次亜塩素酸の水素原子は、酸素に結合しているのでしょうか、それとも塩素に結合しているのでしょうか。
前者だとすると、水の構造に類似していて、後者だとすると塩化水素の塩素原子に、酸素が配位しているような構造になると思うのですが、どうなんでしょうか。
つまり、 H-O-Cl か H-Cl-O かと言うことです。

A 回答 (3件)

以下のURLでもお分かりかと思いますが、(Cl-O)-の陰イオンを形成します。

この状態で、塩素原子の最外殻電子配置は共有電子対を含めて8こ4対、酸素原子でも同様に8こ4対になっています。
 これに、水素イオンが配位結合したとして考えるのは最もなことだとおもいます。どちらに配位するかは、これだけでは分かりません。
 ただ水溶液中では、次亜塩素酸はH-O結合より、O-Cl結合の方が分離し易い。とあります。これで、弱酸の説明となるわけですが。
 次亜塩素酸は分子でH-O-Clの共有結合をしております。よって、適切な酸化剤によって、塩素を放出できます。(O-Clの結合がとれる)
 以下は聞き流していただいて結構ですが、マスターポイントなどを与えず、質問ばかりしていると、答えてもらえなくなる恐れがありますよ。納得しなくても、ポイントは与えた方が、答える側も真剣に励みになりますからね。
 決して、強制はしておりません。

参考URL:http://chuo.netbank.co.jp/kocho/mybooks/ISBN4-76 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございました。私としましては、いろいろな人達の意見を聞きたかったので、質問を閉じずにいたのです。でも、おっしゃる通りだと思いました。

お礼日時:2001/02/04 00:22

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトに関連の話題の記載が少しあります。



ご参考まで。

参考URL:http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tbc00346/comp …
    • good
    • 0

答えは、H-O-Clです。



次亜塩素酸のように、酸素を含んでいる酸のことを一般に「オキソ酸」といいます。
これらは酸は、基本的に「H-O-」の構造をもっており、この先の部分に様々な原子が結合しているのです。

ですから硝酸HNO3や硫酸H2SO4などもオキソ酸であり、それぞれ
 H-O-NO2  H-O-SO2-O-H
という構造をしています。

これらの「-NO2」や「-SO2-」の部分には、配位結合的な部分があり、通常の原子の原子価では説明でききれない部分をふくんでいます。

関連する項目も含めて説明しておきました。助言にでもなれば、幸いです。
tukitosan でした。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原子量を求める問題で、 塩素には、相対質量が35.0の 35Cl と37.0の37Cl の同位体があ

原子量を求める問題で、
塩素には、相対質量が35.0の 35Cl と37.0の37Cl の同位体があり、存在比はそれぞれ75.8%と24.2%である。塩素の原子量を求めよ。

塩素の原子量を求めると35.484と出たのですが、もちろん間違えた答えでした…
どのように計算して、どのような答えになるのか教えてください!

Aベストアンサー

計算自体は合っていると思います。
35×0.758+37×0.242=35.484
となります。
問題に与えられている数字の有効数字が3桁であることを考慮して小数点以下2桁目で四捨五入して
塩素の原子量は35.5になると思います。

Q酸素原子と水素原子の機能を教えてください

酸素と水素は通常、酸素分子と水素分子として存在していると思いますが、酸素原子、水素原子として存在した場合、どのような機能を持つのでしょうか?
たとえばものを腐らせるとか、爆発させるとか……。

お教え頂きたくお願いいたします。

Aベストアンサー

18族(貴ガス)以外の元素は、特別な条件下を除いて、原子状態として存在することはできません。
 これは、原子状態でいることが極めて不安定な励起状態にあるためです。

 言い換えれば、18族以外の元素の原子状態での化学的性質は、すべて反応活性な状態にあるといえ、一般に18族以外のあらゆる物質と化合物を形成しうる状態にあるといえます。このとき、単純に考えれば、極めて不安定な状態(既に活性化状態にあるといえる)から安定な状態へほとんど瞬間的かつ自発的に反応が進行するのではないかと考えられるので、その意味ではその反応は爆発的に進行するのではないでしょうか?

 なお、原子軌道状態などの物理的性質が知りたいのなら理科年表や辞典をご覧に頂くほうが早くて正確だと思いますので、ここでは、省略します。


 また、酸素原子や水素原子は通常、酸素分子や水素分子としてのみ存在しているわけではありません。
種々の化学種として多様な形態で存在しており、その性質は存在している状態によってさまざまです。

一例を挙げますと、
・有機化合物として、アルコール(お酒)やアルデヒド(ホルマリン)、カルボン酸(酢)、糖類(ブドウ糖やDNA:糖リン酸)、ポリペプチド(たんぱく質)、プラスチック、石油、・・・
・無機化合物として、
ガラス(珪酸塩)、セラミック、磁石(磁鉄鉱)、宝石類(各種金属酸化物)

18族(貴ガス)以外の元素は、特別な条件下を除いて、原子状態として存在することはできません。
 これは、原子状態でいることが極めて不安定な励起状態にあるためです。

 言い換えれば、18族以外の元素の原子状態での化学的性質は、すべて反応活性な状態にあるといえ、一般に18族以外のあらゆる物質と化合物を形成しうる状態にあるといえます。このとき、単純に考えれば、極めて不安定な状態(既に活性化状態にあるといえる)から安定な状態へほとんど瞬間的かつ自発的に反応が進行するのではないかと考え...続きを読む

Q水素原子2個と酸素原子1個で水はできますか?

ふと疑問に思ったのでWIKIで調べてみたのですが、

H2Oとは
「水が、H(水素原子)2個とO(酸素原子)1個が結合してできていることを表す。」

逆に水素原子2個と酸素原子1個を結合させて人為的に水を作るといったことは可能なのでしょうか。
もしかしたら中学生で習うようなことなのかもしれませんが皆様ご教授願います。

Aベストアンサー

極端にいえば「水素原子 2個と酸素原子 1個を結合させて水分子 1個を作る」ことは可能です. ただし, こうしてできた「水分子」はたしかに身の回りにある水の (最小の) 構成単位ではありますが, 水の性質をそのまま保持しているわけではありません. なぜなら, 普段目にする水の物性は水素結合が大きく影響しているからです. 少数の水分子しかない場合には水素結合が十分に作れないので物性がかなり異なるということになります.
なお, 水に限らず構成単位である原子や分子の数が少ない場合には普段見ることのできない現象が現れます. この辺は「ナノテクノロジー」の 1つの分野となっています.

Q蒸気がエネルギー分解して水素(H)と酸素(O)になる?

550度×130atgの蒸気はエネルギー分解して、
ある部分は水素と酸素になると聞いたのですが、
これは本当でしょうか。

ボイラに供給される復水は脱気器で脱気してあるので、
基本的に溶存酸素はほとんどない状態と考えていましたが、
550度になると、蒸気のある部分は水素と酸素に分解するのでしょうか。
この分解した酸素で金属、カーボンパッキン等の酸化が起こりえるかについて考えています。

また、それについて説明のあるサイトがあればご教示くだされば幸いです。

宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

まず引用から:
http://www.con-pro.net/readings/water/doc0005.html
水の臨界点が374℃、218atmですから、550℃、130atmで水の酸素あるいは水素の原子ないし分子への「有意な」解離は考えなくて構いません。
大気圧下では赤熱鉄板(ホットストリップミル)に水をぶっかけると水素分子と酸素分子に解離し再度「爆鳴気」となって水に戻りますので、派手な音がします。
出典を示して頂けると、少しはまともなお答えができるのですけど。^^

Q立方最密充填構造(面心立方格子構造)をとる原子と、 六方最密充填構造をとる原子があるようですが、、

立方最密充填構造(面心立方格子構造)をとる原子と、
六方最密充填構造をとる原子があるようですが、、

二つの構造は、「見る角度が違うだけで同じ配列」といったことを書かれているページが多いです。

しかし、配列が同じなら、どうして

立方最密充填構造(面心立方格子構造)をとる原子
* ネオン(Ne)
* アルミニウム(Al)
* アルゴン(Ar)
* カルシウム(Ca)
* ニッケル(Ni)
* 銅(Cu)など

と、
六方最密充填構造をとる原子
ベリリウム(Be)
マグネシウム(Mg)
スカンジウム(Sc)
チタン(Ti)
コバルト(Co)
亜鉛(Zn)など

が存在しているのでしょうか?


「見る角度が違うだけで同じ配列」であるなら、
上記の原子は、どちらの最密充填構造もとることになると思うのですが。

Aベストアンサー

大学の専門書でも、面心立方格子と六方最密充填格子は明確に最密充填構造ではあるけれど、面の配列仕方が異なると書かれています。
積層する面の配列仕方は、材料の強度特性に大きく影響してくるので、面心立方と六方最密が「同じ配列」とは絶対に教えないですね。

面心立方格子を持つ金属は、身近なものでは、Al、Cu、Au、Pb、Ag等がありますが、
これらは塑性加工がし易くよく伸びる性質を持っています。

六方最密充填格子を持つ金属で身近にあるのは、Mg、Ti、Zn、辺りですが、
Tiは比較的、六方晶系金属の中でも塑性加工がしやすいですが、
MgやZnでは結晶構造からくる性質で加工性が難しくなっていきます。

結晶構造の話は古典的な学問なのですが本当は難しいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報