日本語では、かっこ、かっことじる、などといいますが、
英語では何と発音するでしょう?

 いままで英語で ( ) の発音をきいたことがありません
が、発音しないのでしょうか?

 ご存じの方よろしくお願いします!

A 回答 (7件)

通常の会話やニュースなどでは、「かっこ、かっことじる」という表現をしないようです。


日本語でもしませんよね。
だから聞く機会がないのでしょう。

でも、支店のクラークが電話で文書の内容を読んでくれる時には、brackets、close brackets と言ってくれます。
    • good
    • 0

アメリカでは実際「paretheses」の方が良く使われて


いたような気がします。特に学校などでは、ほぼほとんどがparethesesで
使用されていました(数学などの用途ではなく口語でも)。

でも日本人にはなかなか発音しづらい単語ですよね~、これ。
会話のなかである部分を強調して言いたい、などの場合には
「quote(クォート)」を使うと良いと思いますよ。つまり""こっちの
マークになります。
    • good
    • 0

調べると「parenthesis」と出ると思いますが、


実用としては、「bracket」を使うようです。

さらに実際使うとき
たとえばa=b(c*d)などは
「a is equal to b times c times d」と飛ばして読むことが多いです。
    • good
    • 0

辞書を引きましたか?


ちゃんと出ていますよ!

「かっこ」のことは一般にbracketといいます。
( や )つまり「丸かっこ」はround bracket
[ や ] つまり「角かっこ」「大かっこ」はsquare bracket
{ や }つまり「中かっこ」はbraceあるいはcurved braceまたはcurly bracketといいます。
どれも「かっこ」の片方のことを指すので複数で言う場合が多いです。ですからbracketsになるわけです。
また、「二重かっこ」はdouble parenthesesと言います。
「単語にかっこを入れる」という場合にはput a word in paretheses(bracket)と言います。
parethesesというのは「丸かっこ」のことで主にアメリカで使われる言葉です。複数形はparethesisとなって、eがiに変わります。

これ、全部英和辞典に載ってますよ。
今度、英語についてわからないことがあったらここで質問をする前に辞書を見て調べるようにしましょう。その方が勉強になります。
    • good
    • 0

( )という記号そのものは、round bracketsとかparenthesesといいます。


( )という記号で「かっこ」とか「かっことじ」という言い方はわからないですが、
" "などのばあい(引用のばあい)、「かっこ」と「かっことじ」に相当する言葉はそれぞれopen quoteとclose quote(またはunquote)です。
    • good
    • 0

ちなみに[]はbrackets(ブラケット){}はbraces(ブレイス)といいます。

    • good
    • 0

parenthesis(パレンザーシス)というみたいです。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の発音、lの発音についてアドバイスいただきたいです。 発音博士というアプリを使用して英語の発音の

英語の発音、lの発音についてアドバイスいただきたいです。
発音博士というアプリを使用して英語の発音の勉強を
しています。
別にsiriでも構わな位のですが、clerkという単語を発音しても絶対にrと認識されます。
*発音博士というアプリでは自分の発音をアプリ側が
認識した発音記号を提示してくれます。大体rrってでます。

サイトで何度もlの下の動きを確認したり、youtubeでもみました。前歯の付け根に下をつけて発音など。
また自分でも色んの位置に舌先を持ってきたりいく通りもの発音をためしましたが、だめです。。
もともとの滑舌のせい?!
こう発音したらlと認識するよ!っていうのがあれば是非ご教授願います。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

クラークのクを、くぅと発音せずに、短くkと言って、kの続きにエル(L)を発音できているでしょうか
klです
その次は、ゥぁー音です ゥぁーRです

ロンドンは正しく発音できますか

everybody loves raymondは正しく発音できますか

Q日本語の「よろしく」は英語では何と言うんですか?

例えば

会社などで『この仕事「よろしく」』や

何か(スポーツや会議など)を誰かと一緒に始める時に言う「よろしく」や

『これからも「よろしく」』など

日本語の「よろしく」はいろんな場面に使いますが、それと同じような意味の言葉を英語ではどういうのでしょうか?

例えがとても分かりにくいですが、それでも僕の言いたい事を理解できた方は教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

日本語でもけっこう曖昧ですよね。「とりあえずよろしく~」とか(笑)

xxさんによろしくお伝え下さい
please send my regards to xxさん
please say hi to xxさん(ちょっとカジュアルに)

スポーツの試合の時などお互いにGood luck!(幸運を!)なんていい合いますが「よろしくおねがいしまーす!」と翻訳されたりします。

Q英語のスラングではなく、 スラングという単語は、英語で何と言いますか?

英語のスラングではなく、
スラングという単語は、英語で何と言いますか?

Aベストアンサー

slang?

Q【英語の発音について】 iPhoneのSiriをアメリカ英語に設定してbadlyの発音練習をしている

【英語の発音について】
iPhoneのSiriをアメリカ英語に設定してbadlyの発音練習をしているのですが、Siriがbatteryと認識してしまいます。

badlyがbatteryではなく正確にbadlyと認識できるようなコツがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

badly
dとtの発音は舌の動きは同じなので、確り濁ること、

Lの発音も上前歯の裏に舌を当てて発音する事ではないでしょうか。

dの発音の直後のLは舌が後ろに行きやすくしたで音を反響させてしまうとrと認識されてしまいやすくなるでしょう。

dとLの発音を意識してみましょう。

Q【英語の発音とリスニングについて質問です】 英語を習得するにあたり、発音できない音は聞き取れないと確

【英語の発音とリスニングについて質問です】
英語を習得するにあたり、発音できない音は聞き取れないと確信している方々に質問です。

僕は発音できなくても聞き取ることは可能だと思っています。

僕は現在英語習得のために勉強している最中です。僕の経験上、先に発音を練習する事でリスニング能力は確かに向上すると思います。

しかし、発音できない状態でも正確に聞き取ることは可能だと思います。

現に構音障害を持っている人でも正確に聞き取っています。
構音障害とは体の構造上、正しい発音が出来ない人(器質性構音障害)や幼少期に身に付けた誤った発音が治らない人(機能性構音障害)等のことです。

なので、発音できなくても正確に聞き取ることが可能だということが証明されています。

もし「発音できない音は聞き取ることができない」が本当であれば、先天的な器質性構音障害を持った日本人の方が日本語を正確に聞き取っているという事実が説明できません。

「発音できない音は聞き取ることができない」のではなく「発音の仕方を知らない音は聞き取ることができない」というのが正しいと感じています。
これだと構音障害を持っている方々の状態にも当てはまりますよね。

なので、「発音できない音は聞き取ることができない」と確信している方々には「発音の仕方を知らない音は聞き取ることができない」と考え方を改めてほしいと思っています。

発音の仕方さえ分かれば聞き取ることが可能だと思っています。
リスニングができないという人は、発音が正しくできなくても発音の仕方さえ知っていれば、勉強(静聴など)を続ければいずれ正確に聞き取ることができるのではないかと思っています。

(もしかしたら発音の仕方すら知らなくても正確に聞き取ることが可能なのではないかとも思っていますがこれは特に根拠はありません。
大した根拠はありませんが、先天的な器質性構音障害を持っている方々に聞いたところ、過去に日本語の発音の仕方を学んだという人が僕の周りには一人もいないからです。)

ただ、この僕の考え方も間違っているかもしれません。

前置きが長くなりましたが
英語を習得するにあたり「発音できない音は聞き取ることができない」と確信している方々に聞きたいのですが
上記の僕の考えを見ていただいた上で、それでも「発音できない音は聞き取ることができない」と言い切れる人はその理由を教えていただきたいです。
僕の考えが間違っているのなら、やはり僕も考え方を改めたいので。

宜しくお願いします。

【英語の発音とリスニングについて質問です】
英語を習得するにあたり、発音できない音は聞き取れないと確信している方々に質問です。

僕は発音できなくても聞き取ることは可能だと思っています。

僕は現在英語習得のために勉強している最中です。僕の経験上、先に発音を練習する事でリスニング能力は確かに向上すると思います。

しかし、発音できない状態でも正確に聞き取ることは可能だと思います。

現に構音障害を持っている人でも正確に聞き取っています。
構音障害とは体の構造上、正しい発音が出来ない...続きを読む

Aベストアンサー

> 大人になってからでは、やはり発音できなければ正確に聞き取ることができないかもしれないということです。

まさにそういうことです。
母語ではなく、勉強して習得する第二言語の話です。
例えば、/r/ と /l/ の区別は、
1.自分で正しく発音できる。
2.自分の発音で、耳が区別できる。
3.耳で区別できるから、ますます発音がヨクナル
という好循環を呼びます。

逆に、自分で区別して発音できないと、どうしても母語に引っ張られてしまい、区別がおろそかになります。
つまり、
1.正しく発音できない。
2.自分の発音で聞き取る練習ができない。
3.ますます聞き取れない。
という悪循環に陥ります。

これをやや大げさに言うと、「発音できない音は聞き取ることができない」ということになるのです。

たとえ障害があったとしても、やはり幼児から聞いている母語は違いますよ。
ちなみに、聴覚障害の場合は、やはり正しく発音するのは不可能とは言わないが、非常に難しいと言わざるを得ない。
聞き取れないので、正しい発音ができないわけです。


> 「英語習得に才能は関係ない」

これはまあ、障害がないのが前提ですね。
「コツさえつかめば、速く走れるよ」というのは、真実だとは思いますが、まさか乙武さんにそうは言わないでしょう。

> 大人になってからでは、やはり発音できなければ正確に聞き取ることができないかもしれないということです。

まさにそういうことです。
母語ではなく、勉強して習得する第二言語の話です。
例えば、/r/ と /l/ の区別は、
1.自分で正しく発音できる。
2.自分の発音で、耳が区別できる。
3.耳で区別できるから、ますます発音がヨクナル
という好循環を呼びます。

逆に、自分で区別して発音できないと、どうしても母語に引っ張られてしまい、区別がおろそかになります。
つまり、
1.正しく発音できない。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報