[PR]ネットとスマホ まとめておトク!

歯科医師国家試験の合格基準を見ていると、「基準点以下の領域数0領域」とあります。しかしながら意味がよく分かりません。領域とは具体的にどういった領域があって、基準点は何点なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ぼくは医者ですので、医師国家試験を例に挙げると、


国家試験といえど、分野は多岐にわたります。
内科、外科、小児科、皮膚科、脳外科・・・・
ほぼすべての分野がばらばらに出てきます。

で、「基準点以下の領域数0領域」というのは、それぞれの科目ですべて6割とらないといけない、6割を切る科目が0でなければいけない、というものです。
たとえば内科が全部できて、総合点で6割を超えたとしても、皮膚科が3割しかできなければ基準点以下の領域ができてしまうからダメ、ということになります。

歯科医の領域が良く分かりませんが、矯正とかに分かれているでしょうから、それぞれ6割以上取らないとダメですよ、ということです。
しかも、それらはごっちゃ混ぜになって出題されますから、なかなか難しいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。よく分かりました。やっぱり国家試験というのは車の免許などと違い、難しいものですね。ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/08 14:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報