こんにちは、仕分けについての質問です。
私は2年目の青色申告個人事業者です。
去年は純利益70万円付近でした。今年の帳簿に繰り越して今まで書き続けていますが、どのタイミングで自分のお給料を計上するのでしょうか?
このままですと、永遠と繰越ていって自分は(私独りの事業ですが)お給料をもらっていません・・・。
個人事業の利益=個人の利益だと思うのですが、仕分け項目やタイミングなど教えて下さいましたら助かります。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

おっしゃるとおり、「個人事業の利益=個人の利益」です。

そして利益と資金は別物です。実際に使うことができるのは資金であり、計算上の数値に過ぎない「利益」ではありません。
個人事業主の給料というものはないので、事業で余裕の出た資金については、「事業主」勘定を使って個人(プライベート)に振り替えます。現金でもかまいませんが、記録を正確に行うなら事業用預金口座からプライベートの口座へ振り替えるほうがよろしいでしょう。
事業からプライベートへ資金を移す場合には、
事業主貸 XXXX円/現金預金 XXXX円
とします。
資金を移すタイミングは資金に余裕があり、かつプライベートで必要なときでしょう。経営が安定したら、給料と同じように毎月定額を振り替えればよろしいと思います。あくまで事業用資金に不足が生じない範囲で行う必要があることに注意してください。

逆にプライベートから事業へ資金を移す場合には
現金預金 xxxx円/事業主借 xxxx円
となります。申告のために決算する際には、事業主貸と事業主借を相殺し、差額だけを貸借対照表に表示します。
    • good
    • 3

個人事業の場合、法人と違って、お店のお金はそのまま自分のお金となります。

一応区別するために、法人の資本金的な性格の「元入金」とか使いますが、税金等をキッチり収めていれば、自由に使って構いません。
ただ、さっきも書いたように便宜上財布のお金とお店のお金を区別しているだけなので、お店のお金を使った場合、事業主に貸すという意味の「事業主貸」勘定を使います。

・生活費としてお店のお金から20万を入れた。
(事業主貸)200000  (現金)200000
逆に、お店のお金が足りなくて、自分の財布から入れた場合、事業主から借りたという意味で「事業主借」勘定を使います。

・お店の電気代の支払いの為に自分の財布から支払った。
(水道光熱費)5000  (事業主借)5000

で、決算の時に、事業主貸と事業主借の双方の残高を相殺します。
もし、事業主貸に金額が残ったら、お店のお金を入れるより出す方が多かったのですから、元入金から差し引く仕訳をします。事業主借に金額が残ったら、入れる方が多かった訳ですから、その分、元入金に振替える仕訳をします。これらの決算整理によって、事業主貸と事業主借の勘定科目は消えます。
繰り返しますが、個人事業の場合、適正に申告して税金をキッチリ払っていれば、お店のお金でギャンブルしようがキャバクラ行こうが自由です(それを必要経費にしたら脱税ですが 笑)
    • good
    • 0

個人事業主の場合、自分に対する給料を計上するところはありません。



事業のお金から、事業主の生活費(国民年金・国民健康保険料の支払い、所得税・住民税の支払い、その他生命保険料の支払いや、また、その他生活費として使うお金)を支払ったときに、「事業主貸」の勘定科目を使って仕訳します。

>去年は純利益70万円付近
>今年の帳簿に繰り越して今まで書き続けていますが・・

とのことですが、その帳簿は「現金出納帳」のことですか?
では、帳簿残高は実際に手元にある現金残高と合っていますか?
生活費に取っていたとしたら、現金残高と合致しないと思いますが。

自分への給料は計上できませんが、例えば毎月決まった日に生活費分として「事業主貸 / 現金」(摘要欄:生活費として)として取ることは可能ですよ。
そうしておけば、事業のお金から生活費部分のお金を出す度に記帳することはないです。「事業主貸 / 現金」(摘要欄:国民健康保険料支払い)など。

>個人事業の利益=個人の利益

この考え方で間違いはないですが、現金出納帳残高=個人の利益にはなりませんので、ご注意くださいね。
    • good
    • 1

青色申告事業者に自分の給料の項目はありません。


だからいつからというタイミングもありません。

利益が大きければ全部自分の所得です。
利益が少なければ普通の会社員より
年収が少ないです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業主 青色申告13を使って繰越利益剰余金

個人事業主です。

弥生の青色申告13を使って帳簿をつけていますが、日々の入力だけで確定申告は税理士さんにデータを渡してお願いしています。

今年の申告が終了した後、税理士さんより、追加仕訳(決算分)をしておくようにメモを渡されました。そのうち一件に 
繰越利益剰余金 ○○○ /元入金 ○○○
というのがあります。

決算の日付で入力したいのですが、「繰越利益剰余金」という科目がないので、どのように入力したらいいのか困っています。

追加仕訳ということなのですが、日々の入力のようにしたらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

事業所データを「個人」として作成されているはずですね。

個人として設定してあれば、「繰越利益剰余金」という勘定科目は存在しません。

個人の場合は、繰越処理においてその年分の損益勘定は事業主貸、事業主借とともに元入金勘定に自動的に集約されます。

したがって、税理士さんの言われる
繰越利益剰余金 ○○○ /元入金 ○○○
の仕訳をすることは不可能ですし、またする必要もありません。

それ以外の追加仕訳だけを入力して、繰越処理を実行すれば元入金は適切に処理されます。

Q個人事業主の個人のカードから事業用の引落しが行われている場合の仕分けの仕方

個人事業主で同じクレジットカードから個人の利用分と事業用の利用分の両方が引き落とされています。
その場合の仕分けの仕方がよくわからない為、教えてください。

クレジットカードの場合、購入時期と支払時期がずれるので、
今は以下のようにしています。

2/1 通信費  2000円 / 事業主借 2000円 ← 購入時点の仕分け
3/10 事業主貸 2000円 / 現金   2000円 ← 支払日(引落日)の仕分け

根本的に間違っているかもしれませんが教えてください。

Aベストアンサー

個人事業主で同じクレジットカードによる仕訳
支払が月を跨ぐ時は、「未払金」て会計しましょう。
クレジット会社の請求書が届いた時点で
発行日付で
通信費100/○○クレジット NTT/未払金300
消耗品費100/○○クレジット ○○文具
車両費100/○○クレジット ○○スタンド
請求書の明細には、角該当欄に該当勘定科目を書いて捺印して保管しましょう。
銀行引き落とし日で
未払金300/○○クレジット/事業主借
と会計します。
なお事業主分は、仕訳しません。

引き落とし通帳を事業用として資産計上すると、事業主分は「事業主貸」となります。
この場合は、銀行引き落とし額とクレジット会社請求書の金額が一致して確認しやすくなります。
ご参考まで

Q個人用口座からの決済の仕分け(個人事業1年生)

個人事業開業ですが、帳簿勉強中です。
ネット通販で仕事用の道具を買いました。支払いはネットバンキング(個人用○△銀行)で即、引き落としとしました。¥00/消耗品--○△銀行/¥00と振替伝票と切りますとソフト上で
¥00/現金--事業主借/¥00(消耗品、○△銀行)
¥00/消耗品--現金/¥00(消耗品、○△銀行)の2枚の振り替え伝票に変換されますが結果的に
¥00/消耗品--○△銀行(事業主借)/¥00ということなので貸借はあいます。
取引の両者間の口座で現金が動いているという解釈でよろしいでしょうか。

Aベストアンサー

No.2です

>無理な論理では税務署が通りませんでしょうか。

いいえ。会計としては奇妙なのですが、税務としては問題ありません。税務署はOKですよ。

Q個人事業主の口座から引かれる個人用カードの仕分け

いつも、お世話になっております。

仕訳について教えてください。

事業主用の口座から個人的に使用しているカード払いの引き落としもされております。
事業に関係ないものでの支払時は【事業主貸】で処理しておりますが、
このカードから事業用の消耗品を購入し(例10,000円)現金で100,000円を渡した場合、

消耗品10,000円/現金10,000円


カード引落時の仕分けはどうなるのでしょうか?

初歩的な質問ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

カード引落時は購入日の1月以上後ですね。
決算期以外は、その引き落としの日で費用計上して良いと思うのですが、期末や当月の費用にしたいのであれば、

購入時  負債勘定に未払金を使って
消耗品10,000円/未払金10,000円
カード決済時
 未払金10,000円/預金 10,000円

とされたら良いと思います。

Q個人事業 弥生会計 初めての仕分け 

いつもありがとうございます。
教えてください。
個人事業/一般 個人 青色申告 で、貸事務所で1月より営業を開始するとします。
昨年の12月までにかかったお金は大まかに下記の5つになります。
【1】貸事務所の礼金を大家さんへ事業主が支払った。
 (開業費/短期借入金 500,000円)

【2】事務所の内装工事を事業主が支払った。
 (開業費/短期借入金 3,000,000円)

【3】事務消耗品等購入を事業主が支払った。(その中で、13万円のエアコンあり)
 (開業費/短期借入金 1,700,000円)

【4】国庫金より借り入れ、預金へ。
 (普通預金/借入金 5,000,000円)

【5】立替えた分を事業主へ国庫金より返金。
 (短期借入金/普通預金 5,000,000円)

ここで、質問です。
Q1.上記のような振替伝票でよいのでしょうか? *事業主借っという勘定科目印がなかったため短期借入金にしましたが、よかったでしょうか?


Q2.もし、弥生会計で初期設定の残高金額設定があるのですが、上記の例でいうと、このようになりました。これで、よいのでしょうか???
開業費  :5,200,000
短期借入金:200,000
借入金  :5,000,000
普通預金 :0

どうぞよろしくお願いします。

いつもありがとうございます。
教えてください。
個人事業/一般 個人 青色申告 で、貸事務所で1月より営業を開始するとします。
昨年の12月までにかかったお金は大まかに下記の5つになります。
【1】貸事務所の礼金を大家さんへ事業主が支払った。
 (開業費/短期借入金 500,000円)

【2】事務所の内装工事を事業主が支払った。
 (開業費/短期借入金 3,000,000円)

【3】事務消耗品等購入を事業主が支払った。(その中で、13万円のエアコンあり)
 (開業費/短期借入金 1,700,000円...続きを読む

Aベストアンサー

開業前の準備費用(開業費)は必要経費?
http://allabout.co.jp/career/freelance/closeup/CU20031126A/
次の費用は、開業費に含めることはできません。
・1年以上の長期にわたって事業活動に使用され資産となるもの。(パソコンや機材、什器備品等)
・事務所の賃貸料、水道光熱費等

以上のようにほとんどが開業費ではありません。

【1】貸事務所の礼金を大家さんへ事業主が支払った。
 (開業費/短期借入金 500,000円)
=>権利金(税法上の繰延資産)として減価償却する

【2】事務所の内装工事を事業主が支払った。
 (開業費/短期借入金 3,000,000円)
=>内部造作(有形固定資産)として減価償却する。

【3】事務消耗品等購入を事業主が支払った。(その中で、13万円のエアコンあり)
 (開業費/短期借入金 1,700,000円)
=>エアコンは什器備品(有形固定資産)として減価償却する
その他も検討を要する。

【4】国庫金より借り入れ、預金へ。
 (普通預金/借入金 5,000,000円)
【5】立替えた分を事業主へ国庫金より返金。
 (短期借入金/普通預金 5,000,000円)
=>問題なし

開業前の準備費用(開業費)は必要経費?
http://allabout.co.jp/career/freelance/closeup/CU20031126A/
次の費用は、開業費に含めることはできません。
・1年以上の長期にわたって事業活動に使用され資産となるもの。(パソコンや機材、什器備品等)
・事務所の賃貸料、水道光熱費等

以上のようにほとんどが開業費ではありません。

【1】貸事務所の礼金を大家さんへ事業主が支払った。
 (開業費/短期借入金 500,000円)
=>権利金(税法上の繰延資産)として減価償却する

【2】事務所の内...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報