はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

新撰組の土方歳三といえば、幕末の志士でも1、2を争うほどの人気を持っています。その原因となっているのがあの五稜郭戦の直前に撮影されたというあの有名な写真のせいなのは異論の余地はないでしょう。
しかしあの写真、かなり「おかしな」写真であります。服装は洋装でさらに当時の日本人ではほとんどはいていないブーツまで身につけています。さらに髪型はざんばらです。さらに驚くべきはその洋装を「完全に着こなしている」ことです。普通、着慣れないものというのは着こなせないものです。みなさんも、友人知人あるいは自分自身が結婚式などで着慣れない衣装を身につけたらお笑い芸人みたいになってしまった経験があると思います。しかし、歳三さんのあの姿はまるでモデルのように着こなしており、はっきりいえば現代の目で見てもかっこいいものです。きっとあと300年たってファッションが変わってもずっとかっこよく見えると思います(坂本竜馬のブーツ姿がある種のお笑い芸人テイストを持っているのとは対照的です)。
さて、それの何が「おかしい」というと、彼は元々「武士になること」を熱望した男です。つまり、当時においては相当保守的であったことに他なりません。彼の思想を伺える資料はほとんどありませんが、開明的な開国論者ではなく保守的な攘夷論者に近かったことは間違いないでしょう。
その彼がなぜ「洋装」を選びさらに「ざんばら髪」までやったのか。当時一般庶民ですら明治になってもなかなかちょんまげを切ることが出来ませんでした。その「モダンさ」は一体何処から来たと思いますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

1. 土方歳三は、僅かな期間(1年程度)に洋式銃を主装備とする戦術をマスターし、蝦夷地での戦闘では優れた指揮を行ったと言われています。

かなり柔軟な頭脳と知力を持った人物であったことは、新撰組時代の記録からも確かでしょう。要するに「つまらないことに拘らない」人だったと思われます。

2. 蝦夷地は、江戸や京都で暮らしていた歳三には想像がつかないほど寒い所だったでしょう。詳しくは分かりませんが、蝦夷共和国の幹部は西洋式に作った家で1869年の冬を越したと思います。氷雪の中でも平氏の訓練は行ったでしょうが、洋装でなければ出来るわけがありません。そして、「洋装に髷を結う」様な格好悪いことを、洒落者であったらしい歳三がやるとは思えません。洋装なら当然頭も洋式にするでしょう。

3. 服についてですが、当時は既製服など存在しません。函館に洋服職人(外人か日本人かは不明)がいて、その人が採寸して歳三の洋服を作ったはずです。革長靴も同じです。フルオーダーの洋服や靴を着こなすのは、歳三のように「柔軟な発想を持った人」なら十分可能だったのでは。

4. 私は、土方歳三は近代軍の最優秀の将校になれた人だと思います。函館戦争では、蝦夷共和国の最高責任者であり「賊軍の首魁」である榎本武揚さえが助命されました。新撰組の副長であったとはいえ、別に罪人でもなんでもない歳三が助命されることはありえたと考えます。
仮に歳三が助命され、後に明治の陸軍か海軍に身を投じていれば、同じく賊軍側で最後まで抵抗し、許された後に日露戦争で偉功を建て、陸軍大将まで昇進した立見尚文のように日清戦争あたりで活躍出来たのでは、と考えます。日露戦争の時は既に70歳ですから、現役軍人として戦うには遅すぎますが。

※私は別に「新撰組ファン」ではないので誤解なきよう願います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

興味深い説です。鬼の歳三と恐れられた人ですが、頭の中は柔軟だったんでしょうね。能力も優秀な人であったのは間違いないところでしょうが、しかし五稜郭で殉じたのが彼の人気を余計に押し上げてるのでしょうね。

お礼日時:2007/09/08 08:56

まずは根本的な誤解があります。


幕末の日本はあちらこちらで洋服を着ています。(膨大な数の写真が現存)
ブーツも黒羽藩主や佐倉藩士など多数写真で現存しています。

幕府や会津は開国主義です。それに憧れた人が長州や水戸と同じ攘夷論者になるんですか?

武士は生きるために刀より拳銃を選ぶ人種です。『人斬り以蔵』と現代いわれる岡田以蔵が持っていたものは拳銃(現存しています)です。使い勝手の悪い和服を着るより着易い洋服を選ぶのが武士です。

鳥羽・伏見の戦いでは新選組は全員ライフルを持っています。これは当時の精密画で現存しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>使い勝手の悪い和服を着るより着易い洋服を選ぶのが武士です

豪快な説恐れ入りました。ちなみに余計なことではありますが、ライフルとはいわゆる施条(ライフルリング)を持った銃であります。幕末であればミニエー銃以降でありますが、鳥羽・伏見では火縄銃ないしゲベール銃がメインではなかったかと思います。ま、あれですよね、「銃を持っていたっていいたかったんだ、銃を。揚げ足を取るんじゃない」ですよね。

お礼日時:2007/09/09 00:30

写真の真偽は別として当時(五稜郭時代)には既に榎本武陽など西洋風の風俗はかなり浸透していたはずです。


しかも土方は政府軍の新式装備に完敗してきた人物ですから装備や訓練の洋式化の必要を痛感していた筈です。

頭の「ちょんまげ」は戦闘時は鉢巻をしなければ戦闘に不向きな事は経験ずみでその点「ザンギリ頭」は便利至極です。  靴も同様。
洋装による戦闘の有利さも痛感していたでしょう。
従っていかなる保守主義者であってもこれらの利点に目をつぶる事は実戦主義の土方でも許されなかったと考えます。

このように考えると理解出来るのでは・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

確かに戦闘では洋装のほうが楽で優れていたことは痛感したであろうことは想像できます。ただ、人間というものはなかなか常識に基づく習慣を変えることは難しい生き物なんですよ。日本の夏の気候にはスーツは合わないことは誰だって知っています。けれども一度「サラリーマンはスーツ」という常識と習慣が出来てしまうとなかなか脱げないものです。かつて省エネルックはE電なみに失敗しましたし、今のクールビズだってなかなか受け入れられない人たちがいます。
あと、当時の実際はどうだったか分かりませんが、そもそもちょんまげは兜をかぶったときに頭が蒸れないようにしたもので、本来なら戦場向きの髪型なんですよね。後に明治政府はちょんまげ禁止令を出しました。禁止令が出たということは禁止しなければならないくらいみんなちょんまげをやめられなかったということです。そういう意味においても、歳三さんは結構柔軟な思考の持ち主だったといえるのかもしれませんね。

お礼日時:2007/09/09 00:19

土方歳三は三多摩(日野など)と言う天領の出身です。


ここの人は幕府への思い入れがかなりあり、当時としては保守的な考えの人が多かったと思います。
当然初めは攘夷論者であったと思います。
しかしそれを言うのならば、倒幕派の人も初めは攘夷論者ばかりだったのではないでしょうか。
薩摩藩士が薩英戦争によって開国論に転じる人があったように、土方も戦いや情報などで西洋の物でも良い物は積極的に取り入れて行っただけです。
新撰組も最後の方は西洋式軍学を取り入れる方針だったような。

戦いで甲冑を着けるのはもはや不利。
ならば戦いやすい軍服(洋装)を着るというのも自然の流れ。
ざんばら髪の方は分かりませんが、やはり洒落者だったのでは。

>No.4の方

土方が捕まっていた場合は、間違いなく死罪となっていたでしょう。
新撰組は京都守護をする警察部隊として、討幕派とはかなり激しい闘いを繰り広げていたのでいましたからね。
(どちらが良いかは、贔屓によって見方が変わります。個人的には、どちらも賛美されることもやれば批判されることも多々やっていたのではないかと)
倒幕派の新撰組への怨嗟の思いは相当なものであったはず。
局長・近藤勇の最期を考えると、まず生き残るのは無理ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

かなりモテモテで自他共に認めるプレイボーイだったようなので、髪型を大胆に変えることにも躊躇がなかったのかもしれませんね。
それにしても面白いのは、幕末の志士のほとんど、といってもいいくらいの人たちが元は攘夷論者だったのにあっさり西洋技術を取り入れることに積極的になっているのですよね。戦後もあっさり親米路線に転向しましたし、こういった「節操のなさ」が日本人の強みなのではないかと思っています。

お礼日時:2007/09/08 09:03

異論だらけです。

(^_^;

 後のお話でかっこよく描かれたから人気があるだけで、京都でやってた事はただの人殺しですし、五稜郭に篭城したのもそう。

ちなみに、写真技術的には、あの写真修正だらけです。
今で言えばPhotoshopで画像処理(^_^;

それと同じような技術が告ぎこまれています、というか当時の写真はそんなもんです。

人の生い立ちや歴史がどーのこーのとは別に、写真技術の事を調べるといいですよ(^_^)v
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

写真技術の歴史を紐解いたところで歳三さんの洋装の真相にはたどり着けるとは思いづらいところです。すんませんなー、専門家にコメントいただいたのに。ま、ウサマ・ビン・ラディンもキリスト教徒から見ればテロリストですが、過激なイスラム教徒から見れば英雄です。視点の違いですよ。

お礼日時:2007/09/08 08:51

土方は鳥羽・伏見の戦いの前後から、すでに刀槍では戦争ができないと見切り、装備の洋式化をすすめたといわれています。

その過程で、服装も洋式にしたとしても、特に不思議はないと思います。
「武士である」ことと「保守的である」ことは必ずしも等価ではないですし、もし本当に「保守的」な人物であったのなら、武士になろうなどとは思わず、田舎ではそこそこ裕福だった生薬屋の旦那で一生を終えたでしょう。

土方の洋装姿を「完全に着こなしている」と見るか否かは、主観の問題ですので何とも言えませんが、私の目から見ると、胸元がガバガバに余っていて、それほど端正に着こなしているとは思えませんが‥‥
それに、あの写真は、一般に普及しているモノはかなり修整されているようです。以前に修正前のモノを見たことがありますが、ずいぶん印象が違います。
余談ですが、同じ様に修正された写真のイメージが定着している人物に松平容保がいますね。彼の写真も修正前のモノを見ると、別人のようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

修正前の写真は見たことがありません。どんなものか興味深いですね。ま、現代のアイドルもおっぱいが大きい子だと思ってイベントに行くと全然おっきくなくてがっかりなんて話をよく聞きますね。

お礼日時:2007/09/08 08:48

負け続けたからです。


鳥羽伏見の戦いから、函館まで、ずっと負け続け。徹底的に負け続け。

軍国主義日本が、戦後、平和教徒と言えるほど、平和主義になったのは、徹底的に負けたからです。

中途半端に負けたのでは、もともとの自分の信念を曲げるのは大変。けど徹底的に負けたので、勝つためにはどうしたらいいかというのが、あの外見の変化だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

徹底的に負けたからドラスティックな思想転換が逆に可能だったというのは面白いですね。

お礼日時:2007/09/08 08:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新選組の隊服の色

 新選組の隊服って”ダンダラ羽織”ですよね。
 
 あの隊服の色って、最初水色に白と思っていたんですが、
 私が観た新選組の映画では、隊服が黒と赤という組み合わせだったんです。
 赤といっても明るい赤じゃなくて、暗いカンジの赤で・・・。
 どっちの隊服が実際に着られていた色なんでしょうか??

 最近、新選組の本なども結構読んでるんですが、「浅葱色」という言葉が出てきます。
 調べたところ、浅葱色って濃い水色みたいな色ですよね?
 でも映画では黒に赤って隊服あるし・・・。
 ちょっと混乱してます。

Aベストアンサー

新撰組の隊服は浅黄色或いは浅葱色といわれていますが、本当の色はよく分からないのが真相ではないかと思います。何故なら色の名前と実際の色は時代によって微妙に変わってきます。又当時の麻布に天然の染料で染めた色と現代の、おそらく綿とポリエステルなどの混紡の布を科学染料で染めた色は同じ色になりません。

更に夢を壊すような事になりますが、隊服の色というのは
当時見かけた人々の日記や聞き取りで再現しているはずなので本当の色はわからない筈です。仮にどこかで当時の
羽織の本物が発見されても変色してしまってやはり元の色を正確に知る事は出来ません。

映画は娯楽ですから見た目に美しいように適当に配色をしていると思います。これは服装だけでなく、現物が残っていないようなものは適当に再現するのが日本でも海外でもおなじでしょう。映画で侍の乗る馬はサラブレッドか混血の乗用馬ですが、あんな大きな馬は日本に居なかったことは発掘で証明されています。又当時は右側から乗馬していたと言われますが、映画では左側から西洋流に乗っています。
映画のウソ(便宜上)にはきりがありません。

新撰組の隊服は浅黄色或いは浅葱色といわれていますが、本当の色はよく分からないのが真相ではないかと思います。何故なら色の名前と実際の色は時代によって微妙に変わってきます。又当時の麻布に天然の染料で染めた色と現代の、おそらく綿とポリエステルなどの混紡の布を科学染料で染めた色は同じ色になりません。

更に夢を壊すような事になりますが、隊服の色というのは
当時見かけた人々の日記や聞き取りで再現しているはずなので本当の色はわからない筈です。仮にどこかで当時の
羽織の本物が発見されて...続きを読む

Q確定申告を書き間違えた時の訂正方法

生まれて初めての確定申告をしています。
2箇所ほど書き間違えてしまいました。
訂正は 2本線を引いてその個所に 捺印すれば良いのでしょうか? 御指導くださいませ。

Aベストアンサー

以前申告書の内容が間違っているという理由で、税務署から呼び出しを受けた経験があります。その時は署員の人に言われて2本の訂正線で消して、捺印させられました。あなたのおっしゃっている方法で正解です。訂正印は申告書の上の欄に捺印するものと同じ印鑑を押してください。

Q関ヶ原の戦いでもし(IF)小早川秀秋が裏切らなかったらどうなってた

関ヶ原の戦いでもし(IF)小早川秀秋が裏切らなかったらどうなってた

小早川秀秋がもし東軍(家康側)に寝返らなかったら関ヶ原の戦いは西軍(石田三成側)の勝利となっていたのでしょうか。
小早川秀秋は家康から寝がいりを要求する手紙をもらっていたらしいのですが。
もし寝が入り、の決断をできなかった、もしくは家臣に反対されて西軍を裏切らす東軍と戦ってた場合

関ヶ原の戦いの結果はどうなっていたのでしょうか
あと裏切りという作戦を家康が立てていたのですが
裏切ってくれなかったとしたときのために
家康は何か策でも立てていたのでしょうか

皆様の考えをどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 関ヶ原の戦いのポイントは、戦いの前に岐阜城が落とされたことにあります。ここで西軍の主力の一つの織田が全滅しました。そのとき西軍主力の宇喜多は、伊勢にいました。石田は、岐阜城の重要性に気がつかないで織田を見殺しにしています。その間、戦略をたてに大垣と佐和山を行ったり来たりしています。
 そうして濃尾平野の重要部分を徳川方に押さえられて
関ヶ原を迎えます。
 もひとつは、島津義弘の軍が、正規の部隊でないことだと思います。島津軍が、1万人くらいの戦力で司令官になって作戦指揮していたら家康も無謀な関ヶ原の野戦にでることはなかったでしょう。義弘の朝鮮の役の活躍や関ヶ原以後の対島津の扱いから見ても誰もが納得できるでしょう。
 後一つは、立花宗茂がいたらです。小早川を大津に残し立花を関ヶ原につれてきていたら、宇喜多と立花、島津と並んでいたら、西軍の勝ちになるでしょう。
 といっても、石田は、小早川に(関白)を約束していたので決戦場にいないわけにはいきませんね。結局これも実現の可能性はゼロです。
 ただ、一つ重要な点は、徳川軍本体は強かったかと言うことです。秀吉に対抗した当時までは、徳川は最強でした。でも、関ヶ原前の20年くらいは大きな戦争もなく人数はともかく経験不足でとても精強とは言えない武士団でした。もし、徳川本体が戦って強くないことがばれたら本当に大変なことになるところです。
 いろいろな書籍を読んでみてもホントにうまく進めた物です。家康という人物の戦略眼と組織作りは見事です。最終勝利者というのでしょうね。参考になります。

 関ヶ原の戦いのポイントは、戦いの前に岐阜城が落とされたことにあります。ここで西軍の主力の一つの織田が全滅しました。そのとき西軍主力の宇喜多は、伊勢にいました。石田は、岐阜城の重要性に気がつかないで織田を見殺しにしています。その間、戦略をたてに大垣と佐和山を行ったり来たりしています。
 そうして濃尾平野の重要部分を徳川方に押さえられて
関ヶ原を迎えます。
 もひとつは、島津義弘の軍が、正規の部隊でないことだと思います。島津軍が、1万人くらいの戦力で司令官になって作戦指揮し...続きを読む

Q色小姓だった??

お世話になります。
以前に市村鉄之助について質問をした者です。
前に質問した時はこの質問に対して回答が返ってこなかったので、単発でお聞きすることにしました。
質問は市村鉄之助は土方歳三の色小姓だったというのは本当なのか、という事です。
以前どこかの板で、近年市村鉄之助は土方歳三の色小姓だったというのが発表されたというのを目にしたことがあったと思うのですが、どうだったのかな?と思ったからです。知っている方はぜひ教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

 市村鉄之助はたしかに土方の小姓役ですし、土方もかわいがっていて、最後までついてきた函館で討ち死にするつもりの市村鉄之助を土方が無理やり逃がしたとらしいので、別段当時から考えれば不思議でもないですが発表されたというのは知りません。

 違うかも知れませんが、最近発見か発刊した「佐藤彦五郎日記」のことでしょうか?

 「佐藤彦五郎日記」には土方歳三の小姓の市村鉄之助のことが通説と違うとか、と以前聞いた気が・・・・
 役に立たなくてすみません。
 

Q本能寺の変 信長の「是非も無し・・・」とはどんな意味?

本能寺の変で、謀反が明智だと知らされた信長は
是非もなし
と言ったと伝えられていますよね。
これって、どういう意味でしょうか?
・しかたない
という意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

 「是非もなし」でも「是非に及ばず」でも同じなのですが、日本語としては「良し悪しを論じても意味が無い(実力行使しかない)」という意味です。

 ちなみに、「直江状」でも家康の言いがかりに対して「是非に及ばず候」と言っていますね。「やるなら受けて立つ」と言っているわけです。

Q幕末の武士たちの食事はどんな感じでしょうか。

幕末の武士たちの食事はどんな感じでしょうか。
良く魚の焼き物、味噌汁、鍋、白ご飯を食べてますね。
塩はあるでしょうが醤油もあったのでしょうか?
あまり肉をがっついてるシーンは見ませんが肉は食べていたのでしょうか?
鳥や猪は食べるでしょうが、牛は明治に入ってからでしたっけ?豚は食べてたのでしょうか?
時代劇で、移動式屋台のうどん屋がよく出てきますが、醤油出しでしょうか?
うどんのみで具はなかったんでしょうかね?
食事が良く分かるHPなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

漫談です。

江戸三白といいまして、米、大根、豆腐がまず江戸人の食べ物代表です。それに鯛と白魚をたして、五白ということもあります。

これらの料理法を江戸の人は究めまして、当時から「豆腐百珍」というレシピ本がベストセラーになります。この「百珍」は、蒟蒻、鯛などの亜流がでるほど売れました。また、「料理物語」というレシピ本もあります。

牛は農耕のための財産であり、食用ではありません。イノシシは「山鯨」という隠語ができ、クスリと称して売っていたくらいなので、実はみな好きでした。

夜泣きの移動屋台のソバがまずあります。かけ、という言葉はどんぶりに入れたソバにダシを「ぶっかけた」が語源です。本来は店では蕎麦つゆにつけて食べるものでした。タネは、以外ですがテンプラが一番古いタネです。ネギと桜海老ていどの安価なものです。なぜなら、ソバにあげておいた(当然冷たい)かき揚げを乗せてダシをはると、ダシが少なくてすみ、またソバが冷めにくくなるからです。揚げ玉だけのたぬきは、テンプラの「たね(具)」を「ぬき」にして、「たねぬき」が語源です。スパイスとして七味唐がらしがありますが、江戸人は「七色(なないろ)」といいます。いまでも、東京に長く住んでいるひとや下町では七色といいます。
脚気のお話がありましたが、脚気はビタミンB の不足から来るのですが、白米オンリーのゼイタクは珍しかったので(大概は麦をまぜる)、江戸期には大流行していません。精米技術が進んだ明治期に流行しはじめ、陸軍がこの対策に困ります。なぜなら、兵は白米食べていたからです。日露戦争では脚気に25万が罹患し死亡した兵士が2万以上と非常に多く、ロシア側は「日本側に伝染病の兆候あり」とその様子をつかんでいます。
一方の海軍は当初パン食でしたが不評で麦飯にしたのですが、ビタミンBが結果的にとれたので脚気がおきませんでした。

当然、日露戦争前に陸海軍とも脚気について対策を取ったのですが、海軍は「今の食事で起きていていないのだから、麦飯」と英国で医学を収めた高木兼寛が主導し、惨事になりませんでした。英国では例として、海軍兵士にレモン・ジュースのませれば、理由はわからないが壊血病にならない、という、結果オーライな軍事医学の方向性があったからです。高木は日露戦争後、脚気を防いだ功績がみとめられ、男爵を授かっています。

が、陸軍はドイツで当時最先端の細菌学をまなんだ森麟太郎(森鴎外)が軍医トップにおり、「脚気も細菌が原因」と(今日の目で見れば)まちがった方に対策リソースがふられてしまったので、大惨事となったわけです。

脱線しましたが、ネタとしてお納めください(;^_^A
杉浦日向子氏の著作に、江戸の食について楽しく詳しく書かれたものが多いです。下のURLもみてください。楽しいですよ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E6%B1%9F%E6%88%B8%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E6%96%87%E5%8C%96

漫談です。

江戸三白といいまして、米、大根、豆腐がまず江戸人の食べ物代表です。それに鯛と白魚をたして、五白ということもあります。

これらの料理法を江戸の人は究めまして、当時から「豆腐百珍」というレシピ本がベストセラーになります。この「百珍」は、蒟蒻、鯛などの亜流がでるほど売れました。また、「料理物語」というレシピ本もあります。

牛は農耕のための財産であり、食用ではありません。イノシシは「山鯨」という隠語ができ、クスリと称して売っていたくらいなので、実はみな好きでした。

夜...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング