投信の税金についてお伺いしたいのです。
2年前買った日本株投信の値下がりにはがっかりしています。
投信の税金は簡単に言って、解約したときに増えてる分に掛かるんですよね。
減っている時には税金はないと思うのですが、損した分を計上しようないんでしょうか。たとえば今日買ったAさんの100口と株価の高かった2年前買ったBさんの100口とでは、将来株価が上がるとすればBさんのほうが価値が高いことになるのでしょうか。税金面だけで考えれば、下がっているものを解約するのは損で、解約してほかの投信に乗り換えるなんてもってのほか、となるのでしょうか。
どうも腑に落ちない、わからない、もっと複雑なのでっしょうか。
どなたかすっきりさせて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ご質問者さまは現行の税制制度の不備をご指摘なさっています。



投資信託は、株式型投資信託(追加型は若干異なりますが)も債券型投資信託も同じく源泉分離課税となっています。これが問題なのです。
http://www.taxanser.nta.go.jp/2230.HTM

源泉分離課税制度とは、他の所得と全く分離して、所得を支払う者が支払いの際に一定の税率で所得税を源泉徴収し、それだけで納税が完結するというものです。
申告が不要であることにおいては、納税者も徴税者も手間が省けて便利な制度ではありますが、株式型投資信託のように元本が変動するリスクが大きくマイナスになるものは納税者に取って不利な制度と呼べます。
預貯金や公社債などの元本割れが考え難いものの税制に無理矢理合わせた為にこのような問題が発生したと考えられます。

>下がっているものを解約するのは損で、解約してほかの投信に乗り換えるなんてもってのほか、となるのでしょうか

http://www.taxanser.nta.go.jp/1466.HTM
その通りです。但し、上場投資信託(特定株式投資信託)や私募投資信託(主に気大口投資家向け)は株式等に含まれ、株式とと同じく申告分離課税となっております。上場投資信託等であれば、一旦他の商品に乗り換えて乗り換え前のものが大幅に下落した段階で元に戻せば税制上のメリットを享受できます。しかし、これ以外のものは損の時点で他の投資信託に乗り換えることは税制上極めて不利なものとなります(手数料を考慮しても損ですが)。

法人登記して法人格で納税すれば全て総合課税(源泉分離課税分は税額控除)となり、すっきりします。現在、個人格のまま総合課税を認めるべきだとの意見もありますので、この実現がなされれば、公正な税制になると考えております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

投資信託って初心者が入り易いようですが、こんなこと理解してる人ってどのくらいいるのでしょう。投信の不利な点としてもっと知らせてもらいたいものです。私も速く卒業して、直接株の取引をしてみたいものです。詳しい説明ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/10 11:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q損している株は売った方がトク?

特定口座で株を購入しておりますが、儲かった株は
すぐに売却し損している株は塩漬け状態として
います。

この前、入出金データを見たらちょこちょこと所得税
と住民税が差し引かれている事が判明しました。

儲かった金額に対し税金がかかっているのであれば
損している株を売り儲け額を相殺して、再度すぐに
損した株を買い直したほうが、税金が特になるので
しょうか?

初歩的な質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします

Aベストアンサー

>>儲かった株はすぐに売却し損している株は
>>塩漬け状態としています。

気持は良く解ります。どうやら万人取る行動の様で
ノーベル賞を受賞した人の論文に含み損は鈍感になり
売らず、逆に含み益は敏感に反応して直ぐ売るので
個人投資家は儲けることが出来ないと言うことを書いて
居るそうです。

個人の場合はどうしても少額の資金で(数十億を買って
居る
のでしたら失礼しました)売買するので資金効率を最優先
することです。従って、値上りの見込みのない株は処分して
新たな銘柄にスイッチすることです。

また、益が出ても我慢すること!下がっても待つ勇気が
大儲けの道です。

理屈は解っていても出来ないのが又人情と言えますが・・

Q投信解約時の税金の10%について

教えてください。
現在かなり多くの投資信託をばらばらに保有しているのですが
バランス型なども入っているためポートフォリオの調整がしづらく
、楽天で海外ETFも豊富に出てきたため一旦全部解約して
再購入しようと思っています。
この場合元本より値上がりしているものに関しては解約時
勝手に税金を引かれるのでしょうか?口座は特定源泉ありです。
一旦解約して一気にETFを買ったほうが手数料面で有利の為
検討しているのですが、もし10%利益から引かれるのなら
今持っているものを売らないで上から重ねて買ったほうが
得するので悩んでおります。恥ずかしながらまだ売った経験が
無いので教えてください

Aベストアンサー

念のためです。
投信を売る場合、買取請求と解約請求があります。違いは、損益を他の投信や株式の損益と通算できるのが買取請求です。もしも1年通算して損失なら確定申告で損失繰越が出来ます。解約請求は、利益が出たら税金10%引かれてすべて終わりです。特定口座なので自分で計算の必要はなく、買取請求が良いのではないでしょうか。
ネット証券の場合、画面で確認できる日常の評価損益は、税金10%を引いた額になっているのが多いと思います。基準価額が毎日変わるので、実際の売却額とは違いますが、参考にはなります。

Q株の損切りはなぜやりますか、

株の損切りはなぜやりますか、株の本を見ますと、多くの本が損切りを薦めて
いますが、株価が下がって来ても、いずれは元に戻ると思えば、
損切りはしない方が良いと思いますが、お教え下さい、

Aベストアンサー

ストップ・ロス、それ以上の損失を食い止めるためです。

いずれは元に戻るかわかりません。
今、約50万円のNTTは、300万円だったことがありました。いつ、元に戻るのでしょう。

もっとも、損切りばかりでは儲からないことも事実です。

Q投信の損切りについて

投資信託をもう二年以上積み立てで購入しているのですが、グローバル株式タイプの成績が良くありません。

購入開始後、基準価格がどんどん下がりつづけ、アメリカの同時多発テロ後、一時底を打ったかなとも思ったのですが、最近また下がりつつあります。

投資信託は、2~3年で手放すものではないというのは分かっているのですが、このファンドは買い付け手数料などが高めなので、損切りして他のファンドに乗り換えるか、もしくはとりあえず積み立てはストップしたほうが良いかなとも思います。

他に、日本株式型と世界債権型、公社債投信を同じく積み立てで購入しています。割合はグローバル株式型、日本株式型、世界債権型、公社債投信を1:1:1:3で、現在、トータルでは6%ちょっとの損失となっています。

投信の損切りや乗り換えについて、アドバイスいただけますでしょうか。また、投信の選び方やお勧めのものなども教えていただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

スイッチング型の投資信託を選択すれば良いと思います。
具体的には全体の相場が下がる局面では公社債型にし値下がり評価損をこれ以上増やさないようにし、値上がり局面では業種別に一番人気づいているところのセクターを選んで買い付ければよいでしょう。
投信を選ぶ時には同じ業種ばかりのポートフォリオの投資信託の方がパフォーマンスが高いですので相場を見ながら今どの業種が一番賑わっているかを見ながら業種別にスイッチングすれば良いと思います。
スイッチング型投信はスイッチングの際にコストはほとんどかかりませんので有利です。

Q株で損をした話を伺わせて下さい。

今アベノミクスで,ちまたでは株で大儲けをした話で溢れています。
自分も一儲けしようとしているのですが,絶対に損をした話もあるはずです。

自分の頭を冷やすためにも,株で損をした方,周りで損をした方の話がありましたら伺わせて下さい。
「株は怖いよ」という話を伺いたいのです。

Aベストアンサー

自慢じゃないけど、損した話なら腐るほどあります。

・殖産住宅という会社がありました。
 倒産しそうだ、ということで株価が1円になりました。
 よくみると、1円から3円の間で上下しています。
 これなら1円で買って3円で売れば三倍。
 3円が無理でも2円なら売れるだろうと数十万株購入。
 しかし、3円はおろか1円でも売れません。
 とうとう紙くずになりました。

・某銀行株も同じパターンでしたね。
 あんまり頭に来たので、思い出したくもないですが
 やはり全部紙くずになりました。

・日立の株、買った次の日に、米国産業スパイ事件で
 大暴落。

・中国株、買った株が取引停止。
 ふざけんな、と文句を言う場所もない。

・某株、買った途端にリーマンショック!

・あ~、思い出したら気分が悪くなりました。
 損した話は終わり!!!

・それはとにかく、損するよりも儲け損なった方がはるかに
 悔しいですよ。

Q長期運用ならば投信は損をしないのでしょうか?

投資信託を扱った書籍などでは長期運用で安定的に資産を増やすなどといったニュアンスの書き方をよく見かけますが、長期運用(30年程度)であれば元本割れは発生しない(可能性がかなり低くなる)ものなのでしょうか。そんなに前から投信があったのかとも思うのですが・・・

Aベストアンサー

「もしも国内外の株式や債券に十分に分散投資しておけば
過去30年の長期投資で損をすることは無かった」
というのは過去のデータから事実であることを確認できます。
たとえば次のリンク先で確認してみて下さい。
http://www.shinseibank.com/unyo_info/tool/allocation/index.html

過去に対応する投信が存在していなくても、
過去の時系列データから「もしもそのような投信が存在すればどうなるか」
を計算することができます。

さて、我々にとって重要なのは過去ではなく未来です。
過去数十年のデータから国内外の株式や債券からの年率の利益の平均値がどの程度で
各年毎にどれだけ平均値からぶれるかを計算し、今後もその値が続くと仮定すれば
これから数十年の投資でどれだけの確率で損をせずにすむかを計算することができます。

国内外の株式と債券に適切に分散投資すれば(面倒なら4つの資産クラスへの均等分散投資でも可)、
年率の利益(リターン)の期待値は5%で利益が期待値からのぶれ幅
(標準偏差、リスクとも呼ばれる)は10%程度になります。
この数字を使って理論的な元本毀損確率を計算すると次のような値になります。
(リターンの正規分布も仮定する。)

X年後に元本毀損している確率
1年後 31%
5年後 13%
10年後 5.7%
20年後 1.3%
30年後 0.31%

これは幾つかの仮定に基づいた理論的な確率に過ぎません。
実際の確率はもっと高いかもしれないし、低いかもしれない。
確率が低くても運悪く実際に起こってしまうかもしれない。

あと、各年ごとの利益の期待値からのずれ幅は結構大きいです。
上で採用した数字(期待リターン5%、リスク10%)のもとでは
実際のリターンは95%の確率で-15%から25%のあいだに入ります。
だから資金を投入してから1年後に15%も損をしていても
「予測の範囲内に過ぎない」と涼しい顔をして言える必要があります。
2年後のリターンは95%の確率で-18%~+38%のあいだに入り、
3年後のリターンは95%の確率で-20%~+50%のあいだに入ります。
資金を投入して3年後に20%も損していても
「予想の範囲内に過ぎない」と涼しい顔をして言える必要があります。
このように数年単位の短期間での投資の危険性は結構大きいです。

ちなみに、現在の状況では国内株式、海外株式、海外債券の3資産クラスの
リターンの相関係数が上昇しており、これらに分散投資してもリスクはあまり下がりません。
長期的には分散効果が出て来るでしょうが、しばらくは危険な状態が続くでしょう。

「もしも国内外の株式や債券に十分に分散投資しておけば
過去30年の長期投資で損をすることは無かった」
というのは過去のデータから事実であることを確認できます。
たとえば次のリンク先で確認してみて下さい。
http://www.shinseibank.com/unyo_info/tool/allocation/index.html

過去に対応する投信が存在していなくても、
過去の時系列データから「もしもそのような投信が存在すればどうなるか」
を計算することができます。

さて、我々にとって重要なのは過去ではなく未来です。
過去数十年のデ...続きを読む

Q株って持っているだけで損になることはあるのでしょうか?

株って持っているだけで損になることはあるのでしょうか?

株について全然無知なのですが、株って一株でも持っていて売ったり何か行動を起こさずに所有しているだけでは損はありませんか?

行動を起こさないで持っているだけで大損になることってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

会社が破綻して株の価格がゼロになると買ったときの金額だけ損をします
これを有限責任と言います

株価が買ったときよりも売ったときの方が安いとその差額だけ損をします

配当を受け取ることで利益を得るのが本来の姿ですが企業の経営状態で株価が変動するのでその差額で儲けようと今のように売買が行われるようになったのです

Qお世話になります。投信の事で悩んでいます。現在の株価や為替等の動きから考えて、現在、所有しております

お世話になります。投信の事で悩んでいます。現在の株価や為替等の動きから考えて、現在、所有しております、海外の不動産投信(辛うじて、まだ利益が出ています。)を手放すか、このまま、耐えるかを検討しております。ちなみに所有して6年目です。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

海外もののファンドは為替の変動と株価の変動の2つの影響をもろに受けます。即ち為替x株価として表せるので、片方か両方の要素がマイナスに転じると両者の掛け算で、マイナスの変動幅が倍にもなります。ここは暫く様子見というか静観せざるを得ないのでは。ジタバタしてもはじまりませんよ。毎月分配型であれば下落時には一時的には基準価額が個別元本を下回り、特別分配金として受け取り、これを再投資すれば再投資の口数が増えるので、将来いつかは分かりませんが、また市場が落ち着きを取り戻し基準価額が上昇すれば、福利効果で収益の拡大が見込まれますので、焦らず慌てず、ここは冷静に行動しましょう。ファンドの成績が耐えられるか耐えられないかということよりも、あなた自身が精神的に耐えられるか耐えられないかということですよ。ここは市場に任せ静観しましょう。投資の格言に「落ちるナイフは掴むな」とあります。今あなたがファンドを売却したら、まさに落ちるナイフを掴んだも同然ですよ。真の投資とはそういうものです。

Q株の空売りの損切り

株の勉強中です。

信用取引の空売りを損切りしようと思って調べてたら「現渡し」というのをしりました。

これは損切りするのとどう違うんですか?

たとえば...

株価が8万円の時に空売りしてて、今10万円になった時に

・10万円で株を買って現渡しする
・そのまま損切りだけするの(これは2万円+α損するだけですよね)

ではどう違うんですか?

Aベストアンサー

ANo.2です。
ちょっと補足です。

>手元の株が無くなって現金8万円を受け取る
 
のところで、実際には「新規売り」しても8万円受け取れませんよね?
それなのに、

>手元から10万円が無くなって株を受け取る
 
のところでは実際に現金10万円で株を買う必要があります。
しかし、同時に(すぐ後に)

>株を返す

つまり「現渡し」をすると売り値である8万円を受け取れます。
(もちろん実際の受け渡しは3日後ですが)

理屈を言うと、「新規売りの売値が8万円」というのは、「○○株を8万円で売り渡す契約をした」ということなので受け取れるのは買値の10万円ではなく「8万円」になるわけです。

かえって分かりにくいですかね?

Q買うべき投信

 以下の7個の投資信託を毎月積立てで購入しています(いずれも同じ金額です。ただし、さわかみだけ初回に100万円を振込んであります)。
 私は30代なので、預貯金とは別に、インフレ対策として投信を持っていたいと思っています(30年後の老後の資金としてですね)。
 そのため、解約をするつもりはなく、ずっと定額を積立てていく予定です。

・さわかみ(初回100万円を振込)
・セゾンバンガード
・ありがとう

 以下はマネックス証券
・資産設計ファンド(育成型)
・インディックスファンドTSP
・トヨタアセットバンガード
・朝日グローバルバリュー

 毎月の積立額とは別に、今回、100~200万円をどこかに増額したいと思っていますが、どれにどれだけ使うのがいいでしょうか(マネックスの資産設計ファンドは基準額が1万円を切っているため、ねらい目かなと思っています)。
 また、上記以外にも2~3個積立てを増やしたいと思っていますが、お勧めのものがあれば教えてください。
 マネックスの中だと、日経225、三井住友ニューチャイナ、年金積立インディックスファンド海外債権で迷っています。
 よろしくお願いします。

 以下の7個の投資信託を毎月積立てで購入しています(いずれも同じ金額です。ただし、さわかみだけ初回に100万円を振込んであります)。
 私は30代なので、預貯金とは別に、インフレ対策として投信を持っていたいと思っています(30年後の老後の資金としてですね)。
 そのため、解約をするつもりはなく、ずっと定額を積立てていく予定です。

・さわかみ(初回100万円を振込)
・セゾンバンガード
・ありがとう

 以下はマネックス証券
・資産設計ファンド(育成型)
・インディックス...続きを読む

Aベストアンサー

なかなか良い、投資スタンスではないでしょうか。じっくり長期の資産形成をめざしてください。

超長期の投資ならば、国内外の株式に分散投資をしてじっと待つというスタンスがよいと思います。債券への投資は歴史的にはインフレ率をやっと上回るリターンしか得られません。株式の価格変動を抑える役割など、どちらかというと守りの役割があります。現在30代ということなので、債券投資比率は0から20%ぐらいでよいと思います。これを引き上げる必要はないかと思います。セゾンバンガード、資産設計ファンド(育成型)には相当債券部分が含まれています。

現在の金融資産の全額を書き出して、比率を概算して、バランス上足りないと思われる資産クラスへ追加投資なさると良いかと思います。

ayatin56さんのポートフォリオでは、新興国株式、中小型株、REITなどがやや不足しているかと思います。

超長期投資ならば、海外ETFへの投資がコスト的に良いかと思います。
楽天証券取り扱いの米国ETFですとEEM,EPP,IDO,IJR,IYR,GSGなどが相性が良いと思います。ただし、売買手数料が相当かかりますから、銘柄を絞って買ったほうが良いですね。そう考えるとEEM(新興国株式)とIYR(米国REIT)の2点でしょうか。これらの資産クラスはリスクが高いですから、全ポートフォリオの5%を越えないように留意してください。

また、日本のREITや小型株も底が近いと思いますから、そろそろ出動準備されたらいかがでしょうか。日本の大型株はいろいろの投信に投資するより、TOPIXのETFにまとめて乗り換えたほうが、コスト安になります。今のように株価が安いときが、税負担などからポートフォリオ入れ替えのチャンスです。

参考URL:http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/product/pr07_us_03_etf.html

なかなか良い、投資スタンスではないでしょうか。じっくり長期の資産形成をめざしてください。

超長期の投資ならば、国内外の株式に分散投資をしてじっと待つというスタンスがよいと思います。債券への投資は歴史的にはインフレ率をやっと上回るリターンしか得られません。株式の価格変動を抑える役割など、どちらかというと守りの役割があります。現在30代ということなので、債券投資比率は0から20%ぐらいでよいと思います。これを引き上げる必要はないかと思います。セゾンバンガード、資産設計ファン...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報