プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

ずっと前にヤフー知恵袋の専門のカテゴリーで伺ったように、幽霊とか魂とか言う非科学的なものはやはり実在しない、はやはり本当でしょうか?

A 回答 (9件)

「非科学的」という言葉を使う以上は「科学的」とはどういうことかを明確に承知していなくてはならんでしょう。

しかし、一体「科学的」とは何なのかについて、今なお激しい論争が続いている。だから、真剣に発言するのなら「非科学的」なんてこと、簡単には口に出せません。
 さて、スマホ端末も、日本政府も、日本カワウソも、河童も、幽霊も、亀仙人も、魂も、どれも「観念」としては間違いなく実在しています。その観念に対応する実体が存在するかどうか、ということになると、スマホ端末の実体は確かに存在しそうだ。日本政府の実体は、みんなが「ある」と言うということ以上にはっきりした根拠はない。日本カワウソの実体は昔の文字や写真の記録や剥製から、かつては存在していた、ということは確からしいが、今居るかどうかは分からないんで、相変わらず天然記念物のままである。河童は昔の文字記録から、少なくともかつては存在していたのかもしれないが、その実体は今では別の名前で呼ばれているだけなのかもしれず、あるいはそもそも観念としてのみ存在していたのかもしれない。幽霊も同様で「幽霊の正体見たり枯れ尾花」とはそのことです。亀仙人は最初から創作された観念であり、実体があるとは誰も思わないから、「わしは亀仙人じゃ」と称するおっさんが出てきても笑い飛ばされる。さて、魂については、魂という観念自体が文脈(言う人言う時代言う地域)によって異なっているような実に曖昧な概念なので、実体が一つに同定できるとはとても思えない。「ほら、魂を一匹捕まえてきた」「え?それ、蛍じゃん」「うん、そうとも呼ぶ」ってなことになってしまう。
    • good
    • 2

訂正です


耐自由→まちがい
体重→ 正解 訂正してお詫びいたします
    • good
    • 1

実在とは


客観的に独立して確かに存在するものに使う言葉です
幽霊とか魂は
思惟されたものや想像・幻覚など,単に主観の生みだしたものに入りますからこれらは架空りものにはいります
見えない 形がない 存在が確かでない のは ないのと同じですが
感覚的に受け止め感じる人は居ます
実際死に際の人の体重を計ると
亡くなった後わずかな耐自由の減少がみられたと言います
    • good
    • 2

はい、実在しません。


一方では宗教的であり、一方では脳の補正機能による錯覚などがあると言う事に於いて
医学的にも知られていなかった時代に、脳の補正機能による現象を説明する為に
生み出されたのが幽霊とかでしょうね。
    • good
    • 1

本当ではないと思います。



思考すると脳内で極々微弱な電流が発生しますので、魂は脳内で発生している電流そのものと言えます。
交流電流は電磁波を発生しますので、それが相手の脳に達して、その微弱な電磁波を受信できれば、「死に際の身内が夢枕に立つ」というようなことも起こりえます。

しかし、現代科学はこれを否定しますが、まるで、ラジオやテレビがなかった中世の時代のように感じます。
    • good
    • 1

自分は一度でも見た事があるなら否定はしませんが、過去に一度も


見た事が無いので、見た事が無い事に対しては信じない方です。
    • good
    • 1

非科学的というよりも科学的に実証されていないというのが正しいです。


つまり将来的に解明される可能性もあるということです。
    • good
    • 2

そういう現象を「非科学的」というスタンスが「非科学的」なんですよ。

    • good
    • 3

はい、客観的には本当です。


宗教などに惑わされた者が主観的に存在していると主張しているだけです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A