人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

現在都市計画コンサルタントをしています。
転職のことで悩んでいます。
今の仕事には、街が好きだからという理由で選んだのですが、都市計画コンサルの実務は、実質は役所の裏方です。形になる仕事がしたい、自分が本当に好きな仕事や打ち込める仕事に一生を費やしたいとの思いから、このたび自分の好きな分野である建築あるいは都市の意匠設計の分野に転職しようと考えています。そこで経験を積んで、将来は建築の分野で、自分の腕を活かせるビジネスをやりたいと思っています。
ゼネコンや大手設計事務所にはなかなか採用がないと思うのですが、設計の経験や知識を積めて、将来独立を考えられるような進路って、他にありますか?
(学歴:神戸大建築系(院卒)、28歳)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

今はリタイアして12年経ちましたが、大卒後、大手ゼネコン:11年、設計事務所自営:14年、県一の設計事務所(所員:40名程)勤務:7年、大手設計事務所勤務:7ヶ月、大学教員:11年で定年となりました。


勿論、1級建築士は受験資格が充たされた年に取りました。
あなた様の学歴であれば、どこへ出しても恥ずかしくないものと思います。
設計事務所は、中途採用もあると思いますので、情報に注意されてアタックされたら。
さて、本論に入りますが、私の体験が何らかの参考になろうかと思い書きます。ゼネコン(支店)では、設計を主に、叉設計施工の現場に、叉、特異な設計の施工担当(アメリカ領事館・村野藤吾先生の設計)などに関わりました。
転職の切っ掛けは、海外の建築を見たくなった事・ゼネコンでの将来など考え、アメリカ領事館の工事のアメリカ側の監督官(ミノル・ヤマサキ事務所勤務経験あり)のサジェスチョンもあり、欧米旅行(60日間)となりました。当時(1964年)、海外に出る事は会社として許されませんでしたので、退職しての旅行となりました。外貨も自由化されていませんでした。
帰国後、自営の個人事務所を開設しました。14年間も維持出来たのは、特定のクライアント(地方銀行2行)が存在したからでした。設計した建物は、銀行支店・集合住宅・住宅・中学校教室棟・浄水場本館・料亭・別荘等多彩でした。意匠設計は自分らで、構造と電気給排水衛生設備は夫々外注していました。監理も構造と設備は設計を外注した事務所に委託していました。
然し、経済の効率化と共に、その地方銀行は支店の建物を自社で建てずに、ビルのテナントとして支店開設の方向に進んだので、所員3名では事務所維持は無理と閉鎖しました。
閉鎖と同時に、かねてより大学等の関係で懇意にしていた県一の設計事務所の所長さんに頼み込んで、その事務所の設計部長として勤務する事になりました。半分は、押し掛けのようなものでしたが。
其の事務所は、営業:2名、建築意匠設計:15~20名、構造設計:4名、設備設計:4名、工事監理:4名、都市計画:2名程で、市街地再開発事業を始め、あらゆる種類の建物の計画・実施設計、監理をこなしていました。
外注は、建物の透視図・模型製作と、所内で処理しきれない程の物件が多い場合に、意匠設計を外注していました。所員の補充は、新卒採用(大卒)が毎年1~2名。所員が独立して欠員が生じる為。
お得意さんは、国土交通省・地方公共団体・あらゆる業界団体・病院・個人事業者・個人に及びました。
その事務所も経営合理化の必要に迫られ、設計・監理等の部長、年配者の退職を余儀なくされ、私も退職となりました。
その後、大手設計事務所の地方の事務所に勤務しました。所長と同窓の誼でしたが、東京本社採用となりました。
その地方事務所は、営業(所長・他に1名)、建築意匠担当:4名、監理担当:2名、設備担当:2名の構成で、私は監理担当との事でしたが、建物の基本計画など意匠担当の業務も任されました。要するに何でもやると云う事です。実施設計は全て特定の個人事務所に外注していました。施工監理は意匠担当者が見る事になっていました。
設計料のパーヘッドは、前の県一の事務所の2倍以上になっていました。
矢張り、大組織のメリットでしょうか。
この事務所を腰掛けとする意思は無かったのですが、大学教員の話が出て来て、定年等を考えて、4回目の転職となりました。
その大手設計事務所の本社も快く、退職を承認してくれました。
何か御参考になる事があれば と、書きました。

大学教員として転職するまでの7ヶ月を
    • good
    • 4

設計士です。


ご存知かとは思いますが耐震偽装事件による建築基準法改正以来、建築業界は大混乱をしています。
trueselfさんは意匠設計をしたいとのことですが、現在は建築士免許はお持ちでしょうか?
もしお持ちでなく、受験資格があるならば、来年度の建築士試験にぜひ挑戦してほしいです。
何故かというと、2009年度からの建築士試験は内容がかわる可能性が大だからです。
受験資格等が大幅に改正されるもようです。

意匠で将来独立を考えているのであれば、やはり設計事務所ではないでしょうか。
たしかに大手設計事務所の採用は厳しいかもしれません。
ゼネコンで設計業務を募集している所も少ないと思います。
私は、人数3~4人の小規模な設計事務所で経験を積みました。
大手設計事務所は大規模に公共施設や特殊に構造の建築物を主に設計し、デザイン的にも技術的にもハイレベルなものだと思います。
しかしハイレベルな上に、作業は分散化されてしまい、一つの物件を自分ひとりで行うことは不可能でしょう。
10人~15人の中規模設計事務所も大規模に近いものがあります。
しかし、『街を創る』という意味では、いろいろなプロジェクトがある分trueselfさんにはあっているかもしれませんね。

小規模事務所では超高層ビルや街全体をプロジェクトするような仕事はほとんど無いです。2~4人の人間ではとてもカバーできる仕事ではないからです。
小規模事務所の良いところは全てを自分で出来ることです。お施主さんとの打ち合わせ、行政機関等との打ち合わせ、確認申請業務、基本設計、実施設計、現場監理etc 
小規模事務所では、住宅はもちろん、マンションや公共施設、工場、店舗など、いろいろな建築物を手がけることが出来ます。
2~3年経験を積めば、一通りの事は身に付きます。(大変ですが....。)
設計士は図面を描くだけが仕事ではありませんし、独立を考えているのであれば小規模事務所で経験を積むことが最短ではないかと私は思います。
ちなみに、初任給ですが私の時代(現在36歳)で東京勤務で手取り18万円程度でした。
転職することは今後の生活や人生にも大きく関わります。よく考えて下さいね。
成功を願っています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築学部からの就職ってどんなのですか?

高3なんですが建築学部に行こうと思っています。はっきり言ってなりたいだけで中身がわかってないのですが、就職がどのようになってるかは知っとかないと思って質問しました。やはり親にお金出してもらうので。
一応事務はしたくないわけでありませんが、やはり夢は何か大きなものを立ててみたい。漠然ですみません。あと住宅の設計もしたいです。
こんな私はどんなところに就職したほうがいいのでしょうか?
そのための最低条件は何なんでしょうか?

はてなが多くてすみません。どんななことでもいいので書き込んでもらえるとありがたいです。お願いします。

Aベストアンサー

建築には企画(不動産業など)、設計(アトリエなど)、施工(ゼネコンなど)の3つの段階があります。
どの職種の人もこの建物は自分が建てたと言いますが役割は全く違います。
まず自分がどの部分をやりたいかを理解することが大事です。

建築学科からの卒業生の多くは建築系の会社に就職します。
アトリエ(安藤忠雄、伊東豊雄など)
組織設計事務所(日建設計、日本設計など)
ゼネコン(鹿島、大成、清水、大林、竹中など)
ハウスメーカー(積水ハウス、大和ハウス、住友林業など)
不動産業(三井不動産、三菱地所など)
公務員(国土交通省、経済産業省、地方上級など)
が主なところではないでしょうか。

私の主観ですが上の業種は以下のような感じだと思います。
アトリエ・・・仕事に夢はあるが労働時間長く給料低いアルバイトのよう。
将来的に独立する人が多く、その中から有名建築家になる人もいる。
組織設計事務所・・・仕事に夢はあるが労働時間長め、給料は少し良いが福利厚生は△
ゼネコン・・・労働時間長めだが、給料は良い。福利厚生も◎。現場と設計でだいぶ違うらしい。
また担当する物件の種類(オフィス、マンション、工場など)によっても忙しさ、やりがいが異なる。
ハウスメーカー・・・生活にもっとも身近でやりがい◎、給料は普通。
火・水休みが一般的で他業種の友人とはあまり遊べない。福利厚生は◎。
ただし客商売なので売上が非常に重要。労働時間は客次第。
不動産業・・・労働時間は長めだが、給料、福利厚生は◎。やりがいもある。
しかし入社は最難関ですさまじい倍率+コネがないと厳しい企業も・・・。
公務員・・・一番安定しており、給料普通、福利厚生◎。国家公務員はかなり難関。
仕事内容は多種多様。知り合いはあまり夢はないと言っていたが定時帰り可だそう。

大学に入ってからも十分時間があるので講義を受けながら進みたい道を
決めるのが良いと思います。
就職の為の最低条件ですがある程度レベルの高い大学のほうが
就職しやすいのは事実です。
アトリエは才能次第ですが、組織設計事務所は旧帝大、早慶が多く、
ゼネコンでは旧帝大、早慶、MARCH、日大などが多いです。

建築には企画(不動産業など)、設計(アトリエなど)、施工(ゼネコンなど)の3つの段階があります。
どの職種の人もこの建物は自分が建てたと言いますが役割は全く違います。
まず自分がどの部分をやりたいかを理解することが大事です。

建築学科からの卒業生の多くは建築系の会社に就職します。
アトリエ(安藤忠雄、伊東豊雄など)
組織設計事務所(日建設計、日本設計など)
ゼネコン(鹿島、大成、清水、大林、竹中など)
ハウスメーカー(積水ハウス、大和ハウス、住友林業など)
不動産業(三井...続きを読む

Q級建築士・年収1000万円は努力次第で可能か?

就職活動中の者です。
国立大学修士1年で建築学科・構造系研究室の学生です。
資格は2級建築士所持です。

ゼネコンなどの大規模建築に携わる仕事よりも、
個人に対しての建築を作りたいと考え、ハウスメーカーを志望しております。
そこで、汚い話ですが現実的に、給料が気になり質問させていただきました。

いわゆる大手ハウスメーカー(セキスイハイム・積水ハウス・ダイワハウス等)に設計職・施工管理職として勤務した場合、
将来的に年収はどの程度まで可能でしょうか?

管理職まで出世出来れば、1000万円などの高所得も可能でしょうか?
また技術職にそのようなチャンスはあるでしょうか?

Aベストアンサー

No2です。お礼のコメントありがとうございます。
企業の管理職と言うのは、どの産業でも同じですが、年俸制+業績配分が一般的なのです。
例えば、年俸600万円(月額50万円)の契約とします。そこに、業績配分として賞与(ボーナス)が加算されるのが一般的です。管理職は、時間外手当て(残業代)は支給されませんから、深夜まで残ろうが、休日出勤しょうが給料は同じです。
しかし、業績が良ければ一般社員より高額な賞与が支給されます。身内の者も、以前は驚く程、高額が賞与を支給されてましたが、最近の業績不振で人並み程度の賞与になったようです。
管理職と一般社員の違いは、ここにあると言っても過言ではありません。
場合によっては、残業の多い一般社員の方が、管理職より月給に関しては上回る事は珍しくありません。
ですから、一般社員でも年収1,000万円以上は夢ではないのです。
但し、そのような人は直ぐに管理職にされてしまうのです。

Q学部卒で建築設計職は厳しいでしょうか?

現在就職活動中の建築学科に通う大学生(女)です。
学部卒で設計職に就きたいのですが、やはり厳しいのでしょうか?
採用情報では学部卒・院卒でもどちらでも受けられますが、実際受けている人は院卒の方が多いです。私にはポートフォリオを作れるほどの作品もありません。また、悔やまれるのですが、一度設計に挫折し、設計の授業を2年生までしか履修しておりません。

アトリエ系設計事務所や組織設計事務所、ゼネコンなどは学部卒は厳しいという話を聞きますが、興味が住宅にあるので、ハウスメーカー、設計も行う工務店を受けるつもりでいます。
実際、学部卒で設計職に就けるのでしょうか?
現在第一志望が自由設計の某大手ハウスメーカーで競争率も高く、情けないですが自信がなくなってきています…。
私の所属する建築学科の就職状況は、ほとんどが大学院進学であまり参考になりません。

施工管理で現場を知ってから設計に移動できるならそれもいいと思うのですが、女であることが施工管理職の採用でデメリットになるのなら、最初から設計職志望にするべきなのかと、職種の選択でも悩んでいます。

また、ハウスメーカーや工務店で独立できるくらいの能力は身につけられるのでしょうか?分業されていて学ぶことは限られてしまうのでしょうか?
正直独立するくらいの気概はないのですが、参考として教えていただければ嬉しいです。

甘ったれた学生ですが、アドバイスいただければと思います。厳しいお言葉でも結構です。

現在就職活動中の建築学科に通う大学生(女)です。
学部卒で設計職に就きたいのですが、やはり厳しいのでしょうか?
採用情報では学部卒・院卒でもどちらでも受けられますが、実際受けている人は院卒の方が多いです。私にはポートフォリオを作れるほどの作品もありません。また、悔やまれるのですが、一度設計に挫折し、設計の授業を2年生までしか履修しておりません。

アトリエ系設計事務所や組織設計事務所、ゼネコンなどは学部卒は厳しいという話を聞きますが、興味が住宅にあるので、ハウスメーカー、設計も...続きを読む

Aベストアンサー

組織設計事務所に勤めるものです。

ご存知のように上位の組織設計事務所やゼネコン設計部は学部も募集はしていますが
近年採用実績は殆ど無く、事実上院卒が条件となっています。
学部卒に比べ2年間のアドバンテージはとても大きい物がありますし、院生には数ヶ月掛けて精魂込めた卒業設計作品がありますから、なかなか太刀打ちできません。
ところがハウスメーカーではそのような話は聞きません。作品よりも人物や学業成績がモノを言う世界だと思います。

将来の独立に向けて設計の力をつけたいのであれば設計事務所かゼネコン設計部がよいでしょうが激務で一部のトップ企業以外は薄給です。
きちんとした企業で人並みにしっかり稼ぎたいと思うのならハウスメーカーです。
ハウスメーカーは「家を売る」お仕事ですが、設計事務所は企画、設計から建設、竣工までトータルに関わる「建築のプロフェッショナル集団」で、コンサルタントに近いです。
ゼネコンはもちろん建設が仕事ですが、ハウスメーカーよりは建物=商品ではなく、建設技術を売っているというイメージでしょうか。設計部門も大手ではかなり高度で洗練された技術がありますが、トップ10に入らないゼネコンでは中小の設計事務所に及びません。
どちらがえらいとか、すごいとかの話ではありません。あなたがどちらの道に進みたいかです。

設計で勝負しようとお考えなら施工管理からなどと考えないほうが良いですよ。
設計に行ける保証もないですし、新卒で入るよりもかえって難しくなるでしょう。

設計の授業を履修されてないようですので、設計事務所やゼネコン設計部はかなり
ハードルが高いと覚悟したほうが良さそうです。
はっきり申し上げて、私から言わせていただけば「今のままではほとんど無理」だと思います。
修士に行くなど、設計の勉強を積まれることをお勧めします。

建築を極めようとは思わないけどなんとなく設計がしてみたい、というのであればハウスメーカがオススメです。
大手であればあるほど望ましいです。大手不動産系のハウス部門などいかがでしょう。
給料は設計事務所の倍ですよ。

就活頑張ってください。検討を祈ります。

組織設計事務所に勤めるものです。

ご存知のように上位の組織設計事務所やゼネコン設計部は学部も募集はしていますが
近年採用実績は殆ど無く、事実上院卒が条件となっています。
学部卒に比べ2年間のアドバンテージはとても大きい物がありますし、院生には数ヶ月掛けて精魂込めた卒業設計作品がありますから、なかなか太刀打ちできません。
ところがハウスメーカーではそのような話は聞きません。作品よりも人物や学業成績がモノを言う世界だと思います。

将来の独立に向けて設計の力をつけたいのであれば設計...続きを読む

Q中堅組織設計事務所から、大手に転職は可能ですか。

現在、修士2年の女性です。
就職活動を終えて、組織設計ではtop30程度には入る中堅の組織設計事務所に内定を頂きました。(主にマンション、集合住宅を設計)
ここは志望順位が低かったので、3年程(一級取得後)で転職を考えているのですが、このような中堅の組織設計事務所から大手の組織設計に転職した方はいらっしゃいますか?

新卒でこのまま就職するか、もう一年就活浪人するか、迷っています。

どなたかアドバイスいただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大手といわれている組織設計事務所に勤務しています。
御質問の転職は、そのときの景気や時代のニーズそして貴方次第ですが充分可能だと思います。
但し一芸に秀でた能力の方が求められる傾向があるようです。貴方が意匠設計本社(東京など)志望だと仮定すると
海外(中国など)でのプロジェクト経験者、英語堪能、医療福祉・集合住宅(ある程度大規模)等の経験が豊富、都市開発や再開発プロジェクト経験者、デベロッパーとの仕事経験が豊富などではないでしょうか。地方支社などでは医療福祉系の経験が有利と思います。また女性はこの業界では正直有利ではありません。ただし医療福祉や集合住宅などは女性は活躍がしやすい領域と思います。

これらの経験を身につけるには、3年程度ではやや難しいのではと思われます。
例えば集合住宅設計においては、住戸内設計はセンスがあれば3年ぐらいで大体コツはつかんでしまうでしょう。
でも再開発や地区計画内での大型プロジェクトであれば、3年程度では竣工する実績も作れないと思います。
3年で小規模な集合住宅の少ない実績程度では、望まれる大手への転職は同世代の人員もたくさんいるので難しいと思います。

アドバイスとしては7~10年は内定を頂いている事務所でキャリアを磨き、その時でも給与や待遇に不満であれば転職を考えられたらと思います。貴方に能力と実績と自信があれば、大手組織事務所だけではなく様々な業種会社から引手数多だと思います。
top30に入る集合住宅の得意な事務所はある程度限られてきますが、集合住宅の中でもレベルの高い物を手がけていると思います。高齢者マンションや福祉施設などの仕事もあるのではないでしょうか。給与も若いうちは大手とそんなに大差はないと思います。

一級建築士資格は持っているから就職に有利とは言い難いです。転職であれば持っていて当たり前程度と思います。ここ数年仕事をしながら3年以内で取得出来る人は半分もいません。
最近は就職が厳しいので浪人する方も多いとは聞きますが、大学受験と違って一年経てば能力が急激に増すとはあまり考えられません。浪人は有利にはならないでしょう。

一度社会に出て設計の実務を学び広い視野で建築を見つめ直してみてはいかがでしょうか。大手の仕事も貴方の抱いているイメージは幻想かもしれませんよ。内定している事務所が、貴方にとって7年も我慢出来そうもないような処であれば判断はお任せ致します。

大手といわれている組織設計事務所に勤務しています。
御質問の転職は、そのときの景気や時代のニーズそして貴方次第ですが充分可能だと思います。
但し一芸に秀でた能力の方が求められる傾向があるようです。貴方が意匠設計本社(東京など)志望だと仮定すると
海外(中国など)でのプロジェクト経験者、英語堪能、医療福祉・集合住宅(ある程度大規模)等の経験が豊富、都市開発や再開発プロジェクト経験者、デベロッパーとの仕事経験が豊富などではないでしょうか。地方支社などでは医療福祉系の経験が有利と思...続きを読む

Q建築業界の今後の予測を教えてください。

30代で大工をしています。
今後、5年10年20年30年~
建築業界と大工、建築士の需要がどのようになっていくのか、
詳しい方で、ご自身の予測や、見解などある方、
お教えいただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

見通しですか~。
個人的な話になります。


まず、平成17年~20年までは横ばい。
20年~22年までは減少傾向にありました。
ですが23~から24年にかけては増加していきます。
22年までの減少傾向の背景には民間事業の縮小・公共工事の減少・建設資材の高騰など
様々な理由が挙げられますね。

ですが23年から震災の復興・民間の設備投資の増加で回復。

2020年にはオリンピック開催が決定し、鉄道網や高速道などのインフラ整備が加速する見込みです。
五輪と震災が重なっているために人手不足に陥っていますね。

このように建築業界が景気が減少していても、震災や五輪開催決定
アベノミクスの目玉である公共事業投資などで回復してきました。
常に世の中が動いている証拠ですね。
今後数年はまあまあ好景気が続くかもしれないです。
ですが、民主党への政権交代により公共事業の廃止や予算が大幅に削減なんてこともありました。
いつまたどうなるかはわからないですね。
見通しとはあてにならないものです。
いつどうなってもいいようにガンガン働きコツコツ貯金せねばな~といつも感じます(悲しい)

見通しですか~。
個人的な話になります。


まず、平成17年~20年までは横ばい。
20年~22年までは減少傾向にありました。
ですが23~から24年にかけては増加していきます。
22年までの減少傾向の背景には民間事業の縮小・公共工事の減少・建設資材の高騰など
様々な理由が挙げられますね。

ですが23年から震災の復興・民間の設備投資の増加で回復。

2020年にはオリンピック開催が決定し、鉄道網や高速道などのインフラ整備が加速する見込みです。
五輪と震災が重なっているために人手不足に陥っ...続きを読む

Q技術士と一級建築士はどっちが難しいの?

私の会社には技術士をもっている人がいて、友人の会社は一級建築士を持っている人がいるようです。
はっきり言ってどちらの資格が難しいのでしょうか?
興味本位ですので暇なときに回答ください。

Aベストアンサー

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています。
ただし、建築というのは芸術性も求まられることから、芸術性が技術士に比べれば比重が大きい資格であるといえます。

建築士というか建築家の中には技術者側面よりも、芸術家側面の方が強い人も多くいます。
大学教育においても芸術学部でも工学部同様建築士の受験資格が与えられるところもあります。

以上のように建築士という資格は技術系の資格としては特殊なものとなっています。

しかし、技術士法が作られたとき既に建築士制度はありましたので、建築は技術部門として除かれたのだと思います。

私自身はゼネコン経験者なのですが、身の回りを見ると引用させて頂いたような気持ちを持っている人が多くいることは、正しいと思います。

また建築士の中でも芸術的職務の傾向が強い意匠設計者から構造設計者や設備設計者が下請で仕事をすることが多い関係上いう、技術者を下に見る傾向が強い人も多くいるということを付け加えさせてただ来ます。

逆に技術士は、建築士のように職業を独占できる資格ではないため、受験者数が少なく、また建築士に比べて歴史も浅いため、建築士ほど知名度の高くなく、取得者数は少ないです(同様に博士号に比べても)
そのため希少価値をもって上と見なす人もいるようです(なお、建築士有資格者は本来のその資格に対する需要に比べて多すぎて、資格の価値が低下している)。

このように近くて非なるものってライバル意識が強いというのは建築土木に限らず同様に存在すると思います。


なお、あくまでも個人的な資格に対してのイメージですが、建築士は運転免許に近いものがあります(難度は違いますが)。

自動車免許を持っている人を自動車運転の専門家といわないように、建築士の資格を持っていることイコール建築の専門家ではありません。
建築士の取得は建築設計・監理を行うためのスタートラインについたことを示す程度の資格(ライセンス)だと思っています。ちなみに運転免許証同様かなりの数のペーパー建築士がおります。

一方技術士は試験内容からいって、今まで行った業績に対しての1種の評価書であり、この点は論文に対する評価を行う博士号に近いものがあります(近いので技術士と博士号に比較はわりと耳にしますが、かなり異なる建築士と博士号の比較はあまり聞きません)。


>私が知りたかったのは、この程度のレベルで、技術士と一級建築士にはどっちに多く票が集まるだろうと言うことです。

ということでしたら、個人的には技術士の方が難しい資格だと思います。

建築士はその制度上、職業的独占権を有している関係上、資格取得者が0になったら、日本国内で建築の設計は行われないことになります。だから誰かに与える必要があります。
一方技術士は名称独占権はありますが、職業的独占権はないので(入札条件などで求められることはありますけど)、技術士という資格取得者がいなくとも、それを行える能力技術者がいれば、問題なく行えることになっています。

以上のように建築士は、建築設計及び監理を行う上で必要最低限必要な知識・技能を持っていることを確認して、許可を与えるための資格で、資格取得時点では技術者として最低限必要なラインをクリアしていることを示している程度ですが、技術士は「高等の専門的応用能力を必要とする事項」についての能力があることを示すための資格で、通常の専門能力がある程度では与えられない資格だからです。

ただし、私の身の回りでは、建築出身で建築士・技術士の両方を取った人はかなりいますが、土木出身で両方を取得した人はほとんどいないので、建築出身者にとっての技術士に比べて、土木出身者に取って建築士は敷居が高い資格なのかもしれません。
個人的には技術士の方が取得が難しい資格と思っていますが、このあたりの状況から劣等感が生まれて、技術士の方が上という見なしたいという心理が土木系の人に働いて、上と見なそうとしている傾向もあるように思います。


>本当はもっとゴシップ程度にどっちが上か聞きたかっただけなのですが・・

かなり前に聞いた噂話です、正しいかどうかわかりませんが(下手すると名義貸しに引っかかるかもしれないので今はこのようなことはしていないかもしれません)、定年退職後顧問などで勤めた場合の有資格に対しての報酬で、技術士7万、環境計量士3万、宅建1万、建築士0というのが相場だったそうです。

資格だけの稀少価値からいうと建築士は、技術士どころか誰でも受験できる宅建より低く、無価値に近い状況のようです。

ちなみに私が勤務していた会社の資格に対する給与制度でも技術士の方が上になっていました(ちなみに博士号は技術士と同じ扱い)。

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています...続きを読む

Q大手ゼネコン設計者の学歴

設計者の学歴はどのような感じなのかお聞きしたいです。
やはり院卒は基本でしょうか。
それとも学部卒の方もたくさんいらっしゃるのでしょうか。
また、スーパーの中でも、清水はそれほど高学歴志向でもないのかなとも思うのですがいかがでしょうか?
よろしければどなたか参考にご意見お聞かせ下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まあ建築をやっている同業者として。

いまの時代は院卒は基本のようです。国立は上から下までまんべんなくいるような気がしますが、私立は早稲田と理科大の遭遇率が高いように思います。バブル以前の世代だと学部卒のひとも多いです。

しかしそもそもゼネコンは建ててナンボの商売なので、施工部門がどうしても強く、設計は原則として「自社物件」「設計施工案件」にしか関与できず、自由度には欠けます。意匠系で光るものがあるひとはゼネコンを選ばない傾向にあるのではないですかね。一方で、構造設計は高学歴者(上位校の修士)が多い気がします。

スーパーと呼ばれるゼネコンの中では、鹿島と竹中は設計部門の力が他と比べると伝統的に強いとされます。あとは似たり寄ったりのようです。

Q住宅メーカー(技術系)にお勤めの方

設計事務所に2年間勤め、住宅メーカー(設計)に転職を考えているものです。自分なりにいろいろ調べているのですが、なかなか本当の所がわからないので、質問させて頂きました。

・1人、1ヶ月あたりの担当、棟数はどれくらいか。
・お施主さんと、打ち合わせするのはどの段階からなのか、あるいは、お施主さんの顔を見ることはないのか。
・離職率は高いのか。又、おもな退職理由は。
・部署の移動(技術→営業など)は多いのか。また、大手メーカーの場合、転勤については。
・営業マンとの年収格差はおおよそどのくらいか。
・夜はどれくらいまでやっているのか。
・住宅メーカーの設計職に誇りはもてるか。

質問は会社によって、大いに違うと思いますし、最後の質問は、個人的な考え方の問題であると思います。
住宅メーカーにお勤めの方、又は、以前勤めていた方の率直なアドバイスをお待ちしています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
 
こんにちは。
私の場合は逆で、大手ハウスメーカに5年位いた後、設計事務所勤務を経て、数年前に開業しました。一通り質問にお答えします。
 
○1人、1ヶ月あたりの担当、棟数はどれくらいか。
○お施主さんと、打ち合わせするのはどの段階からなのか
会社にもよるでしょうが、私のいた所は営業担当3~4人に対して設計担当1人くらいの割合でした(地域によりずいぶん違うみたいですが)。営業は最低月に2~3棟は持ってきますので、概ね10棟/月程度の新規物件が回ってきます。そのうち契約に至るのは1/3くらいなので、新規提案10棟、最終図面3棟くらいが毎月の作業ボリュームです。昔は施主様と折衝するのは営業の仕事でしたが、近年はプランの打ち合わせから内装の打ち合わせまで、設計の仕事になりつつあり、すべての施主打合せに出ないといけません。どちらかというと契約後は営業が顔を出さなくなることが多いです(笑)。設計事務所でも同じですが、お客様商売なので、対人折衝のスキルは非常に重要です。
 
○離職率は高いのか。又、おもな退職理由は。
離職者は他業種に比べ、はっきり言って少なくはないでしょう。退職理由?きついからに決まってます、、、というのは半分冗談で、志のある人は主にプレハブ化された設計に飽き足らなくなる人も多いのではないでしょうか。
 
○部署の移動(技術→営業など)は多いのか
最近は技術職(建築士資格者)が営業へ転向して成功するケースが多いと聞いています。お客さまからすれば、単なる営業担当よりも信頼ができそうと思われるのでしょうか?。そのせいか、設計→営業は昔ほどタブー視されませんし、本人の希望で転向するケースも少なくないようです。
 
○転勤については
私のいたところでは、やはり地元の風土を理解していることが営業上有利ということもあり、遠距離の異動はあまりありませんでした。ただ、えらい人はそれなりに転勤を繰り返します。これは建設業界につき物の業務上の不正を防止するためと聞いています。
 
○営業マンとの年収格差はおおよそどのくらいか
これは営業は教えてくれません。、、、ということは「かなり」差があるということです。しかし営業の給与の多くは歩合給なので、売れてない人は結構きびしーです。最近は私のいた会社も、設計に制約時の手当てが出るようになったとか。。。でも大手ならば、失礼ながら中小設計事務所勤務よりははるかに高給だと思います。
 
○夜はどれくらいまでやっているのか
今の設計事務所はどうですか?我々の業界は夜は遅いと相場が決まってます。ハウスメーカも例外ではありません。設計事務所は10時始まりが多かったりしますが、メーカはたいてい9時始まりで、まれに「朝礼」と称して8時半に出社させられるケースもあります。
 
○住宅メーカーの設計職に誇りはもてるか
この質問はちょっと不愉快ですね。どんな職種でもそれで糧を得ているなら誇りを持つべきだし、持てるのではないですか?
まあ、おっしゃっている意味はわからなくはないのですが。。。
 
 
こんなのでアドバイスになってますか?
 

 
 
こんにちは。
私の場合は逆で、大手ハウスメーカに5年位いた後、設計事務所勤務を経て、数年前に開業しました。一通り質問にお答えします。
 
○1人、1ヶ月あたりの担当、棟数はどれくらいか。
○お施主さんと、打ち合わせするのはどの段階からなのか
会社にもよるでしょうが、私のいた所は営業担当3~4人に対して設計担当1人くらいの割合でした(地域によりずいぶん違うみたいですが)。営業は最低月に2~3棟は持ってきますので、概ね10棟/月程度の新規物件が回ってきます。そのうち契約に...続きを読む

Q設計事務所勤務の方、または勤務されていた方...(-.-)

当方小さな設計事務所勤務の女30歳です。
設計事務所勤務歴は、転職歴もありますので
実質3年です。
己の行く道について迷っています。
アドバイスをお願いします。

現在、辛くて仕方ありません。
抱える業務の責任の重さ、勤務時間の長さ(月380~400時間)、
給料の安さ(15万保険なし)、独特のハードな職場環境
(所長に毎日怒られています。自業自得ですが...)、
等々に押しつぶされそうです。

アドバイスをお願いします。

Q1:設計事務所に勤務して、将来どのような
方向を目指していますか。独立でしょうか。

Q2:設計事務所に勤務して、独立を目指さないとしたら、
  職としてどのような可能性があると思いますか。

元々好きで入った世界ですが、その責任の重さ、ハードさに、現在超弱気です。
給料の低さも切実な問題です(30ですので)

このまま設計事務所に勤めて、自分はどうしたいのか
よくわからなくなってきました。
建築の知識や技術を身につけたいと思ったら、やはり
設計事務所が一番かと思い、この道を選んでいるのですが、
果たして自分は人から依頼されて大変な責任を背負って
設計をしたいのだろうか、と現在怖くなってきてます。

たとえば事務所以外の建築業に転職も考えもしますが、
設計をしたいなら設計事務所だし、
そうでないなら建築業界はもうやめようかとも思いかけています。
一応過去10年建築業界で仕事してきましたので、
今更他の業界に行くのも不利かなとも思っているのですが。

ただ単に今、諸事つらい状況なので逃げに走っているだけかもしれません。
甘いというお叱り、経験談、アドバイス、何でも結構です、ご意見など、よろしくお願いします。

当方小さな設計事務所勤務の女30歳です。
設計事務所勤務歴は、転職歴もありますので
実質3年です。
己の行く道について迷っています。
アドバイスをお願いします。

現在、辛くて仕方ありません。
抱える業務の責任の重さ、勤務時間の長さ(月380~400時間)、
給料の安さ(15万保険なし)、独特のハードな職場環境
(所長に毎日怒られています。自業自得ですが...)、
等々に押しつぶされそうです。

アドバイスをお願いします。

Q1:設計事務所に勤務して、将来どのような
方向を目指して...続きを読む

Aベストアンサー

参考になるかどうかわかりませんが・・・・

私は10年強、設計事務所で勤務し独立しました。
決め手となったのは給料の遅延でした。
元々、独立志向ではなかったのですが、2ヶ月で約1ヶ月分の給料しか出なくなり、2年程そういった状況で頑張ってきましたが、もう限界でした。

いまは法人登記をしていますが、所員は私だけです。
(笑)

正直な話、給料等については、設計事務所に勤務しているうちは飛躍的なアップは望めないと思います。

一人でやると、いろんな意味で楽ですよ~
金銭的にも一般人と対等にはなります(笑)

只、技術力やある程度の営業力が必要なのと、全責任は自分が被らなければなりません。
ですから、勤め人の頃とは全く違ったプレッシャーはあります。

同業の転職を考えるのが良いのではないでしょうか?
milk-1000 さんは資格はお持ちですか?
設計業界は新卒採用は難しい状況ですが、力のある経験者を探している事務所は多いと思いますよ。

いまはちょっと疲れてきているのかも知れませんね。
他の方からも色々な意見を頂いて、様々な角度から考えてみて下さい。

それなりに経験のある方のようなので、おわかりかと思いますが、”なによりもお金”と考えるなら設計に関する仕事はお辞めになった方が宜しいかと思います。

今後独立するかどうかは別にして、一年後はどうしたいのかって事をまず考えて下さい。
次に3年後はどうしたいのかを考えて下さい。
それを成し遂げる方法を考えると、少し前向きに考えられるのではないでしょうか。

偉そうな事ばかり言って、ごめんなさいね~~

参考になるかどうかわかりませんが・・・・

私は10年強、設計事務所で勤務し独立しました。
決め手となったのは給料の遅延でした。
元々、独立志向ではなかったのですが、2ヶ月で約1ヶ月分の給料しか出なくなり、2年程そういった状況で頑張ってきましたが、もう限界でした。

いまは法人登記をしていますが、所員は私だけです。
(笑)

正直な話、給料等については、設計事務所に勤務しているうちは飛躍的なアップは望めないと思います。

一人でやると、いろんな意味で楽ですよ~
金銭的にも...続きを読む

Q商空間デザイナーについて。

現在女子大2年生です。商空間デザイナーという仕事を知って、夢のある仕事ではないかと思い、キャリアスクールや、経験者に聞いて調べています。また本を読むと、女性が多い分野で、能力を発揮できるとも書いてありました。でも、具体的にどういう仕事をするのか、思っているような仕事なのか、経済的なものはどうなのか、競争が多いのか(そういう人がたくさんいる)等々、よくわかりません。建築とは全く関係のない学部で学んでいますが、そういう学部では建築家出身の人と比べて不利なのか、ということも気になります。どなたか、商空間デザイナーの現状と将来性について、教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

現在店舗や住空間、家具等のデザインの仕事をしている者です。
この分野は夢のある職業だと思います。興味を持っているのであれば、頑張ってデザイナーになって下さい。
ただし、現状はかなり厳しいのは事実です。
単純に言ってしまうとお金にはあまりなりません。
私は現在30になりますが、20代後半までは不眠不休で仕事をしても定時で帰宅する同年代の
月給と同じくらいしか収入はありませんでした。
今でこそ、そこそこ贅沢(とは言っても知れていますが…)が多少出来る生活を送っていますが、
不眠不休にはあまり変わりありません。
時給に換算すると、酷いものですよ…
しかし自分のやりたい仕事なので、そこまで苦にはなっていません。
自分が構想する空間が現実のものになった時の喜びは言葉では言い表せないくらいです。(ちょっと大げさかもしれませんね)
ただ、女性には厳しい生活だと思いますよ。
実際夢を持って仕事に就いた友人(女性)でも半数は辞めていきます。
また、現実的なことを言いますが、この世界は「センス」がものを言います。
センスの無い者はやはり次の仕事が回ってきません。来たとしても、ありきたりの店の
パースを作成するような業務ばかりと言うのも事実です。
また建築に関する知識も多少は必要ですし、少なくとも素材に関してはかなりの知識が必要です。
色彩感覚も重要です。照明に関する知識も必要です。
図面の作成は出来ますか?スケッチは描けますか?最近はCGパースの作成は当たり前です。
CGの制作は出来ますか?
これらのことを一通り出来てから、やっと自分のイメージを施主に伝えることが可能になります。
勿論全てが出来なくても構いませんが、そこには最大の武器である「センス」がやはり最終的に問われます。
芸大や建築学部に通っていないのであれば、今その勉強をしている者に勝ることはかなり難しいと思います。
(もし勝っているのであれば、今頃開花していると思えますし…)
商業建築に興味があり、一生その仕事に就きたいと考えているのであれば、
やはり今からでも学部を変えてみてはいかがでしょうか?
まだ若いのですから修正はいくらでもききます。
頑張って下さい。
※日本におけるデザインに対する評価は諸外国に比べてかなりレベルが低いので、
高収入を求めるのであれば、無難に他の職を考えた方が良いかもしれませんよ。
ちなみに将来性は少なからず今よりはあると思っていますが、その反面この手の仕事に就きたいと
思っている人たちが多いのも事実です。
現実は厳し~(×_×)

現在店舗や住空間、家具等のデザインの仕事をしている者です。
この分野は夢のある職業だと思います。興味を持っているのであれば、頑張ってデザイナーになって下さい。
ただし、現状はかなり厳しいのは事実です。
単純に言ってしまうとお金にはあまりなりません。
私は現在30になりますが、20代後半までは不眠不休で仕事をしても定時で帰宅する同年代の
月給と同じくらいしか収入はありませんでした。
今でこそ、そこそこ贅沢(とは言っても知れていますが…)が多少出来る生活を送っていますが、
不眠不休...続きを読む


人気Q&Aランキング