高血圧の治療に使用するベータブロッカーは、心臓の過剰な働きを抑制するものだと聞きました。
だったら、緊張して心臓バクバクな時、服用するとそのバクバクも収まるんでしょうか?
素人考えでスミマセン。でも素朴な疑問って事で教えて頂けないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、交感神経系の仕組みから解説します。


中枢神経系である交感神経には臓器や分泌腺に対するα作用とβ作用があります。
α作用は;血管収縮(血圧上昇)、胃腸抑制、散瞳
β作用は;骨格筋の血管拡張(血圧降下)、心臓促進、気管支拡張、胃腸抑制、血糖上昇
といった働きをします。
βブロッカー(β遮断薬)というのはこのβ作用を抑制するものなのです。では、β遮断薬を投与すると、β作用が弱まるはずなので、骨格筋の血管が収縮して血圧はあがるのでは?という疑問が起きるかもしれません。β作用が弱まると、心臓機能が抑制されることで血圧は下がるのですネ。
代表的な薬にプロプラノロールがありますネ。心機能を抑制し、期外収縮・不整脈・狭心症の治療に使われ、また、降圧剤としても使用されていますが、喘息の悪化という副作用が知られています。
これを緊張して心臓がバクバクなっているときに投与すると‥バクバクは収まるでしょうネ。
中枢の指令が心臓に対して『ゆっくり動け』と命ずるからです。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kawakawaさん、いつもありがとうございます。

プレゼンの時、いつも大汗かきかき、心臓バクバク、体の震えまで起こるほどの緊張しぃなので、今度試しに飲んでみます^^。だいじょぶかな・・・?。

お礼日時:2001/01/07 22:42

どうなんでしょうね。

そんなに即効性のあるもんなんでしょうか。カルシウム拮抗薬のアダラートなんかは良く舌下で投与しますけどね。インデラルなんかはあんまり使われないんじゃないですか?
ちなみにルシウム拮抗薬の場合は脈も血圧も落ちてきますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
・・・ベータブロッカーを舌下投与してみたらどうなるんでしょうね。
う~ん。

お礼日時:2001/01/07 22:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人前でのスピーチの極度の緊張を抑えるため、ミケラン錠を頓服しております

人前でのスピーチの極度の緊張を抑えるため、ミケラン錠を頓服しております。
これは、ドキドキ感のみを抑えて、震えを抑えます。
ただし、不安感はなくならないため、セディールまたはソラナックスを処方されました。
それぞれを服用してもいまいちの感じがありましたが、この前ためしに、両方飲んでみました。
なんとなく効果を感じました。
そこで質問ですが、このように種類の違うものを一緒に服用してもいいのでしょうか?
具体的には、ミケラン+セディール+ソラナックス
ちなみに、週に2回くらいの頓服となります。
通常は一切飲んでおりません。

ついでに、このような人前でのスピーチ不安、緊張にもっとも効果のあると思われる薬がありましたら教えていただけたら参考になりンなす。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

♯2です。お礼ありがとうございました。

>なにかいい方法がございましたら教えてください。
この様な不安障害を薬を使わず改善する療法としては下記の療法が有ります。
森田療法
http://www.jikei.ac.jp/hospital/daisan/morita/index.html
認知行動療法
http://jact.umin.jp/introduction.shtml

児童期からの症状でしたら、完全に囚われ状態です。
これは簡単に逃れられないとは思いますが
根本を解消するにほ「認知変容=行動変容」の為には
上記の様な療法が必要なのでは?

認知行動療法については、独習できる書籍が発行されています。
こころが晴れるノート(うつと不安の認知療法自習帳)やうつと不安の認知療法練習帳等です。
これらで独習されて効果が有りそうならば、臨床心理士に付いて認知行動療法を導入する事も出来ます。

最後に質問主旨に沿ったアドバイスをします。
坑不安剤は短時間作用で、舌下投与が出来る薬が便利です。
舌下投与とは舌の下で薬を溶かす服用法で、経口投与より効能が早く出るとされています。
医師に頓服での使用にはこちらを推奨されました。

これに該当するのがデパスです。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179025.html
力価は強、作用時間短(半減時間から6時間とされていますが、実際は4~5時間位です)
自分はジェネリック薬の「エチゾラム(EMEC)」を使いました。
メリットは口腔内崩壊錠タイプで、水を含むとふぁと解けるので、舌下投与並みに効果が早く実感できる。
錠の大きさがデパスより大きく、真ん中に割り線が入り分割し易いです。
http://www.emec-med.com/q_explain/pdf/Etizolam_q_explain.pdf
デメリットとしては、筋弛緩作用が強く眠気が生じ易い事です。

筋弛緩作用が強く眠気が生じ易い事です、これを避けるとしたら
同じく舌下投与でき、力価は強、作用時間中(実感としては7~8時間位)の
ワイパックスがあります、筋弛緩作用が弱いので眠気はあまり生じません。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1124022.html

緊張による体の振るえには、本態性振戦の治療薬のアルマールを使いました。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se21/se2123014.html
元々原因がない、解からない振るえの治療薬ですので
β遮断薬よりも効力が強い感じでした。

♯2です。お礼ありがとうございました。

>なにかいい方法がございましたら教えてください。
この様な不安障害を薬を使わず改善する療法としては下記の療法が有ります。
森田療法
http://www.jikei.ac.jp/hospital/daisan/morita/index.html
認知行動療法
http://jact.umin.jp/introduction.shtml

児童期からの症状でしたら、完全に囚われ状態です。
これは簡単に逃れられないとは思いますが
根本を解消するにほ「認知変容=行動変容」の為には
上記の様な療法が必要なのでは?

認知行動療法については、独習で...続きを読む

Q抑制(縛り)に替わるものは何 ?

要介護老人施設や、障害者施設での、抑制(縛り)に替わるものとして、今後の展開として、何が考えられるでしょうか?

Aベストアンサー

過去に両施設に関わる企業におりました 同居人は今も現場にいます(笑)
抑制自体問題行為としても、現実に限られた職員数で精神科レベルの
入所者多数を見るためには避けられない部分がありますね 転倒ならまだしも
他者への常識外の暴力行為というのも多々ありますから NO1の回答の方が
かかれていた施錠ですが、ちなみに老人施設の痴呆専門棟は絶対に施錠が原則です職員・見舞い客問わず暗証番号でロックをあけます そして専門棟は必ず
1、2階といったフロアではなく上の階に作ります 間違っても入所者が
ひとりでそのフロアを出れることはありません そのかわり専門棟には
巡回型(ひたすらぐるぐる回れるような)廊下の配置が必要と決められています
障害者施設の方の現状はわかりませんが、老人施設においてはグループホーム
のように少人数を少数で看るか、ユニットケアのようにフロアをいくつかの
グループにわけて看るかという事になるのでしょう 余裕をもって
入所者に目を配れる職員配置なくして抑制は廃止できないと思います
痴呆より介護に重点を移した介護保険と言われても、精神科レベルの老人をく預ってくれる病院は非常に少ない現状では、施設がこういった老人を受け入れるしかないのが現実ですよね ただユニットケア・グループホームとも本来十分な職員数が
いて成り立つものですが、経営上それがなされず職員に非常に負担がかかっている
と思います 

過去に両施設に関わる企業におりました 同居人は今も現場にいます(笑)
抑制自体問題行為としても、現実に限られた職員数で精神科レベルの
入所者多数を見るためには避けられない部分がありますね 転倒ならまだしも
他者への常識外の暴力行為というのも多々ありますから NO1の回答の方が
かかれていた施錠ですが、ちなみに老人施設の痴呆専門棟は絶対に施錠が原則です職員・見舞い客問わず暗証番号でロックをあけます そして専門棟は必ず
1、2階といったフロアではなく上の階に作ります 間違っても入...続きを読む

Qベータブロッカー

高血圧の治療に使用するベータブロッカーは、心臓の過剰な働きを抑制するものだと聞きました。
だったら、緊張して心臓バクバクな時、服用するとそのバクバクも収まるんでしょうか?
素人考えでスミマセン。でも素朴な疑問って事で教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

まず、交感神経系の仕組みから解説します。
中枢神経系である交感神経には臓器や分泌腺に対するα作用とβ作用があります。
α作用は;血管収縮(血圧上昇)、胃腸抑制、散瞳
β作用は;骨格筋の血管拡張(血圧降下)、心臓促進、気管支拡張、胃腸抑制、血糖上昇
といった働きをします。
βブロッカー(β遮断薬)というのはこのβ作用を抑制するものなのです。では、β遮断薬を投与すると、β作用が弱まるはずなので、骨格筋の血管が収縮して血圧はあがるのでは?という疑問が起きるかもしれません。β作用が弱まると、心臓機能が抑制されることで血圧は下がるのですネ。
代表的な薬にプロプラノロールがありますネ。心機能を抑制し、期外収縮・不整脈・狭心症の治療に使われ、また、降圧剤としても使用されていますが、喘息の悪化という副作用が知られています。
これを緊張して心臓がバクバクなっているときに投与すると‥バクバクは収まるでしょうネ。
中枢の指令が心臓に対して『ゆっくり動け』と命ずるからです。
以上kawakawaでした

Q起床時の血圧。

朝起きたときの血圧が、一番高いと聞いた事がありますが、それは交感神経・副交感神経の関係なんでしょうか?

Aベストアンサー

血圧の最高ピークはその人の特性があり一概に決まっていません。朝高い方は夜中が高いのです。昼間の高い方や夕方に高い方もおられます。私も高血圧ですのでドクターから朝起きた時と夕方測るるようにいわれています。私の場合は夕方に高くなります。>それは交感神経・副交感神経の関係なんでしょうか? 常識的にはそうでしょうが一概に決まりません。自分の血圧のタイプを正確に補足するためには朝、昼、晩と三回測る必要があります。

Qβ遮断薬(ミケラン)と抗不安剤(デパス)

β遮断薬のミケラン(弱い薬?)と抗不安剤(デパス)を飲んでいます。
この薬は腎臓から直接排出されるそうですが、健康診断や人間ドックの尿検査や血液検査などで服用が分かるものなのでしょうか?
ドーピング検査をすれば出ると書いてあるのですが、尿検査(蛋白、潜血、糖、比重、ビリルビン等)や血液検査ではどうでしょうか?
ご回答お願いします。

Aベストアンサー

たかが血液検査で飲んでる薬なんてわかりません。

Q緊張性気胸と人工呼吸

昨晩のドラマを見ていて疑問に思いました。

ネットでも調べたのですが分からなかったので知識のある方教えてください。


母親が胸を押さえて倒れこみそこへ医学生が通りかかります。
心肺停止だったので学生は人工呼吸を試みようとしますが、BJが登場。

緊張性気胸なので人工呼吸はしてはいけない。と怒り、シリンジを刺し心臓の血を抜くという処置をしていました。


倒れた人を目の前にして素人には気胸なのか人工呼吸が必要なのかが分かりません。
携帯がつながる場所なら先に救急に相談しますが。

うちの娘も先日気胸を疑われたので「今後またもしも。」と考え出したら気になって仕方ありません。


気胸なのか、そうではないのか分かる方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

看護大学の教員をしている看護師です。
ドラマは見ていないので、よく分かりませんが、気胸を外見で判断するのは困難だと思います。(BJは別なんでしょうけど)
聴診器でもあればよいですが、心肺停止では心音も呼吸音も聞こえないですし、胸の動きもわからないですからね。
人工呼吸をする際に、よく見ていれば胸の動きに異常が見られると思うので、そこで気が付くかもしれません。

緊張性気胸になることはあまりありませんし、いきなり心肺停止に至るわけではありませんので、気胸の痛みや呼吸困難があったら車で病院に行くなり、救急車を呼びましょう(程度に応じて)

あと、おそらく針を刺していたのは、心臓ではなく、胸腔という肺から漏れた空気がたまっている部分ではないかなと思います。

Q【薬の飲み合わせ】インデラルとミケラン

SADの診断されて病院を3軒ほどまわりました。


手元にある薬は、


ミケラン

インデラル

ワイパックス

メイラックス


です。


今度大勢の前でスピーチやディベートがあるのですが、4つを一度に一錠ずつ服用しては危険でしょうか。


試す機会がなく、迷っています。


昔一度だけ、メイラックス(1錠)とワイパックス(1錠)とインデラル(2錠)を服用し特にふらついたなどの副作用はみられなかったのですが....


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず3軒の病院を回って、色々なお薬をもらってきたところからして危険でしょうね。なぜ一つの病院でのお薬を試さなかったのでしょうか?

飲み合わせの副作用については、薬局で聞くしかありません。

Q筋緊張性頭痛での鍼の保険治療について

今まで筋緊張性頭痛で内科にかかり、頭痛薬と筋弛緩薬を処方されていました。試しに鍼治療を受けたところ具合がよく、内科の先生に鍼灸治療の同意書を書いて頂きました。
しかし同意書に書かれた病名が「筋緊張性頭痛」となっているのですが、これで健康保険の利用に問題がないか教えて頂きたくお願いします。

Aベストアンサー

結論から言ってかなり難しいと思います。

鍼灸治療で健康保険を使用する場合は、医科においての治療で特に回復の見込みがない慢性症状のうち神経痛・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・腰痛症・頚椎捻挫後遺症・その他に限られています。筋緊張性頭痛の病名では保険の適用にならないかと思います。
また、診断書(同意書)の様式はどちらからもらいましたか?通常は保険を取り扱っている鍼灸院にあり、内容も上記疾患のところに○をするようになっています。

通常、筋緊張性頭痛で保険を使う場合は、頚腕症候群で首肩の筋肉が緊張し頭痛を起こすと内科の先生に理解してもらい鍼灸同意書若しくは診断書の頚腕症候群の欄に○をしてもらいます。こうすることにより保険での鍼灸治療を開始するわけです。
最後に鍼灸は、いわゆる良性頭痛に対しての効果は他の療法に比べずば抜けて良いと思いますので、きっと頭痛から開放されますよ。

Qβブロッカーと運動

βブロッカーについて質問させて下さい。

インデラルなどのβブロッカーは心拍出量を抑え、血圧を下げることは知っているのですが、服用後にスポーツをしても大丈夫なのでしょうか?

運動してもあまり心拍が上がらない、つまり全身への酸素供給量が上昇しないというのは危険な気がします。

βブロッカーを服用されている方は多くおられ、その方たちは多かれ少なかれ運動されていると思うので問題無いように思うのですが、「運動してもあまり心拍が上がらない」というのがイメージしづらいのです。

それともやはりβブロッカーを服用する場合は運動を控え、風呂なども入らないようにしているのでしょうか?

Aベストアンサー

http://homepage2.nifty.com/oto-san/htm_doc/nikkansports_health/he22_20.html

現在の病状にもよりますので、主治医に確認するのが一番かと思うのですが、知識として必要ということでしょうか?

βブローッカーを内服している云々以前に、心機能の状態から運動を制限される場合もあるでしょうし、一概には言えないと思います。

Q病院毎のスタッフの緊張度?就業意識の違い

腹痛で地元の私立病院に行き、ちょっと点滴してもらったのです。

その処置室で、ほぼ全ての看護婦・事務員がずーっとおしゃべりしながら仕事をしていました。プライベートと思われる会話も多々ありました。

仕事はカツカツこなしながらですし、別に業務に支障が出るほどの混雑も無いのでしょうが、点滴の間中、話し声が気になりました。
しかも点滴が終わっていなくなった患者さん(高齢者)の事を、少し患者としては聞きたくない本音を話すんです。


私が長いことお世話になった別の市民病院は、規模が10倍いや100倍ほどありますが、看護婦さんのそういう私語や会話自体が全くなかった(食堂にあってすら無かった)ので、少しカルチャーショックを受けました。


病院として、どうなんでしょうか?ちょっと気合いが入ってないと思いませんか?

Aベストアンサー

職場とプライベートが、なぁなぁな感じになってるんですね。
大きな病院では、組織がしっかりしているせいか、あまり職員同士が仲良くなりきれていないのか(シフトによって人が変わるなど?)わかりませんが、患者(お客様)の前でもそうじゃなくても、職務中はプロにてっしているのでしょう。
どちらもプロ意識は同じでしょうが。
私も学生の頃、地元の小さな町医者で点滴をしてもらっている時、ずっと看護士さんがお話していました。
点滴が終わると、私にも
「しんどかったよね~、マシになった?点滴したから歩けるからね。あめちゃんあげる」
と、話してくれたり、私はほのぼのしましたね。
なんだか安心しました。

でも、他の患者のことを言うのは間違ってますよね。きっと境目がわからなくなた!?
私の場合とは事情が違いますね。安心ではなく、不安になるようなら、おしゃべりは良いと思いますが、もっと組織として正していくべきだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報