利用規約の変更について

いきなりな質問なのですが、国際慣習法の具体例を教えて下さい。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ANo2ことharepandaです。



> 確かに規範とした「法」ではないですね。ところで、国際慣習法を破ったら、何かしら制裁が課せられるものなのですか?法としての効力を持っているのなら、制裁があるはずですよね。

これは核心を突いた質問です。国内法は、国家が背景にあることにより、強制的な執行権を持っています。ところが、国際法の場合は、慣習を強制執行させる力を持っている執行官がいるわけでもなく、国際裁判も、なかなか機能していません。現状の法は、ドイツ法とそれを受け継いだ日本法の場合は道徳と法の分離という原則で作られています。つまり、道徳も法も社会規範であることには違いはないが、道徳は内面的な問題で国家の執行権で縛ることはできず、他方で法は外面的な問題で国家の執行権により強制力を持っているという原理で出来ています。国際法の場合、「究極の法源が存在しない以上、国際法は法ではなく道徳にすぎない」という意見の人もいるのですが、普通は「国際法とは強制力が不完全な限定的機能しか持たない法である」という解釈のほうが適切だと思います。

> もうひとつ、公海の自由の原則なども国際慣習法として知られると思います。それについては海洋法に関する国際連合条約(国連海洋法条約)の第7部に公海についての記述があると思うのですが、その点如何なのですか?公海というのが上記条約で一般的に定められているならば、未批准国のひとつであるアメリカにも、国連海洋法条約は有効という事ですか?

私は法哲学の専門で個別の法のことはあまり知らないのですが、できる範囲で回答させていただきたいと思います。一般論として言えば、アメリカの法律は、大陸法(フランス、ドイツ、日本など)とは別のロジックで出来ています。アメリカの法律は、英国法(イギリス、アメリカ、オーストラリアなど)がベースです。アメリカ法の原理では、未批准の国際条約に束縛される必要はないという考え方は自然な発想であり、現にアメリカ政府はそういう態度で動くことになると思います。しかも、アメリカはモンロー主義以来の伝統として、ヨーロッパ大陸諸国の動向には束縛されず、自国の独立性をヨーロッパ諸国間の戦争から守るという発想で生きてきた国ですので、大陸法の系譜に入る日本とは、違う法的ロジックで動いているのです。

英国法が大陸法と大きく異なるのは、(1)刑法や行政法や手続法も、民法と同じロジックで出来ており、刑法や行政法を特別視しないこと、(2)罪刑法定主義が存在しないこと、(3)法と道徳の分離という原則が存在しないことにあります。イギリスはわりと常識的なのですが、歴史の浅いアメリカとオーストラリアは、日本の法学者の前提をくつがえすような行動を平然とやってのけることがあります。

(1)については、アメリカには司法取引の制度があります。いいのか、刑法に民法の原理を導入して?などと驚いていては、アメリカの法は理解できません。
(2)については、オーストラリアのハワードのアフォがやったことのひとつに、クルド人難民が船で近づいてきていると聞いて、それを禁止する法律をあっという間に作ってしまい、やっつけ仕事で作った刑法を上陸したクルド人に事後遡及で追い出し、しかも、その法律は両院の賛成を得て成立したものではなかったため、もうひとつの院では棄却され、1ヶ月も有効期間がなかったという驚くべき法律なのです。そもそも、両院を通っていない法を実地に使ってしまうのですから、ハワードがいかに無茶をする政治家か、お分かりいただけると思います。先日、彼が選挙で負けたのは、非常に喜ばしいことです。
(3)については、アメリカはもともとイギリスにいられなくなった清教徒が作った国であり、宗教的にはかなり厳しく、キリスト教原理主義とでも呼ぶべき危険な思想を信仰している人が多数います。で、法と道徳の分離ですが、そんな発想はアメリカにはありませんから、州によっては、「セックスの体位は正常位以外は禁止とする」という法律を持っていることがあります。本当に警察が監視しているのか、この法律で裁かれた人がいるのかは非常に疑問ですが、正常位とは英語ではミッショナリ・ポジションと言いますから、まさに教会のお墨付きの体位という意味なのです。謎でしょ?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

成る程、良く解りました。有難う御座いました。

お礼日時:2008/01/04 21:06

失礼、打ち間違いに気がついたので、1番は無視してください。

こちらが当方の回答となります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いきなりな回答なのですが、国際慣習法を破った実例を提示したいと思います。

戦争時においても、敵国の大使(外交官)の身分は保証されなければならないと言うのは、グロティウスが「戦争と平和の法」で打ち立てた、400年の伝統です。

これを簡単にひっくり返したアフォの名前はブッシュと言って、イラクと戦争を始めた際、同盟国に呼びかけ、「今のイラク政府は正当なものとは言えないから、イラク大使を国外追放処分にしろ」と言い、法学者の常識を崩壊させたことで有名です。

日本国は、よく、アメリカの言いなりと言われますが、ブッシュと違ってまだ理性が残っており、日本におけるイラク大使は追放されることがなく、そのまま日本に残留することが出来ました。

また、ブッシュ以上のアフォとして著名で、良識派オーストラリア人を国の恥だと嘆かせているハワードという首相がいるのですが、こいつは本当にオーストラリアからイラク大使を追放してしまったことで知られています。

ちなみに、「オーストラリアから追放されたイラク大使は、今、どこで何をしているのですか?」という質問を教えて!gooに出したことがあるのですが、どなたもご存知ではないらしく、返答はひとつも届いていません。

この回答への補足

お礼欄に追加質問も兼ねて記述いたしました。

補足日時:2008/01/04 10:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難う御座います。

成る程、グロティウスの著書に記述があるのですか。確かに規範とした「法」ではないですね。ところで、国際慣習法を破ったら、何かしら制裁が課せられるものなのですか?法としての効力を持っているのなら、制裁があるはずですよね。

もうひとつ、公海の自由の原則なども国際慣習法として知られると思います。それについては海洋法に関する国際連合条約(国連海洋法条約)の第7部に公海についての記述があると思うのですが、その点如何なのですか?公海というのが上記条約で一般的に定められているならば、未批准国のひとつであるアメリカにも、国連海洋法条約は有効という事ですか?

お礼日時:2008/01/04 10:12

いきなりな回答なのですが、国際慣習法を破った実例を提示したいと思います。



戦争時においても、敵国の大使(外交官)の身分は保証されなければならないと言うのは、グロティウスが「戦争と平和の法」で打ち立てた、400年の伝統です。

これを簡単にひっくり返したアフォの名前はブッシュと言って、イラクと戦争を始めた際、同盟国に呼びかけ、「今のイラク政府は正当なものとは言えないから国外追放処分にしろ」と言い、法学者の常識を崩壊させたことで有名です。

日本国は、よく、アメリカの言いなりと言われますが、ブッシュと違ってまだ理性が残っており、日本におけるイラク大使は追放されることがなく、そのまま日本に残留することが出来ました。

また、ブッシュ以上のアフォとして著名で、良識派オーストラリア人を国の恥だと嘆かせているハワードという首相がいるのですが、こいつは本当にオーストラリアからイラク大使を追放してしまったことで知られています。

ちなみに、「オーストラリアから追放されたイラク大使は、今、どこで何をしているのですか?」という質問を教えて!gooに出したことがあるのですが、どなたもご存知ではないらしく、返答はひとつも届いていません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国際慣習法の成立要件

「国際法の成立要件について、判例を踏まえて論ぜよ。」という問題があるのですが、どう論述したらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

国際法においては、慣習国際法は条約と並ぶ重要な法源の一つであり、実際、長い間不文法として法規範性を有していた。なお、国際司法裁判所規程38条1項bによると、国際法の法源として「法として認められた一般慣行の証拠としての国際慣習」(international custom, as evidence of a general practice accepted as law) を準則として適用するとされている。

慣習国際法が成立する要件としては、同様の実行が反復継続されることにより一般性を有するに至ること(一般慣行, consuetudo)と、国家その他の国際法の主体が当該実行を国際法上適合するものと認識し確信して行うこと(法的確信, opinio juris sive necessitatis)の二つが必要であると考えるのが一般的である。

もっとも、前者の要件については、いかなる範囲の国家によって、どの程度実行されていれば要件を満たすのかにつき問題となることが多く、後者の要件についても、関係機関の内面的な過程を探求することはほとんど不可能であるため、外面的な一般慣行から推論せざるを得ないことが多い。

例を出すと、平和時の公海における航行権、軍艦の優先通行権が挙げられる。ただ軍艦の優先通行権については、海上自衛隊所属のイージス艦と漁船とが衝突して発生した海難事故では軍艦の優先通行権については考慮されてない(と思うけど判決文良く読んでね)。世界的には一般慣行して軍艦に敬意を評して優先通行とされて反復行動されているが国際法及び国内法の船通行方法が優先とされる。

 まずは、判例を集めて分析することですな・・・・

 

国際法においては、慣習国際法は条約と並ぶ重要な法源の一つであり、実際、長い間不文法として法規範性を有していた。なお、国際司法裁判所規程38条1項bによると、国際法の法源として「法として認められた一般慣行の証拠としての国際慣習」(international custom, as evidence of a general practice accepted as law) を準則として適用するとされている。

慣習国際法が成立する要件としては、同様の実行が反復継続されることにより一般性を有するに至ること(一般慣行, consuetudo)と、国家その他の国際法の主...続きを読む

Q慣習法 判例法 が分らず困っております。

政治経済を勉強しているのですが政治の分野で分らない部分があるので質問しようとおもいましたがカテゴリーの中になかったのでこのカテゴリーに質問さして頂きます。


法には自然法と実定法があって
実定法には成分法と不文法があり
不文法には慣習法 と 判例法などがあるようですがこの慣習法と判例法がうまくイメージできません。

ネット検索で「慣習法 例」「判例法 例」で探してもでてきませんし

この2つを自分にもわかるようにできれば具体的な例も交えて教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

専門家ではありませんが、法律は嫌いでは無いので今までに読んだ事例を脚色して、例を書きます
・慣習法
『弁護始末記 17』(http://www.npb.go.jp/ja/books/mokuroku/_380301.html)という書籍にでてきたのですが、「こさがり」と言う慣習があります。これは、地方によって意味合いが異なるとはおもいますが、邪魔な草や枝を刈る行為のことです。
さて、ある村に住むAは山林を持っておりました。その山林に隣接する畑をBが所有しており、Bは慣習に従い、畑に接する山林の下草を刈り、枝を取り除いておったのです。しかし、突然の病でBは死亡し、よそから来た娘婿のCが畑を相続したことが問題の発端です。
Cが畑を相続した数年後、Aが山林を見に行くと、畑が山林まで広がっています。AはCに文句を言いましたが、Cは『親父が生きていた時から、俺は毎年この位置まで土地を使用してきた。今まで畑として使わなかったのは、お宅の山にある木が邪魔をして、日が当たらない為だ。ここまでが俺の土地だ!「こさがり」って何なんだよ。イチャモン付けるな』となり、民事訴訟へ発展。色々有って、A側の代理人となった弁護士は『こさがり』についての文献等を提出する事で、「こさがり」という慣習は存在し、民法の時効取得より優先されるとなったのです。

・判例法
米国の司法小説を読むと、判事は『この答弁の根拠は何処かの判例ですか』と問い、弁護士や検事は「××州▲裁判所●●事件です」と答えている場面があります。つまり過去に出された判例を踏襲し、同類の事件に対する判決は同じようにしていくのです。
日本でも殺人事件が起きると、『死刑を求刑する場合には、最高裁判例が適用され・・・と言う事は、今回の事件においては、条件に当てはまらないが、』このような解説等を読んだ事御座いませんか?

専門家ではありませんが、法律は嫌いでは無いので今までに読んだ事例を脚色して、例を書きます
・慣習法
『弁護始末記 17』(http://www.npb.go.jp/ja/books/mokuroku/_380301.html)という書籍にでてきたのですが、「こさがり」と言う慣習があります。これは、地方によって意味合いが異なるとはおもいますが、邪魔な草や枝を刈る行為のことです。
さて、ある村に住むAは山林を持っておりました。その山林に隣接する畑をBが所有しており、Bは慣習に従い、畑に接する山林の下草を刈り、枝を取り除いておった...続きを読む

Q「自然法」と「自然権」の違いをおしえてください。

「自然法」と「自然権」の違いが、いまいちよくわかりません。すっきり単純明快な説明をお願いいたします。

Aベストアンサー

>ホッブズの考えでは、自然権=生命、自由、財産のなのではないでしょうか?

正確には、ホッブズの場合は、「生命・自由・財産を保持する権利」=自然権です。生命・自由・財産=自然法です。

で、ホッブズの場合は、世の中の資源は限られているので、各人は自分の自然権を行使すれば、他者の自然権を侵害しなければならないと考えたのです。これが「万人の万人にたいする闘争」というやつです。つまり、ホッブズの場合、自然法と自然権は矛盾するのです。各人が自然権を行使することによって、他者の自然法が侵害されるからです。

そこで、社会契約をむすび、各人が自然権を放棄して、一人の支配者に自然権を委ねるのです。この支配者をリヴァイアサンというのです。つまり、自然法を守るために、自然権を放棄せよというのがホッブズです。

Q安倍内閣の国務大臣はなぜ18人?

こんにちは。

第二次安倍内閣が組閣したということで話題になっていますが、新聞を見て気になったことがあります。
学校で使っている政治経済の参考書には国務大臣の数は内閣総理大臣を除いて原則14人以内で、特別に必要があれば17人以内と書かれています。

でも、27日の新聞の1面に載っている国務大臣の数は、安倍首相を除いても18人います。
これは何故でしょうか?
非常に気になっていますので、どなたかよろしくお願いいたします><

Aベストアンサー

18人は復興庁設置法による特例です。復興庁設置法は東日本大震災の後に設けられた法律だから、通常は17人以内で正しい。復興庁は2021年(平成33年)3月31日までに廃止されることと規定されています。復興庁が廃止されれば、17人以内に戻ります。

学校で使っている政治経済の参考書がいつどこで誰に書かれたものか知りませんが、そうした最新の法律には当然ながら対応できていないので日頃、ニュースなどに関心を持つ必要があります。

Q「前九年・後三年の役」の呼び名の由来は?

日本史に詳しい方、どうか教えてください。
平安時代後期の「前九年・後三年の役」ってありますよね。
鎌倉時代初期までは、前九年の役は「康平の十二年合戦」と呼ばれていたと古今著聞集にあるのですが、ではいつ頃からどういう由来で「前九年の役」と呼ばれるようになったのでしょうか。
同じように、後三年の役も、後白河法皇が後三年合戦絵詞をつくったことからそう呼ばれるようになったことまでは分かっているのですが、その後三年という言葉がどこから出てきたのか分かりません。
やっぱり、「前・後」というからには何かから起算して9年だったり3年だったりするんでしょうか?
学校の先生に聞いても「知らん」と言われてしまいます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

源頼義と安倍氏の戦いは、古くは、「奥州合戦」とか、「奥州十二年合戦」と呼ばれていました。それが、「前九年の役」と呼称されるようになったのは、鎌倉時代からです。ところが、この九年という年数がどこから出されたものかは甚だあいまいで、恐らくは十二年合戦というのを源義家の「後三年の戦い」を合わせたものと錯覚し、十二年から後三年を差し引いて出された年数と考えられます。もっとも、十二年合戦という呼称は、頼義が陸奥守となって赴任した永承六年から、安倍氏との戦いの終結する康平五年まで足かけ十二年に及んだことに基ずくのですが、実際に十二年の間戦闘が行われたわけではなく、こうしたことも後に誤解を生む原因の1つにもなりました。

Q共産圏では「書記」がなぜ一番偉いんですか?

ブッシュ大統領が初めて金正日総書記に「ミスター」の敬称を付けて呼んだという記事を読んで、小学生の頃思った疑問をふと思い出したので質問します。

当時、共産圏では共産党の一党独裁で、党の方が国家より上の組織であり、「共産党書記長」が国家元首だと塾で教えてくれました。例えば当時のソ連で言えば、ブレジネフ「共産党書記長」の方がポドゴルヌイ「最高幹部会(議会に相当)議長」より偉い、という風に。

でも、「最高幹部会」なんて名前からしたら一番上の組織のような感じがしましたし、小学校の学級会で言うと議長の方が書記より偉いのになあ、書記なんて黒板にみんなの発言をまとめて書く人じゃん、などと思っていました。

あと、東西冷戦期の東欧の国家(チェコかポーランド?)では、呼称が「第一書記」とかでもとにかく「書記」が国家元首だったことも思い出しました。

もっとも同じ共産圏でも、中国では「国家主席」(但し文革で劉少奇の失脚以降暫く空位)、キューバや旧東独は「議長」(ベトナムは忘れました)が元首で、一概に「書記」=「元首」とは言い切れないのかもしれませんが。

北朝鮮は、金日成は「国家主席」でしたが、金正日は「総書記」のままで、黒板にみんなの発言をまとめて書く人達の中で一番上の人が国家元首ってのも変ですね。

共産党(北朝鮮の場合朝鮮労働党)って、そんなに黒板にみんなの発言をまとめて書く人が大事なんですか?

ブッシュ大統領が初めて金正日総書記に「ミスター」の敬称を付けて呼んだという記事を読んで、小学生の頃思った疑問をふと思い出したので質問します。

当時、共産圏では共産党の一党独裁で、党の方が国家より上の組織であり、「共産党書記長」が国家元首だと塾で教えてくれました。例えば当時のソ連で言えば、ブレジネフ「共産党書記長」の方がポドゴルヌイ「最高幹部会(議会に相当)議長」より偉い、という風に。

でも、「最高幹部会」なんて名前からしたら一番上の組織のような感じがしましたし、小学校...続きを読む

Aベストアンサー

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

政党や労働組合の書記局の責任者を指す。

書記局は、日常的な党務を処理する機関であり、党の過去をよく知る書記長は、党の未来も予測できると考えられた。「書記長」という名前は社会主義・共産主義政党、社会民主主義政党に主に用いられることが多い。


>>そんなに黒板にみんなの発言をまとめて書く人が大事なんですか?
古代エジプトにも書記というのがいて、非常に偉い地位です。書記の像が作られていまでもルーブルやカイロに残っているくらい。
みんなが「カラスは黒い」て発言しても、書記が「カラスは白い」て書いてしまったら、カラスは白くなければいけないのです。そのくらい書記という地位は偉いのです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B8%E8%A8%98%E9%95%B7

Q国民の三大義務と三大権利について

むかしむかし中学で習ったのですが忘れてしまいました。三大義務と三大権利教えて下さい。ちなみに選挙権が入っているのはどちらでしたか?

Aベストアンサー

三大義務は勤労、納税、子供に教育を受けさせることで、三大権利は生存権、教育を受ける権利、参政権です。
選挙権は「権利」になります。(義務だったら、投票率があそこまで低くなることはないかと…)。

参考アドレスも掲載しておきます。

参考URL:http://www.city.miura.kanagawa.jp/index/download/007385;000001.pdf

Qなぜ、参議院議員の総理大臣はいないのですか?

今回の新総理の野田総理も衆議院議員ですが、なぜ総理大臣になるのは、衆議院議員しかいないのですか?参議院議員では、総理になれないということではないですよね?
知っている方、回答お願いします!

Aベストアンサー

憲法上、参議院議員でも総理大臣になれます。結果的に選ばれていないだけです。

自民党にしろ民主党にしろ首相を目指す人は他の人が回答しているような思惑からか衆院議員になっているようです。参議院議員だった人は途中で衆議院に鞍替えしたりします。

かって公明党や共産党は首班指名選挙で参議院議員の党首に投票しています。

Q日本でいうとコングロマリットとは具体的にどの会社のことを言うのでしょうか?

政治経済でコングロマリットという言葉を教わりました。

コトバンクで調べると「複合企業。多種の業種・企業を統合してできた巨大企業集団のこと。近年盛んなM&Aなどを通じて、企業の多角化が進んでいる。技術も市場も異なるような、いわゆる畑違いな事業に参画するために行なわれる、非関連多角化の企業統合形態を指す。主に企業買収によって、自社にはない事業やノウハウを手っ取り早く取得できるという利点から増加している。インターネット関連企業がファイナンスを買収し、金融事業を運営しているのはこの一例と言えるだろう。 」と書いてありました。

日本でいうと上に書かれているような会社は、具体的にどの会社のことを言うのでしょうか?

すみませんが、お教えいただけましたら助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

内容的にはかつての「ライブドア」を意識しているように感じますが、
今も存在している会社でも、「ソフトバンク」や「楽天」はインターネット関連事業に強みを持ちつつ、金融事業をもつ会社と言えます。

いわゆるIT企業以外でも、ソニーなんかも多角経営で有名ですね。一連のエンタメ事業(映画、音楽、ゲーム)はもちろん、銀行、保険、不動産も手がけています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報