グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

マイナスの予算に対して実際にはマイナスが少なくて済んだ場合の達成率の計算の仕方についてお教え願えませんでしょうか。

予算 ▲189  実際 ▲150 の時
予算 ▲189  実際   30 の時

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.4です。

再び失礼します。
ちょっと違うような気がして、あれから少し考え直しました。
次の式は、質問者様の意図を反映していると思います。

達成率=ROUNDDOWN(IF(予算=0,"-",(過不足額/ABS(予算)+1)*100),1)

パターン 予算 実績 過不足額 達成率
(1) 100 150 50 150.0
(2) 1,000 1,000 0 100.0
(3) 1,000 0-1,000 0.0
(4)-1,000 900 1,900 290.0
(5)-1,000 -1,000 0 100.0
(6)-1,000 0 1,000 200.0
(7) 0 900 900-
(8) 0 900 900-
(9) 0 0 0-
(10) -189 -150 39 120.6
(11) -189 30 219 215.8

上の試算は、予算がプラス、マイナス、ゼロの場合に分け、
それぞれ実績がプラス、マイナス、ゼロに分けたものです。
ご質問は、パターン(10)と(11)に計算してあります。

No.1様への「お礼」では、
>▲189÷▲150=1.26として計算してしまうのもおかしいような気がします。
・「予算/実績」ですから、これはおかしいですね。
赤字、黒字、トントンのどのパターンの場合でも同じ式が使えないと意味がありません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

前回頂いた回答だとしっくり来なかったのですが、この回答ですと自分の思っていたことと同じだと思います。
質問ではエクセルの計算式のことは伝えていなかったのですが、計算式まで教えて頂き大変重宝致しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/08 18:33

要するに、予算が赤字の場合でも、予実差異額と達成率の正負を一致させたい、ということですよね。



以下、Excelで説明します。一番左の列を「予算」として予算額を入力、その隣に「実際」として実際発生額を入力、その隣に(これがキモですが)「予実差異額」として(実際額-予算額)の数式を入力しておきます。そして、更にその隣の列には「達成率」として次の数式を入力してください。
=IF(予実差異額=0,0,(IF(予算=0,"―",ROUNDDOWN(予実差異額/ABS(予算)*100,3))))
(数式内の日本語部分は説明用であり、実際は対応するセル番地を入力してください。念のため)

これでいかがでしょうか?

通常達成率とは「予実差異額÷予算」で計算しますが、予算が赤字の場合、予実差異額と達成率の正負が逆になります。
予算が赤字の場合、数学上は「赤字額」が主語になってしまい、数字の解釈に混乱が生じてしまいます。
そこで、分母を予算の絶対値とすることで、この問題を解消させます。

先にご紹介した数式では、予算0円で実際は発生した場合の表示方法、そして、予算・実際ともに0円の場合の達成率の表示方法という例外規定も盛り込んでいます。

予算が0円とは、分母が0ということなので、数学上、答えの無い「不能」です。これはどうしようもないので、「-」(横棒)と表示します。

予算・実際ともに0円の場合については、Excelでは、分母が0の場合、直ちに「0除算エラー」と扱いますので、予算・当期ともに0円の場合、このままでは(2)の「-」(横棒)と表示されてしまいます。
しかし、たとえ分母が0であっても、「0÷0」だけは「不能」ではなく、答えが一つに定まらない「不定」です。
Excelでは、「不能」も「不定」も「計算できない」という意味では同じなので、数学上の意味が異なるにもかかわらず、扱いを同じにしているのです。
この場合の分母の意味は「予実差異額」ですから、数学上「不定」であっても、他の予実差異額0円の場合と同様に「達成率0%」と表示するのが適切です。

あと、端数処理は「切り捨て」が適切です。この計算式では、小数点第2位以下を切り捨てています。
理由は、例えば、予算10000円、実際19999円、予実差異額9999円の場合、四捨五入では「100.0%」となります。
しかし、達成率の計算において「100.0%」とは、予実差異額が「予算と同額」という意味です。
この場合の予実差異額は予算額より1円不足しており同額ではないので、厳密には「100.0%」という表現は適切ではありません。
「四捨五入」と断っている場合は許容範囲なのでしょうが、感覚的にも間違えないように、切り捨てて「99.9%」と表示するのが適切だと思います。

なお、蛇足ですが、専門家の中には「赤字同士を比べても意味がない」、「比較は黒字が前提」という方もいらっしゃいますが、私はそうは思いません。
例え赤字であっても、赤字が減少していれば、それはそれで企業努力であり、「達成した」あるいは「好転した」といってもよいはずです。
赤字を計算から除外すると、適切な経営判断ができなくなるおそれがあります。赤字は赤字としてきちんと比較計算し、分析するべきだと思います。

この方法ですと、ご質問の場合の達成率は、
予算▲189 実際▲150 の時→達成率20.6%
予算▲189 実際  30 の時→達成率115.8%
となります。
この方が、実感とも合致するのではないでしょうか。
    • good
    • 0

 基本的に△前提の場合ですと、達成率という考えはなしだと思います。

もちろん費用が100かかるのを80となれば費用の20%減といいますが。(ご質問のとおり)利益の達成率-150%とか話をしてもぴんと来ないのが実態ではないでしょうか。
 
    • good
    • 0

>予算 ▲189  実際 ▲150 の時



予算=「189だけ損をしなさい」で
実績=「150しか損が出せなかった」ですから
達成率79%

>予算 ▲189  実際   30 の時

予算=「189だけ損をしなさい」で
実績=「30儲けてしまった」ですから
達成率▲16%

元々目標をマイナスに設定する事が特殊処理ですから何らかの+目標にすべきでしょう

最大マイナス金額が189とか

紙の消費を200枚削減しましょう=▲200では無く、削減目標200でしょうね

この回答への補足

質問の仕方が悪いですね。研究開発部門で売上に対し、経費がかかり利益がマイナス予算になってしまった。
でも、努力して製品を開発し、売上が上がったもしくは経費の削減努力をしたという前提で。

そうしましすと、予算が▲189に対して▲150で済んだので、達成率が79%だと努力をしていないように見えてしまいます。
マイナスを少なくしたご褒美という考え方で達成率を100%以上としたいのです。
計算式的には予算対比▲150÷▲189=0.79である意味正しいとは思うのですが、▲189÷▲150=1.26として計算してしまうのもおかしいような気がします。
よろしくお願い致します。

補足日時:2007/08/06 16:22
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目標値がマイナスの場合の達成率の出し方

すみませんが、どなたか至急教えてください。
目標値をマイナスで設定していた場合に、達成値がプラスになりました。
こういう場合の達成率はどういうふうに計算すればよいのでしょうか・・・?
申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 No2です。目標値をA1、達成値をB1とした場合、

ABS(A1-B1)/ABS(A1)*100

Qマイナス値の昨年対比率の算出方法?

表計算で、店別の粗利の昨年対比を算出したいのですが、計算式を教えて下さい。例えば昨年値 A=100 今年値 B=123 なら B*100/A-> 123% となり納得いきます。
しかし AもBもマイナス値の場合はどう計算するのでしょうか? A=-123 B=-100 なら去年より成績がよくなったので 100% 以上の答えを期待するのですが B*100/Aでは期待する答えになりません。実務上ではどのように作表するのが正しい方法なのでしょうか?

Aベストアンサー

この場合100%以上の答えを期待してはいけません。
そもそも百分率(%)とはある値を100とした時の割合を見るためのものです。
昨年値がマイナスの場合、負の数を100とすることで正負の逆転があることを
頭において下さい。

混乱を避けるために昨年値との増減を見るようにします。
昨年値をA、今年値をBとすると
式は、(B-A)/A*100 となります。
 (1) A: 100 B: 120の場合-> +20(%)
 (2) A: 100 B:  80の場合-> -20(%)
 (3) A:-100 B:-120の場合-> +20(%)
 (4) A:-100 B:- 80の場合-> -20(%)

(3)の場合+20%という答えになりますが、昨年値Aがマイナスなので
マイナスが20%増えたと考えます。
同様に(4)はマイナスが20%減ったという事です。

では、頭の中を整理して、じっくりと考えてみて下さい。

Q経常利益増加率⇒マイナス÷マイナスは?

経営分析を始めてやっています。
経常利益増加率の計算方法は、何処にでも載っているのですが・・・
経常利益増加率=(今期経常利益-前期経常利益)÷前期経常利益×100で求められます。
例えば、前年の経常利益が-4,500,000で今期の経常利益が-5,500,000だったら、マイナスとマイナスの割算が、いきなり分からなくなってしまいました。この数字の計算式と指標の仕方を教えて下さい。

Aベストアンサー

No.2です。「補足」ありがとうございました。

端数処理や前期0の場合などの細かい話は除くと、計算式は要するに「増減額÷前期の絶対値」になります。「%」だと当然100倍しますよね。

●前期-24,000,000
 今期-54,000,000
であれば、増減額は「-30,000,000」ですよね。これを前期の絶対値である「24,000,000」で割るわけです。ですので答えは「-125.0%」です。

●前期-65,000,000
 今期-34,000,000
であれば、増減額はプラスの「31,000,000」ですので、前期の絶対値である「65,000,000」で割ると、答えは「47.6%」です。

●指標の表記の仕方
「表記の仕方」という意味がちょっとよく分かりませんが、「今期の経常利益は▲34,000千円と赤字は継続しているものの、赤字額は前期から31,000千円減少(47.7%減)し、回復基調にある」という感じでしょうか?

赤字がからむ場合、文章上で不用意に増減率を用いると誤解を生じることがあるので注意が必要です。この例文では(47.7減)としましたが、なぜ「減」なのかというと、主語が「赤字額」だからです(47.6ではなく47.7というのは四捨五入の関係です)。

「分母の前期を絶対値」とする増減率は、「比較財務諸表」においては有効だと思います。

No.2です。「補足」ありがとうございました。

端数処理や前期0の場合などの細かい話は除くと、計算式は要するに「増減額÷前期の絶対値」になります。「%」だと当然100倍しますよね。

●前期-24,000,000
 今期-54,000,000
であれば、増減額は「-30,000,000」ですよね。これを前期の絶対値である「24,000,000」で割るわけです。ですので答えは「-125.0%」です。

●前期-65,000,000
 今期-34,000,000
であれば、増減額はプラスの「31,000,000」ですので、前期の絶対値である「65,000,000」で割ると、...続きを読む

Q予算達成率の計算方法

予算達成率の計算方法

予算5に対して実績が3の場合の達成率は、60%だと思いますが
実績値がマイナス・ゼロになった場合の達成率は、どう計算するか教えてください。

例えば ⇒   (1)予算5に対して実績-3の達成率は?  
        (2)予算5に対して実績 0の達成率は?
        (3)予算0に対して実績5の達成率は? 
        (4)予算-3に対して実績5の達成率は?


※あと、達成率を計算する時、EXCEL(表計算)を使ってマイナス、ゼロでも
 対応できる計算式をご存知であれば教えてください。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。

「率」を計算する場合、何を率と考え、ゼロ値をどこにするかが非常に重要な問題になります。たとえば前年の利益実績が1000円で目標値が「前年比5%増し」というのであれば、目標値は50円(前年利益がゼロ値)ではなく1050円(絶対額)とし、絶対額そのものを比較(=実績額÷目標額:結果は%表示)して「何%達成した」と考えるのが一般的でしょう。そのうえで、達成率が98%だったとしたら、これを100%(分析上のゼロ値)と比較してマイナス2%とし、「今現在、目標に対してマイナス2ポイントだからあとちょっとで達成だ、頑張れ!」というような発破のかけかたをします。達成率のようなものは単なる計算上の数値であり、それをどのような意味あるものと考えるかが分析上重要です。
まさか利益の絶対値として0やマイナスを予算としているのではないと思いますが、仮に絶対値が0やマイナスだったとしたら、「達成率」の意味そのものを問い直すべきでしょう(ゼロ値をより大きなマイナス値に置くことで分析そのものは可能です)。


なお、利益予算の分析ということですが、利益というのは売上や原価などとは異なり、計算の結果の数値であって実体のあるものではありませんから、それを分析するためには、ゼロ値の取り方を考えるほかにも、その「利益」とは何かを理解することが必要です。利益は通常、収入と経費(原価や損失等を含む)との差額ですから、その達成率を分析するためには直接利益そのものを比較するだけでは表面的なものしかわからず、収入の比較、経費の比較等と組み合わせた多角的な分析が必要になります。管理会計では経費について予定配賦率を使用することが多いため、利益自体が想定値としてしか把握できないこともあります。
正しい成果を知るためには、まず何を何のために、どのように分析しようとしているのか、それを正確に理解することが必要だということです。


私は質問に対し、直接その答えを教えるのではなく、質問者自身が自分で答えを見つけられるよう、ヒントを出すように心掛けています。啓せずんば発せずということです。自分自身で見つけ出した答えはその後もいろいろ応用が利きますが、人から結果だけ教えられたことは応用も利かず、問題解決を他人任せにする習慣がつきかねません。
ご質問の書き方では分析する対象やその数値の意味などが書かれていませんが、ものごとを分析する上では、何をどう分析しようとしているのかを正確に把握することが必要なので、質問に書かれているような情報だけでは答えようがないのだということを理解してもらいたいと思い、あえて先のような回答をしました。あしからず。

No.1です。

「率」を計算する場合、何を率と考え、ゼロ値をどこにするかが非常に重要な問題になります。たとえば前年の利益実績が1000円で目標値が「前年比5%増し」というのであれば、目標値は50円(前年利益がゼロ値)ではなく1050円(絶対額)とし、絶対額そのものを比較(=実績額÷目標額:結果は%表示)して「何%達成した」と考えるのが一般的でしょう。そのうえで、達成率が98%だったとしたら、これを100%(分析上のゼロ値)と比較してマイナス2%とし、「今現在、目標に対してマイナス2ポイントだか...続きを読む

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q前期がマイナスの前年同期比の計算方法について

お世話になります。
初歩的な問題ですが、

前年の数字が -20,793,230で
今期の数字が  81,073,962 と

大幅に違っていました。

普通ならば今年度÷前年度で比率は求めれられますが、
前年度の数字がマイナスの場合、
比率の計算はどのようにしたら良いのでしょうか??

また、前年がマイナスで今期も同様にマイナスだった場合の
前年同月対比についても計算方法を教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

前年度の絶対値(マイナスをとった値)と今期の数を足して前年度の絶対値で割ります。

どちらもマイナスの場合は
今年度÷前年度の答えにマイナスをつけます。

で、どうでしょう。

Q予算の達成率について

予算の達成率についてお聞きします。例えば予算が100万円で売上が100万円の場合は予算達成率は100%でよろしいのでしょうか?また売上が120万円の場合は予算達成率は120%で問題ないでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

達成率=売上÷予算
  売上100万÷予算100万=1 %であれば1×100%=100%
  売上120万÷予算100万=1.2       1.2×100%=120%
なのであっていますよ。

Qエクセルで前年比を計算したい

今年の利益:300万円
昨年の利益:-200万円
の場合の、対前年比の算出式を教えてください。

どちらもがプラスの場合には、今年÷昨年で算出していましたが、
マイナスの場合の算出方法がわかりません。

パーセント表示で出したいと思っています。

お願いします

Aベストアンサー

前年比(パーセント表示)は、前年も今年もプラスであってはじめて意味があります。
どちらか、あるいは両方がマイナスの場合は意味がありません。
計算式どうりなら、昨年がマイナスでも今年がマイナスでもともにマイナスとなります。

あえて表示するとすると、利益300万円(前年比+500万円)といった絶対額表示でしょう。

Q達成率の計算のしかた

普通、実際の数が目標の数に対してどれだけ達成されているのかを計算するには『実際の数(60)÷目標の数(120)×100』ですよね(50%)?その逆の計算式を知りたいです。というのは、目標を0(ゼロ)として、実際の数がどれだけ達成されているか(近いか)を計算したいのです。達成率の最高値は100%と設定してあります。実際の数が0なら達成率100%という事です。意味がわからなかったらすみません。

Aベストアンサー

目標を設定する裏には目標に達していない現状があるからです。なので
達成率は(実績値ー目標設定時の現状値)/(目標値ー目標設定時の現状値)で計算します。
売上目標の達成率などで、売上実績/目標売上などで計算しているのを見かけますが、(売上実績-0)/(売上目標-0)の意味です。(目標設定時の売上げはまだたっていないから)
つまり分母を目標と現状の差異ととらえれば分母が0になることはありません。
質問の例では、例えば現状月に5件あるクレームを0件にするといったケースなどでしょう。で実際2件だったとすると、達成率=(2-5)/(0-5)=60%となりますね。

Q伸び率のマイナス数値からのパーセント計算について

伸び率の計算をする際に、
たとえば「前月比○○%の伸び率」といったような表示をする場合、

1月・・・ 5,000
2月・・・ 12,000

だった場合は2月÷1月×100=240%で出るかと思うのですが、
これが対象となる数値がマイナスだった場合、

1月・・・ -5,000
2月・・・ 12,000

先ほどのように計算しようとするとマイナス部分をどのようにしたらよいのかが分かりません。
マイナスがない場合と同様に考えて計算しても良いのか、あるいは別な方法を用いらなければならないのか・・・。


どなたかご教授いただければと思います。

Aベストアンサー

伸び率は「増加分÷基準の月の絶対値×100」です。

>1月・・・ 5,000
>2月・・・ 12,000

の場合は「(12000-5000)÷5000×100」で「140%」になります。

ですので、
>だった場合は2月÷1月×100=240%で出るかと思うのですが、
は間違っています。

>1月・・・ -5,000
>2月・・・ 12,000

の場合は「(12000-(-5000))÷(5000)×(100)」で「340%」になります。

なお、この式は「差が無い時は0%」になります。

もし「差が無い時は100%」にしたい(それは「伸び率」ではなく「前月比率」ですが)場合は、上記の式で出た数値に「100%」を足して下さい。それぞれ「240%」「440%」となり、質問者さんが欲しがった値になります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング