私の会社では取引先によって、請求書などを発行する際に内税表示のところと外税表示にて発行するところがあります。
営業担当が税込価格で価格を決定した場合、税抜価格の合計に消費税5%をかけると、もとの税込価格の合計と異なってしまうためです。
また端数処理については、四捨五入・切上げ・切捨てなど、お客さんからの要望があれば、その指示に従っています。
このように顧客によって分けることは、税務上問題ではないのでしょうか?

A 回答 (4件)

私は以前小売業に勤務していました。


小売業と卸売業の関係で言えば、平成16年4月の「総額表示」施行以前は、ほとんどの小売業が外税で運用していましたが、それ以降は会社によってまちまちになりました。
例えば、一般企業の「納品書」に相当するチェーンストア統一伝票の「仕入伝票」を卸売業が小売業に対して発行しますが、大手のIは原価・売価とも税込、同じく大手のJは原価は税別・売価は税込、また別の会社は原価・売価とも税別という具合です。
卸売業はそれらすべての要求に対応しなければなりません。
端数処理も、決め事がないので、小売業の決めたやり方に従うという事です。

また、他の回答者さんが書いている事に訂正があります。
他の業種はわかりませんが、小売業の消費税の納税額は、総売上X消費税でなく、端数処理後の合計額で認められています。
買い物をしたときのレシートに消費税が印字されていると思います。この金額の合計です。
細かい商品を扱っている業種では、バカにならない金額です。
私が勤務していた会社で試算したら、端数処理が認められた場合と、そうで無い場合で、数百万円の差額が出ました(売上50~100億円)
ちなみに、レシートに消費税を印字していない場合は、端数処理後の納税は認められません。大手のIのレシートには消費税が印字されていません。

以下は国税庁の通達です。

「税込価格」を基礎とした代金決済を行う際に発行される領収書等において、その領収金額に含まれる消費税相当額(その領収金額に5/105を乗じて算出した金額)の1円未満の端数を処理した後の金額を明示している場合に限り、その明示された端数処理後の消費税相当額を基に消費税額の計算を行うことができる特例が当分の間の措置として設けられます
    • good
    • 0

税務上、言い換えれば税法上の問題にはならないでしょう。



消費税法は納税者(質問でいえばあなたの会社)に、
個別の売り上げの消費税分を計算して、
それを加算して…なんていう細かい計算を求めていません。
仕入額と売上額全体で一気に計算した額を納めればOKです。

また、消費税を納めるのはあくまで事業者です。
よく、物を売るときも「消費税を加えまして」とか「消費税いくらになります」とか言いますが、
これは法的には消費税でもなんでもなく「単なる価格への上乗せ」でして(消費税法によって許されている)、
法的には消費者が消費税を納めているわけじゃないです(負担しているだけで)。

…それ=納税者と税負担者が異なる税金=こそが、「間接税」の定義名わけでして…
    • good
    • 0

>顧客によって分けることは、税務上問題ではないのでしょうか…



消費税の決算書、申告書を間違えずに書く限り、問題ありません。
まあ、間違いの元になることは否定できないので、統一すべきとは思いますが。

>四捨五入・切上げ・切捨てなど、お客さんからの要望があれば…

消費税の国への納付額は、お客さんからもらった消費税額の累計ではありません。
一決算期の課税仕入額合計と課税売上額合計との差の 5%を計算するだけですから、お客さんからどのようなもらい方をしようと、税務署に対しては何ら問題ありません。
しかし、お客さんから切り上げを要望されなんてことあるのでしょうか。

>税込価格で価格を決定した場合、税抜価格の合計に消費税5%をかけると、もとの税込価格の合計と異なって…

なぜ異なるのでしょうか。
もしかして、税込み価格の 5%を消費税としたりしていませんか。
税込み価格から消費税を逆算する場合は、5/105 = 0.047619 ですよ。
    • good
    • 0

なんら問題はありません。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチェーンストア伝票の書き方を教えてください。

自営業で食品を販売しております。この度小売店へ商品を卸すことになり、先方より「納品書はチェーンストア伝票で」と指定されました。早速ネットショップでチェーンストア統一伝票(手書用)を購入したのですが、5枚綴りの用紙がそれぞれどのような役割をするのか、また取引先にはどの用紙を「納品書」として商品に添付すればよいのかがわかりません。どなたか実際にお使いの方がいらっしゃいましたらお教えくださいませ。
・仕入伝票(1)
・仕入伝票(2)
・仕入伝票(3)
・物品受領書
・納品書(控)

また用紙の空欄A~Eにはそれぞれ何を記入すればよいのでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

先方で統一伝票の指定があるなら、書き方を聞いてもよろしいかと思いますが、
仕入伝票(1)~(3)は先方に渡しましょう。
経理や現場などに回して使用されると思います。
質問者の方は下2枚を控えとしてサインを貰い、物品受領書は請求時に一緒に付ける形になるかと思います。(相手によっては要らないと言う所もあります)
後日、納品の有無・数などの確認の為に(控)は自社で保管しておいてください。

空欄A~Eには何も言われてないなら空欄でかまいません。

不安なところは相手先に聞かれてください。

Q請求書における「内税」「外税」の明記

こんにちわ。
一般事務の仕事で経理処理の仕事をしているものです。毎月お取引先から頂いた領収証を伝票処理して、本社へ送付してお取引先に入金・・・というような流れで処理しています。
このお取引先からの請求書にはエクセルで作成された「明細書」が別途添付されます。請求書本伝票と明細書がセットで受け取るような形なのですが、今回は先方様の事情で「明細書」を請求書として扱うことになり、担当の方が明細書を請求書として作成され、本日請求書を頂きました。
いつもこの明細書は税抜き金額が書かれております。先方様も請求書発行の際に慌てたのか、頂いた請求書には消費税がかかっておらず、税抜きで請求されてたんですね。多分明細書をそのまま「請求書」として作成されたので、確認しなかったのだろうと思いますが・・・。その際、こちらとしては消費税分請求されていないので安く済むということでありがたいのですが、気になったので「内税か外税なのか」たずねましたら、やはり「消費税分計算して出しなおす」ことになりました。
正直、このいただいた請求書は高額なもので、本社締め日が迫っている為、このまま内税として処理したいと思ったりしたのですが、もし仮にこのまま内税として処理するにしても、請求書には「内、消費税○○円」と明記されていないといけないのでしょうか?それとも明記されてなくてもいいのでしょうか?

このようなミスは初めてなので、知識がありません。

どなたか教えてください!

こんにちわ。
一般事務の仕事で経理処理の仕事をしているものです。毎月お取引先から頂いた領収証を伝票処理して、本社へ送付してお取引先に入金・・・というような流れで処理しています。
このお取引先からの請求書にはエクセルで作成された「明細書」が別途添付されます。請求書本伝票と明細書がセットで受け取るような形なのですが、今回は先方様の事情で「明細書」を請求書として扱うことになり、担当の方が明細書を請求書として作成され、本日請求書を頂きました。
いつもこの明細書は税抜き金額が書かれ...続きを読む

Aベストアンサー

>請求書には「内、消費税○○円」と明記されていないといけないの…

ご質問の主旨はここですか。
商慣習として、事業者間取引においては、消費税を別途記載しなければならないなどという決め事はありません。
請求書に書かれた総額だけを支払えばよいのであって、税額が記載されていなければそれは内税と考えます。
うち○○円と書かれていなくても、それが課税取引であるなら、105分の 5が消費税なのです。

合計請求書を添付せず納品書だけで請求してしまったのが先方の事情によるものなら、あなたの会社に余分な支払いをする理由はないでしょう。

とはいえ、今後ともその会社と円満に取引を進めていきたいなら、先方の非は非として認め、早急に請求書を出し直してもらうような配慮はあってしかるべしでしょう。

Q消費税内税はどのようにして計算しますか

税込み5000円の商品の場合内税は238円でOKですか?
どのようにして計算しているのでしょうか。
教えて下さい。

Aベストアンサー

>税込み5000円の商品の場合内税は238円でOKですか?
OKです。

>どのようにして計算しているのでしょうか。
5000÷1.05=4762(5000円の税抜き価格)
5000-4762=238(内税額)

ちなみに私は税計算の出来る電卓を使用しています。

Q外税表示のレシートを帳簿への記入の仕方。

こんにちは。
 会社の税理士さんが入院しているので、聞くことが出来ずこちらで質問させていただきます。
 とりあえず、退院までにレシートと領収書を家計簿みたいな感じでいいからまとめてくれと言われたのですが、レシートの外税表記のつけ方がわからないので質問させていただきます。
 内訳を記入して、金額を記入してというものなのですが、消費税はどうしたらいいのかが解りません。
 大体の商店のレシートは内税表記なので、そのまま記入すればいいような気がするのですが、購入している店の中には外税表記のレシートがあって、一つ一つに消費税を加算していくと合計金額が合わなかったりします。
 その場合は、税抜き価格を記入して最後に消費税として記入しておけばいいのでしょうか?
 一応、経費明細帳みたいなものに記入しようと思っています。もしくは現金出納帳の方がいいでしょうか?
 全く解らないので宜しくお願い致します。
 

Aベストアンサー

記帳方法において支払先が1つで支払目的(勘定科目)が1つの場合まとめて記載することができますが、消費税の課税非課税に関しては別に記載することになっています。もし、課税商品ばかりを購入してその中身が全部1つの科目に含まれるのならば、代表的な商品の名前を記載して後は「他」としておけばいいのです。もちろん税込額に計算しなおして記載してかまいません。いろいろ購入した商品が複数の科目に分けられる場合は税抜価格に5パーセントかけた数字を記載して端数の合わない分はどこか適当に入れてしまってもかまいません。消費税の納付額を計算するときには各支払額を税込にいったん直してから全部合計してその中の消費税額を逆算する方法をとっていますので、最終的に一緒になります。税理士先生の処理の仕方にもよりますが、税抜のものと税込のものが交じり合っているより税込一本のほうが、経理処理が簡単になります。万一あなたが課税事業者でない場合は消費税を別経理することはありませんので、その場合には外税でもすべて内税に直して経理する必要があります。
 なお、経費明細帳は補助簿になりますので、いままでつけていらしたのならつけなければなりませんが、なかったのならつけなくてもいいと思います。つけたらつけたで経費の消費内容が理解しやすいので余裕があったらつけてみてください。とりあえず、税理士先生が家計簿みたいなものでも、おっしゃってますので、現金出納帳がしっかり記載できるのならまずそれを行うべきです。記載内容は取引日、支払場所および目的、金額、残高となります。定期的に実際の残高と照合し、差異がある場合は原因を突き止めるようにすれば税理士先生の喜ぶ帳面ができると思います。がんばってください。毎日記帳すればそれほどの負担になりませんので、後でまとめて記帳するようなことはしないでください。

記帳方法において支払先が1つで支払目的(勘定科目)が1つの場合まとめて記載することができますが、消費税の課税非課税に関しては別に記載することになっています。もし、課税商品ばかりを購入してその中身が全部1つの科目に含まれるのならば、代表的な商品の名前を記載して後は「他」としておけばいいのです。もちろん税込額に計算しなおして記載してかまいません。いろいろ購入した商品が複数の科目に分けられる場合は税抜価格に5パーセントかけた数字を記載して端数の合わない分はどこか適当に入れてしまっ...続きを読む

Qチェーンストア統一伝票について

お客様から今後チェーンストア統一伝票の使用を指示されました。
今回取り扱いが初めてでいろいろ質問したいのですが担当者の方がいつも不在でなかなかお話しすることができずに困っています。
こちらは雑誌を発行している会社で各店舗様へは委託販売をお願いしています。
毎月発行したモノを納品に行き、その際納品書を発行し、翌月在庫回収の際余った在庫の返品伝票を発行し、現金集金にて領収書を発行していました。
今後は販売された冊数を統一伝票へ記入し、同時に返品伝票を各店舗様から発行してもらうとのことです。
そうすると。。。
(1)納品時には何の伝票も発行しないということになるのでしょうか。
(2)また、原単価は税抜き・税込みなど決まりはあるのでしょうか。
(3)売単価もそれに伴って変動するのでしょうか。
(4)書き損じの際、訂正印は使用して良いのでしょうか。
(5)年月日はこの伝票を記入した日付を書けば良いのでしょうか。
以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1
統一伝票が売上伝票であり、お客様の仕入伝票です。

2
原単価は取り決め通りに記入します。
税込みなのに、税抜きを記入してはいけません。

3
売単価はお客様が決めることです。

4
訂正印は構いません。

5
記入した日付ではなく、納品する日付です。

宜しくお願いします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報