マーベルの伝説はこの男から…。アイアンマンを紐解く! >>

マツモトキヨシでコエンザイムQ10とαーリポ酸のサプリメントを購入しようとしたら、
アスチキサンチンの入った和サプリを薦められました。

和サプリはマツキヨのプライベートサプリだと後で知ったので、
和サプリを薦められた理由はなんとなく納得しました。
ただ、薦められたときの説明で、
コエンザイム(1日60mg)よりアスタキサンチン(1日500μg)の方が効果が高いと言われたのですが、
それほどアスタキサンチンの効果は高いのでしょうか?

アスタキサンチンとコエンザイムの効能の違いも分かっていないのですが、
抗酸化作用としての働きに違いはあるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アスタキサンチン(カロテノイドの一種・エビやカニの赤色です)やコエンザイム(ユビキノン・ビタミンと同じく細胞内でエネルギー代謝に関わっています)は全く違うものです。

また、抗酸化作用については、試験管やシャーレでの研究(細胞にアスタキサンチンやコエンザイムをふりかける)でそう主張している報告があるだけで、経口摂取でそういった効果があるという報告はまだないと言えます。
 ですから、あまりどちらかを選ぶ意味はないと思います。ちなみに、うっ血性心不全の治療にコエンザイムが処方される例があるそうですがあくまでお薬で、抗酸化とは関係がありません。お薬に含まれるコエンザイムの量(30mg)以上はとらない方がよいと厚労省は通知しているようです。安全性はそれほど低くないようですが。
 気休めには良いかもしれませんが、とりすぎは毒にもなりかねないので、無理してまでとりすぎないように気をつけてくださいね。

参考URL:http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail40lite.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
抗酸化作用に関しての効果について比較できるものではない、ということが分かりました。
サプリに頼りすぎることのないよう気をつけたいと思います。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2007/05/26 10:50

コエンザイムも日清の水溶性などとこだわっていないのならDHCの直販サイトで今割引販売していますよ。



製品に加工するところの技術で効果が変わってくるので同じ品目でも値段が変わるのが欠点だと思います。

アメリカなどで日本から材料買って売っているのとかはDHCくらいの金額なので割高品はどうしてもぼられている感じがいやです。

DHCは油に溶かしているので吸収が悪いのが欠点ですが安いもので多めにと考えています。

サプリの中でアスタキサンチンが高性能だって言う話しは私は聞いたことはありません。

薬局やドラッグストアの経営者は安く仕入れられるもので高く売れるものが好きですよね。テレビなどで紹介されておいてあるだけで売れるものは特に好きみたいですよ。
製品の良さで店に置くか決めているところて無いんじゃないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
同じ名前のサプリメントでも、会社によって量も値段もまちまちで、
選択するのにいつも悩みます。
店もプライベートブランドを優先して売るのは利益を考えたら
当たり前のことかもしれません。
アスタキサンチンの方が上という説明をきいて?と思ったのですが、
セールストークだと分かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/26 10:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • うっ血性心不全<お年寄りの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    高齢者での特殊事情  心不全とは、さまざまな原因により心臓のポンプ機能が損なわれた状態を指します。心臓は全身に必要とする血液を送り出すポンプですが、このポンプのはたらきが低下して肺や末梢の組織にむくみが生じて、息苦しく感じるのがうっ血性心不全です。  うっ血性心不全の主な症状は、呼吸困難です。肺の病気でも呼吸困難の訴えは多いのですが、心不全では肺のむくみ(肺水腫(はいすいしゅ))に基づくため、就寝...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング