プロが教えるわが家の防犯対策術!

ネツト検索しましたがヒットしませんでした。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

直接の回答とならなくてもよろしければ。


地元の料理に「いり菜」というものがあります。
まず、からし菜を洗い6~8ミリ位に刻みます。
塩をまぶし、一晩漬けます。
次の日、鍋に酒粕と水を入れ、酒粕を溶かします。
(普通の粕汁より濃度がある感じで)
粕汁が沸騰したら、からし菜の一夜漬けを水洗いし、匂いと塩分を抜きます。
硬く絞り水分を抜き、先ほどの粕汁の中に入れ、ひと煮立ちさせます。
塩分調整は、からし菜の漬物で計ります。
旨み調味料を少量加えてもよいと思います。
からし菜の「ツーン」とした優しい辛さと、酒粕のまろやかさで、
ご飯2杯はお代わり出来ます。
これの「お茶(お湯)漬け」は、もっと最高!好物です。
酒粕がお嫌いでなければいかがでしょうか。
ご存知でしたら、お許し下さい。
家の母が(おばあちゃんですが)得意なもので。
ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

変わった食べ方ですね。からし菜をたくさんもらったので、そういった食べ方もしてみたいと思います。有難うございました。

お礼日時:2007/01/31 18:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qからし菜(?)が苦いんです・・・

からし菜を塩で揉んで浅漬けにしようと思ったんですが、辛くなりません。苦くなってしまうのです。

以前、知人からいただいたのはピリっとしたワサビのような辛みがあってとってもおいしかったので、自分も挑戦しようと思ったのですが、どうしても「ピリッ」が出ません。

「ピリッ」とさせるにはどうしたらいいんでしょうか?

Aベストアンサー

からし菜はワサビと同じアブラナ科の野菜です。辛味の成分は揮発性のアリル芥子油(がいしゆ)だそうで、 細胞が壊れるとミロシナーゼという酵素の働きで分解されてアリル芥子油になります。
と言う事で、よくもむか、さっと熱湯にくぐらせるなどの方法で細胞を壊してやる必要があるのです。

これら苦味は砂糖であく抜きできます。ですからゆでる時、漬ける時に砂糖を使うレシピがよくあります。

私は多めに砂糖を加えた熱湯にさっとくぐらせて水に取ってから漬けます。
時間がたつとツーンとして来ます。
辛味成分が抜けないように密閉してください。

http://members.jcom.home.ne.jp/basho-sys/karasina.htm
は簡単レシピなので参考になるかと思います。


人気Q&Aランキング