現在新築中で、来月完成予定です。建築地は実家の所有する私有地で、水道設備は、隣接する実家および妹宅が現在共用している上水道、下水道管から分岐させてもらいます。
契約した見積書では「屋外給排水設備工事」の名目で、一式120万強の金額となっていますが、今になって、分岐工事でこの金額は不等に高いのではないかと思い始めています。ちなみに共用の水道管から敷地内までは3~4メートルほどで、さらにそこから直線にして13メートルの間に全ての水道設備が並んでいます。
実は契約時に「完成後2ヶ月をモデルルームとする」ということで90万近くを値引きしてもらいました。ところが途中になって、完成後に一度の完成見学会の後すぐに引渡してもらえることになりました。結局この割引になった90万は上記の差額分ではなかったのか?と今では思っています。
工務店に「見積もりよりも実際の工事代が安かったら返してもらえるのか?」と確認しても「一式の金額で120万になっているから・・」と言われて、私も値引きの件があるのでそれで引き下がってしまいました。
実際上下水道を分岐する場合の工事金額がどのくらいかかるものなのか、おしえてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 あくまで私の考えと言う事で、回答させてください。


1.該当工事は、水道工事店と考えられますが、この工事店が工事を行ってサービスとなることは考えられません。(工務店直営ならば別かも知れませんが)それは、材料費、人件費、その他諸経費がかかるからです。
2.120万という金額ですが、よほどの特殊条件がないかぎり、高いと思います。(気持ちに負担を掛けるようですみません)
3.私も引っかかっていましたが、屋外給排水工事とはおかしいと思います。規制改革前は、地方の独占企業のように指定工事店を得るのは困難でしたが、現在は規制が緩和され指定工事店の数が増え昔のように1式いくらとする工事店は少ないと思います。(実際には、建売住宅でも無い限り、細かい見積書が工務店さんにはあると思います)
 この3点をふまえて以下の事を聞いてみてはどうでしょうか?
・工事代金にはすべてが含まれていますか(お願いする以外の追加は無いと考えてよいですか?
・Aの器具をB、又はCに変えた時の追加はいくらになりますか?(これにより定率か器具代+取付代かがわかると思います)
最後に見積もりをしていて、得意で無い分野の項目を1式にしたり、こちらの金額を少なくしてこっちに増やしておくなんて書き方をするひともいます。でもみんなと信頼しあって、ひとつの家を作り上げていくことが一番大事だと思います。よく聞いて、納得して信頼できたらよいですね。参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をいただきまして、ありがとうございます。いくらなんでも120万は高すぎますか・・おそらく設備会社から工務店に対しては見積もりはきているような気がしています。それを見せてください・・と言ったら、きっと嫌な顔をするでしょうね。。
工務店では標準価格表のようなものをホームページに載せていて、その欄外に「10メートルまでの屋外給排水工事費を含む」と書いてあります。だから10メートルを超えなければ、みんな一律の工事代金(120万)で、得した分は工務店の利益になり、10メートルを超えた人にのみ請求をするのかな?と思ってしまいます。
契約する時に見積書をよくみたのですが、こんなに大きな金額の部分の「一式」という文字を見過ごしてしまった自分にとても腹が立ちます。契約前だったら、「見積もりを取って、それを見せてください」と強気に言えたのに・・・suidoukaさんからの回答を主人にも見せて、相談してみたいと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/02/14 18:22

実際の給排水設備工事の値段は、それぞれの地区の仕様によってかなりの差があるものです。

たとえば、ガソリン代が地方により違うように、資材の調達金額も違うからです。そして、敷地条件や配管距離等でも大きく違います。その上で、120万は法外な金額とは言い切れないと思います。
 衛生設備器具以外の金額が以下の内容で含まれていると思いますが、不安ならば、工務店に一度確認したほうが後腐れないと思います。
 ・既設管からの分岐工事
 ・屋外汚水管、雨水管、給湯、給水配管工事
 ・屋内湯・水・排水配管工事
 ・器具取り付け工事
 器具の値段から考えると法外な値段の工務店ではないかともおもいますが・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧なご回答をありがとうございます。
工務店からの見積書の中には「給排水設備工事」として浴槽などの器具の金額はありますが、それ以外のsuidoukaさんが書いてくださった項目のなかでは、取り付け工事費は見積書の機器の値段に含まれていると聞いています。また雨水排水は契約時にサービスでやってくださると約束しましたので、120万の中には入っていないはずです。
しかしそれ以外の全てが「屋外給排水設備工事費」の中に含まれるとしたならば120万でもそれほどおかしくない、と思っても良いのでしょうか?もしそうなら気持ち的にかなり救われます。
ただ、見積書の項目が「屋外・・」なので、屋内湯・水・排水配管工事は含まれていたら項目名としておかしいのではないか?と素人としては思ってしまうのですが、屋内の工事なのに、「屋外」という中に見積もられていることもあるのでしょうか?工務店に確認すれば済むことと思いながらも、これ以上心証を悪くしたくて聞けません。もし再度ご返答頂ければ幸いです。

お礼日時:2008/02/13 21:18

正直なところ多少高いかと思いますが、ありえない金額でもないかと思います。

工務店が下請け設備屋からでた金額に利益をのせるのは当然ですし、「一式」というのもごまかし等ではなく付き合いの長い業者間では細かいところは端折って一式いくらという値決めはよくありますし。。
ちなみにものすごく大雑把な憶測ですが(本当にあくまでも憶測です!)工務店利益抜きで考えると80~90万程で設備屋は見積り出してたのではないかな・・
工事に手抜きがあるとかならば問題ですが金銭に関しては一度合意したものを後からあれこれ言うのは控えられた方が無難かと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

親切なご回答ありがとうございます。私もいろいろ調べてみた所、上下水道の分岐をして敷地内まで引き入れる工事だけなら20万ほどですむそうで、それだと120万にはどうにも納得いきませんが、その後の宅地内での配管工事も混みならありえなくはないだろう!と思うようになってきました。
というより結局の所、工務店が値下げをしてくれることはあり得ない様なので、このままグズグズ悩んでも損なだけかな、tohofuさんがおっしゃるように、「ありえない金額ではない!」と思ったほうがいいのかな、と開き直ることにしました。
そうはいってもまだ吹っ切れない所も正直あるのですが、なんとか自分が納得できるこじつけを探してみたいと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/02/13 14:16

水道管って13mm、25mmってありますよね。


わが家は建て替えましたが、13mmから25m
mに変えました。
なにやら13mmでは水道の蛇口が何個まで、2
5mmでは水道の蛇口が何個までと決まっている
みたいです。

ですのでわが家を建てた営業の話では何件までと
いうより水道の蛇口が何個という話でした。


浴室(約42万円)
トイレ(9万)
洗面(15万)
な単品の値段ぽいですよね。

でも「給排水設備工事」として見積もりにの
っているのですからこの金額で浴室・トイレ
洗面の水回りをやってくれるのではないでし
ょうか。

敷地内に水道管や下水管をもってくるだけの
値段が120万っていう感じですね。
となると高いですねよねー。

わが家は浄化槽ですが、浄化槽を砂利で埋め
て下水管に接続するだけで30万くらいの見
積もりでした。

庭に上水道を増設するのに、水道管を分岐さ
せて地中に埋めて水道増設しましたが、
簡単な工事でしたよ。手間がかかったのは水
道管埋める穴を掘る作業が一番面倒でした。
(スコップで掘っていったので)
でも重機で掘ればあっという間でしょうし、
そもそもほんとうに25mmでいいのかな!
っていう気もしませんか?

4件までって1件で蛇口20個も30個も
つないでいたらそれでも4件までOKと言
えるのかなっていう気もしますし。

俺もどしろうとなのでよくわかりませんが、
どうかんがえても120万は高いですよねー。

この120万の工事だけキャンセルして別
の業者に頼むわけにいかないのでしょうか?

たいてい、家を建てるとここをこうしたい、
とかで予算がUpしていきますよね。
逆にここをヘラしたいと減少させる事は問
題ないような気もします。(たとえ契約書
にサインしていても)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

度々ありがとうございます。共用部分からの分岐および敷地内までの引き込みだけでなく、敷地内の水設備(お風呂等)の配管料も含まれているなら120万でもなんとか納得行くのですが、どこまでなのか結局工務店に尋ねることができずにもやもやしています。(昨日金額の事で尋ねて無理だと言われた手前・・)
別のところで頼みたい気持ちはありますが、すでに水道の仮設工事はすんでいますし、水周りなのでのちのちトラブルがあったときに、工務店の紹介のところでないと保証がしてもらえないようです。
もうこうなったら、「きっと見積もりの浴室やトイレの値段は品物だけの値段で、敷地内の配管料も120万の中に含まれているんだ!」と自分に言い聞かせた方が精神衛生状良いのかも・・・と思い始めています。
配管の太さは、近所の全然関係ない水道業者さんに電話で尋ねてみた所、25ミリでおそらく問題ないと思うと回答があったので、そのままで行ってみたいと思います。ただ、3世帯同時にお風呂に入る場合などは水圧が落ちるのかな?という心配もありますが・・・
ご親切に本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/02/13 13:56

冷たいかもしれまが


スバリ・ 一切お金は戻りません。
工務店が侘びもしません。 
 
裁判をしようが、よそで見積を出そうが
工務店が=うちの利益が入ってます。 
原価でだしたらつぶれます。
で終わりです。 利益の幅は自由です。

今度、何か行うときは その業者に頼んでくださいといわれる場合もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

率直なご意見ありがとうございます。工務店として利益を上乗せすることはあたりまえだと思ってはいるのですが、実際の施工にかかる金額とあまりに差がありすぎるのではないかと言うことに、建てた後も長い付き合いになるであろう工務店に対して信頼ができなくなってしまっています。

お礼日時:2008/02/13 09:37

実際に現地や見積等を拝見していないので推測になりますが


「一式」というのが、あまりに不明瞭ですね。

ちなみに他のお見積もりでや浴室やトイレの便器、洗面台や給湯器(温水器)等の
水回り機器についての記載はあるのでしょうか?
120万という金額だけでみれば、これら機器代も含まれたものかもしれません。

また上水道については現在ご実家と妹さん宅での2件使われている管が
このたび3件で共有するには細すぎる等の理由で太い管へ(20mm→50mm等)
と変更する工事が含まれているのかもしれませんが・・・・。

どちらにしても一度見積書の詳細を請求されてみてはどうでしょうか?
応じてもらえない場合は「親戚が水道屋をやっている」等と言って
建物図面等をもらって、別の水道工事屋さんに見積もりを
依頼されてみるのも良いかもしれません。

ご不明な点をそのままにしておくと精神衛生上も良くないですし
最悪の場合は「このお客さん(貴方)は何も言わない人だから・・」と
今後もどんどん「一式見積もり」だらけとなってしまいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。浴室(約42万円)、トイレ(9万)、洗面(15万)は別に「給排水設備工事」として見積もりにのっています。給湯はガスですが、それも別途であります。
これらの浴室やトイレの値段は単に品物の値段であって、敷地内や建物内への配管を含むと120万と言う数字になるのでしょうか?それとも一般には上記のような水周り機器の見積もり料金には配管料も含まれているのものなのでしょうか?
また、現在実家と妹宅が共有している水道管は25ミリですが、施工する設備会社によると25ミリで4件まで分岐できると回答があったので、そのままで分岐する予定ですが、50ミリに変えないと使用上問題あるのでしょうか?以上、いろいろ申しわけございませんが、再度お返事いただけると幸いです。どうぞよろしくお願いします。

お礼日時:2008/02/13 09:33

普通の規模の水道工事なら、7,80万円は高い方です。


4,50万円でも水道工事業者は十分利益があるようです。
本管から引いた工事でもです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。やっぱり120万は高いですよね・・業者側も利益を取るのはあたりまえですが、それにしてもあまりに差がありすぎるのでショックです。

お礼日時:2008/02/13 09:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q排水設備にて 【排水立管に垂直に対して45°を超えるオフセットを設ける場合は、オフセットの上下600

排水設備にて 【排水立管に垂直に対して45°を超えるオフセットを設ける場合は、オフセットの上下600mm以内に排水枝管を接続してはならない。】
とあります。
何故いけないんでしょうか?

Aベストアンサー

排水枝管に逆流するから。
垂直に排水管がある場合は排水枝管に逆流する場合はほぼないが、45°を超える場合は
枝管に逆流し、そこに設置されているトイレ等から噴き出してくる場合がある為。
排水設備工事責任技術者試験?
ま、でも今は特殊排水継手もあるからどうなんだろうね。

Q新築中の地面から全建築解体残留塊排出、基礎工事完成前どう対応したらよいか。

基礎工事中掘削中に軽トラ2台分排出、工事が進行しその後作業員から報告現在基礎完成。8月に解体し9月建設業者を通じて売買契約12/14着工 24日報告受け 不動産に確認とり、解体業者2回引き取り。不動産業者は土地の仲介と解体業者に依頼をしたが、前持ち主から頼まれただけとかかわりないことを強調。まだ深くに埋まっていたら地盤沈下心配なので、損害補償の確約を取りたいが不動産業者は協力的ではない。建設業者は工事を進めていくのでどう対応すればよいか助言お願いします。
解体業者名は知ることはできたのですが、個人業のようで連絡は年明けとなります。
今からやり直しは、費用の負担は自己負担の恐れもあり損害補償の確約を取り付けるしかないのでは。
もし、10年以上後に発生した場合の効力はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは

んー・・・土地を購入することにしたけど、既存の建物あったので
仲介した不動産業者に頼んで取り壊してから購入。
そして貴方が建築業者に依頼して新築を開始した、ってことでしょうか?
話が見えないので自分の憶測で書きます。
希望してる解答で無ければご免なさい。と前置き


地盤沈下が心配だと書かれてますが、
地盤調査はしなかったのでしょうか?これは法律上の義務です。
地盤調査の結果、「地盤に問題なし」又は「地盤改良が必要と判断され地盤改良工事が完了」すれば
地盤に対して保険会社による10年の保証があるはずですよ。
(地盤調査は義務ですが地盤改良は任意です。その他、細かい説明は割愛させて頂きます)

そのため、基本的には解体業者は無関係ですよ。
もし、例えばそこの解体業者がそこに不法投棄していれば話は別ですが、
もしそうだったら先の解答にもありますように本当に別の意味で問題です。
因みに、貴方に「絶対に地盤に問題はありません」などと説明していたとかでない限りは
土地の前の持ち主や不動産業者にも責任を問うのは難しいでしょう。

話を戻します
単純に自分が建てる家の地盤が心配だ、と言うだけなら新築を依頼している建築業者に相談する事になりますよ。
新築を依頼した建築業者から地盤調査や地盤改良の説明は無かったでしょうか?
一応、地盤の保証期間は10年を超えて保証してもらう事も地盤調査・改良業者によりオプションプランとして存在はしているようです。
が、既に工事が始まってるとなると変更は色々大変でしょうね・・・。


ではでは

こんばんは

んー・・・土地を購入することにしたけど、既存の建物あったので
仲介した不動産業者に頼んで取り壊してから購入。
そして貴方が建築業者に依頼して新築を開始した、ってことでしょうか?
話が見えないので自分の憶測で書きます。
希望してる解答で無ければご免なさい。と前置き


地盤沈下が心配だと書かれてますが、
地盤調査はしなかったのでしょうか?これは法律上の義務です。
地盤調査の結果、「地盤に問題なし」又は「地盤改良が必要と判断され地盤改良工事が完了」すれば
地盤に対して保険会...続きを読む

Q給水排水設備について教えて下さい。 吸排気弁とバキュームブレーカーって機能が似ていますが同じ物です

給水排水設備について教えて下さい。
吸排気弁とバキュームブレーカーって機能が似ていますが同じ物ですか?
違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

バキュームブレーカーって確かフラッシュバルブ式のトイレに付いていたように思うが。
確か逆流水防止の為
吸排気弁は配管上部に付ける空気抜け用の弁。
たしか昔の給水装置工事主任者試験?にあった気がする。

Q【新築住宅の設備屋さんとは?】新築住宅におけえう設備屋とは何をする人ですか?

【新築住宅の設備屋さんとは?】新築住宅におけえう設備屋とは何をする人ですか?

Aベストアンサー

設備屋さん:給排水衛生工事、換気空調工事、電気工事(強電と弱電、通信系と中味は分かれますが)と概ねこのような工事を担当する職種です。
夫々専門職種で施工するための免許(個人資格)及び各自治体公認が必要な職種もあります。ところで質問の「新築住宅におけえう」って・・・

Q19年の2級管工事より教えて下さい。写真は合流式の排水設備において雨水枡と汚水枡が合流している埋設

19年の2級管工事より教えて下さい。
写真は合流式の排水設備において雨水枡と汚水枡が合流している埋設排水配管図ですが、不適切な箇所があれば理由と改善策を教えて下さい。

Aベストアンサー

雨水配管は、直接汚水配管が接続されている桝に接続出来ません。
したがって、汚水配管の接続されている桝に合流する前にトラップを設置する必要があります。
したがって、解答は以下のとおり
雨水配管は、直接汚水配管が接続されている桝に接続出来ない。
したがって、雨水が流入する排水桝をトラップ桝として、汚水が流入する排水桝に接続する。

Q完成直前のやり直し工事が大がかりで「新築」の気がしない

新築中の家で、キッチンの取り付け位置が間違っていることが発覚し、
直してもらうことになりそうなのですが・・・

設置済みのキッチンをはずし、バラし、
対面キッチンの一部にかかる袖壁を撤去し、動かし、
新たな袖壁を設けて、キッチンを設置し直すそうです。

一度設置したキッチンをはずして、バラして・・・だなんて。
しかもこの袖壁、構造計算上、強度にかかわる袖壁と聞いていたのに、
動かしても問題ないことが調査でわかったと言われています。

他にもちょこちょこと設計ミスやら工事ミスやらで
修正してもらっている箇所がありますが、
大がかりなやり直し(柱を動かす、壁を撤去するなど)が多く、
せっかく新築なのに、なんかリフォームしたみたいで
私としてはとても納得できないのです。

契約解除が無理なら、値引きを交渉するには妥当でしょうか。
詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

引渡しが伸びた場合は違約金が請求できると思います。
ただ引き渡されるまではその家はあなたのものではありませんので
瑕疵等が無いのでしたら契約解除は難しいのでは
ないでしょうか。

心配なのは改装をおこなってそれが原因で瑕疵が
発生しないのか、再度確認されてはいかがでしょうか。

そもそも図面はどうなっていたのでしょう。
見ないで立てたとしたら他の場所も心配ですよね

Q屋外排水設備

分流式の屋外排水設備で雨水系統を小口径桝にて施工を考えています。竪樋にため桝を接続後、その後の桝はインバート桝にて施工してもよいのですか?それとも全てため桝にしなくてはいけないのですか?

Aベストアンサー

こんにちは、rurujiさん。

 しなくてはいけないか? 
→と聞かれれば 「いけなくはないです」

 でも ため桝にするのをお勧めします。
一つのため桝より、複数のため桝のほうが、砂や泥を集積させやすいからです。
砂や泥を下水道に流さない為にも、そうしてほしいです。

Q新築工事完成間際ですが、設計GLについて、教えてください。 外構に着手したところ、業者から連絡、 設

新築工事完成間際ですが、設計GLについて、教えてください。
外構に着手したところ、業者から連絡、
設計GLに合わせて整地すると、隣地境界ブロック塀が、全体に浅く、設計GLが、ブロック塀の一番下の段の底面と同じ高さになってしまう、つまりブロック塀が、ほとんど地中にもぐらない、ひと蹴りで倒れてしまう危険な状況。
地面掘ってブロック塀をつくりなおすか、せめてブロック塀を補強することを、議論していますが、費用は全て施主持ちであることを、業者は主張しています。
設計GLの設定が初めから低すぎた為に、このような問題が生じたのだと考えると、これは、業者の責任なのでないかと考えますが、正しいでしょうか?
因みに、工事着手前に設計GLが、路面+300であることの説明はうけていますが、その際に、ブロック塀のことは何も説明がありませんでした。

また、業者によれば、着手時点のGLに戻しただけだと主張してますが、その割には、残土すき取り料金としてトラック8台分20万円を請求されてます。
GLを下げてないのにその様な残土が、生じるものでしょうか?業者は、基礎を掘った分だと言いますが、普通は基礎を掘った残土を利用して、GLを上げると言う話も聞きます。
この辺りに詳しい方、教えてください。

新築工事完成間際ですが、設計GLについて、教えてください。
外構に着手したところ、業者から連絡、
設計GLに合わせて整地すると、隣地境界ブロック塀が、全体に浅く、設計GLが、ブロック塀の一番下の段の底面と同じ高さになってしまう、つまりブロック塀が、ほとんど地中にもぐらない、ひと蹴りで倒れてしまう危険な状況。
地面掘ってブロック塀をつくりなおすか、せめてブロック塀を補強することを、議論していますが、費用は全て施主持ちであることを、業者は主張しています。
設計GLの設定が初めから低すぎた...続きを読む

Aベストアンサー

GLには、大別して、2種類あります。

「設計GL」と「現状GL」です。

「設計GL」=設計上の仮のGL(紙の上の便宜上のGL)
「現状GL」=実際の敷地でのGL
      (但し、現状の敷地もあちこちで、レベル(高さ)が、違いますので、この敷地では、
       この点の高さを、「現状GL」と設定する、と、設計者=工事監理者が決めます。
       決める要因は、工事中に高さの変動が無いところ。このため、前面道路のマンホールの
       蓋のレベルを基準として、これを「現状GL」と設定したりいます。)

1)「設計GL」を使う理由

 設計は、紙の上で行います。このため、高さ関係を決める基準の線を設定する必要があります。
 これを、「便宜的」に決めたものが、「設計GL」です。
 この基準の線から下の方は、「設計GL」から〇〇ミリの表示なので、「設計GLから、〇〇ミリ掘る必要がある。」と
 分かります。
 2階の床の高さが、「設計GL」から〇〇ミリと表示して、2階の床のレベルが、「設計GL」から〇〇ミリの高さにある、と
 分かります。

 詰まり、設計作業を行う上で、高さ関係のすべての数値の基準に「便宜的」に設定したものが、「設計GL」です。

 このため、この時点では、現地の「現状GL」と「設計GL」は、全く関連性がありません。

2)「現状GL」を使う理由

 先に述べたように、「便宜的」に、勝手に設定した「設計GL」を現地の現状に合わせる作業が
 必要となります。
 これが、「現状GL」の設定です。
 紙の上の(机上の)空論を、実際の現状に、対応させるための作業で、本来であれば、
 設計した建築士か、工事監理者(工事管理者ではありません。)が立ち合いのもと
 決定されます。
 
 実際にどのようにするか、と言うと、現状を把握し、「設計GLを現状GLから300ミリ上に設定する。」といった、
 決めごとをします。
 この時点で、前面道路のマンホール天端レベルから、空中に300ミリ浮いた高さを、
 設計上の「設計GL」に設定したことになります。

3)お話の内容

 説明がくどくて申し訳ありませんが、ご質問の内容から、HMが、上記の記載事項を
 全く理解しておらず、しかも、上記の流れに沿う「現場での確認作業」を全く
 していない、と思われます。

 仮に、「現場での確認作業」をしているのであれば、その記録が、追跡可能な形で
 残されていなければならず、まず、その記録を提出させるところからだと、思います。

 「設計GL」と「現状GL」の確認は、基本中の基本で、それを怠った場合、ご相談内容の
 ような事例が発生するのは、当然です。

 また、「設計GL」と「現状GL」の調整をし、「決定」をし、「責任を持つ」のは、
 建築士であり、工事監理者です。

 現状がどのような状態になっていても、そうなった責任は、施主側には無い(一般的には)と
 思います。

 上記、(一般的には)の意味は、現場を実際に見ておらず、また、打ち合わせ内容も
 把握しておらず、しかも、ここに提示された情報が全てか、確認できない、と言う
 意味です。

 長くなってしまいましたが、上記を良く理解され、業者に
 対応されたら、と思います。

 頑張ってください。

GLには、大別して、2種類あります。

「設計GL」と「現状GL」です。

「設計GL」=設計上の仮のGL(紙の上の便宜上のGL)
「現状GL」=実際の敷地でのGL
      (但し、現状の敷地もあちこちで、レベル(高さ)が、違いますので、この敷地では、
       この点の高さを、「現状GL」と設定する、と、設計者=工事監理者が決めます。
       決める要因は、工事中に高さの変動が無いところ。このため、前面道路のマンホールの
       蓋のレベルを基準として、これを「現状GL」と設定し...続きを読む

Qテラス部分の排水設備がありません。

テラス部分の排水設備がありません。
新築一年になります。東洋エクステリアのココマというテラス(腰壁付き)を建築時に併設しました。
床部分は30cm四方のタイルで敷き詰めてあります。
室内から15cm位低くしてあり、外扱いです。
当初は図面にコンセントが有ったのですが、使わないと思ったので、水道の蛇口に変えてもらいました。
床の蓋を開けると、蛇口があり、ホースをつないで水を出していますが、その排水設備はありません。
テラスに流れてしまう感じになります。
心配なのは、蛇口ボックス(?)の中にテラス下の土が見えているのですが、いつも蛇口の結露や流れ出た水で湿っていることです。
テラスの床下は家の床とは分離されているようですが、完全に囲われており、その下に入った水は地下に浸み込んでいるようですが、床下が湿っているのは家にとっていいように思えず、いずれ何十年か後に影響が出てこないか心配です。
テラス床下が家の床下と基礎で完全に分離されていたら問題は無いでしょうか?
家に問題は無くても、テラスに影響が出ても困るのですが…
ちなみに家部分はベタ基礎になっています。
お分かりになる方、よろしくお願いします。

テラス部分の排水設備がありません。
新築一年になります。東洋エクステリアのココマというテラス(腰壁付き)を建築時に併設しました。
床部分は30cm四方のタイルで敷き詰めてあります。
室内から15cm位低くしてあり、外扱いです。
当初は図面にコンセントが有ったのですが、使わないと思ったので、水道の蛇口に変えてもらいました。
床の蓋を開けると、蛇口があり、ホースをつないで水を出していますが、その排水設備はありません。
テラスに流れてしまう感じになります。
心配なのは、蛇口ボックス(?)の中にテ...続きを読む

Aベストアンサー

多くの場合、土地、地盤に対しては、問題無い。と言えます。

本来でしたら、排水設備が整っているのが理想では有りますが・・・。新築計画時には、水栓が着く場所には排水設備を設けなくてはならないのですが、申請後での変更になると大変な作業を要する事になるので、その様に納められているのはよくある光景でも有ります。

問題無いという根拠としては、雨水の処理を浸透枡による地中への開放が、多くの住宅では採られています。
(地域によっては、下水処理の場所もあります。)

それは、屋根に降った雨は、雨樋を伝わり下方へ落ちてきます。その落ちてきた雨水を、地面に吸い込ませる。という考えからのもので、
http://www.city.kamagaya.chiba.jp/kurashi/seikatsu/sougouchisui/usuishinntoumasu.htm

http://www.kenkocho.co.jp/pdf/144_04km.PDF

この、浸透枡の設置されている場所が、実は家の基礎の直ぐ近くに設置されています。

早い話、屋根に降った雨水は、ほぼ全てがこの様に敷地に解放され染み込んでいます。

ので、その程度の水では、土地や基礎の方への影響は、無いに等しいとも言えます。

が、テラスに流れた水が、冬場は凍り付いたり、地面の表層がグズグズになっているようでは、家や住む人にとっては良い環境とは言い切れませんね。

可能であれば、テラスの水栓の下や近くに、雨水枡を設けられるとある程度有効に排水できるかと思います。

また、受け台を設け、下水に接続する事も可能では有りますが、よりお金の掛かる事となります。

設置環境等にもよる所ですので、建築時に関ったか、近隣の水道屋さんに相談されて見ると良いかと思います。

多くの場合、土地、地盤に対しては、問題無い。と言えます。

本来でしたら、排水設備が整っているのが理想では有りますが・・・。新築計画時には、水栓が着く場所には排水設備を設けなくてはならないのですが、申請後での変更になると大変な作業を要する事になるので、その様に納められているのはよくある光景でも有ります。

問題無いという根拠としては、雨水の処理を浸透枡による地中への開放が、多くの住宅では採られています。
(地域によっては、下水処理の場所もあります。)

それは、屋根に降った雨は、...続きを読む

Q給排水設備工事の価格

宜しくお願いします、書いてある通りに書きます

道路から境界線まで15mくらい(長くても20m以内)の工事だと思います

給水本管延長工事 865000円 
新規給水引き込み工事 111000円
水道本管承認工事申請費 40000円 
新規給水申請費 30000円
書類作成事務手数料 30000円

その他市にも負担金、手数料などもありますが・・・
市の方は大丈夫なのかなとは思うんですが・・・

妥当な金額でしょうか?

Aベストアンサー

No.1の方は給水本管延長を八万六千円だと思ったんじゃないですか…

他の人の質問にもありますが、これくらい掛かります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1050023435

妥当と言えば妥当だと思いますよ。特にぼっているわけではないです。

水道本管工事は、掘削して、配管して、舗装し直すわけですしね。高くなりますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報