マーベルの伝説はこの男から…。アイアンマンを紐解く! >>

男女間のトラブルですが、知人の男性が彼女の交友関係を探ったところボロボロ男関係が^^; 男性は彼女の家で別れ話を。男はカッとなり彼女の顔を殴ってしまいました。彼女は「もう一回殴って」といい男は挑発に乗り2回顔を殴ってしまいました。彼女は「死んでやる」といい男は「死ぬ」と言う言葉が気になり連絡も取れない状態のため警察へ理由を話し彼女に連絡を警察がしたところ「なんでもありません。大丈夫です」といい、終わったと思いつつ数日後、配達記録郵便で精神的苦痛を受けたと言うようなことと、二度と会わないでくださいと言う文書が男性宅へ。手紙を読んだ男性は、精神的苦痛はお互い様。二度と会う気はありません。というメールを送信。男性が気にしているのは、彼女が診断書をとっていると思う。ということと傷害罪をずっと気にしています。訴えるにしては1ヶ月以上前のことなのですが、診断書に有効期限はありますか?  傷害罪の時効はありますか? 訴えられた場合の対処法はありますか?  私が思うのは男性は3年間彼女に生活費を数十万円渡していたそうなので、なくなるころに彼女が連絡を。男が拒否したときに診断書を出すような気がするのですが、この場合は脅迫?
一気に質問をすいません。回答をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

訴訟における証拠としては、診断書に有効期限はありません。

と言いますか、有効期限などということを考える意味がありません。証拠としての診断書というのは、診断書記載の日に診断書を書いた医師が受診者について診断書記載の通りの診断をしたということを示すものであって、それが昨日の物でも1年前の物でも内容の信用性に差が出るわけではない以上、同じことです。
もし仮に1年前の診断内容について昨日作成した診断書と1年前に作成した診断書とで内容が違うのならば、診断直後の作成の方が一般論としては信用できます。
住民票などで有効期限を問題にするのは、「今現在の」住所などを確認するのが目的なのであまりに古いでは役に立たないからですが、診断書は、「今ではなく診断した時の」診断内容を示す物なのですから、例えば1年前の事件については1年前の診断書で別に何の問題もありません(後遺障害とかの話はその後の事情なので1年前に診断書は存在しない)。例えば住民票でも、10年前どこそこに住民票があったことを示すために10年前の住民票を出したって訴訟の証拠としては十分です。むしろ今現在の住民票を出したところで、転入日等の記載から10年前の住民票の場所が分る場合以外はかえって何の役にも立たないです。なお、それが本物かどうかはまた別の話です。

なお、傷害罪の公訴時効は、平成16年に刑法と刑訴法の両方が改正になった結果、今では10年です。

正直に言えば、「殴って怪我させたのは事実なのだからその責任を負うのは仕方がない」です。金をせびられたら恐喝(未遂)罪になるので、死なば諸共で警察に被害届でも出せばいいでしょう。あまり気にしても始まらないと思いますが、どうしても気になるなら、もう一度警察へ行って事情を話して相談しておくしかないんじゃないですか?もし犯罪として立件することになったとしても少なくとも自首にはなります。もし相手が犯罪性を否定するのであれば、担当した警察官の名前を聞いておいて、後日、警察沙汰にされたときにその状況を説明して担当警察官に確認してもらうようにすれば多少は有利に働くでしょう。

民事は相手次第なのでどうしようもないですから訴えられるまで放っておくしかありません。自分から動いたところで藪蛇になるのは目に見えてますし。時効が3年なのは既に回答のあるとおり。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

適切なアドバイスをありがとうございました。男性の方も少しは気持ちがリラックスできると思います。

お礼日時:2006/09/26 19:36

傷害罪の時効は7年です。


診断書は普通は3ヶ月くらいです。
でも証拠として提出するならもっと延びるでしょう。
配達記録の後のメールは余計でしたね。彼女の感情を害したかも。
その場合は裁判で争う事になるでしょう。
    • good
    • 1

不法行為の時効は損害および相手を知ったときから3年。


傷害罪の時効は7年です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/26 19:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDVの証拠

DVで離婚を考えています。
夫は離婚には応じないと思います。
過去に顔を殴られる(数回)、みぞうちを殴られる、ひきずられる、首を締められるがありましたが、証拠としてあるのは、ひきずられた時のお腹のあざのみです。他は外傷がなかったり、子育てで医者にいけなかったりでした。
首を締められたときは、翌日警察に電話をして被害届けを作成してもらいました。
証拠としては少ないですか?

Aベストアンサー

傷害の被害届けは、診断書がないと受理してもらえないはずですが?
傷があるない関係なく、殴られたら病院に行き診断書を書いてもらいましょう。DVなら、一回の暴力では無理なので、診断書は複数あれば確実です。
診断書が揃えば、調停離婚も可能です。慰謝料も請求できます。
離婚に応じないなら傷害で告訴すると言えば、ご主人も得は無いから離婚に応じてくれるでしょう。
告訴したら、ご主人は、和解しない限り送検されますから、一般的には、警察は和解を勧めます。そのときに、和解金で示談にするので、それを慰謝料とし、もらうかです。
確実に離婚したいなら怖いでしょうが、夫婦で話し合いをして殴られる事です。そして、診断書をもらう事です。2~3通あれば、DVです。
実際、暴力があるのですから私ならけしかけてでも殴られますね。そのぐらい気丈に行動しないと、暴力には勝てません。今まで、我慢してきたのですから、少し計画するぐらいは、許されると思いますよ・・
普通の女性は、暴力的なだけで大騒ぎです。実際暴力を振るわれているのに、我慢し過ぎですよ・・

Q暴力・傷害事件で相手を告訴するには何が必要ですか?

暴力・傷害事件で相手を告訴するには、
目撃証人、病院の治療領収書など、何か
必要ですか?

------------------------
相手に殴られるという暴行を受けました。
体に見えるほどの傷は受けませんでしたが、
法的に相手に訴えたいと考えています。

警察に「暴行を受けた」のみで、逮捕等などに進展しますか?何か他に必要なものがありますか?

Aベストアンサー

怪我をしたのであれば、傷害罪となりますので診断書をもって証人とともに出頭します。
怪我が無い場合は、暴行罪として立件してもらいます。
できれば、その事実に至った経過を上申書として住所、氏名入りで文書にまとめたものも添付した方が、警察も対応しやすくなります。
警察に処罰を求める方法としては、告訴と被害届の2種類がありますが、徹底的に処罰を願いたいのであれば、告訴状を提出した方が良いと思います。
警察としては被害届で十分と行ってくると思いますが、被害届の単に届けなので警察には捜査が義務づけられません。よって、ついでの時に調べてくれる程度となってしまうことにもなりかねません。
告訴状を受理した場合は、刑事訴訟法上正式に捜査が義務づけられますので、事も大きくなりますが確実です。
しかし、警察も捜査が義務づけられるので、なかなか告訴を受け付けようとはしてくれませんので、強行に告訴を主張して、写しに受理印を押してもらう必要があります。
出来れば弁護士、司法書士、行政書士等に告訴状を作成してもらって提出すると尚良いと思われます。
(Net上にも行政書士のHP等で書式がたくさんあるので、自分で作成してもかまいません)
相手を厳罰に処罰して欲しいのであれば、被害者調書に必ずその旨を記入してもらってください。
相手が警察に呼ばれたら、おそらく相手から示談交渉の申し入れがありますので、あなたの考えを主張すれば良いと思います。
相手に厳罰を望んでいるのであれば。示談しないことです。金銭で解決してあげるのであれば、示談に応じてあげれば、多少罪も軽くなり、状況によっては不起訴になります。

怪我をしたのであれば、傷害罪となりますので診断書をもって証人とともに出頭します。
怪我が無い場合は、暴行罪として立件してもらいます。
できれば、その事実に至った経過を上申書として住所、氏名入りで文書にまとめたものも添付した方が、警察も対応しやすくなります。
警察に処罰を求める方法としては、告訴と被害届の2種類がありますが、徹底的に処罰を願いたいのであれば、告訴状を提出した方が良いと思います。
警察としては被害届で十分と行ってくると思いますが、被害届の単に届けなので警察には捜...続きを読む

Q傷害事件の診断書の有効性

去年の11月下旬に、女性から頭を殴られ顔に傷を負い血がでていました。その際、知識がなかったため、その傷の写真や医師の診断書をもらいませんでした。

その事件がきっかけで、心療内科に現在も通院中で、病状も悪化しています。この病院からの診断書で、警察署は傷害事件として扱ってもらえるのか、教えてください。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 参考になるかどうか分かりませんが……

 最近、友人が暴行を受けて、すぐに警察を呼び相手とともに、警察へ行き取調べを受けました。私も付き添いとして、付いていったんですが、殴った時に目撃者が無く、みぞおち辺りを殴られたので、傷や跡形が無い状態でした。
 案の定、相手は殴っていないと言い張り、こっちは殴られたと主張し、話は平行線をたどりました。
 勿論、別々に事情を聞かれて、相手と対峙することは無かったので、相手の言い分を直接聞いたわけではないのですが、やはり目撃者がないと立証が難しいとのことで、阻害届けを出しても立件は難しいとの話でしたので、諦めてかえってきたことがあります。
 すぐに行ってもこんな感じですから、もし目撃者が無ければ、相手が否定したら、立証が難しいですね。
 目撃者があれば、話は早いと思いますが。

Q傷害事件時の怪我の診断書

傷害事件に遭いました。
向こうの勘違いで殴られました。
その時、目を殴られ、一時目の前が真っ白になり恐怖を感じ警察を呼びました。
警察署に行ってからも、目の見えが悪かったので救急車で病院に行きましたが、恐怖と緊張とで体の痛みには気が付きませんでした。

後日、痛みに気づき、体に沢山の大きなあざが出来ていたので、病院に行き見てもらいました。
幸いにも打ち身のみで、あざが消えるまで2週間と言われました。

事件から1週間たった昨日、警察から呼び出しが有り、譲歩して厳重注意にするように・・・というような書類を作られました。
その調書と一緒に提出する書類に「眼科の診断書」が欲しいと言われました。
後日整形外科に行ったので、その書類も必要ですか?と聞いた所「事件当初にかかった科では無い為、それは今回の調書につける必要が無い」と言われました。
この事件で怪我をしたのに、診断書が必要無いというのはどうしてなのでしょうか?
相手は殴っていないと言っているようなので、証拠になると思うのですが・・・

身内では無い、通りがかりの目撃者も居て、証言してくれたのですが、なんだか、私に非が有るような言われ方としているので、納得がいきません。

相手は、私の家を突き止めて仕返しをしてやると何度も言っていました。
こんな事にあったのは、初めてですし、警察に聞いても良く解りませんし、どうなるのか心配でなりません。
どなたか教えて下さい、宜しくお願い致します。

傷害事件に遭いました。
向こうの勘違いで殴られました。
その時、目を殴られ、一時目の前が真っ白になり恐怖を感じ警察を呼びました。
警察署に行ってからも、目の見えが悪かったので救急車で病院に行きましたが、恐怖と緊張とで体の痛みには気が付きませんでした。

後日、痛みに気づき、体に沢山の大きなあざが出来ていたので、病院に行き見てもらいました。
幸いにも打ち身のみで、あざが消えるまで2週間と言われました。

事件から1週間たった昨日、警察から呼び出しが有り、譲歩して厳重注意にす...続きを読む

Aベストアンサー

参考までに・・

譲歩する必要があるのか疑問ですし、被害届を提出なさったほうが良いように思います。
ただ、外科での診断書が適用されるかどうかは微妙と思います。
日数が経ってからの診察は、原因がその傷害によるものかどうかを判断できないからです。

『家を突き止めて仕返ししてやる』は【脅迫】ですよね。
心療内科等に受診し、その【脅迫】が原因で不眠症になったと診断を受けたら、
訴訟ものなのに、その方はどうするつもりなんでしょうね・・・・

Q恋人から暴力を受け、被害届けを出しました。

友人の紹介で4ヶ月ほど付き合った彼氏に暴力を受けました。
1ヶ月ほど前に別れ話をして、彼もその日は応じてくれていたのですが、翌日には「やっぱり別れたくない」と言ってきました。
私はその時点で彼のことを好きではなくなっていたので、「別れた方が良い。私はもうあなたを好きじゃないし、会いたいとも思っていない」と告げましたが、彼は「惚れさせてみせる」と言って聞きませんでした。
なぜ彼を好きでなくなったかというと、
・実家住まいの彼は、1人暮らしの私の部屋に入り浸っていて、ほとんど自分の時間が持てなかった。
・職業柄(私はホステス)他の男性と連絡を取り合わなくてはならないのに、「俺のいない時にやれ」と言われるが、私のプライベートな時間に彼がほぼ一緒にいるためそれは不可能。
・私が出かけていて少し連絡が取れないと、「お前今誰といる」「他の男と会ってるだろう」「お前の部屋で待ってるから」などとメールがきて、疲れてしまった。
という感じです。
「惚れさせてみせる」と言ってから、確かに彼はとても尽くしてくれていたのですが、そのうちだんだんと「お前はなにをしても喜んでくれない」「お前は俺を心配してくれない」に変わっていきました。
私はその間ずっと「別れた方が良い。あなたのためでもあるし、私は別れたい」と伝えていましたが、彼は「嫌だ」の一点張り。
26日早朝の電話で、「お前はクズだ。お前みたいな奴は誰かにやられないとわかんねぇな」などと言われ、私は彼に3000円ほど借りていたのですが(コンビニで、ちょっと500円貸してとか、そういうお金)彼に「金返せ。利子つけて10万今日中に返せ」と馬鹿げたことを言われ、頭にきて電話を切りました。
その後メールで「お前の合い鍵は俺がまだ持ってること忘れるなよクズ」とか「お前の姉ちゃんに金取り立てに行くぞ」(私の姉は白血病で闘病してます)とか脅迫めいた文が送られてきました。
その日の昼、わざわざ会社を早退してきた彼が私の部屋に乗り込んできました。
「別れたいならちゃんとした態度で言え」と言うので、私はソファーに正座し、「別れて下さい」と頭を下げました。
「分かった」と言うやいなや、彼は私の左頬を殴り、間髪を入れず私の右上腕を足のスネで蹴りました。
私は怖さと痛さとショックで、その場にうずくまりました。
「男をなめんじゃねーよ」「クソアマが」「お前なんか死んでいい」と罵倒して、部屋中のものをなぎ倒して、彼は出ていきました。
私は泣きながら、警察に通報しようと思いましたが、一応は彼氏だった人。反省していたら被害届けは出さずにおこうと思いました。
ですが彼に電話したところ、「思いっきり殴ったから俺の手のほうが痛ぇよ」「もっと殴っても良いと思ってる」「俺の受けた精神的ダメージのがでけーよ」などの言葉が返ってきたため、通報。
私は病院で診察を受け、「顔面、右上腕打撲。全治2週間」の診断書をもらいました。
夜には彼が逮捕されました。恐らく48時間経過する今日の夜には送検されるでしょう。
刑事さんのお話では、その後10日勾留されるらしいですが、出てきたときが怖くて仕方ありません。
自分の部屋の場所を知っているわけですし、なにより、自分の部屋にいると殴られたシーンがよみがえってきて、とても怖いのです。
引っ越すにも費用がかかりますし、腹がたちます。
お知り合いの弁護士さんからは、「彼も処罰を受けたわけだし、相当しょげていると思う。慰謝料というのは考えないほうがいい」と諭されました。
治療費や引っ越し代など、50万円くらいは受け取りたいと思うのですが、これは間違っているでしょうか。
また民事裁判のほかに、お金を受け取れる方法を知っている方がいらっしゃいましたら、ご教授願います。
分かりやすい説明だと有り難いです。
よろしくお願いいたします・

友人の紹介で4ヶ月ほど付き合った彼氏に暴力を受けました。
1ヶ月ほど前に別れ話をして、彼もその日は応じてくれていたのですが、翌日には「やっぱり別れたくない」と言ってきました。
私はその時点で彼のことを好きではなくなっていたので、「別れた方が良い。私はもうあなたを好きじゃないし、会いたいとも思っていない」と告げましたが、彼は「惚れさせてみせる」と言って聞きませんでした。
なぜ彼を好きでなくなったかというと、
・実家住まいの彼は、1人暮らしの私の部屋に入り浸っていて、ほとんど...続きを読む

Aベストアンサー

お怪我だいじょうぶですか?

普段の仕事や生活の中でいろいろと思案することもあり
心労も大変なことかと察します。

請求というか、訴えについてですが、今の感じでは、
刑事と民事の両方からですかねー

要求したいのは(もらえるかは別として)下記ですよね?

 ・精神的苦痛
 ・ケガの治療費
 ・それにより仕事が困難になったので、完治するまでの間の
  その期間に相当する賃金代金の請求
 ・今後に備えて引越し代金の請求

弁護士通して請求。応じないなら民事裁判ですかねー

以下、おまけ合間にでもどーぞ。
-----
あと、決して煽るわけでも、悪意があって投稿するわけでもありませんが、、、

ハッキリ言って、もうブッ跳んじゃってますね。そのオトコ。
投稿された内容が事実なら、もう人間的にアウトのコースです。

たぶん、自分の中の頭にある思いこそが正義であり、正しい。
という状況になりつつあるかと。(←自分の経験から受けた心象です)

質問者様は、おそらく報復攻撃に対して懸念されてると
思うのですが、、、(そこまでできないチキン野郎ならいいのですが)
そこは大丈夫ですか?


ご自身の頭の中で、整理するのも兼ねて、
以下についてご確認されてはいかがでしょうか。


1)相手の親??は、このことをご存知なのでしょうか?
  何らかのお詫びや、今後の対処については話があったのでしょうか?

2)自分の身内(お姉さん??)のことを相手はご存知のようですが、
  所在も把握されてるのでしょうか?

3)また、暴力を振るわれた。⇒警察へ被害届だした。⇒捕まった。
  と、ありましたが、脅迫された。且つ高額の金銭を不当に要求された。
  このことは警察に相談または被害届を出してますか?

4)あなたはどーしたいですか?
  ⇒つまり、完全に縁を切って請求したい。というのは察しましたが、
   今後一切足取りを追ってこないように防御措置を講じるとともに
   再度、同様の場合が発生したらどーするのか?みたいなフローの整理をしたい?
   というのはありますか?


1)についてですが、警察も法律のシバリにより、実被害に遭われてからでないと
堂々と動けないケースが昨今増えてきてるので、相手の親側に対する部分もキーになってくるかと
だれが対処するのかとか弁護士さんがやってくれるのかとかは不明ですが。。
警察にもそうだんしてみましょう。

2)についてですが、もしそうならそれもちょっとマズイかもです。
足取り追うときとか、相手も勝てるほう勝てるほうに進んでいきますので、
身体的に弱い立場のヒトが身内にいるとそこに付込みに行く可能性があるからです。

3)についてですが、もし警察にその分についても被害届をだされているのであれば
罪状がその分考慮され、より重い罪に問うことも可能だからです。

4)についてですが、それによって対処も変わってくるかとー



個人的には(可能であれば)以下をお薦めします。

・所在もバレてるので、早々に住まいを移動。&最終的には引越し。

・相手の親、警察にもストーカーまがいのことが(というかストーカー)の被害を受けて
 苦痛なのだが、再発防止の強い要求(どーやって要求するのかは、ひとまずおいといて)

・お金だけで解決じゃないけど、少なくとも損害賠償を要求(相手か親に慰謝料要求)

最後にですが、警察のDV相談室みたいな窓口があると思うのですが
そこにも相談されてはいかがでしょうか。

以下は、杉並警察署の例です。こーいうのが各警察にあるみたいですよ。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/4/suginami/madoguchi/stalkerdv.htm

ではー

お怪我だいじょうぶですか?

普段の仕事や生活の中でいろいろと思案することもあり
心労も大変なことかと察します。

請求というか、訴えについてですが、今の感じでは、
刑事と民事の両方からですかねー

要求したいのは(もらえるかは別として)下記ですよね?

 ・精神的苦痛
 ・ケガの治療費
 ・それにより仕事が困難になったので、完治するまでの間の
  その期間に相当する賃金代金の請求
 ・今後に備えて引越し代金の請求

弁護士通して請求。応じないなら民事裁判ですかねー

以...続きを読む

Q傷害罪or暴行罪で訴えるには

傷害罪や暴行罪で訴えるにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは警察に届け出るのでしょうか?
それとも勝手に弁護士さんに依頼して起訴状を提出してもらえばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

犯罪として加害者の責任を追及したいのであれば、警察又は検察に告訴するのが最も確実です。単なる犯罪の通知に過ぎない被害届と異なり、告訴は処罰を求める意思表示であり、告訴を受けた警察・検察は、必ず捜査する義務を負うことになります。このように告訴は重大な意味を持つので、ウソの告訴は犯罪(虚偽告訴罪)になります。なお、起訴は、検察官の専権事項なので、弁護士は起訴状を作成できません。

告訴は文書又は口頭で行いますが、口頭で行う場合は、その場で警察官が調書を作成します。診断書など、暴行・傷害の事実を示す証拠があれば併せて提出しますが、証拠がなくても告訴は可能です(証拠を探すのは警察の仕事です)。

しかし、現実の問題として、暴行や軽微な傷害は犯行後時間が経過してしまうと立証が困難です。診断書や目撃者などの証拠がない場合、犯人が犯行を認めない限り犯罪として立件することは困難でしょう。犯人に制裁を加えたいのであれば、告訴を取引材料として有利な条件で示談するのも一法です。なお、告訴は法律上認められた被害者の権利なので、示談が成立しなければ告訴するというのは権利行使の予告であり、脅迫にはあたりません。

犯罪として加害者の責任を追及したいのであれば、警察又は検察に告訴するのが最も確実です。単なる犯罪の通知に過ぎない被害届と異なり、告訴は処罰を求める意思表示であり、告訴を受けた警察・検察は、必ず捜査する義務を負うことになります。このように告訴は重大な意味を持つので、ウソの告訴は犯罪(虚偽告訴罪)になります。なお、起訴は、検察官の専権事項なので、弁護士は起訴状を作成できません。

告訴は文書又は口頭で行いますが、口頭で行う場合は、その場で警察官が調書を作成します。診断書など、...続きを読む

Q傷害罪と暴行罪の成立する条件を教えてください。

 傷害罪と暴行罪が成立する条件を教えてください。
 必ず大三者の証言や物証が無いと成立しないんでしょうか?。

Aベストアンサー

傷害事件で裁判に訴えるとあるので、刑事事件でしょう。
告訴という言葉の使い方は合っていますが、起訴するのは検察官です。なので、起訴するのは検察官であり、障害の罪を立件するために被害者が立証責任を負うわけではありません。刑法の基礎中の基礎ですので、簡単な本を読めばわかると思います。

ここで、警察とか事件性という言葉が出てきているので、簡単に説明すると、
1、被害者が警察に被害を届け出て、告訴する。
2、捜査機関たる警察が取調べをして、事件性を判断し、検察に書類送検する。
3、検察がさらに事件性を判断し、起訴する。

3における事件性の判断基準はある程度ゆるやかですが、これらは判例を見てもわかるとおり、被害は小さくとも事件性としては大きいものです。ちょっとした暴行程度で、高裁や最高裁まで上がる事件というのはそうそうありません。被害者が金持ちだったから十分な訴訟費用を持っていたのだろうと考えるかもしれませんが、刑事訴訟ですので、起訴しているのは検察ですから理由として的外れですし、日本の刑事法に関してちょこっとでもかじっていれば、そいういう事件が瑣末な事件ではないことが想像できます。

2における事件性の判断は、多少厳しいものになります。ちょっとやそっとでは、警察官は書類送検してくれません。

これら、2と3の事件性の判断を潜り抜けてやっと表に出てきた事件だからこそ、判例のような基準があらわれるわけです。

ちなみに犯罪が成立する要件とは、その行為が構成要件に該当し、違法かつ有責な行為であることです。
法律論に常識や社会通念、一般人の感覚というのは非常に大切ですが、それだけではまったく話にならないというのは、裁判を2~3傍聴してみればわかると思います。それだけ、議論に乗るための基礎が必要ということです。
白かグレーか、という単な基準が法律全体を支配している分野は一つもないです。特に刑法においては事細かな場面で緻密な議論が展開されます。

また、人身事故→業務上 は限りませんね。

最後の論点ですが、これは日本とか韓国とかの問題ではなく、現代刑事訴訟法の根本原則ですので、正確に理解するには、「自己に不利益な唯一の証拠」という論点のお勉強となります。さほど深い話ではないのですぐに習得できるでしょう。

傷害事件で裁判に訴えるとあるので、刑事事件でしょう。
告訴という言葉の使い方は合っていますが、起訴するのは検察官です。なので、起訴するのは検察官であり、障害の罪を立件するために被害者が立証責任を負うわけではありません。刑法の基礎中の基礎ですので、簡単な本を読めばわかると思います。

ここで、警察とか事件性という言葉が出てきているので、簡単に説明すると、
1、被害者が警察に被害を届け出て、告訴する。
2、捜査機関たる警察が取調べをして、事件性を判断し、検察に書類送検する。
...続きを読む

Q傷害事件の被害者になってしまい。これからどういう手続きをとったらいいでしょうか?

2日前の夜中傷害事件に巻き込まれました。
スナックで3人(先輩、友人、私)で、飲んでいたときに、一緒に飲んでいた先輩が知らない隣のテーブルの人に話しかけにいっていました。
私と友人はその間二人で飲んでいて、隣のテーブルの人とは話もしていません。
帰りに、店を出たところで、その知らない隣のテーブルの人たちが私たちに声をかけてきたと思ったら、友人の一人が突然殴られました。止めに入ったところ、私も殴られ、意識を失いその間も暴行を受けていました。
(私も友人も一切相手に手を出してはいません。)

私たちは救急車で運ばれ、警察も駆けつけ、事情聴取も一応終わり、私たちに暴行を加えた相手も警察に捕まってます。
結果的に、頭を5針縫い、顔面打撲とても腫れていて、全治1週間の診断が下りました。
診断書も警察へ提出しています。
私としては、医療費、破かれた洋服代、血だらけになった洋服のクリーニング代、休業補償、慰謝料までもらいたいのですが、これからどういう手続きをとったらいいのでしょうか?
全くわからないので、宜しくお願いいたします。

相手の人はガラが悪そうな人たちでした。

2日前の夜中傷害事件に巻き込まれました。
スナックで3人(先輩、友人、私)で、飲んでいたときに、一緒に飲んでいた先輩が知らない隣のテーブルの人に話しかけにいっていました。
私と友人はその間二人で飲んでいて、隣のテーブルの人とは話もしていません。
帰りに、店を出たところで、その知らない隣のテーブルの人たちが私たちに声をかけてきたと思ったら、友人の一人が突然殴られました。止めに入ったところ、私も殴られ、意識を失いその間も暴行を受けていました。
(私も友人も一切相手に手を出しては...続きを読む

Aベストアンサー

加害者は傷害罪の被疑者であり、これから加害者に対する刑事手続が進められてゆくことになります。具体的には、警察署で両当事者や目撃者などから事情聴取をしたり実況見分を行ったりし、その後に検察庁へ送致して、更に検察官による捜査が行われます。そして、最後に、その検察官が、(1)起訴、(2)不起訴、(3)略式命令請求(罰金刑の処分)のどれかの終局処分を選択するということになります。

この手続の中で、被害者である貴殿は、警察署と検察庁に呼ばれて詳しく事情を聴かれ、話した内容について供述調書と採られることになると思います。その時は、堂々とした態度で事実を正しく供述して下さい。
被害者と示談が成立するかどうかは、検察官が終局処分を選択する際に重要な判断材料になりますので、加害者が検察官から「示談しないと起訴するぞ」と言われ、慌てて示談の申し入れを行ってくるケースも少なくありません。その場合は、専門家に相談して適正な賠償額を算定して貰うとか、その専門家に委任して示談交渉を行って貰うとかの対応をなされると良いでしょう。

これに対し、加害者が示談の申し入れをしてこない場合もあります。その場合は、貴殿の側から損害賠償請求を行い、それでも不誠実な対応に終始されれば、弁護士を代理人を立てて請求するとか、調停・仲裁・訴訟等のしかるべき法的アクションに踏み切ることになるでしょう。

いずれにしても、早い段階で弁護士に相談なされ、その助言に沿って今後の対応をなされるのが良いと思いますよ。

加害者は傷害罪の被疑者であり、これから加害者に対する刑事手続が進められてゆくことになります。具体的には、警察署で両当事者や目撃者などから事情聴取をしたり実況見分を行ったりし、その後に検察庁へ送致して、更に検察官による捜査が行われます。そして、最後に、その検察官が、(1)起訴、(2)不起訴、(3)略式命令請求(罰金刑の処分)のどれかの終局処分を選択するということになります。

この手続の中で、被害者である貴殿は、警察署と検察庁に呼ばれて詳しく事情を聴かれ、話した内容について供述調書と...続きを読む

QDvで警察にいけばこうなった

友達の彼氏がDv
だという事が最近
発覚しました。

友達もうすうすDvだというのがわかってたみたいなんですが、

1度目に
まぶたや、くび
頭、顔などを物で
押し付けられアザができ腫れてました。

フライパン、ポストの固い角などで散々無茶をやられたみたいです

友達の彼氏は
Dvだとは思ってないみたいですが

Dvです。

友達はマヒしているのが自分が悪いような気もするなど言ってました。

かなり心が病んでいました。

2度目は警察に助けを求めた所、彼氏、彼女の問題なので警察はうごけませんと警察官は言った。

おかしくないですか?

暴行されている
写メをみせているのに
友達が必死の思いで逃げたのに!

そう友達は言われて、
友達は仕方なく
彼氏の所へ帰りました

怖い気持ち
好きな気持ち
痛くて辛い気持ち

全部全部噛み締めて帰りました。

生活安全科で
警告書を出してもらわないと訴えられない?

だから事件になったりするんじゃんと怒りでいっぱいです。

警察って本当に使えない奴ばっかりですね。

さすが税金どろぼうです。

精神的におかしくなりかけている子を見てよくほっとけますね。

別れたいけど
別れられない気持ち
わからない事もないです。

私はDvを受けたら必ず別れられます。

ですが誰かが手をかさないと別れられない子もいると思います。

それが普通ですか?
言ってる事おかしいのかな?

その子は少なくともあと二回は殴られなければいけません。でないと警告書がでません。

おかしくないです

友達の彼氏がDv
だという事が最近
発覚しました。

友達もうすうすDvだというのがわかってたみたいなんですが、

1度目に
まぶたや、くび
頭、顔などを物で
押し付けられアザができ腫れてました。

フライパン、ポストの固い角などで散々無茶をやられたみたいです

友達の彼氏は
Dvだとは思ってないみたいですが

Dvです。

友達はマヒしているのが自分が悪いような気もするなど言ってました。

かなり心が病んでいました。

2度目は警察に助けを求めた所、彼氏、彼...続きを読む

Aベストアンサー

別に警察側を擁護する訳ではないのですが、
おそらく発言したのは一人の警察官で正式な
警察や警察署の見解ではないと思えます。
そして少し長文になりますがご容赦ください。

ただ重要なのは、警察官や警察はそれらの
暴行の現場をみていませんし、目撃者も無い
状況で、事実であっても一方的な話だけです。

公的な機関である警察が権力を行使するには
手続きの方法と証拠が必ず必要です。

平行して、冷静な第三者の意見として危険な
状態であると認識している貴方はどうして
一時的にも保護をしてやらないのでしょうか?
そして当事者である友人は警察に訴える勇気が
あるのであれば強制的な拘束などがなければ
自由に多様な行動も可能です。

その点などもあって事件性が低いと警察官に
判断されてもおかしくないはずです。

まず、自己の不注意や他の原因でない事も
含めて怪我などの正確な診断書を医師に
書いてもらうことです。

そして、傷害事件として警察へ出向けば
警察は適切な行動ができると思えます。
その捜査の過程でDV事件と立件してもってから
お住まいの裁判所などへ接近などの禁止命令を
発令してもらば良いのです。

いずれにしても医師による診断書が必要です。
警察や警察官は医師ではないので単に怪我を
みても現場を目撃していないので正確な判断は
全くできません。

また、証拠としている写真などもそのものが
どのくらいの信用があるのかもあります。

悪く言えば、悪意ある者が加害者を装い
単に怪我を見せて事件性を匂わせる
写真や動画を見せたり、また更に悪意があれば
これだけ世の中に高性能なコンピュータを個人でも
多くの人たちが所有している世の中ですから自作
自演などや偽造なども可能です。
車の事故を装う当たり屋みたいな疑いも0%で
無いといけないのです。

ですから写真や動画などを警察官にみせても
事件性が五分五分と感じても動くことは無理です。
確実な証拠があって、100%か100%にほぼ近い
確証があって、初めて公的な行動ができて権力などの
行使ができるわけです。

あなたが暴行された現場を直接、目撃した場合や
他に同席した目撃者が警察署に同行したならば
おそらくその時点で被害の届けが受理されたでしょう。

結論から言うと医師から正式な診断書を書いてもらい
暴行による怪我などである証明が必要で、それがあれば
彼氏彼女でも所詮は他人ですので、傷害事件として
警察に訴えることで解決に至ると思えます。

最後になぜ、応対した警察官は十分な説明や納得できる
内容を言わなかったかは、警察官も人間なので個人の
問題です。裏番の警察官で同じ話の内容だったらもしかして
全く違っていた場合も考えられます。

いずれにしても税金で公的な機関、特に権力を行使できる
警察を動かすにはすべて根拠となる証拠が必要で、それらの
証拠は公的・法的に通用できるもので、場合によっては第三者
などの証言なども必要です。その時点で警察は初めて捜査が
公に開始されます。

単に警察官の主観や勘だけで警察が動くと大変な事態に
社会全体がなることも知ってください。

別に警察側を擁護する訳ではないのですが、
おそらく発言したのは一人の警察官で正式な
警察や警察署の見解ではないと思えます。
そして少し長文になりますがご容赦ください。

ただ重要なのは、警察官や警察はそれらの
暴行の現場をみていませんし、目撃者も無い
状況で、事実であっても一方的な話だけです。

公的な機関である警察が権力を行使するには
手続きの方法と証拠が必ず必要です。

平行して、冷静な第三者の意見として危険な
状態であると認識している貴方はどうして
一時的にも保護をしてやらないの...続きを読む

Q医師の診断書が欲しい場合

殴られたり、脅されたりした場合の「心の傷」PTSDやノイローゼになってしまった時のことなのですが、
診断書を書いてもらい警察に提出する場合は、精神科を受診して、どういう理由で診断書が欲しいのか、医師に話したほうがいいのでしょうか?それともただ診断書が欲しい旨だけ伝えればいいのでしょうか?
またこの場合、受診するのは精神科や心療内科で間違っていませんか?あくまでも心に負った傷で訴えたい場合です。
ぶしつけな文章で申し訳ありません。
ご存知の方、ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

医師には、医師法という法律に診断の交付義務が定められていますから、依頼をすれば、診断書の交付を拒むことは原則としてできません。

通常の疾病の診断は、患者さんの状態のみを医学的に判断して診断書が書けるのですが、PTSDの場合は、精神神経系統に異常をきたしているという現状の観察結果だけではなく、その症状を引き起こした何らかの「アクシデント」との相当因果関係も含めた診断名ですから、どんな医師でも書けるというわけではありません。そういう、良心的な診断ができなければ、医師に書けと強要することはできません。

つまり、例えば骨折などは、骨が折れているという客観的な状況で診断できますが、これを、「○月○日のサッカーの試合で相手選手と接触して骨折した」というように、アクシデントも含めて診断しなければならないからです。

従って、あなたを、初診から観察しておられた主治医の先生でないと、実際には難しいということになります。

また、PTSDは、アメリカなどではWHOが定めた厳しい診断基準に添って、厳格に診断されているのですが、日本の場合には安易にPTSDと診断してしまう傾向にあるということで、診断基準について学会などで論議されています。

そういう実態は、検察庁や裁判所も知っていますから、診断書が出たからといって、簡単にあなたの主張が認められるというわけではありません。

刑事は、検察官が、民事はあなたが、
1.アクシデントが生じた
2.トラウマが残存しており、今後もその状態が継続する
3.アクシデントによってトラウマが生じた
の3点を、立証しなければなりません。診断書は立証のための有力な証拠にはなりますが、絶対的なものではありません。

それに、こういう訴訟では、必ずもめますので、医師も証人に召喚されたりします。そういう意味でも医師は診断をいやがる傾向にあります。

医師には、医師法という法律に診断の交付義務が定められていますから、依頼をすれば、診断書の交付を拒むことは原則としてできません。

通常の疾病の診断は、患者さんの状態のみを医学的に判断して診断書が書けるのですが、PTSDの場合は、精神神経系統に異常をきたしているという現状の観察結果だけではなく、その症状を引き起こした何らかの「アクシデント」との相当因果関係も含めた診断名ですから、どんな医師でも書けるというわけではありません。そういう、良心的な診断ができなければ、医師に書けと...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング