すみません、数日前に質問をしましたが、お返事の中の高額療養費について詳しく知りたいので、教えてください。
お返事の中では3週間の入院だと対象になるとの事でしたが、膝の手術をして、(半月板を取るそうです)5日くらい入院しても上記の対象にはならないのでしょうか?結局、5日から入院給付金が出る保険に入っているので、給付金は1日分と、手術で5万円は入っていた生命保険より支払われるみたいなのですが、それではかなりの赤なのです。先月私が出産したばかりで、今月は主人がこの手術で、かなりきついです。高額療養費の対象にはなりませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 高額療養費は、入院の期間で判断をするのではなくて、1ヶ月の1つの医療機関に対する自己負担額(医療機関への支払額)が、一定金額を超えた場合に、超えた金額が戻って来る制度です。

したがって、5日入院でも該当になる場合もありますし、1泊2日の入院でも該当になる場合があります。

 かかった総医療費の額(10割相当額)が、318,000円までは63,600円、318,000円以上は、(医療費-318,000円)×1%+63,600円 を超えた支払いを医療機関にした場合に、超えた金額が加入している健康保険から戻ってくることになります。ただし、支払った金額から保険適用外の経費、入院時の食事代(1日780円)を差し引いた金額が、上記の上限額を超えた場合に該当になります。

 該当になる場合には、領収書と印鑑を持参して、加入している健康保険に請求することになります。社会保険の場合には、勤務している会社の担当者にお願いをしてください。国保の場合には、役所の国保担当課が窓口になります。又、健康保険組合の場合には、請求をしなくても自動的に高額療養費の処理がされて、超えた金額が振り込まれる健康保険組合もありますので、確認をしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前回に続いてありがとうございます。あなた様にお聞きしたかったのですが締め切った後でどのようにしていいのか分からずに新たに質問しました。またお返事頂けて嬉しいです。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/12 22:33

5日が1月か2月またぎなのか、収入、具体的な


入院費用とその内訳(治療費、食費、保険外費用)
などが不明なので、断言はできないですが、
一般的な高額療養費の基準は、63600円程/月です。
平成14年度で72000円に改定されているかも
しれません。5万円で赤字なのなら可能性有ですね。

申請から給付まで期間があるので、貸付される
場合もあります。保険の種類により、届出する
機関が違いますので、一度電話するか出向いて
相談してみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/12 22:34

国保なら確か6万を超えると 役所からハガキとか来るんですよ ウチの母が入院して手術して 退院してしばらくしたら高額医療の

...ってハガキが届きました でも国保じゃないんですよね 自分で保険事務所に行くなりして 手続きするはずです 入院費や手術費はどれくらいになるのか分からないけど 手術するなら対象になるのでは? 生命保険は去年 夫が盲腸で入院した時に大体 病院に払った料金と同じくらい支払いがありました あとは確定申告で10万を超える医療費を払っていたら 超えた分だけを計算して還元してくれますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/12 22:35

前回を存じ上げないのであまりお役に立ちませんが 社会保険制度案内という HPがあります 一度ごらんになってみては いずれにせよ 医療機関または 社会保険事務所に問合せるほうが間違いないと思いますが 


また 金銭的なことでいえば 来年の確定申告待ちになってしまいますが 医療費控除が受けれるのでは(少額ですが)と思います。確定申告については 私も毎年行っていますので 少しは アドバイスできるかと思いますので もし 詳しくお知りになりたいのであればご連絡ください。

参考URL:http://www06.u-page.so-net.ne.jp/za2/kengo-y/sya …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返答と、ご丁寧なお返事に感謝いたします。早速ホームページを見てみます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/12 22:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過去3年分の医療費をまとめて確定申告できますか

友人から過去3年分の医療費は確定申告で控除できるとお聞きしました。
去年、平成22年度の確定申告では平成22年1月~12月31日までの医療費(150,000円)は申告できました。
本年度、平成23年度の医療費確定申告では去年の医療費を除く、平成20年、21年度、23年度の医療費も合わせて申告したいと思っているのですが可能でしょうか?
ちなみに20年度の医療費は450,000円、21年度の医療費は85,000円、23年度の医療費は175,000円です。

Aベストアンサー

友人から過去3年分の...]
3年ではなく5年です。

平成20年、21年度、23年度の医療費も合わせて申告したいと思っているのですが可能でしょうか?」
合わせてというのが「全部合算して23年分として控除を受けるという意味なら不可能です。
例えば23年1月1日から12月31日に支払った額が、23年分の医療費控除の対象額になります。
21年に支払った額を23年分の申告に「合わせる」ことはできません。

20年度の医療費は450,000円、21年度の医療費は85,000円、23年度の医療費は175,000円です。
それぞれの年の確定申告書を作成します。
21年分については、貴方の総所得額の5%と10万円のいずれか低い額を85,000円から引いた額が「医療費控除額」です。
逆算すると「貴方の総所得金額が200万円以上」なら、10万円以上の医療費額がないと控除対象額は発生しないということです。

Q入院給付金請求について

去年から体調を崩し約3ヶ月間入院していました。
それから半年も経たずして再入院となりました。
私が加入している保険は同じ疾病で入院給付金最大請求日数は180日です。
また、退院後180日を待たずして再入院となった際には、前回の給付金と再入院の日数が180日を上回った分は請求できないので、今回の入院もかなり長引きそうで金銭的に困っています。
前回の入院から170日目での再入院なので、180日を過ぎた頃に再入院すれば良かったのですが、こればかりは、身体を合わす訳にもいかず・・。
医者に相談したところ、もし規約に反してなければ最初の1ヶ月分の請求はしなければいいんじゃないか?請求は自由なのでは?言われました。再入院した1ヵ月後からの診断書と領収書のみを保険会社に出せば、この度再入院した分も180日精一杯の給付が受けられるのでは?と
提案がありました。
私が考えるには、都合が良すぎるので、それは一種の虚偽に当たるのでは?と思っているのですが、実際に保険請求するしないは自由だと聞いた事があったので、誰か詳しい方、教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

私も、保険請求は、加入者の都合でしたりしなかったりすること、自由だと思います。

それからお望みの回答からは外れると思いますが、「金銭的に困っています」と書かれてましたので別の参考情報です。
金銭的に頼れるのは、個人加入の医療保険や生命保険だけではありません。
お手持ちの保険証の方についている保障「高額療養費」の制度のことはご存知ですか?(病院でこういうこと教えてくれればいいのに・・・)
1ヶ月7万円ぐらい(だったか・・・所得や年齢によって金額は違います。)以上医療費がかかった場合、その金額以上の分が全額返金される制度です。
入院費のうち差額ベッド代は対象外など、細かいルールはいろいろありますが、病院から何十万円請求されても、実際の負担金額はその「7万円ぐらい」(+保障対象外分)だけになるので、かなり楽になるはずです。個人加入の医療・生命保険からの入院給付金支給もあると「入院したら儲かっちゃった」ことになったりもします。
手続き方法は、加入している保険によって違います。国民健康保険なら、病院からの請求書を市役所や区役所に持参して行います。支給方法も自治体によって違い、あとから返金されるのではなく、病院窓口で支払時に自己負担分だけ払えばよくなる場合もあります。
会社の健康保険の場合は、勤務先の総務担当の方にでも聞いてみるとよいです。
まずは「高額療養費」のキーワードでいろいろ調べてみてください。

私も、保険請求は、加入者の都合でしたりしなかったりすること、自由だと思います。

それからお望みの回答からは外れると思いますが、「金銭的に困っています」と書かれてましたので別の参考情報です。
金銭的に頼れるのは、個人加入の医療保険や生命保険だけではありません。
お手持ちの保険証の方についている保障「高額療養費」の制度のことはご存知ですか?(病院でこういうこと教えてくれればいいのに・・・)
1ヶ月7万円ぐらい(だったか・・・所得や年齢によって金額は違います。)以上医療費がかか...続きを読む

Q確定申告で医療費控除を行おうとしております。昨年秋に家人が大病にかかま

確定申告で医療費控除を行おうとしております。昨年秋に家人が大病にかかましたが、幸い手術もうまくいき、予後も順調に回復しており、年末に無事退院を致しました。さて確定申告で医療費控除を申請する際、医療保険からの給付金、さらには健康組合からの高額医療費還付をどうあつかったらよいかお教え頂きたく。両者が、昨年中にあれば、確定申告する際、医療費から差し引くべきであることは理解出来るのですが、それぞれ年があけて今年の一月(医療保険と高額医療費還付の第一陣)、多分二月に高額医療費の還付の本隊があるはずです。
この場合、昨年の医療費から、今年うけた諸給付を(多分三月にも高額医療費還付はあるはず)削除するのか、それとも税金とは昨年だけで完結すべきものであるため昨年の医療費に今年給付を受けたものは関係ないので、削除する必要がない(そのかわり諸給付は今年の雑収入として20万円をこえれば確定申告する)のいずれが正しいのでしょうか。
健康保険組合の高額医療費控除の最終部隊は3月末の予定なので、どちらにしろ確定申告に反映させることはできません。来年どうしたらよいのでしょうか。

確定申告で医療費控除を行おうとしております。昨年秋に家人が大病にかかましたが、幸い手術もうまくいき、予後も順調に回復しており、年末に無事退院を致しました。さて確定申告で医療費控除を申請する際、医療保険からの給付金、さらには健康組合からの高額医療費還付をどうあつかったらよいかお教え頂きたく。両者が、昨年中にあれば、確定申告する際、医療費から差し引くべきであることは理解出来るのですが、それぞれ年があけて今年の一月(医療保険と高額医療費還付の第一陣)、多分二月に高額医療費の還付...続きを読む

Aベストアンサー

>昨年の医療費から、今年うけた諸給付を(多分三月にも高額医療費還付はあるはず)削除するのか…

こちらです。

>最終部隊は3月末の予定なので、どちらにしろ確定申告に反映させることはできません…

補填される金額が申告時までに分からない場合は、皮算用で引き算し、確定した段階で皮算用と違ったら、確定申告の訂正をすることと定められています。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120_qa.htm#q2

>それとも税金とは昨年だけで完結すべきものであるため昨年の医療費に…

そうではありません。
もちろん、大晦日で完結すべきなのは間違いありませんが、補填を受ける権利も大晦日までに確定しているわけで、ただその額が定まらないだけです。
確定申告が 1/1 からではなく 2/16からと定められているのはこのためです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q生命保険の入院給付金について教えてください。

実は旦那が前から膝を痛めていて、ここへ来てかなり辛くなって来たので病院に行ったら、じん帯もしくは半月板の手術をする事になりました。が!うちは生命保険の入院給付金は5日目から五千円しか出ないのに入っていてかなりきびしいです。どうにか手術の前に給付金の多い保険に入ってから手術をして入院って訳にはいきませんでしょうか?ちなみに手術の日にちはまだ決まっていないので、もっと先にも出来ます。が、なるべく早くしたいのが現状です。3週間以上入院するらしいです。どなたか、いい方法を教えてください!

Aベストアンサー

他の方々の回答にもありますように、現在進行中に対しての生命保険加入は出来ません。もし万が一加入できたとしても、あとでこのことがばれたら偽証罪及び詐欺罪に問われます。
靱帯又は半月版の手術は1ヶ月以上の入院が必要となります。
手術後すぐにギブスをされ抜糸するまでに3週間ぐらいかかります。ここまでで手術費用が病院によって多少違いますが25万円前後かかります。抜糸が終わると今度はひざを痛めないための装具を購入しなければなりません。これが約18万円ぐらいです。これは会社の健康保険組合に装具を作ったことを申し出ると健保より
8割の負担金が下りますので領収書は捨てないで保管をしてください。装具装着後、今度は歩くためのリハビリが始まります。これが松葉杖を使って歩けるようになるまでに2~3週間かかりますので2ケ月ぐらいの入院生活は覚悟してください。入院するんであれば必ず大部屋を選択してください。命に別状ありませんので個室に入るよりも大部屋のほうが面白いと思いますよ。
大部屋の場合は、差額ベッド代がございませんので通常の部屋代今は2500円と食事代一部負担金だけですむはずです。入院費代はもちろん病院によって支払い方が違いますのであなたのかかっている病院で支払方法をよく聞いてください。私は、東京にすんでおりますので、靱帯損傷のときは東京慈恵会附属病院に入院しておりましたが、支払いは毎月15日と月末の2回払いでした。病院によっては入院予約金を取るところもございます。頭金として10万円~30万円の間ですが、私が入院していたところは頭金なしでしたので非常に助かりましたし、クレジット払いも出来ますので安心して入院できました。退院後暫くの間はリハビリの訓練が続きますので覚悟をしておいてください。
入院費は、最終的に高額医療費となるため年度末に必ず医療費控除を行ってください。多少ですけれども負担金の一部が戻ります。ちなみに私はこの病院で10年間の間に7回ほど手術をしました。くだらないことを書いてしまいましてごめんなさい。手術は悪化しないうちにされたほうがよろしいかと思います。お金のことは元気になってから考えればよいことです。病院によってはローン支払いも出来る病院がありますので一度あなたが通っている病院で支払方法を確認されることも大事ですよ。

他の方々の回答にもありますように、現在進行中に対しての生命保険加入は出来ません。もし万が一加入できたとしても、あとでこのことがばれたら偽証罪及び詐欺罪に問われます。
靱帯又は半月版の手術は1ヶ月以上の入院が必要となります。
手術後すぐにギブスをされ抜糸するまでに3週間ぐらいかかります。ここまでで手術費用が病院によって多少違いますが25万円前後かかります。抜糸が終わると今度はひざを痛めないための装具を購入しなければなりません。これが約18万円ぐらいです。これは会社の健康保険組合に...続きを読む

Q確定申告と医療費控除の関係について

少し複雑な質問ですがよろしくお願いします。
サラリーマンです。
両親と妻・子供一人を扶養しており、毎年医療費が15万円くらいなっています。
1昨年は、給与以外の収入があったため確定申告を行い、合わせて医療費控除の申請を行いました。
昨年は、給与だけの収入です。
今年、給与以外の雑収入があるため来年確定申告が必要と担当から説明がありました。
このため、今年の医療費控除の申請を行わず、来年の確定申告に合わせて、確定申告は17年、医療費控除の申請は16年分と17年分(約30万円)を一緒に申請できるでしょうか?

Aベストアンサー

確定申告も医療費控除も確年ごとの申告となっています。

従って、16年の医療費控除は16年分の確定申告で、17年分の医療費は1年7分の確定申告で控除を受ける事となります。

又、確定申告は、一度も確定申告をしていない年について、還付のための確定申告をする場合は、5年間まで遡ることが可能です。

従って、来年に、17年と16年分について、それぞれ医療費控除の為に確定申告をすることは可能です。

なお、給与所得者の場合、給与以外の所得が20万円以下の場合は、申告をする必要がありません。
ただし、医療費控除などのために確定申告をする場合は、20万円以下の給与以外の所得も申告をする必要があります。

20万円以下の所得を申告して所得税が増えるのと、医療費控除で所得税が減る金額を比較して、確定申告をするかどうか判断しましょう。

Q5万円のカタログギフトについて

ある先輩が退職されるので、5万円のカタログギフトを贈呈しようと思います。
肉や蟹等の食べ物も選べる5万円のカタログギフトはないでしょうか?
また5万円相当の贈り物で、他によい物はないでしょうか?

Aベストアンサー

商品券が一番うれしいような気がします(もし私がもらうなら)。
旅行券でもOKかな。

Q確定申告時の医療費控除について

こんにちは。

確定申告の医療費控除について教えてください。

確定申告をすると、医療費のなんのお金が戻ってくるのですか?いっぱい病院行くと戻ってくるのですか?

確定申告についてなにもわからないので、教えてください

Aベストアンサー

所得金額から税を計算する時に、「控除」があります。簡単に言えば医療費がかかったら其の分のなん%かをおまけしてくれます。領収書を全て取っておいて確定申告の際に提示すれば良いです。ざっくりですが年間に10万円くらいの医療費が対象になります。

Q自転車の、お手入れ。 40代後半主婦です。 長期療養後の、体力作りの為に、自転車を購入しました。

自転車の、お手入れ。

40代後半主婦です。
長期療養後の、体力作りの為に、自転車を購入しました。
3ヶ月後の今、私鉄の駅で、3駅分往復が、出来るようになりました。
長く乗りたいので、錆びさせないような、お手入れの方法を、質問します。

①自転車はMTB風(中身はママチャリ)で、
¥35000程で購入。
②保管は、物置。
③雨の日は、基本的に乗らない。
④サドルを外す、以外の分解が、能力的に不可。
⑤ク○556と、雑巾。あと、1品(油?)くらいで、手入れしたい。
⑥6段変速。

自慢出来る程の、高級自転車では無いですが、とても気に入っています。
長く、大切に、乗ってあげたいです。

専門的な知識や、工具が無くても出来る、お手入れの方法があれば、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>⑤ク○556と、雑巾。あと、1品(油?)くらいで、手入れしたい。
556はダメ。
チェーン用のオイルで、「ワコーズ CHL チェーンルブ 浸透性チェーン用防錆潤滑剤」の検索ワードで出てくる商品があればじゅうぶんだよ。
毎日乗るなら1カ月に1回くらいチェーンにスプレーして、10分くらい放置して適当な布で拭きとるだけでOK。
車体は固く絞った雑巾で拭いてあげればいいよ。
2週間に1回くらいの割合で空気を適正値まで入れてれば問題なし。

難しいことはしないで良いから、これらを行って大事に乗ってあげればOK。
ちとトラブルっぽかったらすぐに自転車屋さんに持って行けば良いよ。

Q医療費控除・確定申告について

医療費控除・確定申告についてです。
現在、夫が1~7月までアルバイト、8月から派遣社員で就職しました。私は出産のため8月まで働いて退職しました。
出産にかかった費用から出産一時金を差し引いて13万円ほどの医療費を使いました。来年の確定申告時に医療費控除を申請しようと思うのですが、次のことが心配です。
1.夫の1~7月までのアルバイト分は毎月2~3万円くらいですが確定申告の必要はあるのでしょうか?
2.医療費控除申請は夫と私の所得を足したものから計算されるのでしょうか?もし片方だけの所得で申請できるならどちらをしたほうがいいのでしょうか?
3.私は確定申告したほうが良いのでしょうか?
4.どこで確定申告をおこなえばいいのでしょうか?税務署だけですか?

また、昨年度の医療費控除はもうできないのでしょうか?

Aベストアンサー

アルバイトにせよ、正社員にせよ、1月~12月の所得が103万円(所得控除65万円・基礎控除38万円)以上になると確定申告をする必要があります。
医療費控除は、同居家族全員分の医療費を、家族の中で一番所得の多い方で申告すると還元率がよいです。
医療費控除は、納めた(算出した)税額の中から控除されるので、控除される以上の税額が出ないと、まったく意味がありません。
税金は、個々別々ですので、夫婦の所得を合算することはありません。
申告は、確定申告の時期(2月16日~3月15日)ですと、近くの公民館や市役所、公の場所などへ税務署員の方が出張してきてくださいます。
国税庁のHPから、申告書を作成しプリントアウトし、必要なもの(源泉徴収票・領収書など)を添付や同封をして税務署へ郵送すればご自分でご家庭ですませることができます。この場合、納税は郵便局や銀行へ行って、窓口にある納付書に記入して納めればよいのです。医療費の還付などは、後日銀行口座などへ入金されます。
税金は、時効が5年ですからそれまで遡って申告や還付を受けることができます。

Q旅行券の高額買取

こんにちは。カテゴリが違っていたらごめんなさい。
今、手元に10万円分のJTB旅行券(ナイストリップ)があるのですが、現金化しようと思っています。そこで、一番高く買い取ってくれるチケットショップはどこだろう?と考え質問しました。自分で調べた限りでは、大黒屋さんの98%が最高でしたが、これ以上はありますか?10万単位と言うところもポイントなのですが。どなたか教えて下さい。お知恵拝借願えたら幸いです。

Aベストアンサー

お住まいの地域を書いておくほうが情報が集まりやすいと思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報