下の親不知の抜歯の場合、浸潤麻酔だけでは麻酔が効かない場合下顎伝達麻酔をするようですが、その麻酔自体は最初痛みを伴うものでしょうか?

浸潤麻酔は表面麻酔などをしてからの場合が多いと思うので麻酔自体に痛みはあまりないようですが、伝達麻酔の場合はどうなのか気になりました。麻酔自体が痛むことが苦手なので、もしご回答頂けたら幸いです。

A 回答 (2件)

返事が遅くなり、失礼しました。



 私の場合は浸潤麻酔が効かない場合に伝達麻酔を追加していますが、今まで伝達麻酔を行ったのは2回のみです。
 ケースにも依りますが、親知らずが完全に骨の中にもぐっている場合などは伝達麻酔の方が良いかもしれません。
 でも浸潤と伝達のいずれを取るかは担当医の考え次第です。お願いすれば、場合によっては伝達麻酔をしていただけるかもしれません。

 痛みに敏感な人には、針を進入する際に、周囲を麻酔しながら進む事で、痛みを軽減させる方法もありますから、安心していいと思います。
 いずれにしても、緊張して肩に力を入れると痛みが増します。治療台に座ったら、一度首をすくめるようにしてグッと力を入れ、パッと力を抜く動作をすると力を抜く事が出来ます。是非試してみてください。

この回答への補足

詳しいご回答感謝しています。色々な方法があるようで、とても納得しながら読ませて頂いています。

ちなみに、伝達麻酔を行うか否かはレントゲン等で歯の様子をチェックして施術前に決めておくと言うことでしょうか?もしくは、抜歯中に痛みが出て浸潤から伝達に急遽変更という流れもあったと言うことでしょうか?たまに、麻酔があまり効かず飛び上がるほどの激痛を感じて急遽麻酔を追加してもらったなどという話を聞いたことがあり、そういう状況で伝達麻酔に変えられたりするのかと勝手に想像して怖いなと思っていたので…

大体の場合、局部麻酔を念入りに行えば抜歯の際に痛みが生じることはまずなく、念のために伝達麻酔をする方法もある、という考えでよろしいでしょうか?

麻酔の効きが良い人と悪い人がいるとは聞きますが、実際に抜歯の段階になって自分は麻酔の効きが悪いと気づいたとしても、その時には既に激しい痛みを感じていると思うので、そう考えると体質的に麻酔が効かない場合は前もって念入りな麻酔をして頂いたほうが安心して臨めるかなと思っていたんです…

麻酔の効きが良いか悪いかというのは、やはり実際にやってみないと分かりませんよね… 太ってはいなくて、お酒も余り飲みません。でも、あまりお酒に気持ちよく酔えない感じで、以前笑気ガスを試した際も体が重くなるというか、痺れる感じで決してリラックスは出来なかったので、そのような状況を考えるともしかして麻酔の効きにくい体質なのかな、などと考えてしまいます。通常の治療の際の麻酔は、局部的に痺れますし、治療の痛みを感じることもありませんが…


治療台での緊張を抜く方法、是非次回から試してみようと思います。教えてくださって有難うございます。

補足日時:2006/09/13 19:58
    • good
    • 0

表面麻酔は、文字通り表面の麻酔なので、敏感な人では痛みを感じる場合もあります。

表面麻酔は針が入る瞬間の痛みだけを感じなくさせるものです。
 下顎伝達麻酔の場合、表面から麻酔する骨までかなり距離があるので表面麻酔の有効範囲を超えています。しかし、丁寧にゆっくりと麻酔を行うことによって、かなり痛みを押さえる事が出来ます。痛みは緊張によっても増してしまいますが、上手な先生なら患者さんをリラックスさせ、痛みを和らげる事もできるでしょう。

 怖がりの相談者様におまじない(実は根拠がある)をお教えしましょう。
 歯科医院に冷たい水(ジュース類はダメ、緑茶はOK)を持って行き、少し早めに行ってゆっくり一杯(コップ半分ほど)飲みます。
 待ってる間に人差し指から薬指を頭の頂上に軽く当て、ゆっくり円を描きながら「痛くない」と5回唱えます。次に両手の親指と人差し指の付け根、骨がV字になっている部分の柔らかい部分を反対の親指で軽く押し、ゆっくり揉む様にしながら「痛くない」と5回唱えます。そして水をもう一杯飲みます。
 時間があったら指を揉むは繰り返してもいいですが、3分ほど時間をおいてからやって下さい。
 最近は医院内に水を置いてあるところが多いので、その水を貰っても良いでしょう。
 あれは、患者さんにリラックスして頂く為に置いてあるのですから、遠慮なく飲んで下さい。

この回答への補足

早々のご回答有難うございました。リラックスの方法まで教えていただいて嬉しいです。また試してみようと思います。ちなみに、下の親不知の抜歯の際は下顎伝達麻酔をする場合もあるようですが、浸潤麻酔だけでも大抵は対応できるものなのでしょうか?抜歯途中に麻酔があまり効かずに激痛に耐えたというような話を聞いて、それは伝達麻酔で防げるとは思ったのですが、麻酔自体が痛ければ元も子もないような気がしてしまったので… 

補足日時:2006/09/11 15:51
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々すいません。親不知の抜歯の際、まず浸潤麻酔を幾つか打つと思うのですが、その浸潤麻酔の後に伝達麻酔を行えば後者の麻酔自体の痛みも感じなくなるのでしょうか?よろしかったらもう一度ご回答頂けたら嬉しいです。

お礼日時:2006/09/11 23:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抜歯と、伝達麻酔について

左下の親知らずと、その手前の奥歯を抜くことになりました。

歯科の先生によると、下の歯の抜歯は大変だとか。
大変な理由は、大きく下記の2点です。
1 麻酔がかかりにくい場所だから、抜くときに痛い
2 術後の痛みが激しく、相当に腫れ、内出血をする。

その先生は、
「ま、痛くても頑張るしかないので。不安を口にすると余計怖くなるから」とおっしゃり、質問できなかったので、
どの程度耐えがたく、「相当」とはどう大変なのかは判りません。

セカンドオピニオンとしてかかった他の先生は、
「下の奥歯で、神経の治療のときには麻酔が効くから、
 あなたは麻酔の効かない体質でもないでしょうし、
 きちんと麻酔すれば術中は大丈夫です。
 術後は痛むし腫れますが、これは個人差もあるし、
 仕方ないことですが、きちんと鎮痛剤を出します。」
とのことでした。

そこで質問です。
Q1.下の奥歯・親知らずを抜かれた方の経験をお聞かせください。
Q2.下顎孔伝達麻酔というのはどのような麻酔でしょうか。
 昔、下の歯の治療の際、名前はわかりませんが、大の大人が叫ばずにいられないほど激痛を伴う麻酔を打たれたことがあり、不安に思っています。(ネットで、下の歯の抜歯の際、下顎孔伝達麻酔が有効と読み、まさかまたあの激痛を味わうのかと怖くなっています。)

よろしくお願いいたします。

左下の親知らずと、その手前の奥歯を抜くことになりました。

歯科の先生によると、下の歯の抜歯は大変だとか。
大変な理由は、大きく下記の2点です。
1 麻酔がかかりにくい場所だから、抜くときに痛い
2 術後の痛みが激しく、相当に腫れ、内出血をする。

その先生は、
「ま、痛くても頑張るしかないので。不安を口にすると余計怖くなるから」とおっしゃり、質問できなかったので、
どの程度耐えがたく、「相当」とはどう大変なのかは判りません。

セカンドオピニオンとしてかかった他の先生は、...続きを読む

Aベストアンサー

Q1のみの回答ですが、2時間前に左下の親知らずを抜歯してきました。。

真っ直ぐに生えていたので、比較的、楽に抜けたようです。
歯をぐりぐりやってる時間より、麻酔が効くのを待つ時間のが
長かったくらいです。
薬の説明や会計も含めて、30分後程度でした。

麻酔は(多分)5回ほど打っていただいたみたいですが、麻酔の痛みは特に感じませんでした。抜歯の痛みはそれなりに。。

1回目:親知らずの周りに薬を染込ませた綿を当てて少し放置。
(よく判らないですが、多分麻酔じゃないかと。当然痛みはなし。)
2回目:機械を使った麻酔して放置
(痛みはないです。刺されてるというより当てられてる感覚。)
3回目:「奥まで麻酔しますねー」と麻酔注射。
(すでに麻酔が効いてたので痛くはないです。
 ここまで来て、ようやく歯をぐりぐりやり始めました。)
4回目:「歯茎に麻酔足しますねーチクッとしますよー」と麻酔注射。
 普通に注射される程度の痛みです。
 この後、本格的に歯をぐりぐりされ歯より寧ろ頭が痛くなりました。
5回目:「舌の奥に麻酔しますねー」と麻酔。。
 普通に注射される程度の痛みですが、それどころじゃなかったです。。
 頭の痛みは治まって、4~5回ぐりぐりやったら無事に抜けました。

ぐりぐりされてる間は死ぬかと思いましたが、結構あっという間に
抜けて、終わってみれば何てことなかったです。
先生が清々しい顔で抜き終わった歯について説明してくれたのが笑えました。。

Q1のみの回答ですが、2時間前に左下の親知らずを抜歯してきました。。

真っ直ぐに生えていたので、比較的、楽に抜けたようです。
歯をぐりぐりやってる時間より、麻酔が効くのを待つ時間のが
長かったくらいです。
薬の説明や会計も含めて、30分後程度でした。

麻酔は(多分)5回ほど打っていただいたみたいですが、麻酔の痛みは特に感じませんでした。抜歯の痛みはそれなりに。。

1回目:親知らずの周りに薬を染込ませた綿を当てて少し放置。
(よく判らないですが、多分麻酔じゃないかと。当然痛...続きを読む

Q明日歯の神経を抜くのですが・・・

虫歯が神経の近くまで広がっていたため
神経を抜いて被せ物をする事になりました。

検索してたら、神経を抜くのは凄く苦痛と書いてる人達ばかりです。

歯医者の先生に「神経を抜くのって痛いんですか?」
と聞いたんですが、「麻酔が効いてるし痛くない」との返答で。
ネットに書いてある事とは真逆なんです;

そこで質問なんですが、神経を抜くのは痛いんでしょうか?
凄く不安で、最近夜も眠れない日が続いてます…

どうか教えてくださいorz

Aベストアンサー

みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。要するに普通は不必要に抜髄はしません。

で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。
デメリットとしては、
(1)神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。
(2)抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。
(3)歯が生活歯にくらべて、もろくなる。
(4)変色していく。
(5)臼歯部の抜髄は根も複数・複雑で見えにくく、手技 的に不完全になることがある。(残髄等)

などがあげられます。しかし、無理に神経を保存したために、神経に細菌が入り、歯根膜炎の著しい痛みが長期に起こったり、化膿して、根の先にバイキンの巣を作り、それによって顔が腫れたり、上顎洞炎になったり・・・と良いことばかりでもありません。

要するに、歯科医院でレントゲン写真や虫歯の深さ、痛みの程度、虫歯になっている期間などなどで、総合的に判断してもらい、決めていくのがベストだと思います。

で、基本的には神経を抜くのは麻酔下で、行ないますから、無痛があたりまえです。痛ければDrに麻酔の追加をしてもらったらいいんですから。ただ、炎症がきつい歯髄には麻酔が効きにくいこともありますが、麻酔の方法はいろいろありますから(^.^)b

みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。要するに普通は不必要に抜髄はしません。

で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。
デメリットとしては、
(1)神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。
(2)抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。
(3)歯が生活歯にくらべて、...続きを読む

Q神経に麻酔を打たれ、1週間後も痺れが残っている

5月22日に虫歯の治療のため、左下一番奥の方に麻酔を打ちました。打っている最中にビリビリとした痺れがアゴの方にかけて数回あり、医者に大丈夫か聞いたところ、「神経に刺しましたから。問題ないです」といわれました。しかし、24日になっても、口を開けるとアゴや頬がビリビリした感じがします。神経質に感じれば、前歯の方の歯茎、唇も少し違和感があります。神経に直接針を刺して大丈夫なんでしょうか?

その後、心配なので、25日に電話で聞いたところ、以下のような答えが。

「目に見えない所(神経に直接)に麻酔しているので、
そういった症状はあります。ただ神経に直接刺している
ので、神経が損傷していてそういう症状が出ると思いますが、切断したわけではないので、そのうち治ります。全く問題ないので安心してください。ただ、すみません、その事については謝ります」

なんとなくしか伝えられませんが、こんなような事を言われました。
感情的な先生という感じで、この日も何か相談していたら気に食わない感じになった気がして、乱暴な感じがしました。
それで、麻酔もこんな感じです。

あさって予約が入っいて、また聞いてみたいのですが、また機嫌が悪くなりそうで怖いです。
でも、もし後遺症とか残ったらどうしようかと心配です。

5月22日に虫歯の治療のため、左下一番奥の方に麻酔を打ちました。打っている最中にビリビリとした痺れがアゴの方にかけて数回あり、医者に大丈夫か聞いたところ、「神経に刺しましたから。問題ないです」といわれました。しかし、24日になっても、口を開けるとアゴや頬がビリビリした感じがします。神経質に感じれば、前歯の方の歯茎、唇も少し違和感があります。神経に直接針を刺して大丈夫なんでしょうか?

その後、心配なので、25日に電話で聞いたところ、以下のような答えが。

「目に見えない所...続きを読む

Aベストアンサー

おそらく今回受けた麻酔の方法は、伝達麻酔といわれ
てる方法で、口腔内から針を刺し、翼突下顎隙とよばれ
る組織の隙間に、麻酔薬を浸透させることによって、
そこを走っている下歯槽神経の伝達をブロック
させる方法です。
ですので、直接神経を刺すわけではありません。ですが、
直接見えないうえに、神経の近くを刺すわけですから、
下歯槽神経を傷つけてしまうこともあります。
その際、損傷部位と程度によりますが、痺れが数ヶ月
ほど残ったりもしますが、多くの場合徐々に症状は
改善していきます。

Q抜髄処置は痛いのですか??(;_;)

あまり知識のない初心者です。すみませんm(__)m
よろしければご回答お願いします。

昨夜から銀歯をしている奥歯がズキズキと痛み出し、今朝 歯科に行ったところ、銀歯をとり、白いつめもの?を入れ、「これでもまだ痛むようなら神経を取りましょう」といわれました。
今現在、ズキズキと奥歯が痛み(頬も痛いような感覚)、明日の朝また診療に行く予定なのですが、なんせ抜髄なんて初めてですからとても不安です(;_;)

抜髄処置とは痛いものなのでしょうか??
このズキズキとした痛みをずっと抱えていくくらいなら、少しの痛みは覚悟していますが、神経を取ったあとも痛みが消えないケースもあるようなので不安です。
あと痛みが消えなくて寝付きが悪いのですが、ノーシンなどの薬は飲まない方がいいのでしょうか?

何かご存知の方がいらしたら教えてください。
お願いします(ノ_;)

Aベストアンサー

私は神経を2本抜いたことがあります。
痛みは麻酔をするのでそれほど感じませんが、次のような流れで処置されました。

(1)麻酔をする
(2)歯の裏側に垂直に小さな穴を開ける。
(3)穴が開いたら消毒液を染み込ませた脱脂綿のついた細い針金を穴に入れて何回(10回~)も上下する。
(4)このときにはどこまで針金を入れるのだろうと感じます。気分的にはあごまで針金が刺さっているようです。
(5)神経まで針金が届いて十分消毒できたらガスを抜くために穴に仮の蓋(ガム状)をかぶせます
(6)一週間程度経ってから再度(3)(4)を繰り返した後穴を本格的に塞ぎます。

神経を抜くと歯の表面に色が付きやすくなるので、定期的に歯医者さんに行って汚れ落とししてもらったほうがよいです。

Q虫歯の麻酔が効かない事について

昨日、神経近くまで達してしまった大きめの虫歯を治療する為に削る事になったのですが途中で痛くなり麻酔を二度も追加してもらっても駄目で途中で中断してしまいました。

こんな事は初めてで今まで手を上げた事も無く結構気を使って我慢してしまう性格なのですが、初めてどうしても我慢出来ず体が震えて反射的に手を上げてしまいました。

ちなみに下の前から4番目の歯なのですが確かに下の奥歯は麻酔が効きにくいとは聞いた事ありますが、こんな前歯で、しかも神経に細菌が入って炎症を起こしている訳でもない場所でここまで麻酔が効きにくいという事なんてありますか?

良い雰囲気の先生なのであまり考えたくはありませんが色々調べると麻酔が下手な先生は技術不足だとか色々出てきて少し心配になりました。

確かにその先生はまだ20代でとても若く、以前見てもらっていた先生は50代くらいのベテランのような感じの先生ばかりで麻酔も最初少しチクっとするだけで後は何も痛くない感じでしたので今回驚きました。

さらに神経に直接注射をする事を提案されたのですが、そんな事は初めて聞いたので想像しただけでゾクッとなり、その日は神経を落ち着かせる薬を入れて終わる事にしました。

そこで気になったのですが、このように神経に細菌が侵入して炎症が起きていない状態の下の前歯で麻酔を3度挿しても我慢出来ない痛みが発生してしまうのは先生の技術不足だと思いますか?

以前の先生は年配のベテランで腕が良くても愛想が悪いという感じで今回の先生は雰囲気が良くまだ2回目の通院ですが良い所を見つけたなぁと思っていましたので今回の激痛で元々苦手だった歯医者がさらに嫌になってきて残念な気持ちです。

良かったらアドバイス下さい。

昨日、神経近くまで達してしまった大きめの虫歯を治療する為に削る事になったのですが途中で痛くなり麻酔を二度も追加してもらっても駄目で途中で中断してしまいました。

こんな事は初めてで今まで手を上げた事も無く結構気を使って我慢してしまう性格なのですが、初めてどうしても我慢出来ず体が震えて反射的に手を上げてしまいました。

ちなみに下の前から4番目の歯なのですが確かに下の奥歯は麻酔が効きにくいとは聞いた事ありますが、こんな前歯で、しかも神経に細菌が入って炎症を起こしている訳でも...続きを読む

Aベストアンサー

下手な先生はいますよ。
随分前ですが6本打って麻酔が効かず帰ったことがありました。
もしかしたら麻酔薬を他の薬と間違ったかもしれません。

大学病院で親不知を抜いたたときは、「この前も他の歯科医院で麻酔が効かなかった」と言ったら、「私たちはプロですよ」と自信満々の大学病院の若い医師たち。
1本で効かなかったときに一言。「やっぱり、効きにくいみたいですね」と苦笑いしていました。

今の歯科での麻酔は針も細いし、その前に麻酔スプレーしますので痛くもないですし、1本の注射で完全に口内は痺れています。
うがいする時に唇が感覚がありませんしね。

>このように神経に細菌が侵入して炎症が起きていない状態の下の前歯で麻酔を3度挿しても我慢出来ない痛みが発生してしまうのは先生の技術不足だと思いますか?

私なら他の歯科医院に行きます。今は無痛治療を謳っている歯科医院もあるほどです。
コンビニの数より多いと言われる歯科医院。いくらでもありますよ。
選ぶのはネット情報ではなく、友人や知人に聞きましょう。
特に、小さなお子さんをお持ちの方は詳しいですよ。

Q根管治療は、どうしても、麻酔をしてはいけないのですか?

10年前に作った前歯3本連なった差し歯が取れてしまい、作り替える事になりました。
その際に、根に膿がたまっているという事で、まずは根の治療を行う事になりました。
その、あまりに拷問に近い激痛に、私は思わず力を入れ過ぎしまい、あやうくて失神してしまうほどの精神的ダメージを受けました。

その後、怖ろしく顔が腫れ上がってしまい、しかしそれは先生に相談すると、仮歯でフタをしてしまったので膿の出場所がなかったためとの事でした。
それなので今は仮歯も外して、この三十代前半にして前歯が3本ない状態です。涙

でも、そんな事よりも、とにかく、治療の痛みに耐えられないので次回は麻酔をと希望したのですが、根の治療は患者の痛みの様子を見ながら、良くなってきたかどうか判断しながら行うので、麻酔はどこの歯科医でもしないのだとの説明を受けました。

でも、本当に、どうしてもそうなのでしょうか?
今の私はもう怖くて歯医者さんに通えなくなってしまい、前歯もないので引きこもり状態になってしまっています。
そうかといって、とてもではないですが、あの治療の拷問のような痛みには到底耐える事は出来ません。
そこで、教えて頂きたいのです。

この、現代の医学においても、根の治療というのは、こんなにも拷問の痛みがあっても、麻酔をせずに行わないといけないものなのでしょうか?
それと、もう一つ知りたいのは、根の治療というのは、一回目よりも二回目というようにして、だんだんと治療が進むにつれ、治療するときの痛みは少なくなって行くのでしょうか?
1回目にあんな怖ろしい体験をしたので、2回目はもう少し楽になっていると願いたいのですが・・・。

あと、笑気ガスも根の治療にはしてもらえないものなのですか?
この三点、どうかどうか、教えて下さい。

10年前に作った前歯3本連なった差し歯が取れてしまい、作り替える事になりました。
その際に、根に膿がたまっているという事で、まずは根の治療を行う事になりました。
その、あまりに拷問に近い激痛に、私は思わず力を入れ過ぎしまい、あやうくて失神してしまうほどの精神的ダメージを受けました。

その後、怖ろしく顔が腫れ上がってしまい、しかしそれは先生に相談すると、仮歯でフタをしてしまったので膿の出場所がなかったためとの事でした。
それなので今は仮歯も外して、この三十代前半にして前歯...続きを読む

Aベストアンサー

 膿を持っている(根尖病巣)がある歯に対して不用意に麻酔を施すと麻酔の圧力で細菌を歯の周囲の骨(歯槽骨)内に拡げる危険性があります。最悪の場合は蜂窩織炎という非常に重篤な病気に移行してしまう危険性も含んでいます。
 映画「たんぽぽ」(間違ったらすいません伊丹十三作品です)でも患者さんを押さえつけ、無理やり削る場面がありますが、これも同じ理由です。圧力が下がれば痛みが消えますので、これはどうしようもない事だといえます。
 また、麻酔をしてしまうと、周辺組織の感覚もなくなってしまい、治療器具が病巣を突き抜けて、健康な組織を傷つけてしまう危険性も高まります。つまり傷ついた組織に新たな感染が起こり、病気を悪化させてしまうのです。
 更に、担当医の説明にもあったように、膿やガスの排泄によって情況が好転しても、麻酔をしてしまったら判断できません。つまり治療の限度が測りにくくなるのです。
 また、笑気ガス沈静法は麻酔の補助としては使えますが、麻酔ではありません。完全に痛みを感じないのはごく限られた場合であって、多くは「痛みを鈍くする」程度です。なかには痛み感じないまで笑気を使う歯医者もいますが、これは沈静法と麻酔の境界付近まで深くかけてしまうので、熟練していないとかなり危険な行為だと言えます。

 1回目の治療で強引に治療を進めるか、出来るだけ圧をかけないで痛みが少ないようにするかは担当医の判断に委ねるしかありません。が、圧をかけないように治療すると時間がかかりすぎる上に、治療効果もなかなか出てこない可能性があります。その間長い時間患者さんは痛みに晒される訳です。

 顔が腫れたのは前の回答にもあったように密閉してしまった結果でしょう。最近、排膿していたりガス発生があっても密閉してしまう歯医者が多いのは事実です。少量のガス発生では臭診でも気がつかない場合もあり、また、治療によって病巣が刺激されて、術後に急激にガス発生や膿の増殖があって、突発的に顔が腫れてしまう事は有り得ます。

 圧力さえ下がればあまり痛い治療では無いので、次回、次々回くらいからはかなり楽になると思います。まず、身体の抵抗力を下げないようにして下さい。抵抗力が下がれば治療も長引いてしまいますから。

 膿を持っている(根尖病巣)がある歯に対して不用意に麻酔を施すと麻酔の圧力で細菌を歯の周囲の骨(歯槽骨)内に拡げる危険性があります。最悪の場合は蜂窩織炎という非常に重篤な病気に移行してしまう危険性も含んでいます。
 映画「たんぽぽ」(間違ったらすいません伊丹十三作品です)でも患者さんを押さえつけ、無理やり削る場面がありますが、これも同じ理由です。圧力が下がれば痛みが消えますので、これはどうしようもない事だといえます。
 また、麻酔をしてしまうと、周辺組織の感覚もなくなって...続きを読む

Q親知らずを切開して抜くのが怖いです・・・

先日上の歯の親知らずを一本抜きました。
まっすぐに生えていたので時間もかからず、痛みもなくすぐに抜けました。(麻酔が抜けてから多少の痛みはありましたが)

下の歯にも親知らずが生えていて、そっちも抜いたほうがいいと言われたのですが、
どうやら下の親知らずは横に曲がって生えているようで、肉も被ってるので切開して抜く形になると言われました。
麻酔をしても痛みはあるかもしれないとのことで、怖くて怖くて抜く決心がつきません。
今のところ親知らずが痛むなどのことはないのですが、歯医者さんには
「怖いなら今すぐじゃなくてもいいけど、結婚して子供ができる前には抜いておいた方がいいよ」
と言われました。

切開して下の親知らずを抜くというのはどのくらいの痛みになるのでしょうか?
麻酔をしても痛みがあるのは痛みがそれほど大きいからですか?
正直、肉を切るというのがとても怖いです;
体験談など聞かせていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

こんにちは。
切開自体は麻酔しますので、全然気になりません。
むしろ、ほとんど出てない親知らずをコジ抜くよりよっぽどマシですので、抜くならぜひ切開をお勧めします。

問題は肉を切る事よりも、まっすぐじゃない親知らずを抜く方ですね。
私の時は、横倒しの親知らずが途中で砕けてしまい、器械でコジて大掃除になったのですが、医師が上手だったのか、痛みは他の人に比べてはるかに軽く済んだらしいです。

親知らずは一般的に下の歯の方が大変なようですが、私の例はかなり珍しい部類だと思います。
出血がどうにか止まるのに一週間、痛み止めもその程度で済みました。

一ヶ月、枕を血でぬらしたなんて話も聞くのですが、私にはちょっと想像がつきません。

Q抜歯後の歯茎の回復について(親知らず)

親知らずの抜歯後、歯茎は何日くらいで食べ物がつまらない程度にまで回復しますか?
先生は、「年齢・体質にもよるが1~2ヶ月くらいは抜いたあとの穴に食べ物がつまる」といっていましたが、抜歯された皆様、何日くらいだったでしょうか?

以下補足情報です:
・17日に親知らずを一本抜歯しました、先生も驚くほどの大きさで、歯茎の穴は、深さ2センチくらいに見えました。
・19日、消毒にいったところ、順調に回復しているとのこと。現在穴の深さは1.5センチくらいに見えます。
・私の年齢は、30代前半です

(内容がアンケート的要素があるかもしれませんが、デンタルケアの専門家の方々・抜歯経験者の方々のご回答いただければと思いここに投稿させていただきました、どうぞよろしくお願いいたします。)

Aベストアンサー

私も30代前半のものです。
右の上下を4月中旬に抜きました。
上は1ヶ月ほどでまったく気にならなくなりました。
下は切開して骨を削ったせいもあるのかもしれませんが、2ヶ月たった今でもまだまだ穴が大きく開いていてものが詰まります。
左も先月中旬に続けて抜歯したものの、右同様に
上はすでにきにならないですが、
下はずっぽりと穴があいています。
知人は1年以上たつのに、まだ穴があいていると言っていました。
かなり個人差があるのかもしれないですね。
早くふさがるといいですね。
私も早くふさがることばかり考えてます。
よければ参考URLを見てみてください。私もこれに質問してここを教えてもらい勉強になりました。

参考URL:http://www.kkdental.com/qa/qa18.htm

Qひどい虫歯になった親知らずの抜歯について、教えてください!

歯に詳しい方や、ひどい虫歯になった親知らずを抜歯した方など、
ぜひぜひ教えてください!

右下の親知らずがひどい虫歯になってしまいました。。
黒く大きい穴がぽっかりあいています。
ここ3~4か月放置してしまった結果です…(>_<)
決心して、明日12時に歯医者さんへ行きます…。

ここ1~2か月の痛みは、普段はうずきに近いような鈍いズキズキがかすかにある感じです。
食べ物を噛んだり、穴に食べ物がつまっていたりすると、もっとはっきりしたズキズキになります。
また日中は痛みが少なく、夕方~夜にかけての方がだんだん強くなる傾向です。
夜中に我慢できなくて起きてしまったのは、2回ほどです。

こんなひどい状態になった親知らずの抜歯は、どんな風になるのでしょうか…????

実は以前、他の病院で左下の親知らずを抜歯しました。
(表面が軽い虫歯になりかけているから、抜いたほうがいいと言われたので)
当然麻酔を打ったのですが、根元(歯の根っこのほう)の感覚が残ったままで、
ぐいぐい引っ張られると、とても痛みました。
追加して麻酔を打ってくれたのですが、変わらなくて、最後まで頭の中がぐるぐるになるくらい!?猛烈に痛かったです。
あぶらあせというものが、生まれて初めて出ました。

それに、先生の手がぐいぐい歯を引っ張るちからで、わたしの逆サイドのくちの端にこすれたことで、
終わった後、すりむけて血がにじんた傷になっていました。
時間もかなりかかって、親知らずの抜歯なので早めの時間の予約で、と言われて入ったのですが、
終わったときは普通の患者さんは誰もいなくなっていて、居残りでした。

この時のイメージが強烈にあって、一生歯医者さんに行きたくない!!
と、先延ばしにした結果が、今の親知らずの虫歯です…。。。。

今回はこんなにひどい虫歯になっているので、前回以上に痛さがすごいのか…と不安でいっぱいです。。。
(ちなみに前回も今回も、向きは真横です)

長文になってしまってすみません。
いろいろ教えてください!(+o+)

歯に詳しい方や、ひどい虫歯になった親知らずを抜歯した方など、
ぜひぜひ教えてください!

右下の親知らずがひどい虫歯になってしまいました。。
黒く大きい穴がぽっかりあいています。
ここ3~4か月放置してしまった結果です…(>_<)
決心して、明日12時に歯医者さんへ行きます…。

ここ1~2か月の痛みは、普段はうずきに近いような鈍いズキズキがかすかにある感じです。
食べ物を噛んだり、穴に食べ物がつまっていたりすると、もっとはっきりしたズキズキになります。
また日中は痛みが少なく、...続きを読む

Aベストアンサー

基本の治療法は一緒です。
麻酔をして、剥離して、歯を割って抜きます。
ただ、大きな虫歯があるのでしたら、綺麗な形では抜けないと思います。

前回以上の痛みなのかは歯医者さんの腕次第ですね。
個人的な感想としては、埋まっているわけでもない親知らずにそんなに苦戦するなら、その歯医者さんはもしかしたら抜歯が苦手なのかもしれません(^ω^;)
心配でしたら、口腔外科のある大学病院に入ってみてはどうでしょう?

Q歯医者でものすごく痛い麻酔

歯医者でものすごく痛い麻酔

昔の話しですが、虫歯の治療をした時に麻酔の注射がものすごく痛かったことがあります。
骨にガツーーンとくるような麻酔でした。
今まで何度か歯の治療で麻酔したことはありましたが、あんなに痛い麻酔は初めてでした。

そして治療が終わり家に帰って麻酔を打った歯茎を見ると、その部分だけ歯茎が真っ白になっていて
麻酔が1週間位局所的に効いたままでした。

その間に真っ白だった歯茎が白→青紫→赤紫→通常の色と変わり、青紫になった時なんかは歯茎が死んだのかと思いました。。

その治療の次の治療で、麻酔がものすごく痛かったことと、麻酔が取れなかったことを歯医者に伝えましたがその日も同じくすごく痛い麻酔をされました。

それ以来その歯医者には行っていないのですが、あの麻酔は何だったのだろうと今でも疑問です。
ちなみに6年ほど前の話しです。中学~高校生位で、あまり病院の方にも詳しく聞けませんでした。

先週虫歯治療で麻酔をしてもらったのですが、普通のチクっとするだけの麻酔でした。

今でもすごく疑問です。
誰か分かる方いらっしゃいますか?

歯医者でものすごく痛い麻酔

昔の話しですが、虫歯の治療をした時に麻酔の注射がものすごく痛かったことがあります。
骨にガツーーンとくるような麻酔でした。
今まで何度か歯の治療で麻酔したことはありましたが、あんなに痛い麻酔は初めてでした。

そして治療が終わり家に帰って麻酔を打った歯茎を見ると、その部分だけ歯茎が真っ白になっていて
麻酔が1週間位局所的に効いたままでした。

その間に真っ白だった歯茎が白→青紫→赤紫→通常の色と変わり、青紫になった時なんかは歯茎が死んだのかと思いました。...続きを読む

Aベストアンサー

私自身の体験と酷似している為、回答させて頂きます。

まずその非常に痛い麻酔の正体は、「髄腔内麻酔」だと思われます。
歯髄に直接針を刺すため、短時間ではありますが強烈な痛みを伴います。
ただし麻酔の奏功し難い場合でも、ほとんどはこれで一発で効きます。

痛い麻酔を打たれた歯は、下顎の臼歯部分ではありませんか?
成人男性の下顎骨は密度が高いため、通常の浸潤麻酔が奏功し難い部位
です。

別の方法としては、浸潤麻酔と下顎孔伝達麻酔という、下顎骨の大元の
神経をブロックする麻酔を併用するというやり方がありますが、この伝達
麻酔は、ごく僅かながら下歯槽神経を傷つけてしまう可能性があるので
ドクターによってできる方とできない方がいます。

痛みは、浸潤麻酔よりも痛くないほどです。

昨日私は下顎の水平埋伏智歯(下顎に横向きに埋まっている親不知)の
抜歯に伝達麻酔も併用してもらいました。

多少のリスクは気にせず、とにかく処置の際の痛みを取ることを望まれる
ならば、伝達麻酔の併用をドクターに希望してみることをお勧め致します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報