痔になりやすい生活習慣とは?

税務署から「所得税の確定申告について」お尋ねしたいことがあります、という通知が来ました。職業は私立医大勤務医です。これまで確定申告とかそういったものは無視していました。初めてこういうものを受け取ったのですが、いかないとかなりマズイでしょうか。少しは自分で調べて考えるのがよいのでしょうが、○月○日○時にきてくださいなどと言われ、時間がありません。職場に言って時間をもらってでも行くべきなのか(かなり大変なことです)、無視しておいて良いものなのか、教えてください。自分でもよくわからないのでうまく状況を説明できません。もし私が申告をしなければいけない職業だったとしたらきっと怒られて(ひょっとしてこれまでの何年分かもまとめて)税金をたっぷりとられるのでしょうか。行かないとどんな目に会いますか?平日の日中、税務署の「2階会議室」に来いだなんて、来ないことを想定されているのでしょうか。行ったら、え・来たの?とか思われて損をするんでしょうか。誰かヒントとかアドバイスっぽいもので結構です。回答下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

結論から言いますと、


上司の許可をもらい、指定の日時に出頭してください。

サラリーマンでも一定金額以上の所得があると確定申告する義務があります。
私の記憶では年収1500万かそこらだったと思います。
税務署はおそらく、この件で事情を聞きたいのだと思います。

まずは税務署に出頭しください。
税務署に恐ろしいイメージをもつ人が多いですが、
そんなことはありません。
徴税は一種のサービス業ですから、人当たりのいい人が多く、むしろ親切なくらいです。

しかし、逃げ回ったりしていると、彼らは態度を硬化させます。
徹底的に洗われ、重い追徴を科されることになりかねません。
そうなる前に出頭し、適切な納税をする方が懸命だと思います。

重ねて言いますが、
税務署員は鬼ではありません。
怖がらずに出頭してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね。ほんとです。善良な小市民の顔で出頭してきます!
怖くないといってくれてありがとうございます。

お礼日時:2006/10/01 22:07

>職業は私立医大勤務医です。



 勤務先から、給料としての所得だけでしたら、勤務先で所得税は源泉徴収してありますから、確定申告の必要はありません。
 にも拘らず、
>税務署から「所得税の確定申告について」お尋ねしたいことがあります、という通知が来ました。

 と言う事は、誰か(法人?)の確定申告の中に、貴方に報酬的(講演か何かをしていれば)な支払いをした旨の申告がなされているかと思います。
 しかし、その申告と符合すべき確定申告が、貴方から出ていないので、その真偽を確認したくて、通知を貴方に出したと推測できます。
 例えば、貴方が何処かの会社等で講演依頼を受け、講演料として、O万円の報酬を貰った場合、既に所得税相当額を天引きされている場合と、天引きされない場合があります。
 後者の場合は、貰った貴方が、所得税の確定申告(給与所得以外の所得として)をする必要があると思います。
 その様な事案が一切なければ、通知を送付した税務署に電話で問い合わせたら如何でしょうか。
 第一、一片の通知で、日時場所まで一方的に指定する事事態、余り尋常とは思えませんので、至急電話問い合わせすべきかと思います。
    • good
    • 1

いきなり怒られるというようなことはないです。

強制ではありませんが、無視はせずに、事前連絡の上、ご自分の都合のいい日に一度税務署に行った方がよいと思います。

収入がお勤めの病院からの給与だけであれば、基本的に確定申告の必要はありませんが、そのほかに、他の病院でのアルバイト収入、学会の講演料や医学雑誌の原稿料などの副収入がありませんでしたか?
その場合には確定申告の必要が出てきます。その副収入の支払元から税務署に情報がまわり(情報がまわるような仕組みになっているのです)、今回の通知がyuko1goさんに届いたのだと思います。

副収入の申告をしていなかった場合、その副収入分yuko1goさんの所得が増えることになりますので、その分について追加で納税することになります。

どうしても平日に時間がとれないようであれば、税理士に申告の必要の有無を判断してもらい、申告書の作成や税務署への対応を頼むという方法もあります。(有料にはなってしまいますが・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アルバイトです、ええ。
休日返上で働いた金・・。
9時5時の奴らに・・・あっと。
きちんと国民の義務を果たしてきます。

お礼日時:2006/10/01 22:12

とりあえず税務署に電話を入れてください。

日時については相談に乗ってくれます。ただし、土日は無理です。

その際、自分の所得税の確定申告の「なに」について知りたいのか、聞き出してください。
「確定申告してないでしょう。いろいろ聞きたいことがある」ということでしたら、
「なに」がはっきりしなければ「答えられない」と突っ張ってください。
突っ張りきれませんが、これで多少わかることがあるはずです。

税務署はあなたに「申告していない所得がある」という書類は手にしているはずです。だから「お尋ね」が来ました。
だから「なに」を知っているのか聞き出すことが重要です。
ここまではアドバイス。

税務署は取るべき税金は必ず取ります。「取りやすいところから取る」と公言して憚りません。
あなたには支払うべき税金があるでしょう。ほっておくとその税金に、
「延滞税(利息)」「加算税(罰金)」「重加算税(懲罰)」と、
雪だるま式に利息がかかり、あなたは火だるまになります。
今ならまだ「知りませんでした」で通用するかもしれません。

どうせ払わなければならない税金です。いつかは確定申告をする必要があります。
「医者は高所得なのに税金に無関心」などと言われるのは良くないことでしょう。あなたも確定申告をしてください。

悪いことばかりじゃないんですよ。確定申告を研究してみましょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

はい。行って来ます。
そして言ってきます「知れませんでした」って。

お礼日時:2006/10/01 22:10

自営業で毎年確定申告をしております。



確定申告をする義務があるのは、私たちのような自営業者を思い浮かべる人が多いと思いますが、給与所得者でも必要なことはあります。

高額の医療費を支払ったり、住宅を取得した場合などは知られています(税金が戻ってくる)が、給料を2箇所以上からもらったり、年間収入が2,000万円を越えた場合は必要になります。

税務署のタックスアンサーのNo1900に詳しく書かれていますので、読んでおくと良いでしょう。


仮に計算しなおして追加で課税されても、知らなかったことであれば、いきなりペナルティ(重加算税)なんてことは無いでしょう。
(本来払うべき税金を払うだけの話です)

ただ、放置しておいて悪質と判断されると、警察よりも厄介かも知れません。何しろ、先方の判断で、いとも簡単にペナルティを課せられるからです。

ですから、できる限りで向くのが良いのですが、スケジュールが合わないようであれば、電話をした方が良いでしょう。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1900.htm

この回答への補足

ありがとうございます。
このように皆さんに丁寧にお返事いただけて、本当にありがたいです。
ペナルティーでよりひどい目に遭うくらいならさっさと行って課税されてきます。

補足日時:2006/10/01 21:59
    • good
    • 1

先日 うちの主人にも通知が来ました。


私は 電話で問い合わせしました。そしたら 内容を教えてくれ 電話で解決してしまい いく必要なくなりました。
まずは問い合わせしてみては どうですか? 
    • good
    • 1

まったく心配ありません。

たまたま何かの副収入があったのでしょう。支払側から税務署に書類が回っていたためか、確定申告すべき収入があるのではと思われたのかもしれません。
指定の日時は電話で変更できます。多分、確定申告して下さいと言われて書類を作成することになるのだと思います。
呼び出しがあったといっても犯罪人扱いにされるわけではありません。丁寧に教えてくれるはずです。びくびくする必要はありません。
無視するのは得策ではありません。脱税扱いされて余分に税金を払わされることになります。
早速税務署の担当者に電話することをおすすめします。まったく心配いりません。担当者とは緊張しないで普通に話して下さい。

この回答への補足

ああ、思いやりある御やさしいアドバイスありがとうございました。がんばってやってみます・・!
会議室・・・会議室・・・
お役所さんたちがズラッといるのか??

補足日時:2006/10/01 21:56
    • good
    • 0

向こうは お役所なので


平日しか御仕事はしていないので、
平日に来る様に言うのは普通の事です。

大病院の勤務医なら、会社員扱いなので
他からの収入が無い限り 問題は発生しません。
(会社側が所得税申請しているでしょ?)
キチンと職場に説明して 出頭すべきでしょう。
    • good
    • 0

脱税になるのでしょうから、無視していると逮捕状とられて身柄確保されてしまうかも。


脱税は黙っていても見逃してくれるほど甘くないですからね。
延滞料がかさんで損するだけでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一番応えました・・・。しかしガツンと言ってくださりありがとうございます。上下の皆さんのアドバイスを基に、都合のいい曜日に日時を変更してもらってなんとか行くようにします。
それにしても、「会議室って・・・」

お礼日時:2006/10/01 21:55

勤務医だというのなら大学から給料として報酬をもらっているのですか?そうでないのならやはり本来ならば確定申告をしなければならないでしょう。

少なくとも税務署に行けば3年分は徴収されるはずです。
多分、無視していてもしばらくは大丈夫でしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税務署から通知がきました・・・

税務署から確定申告書につきまして、お尋ねしたいことがありますという旨の通知がきました・・・
お尋ねしたい事項の欄に口座に多額の入金が確認されておりますと記載されています。

通知に記載のある期間に彼氏がチケットをインターネットオークションで売った金額を私の口座に入金されるようにしてました。(私のIDを使っていた)
これは彼氏の税金対策だと言われておりある程度金額が貯まったらそのお金を引き出して渡すということをしてました。

周りの方の助言もあり怖くなったので去年の年末で止めてもらいましたが・・・
税務署の通知はこのことでしょうか?

またもう一つ心当たりとして私は昼と掛け持ちで夜の仕事もしてます。
そのことでしょうか・・・??

あともうひとつ・・・
書いてる間に思い出しましたが住民税の支払いを失念しておりまして・・・
振込用紙もなくなってしまっており、このことでしょうか??

いろんな諸事情があり夜の仕事をして副収入を得ていることは絶対にばれたくはありません。

思い当たることが多く電話するのがめちゃくちゃ怖いです・・・↓↓↓多額の税金を払わなくてはいけなくなるのでしょうか?
彼氏にIDを貸していたことで捕まったりするのでしょうか?

どうしたらよいでしょうか???
アドバイスお願い致します。

税務署から確定申告書につきまして、お尋ねしたいことがありますという旨の通知がきました・・・
お尋ねしたい事項の欄に口座に多額の入金が確認されておりますと記載されています。

通知に記載のある期間に彼氏がチケットをインターネットオークションで売った金額を私の口座に入金されるようにしてました。(私のIDを使っていた)
これは彼氏の税金対策だと言われておりある程度金額が貯まったらそのお金を引き出して渡すということをしてました。

周りの方の助言もあり怖くなったので去年の年末で止めてもら...続きを読む

Aベストアンサー

一般の女性の立場からすると、まさかの税務調査でしょうね。
心中、お察しします。


■税務署からの連絡の意味

今回の税務署からの連絡からは「口座への入金」が確認されています。
経緯はわかりませんが、何かしら裏が取れたということです。

普通、税務署から銀行口座の裏を取って・・・ということはしません。
闇雲に照会をしても、時間と労力の無駄ですから。
税務調査権は別の使い方をします。

今回は、ネットオークション会社や金融機関からの情報を基に動いたか、
お付き合いされている方の税務調査の流れが推測しやすい理由です。

労働収入が2ヶ所有ることが見つかった可能性もありますが、
その場合は違った表現を使うので可能性は低いかと思います。

正直にお話になることです。
そうすることで、余計な納税を避けることができるかもしれません。

残念ながら税金を追徴される可能性が高い状況ですので、
ここは払うべき税額をいかに少なくするかに知恵を働かせるべきです。


■彼氏が言うところの「税金対策」

普通、「税金対策」とは節税のことを指します。
ただし、オークションに関することで言えば「脱税」になります。
「脱税は犯罪」です。

オークションの売上および所得は申告されるケースが少なく、
アングラ経済(地下経済)の代表例の1つと言われています。
よって、税務署も取り締まり強化をしています。
それも公に「強化するぞ!」に宣言していたくらいですから。
消費税の増税を決める一方で、野放しにするはずがありません。


■捕まるの?

質問者様の状況では、そんな大それた話になることはありません。


■税金を延滞すると。 

税金を滞納すると、1万円につき最初の60日は2円/日、
それを過ぎると4円/日を 延滞税 として求められることになります。
このお金の請求がいつから発生するかについては、状況によります。
税務署の方に確認するのが一番です。


■所得を申告しないと。

加算税(過少申告加算税・重加算税)は罰金のような存在です。
本来納めるべき税金にプラスして納めることとなります。


■住民税

これは税務署=国税ではありません。
よって、住民税についてはまったく話題になりません。
ただ、財産が競売に掛けられた時は、売上代金の分配が行われるため
質問者様の住民税を管轄されている地方公共団体との連絡がなされます。


■雑考

公務員に対する発言として、
よく「俺たちの税金で食わしてやってるんだ。」というセリフを聞きます。

でもよくよく考えてみてください。
正しい手続きを踏んで正しく納税している市民からしてみれば、
修正申告を求められ、過少申告加算税・・・ましてや重加算税を
課税されている人と一緒にされたくは無いのではないでしょうか。

「見解の相違」という便利な言葉がありますが、
そこそこの企業や富裕層でなければ「見解の相違」が生まれるような
余地(税務処理)って起きるものではありません。

また、そのセリフを言った人のお客様の中には公務員もいることでしょう。
私は個人事業主なので、お客様やファンになっていただく可能性がある
方々に向かって乱暴なセリフを発言することはありません。

ま、そんな理屈の前に、現状、質問者様は弱い立場にいることは
間違いありません。

要は、非常識的な姿勢で税務署に対峙すべきではないということです。
失敗すると、払わされるお金が増えるだけですから。

一般の女性の立場からすると、まさかの税務調査でしょうね。
心中、お察しします。


■税務署からの連絡の意味

今回の税務署からの連絡からは「口座への入金」が確認されています。
経緯はわかりませんが、何かしら裏が取れたということです。

普通、税務署から銀行口座の裏を取って・・・ということはしません。
闇雲に照会をしても、時間と労力の無駄ですから。
税務調査権は別の使い方をします。

今回は、ネットオークション会社や金融機関からの情報を基に動いたか、
お付き合いされている方の税務調査の流...続きを読む

Q税務署からのお尋ねはいつくるの?

今年の夏に新築しました。それにあたり、色んな本を購入し勉強したのですが、その本の中に「マイホームを取得してしばらくしたころ、税務署から「お買いになった資産の買入価額などについてのお尋ね」とういう文書が送られてくることがあります。」と書かれた一節があります。
しかし、入居後、4ヵ月になってもそういう文書は送られてきません。
親から援助を受けることも無く、頭金も夫婦でがんばったこれまでの貯金を充当したものですし、ローンも私の名義でフラット35の融資を受けてでの購入ですので何もやましいことはないのですが、「税務署からのお尋ね」といった文書は入居後どれくらいの時間が経過してから送られてくるのでしょうか。

Aベストアンサー

通常、住宅や土地を購入してから質問書が送られてくるのは、その半年後ほどです。

参考URL:http://www.taterukurabu-fudousan.jp/new-10.html

Q税務調査で自宅に税務署のかたがきます。。。

21日に税務署のかたがきます。

「税務調査の協力をお願いします。」っと言われました。
「資料を用意して欲しい」と言われました。

きっと領収書、通帳などかなって思いましたが
領収書は捨ててしまい、通帳も記帳が終わっていたので捨ててしまいました。
帳簿?っというのも全くつけておりません。

どなたか詳しい方はいらっしゃいますでしょうか?

確定申告は、2年前からやっておりますが、自己流で間違っていることが
多いとおもいますが。。。

間違えていた場合は、税金を多く支払うことで許してもらえるのでしょうか?

補足白色申告、個人です。昨年は1000万円はありません。700万円でした。
前回、申告した領収書も捨てております。
通帳は銀行に行って、記帳したものをいただいてきたほうがいいでしょうか?
その場合、22年度のものだけでいいのか、もっと前のものからの記帳があったほうがいいのかわかりません。

Aベストアンサー

はじめまして。

回答では無いのですが、私も先日の14日に税務調査がありました。(白色 個人)

1000万円以上の売り上げ除外(その分の仕入除外や経費の未算入がある状態)を指摘され、過去7年間の銀行取引の明細を提出するように言われて、向こうからの連絡待ちです。

自分が悪いのは重々承知ですが、生きた心地はしないです。


自分も初めてだったので、何をされるか分からない恐怖心で、税理士の方に立ち会ってもらいました。

他の方も仰っている様に、余計な事は言わずに、聞かれた事だけ話すのがベストだと思います。

ネットで、人当たりの良さそうな調査官だと注意と書いてありましたが、来た調査官も人当たりが良く、指摘箇所を見つけて人が変わってました。

キチンと申告していなかった自分を猛省し、命までは取られない、家族を守らないといけないと、思いながら、少しでも前を見るようにしています。

21日なので明日ですね。がんばって下さいという言い方も変ですが、頑張ってください!!!

Q税務調査 追徴課税500万! いくら脱税したわけ?

友人の個人事業の会社の話なのですが
税務調査での追徴課税で500万の請求がきたそうです

内容は仕事を他の会社にまわしていて
まわしたことでの手数料を帳簿につけていなかったそうです

その分が3年ほど追徴課税できたとのことでしたが
他の知り合いに話をしたところ「個人事業での500万の追徴課税は大きい脱税だったんでは?」
と言っていました

この場合には友人の個人事業はいくらの脱税をしたことになるのでしょうか?
おおよその金額でいいので教えてください

Aベストアンサー

税務調査の判断基準がありますので、税額で500万円追徴課税されたということであれば、5000万円~3000万円の脱税となります。

過去3年間で、税額500万円であれば、加算税・延滞税・市県民税・健康保険税、総額で800万円を超える追徴税額ということになります。

たぶん、今後事業継続は不可能かと思われます。

税務署によってある程度基準がありますが、1年間に2000万円以上所得をごまかしたりすれば、その個人事業主は、永久管理対象者とされます。

Q税務署からの調査は、電話でかかってくるのでしょうか?

税務署からの調査は、電話でかかってくるのでしょうか?

それとも、郵送でしょうか?

電話の場合、携帯電話からかけてくることもありますか?

Aベストアンサー

知り合いのところは電話連絡があったようです。
税務調査ではない用件の電話なら私も税務署の固定電話から貰った事はあります。
しかしファーストコンタクトが携帯電話からかかってくるのはあり得ないんじゃないでしょうか?
もし携帯からかかってきたなら管轄の税務署に確認したほうが良いと思います。

Q遂に来た!税務署・・いきなり自宅にorz

ついに昨日、税務署の方が来ました。
外出していたのですが、ポスト手紙が入っていて
連絡が欲しいという内容です。
当方は5年程前~FXはやっていました。
トータルではかなりの負けです。。
確定申告はしていません。スミマセン。。
昨年度分で唯一利益(70万程ですが)がでていたFX会社に
支払調書及び取引明細を提出したか確認しましたが、
提出はしていないとのことです。

その他のFX会社は数社使用していましたが、
すべて損失をだしています。

質問1:自宅に来たということは、税務署は全ての取引き内容を把握しているのでしょか?
質問2:税務署は利益でていたFX会社の取引き内容(証拠)を把握していなかった場合、しらばっくれても平気でしょうか?
質問3:後日税務調査で自宅に来ますが、何を用意すればいいでしょうか?

同じ体験した方や有識者の方のご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

当方税務署との交渉は経験豊富です。
1. 署員が来たのであれば、その前に葉書か電話で連絡があった筈です。全ての取引内容を把握しているかはわかりません。事前に連絡が全くなかったのであれば、家の状況、住人、所、番地を確認したいのかもしれません。こちらから連絡する時は、「事前に連絡があれば、時間を空けて待つこともできたのですが」と申し添えれば税務署の事情もわかるでしょう。
2. 税務署は証拠を把握しているでしょう。聞かれた質問には、きちんとまじめに答えます。聞かれない事は、一言もしゃべる必要はありません。しらばっくれはダメです、最低です。
3.後日税務署が税務調査で来宅するとは限りません。書類を持って税務署に来てくれというかも知れません。用意するものは税務署が要求するものだけを用意します。用意できなければ、その理由をきちんと説明します。
要するに無駄口はたたかない、要求された書類はきちんと出す事です。税務署は忙しいのですから、聞かれないことをしゃべったり、必要でもない物まで用意して、税務署の手を煩わすのはエチケット(?)に反します。頑張ってください。結果がどうだか知りたいです。

当方税務署との交渉は経験豊富です。
1. 署員が来たのであれば、その前に葉書か電話で連絡があった筈です。全ての取引内容を把握しているかはわかりません。事前に連絡が全くなかったのであれば、家の状況、住人、所、番地を確認したいのかもしれません。こちらから連絡する時は、「事前に連絡があれば、時間を空けて待つこともできたのですが」と申し添えれば税務署の事情もわかるでしょう。
2. 税務署は証拠を把握しているでしょう。聞かれた質問には、きちんとまじめに答えます。聞かれない事は、一言もし...続きを読む

Q税務署は個人の副業の収入をどうやって調べる?

よく税務署が3~5年後に副業の税金を払えと言ってきて

追徴課税を請求してくると書いてありますが、

一度も税務署にいった事が無い人が

アフィリエイトや、ネット上でのコンテンツの販売で年間200万稼いだとして
(アルバイトなどの企業に勤めて入る収入は簡単にわかるので除外)

それをどうやって税務署が発見できるのでしょうか?

アフィリエイトのASPや、コンテンツ販売サイトから税務署に誰誰が何年にいくら売り上げて

いくら振り込んだという記録を全て税務署に提出しているのでしょうか?

提出していたとしても、税務署が動くのは年間1000万クラスの人間から狙っていくと思います

年間売上げ200万とかの人間だと何万人という人間がいるでしょうし、経費とかでもろもろ引かれて、数十万くらいの追徴課税しか狙えなくて

ノルマ制の税務署の人間はスルーすると思うのですがどうなんでしょうか?


あとASPやコンテンツ販売サイトからの振り込みを、たとえば10の銀行に毎月分けて

振り込んでもらっていた場合、税務署がどの銀行にいついくら振り込まれたかを全て把握するのも現実的に無理ではないかと思います

その個人がどこの銀行の口座をどれだけ持っているかなんて税務署はわからないでしょうし、

1つ1つ銀行に、この個人の通帳の入出金の情報があったら提出して下さいと申請を出すのも相当な労力になると思います。

それをましてや年200万程度の売り上げの人間を対象に行うとは思えません。


知り合いはRMTやパチンコで過去600万稼いでいたが一度も税務署から連絡が来た事が無いと言っていました。

ただし一度でも税務署に申告に行ってしまうと名前などが登録されてしまい申告を続けないと危ないとも言っていました

そういった情報はあまりネットには載っていなくて、税務署に申告しよう!とか申告しないと必ずバレます!などといった
嘘臭い脅し文のようなものは沢山ネット上で見受けられます。

現実的に考えて税務署が狙うのは年500万以上とか、ある程度のボーダーラインを決めてトップランカーから調査して潰していくという方法を取ると思いますが

みなさんはどうお考えでしょうか?

よく税務署が3~5年後に副業の税金を払えと言ってきて

追徴課税を請求してくると書いてありますが、

一度も税務署にいった事が無い人が

アフィリエイトや、ネット上でのコンテンツの販売で年間200万稼いだとして
(アルバイトなどの企業に勤めて入る収入は簡単にわかるので除外)

それをどうやって税務署が発見できるのでしょうか?

アフィリエイトのASPや、コンテンツ販売サイトから税務署に誰誰が何年にいくら売り上げて

いくら振り込んだという記録を全て税務署に提出しているのでしょうか?

提出...続きを読む

Aベストアンサー

NO6です。
「6割所得だとして、120万円の所得です。年にして9万円行かない追徴額ですが とありますが 以外と追徴額って安いんですね」とのこと。
全収入に税金がかかるわけではありませんので、その程度でしょう。

120万円所得だとして、基礎控除が38万円ありますから、課税所得は82万円。
所得税はこの5、21%ですから、47,722円。切り捨てて47,700円です。
住民税が(120万円ー33万円)×10%で87,000円。
まったくの所得控除(社会保険料控除、生命保険料控除、扶養控除など)を考えなくて上記の額ですから、所得控除がなにかあれば、合わせて9万円程度の追徴だという話になります。

それ以上に調査側の目的としては、上記の所得がある者(女性だとします)を妻としてる夫が、配偶者控除を受けてる場合です。
ご存じのように、年間所得が38万円を超えてる者を控除対象配偶者にはできませんので、夫が追徴されることになります。
38万円の否認で、夫の給与が高い場合には、その20%である76、000円の追徴になります。
「捕まえた本人の追徴だけでなく、その人を扶養家族にしてた人からも追徴ができる」という、一粒で二度おいしいキャラメル状態なのです。

ご自分一人でえっほっほと稼いで税金をごまかしてるだけなら良いのですが、夫の控除対象配偶者になってる妻が、年間38万円を超えた所得があるとなると、妻が税金の追徴を受けたというだけには済まずに、夫からも「こら!」と言われてしまいます。
このような扶養親族や配偶者控除を受けられない人を扶養親族にしてた人に対して「ちがってるぞ」というのを扶養是正というのですが、これは税務署から、なんと夫の勤務先に通知されます。
「税務署とのかかわりなど持ちたくない」性質の企業は多く、扶養是正を受けないように「妻や子の収入状態をちゃんと把握して、扶養控除をうけるように」と指示し、扶養是正がされる事自体を「会社があれほど注意してるのに、是正を受けた」として、考査のマイナスにする企業もあるのです。
これは、日々身体と神経をすり減らしてるサラリーマンの夫には大きく響くマイナス考査です。
本来、本人の成績とは無関係なはずなのですが、「会社の指示を守ってない」のがマイナスされてしまうのです。

ということまで知ってる賢い奥様は、税金申告をごまかすというリスクよりも「ちゃんと申告しておく」選択をされるでしょう。

すると、するとですね、その申告内容から税務署は「アフィリエイト収入の支払い先」などの情報を得ることができるというわけです。

また、意外に多いといわれるのが「たれこみ情報」。
どこどこの奥様は、アプリエイトだかアフリカエイトだとかをやってて、儲けていて、扶養家族になんてなれないらしいという情報を「あの奥様、ちょっと嫌いだからぁ、チクッてやろ」という「いやな女」が必ず町内にはいるのです。

なんで、そんなことを税務署が知ってるのだ!?
と驚いていてもしょうがないのです。
隣の奥様が税務署にチクッてるのであります。

世の中なんて、そんなものです。

NO6です。
「6割所得だとして、120万円の所得です。年にして9万円行かない追徴額ですが とありますが 以外と追徴額って安いんですね」とのこと。
全収入に税金がかかるわけではありませんので、その程度でしょう。

120万円所得だとして、基礎控除が38万円ありますから、課税所得は82万円。
所得税はこの5、21%ですから、47,722円。切り捨てて47,700円です。
住民税が(120万円ー33万円)×10%で87,000円。
まったくの所得控除(社会保険料控除、生命保険料控除、扶養...続きを読む

Q確定申告申告漏れでお聞きしたいのですが。

先日、税務署の方がおいでになり、16年から22年までの通帳記録を銀行で取り寄せるように
いわれました。

自分で計算したところ、不確かですが、2000万円くらい申告漏れをしているみたいなのですが
追徴課税などはいくらくらいになるのでしょうか?


母子家庭で、子供3人(中学生2人、小学生1人)いて
寡婦控除、白色申告です。

分納が可能かどうかも知りたいのです。

詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

毎年申告を出していたと仮定します。
2,000万円が7年間分の申告漏れの合計だとして、年平均で年285万円の申告漏れ。
およそ「そういう収入があるとは知らなかった」は通用しないでしょうね。
悪質な脱税として、過去7年分の修正申告(無申告なら期限後申告)を求められ気がします。

7年分重加算税対象なら、
2000万円×10%=200万円(本税)
200万円×35%=70万円(重加算税)
200万円÷7×4,5%=12、800円(一年分の本税にかかる一年分の延滞税)
12,800円×(1+2+3+4+5+6+7)=358、400円

合計で3,058,400円が概算です。
これに住民税の10%追徴がつき、国民健康保険料の追加が発生する可能性もあります。

もしも関与税理士がいないようなら、立会いだけでも依頼するといいですよ。
税理士は脱税の手伝いはしませんが、重加算税対象ではなく、過少申告加算税対象だと当局に張り合うことはしてくれますので、この際報酬を払っても立ち会って貰ったほうが利口です。
悪質→重加算税対象→最長7年分の本税+重加算税+延滞税
悪質ではない→過少申告加算税→最短なら3年分の本税+重加算税+延滞税
この違いは大きいです。本税だけでも100万以上違います。
税理士報酬をケチってる場合ではないです。
但し、あなたの申告内容を見て、貴方をかばいきれないと税理士が言い出す可能性もあります。
こうなると自業自得というしかありません。

延滞税率は原則14,6%ですが、修正申告(または期限後申告)の日の2ヶ月後までは7,3%です。
この7,3%も特例税率になってます。平成23年の特例税率は4,3%です。
申告から2ヶ月以内に納付するなら、特例税率で計算した延滞税を納付します。
早く納めるほうが安いということです。

一括納税が無理なら、分割納税も認めてくれます。

毎年申告を出していたと仮定します。
2,000万円が7年間分の申告漏れの合計だとして、年平均で年285万円の申告漏れ。
およそ「そういう収入があるとは知らなかった」は通用しないでしょうね。
悪質な脱税として、過去7年分の修正申告(無申告なら期限後申告)を求められ気がします。

7年分重加算税対象なら、
2000万円×10%=200万円(本税)
200万円×35%=70万円(重加算税)
200万円÷7×4,5%=12、800円(一年分の本税にかかる一年分の延滞税)
12,800円×(1+...続きを読む

Qどんな物を買うと税務署に未申告がばれるのでしょう?

確定申告せず税務署から知らせが来た!
という話。。。
まれに聞きますが何故ばれるのでしょうか?

何かおっきい金額の物を買ったから?
それはどんな物?
謎です。。。。

そこでみなさん!
下記商品のどのレベルで発覚すると思いますか?

とりあえず今回は乗り物限定で行きたいと思います!
設定は
『20代後半の日本平均月給を未申告でもらいうけてる人物がローンを組んで購入した場合』
です!

1、かっこいい自転車(10~29万)
2、中古のバイクor車(30~69万)
3、新車のバイク(70~119万)
4、新車の車(120~299万)
5、ハーレー(300~499万)
7、ベンツ(500~999万)
8、フェラーリ(1000万~)

※購入物と価格設定が合ってない(怒)!
とかは目をつぶって頂けると嬉しいです。。。。

では、みなさん宜しくお願いします☆

Aベストアンサー

所得税は確定申告とあるように
自分の収入はこうで、税法に従って計算すれば所得はこうなので
この額の所得税を納めますと自分から申告するのが筋です。
サラリーマンの源泉徴収は戦時に戦費を調達する為に始められた
ことですが徴収する費用が申告に比べて安いので
そのまま続けられているだけです。
申告しなければ税務署は申告しない人の収入も所得も知りません。
個人を特定できなければ開示請求もできないので
何らかの手段で網を張っているわけではありません。
個人から匿名でも通報は受け付けているので重要な情報源でしょう。
ガセや中傷目的のものもあるでしょうが
輸入のスポーツカーなどは任意保険料も高額ですし、
メンテや修理には国産車が買えるだけの費用がかかるので
維持できるというのはいい目安になるでしょう。
(ポルシェのブレーキは1脚分の部品代が180万円だそうです)
未申告が発覚すれば5年前に遡って徴収されますし、
悪質なら7年遡って調査されます。
余計な加算税も支払わなければなりませんし。

未申告では所得が確定していないので
所得証明ができませんから
保育所等の利用ができなかったり
自治体が行う補助金がうけられなかったり
優遇措置の対象にはなりませんね。
税務署は呼びつけたりしませんよ。
これから行くからと電話してきて直接やってきます。
現場でやらないと資料がないでしょう。

所得税は確定申告とあるように
自分の収入はこうで、税法に従って計算すれば所得はこうなので
この額の所得税を納めますと自分から申告するのが筋です。
サラリーマンの源泉徴収は戦時に戦費を調達する為に始められた
ことですが徴収する費用が申告に比べて安いので
そのまま続けられているだけです。
申告しなければ税務署は申告しない人の収入も所得も知りません。
個人を特定できなければ開示請求もできないので
何らかの手段で網を張っているわけではありません。
個人から匿名でも通報は受け付けているので重...続きを読む

Q確定申告の未申告でお尋ねが来ました

初めまして、すごく困っているので質問させて頂きます。

税務署から平成25年の事業概況のお尋ねという封書が届きました。

私が悪いのですが確定申告がいるとは知らず未申告で7年ほどオークションやサイトで自作の商品を売っていました。

領収書などは全く取っておらずあるのは売上が振り込まれた明細がのった通帳だけです。
経費に使った振り込みも印字されてるのですがなにを買ったのかは記載していません。

質問なのですが

■今、26年ですが支払い義務のある5年は21、22、23、24、25年になるのでしょうか?

■未申告の確定申告をして夫の扶養から完全に外れる金額になった場合、一年でどのくらい追加で払わなくてはいけないのでしょうか?

■一番多い時で売上が200万近くあったのですが領収書がないため経費をどのくらい見てもらえるのか全く分かりません。
150万の所得になった場合はいくらぐらい請求されるのでしょうか?

■やはりお尋ねが届いてからの申告は自主申告にはならないですよね?

お金がさらにかかってしまいますがわからないことだらけで心配なので税理士さんに相談しようと思っています。
すぐに会うことができないので回答頂けると助かります。

初めまして、すごく困っているので質問させて頂きます。

税務署から平成25年の事業概況のお尋ねという封書が届きました。

私が悪いのですが確定申告がいるとは知らず未申告で7年ほどオークションやサイトで自作の商品を売っていました。

領収書などは全く取っておらずあるのは売上が振り込まれた明細がのった通帳だけです。
経費に使った振り込みも印字されてるのですがなにを買ったのかは記載していません。

質問なのですが

■今、26年ですが支払い義務のある5年は21、22、23、24、25年になるのでしょうか?
...続きを読む

Aベストアンサー

税理士に相談するのが一番です。
申告義務がある、つまり納税額が出る場合には、原則的に平成21年分から申告書の提出を求められます。
質問のうち追徴金額を尋ねられてる部分は、実際には夫の収入と課税状態がわからないと回答不能です。

税理士に会えばわかりますが、あなたの知りたいことは答えてくれますので、慌ててネットで情報収集する必要はないですよ。

回答のなか「税理士など使うと故意に逃れようとしたと解釈されてしまう」という意見がありますが、そのような事はありません。これが正しいならば、顧問税理士を有してる者はすべて故意に脱税しようとしてることになってしまいます。
また「正直に打ち明けて相談すれば追徴課税まではしない」もありません。
租税法定主義ですので、課税される所得があるのに正直に話したので課税されなかったというケースは考えられないのです。
ありえることは、加算税の免除がされるかどうかですが、これも国税通則法に免除規定がありますので、これに従います。

税務署に書類をすべて持って相談するのが一番といいたいところですが、経費算出の面で、税務署員が積極策を提案してくれるとは思えませんので、今回のようなケースでは「税理士に相談する」がベストです。
その選択をすでにされているのですから、税理士に任せることです。

税理士に相談するのが一番です。
申告義務がある、つまり納税額が出る場合には、原則的に平成21年分から申告書の提出を求められます。
質問のうち追徴金額を尋ねられてる部分は、実際には夫の収入と課税状態がわからないと回答不能です。

税理士に会えばわかりますが、あなたの知りたいことは答えてくれますので、慌ててネットで情報収集する必要はないですよ。

回答のなか「税理士など使うと故意に逃れようとしたと解釈されてしまう」という意見がありますが、そのような事はありません。これが正しいならば、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング