今、放射線について勉強しています。アルミニウム当量について教えてください。持っている本にはのっていないので・・・。
 また、保健学や放射線関係の大学院の事、よいサイトなどを知っていたらぜひ教えてください。

A 回答 (1件)

X線の話で良いのですかね?


aluminum equivalent ってのはX線フィルターの効果をいーかげんに表すのに使う概念で、アルミ何ミリに相当する濾過効果、って意味です。例えば10mmAl eq という調子ですね。
 この数値は本来実測して決める物です。手に入るアルミってのはみんな合金ですから、99%以上アルミを含むもの(JIS H 4000のNo.1100)を使います。X線源から1000mmの所に電離箱式の照射線量計を置いて、さらにその後ろ1mに散乱体(壁とかヒトとか)が無いようにします。で、X線源から500mmの所に調べたいフィルターを置いて線量Aを計測します。それから、フィルターの代わりにいろんな厚みのアルミ板を置く。それで線量を計測します。で、アルミ板の厚み(mm)と線量をプロットしたグラフを作ります。このグラフの上で、Aを探せば、アルミ当量が出るわけですね。
 もちろん、フィルターを透過したX線と、アルミ板を透過したX線はエネルギースペクトルが違います。従って、X線管の電圧を変えればアルミ当量も変化します。だから、いーかげんですね。

 大学院、いっぱいあると思いますが、専門学会誌でまともな発表をしている所を選ぶ、というのはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。これからも何か質問があったら。よろしくお願いします!

お礼日時:2001/01/21 18:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルミ材 熱伝導率について

A1200Pの熱伝導率(kcal/(m・h・℃))が知りたいのですが、
WEBでは見つかりませんでした。ご存知の方ご教授願います。

Aベストアンサー

A1200Pは、純度99%以上のアルミなので、純アルミの

熱伝導率 : 0.566cal/(cm・s・deg) {237W/(m・K)}

より若干(数%程度)低いと考えてよいでしょう。

ちなみにA1200Pは、強度は比較的低いが、成形性、溶接性及び耐食性がよく、一般器物、建築用材、電気器具、各種容器、印刷板などによく使用されます。

Q人工放射線核種、自然放射線で意見がわかれるのはなぜ? 

どっちが本当かがわからないんですが、自然放射線において微量でも害であるか否かと、高自然放射線地域の害の賛否もあり、人工と自然放射性核種でも、よく意見が割れています。

検索結果で、人工放射性の物は体内蓄積、害あると言う下記と、
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1795/datugenpatu/991223genpatuQA.htm
http://sky.geocities.jp/nuclear_faith/kaku-14.html
http://www2.gol.com/users/amsmith/koen.html
原発付近のものは摂るなという下記博士や、
http://www.e22.com/atom/page08.htm
自然放射線は微量でも害だという下記が、害があるという方々で、
http://ng-nd.hp.infoseek.co.jp/matuo/matuo17.html
それとは反対なのが、下記(一つである理由は、検索を続けても原発のHPばかりでほとんどこれと同文で、害があるという方々みたいにたくさんありません。)です。
http://www.jnfl.co.jp/monitoring/memo/memo11.html

原発反対側な方が言うにはヨウ素やストロンチウムなど、人体は自然にある放射性がなく体に必要なそれらを選ばないで蓄積するというものがほとんどで、原発賛成側な方は自然と人工のものは違わないという方が多く、自然にも放射線がある、自然放射性物質でも大量に摂ると危険、などと続ける方が大部分です。
また原発賛成側な方は、炭素14やカリウム40、トリチウムなどは自然にもあり体内に蓄積するものではなく迅速に体外へ排泄するものだとあるのですが、人工放射性であるヨウ素やストロンチウムになると、自然放射線の何十万分の一であるとなって、蓄積の是非ではなく数値の問題にかわり、無害ですという言い方になっているため、逆に無害でも蓄積はあるのか、と疑っても見れます。

自然レベルの放射性物質では人体に蓄積はないのであれば、一番低い神奈川県産の物でも西日本の花崗岩地域、岐阜県などの高レベル地域産の物やラドン温泉卵や温泉水などを摂っても排泄できるレベルで変わりないのか。それなら不安はないが、出来るだけ低い地域産の物を選ぶ必要があるのか。
自然放射性核種、人工放射性核種において、高自然放射線地域産の物や原発地域産の農・畜・海産物を食べ続けてもその程度は微量で、人体に蓄積などないのか、誰が言っている事が本当なのか、わかりません。

半減期が何千万年も先の核種が蓄積するなら、寿命で死ぬまで人体内にあるのかと言う恐怖がありますね。半減期が長くても体外に出せるものであれば不安はありませんが。

高自然放射線地域産や事故がない平常時の原発地域や青森県六ヶ所村再処理工場地域産のものも別に食べ続けても(無害な事は売っているのだからそうだと思いますが)人体蓄積なんかない、と考えていいのですか?

どっちが本当かがわからないんですが、自然放射線において微量でも害であるか否かと、高自然放射線地域の害の賛否もあり、人工と自然放射性核種でも、よく意見が割れています。

検索結果で、人工放射性の物は体内蓄積、害あると言う下記と、
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1795/datugenpatu/991223genpatuQA.htm
http://sky.geocities.jp/nuclear_faith/kaku-14.html
http://www2.gol.com/users/amsmith/koen.html
原発付近のものは摂るなという下記博士や、
http://www.e22.com/atom/page08.htm...続きを読む

Aベストアンサー

「論理的」に考えると放射線と放射性物質、さらにX線発生装置などの「非放射性元素性放射線」に分けて考える必要があります。
問題は#1のお答えや前の御質問へのお答えの様に「程度問題の考え方」に集約されます。
いずれにせよ「増やさないで欲しい」というのが「基本」で、天然の放射線(宇宙線を含む)の量に比べて少ないから「安全」という議論には意味がありません。「安全」なのではなく「仕方がない」「防ぎようがない」と表現するのが正しいと思います。
X線を用いた「検査」でも検出器の感度を向上させる努力の結果かなり「線量」は軽減されてきました。

Q熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率の大きな物質(例えば銅、アルミニウム、鉄、・・・など)は電気伝導率も大きく、
熱伝導率の小さな物質(例えばアスベスト、ガラス、発泡スチロール・・・など)は電気伝導率も小さい。
これは常に成り立つのでしょうか。
またこの熱伝導率と電気伝導率の関係性は物理的に解明されているのでしょうか。
 

Aベストアンサー

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている)、相当量米国から輸入されているはずです(米国の一企業の独占)。次にAlNとかSiCが絶縁材料で熱伝導率が高いため注目されていますが、AlNは熱膨張係数が若干小さいこと、SiCはご存じ半導体でBeOを添加して絶縁性を得ていましたが(開発当時は、日本の世界的発明ともてはやされました)、それでもAlN以上に電気特性が良くないこと、それとやはりBeOが問題となり今はあまり使用されていないはず。最初の方がお答えになったダイヤモンドは熱伝導、絶縁性ともに極めて良好ですが、熱膨張係数があまりに小さすぎ、半導体とのミスマッチがひどく、大型チップへの対応ができないため、その用途は極めて限られてているはずです。

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている...続きを読む

Q放射性物質から放射線を出さなくする方法は無いですか

今原発事故で騒がれている放射性物質について疑問に思ったのですが、
一度放射線を出すようになってしまった放射性物質を、半減期を待たずに放射線を出さないようにする方法は無いのでしょうか。

汚染水処理装置や除染も放射性物質を移動させているだけで、放射性物質の総量は変わってないですよね?

あんまり詳しい原理はわかってないのですが、今騒がれているセシウムやヨウ素などの放射性物質も元々は放射性物質ではなくて(というか別の元素?)、原子炉の中で化学反応を起こして放射性物質になった・・と解釈しています。(合ってますでしょうか・?)

もともと放射性物質でなかったものが放射性物質になるなら、化学反応を起こすことによりその逆もできないのかなと思いました。

そういうことは重力があっても反重力が無いように不可逆で、できないことなのでしょうか?
それとも効率であったり、技術的に確立していなくてできないのでしょうか。

放射性物質を非放射性物質にするという視点のニュースや記事を一度も見たことが無かったんですが、それが技術的に少しでも可能性のあることならそういう方向の技術も発展してほしいなと思いました。

この分野に詳しい方教えて下さい。

今原発事故で騒がれている放射性物質について疑問に思ったのですが、
一度放射線を出すようになってしまった放射性物質を、半減期を待たずに放射線を出さないようにする方法は無いのでしょうか。

汚染水処理装置や除染も放射性物質を移動させているだけで、放射性物質の総量は変わってないですよね?

あんまり詳しい原理はわかってないのですが、今騒がれているセシウムやヨウ素などの放射性物質も元々は放射性物質ではなくて(というか別の元素?)、原子炉の中で化学反応を起こして放射性物質になった・・と解...続きを読む

Aベストアンサー

>原子炉の中で化学反応を起こして放射性物質になった
これは間違いです。
化学反応では無く、核反応です。

原子は中心に原子核が有り、その周りを電子が取り囲んでいる事はご存知でしょう。
化学反応はこの周りの電子の働きで起きますが、核反応は主に原子核の働きで起きます。
化学反応で発生するエネルギーは数eVの大きさです。
(eVはエレクトロンボルトと言い、電子1個を1ボルトの電圧で加速した時に得られるエネルギーです。)
これに対し核反応で発生するエネルギーは化学反応の百万倍ぐらい(あるいはそれ以上)の大きさです。
(原子力が大きなエネルギーを生み出せる理由です。)

このように関係するエネルギーが百万倍も違うので化学反応のエネルギー程度では原子核に影響を与える事は出来ません。
出来る事はせいぜい、放射性物質とそうでないものに分けて放射性物質を集めることぐらいです。
集めた場所では放射線のレベルは強くなります。
なんとか菌で放射能をなくすことが出来るなどというのは真っ赤なウソです。

放射性物質を処理する方法として中性子やγ線を照射する事が検討されています。
この場合は核反応によりより半減期の短い元素に変えることで短期間で安定した元素にする事を目的にしています。
半減期が短いという事はそれだけ沢山の放射線を出すという事を意味します。

放射性物質の処理についてはここが参考になるでしょう。
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/senmon/old/backend/siryo/back23/siryo3.htm

>原子炉の中で化学反応を起こして放射性物質になった
これは間違いです。
化学反応では無く、核反応です。

原子は中心に原子核が有り、その周りを電子が取り囲んでいる事はご存知でしょう。
化学反応はこの周りの電子の働きで起きますが、核反応は主に原子核の働きで起きます。
化学反応で発生するエネルギーは数eVの大きさです。
(eVはエレクトロンボルトと言い、電子1個を1ボルトの電圧で加速した時に得られるエネルギーです。)
これに対し核反応で発生するエネルギーは化学反応の百万倍ぐらい(あるいはそ...続きを読む

Q金属の熱伝導率

金属の熱伝導率を調べております。
黄銅より銅の方が、熱伝導率が高く熱を伝わりやすい事は分っているのでが、逆に冷めるのは熱伝導率が高いと放熱しやすい(冷めやすい)のか教えて下さい。

Aベストアンサー

熱の移動には、伝熱、対流、放射が有ります。
熱伝導率は同じ材質内を熱が伝熱する場合の係数です。
金属から空気に熱が移動する場合は次の通りで、熱伝導率は直接には関与しません。
・放射:NO.1様のご説明によります。
・伝熱:金属と空気間の<熱抵抗>という係数が関与します。
・対流:空気側の対流によって金属と接している空気の温度が下がり、伝熱も増えます。
対流には<熱伝達率>という係数を使います。

Q放射線(ガンマ線)について

知り合いから、ガイガーカウンター(堀場製作所製)を借りることができ、自宅や自宅周辺、子供とよく行く公園等を調べました。
ほとんどの場所で数値(ガンマ線)に問題はなかったのですが、自宅(マンション)のベランダにある雨どいの排水口の値が高い値になっていました。
しかし、排水口から1.5メートル程離れた場所で、測定した値は問題ありませんでした。

そこで、ふと疑問に思ったのですが、測定値が低い場所は安全という認識でよいのでしょうか?それとも、このようなに排水口から1.5メートル離れた場所でも、ガンマ線は電磁波ということで、離れていても危ないという認識でよいのでしょうか?

色々な情報を当たってみましたが、そもそも放射線に関する基本的知識が少ないため、よく分からなくなってしまいました。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ご質問の排水口の様な場合には、
排水口から1.5メートル離れた場所で問題無い値であれば、そこは問題ないということです。
1.5メートル離れたからガンマー線が届いていない というわけではなく、薄まっているだけだとは思いますがね。
排水口は、言わば「点線原」ですので、距離の3乗にほぼ比例して放射線測定値が低下しますから、
多少多めの放射性物質があっても、少し離れれば周りのその他の放射線の中に埋もれて、測定不可能になるはずです。

地面の様な広がりがある場所が汚染された場合には、そうは行きませんがね。

Q熱伝導率 わかりやすく教えてください。

熱伝導率が 高いということはどういうこと、望ましい時はいつ。
熱伝導率が低いということはどういうこと、望ましい時はいつ。

手をあてて、あったかく感じる時は、
熱伝導率が低いということはなのでしょうか?

例をあげて、わかりやすく教えて。

Aベストアンサー

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは、ウールの熱伝導率が低いからだ」と考えているのならこれは中々に微妙です。

もちろん『セーター』の熱伝導率が低いため、人の体温が外気に奪われにくくなるので暖かいという事になります。また『ウール』自体の熱伝導率もそれなりに低いと思います。
ところが、実は『ウール』そのものよりもウールの間に捕らえられた『空気』の熱伝導率が低い事の方がセーターの暖かさの秘密だったりします。
例えば北国でガラス窓を二重にしたりするのは、間に(熱伝導率の低い)空気の層を作る事によって、室内の熱が外へ逃げないようにする工夫だったりします。

そういった事に注意しさえすれば、触ってみた感じから熱伝導率を大雑把に比べる事も出来るだろうと思います。

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは...続きを読む

Q放射線の利用

こんにちわ

前から気になっていたのですが原子力発電とは放射性物質を核反応させてエネルギーを取り出しているんだとは思うんですが、放射線自体からエネルギーには変えられないんでしょうか??

IHクッキングみたいに電磁波(?)を熱にとか、
携帯の光るアンテナが電磁波を受けて光るみたいに。

当方、以前トリチウムガスが入った試験管みたいなキーホルダーを買いました。トリチウムから出る放射線が管に塗ってある蛍光体に当たり光るというキーホルダーです。

こんな感じで使用済み核燃料など利用して放射線自体を使い第二の発電みたいに再利用できないのでしょうか?

放射性廃棄物が例えるなら点灯している懐中電灯をほおってあるようで、放射線がもったいないと感じてしまいます。

どなたかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

宇宙用に、原子力電池といって放射線で発電する装置があります。放射性廃棄物はエネルギー密度が小さく、電力源には向かないとのことです。
http://mext-atm.jst.go.jp/atomica/08040208_1.html
http://www.atomnavi.jp/uketsuke/qa02_36_040061.html

Q熱伝導率について

現在、熱伝導率について勉強しているのですが、薄膜について考えていたら詰まってしまたため、お教えください。

例えばφ10mm, 長さ10mmの円柱があるとして、その熱伝導率が100W/mKとします。
この円柱側面に熱伝導率が500W/mKの材料を1μmコーティングしたとします。
この時、コーティングされたAの熱伝導率を求めるための理論式に確証が持てません。

私は単純に、熱抵抗R = l /λA(lは長さ、λは熱伝導率、Aは断面積)とおいて、円柱と膜(厚さ1μmの筒)の合成抵抗、1/R合=1/R1+1/R2として考え求めたのですが、この合成した熱抵抗と未処理の円柱の熱抵抗との比をとると限りなく1に近い値となりました。つまり、1μm程度では熱伝導率への影響はないという結果となってしまいました。

しかし実際は薄膜により熱伝導率が向上したというような話をよく聞きます。
おそらく私の考え方(計算方法)が間違っていると思います。

ご指摘いただけると幸いです。以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3次元の熱伝導率を計算したことがあります。通常の数値解析では薄膜部分にメッシュを切るのが極めて困難(ほしい情報は薄膜内部と直下の基材部の温度分布)なため(薄膜が基材に比べあまりにも小さいため)相当工夫をしないと計算できませんでした。ただ、少なくとも定常熱伝導の場合は薄膜による温度分布は考慮する必要がないことを確かめています。
ただし、実際にこのような基材を加熱して表面温度を測定すると、被覆の有無でその温度は有意な差がでるということは、わりとよく知られて事実で、よく被覆したことによる熱伝導率変化と間違えられる方が多数いらっしゃいます。
小生は、この現象は、被覆したことによって、表面の輻射率がかわり、周囲との輻射による熱の授受に大きな差が出てくるためと考えております。

熱伝導という現象はマスが重要なため10mmΦにたいし1μというマスではまず影響がでないというご質問者の回答は正しいと思います。

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3...続きを読む

Q放射線被ばく 原理

放射線被ばく 原理

放射線被ばくの原理を教えてください。

Aベストアンサー

放射線被ばくは放射線が人体などに当たることを言います。

原理とは放射線がどう作用するのか、ということですかね。
放射線が当たると細胞のなかのDNAを傷つけます。
少ない被ばくではDNAがもつ自己修復でもとに戻ります。
ただし、たまに修復する際に失敗することがあります。すると細胞が死んでしまったり、
異型のものに変化してしまう(癌細胞など)場合もあります。
被ばく量が多くなると修復できなくて死んでしまったり、修復が不完全になりやすく異型に変化してしまうことが多くなると考えればいいと思います。

詳しくは放射線生物学の教科書を読んでください。

参考URL:http://www.taishitsu.or.jp/r-bio/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報