子供の頃に読んだプラモデルや雑誌の説明に、
戦艦大和は敵の○○○キロ爆弾にも絶えられる装甲をもっている。
などと書いてあったのを覚えています。

でも、最近ふと思ったのですが、
大和の甲板って「木製」じゃなかったかしら?
雑誌で調べてみても、確かに木製のようです。
これでは、爆弾でなくても耐えられないのでは?

装甲が丈夫だというのは、甲板以外の部分を指していたのでしょうか?
それとも私の記憶違いだったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

『大和』の甲板は、上から、『最上甲板』・『上甲板』・『中甲板』・『最2中甲板』・・・となっていますが、このうち、『中甲板』に200mmのMNC甲鈑が使われています。

(『最上甲板』・『上甲板』は"防御装甲"と呼べるほどの強度はありません。)

当時、アメリカ海軍の艦上爆撃機が搭載する爆弾が1,000ポンド(453.6kg)だったので、日本海軍が使用する500kg爆弾の直撃に耐えられるようにされたと言われていますが、設計当時は、撃角55度、最終撃速の"砲弾"の直撃に耐えられるように研究されたようです。

MNC甲鈑というのは、モリブデン入りのニッケル・クローム鋼に特殊な熱処理を加えたもので、それ以前の日本戦艦に使われていたNVNC甲鈑(ニッケル・クローム鋼均質甲鈑)では強度不足ということで開発されたものです。

ちなみに、舷側水線上にはVH甲鈑410mm、水線下はNVNC甲鈑200~50mm(深くなるほど薄くなります)が、それぞれ、傾斜角20度と14度で取り付けられています。

以上、『丸』'93年2月号別冊『図説大和/武蔵』より抜粋しました。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。

甲板だけでもそんなに区切られていたとはビックリです。
しかも、防御上での重要甲板が最上甲板でなくて、中甲板というのもビックリでした。

大変詳しく教えていただきまして助かりました。

お礼日時:2002/03/29 12:57

 空からの攻撃は、考えていなかったのです。


 大和が浮沈艦といわれたのは、横からの攻撃(魚雷や船からの砲弾)に強いということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
また何かありましたらお願いします。

お礼日時:2002/03/29 12:58

たしか木製甲板の下には普通の鉄甲板があったはずです。



5cmぐらいの厚さのヒノキや松や杉をつかって甲板を覆ったのだけど、それは下にある鉄の甲板部分が直接外気にふれないようにして痛みを避けるため、乗務員の足を滑りにくくするためなどの理由のためだったと思います。

そしてその板材の下には20cm~40cm(船体の個所によって厚さが違う)ほどの厚さの鉄甲板があったはずです。

船体の装甲の厚さは大和級は確かに他の艦よりもやや分厚く頑丈ですね。外国の戦艦と比べると10cm近く平均で厚かったと思います。それにプラスして大和の内部は区画がすごい数に区切られていて1つや1つ穴があいて一部浸水してもなかなか沈まないように作られていました。まあ最後はあれだけ雨あられと雷撃&爆撃くらったから仕方ないですね・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか!!

確かに木製の甲板だったら、船の構造上からも強度に問題がありますものね。

>下にある鉄の甲板部分が直接外気にふれないようにして痛みを避けるため、乗務員の足を滑りにくくするためなどの理由のためだったと思います。
そういう理由で木製板を敷いていたとは初めて知りました。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/29 12:54

その木製甲板というのは、居住区画の床の表面のことでは?


軍艦の構造は鋼製甲板で何段にも、まるで高層ビルのような仕組みになってます。
このように、小さな部屋を縦横集めたような構造にすることで攻撃を受けたとき沈みにくくしています。一番外側をぶ厚くしてるだけではないのですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

いわゆる防水区画というやつですね!!

お礼日時:2002/03/29 12:51

そうです。

大和の甲板は木製で、ゆるやかな傾斜がついていて、これを当時は大和坂と呼び、乗組員達の自慢話の一つにしていました。実際は何キロの爆弾に耐えることが出来たのかはわかりませんが、1トン爆弾でも平気であったと言われるくらい かなり丈夫につくっていたのです。
でもご質問の通り、甲板は木製なので、穴は開きます。しかし、船底まで貫通することがなかったので、撃沈はしないという意味ではないでしょうか?また、主砲の装甲は3メートルの鋼鉄を手曲げで加工したもので、大和の主砲が命中しても壊れないことを基準に作られたのです。ですから当時は大和の主砲が世界1だったことを考えれば無敵のデフェンスを持っていたことになります。
予断ですが、主砲は3門同時に射出できるように設計されていたのですが、正確には1門ずつ多少時間をずらして射撃するのです。映画などでは3門同時の射撃の場面があるようですが、これは間違いです。というのも、主砲の爆圧がものすごくて、同時射撃の場合真中の砲弾がそれに押されて距離が落ちるのです。またまた予断ですが、設計当時の大和は主砲が5基あったのはご存知ですか?最後は3基に変更されたのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
甲板は防御を考える上では、さほど問題にならないんですね!
要は沈まなければ大丈夫というところでしょうか。

>主砲の装甲は3メートルの鋼鉄を手曲げで加工したもので・・・
手曲げだなんてビックリしました。
当時の技術者に感心しました。

お礼日時:2002/03/29 12:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(戦艦大和の装甲) 410mmの鋼鈑の造り方は?

(戦艦大和の装甲) 410mmの鋼鈑の造り方は?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C_(%E6%88%A6%E8%89%A6)
ここの性能諸元の装甲欄に「舷側 410mm」とあります。こうした分厚い装甲は如何にして造るのですか。
製鉄工場の製作過程で厚さが410mmの板と呼ぶべきかブロックと呼ぶべきか、そういう形状にしたのですか。それとも例えば、厚さ7~8mmの鋼板をリベットなり溶接なりで繋ぎ合わせて、最終的に410mmに仕上げたのですか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 軍艦「大和」の装甲は、呉海軍工廠の第一甲鈑所の能力を超えていたために、新たに第三製鋼工場が建設され、同工場の七十屯酸性平炉3基をつかって最大200トン鋼塊をつくりだしました。次いで、この鋼塊を鍛錬圧延するために、当時世界最大能力であったドイツ、ヒドロリック社製1万5千トン水圧機を購入し、同工廠製鋼部長・佐々川技術少将は艦各部に応じて各種甲鈑(たとえばVH甲鈑・NVNC甲鈑・CNC甲鈑など)を使い分けました。

 艦舷側装甲は、船体構造ではなく、410mm表面硬化VH甲鈑(一枚鋼板)を海上クレーンで取り付けました。固定はアーマーボルトにより、さらに下部舷側甲鈑で抑える方式を採っていました。


資料:歴史群像シリーズ 『超超弩級艦「大和」建造』学習研究社 06年10月による

   なお、同書58・59ページには舷側装甲の取り付け状況を3DのCG画像で再現されています。



 

Q昔の軍艦の甲板の色、材質について。。

戦艦大和や外国の軍艦のプラモデルの箱の絵を見ると甲板部分が「材木」の様な模様と色ですが、実物の軍艦の甲板は「鉄板」ではないのでしょうか?本物を見たことも無いので不思議です。木製の甲板なら攻撃を受けたらひとたまりもないような気がしますが、軽量化?も意味がないような気が。。火がついたら燃える?現代の軍艦もあんな色なんでしょうか? こんな質問カテゴリー違いかも知れませんが模型作りに詳しい方ならご存知かと思いこちらに質問致しました。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんなサイトがあります。

日本艦艇の艦艇色
http://homepage1.nifty.com/watakan/yamato/research/color_general1.html

ここの
2.戦艦の甲板の塗装
が非常に詳しいです。

こんなサイトも詳しいですね。
http://www.warbirds.jp/ansq/21/B2001310.html

Q戦艦大和の木甲板色

今、大和のプラモデルを作っています、そして、木甲板の色を塗ろうと思うのですが、私はラッカーが好きなので、Mrカラーで塗ろうと思います、説明書にはタミヤカラーの「バフ」と書いてあるのですが、Mrカラーだと何色になるんですか、同じ色がないなら、似てる色や、お勧めの色などを教えてください、おねがいします

Aベストアンサー

タンで良いと思いますが、凝った人もいます。
http://nabeck.web.fc2.com/ketei24.htm

Q戦艦大和くんだけは、日本オリジナルの造形だと...

信じていたのに…
大和くんは、フランス ダンケルク級をおもっくそパクっている!
...?
艦橋の纏め方、位置、せり上がった船体…なにもかもだ…orz

戦艦ダンケルク(1935)

同艦ストラスブール(1937)

戦艦比叡艦橋大改装(1940)

戦艦大和(1941.12)

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8739199.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8734584.html

Aベストアンサー

戦艦「大和」の設計には何人かの技術者が携わっていますが、そのお一人が「牧野茂」海軍技術大佐です。
この人は帝国大学の船舶工学科を卒業して海軍に入り、艦艇の設計に携わりますが、その後、フランスに留学します。学んだ先は「フランス国立造船大学」です。
その留学の数年後に「牧野茂」氏は「大和」の設計に携わります。
ですから、フランスの設計思想の流れが「大和」に入っていると言われても別段おかしくはない話です。
さらに、「牧野茂」氏は1937年5月20日にイギリスで行われた「ジョージ6世戴冠記念観艦式」に参列しています。
この観艦式にフランスは戦艦「ダンケルク」を派遣して世界中の注目を浴びました。
何せ「ダンケルク」は就役したのが観艦式と同じ月の5月1日という最新鋭艦です。
当然、「牧野茂」氏も「ダンケルク」を見たでしょう。
ちなみに戦艦「大和」の建造はこの年の11月から始まります。
つまり、「牧野茂」氏が「ジョージ6世戴冠記念観艦式」で見た最新鋭戦艦「ダンケルク」の構造を帰国後に急いで一部分でも「大和」に反映させたとしても不思議ではありません。

ただ、そうした「ダンケルク」の実物を見て「大和」の設計に活かした事実が実際にあったかどうかという点については私も浅学なものでしてわかりません。

戦艦「大和」の設計には何人かの技術者が携わっていますが、そのお一人が「牧野茂」海軍技術大佐です。
この人は帝国大学の船舶工学科を卒業して海軍に入り、艦艇の設計に携わりますが、その後、フランスに留学します。学んだ先は「フランス国立造船大学」です。
その留学の数年後に「牧野茂」氏は「大和」の設計に携わります。
ですから、フランスの設計思想の流れが「大和」に入っていると言われても別段おかしくはない話です。
さらに、「牧野茂」氏は1937年5月20日にイギリスで行われた「ジョージ6世戴冠記念...続きを読む

Qプラモデル1/350戦艦大和の甲板の部品などの塗装

プラモデル1/350戦艦大和の甲板の部品(主砲、副砲、クレーン、測量偽、煙突など)もろもろの部品の塗装は部品を組み立ててから塗装した方がいいのでしょうか。又、塗装はスプレーでした方がいいのか、刷毛でしたほうがいいのか。スプレーだと細部まで塗装ができるのかとか、刷毛だとムラになってしまうのではないかとか、色々考えてしまいます。初心者なのに、いざ作成するとなると、やっぱり、きれいに作りたくなってしまいます。色々質問して申し訳ございません。あ、それともう一つ、基本的な事ですが船体部分の塗装も最初に軍艦色で、しておいた方がいいのですよね。本も注文してみましたが、まだ来ません。待ちきれないので教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

人それぞれなのですが、映像でみたほうが参考になると思いますので。
https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8D%E3%81%86%E3%80%80%E8%89%A6

Q本日天気晴朗ナレドモ波高シ……は何故名文なのか?

東郷平八郎が丁字戦法を使ってバルチック艦隊を破った時、
秋山参謀という人が東京にこんな打電をしたそうです。

「敵艦見ユトノ警報ニ接シ 連合艦隊ハ直チニ出動 コレヲ撃滅セントス、
本日天気晴朗ナレドモ波高シ」

高木彬光先生の歴史小説の中で「名文中の名文」と謳われていましたが、
どうもしっくりきません。

だって、単なる指令と天候を伝える平叙文じゃないですか。
これだけシャープに必要なことをまとめた、ということが
賞賛されているのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連合艦隊は予定どおり、故障艦も脱落艦もなく、直ちに出撃し敵を撃滅することを前文で伝えています。後半の天気の文章も海軍の現場の人にはいろいろな情報を伝えています。即ち、本日は天気に恵まれ海上の見通しは非常に良い。砲撃戦に理想の天気である。しかし、海上には高波が見られるので、魚雷艇などを使った細かな作戦を実行するには難がある。本日の戦いは砲撃で決着がつくだろう。

ようやく近代国家の仲間入りをしたばかりの日本の存亡を賭けた戦いを前にして、七、五調の短い電文でこれだけの情報を送れるのは名文でなければ出来ません。しかし、これが決意表明ではなく作戦の変更や指示を仰ぐ電文であれば、決して名文とはいえないでしょう。読む人によって理解が異なるような文章は戦時に使用すべきではないでしょう。やはり戦争に勝ったということと決意表明の電文だったからこそ後世まで語り継がれたのでしょう。

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連...続きを読む

Q戦艦大和の主砲発射時 甲板での衝撃は?

以前、なんらかの本で戦艦大和の主砲発射時、甲板上で生身の人間はその衝撃に耐えられない。(ウサギを金網に入れ実験したところすべて死んだ)という事を読んだ記憶があります。映画「男たちの大和」では、機銃座の兵員はヘルメット以外なんの防具、耳栓などしていないようなのですが、主砲の三式弾打ちまくっていましたね。実際のところどうだったのでしょうか?

Aベストアンサー

映画は観ていませんが、主砲発射時に剥き出しの機銃座にいれば吹き飛ばされてしまうので、そんなシーンがあったのなら、それは映像表現上の嘘でしょう。
大和の場合、主砲発射の衝撃と爆風があまりにも激しいので、高角砲や高射機銃座等は全てドームで覆う設計を施してあります。後期の改修で露天式の物も取り付けられましたが、これを使用するのは、飽くまで主砲を使用しない時だけです。主砲発射の際には、甲板に警報が出て、機銃要員は最寄のハッチから甲板の下に退避するのです。
余談ですが、大和の前にも、戦艦長門が竣工した際(大正時代)、主砲(40センチ砲)の一斉射撃を行った時、艦橋最上部の露天艦橋に人が立っている事が出切るかどうか、志願者を募って実験したそうですが、全員柱にロープで体を繋いでから一斉射撃を行った所、射撃の瞬間に吹き飛ばされて床や壁等に叩き付けられ全員失神。気が付くと軍服のボタンが爆風ですべて弾け飛んでいたそうです。それ以前の日本海軍では、戦闘時の指令部は露天艦橋で指揮を取るのが日露戦争以来の伝統でしたが、これを機会に防御の施された艦橋内で指揮を取るように改まったと言います。

映画は観ていませんが、主砲発射時に剥き出しの機銃座にいれば吹き飛ばされてしまうので、そんなシーンがあったのなら、それは映像表現上の嘘でしょう。
大和の場合、主砲発射の衝撃と爆風があまりにも激しいので、高角砲や高射機銃座等は全てドームで覆う設計を施してあります。後期の改修で露天式の物も取り付けられましたが、これを使用するのは、飽くまで主砲を使用しない時だけです。主砲発射の際には、甲板に警報が出て、機銃要員は最寄のハッチから甲板の下に退避するのです。
余談ですが、大和の前にも...続きを読む

Q戦艦大和の艦首の切り込み?

大和の艦首の、菊の紋章の横の丸い切り欠きは、何のためにあるのですか?
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2e/34/94a83d2ac9bb781715821385e33830d0.jpg
http://hangout.seesaa.net/image/90ED8ACD91E598a83Z83b83g82Q81i8Fk8FAC94C581j.jpg
ただのデザイン上の飾りなのでしょうか?それとも何か意味があるのでしょうか?

というのも、子供の頃観た「宇宙戦艦ヤマト」の艦首には、
菊の御紋のところも切り欠きになっていて、
http://www.ne.jp/asahi/mokei-no/hinotori/img-mo-05/YAMATO_04.jpg
「これはきっと第一主砲を水平に撃つ時に砲弾がそこを通るからだ」
と、子供の頃は思っていました。少し頭の悪い子供だったようです。

宜しくお願いします

Aベストアンサー

他の方々が回答されているように、船を港に係留するときにロープや鎖などを通すもので、「フェアリーダー」といいます。

大和のは菊花御紋章板と一体になっていますが、普通は独立した金具で作られています。最近の自衛艦では、艦首先端ではなく艦首舷側に設置されている場合が多いみたいですね。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング