位置情報で子どもの居場所をお知らせ

数ヶ月前に車にはね飛ばされ歯が折れました。
治療費の全額を相手方(運転手の保険会社)が負担することで治療を進めてきました。
神経の処理などを施しながら最終的に差し歯の本歯を入れて治療が終了します。
治療が終了したら後は示談交渉に入ることになります。

そこで不安材料があるので相談をさせてください。

差し歯を入れた後なのですが、
差し歯のメンテナンスや治療による手落ち、差し歯を入れた事によって起こる弊害(を回避、補正するための再治療)
などを示談後にする事になった場合、その治療費を相手方に請求できるのでしょうか?
いや、そうなればせざるをえないのですがどうすればできるのでしょうか?
示談の内容に何らかの文言を含めるべきでしょうか?

お知恵を拝借ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

対応年数が分かって居る物に関しては、その交換費用を乗せる事が可能です。



ただ、単純に金額を載せるのではなく、何年毎に交換するのか計算し、その間の法定金利分を引かれた額になります。
この寿命などが公的に認められる形で根拠として出せなければ、認められる事はありません。

差し歯を居れた事によって起こる弊害は、すでに考えられる物があるのであれば、差し歯を居れる事はできないとなってしまいます。
医師のミスなどと言う物であれば、それは医師の問題であり、保険会社の責任ではありません。

この回答への補足

対応年数というのは耐用年数ということでしょうか?

入れてみて徐々に影響が出てくるということもあると思います。
入れてすぐに何ともなかったが数ヶ月後にどうしても調子の悪い場合はどうすれば良いのでしょう?
入れた後も様子見の期間を設けてしばらくは示談をしない方が良いということでしょうか?

補足日時:2007/12/08 03:04
    • good
    • 1

保険内治療のみです。

 
差し歯を入れて終わり。 
後は全て実費です。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどそうですか。
そうすると治療を打ち切らずに延ばすのがベストのようですね。
有り難うございます。

お礼日時:2007/12/08 03:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故で10対0の被害者です。歯が差し歯に…。慰謝料は?

私の友人(30代前半男性)の事で相談があります。よろしくお願いします。
トラックとバイクの事故で(当方バイク)、
治療期間6ケ月の歯の損害を受けました。
(完全に元通りになった訳ではないので「全治」と書かないでおきます)
昨日一応治療が終わりました。

損害を受けたのは、真ん中の前歯2本です。
一本は脱臼により、神経を抜かれてしまい、
もう一本は一度根元から抜けてしまったものの、
最終的には保定措置により幸いにも歯根はなんとかくっついたのですが、差し歯になってしまいました。
今まで健康な自分の歯だったのが、これから一生差し歯(固い物が食べられない、味気ない。見た目差し歯とわかる)になってしまうという被害について、
どの程度の「慰謝料」が見込めるものでしょうか。
(休業保障や医療費などの実費は別として…です。)

「治療が終わったのでこれから示談に入りますんで」と保険屋さんから先程連絡が入りましたが、どのような方法で交渉するべきかもわかりません。言われた額にウンウンと言って了承していれば良いのかと不安です。

彼としては、何百万もらうよりも、あんなに痛い思いや自分の歯でなくなってしまう方が嫌だったと言っています。この歯が一生持つのかも定かではなく、もしまたダメになってしまったら、それは自腹になってしまうのでしょうか?

何かこの事に関してアドバイスいただける事がありましたら、専門家の方、体験者の方など、色々御助言よろしくお願い致します。

私の友人(30代前半男性)の事で相談があります。よろしくお願いします。
トラックとバイクの事故で(当方バイク)、
治療期間6ケ月の歯の損害を受けました。
(完全に元通りになった訳ではないので「全治」と書かないでおきます)
昨日一応治療が終わりました。

損害を受けたのは、真ん中の前歯2本です。
一本は脱臼により、神経を抜かれてしまい、
もう一本は一度根元から抜けてしまったものの、
最終的には保定措置により幸いにも歯根はなんとかくっついたのですが、差し歯になってしまいました...続きを読む

Aベストアンサー

保険会社が提示する金額は自賠責基準による入通院日数×4200円×2又は入通院期間×4200円のいずれか低い方です。

前歯2本は自賠責基準では後遺障害に該当しませんので逸失利益や慰謝料の補償を受けられません。

自賠責基準での補償に納得いかなければ交通事故相談センターや交通事故紛争処理センターの利用、訴訟などにより後遺障害を認めてもらい補償を受けることになります。

しかし、前歯2本で何百万もの補償を受けることは困難を極めると思われますから、費用対効果などをよく勉強されてから交渉に望まれた方がよいと思います。

ちなみに自賠責基準では3歯以上に対し歯科補綴を加えたものは14等級に該当し、慰謝料は32万円です。


人気Q&Aランキング