痔になりやすい生活習慣とは?

現在、地方国立大学院一年の者です。

私は、某大学(以下A大学とします)を卒業して、大学院は別の大学院(以下B大学院とします)に通っています。B大学院では、A大学で学んだ専攻と、別の専攻を学んでいます。当初、別の専攻を学ぶ事に対して、あまり気に留めず、社会に出る前に色んな事を学んでみようと思い、現在のB大学院の専攻に進学しました。
 しかし最近その専攻に対してあまり興味を持てなくなりました。前の専攻が嫌いではなくむしろ好きで、今でももう一度やりたいと思っています。何度もB大学院を辞め、A大学で学んだ専攻をもう一度受けたいと思い、A大学院を受験しようと思いましたが、就職の際履歴書に、A大学卒業→B大学院進学→B大学院中退→A大学院入学 となってしまいます。会社にも、「この人は、新しい分野を学ぼうとしたけど、やっぱり元の分野に戻るような事をしているから、色々なことをさせると会社を辞められてしまうかも」と思われてしまいそうで、就職に悪影響が出そうで不安です。
 地方国立大学なので、将来開発や管理職を希望しているので、特に専門の知識が要求されるわけでなく、無理に中退して、再入学してもあまり意味がないように思えますし、今の分野に興味がなくなったという、ただの自分のわがままですが、このまま続けいいのかなと思います。

とても悩んでいます。アドバイス宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

今の所を終了する事を勧めます。


途中で変更した人をたくさん知っていますが、たいていうまく行きません。

一度決めたことですし、たった2年です。
とにかく修士論文を書いてしまいましょう。

前の大学の院に行っても、また別のことで悩むでしょう。
壁に突き当たって、逃げ道を探しているだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに逃げ道を探している気がします。
たった2年間ですし、頑張ります。

お礼日時:2007/07/13 10:15

 就職志望なら、そのままいたほうがいいと思います。

特に無理に変えて、勉強を徹底してやるメリットはありませんよ。研究者なら別ですが・・・

 理系でなければ、教師への相談次第だと思います。まず相談してみたほうが良いと思いますよ。

 ただBの専攻が難しいからAの専攻は良かったぐらいの理由ではやめておいたほうがいいと思います。専門化すればAの専攻でも難解になります。大学院というのはそういうところですよ。本当の専門というのは、どこの分野でもしんどいものです。楽なところなんてありませんし、おもしろいということもありません。どちらかというと、やはり気合いです。それで乗り越えてこそ充実感があるというところです。

 と院を出た私は感じています。Master1年の時はずいぶん不安定なものでした。結局、学部時代からの不安定さがそのまま来ているともいえるのですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、気合が足りないのかもしれません。
きついですが頑張ります。

お礼日時:2007/07/13 10:14

参考程度にお読み下さい。



私も以前、進路、進学、就職、職場、結婚、近所問題、親戚の問題・・そしてお稽古場、と、それぞれに悩みや問題を通過してきました。

私が大事に思っていることは、目先の問題や興味、感情に自信が振り回されるのではなく、常に「遠くの目標」を持つことだと思います。
5年後、10年後、20年後、30年後・・・そのころ何をしていたいか、自分がどういう人間になりたいか、地位や名誉もありますが・・それより、自分は何に満足するのか?自分はどういうことをすると人の役に立てて、その時どういう点で幸せと感じるのか?という点です。

そして、自分のおおよそ10年後、5年後位の目標をまず持ち、そのために、今どうしたらいいのか、来年、再来年、三年後はどうしたらいいのか?と計画を立てることです。
わからないことは先輩やご家族に相談したり、あるいは尊敬する方がいたらその方の経験、経緯から学びとることも大事です。

一度立てた計画は、その道を信じて進むことが大事ですが、多少、修正も必要なときもありますので、柔軟な心がけも大事と思いますが。
自分の進みたい方向性を考えながら、与えられた環境の中で、最大限、最適値なバランスが取れた行動をするのが良いかと思います。

その結果、転学ならまたがんばればいいし、現状維持なら、やり通してがんばるのがいいかとも思いますが。

参考にならなかったら申し訳ないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
そうですね、この2年で自分の将来をよく考えます。

お礼日時:2007/07/13 10:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学院の中退と復学と他大学院編入入学について

私立理系大学院のM2の学生です。
「研究指導」の単位以外は取得してますが、中退を検討しています。
そこで、ご質問なのですが・・・

・大学院を中退した場合、復学は可能でしょうか?

・取得した単位などは再利用できるのでしょうか?

・また他大学院へ入学した場合、すでに取得した単位は利用できるのでしょうか?

やはり、中退した場合は「水の泡」なんでしょうか?

どなたか一つでもわかる方がいらっしゃいましたらお力を貸してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>復学
ケースバイケースでしょうが ルール上可能でしょう。しかし、中退の理由によっては、困難なこともあるかもしれません。ご承知の通り、大学院は、教員と学生が密接な関係にありますから、信頼関係が崩れたら難しいと思います。単位を出さないということもあるでしょう。
>単位の再利用
同じ大学院の同じ専攻なら可能でしょう。しかし、研究の継続性から言って、研究は、再度2年やることになる可能性は高いと思います。今あなたがやっている研究は、誰かが引き継ぐことになる可能性は大です。時間がたてば、研究テーマは変わり、一から新しいテーマに取り組むことになる可能性はあります。従って、研究については新たに2年かかると考えるのが妥当と考えます(1年で終わらせてくれるか、再度2年かかるかは、先生にもよるし、あなたのやり方にもよりますから一概には言えませんが・・・)。

>他大学での単位利用

ケースバイケースでしょうが、研究自体で2年かかる可能性は高いでしょう。

>水の泡

いずれにしてもやり直す場合、新たに2年かかると考えるのが自然でしょう。学部の場合よりずっと厳しいと考えるべきですし、1年終わっているから、後一年で終れるという考えは捨てたほうが無難かと思います。

そもそも中退よりも休学は不可能でしょうか?理由がわかりませんからなんともいえませんが、もともと2年しかありませんから、他大学編入も含めて、今のまま続けても、再度2年かかる可能性が強いと思います(休学でも期間が長ければ、再度2年かかる可能性が強い)。

>復学
ケースバイケースでしょうが ルール上可能でしょう。しかし、中退の理由によっては、困難なこともあるかもしれません。ご承知の通り、大学院は、教員と学生が密接な関係にありますから、信頼関係が崩れたら難しいと思います。単位を出さないということもあるでしょう。
>単位の再利用
同じ大学院の同じ専攻なら可能でしょう。しかし、研究の継続性から言って、研究は、再度2年やることになる可能性は高いと思います。今あなたがやっている研究は、誰かが引き継ぐことになる可能性は大です。時間がたてば...続きを読む

Q大学院での理学部から工学部への転部について

 私は地方の理学部物理科の(今年から)3年の者です。
 センター試験で失敗して自信をなくし、希望してた大学と違うところに入学しました。
さらに工学部で電気を勉強し、環境のことを考えた半導体の研究を行いたいと思っていたのですが、物理科でも勉強できるのではないかと思い、学部も工学部から理学部物理科にかえてしまいました。
 しかし、いざふたを開けてみると、私の興味のもてる研究がありませんでした。

 そこで院に進学するときに転部をする人がいると聞き、考えています。
 良い研究室に入りたいため他の大学院に入りたいのですが、研究室訪問、過去問の入手、以外にやるべきことはあるでしょうか。
 また、修士で卒業したいのですが、就職活動をさせともらいながら二年で卒業できるのでしょうか。

 回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>良い研究室に入りたいため他の大学院に入りたいのですが、研究室訪問、過去問の入手、以外にやるべきことはあるでしょうか

質問者様のおっしゃっている「研究室訪問」及び「過去問入手」を
最初に行えば良いと思います。

その上で、今から行った方が良いことは、以下の2つです。
(1)大学学部での成績
出身学部の成績も院の合否の参考にする場合もあるので、現在の大学での成績も
しっかり取っておいてください。

(2)基礎学力の構築
3年生ということなので、特に以下の事を勉強した方が良いと思います。専門科目は、
4年生から始めても間に合います。

(i)数学
理系であれば、どの分野を受験するにしても必要です。

(ii)英語
大学のHPで確認されるのがよろしいと思いますが、最近では、TOEIC(TOEFL)などの
外部試験で、英語の学力を判断することが多いです。
早めに受験しておかないと、出願日にスコア提出が間に合わず、受験できないことも
十分ありますので、注意してください。


>修士で卒業したいのですが、就職活動をさせてもらいながら二年で卒業できるのでしょうか
就職活動をどの程度させてもらえるかどうかは、教授次第です。
なので、行きたい研究室の教授に訪問ついでに、その研究室の大学院生に就職活動状況を
聞くと良いと思います。
その上で、二年で卒業できるかどうかは、自分次第です。
他大学の大学院に進学する場合は、大変忙しい生活になるということを覚悟した上で、
一生懸命頑張れば可能です。

>良い研究室に入りたいため他の大学院に入りたいのですが、研究室訪問、過去問の入手、以外にやるべきことはあるでしょうか

質問者様のおっしゃっている「研究室訪問」及び「過去問入手」を
最初に行えば良いと思います。

その上で、今から行った方が良いことは、以下の2つです。
(1)大学学部での成績
出身学部の成績も院の合否の参考にする場合もあるので、現在の大学での成績も
しっかり取っておいてください。

(2)基礎学力の構築
3年生ということなので、特に以下の事を勉強した方が良いと思います。専門...続きを読む

Q他大学院受験のメリットデメリット

現在、地方の東北大学工学部に通う4年生で、東大の院試を考えてるものです。
しかし、試験日程の重なりのために、東大と東北大の院のどちらかしか受験することが出来ません。
この上で東大を受けるのはリスクがあるということは知っていますが、がんばろうと思い、研究室の教授に受験する旨を伝えました。

すると、教授からはこのようなデメリットを伝えられました
 ・修士を卒業して就職するつもりの人間は旧帝大から旧帝大に院で変えるメリットはない。
 ・むしろ東大に進学して東大内部での勝負になるから、東北大学にいるよりも就職に悪く働く可能性もある。
 ・高校のときに受からなかったから院で行きますなんて時代錯誤もはなはだしい。

自分は正直、高校のときに受からなかったし、ネームバリューという点にひかれて大学院での受験を考えていましたから、これを言われてとてもショックでした。しかも、なんのメリットもないのに東北大学の院を受けられないというリスクを犯す必要があるのか、と思いました。

そこで質問です。東北大学を受けないというリスクをおかしてまで東大を受けるメリットはあるのでしょうか?ちなみにぼくは修士を出たら就職するつもりです。よろしくお願いします。

現在、地方の東北大学工学部に通う4年生で、東大の院試を考えてるものです。
しかし、試験日程の重なりのために、東大と東北大の院のどちらかしか受験することが出来ません。
この上で東大を受けるのはリスクがあるということは知っていますが、がんばろうと思い、研究室の教授に受験する旨を伝えました。

すると、教授からはこのようなデメリットを伝えられました
 ・修士を卒業して就職するつもりの人間は旧帝大から旧帝大に院で変えるメリットはない。
 ・むしろ東大に進学して東大内部での勝負になる...続きを読む

Aベストアンサー

私は地元の国立大から京大の院で修士博士と修了しました。

その上でレスしますと

・修士を卒業して就職するつもりの人間は旧帝大から旧帝大に院で変えるメリットはない。

一理あると思います。旧帝クラスであればもうどう転んでも修士で良い会社に内定でます。

・むしろ東大に進学して東大内部での勝負になるから、東北大学にいるよりも就職に悪く働く可能性もある。

学生のレベルは東大の方が高いと思いますが、博士課程進学者・求人は東大のほうが多いと思うので、最終的には同じような感じではないかと思います。

・高校のときに受からなかったから院で行きますなんて時代錯誤もはなはだしい。

東大と京大は外部からの進学者が定員の4割程度いたはずなので、まあ時代錯誤としても浮きはしないでしょう。



下位旧帝大から上位地方国立大(千葉とか神戸とか)には学生が他大学を受験することを好ましくないと思う教授が結構いるようです。

ただ気になったのが
ネームバリューという点にひかれて大学院での受験
これはちょっと微妙です。

教授の実績を見て判断してください。東北大レベルだと、おそらく分野によっては東大と同等もしくはそれ以上の実績を残している教授もいるはずです。東北大での自分の担当教授の方が実績が多いのにネームバリューで東大に行くなんて言ったらそりゃ向こうも機嫌を悪くするでしょう。ただ工学はどうも東大の方が格上な気がしなくもないですが…

どちらにせよ円満解決するなら合理的な理由が必要だと思います
・やりたいことの相違
・メジャー分野なら実績
・設備
・立地※ 

※はっきり申しまして東北大の立地は非常に悪いです。東大(に限らず都会の大学)ならば「来週日曜にyy大のxx教授主催のセミナーがあります。参加したい方は~」みたいな掲示が結構あります。東北大では無理でしょう。
自力で研究を進められる教授クラスの人間ならいいですが、学生にとって情報過疎は厳しいものがあります。このあたりのことを教授に問うてみてはいかがですか?

ということで、私としては東大受けてみればいいんじゃないの?と感じます。就職するのでしたら最後の学生生活ぐらい華やかな東京で過ごすというのも良いと思いますよ。

浪人はきついので阪大や京大なども受けときましょう。

ちなみに博士課程へ進み大学に残るつもりであれば積極的に外へ出されます。

私は地元の国立大から京大の院で修士博士と修了しました。

その上でレスしますと

・修士を卒業して就職するつもりの人間は旧帝大から旧帝大に院で変えるメリットはない。

一理あると思います。旧帝クラスであればもうどう転んでも修士で良い会社に内定でます。

・むしろ東大に進学して東大内部での勝負になるから、東北大学にいるよりも就職に悪く働く可能性もある。

学生のレベルは東大の方が高いと思いますが、博士課程進学者・求人は東大のほうが多いと思うので、最終的には同じような感じでは...続きを読む

Q大学院別のTOEICの合格点を教えてください。

大学院入試でTOEICの点数を英語の点数として換算している大学院が多くあると知ったのですが大学院別にどのぐらいが合格点なのでしょうか?
東大の院生の平均点が730というデータはネットでみたのですが他のいろいろな大学院について教授からや友達からの情報でもいいので参考にさせてください。

Aベストアンサー

このサイトに、大学院入試でTOEIC(R)Testを活用する52の大学院が、
国公立、私立別で掲載されており、
ある一定のスコアで、英語の独自試験免除など、詳しい情報が見れます!

参考URL:http://www.toeicclub.net/graduateschool.html

Q大学の専攻と大学院の専攻について

大学の専攻と大学院の専攻は違う分野でもやっていけますか?大学の専攻が一生を左右しますか?
というのは、現在大学で専攻していることと違うことを大学院で学びたいと思っています。
例えば、大学→大学院、機械工学→材料工学、農業化学→食品化学、免疫学→細胞分子生物学、
みたいな感じに。
大学院でまた0から勉強するのはつらいものでしょうか?

Aベストアンサー

一応、経験者ですので、お答えしたいと思います。

私の場合、農芸化学→農学に転向しました。ゆえに、大半の知識は大学院で入れ替えになり、大学で1年間在籍した研究室の知識は全く使っていません。

大学院を別の研究室にすることは、まず人間関係の構築や研究室の構造(たとえば、実験道具の収納場所や掃除当番の順番など・・・)に慣れるまで少しかかります。ゆえに、同じ研究室に内部進学するのに比べて、若干苦労することがあります。

>大学の専攻が一生を左右しますか?

こんなことは全くありません。というか、修士課程で研究したことでさえ、将来を左右することも全くないと思います(就職先は自由に選べると言うことです)。ただし、さすがに私もそうですが、博士課程まで進学した場合は、それなりに就職先を限定される可能性があり、そういう点では一生を左右するかもしれません。

>大学院でまた0から勉強するのはつらいものでしょうか?

つらいことはないと思いますが、上記でも述べましたように、内部進学者よりかは忙しくなるかと思います。

Q旧帝の大学院は誰でも入れる?

先日、日本経済新聞に東大の大学院は誰でも入れるみたいなことが書かれていました。これって本当なんでしょうか?大学院ってイメージ的に真面目で勉強ができる人が行くイメージがあるんですが。

Aベストアンサー

東大大学院出身の者です。
 誰でも入れます。私でも入れましたから。これは謙遜でもなんでもなく、私は東大出身ではなく、真面目で勉強ができるタイプではなかったからです。
 しかし、別の意味では、誰でも入れるわけではありません。内部から受験した人でも落ちた人がいました。(人気のない研究室へまわされていました。これでも対外的には合格したことになる。)また、入試を受ける前に、教授が受験を断念するよう勧めることもあります。(これは、入学後、知りました。)

 なお、修士から博士進学時にもけっこう振り落とされます。いろんな振り落とし方があります。博士課程に進学しないことを前提に修士論文を受け取る、とか、就職するなら修士を修了させるが、そうでないなら修了延期とか。
 これは、教授が「あなたは、研究者以外の道へ進んだほうがしあわせですよ」と言っているわけです。露骨に落とすということではなくても。

 以上のようなことは、東大以外でもよくあることです。

 なお、「東大は・・・」「○○大は・・・」といういよりも、研究室によって、ハードルの高さは入学時でも修了時でも、違います。入学時のハードルが低いなら低いで、大学院途中で挫折して研究室に来なくなったりする人が出てきてしまいます。
 いちばん困るのは、入学時のハードルが低くて、修了時のハードルが超高い場合ですね。博士なら学位をとらない単位取得退学でもまだマシですが(就職の問題はさておき)、留年して年限を過ぎても修士を取れないで終わると、目もあてられません。

東大大学院出身の者です。
 誰でも入れます。私でも入れましたから。これは謙遜でもなんでもなく、私は東大出身ではなく、真面目で勉強ができるタイプではなかったからです。
 しかし、別の意味では、誰でも入れるわけではありません。内部から受験した人でも落ちた人がいました。(人気のない研究室へまわされていました。これでも対外的には合格したことになる。)また、入試を受ける前に、教授が受験を断念するよう勧めることもあります。(これは、入学後、知りました。)

 なお、修士から博士進学時...続きを読む

Q理学部→工学部への転学部

現在理学部の一年ですが、工学部に転学部しようか迷っています。
物理に興味があり研究していきたいと考え、また、純粋に学問を探求できそうなイメージにあこがれて理学部に進学しました。
しかし、最近将来の自分の姿を考えると、いまいち具体的なイメージがわきません。また、理学部での研究は工学部に比べて理論的で自分が果たしてやっていけるのかという不安もあります。
将来はいずれにせよ研究者になりたいと考えています。工学部にいけば民間企業の研究者という選択肢の幅も広がるように思います。
いまいち文章がまとまりませんが、転学部すべきかどうか悩んでいます。皆さんの意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

理学部出身,理学修士で,博士課程のみ工学系で工学博士をとったものですが...
私は化学ですが,物理でも大差ないと思います.

今の段階での転学部はほとんど意味がないと思います.
就職先については,学部レベルであれば,理学部だと中学,高校の教員になる人がそれなりにいる以外は,理学部も工学部も大差ありません.理学系の大学院で修士をとっても,大半の人はメーカーなどの技術者や研究員として就職します.どういう系統の会社に行くかは,自分の興味とか,卒研等で所属した研究室の分野に依存してくるので,理学部だから,工学部だからということもとくにないでしょう.

たしかに実用とかはあまり考えずに広い範囲の物理を理論の立場を重視して学ぶ理学部と,応用のために必要な部分を,常に何に使えるかを前提に学ぶ工学部とでは,たとえば同じ電磁気学でもスタンスはずいぶん違うと思います.
理学部はなんだか理論ばかりのような気がするかもしれませんが,実際の研究室レベルになればかなり応用的なことを視野に入れているところもたくさんあります.というか,今や象牙の塔にこもっていては研究自体ができないのが現実ですから,理学部といえども応用を無視していられる時代ではないのです.
逆に工学部は,応用が見えている分,物理として学ぶ範囲は狭くなり,現実的な実例を学ぶことに時間をかけなくてはならないという面はあるものの,当面の応用はともかくとして基礎現象を研究することにかなりの力を入れる研究室も数多くあるのです.また工学でも先端領域では理論自体が未成熟で,使えそうな結果だけが先にあり,理論的解明が必要になっているようなものもたくさんあります.こういう場合は理学部的な理論研究を並行してやらざるを得ないこともあるのです.

理学部出身,理学修士で,博士課程のみ工学系で工学博士をとったものですが...
私は化学ですが,物理でも大差ないと思います.

今の段階での転学部はほとんど意味がないと思います.
就職先については,学部レベルであれば,理学部だと中学,高校の教員になる人がそれなりにいる以外は,理学部も工学部も大差ありません.理学系の大学院で修士をとっても,大半の人はメーカーなどの技術者や研究員として就職します.どういう系統の会社に行くかは,自分の興味とか,卒研等で所属した研究室の分野に依存し...続きを読む

Q物理学を学んだ学生の就職について

物理学を学んで修士課程を終えたとして就職でどうのような選択肢がありますか?

Aベストアンサー

buturidaisukiさん、こんにちは。

就職のことはやはり気になりますよね。同じようなことを普段よく尋ねられるので、多くの卒業生を見てきた経験から現実にどうかということを書かせていただきます。

まず、結論から書きますと、ANo.1~ANo.3の皆さんも書かれているように、本人さえしっかりしていれば、大抵の会社は選択肢に入ると思います。

ANo.4さんは、分野は影響は受けると書かれていますが、ある程度、そういうこともあるでしょうが、それほどではないと私は思います。というのは、元々、理学部を卒業する場合には、勉強した「知識」をそのまま使って企業で活躍するというセンスよりも、むしろ、そこで習得した「能力」を生かすというセンスだからです。逆にもし工学部を卒業しても、そこで学習した知識がそのままどんぴしゃで企業でも使えるケースは珍しいようです。

また、物理の中での理論と実験の違いですが、私の知る限り、理論だと実験よりも会社には不利ということはないと思います。それには二つ理由があります。一つは現代の産業の現状は、IT系に重点が移ってきていて、理論系なら殆どの場合コンピューターをかなり使いますので、その面でかえって有利であること。もう一つは測定器や作業機械の使い方などは、実験系だからといって同じ機械を使うとは限りませんし、どちらにしても入社後に勉強するケースのほうが多いと思われるからです。

企業の中で、理学部出身の人が工学部出身の人よりも少ない主な原因は、日本中で工学部の定員が非常に多いことでしょう。私の見る限り、卒業生が就職で苦労するケースは、分野というよりも、むしろ個々人のパーソナリティに依ることが多いように思われます。企業では周りの環境に柔軟に順応してくれる人、しっかり意思疎通の出来る人を好むでしょうし、当然、企業の利益にかなわないことをしたいという人は、どんな学部の卒業生でも取らないでしょう。


次に具体的な現状を書きます。どこの大学とは、もちろんここでは書けませんが、卒業生の就職先はやはりIT係を中心に製造業が多いです。それは元々日本の産業構造自体がIT係に重点が移ってきているためだと思います。一言にIT係といっても、かなり幅が広いですし、IT係以外の製造業も多いです。どんな製造業でも最近はコンピューターはかなり使うと思われます。

製造業の中には当然、民間企業の研究所に就職するケースもあります。民間企業の研究所では、ごく一部の例外を除いて、その企業の利益に直結することを研究します。その内容は、物理学に基礎を置いた研究もありますし、物理学とは直接の関係のない研究をすることもあります。物理の卒業生はどちらの方向にも進んでいます。ただし「直接の関係のない」と言っても、物理はあらゆるものの基礎になりますから、殆どのものは何らかの関係はあります。

次に多いのは、公務員や中学高校教諭だと思います。その場合は、もちろん、公務員試験の勉強や、教員免許をとり教員採用試験の勉強をする必要があります。

製造業に比べれば、数は少なくなりますが、商社や金融関係に就職した人もいます。また特殊な例ではパイロットになった人もいます。


せっかく物理学を勉強したのに、就職した後に直接に関係のないものをやるのは勿体ないとか、しんどいとか思われるかもしれません。しかし、ANo.3さんも書かれているように、物理学というのは、あらゆる学問や科学技術の基礎であり、また、知識そのものを使わなくても、物理学を学ぶ過程で習得した「現実に根ざした論理的思考」というのは、どんな分野にも共通に必要なものなのです。ANo.4さんも書かれているように、「仮説・検証・修正」という物理学の方法は、あらゆることに適用が可能です。

また、「知識の陳腐化」ということがあります。技術というものは日進月歩ですから、大学でどんな分野の学問をした場合でも、どのみち入社後にも勉強をし続けていかないといけません。しかし理学系と工学系の違いは、理学部で勉強したことは、時間が立って成り立たなくなるようなことではないというところです。物理で言えば、力学や電磁気学などの知識が陳腐化することは未来永劫ありません。それらは自然界の法則だからです。ところがある特定の「技術」というものは、多くの場合数年で陳腐化してしまいます。

さらに、逆に基礎的な知識が必要になったときに、技術だけを学んでいた人が基礎に立ち戻って勉強しなおすのは、大変なエネルギーが必要になります。一度でも基礎を十分に勉強したことがある人は、忘れてしまっていても、少し勉強すれば思い出すことができます。基礎をしっかり勉強した上に応用を勉強するほうが、応用だけを勉強しているより安心です。

これは教育関係に進む場合も同様だと思います。やはり理学部でしっかりその分野の内容を勉強しつつ教員免許も取るほうが、教育学部で教員免許をとるよりも好ましいと、個人的には思っています。(両方やるのは確かに大変ですが。)


最後に、修士課程に進むメリットについて付け加えます。学部で、およそ力学、電磁気学、量子力学、熱統計力学を学習するわけですが、それは学問の基礎の部分です。卒業研究~修士課程で、研究(らしきもの)に手を染めることにより、その基礎部分の知識の本当の意味が、より正しく深く理解できます。また、現実の問題を考えることにより、「問題解決能力」も身につけることができます。研究の世界では必要に応じて問題を自分で整理して設定する能力が求められます。誰かがきれいに作った問題を解くだけの話ではなくなってくるのです。そのような能力はどんな分野に就職しても必要とされるものです。大学院ではその部分も学ぶことが出来るはずです。

buturidaisukiさん、こんにちは。

就職のことはやはり気になりますよね。同じようなことを普段よく尋ねられるので、多くの卒業生を見てきた経験から現実にどうかということを書かせていただきます。

まず、結論から書きますと、ANo.1~ANo.3の皆さんも書かれているように、本人さえしっかりしていれば、大抵の会社は選択肢に入ると思います。

ANo.4さんは、分野は影響は受けると書かれていますが、ある程度、そういうこともあるでしょうが、それほどではないと私は思います。というのは、元々、理学部を...続きを読む

Q大阪大学工学部の大学院入試について教えて下さい。

私は地方国立大の学部3年です。
大学入試では阪大に入ることが叶わず、大学院で阪大を目指しています。
そこで阪大工学部大学院入試について教えて下さい。

・TOEICのスコアを使うようですが、阪大工学部生の平均スコアはどれくらいでしょうか?大体これ位じゃないかという目安で良いのでお願いします。

・私のいる大学の推薦がもらえなくても受験可能ですか?

・もし推薦がなくて一般で受験できた場合、学部時代の成績は評価対象でしょうか?

・入試過去問が公開されていますが、この問題では何割程度正解する必要がありますか?

少しでも詳しい方お願いします。ウワサ程度の情報でもありがたいです。

Aベストアンサー

TOEICなんて600あれば充分でしょう。
研究室訪問して大学院生に聞いた方が早くないですか?
どこの研究室にも過去問、運がよければ学生が解いた回答が
あると思います。研究室訪問すれば、みんな優しくいろいろ回答
してくれると思いますよ。逆に、対して相手にされないようなら、
はじめからそんなところに行かないほうがいいですし。
あと、大学の推薦なんぞ無くても受験できますし、学部の成績なんぞ
誰も見ないと思いますけど、阪大は外部生の受け入れに積極的
なのでしょうか?

大学院に行って何の研究をしたいかお考えですか?
うちの教授が阪大博士卒ですが、阪大の教授はほかの大学に比べて
厳しくて苦労したそうですよ?大学院の名前ばかり眺めていませんか?

Q大学院では学生は研究に興味を持っているものなのか?

私は今、工学系の大学院に通っていて、研究室で研究を行っている修士2年です。大学院には進学したのですが、もともと研究がしたくて進学したわけではなく、大学院のほうが就職の際の選択肢が拡がるということや、工学部だとほとんどの人が大学院に進学するということで私もその流れで進学しました。それが原因かどうかわからないのですが、自分の研究に対して全く意欲が沸かず、1年半前から今までずっと我慢の日々でした。また、就職先に関しても、自分の専攻とは全く関係のない、学部卒でも入れるような会社への就職が決まりました。当然、研究室の准教授からも「大学院に来てまで、なんで専攻と関係のないところに入るんだ!!」と怒られました。私自身、研究はあまり興味がなく、准教授はあまり好きじゃなかったため『うるさいなあ、自分の進路だから関係ないじゃん』と内心では思いつつ、すいませんと謝りました。(一応その准教授は他の学生からはかなり人気があります。)
最近私の研究室の周りの学生を見ていると、みんな遅くまで残って実験していたり土日も学校に来ているというのを聞くと、よくこんなにも頑張れるなあと思います。私なんて遅くまで残ってまで勉強しようとしても全く頭が働かず、土日は学校を見るだけで憂鬱な気分になるので、土日に出かけるときはなるべく学校に近づかないようにしています。ちなみに私の研究室は例えば修論のノルマが他の研究室よりも2倍以上書かされたり、すごい形相で怒られた挙げ句、高い頻度でやり直しをさせられるなど他の研究室と比べてもかなり忙しく准教授も厳しいため、他の研究室がうらやましくなります。他の研究室から見ても私の研究室はかなり厳しいみたいです。

話はだいぶそれましたが、大学院に進学した人は、自分の研究に興味を持っているから、遅くまで残ったり、土日休みも惜しまずに実験を行うことができるのでしょうか?そして私のような考えをもっている人は稀なケースなんでしょうか?

私は今、工学系の大学院に通っていて、研究室で研究を行っている修士2年です。大学院には進学したのですが、もともと研究がしたくて進学したわけではなく、大学院のほうが就職の際の選択肢が拡がるということや、工学部だとほとんどの人が大学院に進学するということで私もその流れで進学しました。それが原因かどうかわからないのですが、自分の研究に対して全く意欲が沸かず、1年半前から今までずっと我慢の日々でした。また、就職先に関しても、自分の専攻とは全く関係のない、学部卒でも入れるような会社へ...続きを読む

Aベストアンサー

 卒論などの研究を始める前から本当にそのテーマに興味を持っている人はおそらくほとんどいません。研究を進める中で、興味がわいてくるものです。その結果(又は結果を期待して)、夜遅くまで実験をするのではないでしょうか。そのような人たちにつられたり、先生の厳しい指導(雰囲気?)により、夜も土日も研究している人も実際には非常に多く、彼らは苦痛を感じていると思います。何故なら、本質的に興味を持つことができていない状態の人だからです。自分に自信があれば、他の人が夜遅くまでやることは特に気にならないでしょう。
 昔は、たとえ興味がなくても、それなりに興味を持つべく努力すれば卒論や修論をこなせる人だけしか大学院にはいませんでしたが、この10-20年では興味を持つことさえ知らずに(ただただ就職のために)大学院に入り、その結果、苦痛を感じ耐えられない人が急増しています。その結果、鬱になったり、不登校になる人も急増しています。これは日本の大学院生があまりにも増えたため当然のことですが、せっかく大学院に入ったのだから興味がもてなくてもそれなりに修了する力だけは持ってほしいですね。その努力は企業に入ってからも、仕事をやれる人として評価される源になるのではないでしょうか。挫折は簡単です。でも将来のことを考えると、今与えられたことに挑戦してください。たった二年間ですから。ニートにならないためにもね。

 卒論などの研究を始める前から本当にそのテーマに興味を持っている人はおそらくほとんどいません。研究を進める中で、興味がわいてくるものです。その結果(又は結果を期待して)、夜遅くまで実験をするのではないでしょうか。そのような人たちにつられたり、先生の厳しい指導(雰囲気?)により、夜も土日も研究している人も実際には非常に多く、彼らは苦痛を感じていると思います。何故なら、本質的に興味を持つことができていない状態の人だからです。自分に自信があれば、他の人が夜遅くまでやることは特に...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング