです。

副作用のないサプリメントや遠赤外線等が良いと思っています。

Q骨の名前を続けて言ってる歌詞なのですが?

昔から心の隅に引っかかってる歌なのですが
たしかお昼の「みんなの歌」みたいな
子供番組で放送されてた記憶ですが

恥骨、頚骨、胸骨・・・

こんな感じで骨の部所を並べて歌ってるだけの歌詞だっと思います
10年以上前だと思いますが
ずっと引っかかってます
少ない情報ですが曲名など御存知の方いましたら
教えてください

Aベストアンサー

今晩は
どうやらTBS系で朝放送されていた「じゃんけんキッズ」という幼児向けの番組で歌われていた
「ホネホネ順番」という曲のようですが
残念ながらそれ以上のことは分かりませんでした。
御参考まで。

Q肺癌 小細胞癌の末期 腎癌に転移あります。肝臓にも、転移しだしたみたいです。肺の腫瘍は、現在は小さ

肺癌 小細胞癌の末期 腎癌に転移あります。肝臓にも、転移しだしたみたいです。肺の腫瘍は、現在は小さくなっておとなしくしてくれているようですが…。あとどれ位生きられますかね…。レスキュードーズのオプソやフェンタニル 疲れます

Aベストアンサー

医師より末期余命三ヶ月と言い渡されていない場合

小細胞肺癌の末期と診断されてから

どれだけ経過しているか分かりませんが

発覚してから一年前後の寿命とみます

現在動ける状態にあれば

やるべきことがあれば早急にやるのが良いです

Q鼻の裏のほうにある骨の名前

スノーボードのジャンプ台から落ち病院に行ったら
『していこつ』という骨が折れていると言われましたが
辞書で調べてもよく分かりません。
どうゆう漢字を書くのでしょうか?
それとも聞き間違えてるのでしょうか?
また、もし治療法とか分かれば教えてください。
(ほっとくしかないのカナ・・・)

Aベストアンサー

篩骨(しこつ)の事かも?

http://ja.wikipedia.org/wiki/篩骨

Q肺ガン転移 余命三ヶ月 今後の対応

肺ガン転移 余命三ヶ月 今後の対応



つい先日「原因不明の胃痛・お腹の痛み」で質問した者です。今回も長文になります;どうかお許しください。
症状は、完結にいいますと、3ヶ月ほど前から父(63)が胃痛・お腹の痛みを訴え、
いろいろな病院で検査をしましたが原因不明ということでした。

その件について、回答を頂き、2日後に 消化器科や内科ではなく「脳神経外科」がある病院で看て頂こうと朝一で他病院に係る手続きをしてる際、母から電話・・・
「お父さん、足が痺れてるのか立てなくなってるから、申し訳ないけどもう1回救急車呼んで、赤十字にいこう」
ーーーっという流れで脳外科をキャンセルして、救急車で赤十字へ・・・
1週間ほど前も救急車で赤十字に行ったときも「原因不明」と痛み止めと整腸剤しか頂けなかったので、今回は違う場所を検査してもらいました。

原因は、過去、赤十字にて肺ガンが発覚。手術を受け回復したものの
そのガンが再発、脳と脊髄、肺に転移をしてるということでした。レントゲンを見て唖然としました。脊髄の骨背中部分の骨が2本溶けてる?のかナイのです・・・脳にも小さな白い点(ガン)が散らばってました。肺にもガンが数カ所散らばっておりました

医師の見解では「3ヶ月は。。もたないでしょう」
との事です。

延命治療をしたとしても、一度抗ガン剤投与した人は、2度目の抗ガン剤は時間がかかるし、なにより効きづらいらしいです。そして痛みとの戦いになると。。。
それならばホスピタルに入って、麻薬の一種を痛み止めとして使い、本人が痛くないように、本人が楽なように、自由がきくように。。
と父が過ごしやすい環境を提供して、限られた命を延命治療ではなく穏和治療??にした方がいいんじゃないか。。とお医者サマからは言われています。

告知は、本日お昼2時にするつもりです。
昨日救急入院して、母は泣きくずれてしまい、その母もまた3週間前にストレスから過呼吸を起こし救急車で運ばれております。精神的にも疲れてる状態の最中、今度は父が。。。となり
私がシッカリしないと。。。とは思っていますが、ガンに対しても無知ですし素人です

そこでお聞きしたいのは
おなじ境遇の方・経験者の方(身内の余命宣告を受けた方ナド)
それについて詳しい方

残されて限られた時間の中で、やるべき事とは何でしょう。
もちろん本人に悔いのない人生を~・・・や、私達家族が思い出を残せるように~・・・
というのはワカルのですが、
生存してる間の手続きなど、式の準備、預金の引き出し等で、本人が居なくなってからでは遅い手続きなどございますでしょうか?
家の権利などは父なのですが、そういったものも、すべて生前でやらないといけないのでしょうか?

どうかよろしくおねがい致します

肺ガン転移 余命三ヶ月 今後の対応



つい先日「原因不明の胃痛・お腹の痛み」で質問した者です。今回も長文になります;どうかお許しください。
症状は、完結にいいますと、3ヶ月ほど前から父(63)が胃痛・お腹の痛みを訴え、
いろいろな病院で検査をしましたが原因不明ということでした。

その件について、回答を頂き、2日後に 消化器科や内科ではなく「脳神経外科」がある病院で看て頂こうと朝一で他病院に係る手続きをしてる際、母から電話・・・
「お父さん、足が痺れてるのか立てなくなってるから...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、私の実父も肺癌の骨転移に伴う誤えん性肺炎で死にました。

んーと、肺癌の再発・転移で余命3ヶ月程度という診断でしたら、はっきり申し上げれば医師の見立ては割合に正確だと思われます(実は実父も医師で、その辺の見立ては実によく当たってましたので)。

で、ご家族に出来ることはずばり「お父様の好きなようにさせる」ことですね。出来たら緩和治療で痛みを抑えつつ、残りの時間を有意義に過ごして頂くことだと思います。実際に末期癌といえども本当に危険な状態になるのは終わりの2~3日と言われています。それまではほとんどの患者さんが痛みさえなければ日常生活を過ごすことが出来ます(勿論体力低下による限界はありますが)。その辺をよく勘案なされてご家族で結論を出されたらよろしいと思いますよ。

あと、生存している間の手続きですが、お父様にその気があれば財産等の詳細はしっかりと伺っておいた方がよろしいかと思います。また、お父様がお亡くなりになると同時に本人名義の全ての預金口座は凍結され、遺産相続手続きが完了するまで一切さわれなくなります。式費用などご心配でしたらある程度は現金として準備なされておくのもよいでしょう。

想像手続きはお亡くなりになってからで大丈夫です。遺産の額にもよりますが、もし遺産総額が現金その他を合わせて1億円を超えるようでしたら税理士さんにお願いした方が相続手続きがスムースです(家では全部税理士さんに任せました)。

お役に立てば幸いです。

こんにちは、私の実父も肺癌の骨転移に伴う誤えん性肺炎で死にました。

んーと、肺癌の再発・転移で余命3ヶ月程度という診断でしたら、はっきり申し上げれば医師の見立ては割合に正確だと思われます(実は実父も医師で、その辺の見立ては実によく当たってましたので)。

で、ご家族に出来ることはずばり「お父様の好きなようにさせる」ことですね。出来たら緩和治療で痛みを抑えつつ、残りの時間を有意義に過ごして頂くことだと思います。実際に末期癌といえども本当に危険な状態になるのは終わりの2~3日と言...続きを読む

Q創作について 骨製の武器

創作に「骨製の剣」を出そうと思っているのですが いくら検索してもそれらしい名前が出てきません
ボーンナイフではそのままですし

骨製のナイフ
骨製のナタ
骨製の剣


どこかの神秘的な民族が使っていそうな また実際使われていた 骨製の武器の名前を教えて下さい

Aベストアンサー

 #2です。ですから「サメの歯を埋め込んだ木製平型棍棒」の名前が「leiomano」。カタカナ表記するなら「レイオマノ」。言語のほうが資料見つかりやすいと思ったので。画像検索するとこんな感じ。

https://www.google.co.jp/search?q=leiomano&hl=ja&prmd=imvns&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=cjTOT634IcmemQWIyZiiCg&ved=0CFwQsAQ&biw=1223&bih=870

Q癌の転移で余命三か月。告知は本人にされていません。

癌の転移で余命三か月。告知は本人にされていません。
90代の祖母に肝臓がんが見つかり転移していた模様。治療も出来ないそうです。
今現在本人は「肝臓が調子を崩しただけ」とだけ聞いており、自分の病状を知りません。
説明を聞いたのは私の母で、医者に癌のことは言わないように口止めされているそうです。
ここで質問です。
祖母のこれからについてですが、
1、介護施設で往診を受けながら過ごす(告知なし)
2、ホスピスに入り、そこで過ごす(告知が必要)
今入院している病院には長く居られないらしく、色々と問題はありますが、まず何処に祖母を移すかという問題に直面しております。
どうか、ご意見お願いします。
また、身内に癌の患者さんがいらっしゃった方、参考になるご助言など頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

昨年、母をガンで亡くしました。70代です。
本にはガンだと知っていまして、何年もなんでも入退院していて最終的に抗がん剤が全く効かなくなりました。
今迄の様に寛解にむけた治療ができなくなるにあたり、やはり退院という問題に直面しました。
退院しても、面倒をみれるものが居ない為、ホスピスか療養型の病院に入るしかありませんでした。
その中で得た情報です。
ホスピスは至れり尽くせりだそうです。ガンの痛みを取り除き、できる限り本人のやりたいことをさせてくれる。
療養型の病院は、痛みを取り除くことはしてくれるが、ホスピスのようにはいかない。
うちの場合、治せないと伝えることができず、療養型を選びましたが、結局転院する前に亡くなりました。

おばあさんに、転移や治療ができないことを告げずに、まずガンであることも伝えられませんか?
その上で、本人にどういう環境で過ごしたいか確認できないでしょうか?
治る見込みの無い病と伝えるのも酷ですが、人間の尊厳を考えると、最期までできるだけ自分らしく過ごさせてあげたほうが良いかな、と私は思います。
母は亡くなる前も食欲もあって、「ラーメンが食べたい」とか「あの店の唐揚げが食べたいから買ってきて」とか良く言われたのですが、病院からokがでず、かないませんでした。
どうせすぐに亡くなるなら、こっそり食べさせてあげればよかったなと思うこともあります。
話が逸れましたが、なるべくならおばあさんが最期まで自分らしく過ごせるような環境にしてあげるのが良いと思います。
とはいえ、なかなか伝えられないですよね。

昨年、母をガンで亡くしました。70代です。
本にはガンだと知っていまして、何年もなんでも入退院していて最終的に抗がん剤が全く効かなくなりました。
今迄の様に寛解にむけた治療ができなくなるにあたり、やはり退院という問題に直面しました。
退院しても、面倒をみれるものが居ない為、ホスピスか療養型の病院に入るしかありませんでした。
その中で得た情報です。
ホスピスは至れり尽くせりだそうです。ガンの痛みを取り除き、できる限り本人のやりたいことをさせてくれる。
療養型の病院は、痛みを取り除く...続きを読む

Q尾抵骨? しっぽの名残という人間の腰にある骨

あの骨の名前を教えてください。

しっぽの名残などといわれているお尻の上にあるちょっと突起した部分の名称です。

尾抵骨というのかな、とも思いますが、尾抵骨というのはあの辺りの骨全部のことでは?

突起部分の名称を知りたいのです。

Aベストアンサー

尾骨になると思います。

尾骶骨(びていこつ),尾閭骨(びりよこつ)ということもあるようです。

参考URL:http://web.sc.itc.keio.ac.jp/anatomy/osteologia/A02206001-002.html

Q乳がん完治後の骨転移について、平均余命の統計はありますか?

乳がんが手術と抗がん剤により完治した後、八年が経過し、
背骨のみに転移している場合(もしくは類似した状況の場合)、
平均余命に関する統計資料はありますでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひお教えください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>背骨のみに転移している場合

骨転移を起こしたら完治(寛解)していないことになりますね。
乳癌は、術後10年や15年経って安心した頃に、骨転移などで再燃する悪性腫瘍であることはよく知られています。そのために、エストロゲン受容体陽性の患者さんには、術後補助療法としてホルモン治療を施行する場合が多いようです。また、例え骨転移を引き起こしたとしても、近年は骨粗鬆症の治療に使われている薬剤を投与することで、骨転移の進行がかなり止められることが知られています。

上記のような理由から、乳癌の平均余命に関して、私はエビデンスのあるデータを存じません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング