痔になりやすい生活習慣とは?

建築士独学中です。

「地盤の先行圧密応力以上に荷重が加えられる場合、洪積層とみなされる粘性土層では、負の摩擦力を考慮する」
とありました。
洪積層に引っかかったのですが、
洪積層でなく土丹層の粘性土層でもネガティブフリクションを考慮すべきですか?
単なる問題の撹乱でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ネガティブフリクションは、軟らかい地盤に支持杭を打設することにより、杭周辺が地盤沈下するときに、杭に対し下向きに作用する摩擦力のことです。

土丹層のような硬い層だと、杭周面の地盤沈下など起こりようがありません。よって、土丹層ではネガティブは考慮しません。

あと、洪積層はおおむね圧密などが完了している場合が多く、ネガティブは考慮しない事が多いと思います。もっぱら、沖積層で未圧密の軟弱層で考慮するものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
土丹層はほぼ無条件で考慮せず、洪積層の場合は条件付で考慮が必要って感じなんですね。分かりやすかったです。

お礼日時:2007/05/27 08:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地質調査による支持地層の判定について教えて下さい

地質調査による支持地層の判定について教えて下さい
標準貫入試験で地質調査を行うのですが、
良い地盤が 出たとして厚みがどれ位あれば良い地層として判断できるのか
文献や資料があれば教えて下さい。
N値が20あれば大丈夫と設計事務所に言われたのですが、
発注者にN値20の地層が50cmで、その下に軟弱地盤があっても
大丈夫なんですか?
その根拠は何ですか?
と言われて根拠となる基準(指針)みたいな物を探しています。

Aベストアンサー

支持層の厚さは、基礎幅の2倍以上の厚さがあればよいと考えられていますが、それだけない場合は「下層突き抜け」を検討して問題ないなら支持層として使えることになります。(ほかにも下層の液状化も考慮の必要がありますが)

たとえば、建築学会の建築基礎構造設計指針 5.2節 鉛直支持力 3.その他の留意事項 の解説を読んでください。


人気Q&Aランキング