こんにちは、仕分けについての質問です。
私は2年目の青色申告個人事業者です。
去年は純利益70万円付近でした。今年の帳簿に繰り越して今まで書き続けていますが、どのタイミングで自分のお給料を計上するのでしょうか?
このままですと、永遠と繰越ていって自分は(私独りの事業ですが)お給料をもらっていません・・・。
個人事業の利益=個人の利益だと思うのですが、仕分け項目やタイミングなど教えて下さいましたら助かります。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

おっしゃるとおり、「個人事業の利益=個人の利益」です。

そして利益と資金は別物です。実際に使うことができるのは資金であり、計算上の数値に過ぎない「利益」ではありません。
個人事業主の給料というものはないので、事業で余裕の出た資金については、「事業主」勘定を使って個人(プライベート)に振り替えます。現金でもかまいませんが、記録を正確に行うなら事業用預金口座からプライベートの口座へ振り替えるほうがよろしいでしょう。
事業からプライベートへ資金を移す場合には、
事業主貸 XXXX円/現金預金 XXXX円
とします。
資金を移すタイミングは資金に余裕があり、かつプライベートで必要なときでしょう。経営が安定したら、給料と同じように毎月定額を振り替えればよろしいと思います。あくまで事業用資金に不足が生じない範囲で行う必要があることに注意してください。

逆にプライベートから事業へ資金を移す場合には
現金預金 xxxx円/事業主借 xxxx円
となります。申告のために決算する際には、事業主貸と事業主借を相殺し、差額だけを貸借対照表に表示します。
    • good
    • 3

個人事業の場合、法人と違って、お店のお金はそのまま自分のお金となります。

一応区別するために、法人の資本金的な性格の「元入金」とか使いますが、税金等をキッチり収めていれば、自由に使って構いません。
ただ、さっきも書いたように便宜上財布のお金とお店のお金を区別しているだけなので、お店のお金を使った場合、事業主に貸すという意味の「事業主貸」勘定を使います。

・生活費としてお店のお金から20万を入れた。
(事業主貸)200000  (現金)200000
逆に、お店のお金が足りなくて、自分の財布から入れた場合、事業主から借りたという意味で「事業主借」勘定を使います。

・お店の電気代の支払いの為に自分の財布から支払った。
(水道光熱費)5000  (事業主借)5000

で、決算の時に、事業主貸と事業主借の双方の残高を相殺します。
もし、事業主貸に金額が残ったら、お店のお金を入れるより出す方が多かったのですから、元入金から差し引く仕訳をします。事業主借に金額が残ったら、入れる方が多かった訳ですから、その分、元入金に振替える仕訳をします。これらの決算整理によって、事業主貸と事業主借の勘定科目は消えます。
繰り返しますが、個人事業の場合、適正に申告して税金をキッチリ払っていれば、お店のお金でギャンブルしようがキャバクラ行こうが自由です(それを必要経費にしたら脱税ですが 笑)
    • good
    • 0

個人事業主の場合、自分に対する給料を計上するところはありません。



事業のお金から、事業主の生活費(国民年金・国民健康保険料の支払い、所得税・住民税の支払い、その他生命保険料の支払いや、また、その他生活費として使うお金)を支払ったときに、「事業主貸」の勘定科目を使って仕訳します。

>去年は純利益70万円付近
>今年の帳簿に繰り越して今まで書き続けていますが・・

とのことですが、その帳簿は「現金出納帳」のことですか?
では、帳簿残高は実際に手元にある現金残高と合っていますか?
生活費に取っていたとしたら、現金残高と合致しないと思いますが。

自分への給料は計上できませんが、例えば毎月決まった日に生活費分として「事業主貸 / 現金」(摘要欄:生活費として)として取ることは可能ですよ。
そうしておけば、事業のお金から生活費部分のお金を出す度に記帳することはないです。「事業主貸 / 現金」(摘要欄:国民健康保険料支払い)など。

>個人事業の利益=個人の利益

この考え方で間違いはないですが、現金出納帳残高=個人の利益にはなりませんので、ご注意くださいね。
    • good
    • 1

青色申告事業者に自分の給料の項目はありません。


だからいつからというタイミングもありません。

利益が大きければ全部自分の所得です。
利益が少なければ普通の会社員より
年収が少ないです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仕事中(出向先)で書いたイラストの著作権は?!

出向という形で、DTPの仕事をしています。
1年前から技術手当てはカットされて、安い基本給だけでやっています。
たまに、出向先から イラストを書いてと頼まれていました。
途中、技術手当ての復活は、上司にもかけあっていましたが
会社の経営状態を理由に断られていました。
ですが、イラストやデザインの仕事は都合よく私に依頼してきました。

近々、会社の経営状態が更に悪いということで 自主退職を勧められましたが
拒否をしたため 出向先と会社との相談で
解雇と言われました。

今まで私が作ってきた、作品は出向先のものになるのでしょうか?
事務仕事もかなりしていて、正直その分のお給料しかもらっていません。
今のお給料は毎回20万未満です。
今の会社は4年で、過去にデザインのキャリアも結構あるつもりです。

本当に今回の対応は酷いと思い、どうにかならないものかと
相談を載せました。

*出向先は元々そこの社員で、取引先の社員を置かなくてはならないということで、私が名義を貸しました。
実際、お給料だけ取引先の会社から出ています。
お給料をもらってる会社は名義だけです。

イラストの著作権の書類もかわしていないので
なぁなぁな所が大きいですが
利用するだけ利用して、最後はポイ捨てという冷たい対応がどうしても許せません。
わたしが、作った作品をこれからも使い続けられるのも嫌です。
わたしが辞めたあとの使用は禁止できますでしょうか?
技術手当てをもらっていれば、こんな気持ちにはならなかったと思います。

出向先は、更に別の取引先に パッケージデザインを売っています。
デザイン料はしかり出向先に入ったみたいです。

どうか知恵をお貸しくださいm(__)m

出向という形で、DTPの仕事をしています。
1年前から技術手当てはカットされて、安い基本給だけでやっています。
たまに、出向先から イラストを書いてと頼まれていました。
途中、技術手当ての復活は、上司にもかけあっていましたが
会社の経営状態を理由に断られていました。
ですが、イラストやデザインの仕事は都合よく私に依頼してきました。

近々、会社の経営状態が更に悪いということで 自主退職を勧められましたが
拒否をしたため 出向先と会社との相談で
解雇と言われました。

今まで私...続きを読む

Aベストアンサー

 このご質問の要点は著作権と雇用条件というふたつの問題があって、それらが互いに絡み合ったものと受け止めました。

 そこでまず、ご質問の中心である制作物の著作権の問題ですが、厳密に言えば、本来は制作者本人にその権利が帰属するはずのものです。近年、勤務としての研究によって得られた発明についても、その権利が企業ではなくて一研究員のものとされるような判例も多くなりましたが、著作権などもこれと同じ土俵で考えられるはずのものです。
 ですが、他のご回答にもあったように、現状では、勤務先からの命令あるいは指示によって手掛けた制作物の著作権は勤務先に帰属するといったこともまた常識あるいは慣例として定着しています。

 このように、幾分かは曖昧な点が残る権利の問題、何かの大発明のようにその価値が社会貢献度から見ても金銭的に見ても莫大なものであるようなケースなら当然係争に持ち込んで堂々と権利を主張するというのもひとつの方法でしょう。しかし、失礼な言い方ながら、イラストぐらいでは係争に持ち込むほどでもないでしょうし、慣例の世界から抜け出して権利を主張したり制作物の流用を差し止めたりするのは、結果的に、仮にそれが認められたとしても、すべては労多くして益の見込めない面倒なことに過ぎない気がします。

 それよりも、このご質問の場合、著作権の主張あるいは流用の差し止めの希望、これらは結局、雇用状態への不満と結びついた感情に支配されたものと受け止められますが、それだけにむしろ、こちらの問題を先に整理する必要がありそうです。
 多くのクリエィティヴたちが「使い捨て」にされている今の世の中、そして、こうした雇用の姿のなんと多いこと。ご質問者様の場合も雇用状態へのご不満はよく分ります。本当は著作権の問題よりもこちらの問題の方が大きいはずです。

 そこで、著作権のことと切り離して、今の雇用状態を順序良く話せるように頭の中で整理してから、ご当地の労働基準監督局やハローワークに一度相談してご覧になることをお勧めします。と言いますのは、このご質問を読む限り、雇用側のやや常識を逸脱した身勝手さが読み取れるからです。どうせ一方的な解雇の通告を受けた身であるならなおさらのこと。やれることはやってみるのもひとつの方法。こちらの面からなら雇用側に条件の改善を求められるか、ひょっとしたら一矢報いることができる......かもしれませんから。ダメモト覚悟でもぜひ一歩踏み出してみて欲しいところです。
 

 このご質問の要点は著作権と雇用条件というふたつの問題があって、それらが互いに絡み合ったものと受け止めました。

 そこでまず、ご質問の中心である制作物の著作権の問題ですが、厳密に言えば、本来は制作者本人にその権利が帰属するはずのものです。近年、勤務としての研究によって得られた発明についても、その権利が企業ではなくて一研究員のものとされるような判例も多くなりましたが、著作権などもこれと同じ土俵で考えられるはずのものです。
 ですが、他のご回答にもあったように、現状では、勤...続きを読む

Q個人事業主自身の給与はどう仕訳したらいいですか?

今までは有限会社をしていたため、会社から「給与」という形で私自身の給与を毎月仕訳していました。
H22年に有限会社を解散させ、現在個人事業を始めています。

個人事業では、事業主自身は給与をもらえないので、【売上から経費を引いた額】が【事業所得】になるとのことは理解しているのですが・・。ただ、【売上から経費を引いた額】がわかるのは年末ですよね。年末まで事業主が給与(?)をもらえないのでは生活できないので、実際には年度途中に何回かにわけて事業のお金から給与(?)をとっていました。この場合帳簿にはなんという勘定科目で仕訳すればいいのでしょうか?

また、昨年の売上が店の預金口座に少し残ったままです。
【売上から経費を引いた額】が全て事業主の所得になるということは、年末には店の口座から全額おろして事業主に渡さなければいけなかったのか・・と、今困っています。

どのように仕訳・対応したらいいでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「事業主貸」「事業主借」という勘定科目を用いてもう一度ご説明します。

まず、仕訳から行きます

事業開業時
 現金 50,000 / 事業主借 50,000

事業主の生活費の引き出し(説明上年間まとめて仕訳を切ります)
 事業主貸 1,000,000 / 現金 1,000,000

年度末
 事業主借 50,000 / 事業主貸 50,000 (一部を相殺します)
 元入金 950,000 / 事業主貸 950,000

という仕訳になります。

前回の回答時の「引出金」が「事業主貸」、「資本金」が「事業主借」と「元入金」であると考えてください。

もしかすると、年度末には「元入金 -950,000」ではなく「事業主貸 -950,000」と表示されるかもしれません。


で、ここの「-950,000」については特段気にする必要はありません、以前回答したように家計簿の発展型のようなイメージになるため、個人事業の資産は事業主の意のままになり、その結果として、たくさん引き出したというだけです。

全く問題なく、何ら違法なこともありません。

あまりにたくさんお金を引き出すと現金決済に支障が出る点だけ気を付けてください。


また、「残ったお金をそのまま翌年に繰り越す」は、全く問題ありません。
収益と費用は発生時点で計上し、現金決済と分けて考えるという会計の大原則は個人事業であっても何ら変更はありません。

つまり、『H22年の残金をH23年に繰り越したとしても「H23年の売上」ではないので繰り越しても問題ない、「ただの繰越金扱い」という理解』ですが、全く問題ありません。

H23年に売上げたらH23年に売上を計上し、H22年の残ったお金は事業の資産になります。

「事業主貸」「事業主借」という勘定科目を用いてもう一度ご説明します。

まず、仕訳から行きます

事業開業時
 現金 50,000 / 事業主借 50,000

事業主の生活費の引き出し(説明上年間まとめて仕訳を切ります)
 事業主貸 1,000,000 / 現金 1,000,000

年度末
 事業主借 50,000 / 事業主貸 50,000 (一部を相殺します)
 元入金 950,000 / 事業主貸 950,000

という仕訳になります。

前回の回答時の「引出金」が「事業主貸」、「資本金」が「事業主借」と「元入金」であると考えてください。
...続きを読む

Q和文英訳をお願いします。

・最近では、色々の事情で月単位のものも多くなったようであるが、かつては給料も家賃も週単位であった。

この文の和文英訳をお願いします。回答のコツ等があったら是非教えて下さい!!

Aベストアンサー

少なからず、質問者様の文面では、主語や補語とするモノが一体何なのかわかりにくいので
英訳するには英訳可能な正しい日本語の文章が必要だと思います。

「最近は、様々な理由によって月単位での(~が|~は|もしくは補語)が多くなっています。
以前は、給料も家賃も週単位で(補語)されていました。」

穴埋めして頂ければ、きっと的確な回答を得られると思います^^

Q金銭出納帳の書き方・事業主の給料

金銭出納帳をつける場合、収入と支出(経費など)を日付に(年間通して?月ごと?)単に並べて記入していけばいいのでしょうか?
また金銭出納帳の中で経費は勘定科目ごとに集計しておいたほうがいいのですか?アドバイスお願いします。

個人事業者の給料についてですが、給料をどう決めて、金銭出納帳でどう扱ったらいいのですか?

Aベストアンサー

◆金銭出納帳をつける場合、収入と支出(経費など)を日付に(年間通して?月ごと?)単に並べて記入していけばいいのでしょうか?

1.記帳方法
金銭出納帳は、実際に現預金の入金・出金があった日付に、一行づつ、入金は借方(左の欄)に、出金は貸方(右の欄)に金額を記入して、出納帳摘要欄にはその取引の内容を記載します。(例えば、商品売上とか交通費支払い等)

金銭出納帳は上記のように毎日の入出金ごとに記帳して、○月分の出納帳として月単位で作成していきます(これを基に月次試算表が作成されるわけです)。月単位の出納帳が12ヶ月分集まったものが、決算書のベースになるわけです。

2.残高確認
一日分の入出金取引が終了したら、差引残高欄に残高を記入し、実際の現預金有高と照合します。 (現金有高確認の際には通常、金種表を使用します)
 
◆個人事業者の給料についてですが、給料をどう決めて、金銭出納帳でどう扱ったらいいのですか?

個人事業者の場合、個人事業者自身には給料は出せません。個人事業者自身の生活費を支出した場合には、「事業主貸」という勘定を使用して、出納帳に記帳します。(この勘定は最終的に「元入金」・「当期利益」・「事業主借」の勘定と相殺されます。)

個人事業者以外の者にたいする給料については、
給与×× / 現預金 ××
*****/ 預り金 ××(所得税・住民税)
*****/ 法定福利費××(社会保険料)
といった仕訳を切ることになります。

金銭出納帳では、現預金の支出の部分だけを記帳して、給与・預り金・法定福利費などの勘定科目を反映させるために「振替伝票」を作成して、それを会計ソフトに入力します。

仕訳がわからないときは、下記URLをご覧になってください。(仕訳Q&Aのところ)
http://www.otasuke.ne.jp/

参考URL:http://www.otasuke.ne.jp/

◆金銭出納帳をつける場合、収入と支出(経費など)を日付に(年間通して?月ごと?)単に並べて記入していけばいいのでしょうか?

1.記帳方法
金銭出納帳は、実際に現預金の入金・出金があった日付に、一行づつ、入金は借方(左の欄)に、出金は貸方(右の欄)に金額を記入して、出納帳摘要欄にはその取引の内容を記載します。(例えば、商品売上とか交通費支払い等)

金銭出納帳は上記のように毎日の入出金ごとに記帳して、○月分の出納帳として月単位で作成していきます(これを基に月次試算表が作成され...続きを読む

Q薬剤師って飽和するとかリストラが増えるとか給料が下がるとか登録販売者により就職先がなくなるとか、ネッ

薬剤師って飽和するとかリストラが増えるとか給料が下がるとか登録販売者により就職先がなくなるとか、ネットで10年位前から言われてますが、今現在、これからも薬学部に入学する際本当に前述のような事があるんでしょうか?前述のことなど所詮責任を持たない発言なので信用はしてませんが、薬学部ってそんなに悲惨なんですか?薬学部でも薬剤師として働くなら地方ではまだ人手不足だから需要があるみたいだと言われてますが、薬学部は就職先の幅が広い(製薬会社、病院、薬局など)ので正直まだ就職先には恵まれてるイメージがあります。同じ医療職でも看護師なんかは就職先は恵まれてるし薬剤師と比べたら免許さえあれば確実に就職できるし、人手不足が薬剤師よりも深刻なので需要はかなりありますが、看護師の免許を生かした就職先しか選べません。それを踏まえた上で薬学部と看護学部ではどちらが就職に恵まれてると思いますか?

Aベストアンサー

ぶっちゃけた話、
医療機関が必要とするのは、労働コストの安い所謂准看さんや正看さんです、
大卒の看護師は余り必要では有りません、更に本人がキャリアアップを図るのなら其れも良いでしょうがね、
医療機関以外では一部を除いて(企業や健保の保健師、別に資格を要取得)必要な場面は介護の現場を除いて殆ど有りません、

薬剤師、
此れは国家資格ですからね、大学へも6年間通う必要が有るんでは?、
登録販売士とは比べ物に成りません、彼等は薬剤の販売そのものにはある程度従事出来ますが其処までです、
調剤などは出来ません、薬局も営めません、販売店で働けるだけです、
根本的に違いますからね、

仰る様に、ネットの記事は玉石混交です、誰もが好き勝手にさも事実・真実で有るかのように装って書き込めます、何の裏付けも無くに、
書き込んだ内容に一切の責任は問われませんよね、
ある意味無責任です、

今後はある程度不透明な部分も有るかも知れませんが、食いっぱぐれは無い職業の一つだと思います。

Q弥生の青色申告を使用している際の給与所得の扱いについて

今現在、私は会社で働いている傍らで副業でネットショッピングをしています。副業である程度の収入があると確定申告をしなければならないと聞いたので、簡単に出来るように「弥生の青色申告08」を購入しました。

ここで質問なんですが、副業の売り上げは事業所得として計算すればいいと思うのですが、会社から貰っている給料については、このソフト上ではどういった名目で計算すればいいのでしょうか?売り上げとして計算すると控除などの問題もあって正しく計算できない気がするので、どなたか教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。私自身は「弥生の青色申告08」を使ったことがないのですが、一般的にこのようなソフトは事業所得の決算書(青色・白色)を作成する機能が主な目的で、更にこれに加えて確定申告書まで作成する機能を備えたソフトとなっております。

したがって、ネットショッピングの事業に係る決算が確定した後、その事業所得の金額と給与所得などを合わせて確定申告書を作成することになりますので、事業所得の計算上は本業の給料については何も入力しません。
確定申告書を御覧になれば意味が御理解できると思いますが、事業所得と給与所得とは分けて考えます。

Q短大・大学卒業後の専門学校卒の場合の学歴・給料

短大または大学を卒業した場合、準学士または学士の学位がもらえ、お給料もそれぞれの基準で支給されますよね。
専門学校卒の場合は学位・・・といえるほどのものなのかは分かりませんが、準学士に値するようなもの、と聞いたことがあります。実際どうなのかは分かりませんが・・。お給料は短大卒の人以下とか何とか

専門学校から大学に編入した場合、その最終学歴は大学卒、になりますが、短大なり大学なりを卒業した後専門学校に入った人(理由はどうであれ)の場合、最終学歴は「最終」ですから専門卒になると思います。お給料はどの基準でもらえるのでしょうか?専門基準?それとも学位はあるのだからそちらを基準にしているのでしょうか?

Aベストアンサー

採用基準によります。
大卒社員として採用されれば 大卒としての給料が出ます。
専門学校(=短大)以上と書いてあれば、大卒であっても 大卒としての給料ではなく 専門学校卒の給料となります。会社によっては大卒加算として数千円を上乗せする場合がありますが、大卒採用社員の給料よりは少ないです。
あと、いまどきの短大は 2年制の専門学校と同等ないしは以下(専門教育が少ない分)の扱いです。 

Q個人事業主の、銀行口座。個人的な入出金の区別は?

お世話になります。

概要
個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における個人的な金の出し入れについて、事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。


詳細
個人事業主が事業用として使っている銀行口座で、個人事業主の個人的な金の出し入れがある場合があります。

たとえば、先日の株の急落の際、証券会社から追証(追加の代金)の入金を求められた。
現在、個人事業主の事業用口座が証券会社に届け出ている入出金用の口座であり、
急なことだったので、まず自分のプライベートな口座から、事業用口座に100万円の入金をした。
次にその100万円を証券口座に振り替えた。

さて、普通なら、個人事業用の口座の入金は、事業としての入金とみなされます。
そして出金は経費か、事業主貸(個人事業主への報酬)とみなされます。
ということはこの100万円の入金と出金は、仕訳として書くならば

普通預金
現金100万円 売上100万円

普通預金
事業主貸100万円 現金100万円

となってしまいます。個人事業主は自分のお金を動かすのにたまたま個人事業主用の口座を経由しただけなのに、(それもやむを得ない理由で)個人所得100万円、とみなされてしまうわけです。

さあ、このような場合、入出金をどのように仕訳記帳したら、
「事業としてのカネの出入りではなく、あくまでも個人事業主のポケットマネーが口座を素通りしただけ。
事業とは全く関係がない」
ということを明白に出来るでしょうか?

詳しい方、お願いします。

お世話になります。

概要
個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における個人的な金の出し入れについて、事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。


詳細
個人事業主が事業用として使っている銀行口座で、個人事業主の個人的な金の出し入れがある場合があります。

たとえば、先日の株の急落の際、証券会社から追証(追加の代金)の入金を求められた。
現在、個人事業主の事業用口座が証券会社に届け出ている入出金用の口座であり、
急なことだったので、まず自分のプライベートな口...続きを読む

Aベストアンサー

言葉の言い回しなのか、勘違いなのか、おかしい部分がいろいろありますね。

>個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における
事業用口座の届出義務はありませんし、届出を受理するような制度もないと思います。
あくまでもあなたが確定申告などのために作成する帳簿で事業用として管理しているだけではありませんか?

>事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。
個人用口座を会計処理する必要はありません。
事業用口座において、個人的支出をしたのであれば、
  借方)事業主借 貸方)普通預金など
逆に、個人的な入金や家事用口座から資金の入金をしたのであれば、
  借方)普通預金など 貸方)事業主借
で処理することになるでしょう。

>現在、個人事業主の事業用口座が証券会社に届け出ている入出金用の口座であり、
個人事業の口座もそうでない口座もあなた個人の口座であり、どのような使い方をされてもあなたの自由です。しかし、事業用の口座については、会計帳簿を管理しなくてはならず、事業と関係ないものは家事用口座を利用されるべきです。そうしなければ、そのような取引も税務調査で必要以上にチェックされ、質疑応答などを求められてしまいますからね。

>さて、普通なら、個人事業用の口座の入金は、事業としての入金とみなされます。
あなたにとっての普通が普通でない場合や勘違いもあると思います。
事業用の口座であっても、事業にかかる収入でない入金という場合もありますし、その逆もあり得ます。だって、事業用として開設した口座であっても、その利用方法に制限はなく、あなたの自由なのですからね。
したがって、事業用口座へ入金されても、売上などの収益勘定で処理する必要はありません。第三者からの融資であれば借入金という負債勘定で処理することでしょう。それと同様に会計処理上事業と家事を分けて処理するということで、事業主借や事業主貸の勘定科目を使うのが個人事業の会計処理です。これは法人の会計処理であれば、役員からの借入金として処理するものなのですからね。
事業主借や事業主貸などの勘定科目で処理すれば、損益計算書上の動きになりません。あくyまでも貸借対照表上の話となります。したがって、所得になるようなことはありません。

>事業とは全く関係がない」
>ということを明白に出来るでしょうか?
すでに説明した通り、そのような場合のための勘定科目も会計ルールもあります。また説明が必要であれば、証券会社の契約書類等で事業用口座が届け出ていること、家事用口座と事業用口座の通帳と証券会社の取引履歴をみれば、その動きは明白であり、損取引が金融機関や証券会社との取引であることで第三者が証明するのと変わらないことでしょう。
事業用口座でそのようなことをしなければ、説明責任はなかったかもしれません。しかし臨時でもそのような使い方をすれば、説明責任が出てくることでしょうね。コピーでも領収証や伝票などと一緒に保管すればよいでしょう。

質問を読む限り、複式簿記や個人事業の会計処理方法の基礎もままならない状態のようです。そのような会計処理の知識のままでは、不必要な税金を納めているようなこともあることでしょうね。
私が以前知人の相談を受けた際には、知人の友人に頼んで何年も会計処理と申告をしている。その知人の友人は知識が高いということでした。しかし、私がぱっと見ただけでも、年間数十万円余計に税金を払っている様にも思いましたね。会計処理も申告の考え方も、答えは一つではありません。そのために税理士という難しい国家試験などで認められた税理士が専門家として活動され、認知されているのです。簡単にそれに代わる処理が素人に出来るのであれば、税理士が先生などと呼ばれないのです。
頑張って勉強するか、税理士に依頼されたほうが良いと思いますね。

言葉の言い回しなのか、勘違いなのか、おかしい部分がいろいろありますね。

>個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における
事業用口座の届出義務はありませんし、届出を受理するような制度もないと思います。
あくまでもあなたが確定申告などのために作成する帳簿で事業用として管理しているだけではありませんか?

>事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。
個人用口座を会計処理する必要はありません。
事業用口座において、個人的支出をしたのであれば、
  借方)事業主借...続きを読む

Q扶養控除の計算をするのに年間の収入額とは毎月給料から源泉徴収を引かれて 手取りの金額で計算するのです

扶養控除の計算をするのに年間の収入額とは毎月給料から源泉徴収を引かれて 手取りの金額で計算するのですか?それとも源泉徴収が引かれる前の総額で計算するのですか?すいません。わかる方教えてください。

Aベストアンサー

>源泉徴収が引かれる前の総額で計算するのですか?
通勤費を引いた総額です。
その金額が103万以下が条件です。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

Q事業主貸しを、最終的に事業主の収入とする記帳は?

事業主貸しにした金額を、最終的に全部まとめて事業主の収入とするには?

お世話になります。
税金の質問、というか簿記の質問ですが。

青色申告です。
事業用の銀行口座から現金を引き下ろしたものは、預金出納帳の上ではすべて事業主貸しとして計上してあります。
この中には当座の生活資金として引き出したものもありますし、経費として現金が必要となっておろしたものも含まれます。
もちろん10万円下ろして、「そのうち5万円を事業主の生活資金に、5万円を家賃地代に」というように一緒くたにしたものもあります。

その代わりに、経費帳の上では現金で支出した経費はすべて事業主借りとして計上してあります。
一本100円のボールペン購入から、「交通費として新幹線往復乗車賃 数万円」まで、現金で経費計上したものはすべて事業主借りとしてあります。

さて、12月31日をもって青色申告の締め日を迎えるわけですが、このうち
「預金口座から事業主貸しとして引きおろした現金のうち、”結果として事業主の手元に残った現金”をすべて事業主の個人の給料・収入(年俸というべきかな)とする」
という仕訳はどの帳面にどのように計上すべきでしょうか?

詳しい方、お願いします。
なお、この質問は京都大学の入試問題ではありませんので安心してください。笑

事業主貸しにした金額を、最終的に全部まとめて事業主の収入とするには?

お世話になります。
税金の質問、というか簿記の質問ですが。

青色申告です。
事業用の銀行口座から現金を引き下ろしたものは、預金出納帳の上ではすべて事業主貸しとして計上してあります。
この中には当座の生活資金として引き出したものもありますし、経費として現金が必要となっておろしたものも含まれます。
もちろん10万円下ろして、「そのうち5万円を事業主の生活資金に、5万円を家賃地代に」というように一緒くたにしたものもあ...続きを読む

Aベストアンサー

>事業用の銀行口座から現金を引き下ろしたものは、預金出納帳の上ではすべて事業主貸しとして計上してあります。
>その代わりに、経費帳の上では現金で支出した経費はすべて事業主借りとして計上してあります。

非常に上手なやり方です。個人事業の会計で「現金」勘定を使うと猛烈に煩雑になり、しかも間違いが頻繁に発生するからです。今後も続けて下さい。
(税務署から「現金」勘定を使わないことを理由に「青色」を取り消される、なんてことはありませんので)


>結果として事業主の手元に残った現金”をすべて事業主の個人の給料・収入(年俸というべきかな)とする」
という仕訳はどの帳面にどのように計上すべきでしょうか?

誤解があるようですが、個人事業の会計では、従業員の給料・収入を取り扱う会計処理(仕訳)は存在しますが、「事業主の個人の給料・収入」を取り扱う会計処理は存在しません。
年間売上高-年間必要経費(従業員給料含む)=事業所得(=事業主の個人の給料・収入)
であり、事業主の個人の給料・収入というのは一年間の足し算、引き算の最終結果、という世界なのです。

「事業主の手元に残った現金」は「事業主貸」の一部です。何もしなくて良いのです。

ただ、決算の最終段階で、事業主貸残高と事業主借残高を相殺して差額を元入金に繰り入れる会計処理を忘れないで下さい。
〔借方〕事業主借△△△△△/〔貸方〕事業主貸☆☆☆☆☆
〔借方〕………{空欄}………/〔貸方〕元入金 ◎◎◎◎
《注》事業主貸残高の方が事業主借残高よりも大きい時は、元入金は借方に発生します(元入金がマイナスになる)


もし京大の入試問題なら、これで合格間違いナシですよ。   v(^ ^;

>事業用の銀行口座から現金を引き下ろしたものは、預金出納帳の上ではすべて事業主貸しとして計上してあります。
>その代わりに、経費帳の上では現金で支出した経費はすべて事業主借りとして計上してあります。

非常に上手なやり方です。個人事業の会計で「現金」勘定を使うと猛烈に煩雑になり、しかも間違いが頻繁に発生するからです。今後も続けて下さい。
(税務署から「現金」勘定を使わないことを理由に「青色」を取り消される、なんてことはありませんので)


>結果として事業主の手元に残った現金”を...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング