ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

bill と invoice の違いがどうもわかりませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

もっと簡単に考えていいと思います。



bill 支払いが確約された請求書
invoice 支払いが証券化できる請求書
だと思います。

invoiceについて、#4さんが説明されているのが、その点で、invoiceは必ずしも、すぐに請求に結びつかないものの価格(#4さんのいう価額)を書いたものです。
ちょっと難しくなりますが、商法でいう相殺とか手形と同じような働きをする(できる)ものの価値をどこかの通貨で表したもの(もちろん為替の問題もあります)が、invoiceとされるものです。

billは、基本的に期日までに決済(支払い)をしなければならないものです。
まあ原則的にですので、必ずしもこの通りではないのでしょうが、ニュアンスは合っていると思います。
    • good
    • 4

ちょっと補足しますと、私もロングマンを確認しましたが、そこにあるのを意訳するから(つまり○○書とするせいで)、日本語で誤解するのだと感じたので、#3のような書き方をしました。



billは
>a written list showing how much you have to pay  :書かれた(書面化した)支払うリスト

invoiceは
>a list of (中略), showing how much you owe for them :あなたがいくら負っている(バランス上)かのリスト

ここには書面としてのリスト(請求書・支払い紙など、○○書)の意味が日本語ほどありません。

またoweなので、必ずしも表示金額=支払額とはかぎっていません。
日常の請求書では 表示金額=支払額で、そのまま支払う場合は請求書と訳してもよいと思いますが(その場合はinvoiceを請求書と訳せます)、通関などでは表示金額=通関上(法律上・課税上など)負う価額、であり実際に支払う額は関税法など法律によって再計算されます。

手形や為替など取引の相殺で考えても、相方(あいかた)にあなたがいくら負っているかであり、書面そのものにフォーカスがあたっていません。
ただ辞書等では、業界の実務などまで説明するスペースもないでしょうし、一般向けに日常で目にする書面で説明するため「書」をつけているものが多い。これがinvoiceがいろいろな訳され方をされる原因になっていると感じます。
    • good
    • 7

No.3さんが言うように、Billには紙幣等、他の意味もありますが、請求書に限定したときは以下のような違いがあります。

(Longman英英辞書より)

Bill = a written list showing how much you have to pay for services you have received, work that has been done etc
Invoice = a list of goods that have been supplied or work that has been done, showing how much you owe for them

Billは、サービス(レストランの食べ物含む)や労働に対して支払いを求める請求書。
Invoiceは品物の請求書。
    • good
    • 4

billは、請求書、手形、紙幣(英国ではnote)などいろんな意味がありますが、ここではinvoiceと対比させての質問なので、請求書と考えてけっこうです。


請求書に明細の機能もついたもの、たとえば毎月のインターネットや電話の請求書も、billです。そこに記載の金額が具体的に動きます(受け取った相手から送り主などに支払われます)。

これに対しinvoiceは、価額(カカクではなくカガク)がついた、送り状、添え状、内容リストを指します。
invoiceも請求書と言い切ってしまう人がいますが、これはいろんな取引の実情をしらない乱暴な断定です。

これは国内に限らず、通関(国境などを越えてのやりとり)が必要な物品のやりとり(貿易や物品の海外送付)にも添えられますが、その荷物の内容を価額(カガク)とともinvoiceに記載します。

なぜ価格ではなく価額(カガク)と書いているかというと、商品の価格(定価や販売価格)ではなく、その内容物の価値(value)を記載するからです。
たとえば、天然資源からとれたばかりの原材料で、具体的な定価がないものでも価値はありますし、個人でも、たとえば海外に転勤する人などの荷物にもインボイスをつけますが、買って何年もたつ家財や衣服、製品にはもう買った当時の価値はありません。
しかし持って出るということは、まだなんらかの償却できる価値があると考えられるため、机US$10、シャツ10yen でもいいので価額(カガク) を記載します(ただし雑貨はしなくても問題ないケースが多いですが、価値0では通関しない国があるというのをネットで見たことがあります)。
そのリストと価額をみて、各国の通関は、課税の必要があるのかどうかも判断します。

また中国や東南アジアにおいては、CDやソフトVHSを送る場合、海賊版への盗用や流通の問題から、新品中古に限らずインボイスに映像やソフトの内容表記もインボイスに求められています。X線でメディアが入っているのがわかるのに、内容記載がない場合は開封してディスク内の映像を確認されることもあります。

つまりinvoiceとは、「内容情報+価値」のリストをさします。
日本語訳では物品に添えて送るため、送付状、送り状、 仕入れ書などの訳がついているわけです。価値判断はされますが、かならずしも表記の金額の受け渡しが請求書のように発生するわけではありません。

またbillは作成者がたいてい請求者です(処理業者が代行しても発行名は請求者のまま)。
invoiceも通関代理行者(フォワーダー)などが作成も可能ですが、通関そのものが法的な処理であるため、通関代理業者は輸出者の名前のうしろにに隠れることはできず、通関業者も輸出社と並列で、責任をもって記名捺印を求められます。
invoiceとしてのメインな部分は、まさに、「内容情報+価値」のリストの部分なのです。
    • good
    • 4

詳しい方の答えあるかと思いましたがないですね。



どちらも請求書です。ホテルなどではstatementも使います。

Invoiceは貿易ではたいていこの言葉です。送り状などとすることもあるが、注文があって送るときの中身の確認書(売金額)みたいなもの。
国際郵便などではShipping Invoiceは中身、価格、数量(自分の衣類など値付けない価格は書かないけど)Shippingは船という意味じゃなく航空便船便自動車便含む出荷のこと。

Bill請求書、 Invoice外国貿易などの請求書(税関は「仕入れ書」と訳す)、 Statement請求書、支払い依頼書
    • good
    • 1

 はじめまして。

合衆国に 11 年暮らし、両方とも頻繁に使った経験から申しますが、どちらも「明細書、請求書」の意味がありますから、混乱しますが、一般に、bill は、個人の、例えば電気代とかガス代、クレジットカードの請求書などに使い、invoice は、商取引や、額や規模の大きな納品書の類に良く使われます。ただ、電気代の明細に invoice と書いてあったりしますので、明確な線引きはできないとは思いますが…!しかし、大きな商取引の明細書に bill と書いてあることは絶対ありません。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

QPlease be advised

たまに仕事で使う英文で「Please be advised that ...」という表現を目にします。これは「...を報告します。」という意味で良いのでしょうか。
また、どの様なニュアンス(丁寧さとか)の言い回しになるのか教えてください。例えば、I inform that...とはどう違うのでしょうか。

Aベストアンサー

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これは、丁寧さを出したいと言うフィーリングを出した表現とは言えなく畏まった、硬いビジネス文書によく使われる表現で、一般的・日常的会話表現をするビジネスメールとは違うんだよ、と言うフィーリングを出しています。

日本語のようにビジネス敬語を「親しい中に礼儀あり」を貫いて使っているのと違いこちらではほとんど日常会話的表現を使う傾向にありますがこの表現をして「まだ、日常的会話表現を使えるような間柄とは私は感じていません」とか「まだ私はこう言う表現をビジネス的表現として心得ています」とか「私は公私分けて表現する人間ですのでよろしく」と言うフィーリングを出しているわけです。

Please be noted, Please be informed, Please be assured, Please be remindedと言うような表現がほかの例としてよく使われます。

I informは単に「私が~と言うことを報告します」「私が~と言うことをお知らせします」という表現となり、ビジネス文書としてはあまり使いません。 I would like you to know thatとかIt is my pleasure to inform you that,とかI would like to take this opportunity to inform youと言う表現であれば「丁寧さ」を出したビジネス表現と言うことになります。

Should you have any questionsも倒置と言う畏まった表現としての例がありますね。 普通であれば、If you have any questions, と言う表現で済ましてしまいます。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これは、丁寧さを出したいと言うフィーリングを出した表現とは言えなく畏まった、硬いビジネス文書によく使われる表現で、一般的・日常的会話表現をするビジネスメールとは違うんだよ、と言うフィーリングを出しています。

日本語のようにビジネス敬語を「親しい中に礼儀あり」を貫いて使っているのと違いこちらではほとんど日常会話的表現を使う傾向にありますがこの表現をして「まだ、日常的会話表現を使えるような間柄とは私は感じて...続きを読む

Qnoted with thanks.の意味を教えてください

英語のメールで noted with thanks.という表現が良くあるのですが
日本語ではどのような意味でしょうか。

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

特段深い意味はありませんです。

直訳では「感謝と共に了解!」ですが、毎回々、打ち慣れてくると、単なる「了解、感謝」→「了解!」→「分かった!」→「分かったぞ!」→「分かった、おまえの云うことは分かった!」→「もういい、分かったヨ」→「あっ、そう、!」(爆)

誠実に感謝の気持ちをお届けしたい場合は、

「appreciate it, many thanks!」 位を使うと「あっ、この人本当に感謝してるんだな」と思って貰えます。(爆)

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q"ask for" と "ask to"の違い

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、"ask for" と "ask to"の意味的な違いがよくわかりません。

例えば、以下のような例文があった場合、
 ・I want to ask you to do that.
 ・I want to ask you for doing that.
どちらも同じ意味として考えてよいのでしょうか?
また、そもそも"ask for"の場合は動名詞が続くことはなかったりしますか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

for ~は「~を求めて」で後には求める「もの」か
help, permission のような動作を表す名詞が来て,
動名詞はあまり見かけません。

ask for ~で熟語にもなっていますが,
ask O for ~もよく用いられます。

以前,入試の整序問題で
ask her for help
ask for her help
どちらも可能なものがありましたが,
正解はどちらのつもりだったのでしょう。
(site:us では前者が優勢)

be surprised to 原形
be surprised at ~ing
なんかも悩みますが,
こういう場合は不定詞にするのが基本でいいと思います。

QI hope this email finds you well. とは?

友人からのメールで冒頭に I hope this email finds you well. とありました。日本語に置き換えるのであれば
どう訳せばいいのでしょう?findを何と訳せばいいのか分りません。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

これは通信文でよく使われる表現です。昔はemailの変わりにletterでしたが・・・

日本語では一般名詞が人称名詞と同様に主語になるケースは犬、猫など限られた動物だけですが、欧米語では、抽象名詞でも自然現象(風、雨など)でも主語になります。

この慣用文は日本語なら「(私はあなたが)お元気のことと思います」というところを欧米人の習慣(発想)から「このメールがあなたが元気であることを見出すことを期待します→お元気のことと思います」と表現しています。

参考;How do you find yourself this morning?
今朝、あなたはあなた自身をどのように見出しますか→今朝はご気分いかがですか。

Q会社名の後につくInc.とは?

こんにちは。
会社名の後につく、Inc.とは、どういう意味でしょう?会社の法的な位置付けをあらわしていると思うのですが、実際の所どうなんでしょう?1.日本語でどういう意味か、2.英語の原型はどういうかたちか。教えて下さい。


ちなみに、co.,ltd.はcompany limited か、または、cooperation limitedで、株式会社(有限責任)の意味ですよね??


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

inc.は
incorporated の略で
「一体化した,法人組織の」の意味だそうです。
「有限責任の」の意味もあります。

映画「モンスターズ・インク」のインクもこれですね。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q会計用語の「AP or/and AR」とはどういう意味でしょうか。

英文レジメのスキルチェックシートの中に「AP or/and AR」という用語があるのですが、これはどういう意味でしょうか。

ARは辞書で調べると、acknowledgment of receipt 受領通知{じゅりょう つうち}とあったのですが、APは分かりませんでした。

また、ARについては意味は分かったのですが、受領通知の経験ってなんだろうって考えちゃうんですが・・・。

レシートを受領するって事ですから、それをもらって清算する、即ち出納係りの事でしょうか。

教えて下さい。

Aベストアンサー

タイプミスがありましたので、再度書きました。

会計用語の場合、ARときたらAccount Receivableだと思います。またAPはAccount Payableで日本語では前者は販売した商品で今後入金があるという意味です。また後者は受け取った荷物があって期限内に支払いが発生するというととになります。日本語では売掛と買い掛けでしょうか。

Qこれは英語でどういいますか?

先方に出すメールです。

「交渉が予定より長引き、結果がまだ出ておりません。もう少しお待ちください。」の「もう少しお待ちください」の部分はどのように言ったらいいでしょう?「Please wait for a whie」では、ちょっと違うような感じがするのですが・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

惜しいですね. Please wait for a little while longer.と言う言い方をして、もう少しお待ちください、という表現をします.

まって、という表現のほかに、時間を下さい、という言い方で、Please give us a little more time. と言う表現もします.

また、必要です、という言い方を使って同じフィーリングを出す事も出来ます. Unfortunately we need a little more time. 和訳すると、必要です、ですが、中のフィーリングは、ですから、もう少しお待ちください、ということになります.

相手は待っているわけですから、ただ単に辛抱強く待っていてください、といわれただけでは、やはり満足しませんね.

ですから、We will make sure to get back to you as soon as possible.とか、硬い言い方をしたければ、Please be assured we will revert you the soonest.と言う言い方もありますが、何らかの形で、必ず結果を持ってきます、と一言でも言う事で、ビジネスの姿勢と言うものが違って感じ取られます.

これでいかがでしょうか。 分からない点がありましたら、また、補足質問してください。

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

惜しいですね. Please wait for a little while longer.と言う言い方をして、もう少しお待ちください、という表現をします.

まって、という表現のほかに、時間を下さい、という言い方で、Please give us a little more time. と言う表現もします.

また、必要です、という言い方を使って同じフィーリングを出す事も出来ます. Unfortunately we need a little more time. 和訳すると、必要です、ですが、中のフィーリングは、ですから、もう少しお待ちください、と...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング