人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

東大理II志望を志望の者ですが、数学の演習書を探しています。
もうすぐ青チャート3冊とも3周するんですが、
解法を一通り習得した後に使える、難しすぎないものを探しています。
最終的には数学を勝負科目にまで持っていきたいと思ってます。

ネットや本屋でいろいろと見て回って、とりあえず今の所は
「理系プラチカ(1A2B)」「1対1」「標準問題精講」のどれかを
考えているんですが、どれが一番合っているのかよく分かりませんでした。そこで、

・それぞれの本の特徴や違い(どの本か1つでも構いません)
・その本から得られるもの
・問題数やだいたいの使用期間
・難易度の比較
・短所
等、使ったことのある方や数学の参考書に詳しい方がいましたら、教えて下さい。あと、上の3冊以外のオススメの本や、その次に使える演習書も教えてもらえるとありがたいです!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私は「青チャート」で一通り解法を身に付けた後は「1対1」をやりました。


実際やってみてその選択肢は正しかったと思います。

比較: 青チャートが基本問題なら1対1は受験標準問題。青チャートを仕上げた人なら無理なく1対1に進むことができる。
特徴: 標準問題に狙いを絞った例題とそれに対応する演習題。
使い方: 演習題は必ずしもやる必要はない。例題をマスターすれば十分。(青チャートや難系もいちいちすべての問題を解く必要がないのといっしょ)
使用期間: 一日4~5問で約5か月
短所: けっこう敷居が高いが青チャートを仕上げているなら大丈夫。
得られるもの:少ない問題で標準問題の解法パターンをマスターできる。

私はこの後に河合塾の「やさしい理系数学」に手をつけようと考えましたが、これは「1対1」とほぼ同レベルなのでやる必要はありませんでした。
(ただし、評判はかなり良いし、実際に見てみてもかなり良く出来てる印象をもった。「1対1」の代わりにこれをやってもいいかもしれない)

「1対1」の次に使える参考書としては河合塾の「ハイレベル理系数学」がおすすめです。
はっきりいって、「1対1」を仕上げた後でも半分も解けませんが、別解が豊富で思考力を鍛えるのに最適です。
同レベルの問題集に「新数学演習」があります。

なぜか河合塾の問題集が多くなってしまいましたが、別に私は河合塾とは何の関係もありませんよ(笑)
通っていた予備校は駿台でしたしね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
僕も河合塾の本は好きなのが割と多いですね(笑)

「1対1」は敷居が高めと聞いていたので少し不安がありましたが、安心しました。
実は「やさ理」は既に持っているのですが、もう一度本屋で検討してみて決めようかと思います。
とても参考になりました。

お礼日時:2008/02/13 16:01

>東大理II志望を志望の者ですが



最近の東大・数学は、かってのようには難しくないようだ。
私の時は難しかった。担当教官が変わったのか、“ゆとり教育”世代の高校生のレベルにあわせているのか。。。。。。。笑

>最終的には数学を勝負科目にまで持っていきたいと思ってます。

それならば、月刊誌「大学への数学」を毎月購読して、下の↓問題集がお勧め。

http://www.tokyo-s.jp/products/d_zoukan/shinsuu_ …

但し、易しくはない。
一部で、問題が古いとの批判があるようだが、問題に古い・新しいは関係ない。
思考力の養成が目的だから。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございます。
標準的な演習書を一通り終わらせた後の視野に入れておこうとおもいます。

お礼日時:2008/02/13 15:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数3の青チャートと 一対一対応の演習は どう使えば良いのですか? 順番に青チャート終→一対一 なの

数3の青チャートと
一対一対応の演習は
どう使えば良いのですか?

順番に青チャート終→一対一
なのか
青チャートと一対一を同時に進めていくのか
どちらが短期間で効率が良いでしょうか?

ご回答よろしくお願い致します

Aベストアンサー

単元ごとに青を例題だけやってみてすんなり進めるようなら1対1にシフト、そのまま1対1を終えられたらそこで次(の単元)に進むか上に進む。1対1で難儀するか違和感があるなら青に戻る。というところでしょうか。

青は戻るべき基本(オペレーションマニュアルであり直球)、1対1はその半歩先だけを行く変化球です。青から見える退屈な受験数学に色を添えるものです。イロモノともいう。本家「大学への数学」はもっと毒味や刺激がありますが、汎用性を持たせたためにやたら薄味になりました。

Q数3青チャートと一対一って両方やる必要ありますか? 一対一をやってみたのですが 横浜国立理工学部

数3青チャートと一対一って両方やる必要ありますか?

一対一をやってみたのですが

横浜国立理工学部志望です

過去問を見てみたところだいたい青チャートに乗ってる問題でした

Aベストアンサー

元塾講師です。

 前回の回答で、誤字がありました。
 後ろから数えて4文目の
「間違っても他の科目が合格レベルに達している人がやるべきことではありません。」ですが、「達していない人が~」の間違いです。訂正してお詫びいたします。

 前回の回答では黄色で十分と書きましたが、現状青チャートが終わっている状況でわざわざ黄色をやるのは二度手間のようになり、この状況であれば青のままでいいかもしれません。ただ、出力の練習に際し、やはり青の方がマスターには時間がかかかるはずなので「そのままやり慣れた青で、簡単な黄色にして(変えるマイナスより)練習量そのものを減らしてトータルプラス」かはやってみないと分かりません。以前の回答にも書いたかもしれませんが、黄色をマスターし、時間に余裕があったら青にすると、(黄色と青の重複要素も多いので)「勉強が完璧に終わらなくても、黄色ならある程度全範囲が勉強でき、出力の練習に切り替えられ、余裕があったら青の問題(黄色に収録されていない難問)にも挑戦できる」という具合になります。この際に出力の練習を黄色で行ってもいいですが、青をマスターしているのであれば、出力の練習中に簡単な問題ばかりに触れるので青で勉強した部分が抜けるリスクがあります。そうなると受験勉強全体で考えると無駄以外の何物でもない状態になるので、それならばその部分を有意義にできるよう青での出力練習がいいこともあります。
 私自身の考えに、横浜国立大に向けては青チャートは不要という考えに変更はありませんが、現状青チャート完了という状態を考えればそのまま青チャートを勧める方が適切かもしれないでしょう。目標と現在の状況を考えベストな選択をすべきということから、青を続けるという選択も適切かもしれないというのが、今回の私の考えです。

 また、揚げ足を取るつもりはありませんが、現代文に関する記述がほとんど見当たりません。最初から高得点を取れるのであれば構いませんが、何らかの得策をすることをお勧めします。特にセンター試験の現代文は見るべきポイント等があり、その部分の対策をするだけでも効果があります。また英語では語法、古典では古典文法の記述もありませんでした。語法は「単語・熟語・語法・文法・長文」という熟語と文法でカバーできると思う人が多いですが、実際国公立大学の入試問題は語法のポイントを押さえていないと解けない問題があります。さらに英単語・熟語帳の記述もなく、これらをこなしていればいいですが、もしそれらの復習等をしていないようであればそれらをすべきです。古文に関してもなんとなく古文は読めると考える人は本番でしっぺ返しを食らいます。特に、学校の授業で古典がある程度点数が取れている人はなおさら注意が必要です。学校の授業は先生が現代語訳を言い、それらを覚えこむことで点数が取れますが、センター試験では、文法知識を使い、その文章(古文)が何を書いているか自分で判断しないといけません。英語も古文もそうですが、あくまで「非ネイティブの人間がその言語を理解するために、文法等の知識を使って理解する」という姿勢であるべきです(古文ももはやそうした言語にすべきです。入試という性質上点数差が出来るのはそうした部分になるからです)。
 国語や英語では「長文が大事」という意識が強い受験生が多く、長文演習ばかりをする人がいますが、実際長文で点数が取れない人の多くは「長文独特の要素ではなく、単なる単語・熟語・語法・文法の知識不足」であることが多いです。そうした基礎知識がない状況の下いくら長文演習をしても点数が上がりません。サッカーで後半バテて走れなくなる人は、走り込みをすべきであり試合形式の練習をひたすらこなすべきではありません。またこれらの科目も「覚えた要素を点数につなげる出力の練習」が大事です。そのため覚えこむ時期は本来であれば過ぎており、夏休み期間は覚えた内容を出力する練習期間です。そうした数学以外の出力の時間も考えながら数学の勉強内容も考えるべきです。
ご参考までに

元塾講師です。

 前回の回答で、誤字がありました。
 後ろから数えて4文目の
「間違っても他の科目が合格レベルに達している人がやるべきことではありません。」ですが、「達していない人が~」の間違いです。訂正してお詫びいたします。

 前回の回答では黄色で十分と書きましたが、現状青チャートが終わっている状況でわざわざ黄色をやるのは二度手間のようになり、この状況であれば青のままでいいかもしれません。ただ、出力の練習に際し、やはり青の方がマスターには時間がかかかるはずなので「そのままや...続きを読む

Q赤チャートはそんなに難しい?

実際に赤チャートをやった方から回答を頂きたく思います。
赤チャートはハードカバー時代に余りにも難問奇問ばかりで全然売れ無くて、ソフトカバー時代に成って大改訂を行ったらしいです。
現在発売中の赤チャートはそんなに難しいのでしょうか?

Aベストアンサー

子供が大学生で、久しぶりに赤チャートを見直していました。私たちのころは初級の緑チャートと応用の赤チャートだけ、緑を使っていた友人の多くが東工大クラス以上の大学に入学しました。逆に、赤チャートを高校現役時代に使っていた友人の多くは浪人して東大などへ入学、ちゃんとマスターした人たちの実績といえば実績だと思います。

さて、最近の白、黄、青、赤のチャートは昔の緑クラスが今の青チャート、昔も呼び方は緑でも青チャートと呼んでいたみたいです。さらに上級むけの大学への数学という別の出版社の通称黒チャートも存在していた、最近あるのかどうか未確認ですが、赤チャートよりも高度の問題を揃えていたものです。

手元にあるのは3年程度前に発売されていたものが残っている、今、中学の子が面白がって予習を兼ねて使っているのですが、基礎部分のものも充実している、応用の部分はかなり難しいものが多いのですが、赤チャートは最終目標に近いと子供は認識しているみたいです。

笑ってはいけないのですが、大学生の子、大学で某国立大学の理系なのですが、普遍教育の数学系の教科や専門教育の基礎物理などで数学の赤チャートを復習してどうにかやっと追試験を合格したみたいです。大学の指定した教科書が難しい、それをマスターするのに赤チャートの基礎部分の問題の解き方が参考になる、忘れていたのか、細かく理解していなかったのか、それで追試験を受けることになったのです。

私の多くの友人は青で十分、青を繰り返しマスターすれば大学受験の2次試験もかなり合格できる、特に現役で合格した人は多くの後輩も同じことを話していました。また、高校でも公立のトップレベルの進学校の数学科の指導でも、青で不足なら赤をいきなり解いてもいいと指導しているみたいです。

もっとも、現役での合格率がそれほど高くないトップ校では細かい指導はしない、基礎を確実に教える、解き方、数学なら公式を求める、自力で導き出すことを授業でマスターさせ、定期試験などでは高度な問題も多く出題しつつ基礎のセンター試験クラスの問題も半分程度出題しているところも多いみたいです。

余裕があれば、赤チャートでもいいのでしょうが、大部分の生徒には難しすぎる、やはり、青を先に購入し、全部完全に回答できるなら、もっと高度な問題へトライする、基礎はとても大事です。

いくつかチャート式のことをまとめたサイトというかネットで表示できそうなものを以下掲出します。

>高校数学の「チャート式」シリーズその魅力についてまとめました
http://matome.naver.jp/odai/2135918498558048801

>赤チャートの使い方、勉強法を徹底解説
http://exevo.info/red-chart/

>数学参考書で、数研出版チャート式というシリーズ
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1183434616

上記の3つを見て参考にしてもいいかも知れませんが、理系の参考書、問題集としては青で普通は十分に対応できる、青でも十分に難しいと思います。

私は赤を高校現役で使っていた、でも、大学の同級生で赤をマスターしたのはほとんどいなかった、驚かれたものです。大学の授業でも最初は高校の復習クラスから始まり、高度な数学を教える、他の科目でも似たようなものですし、教科書レベルを完全マスターするだけでほとんどの大学の受験はクリアーできると思います。かなり多くの高校生の家庭教師をした経験上、赤は難しい、できたら偉いと誉めるレベル、でも、赤チャートを自分で解ける人は予備校も家庭教師も必要ない、誰かに教わって理解するというよりも自分で考えて解く、その高度な領域の部分も応用問題で多いと思います。

子供もそうですが、どうしても理解できない問題は学校の先生に聞いている、私には苦労して解けなかった問題を理解してから、どう解くか聞いてきます。簡単に解くと悔しがる、わざと違う方法や苦労している様子を見せると喜びます。自力で解けるようになると、他の人にも教えることができるようになる、解説してあげると、余計に身に着く、赤チャートには解けた楽しみと教えたい楽しみ、それが沢山あると思います。

難問題とはいっても良問題も多い、テクニックだけ必要なものは最近は大幅に減っているみたいですし、余裕が無ければ赤チャートは無駄な時間だけ取られます。どんどん簡単な問題をマスターして繰り返し間違った部分を攻略する、それがチャート式の使い方だと考えます。

子供に与えるなら、私は青のつもりですが、勝手に買ったり解いているのを邪魔することはしませんし、私も赤を使っていたので、他の子にすすめるのは青でも別に赤を否定することはしません。

子供が大学生で、久しぶりに赤チャートを見直していました。私たちのころは初級の緑チャートと応用の赤チャートだけ、緑を使っていた友人の多くが東工大クラス以上の大学に入学しました。逆に、赤チャートを高校現役時代に使っていた友人の多くは浪人して東大などへ入学、ちゃんとマスターした人たちの実績といえば実績だと思います。

さて、最近の白、黄、青、赤のチャートは昔の緑クラスが今の青チャート、昔も呼び方は緑でも青チャートと呼んでいたみたいです。さらに上級むけの大学への数学という別の出版...続きを読む

Qなぜ物理は独学が不可能なんですか?

こちら(http://d.hatena.ne.jp/nimsel/20080703)のサイトに、
「医学部・東大・京大を志望する場合、0から二次レベルまでの物理の独学は不可能に近いです。」
との記述があります。

さらにこちら(http://ja.wikibooks.org/wiki/%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%AF%BE%E7%AD%96)のページにも、
「独学はほぼ不可能だと思われる」
と書かれています。

しかしながら受験勉強法研究家として有名な(しかし自分はあまり参考にはしていませんが。)
和田秀樹氏は、本の中で、「橋本の物理をはじめからていねいに」という参考書について、
「下手な教師よりよっぽどわかりやすい。今まで物理が独学に不向きと言われていたのはこのような参考書がなかったから。」
というようなコメントをしています。

ということは、参考書で授業と同じような理解ができるのではないでしょうか?

私は恥ずかしながら、落ちこぼれからほぼ独学で旧帝大医学部に行こうと思っています。
高2から物理の授業が学校で始まる予定でしたが、丁度高2から家庭の事情により、高校には通っていませんので、ほぼ独学というわけです。
数学はちっぽけな個人塾に行ってるので、まあ完全独学というわけではないので、他の科目は努力次第で目処がたちそうなのですが、物理は方々で、「独学は無理。国立医学部となるとなおさら無理。」という声が色々なサイトで目に入り、「ああやっぱり(高レベルまで行くとなると)独学なんて無理なのかなぁ。」と落胆と失望を何回か繰り返しています。

(といっても、そんな気持ちからかやるべきことをやる前からそんなこと思ってます。自分ではあまり100%無理なんて思いはないのですが、外部情報から無理だと思わせられている。だから無理なのかなぁと心配になりやる気が出ない。自分に都合良く言わせてもらえばそんな状態でいます。
他の科目は勉強してますが、物理に関しては、「独学は無理」という言葉が頭に浮かび、生物にしたほうがいいかなぁなどと躊躇して勉強する気になれません。ただ生物より物理のが、現代医療はMRIとかあるし、大切なのでなるべく物理を学びたいのです。大学に入ってから苦労しそうだし。
それで実際の所はどうなんだろうと質問いたしました。)


そういうわけで、例として上に挙げたようなサイトで言われる、
「物理は独学は不可能」
という言葉の理由についてお聞きしたいです。

それと、旧帝大医学部レベルまで物理を独学で引き上げるのは、正直なところ無理なのかという点も意見を下さい。因みに自分は理解力はいいほうではありません。文系脳に近いです。
数学は人より時間をかけてできるようになった方だと思います。
時間は1年半ですね。最悪でも1浪(2年半)までで受かりたいです。

もし肯定的な意見をお持ちの方がいたら、勉強を進めていく上でアドバイスもいただけますでしょうか。

ちなみに「旧帝大」と付けるわけは、ある医学部の方が書いた本に、
「臨床か開業なら関係ないが、それと平行して研究、あるいは専門の研究医になるならやはり旧帝大系でないと厳しいというのが実情。」
と書いてあったからです。
医学の研究にも興味があるので、そちらの方に有利な旧帝大医に是非とも受かりたいのです。。

真剣に悩んでいます。
ご高見お願いいたします。

こちら(http://d.hatena.ne.jp/nimsel/20080703)のサイトに、
「医学部・東大・京大を志望する場合、0から二次レベルまでの物理の独学は不可能に近いです。」
との記述があります。

さらにこちら(http://ja.wikibooks.org/wiki/%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%AF%BE%E7%AD%96)のページにも、
「独学はほぼ不可能だと思われる」
と書かれています。

しかしながら受験勉強法研究家として有名な(しかし自分はあまり参考にはしていませんが。)
和田秀樹氏は、本の中で、「橋本の物理をはじめからていねいに...続きを読む

Aベストアンサー

数学であれ、化学であれ、生物であれ、各科目には、「その科目の学び方」というものがあると思います。

物理の場合は、
「物理とは何を目指しているのか?」
「物理は、どうやって学んでいったらよいのか?」
といったところで、つまづく人が、他の科目よりも多いように思います。

物理には、数式が登場しますが、同時に、「数式の解釈」というものが付きまといます。

言い換えれば、「自然現象のイメージと数式が結びつく」ということになりましょうか。

これがうまくいかないと、公式を暗記しても、理解できないのだと思います。

そして、この部分に、物理独特の考え方がたくさん出てきて、独学を妨げているように思います。

予備校であれ、参考書であれ、「自然現象と数式とが結びつく」という点を詳しく説明してくれるものがあれば、独学が可能だと思います。

あくまでも個人的な意見なので、お役に立つかどうか分かりませんが、自分自身が物理を学んだときに感じた難しさを思い出して、書かせていただきました。

参考サイトは、考え方の部分を説明してくれています。

参考URL:http://tahara-phys.net,http://webkouza.com

数学であれ、化学であれ、生物であれ、各科目には、「その科目の学び方」というものがあると思います。

物理の場合は、
「物理とは何を目指しているのか?」
「物理は、どうやって学んでいったらよいのか?」
といったところで、つまづく人が、他の科目よりも多いように思います。

物理には、数式が登場しますが、同時に、「数式の解釈」というものが付きまといます。

言い換えれば、「自然現象のイメージと数式が結びつく」ということになりましょうか。

これがうまくいかないと、公式を暗記して...続きを読む

Q赤本と黒本どっちがいいの?

質問はタイトルの通りですが補足をします。
現在センター用の赤本を2冊(数学と英語)持っているのですが、他のサイトなどを見ると赤本よりも黒本の方が解説などが質がよい(詳しい)というような意見が結構ありました。
これから他の教科を買い足す場合、このまま赤本を買ったほうがよいのか、やはり黒本にしたほうがよいのか教えてください。
またその理由も教えてください。

Aベストアンサー

私の場合、センター対策は黒本を使い私大・国立対策は赤本を使っていました。黒本は全教科買って持っていましたが、あれってかなり重くて
たまに予備校で自習する時に持っていかずに塾で赤本を借りたりしていました。
同じ年度の解説を比べてみると、やっぱり黒本のほうが丁寧な気はします。
私は河合生だったのですが、在籍中に先生に黒本の解説は河合の先生が書いている、ということを伺いました。
まぁ、そんな理由から黒本を愛用していました。
でもそれぞれの好みはあると思うので、一度本屋さんで同じ年度のものを見比べてみてはいかがでしょうか。

Q河合塾と駿台の違い、互いのメリットデメリットについて

はじめまして、私は現在高校三年生(今春卒業予定)のものです。
今年は前期で失敗したら浪人する予定す。
現在私の手元には駿台予備校仙台校と河合塾仙台校から
入学の認定が届いています。ですが、正直なところ、
両校のデメリットメリットを調べて比べてみても決めかねています。
皆さんでしたらどちらがいいと思いますか?もしよければ教えてください

ちなみに両校のメリット、デメリットは下記のようでした。
・駿台
○座席指定制
○実績がいい
(ただし実績は個人の問題だと思うのであまり加味しないことにしました……)
○駿台は理系に秀でている(?)
(昔の話だ、という人も多数いて、判断しかねます)
×クラスの人数が多く机が狭い
(クラスの人数はわかりませんが、机が狭いのは試験の時に窮屈だと痛感しました)

・河合塾
○駿台と比較すると少人数、それから個別サポートが充実
○実際に授業を受けたことがあるので、安心
×ただその体験授業のときに、講師の方の説明がよくわかりませんでした。
講師の方の質は実際どれほどのものなのか、
よほど酷い先生に当たったのか、が今一わかりません
×座席指定
×河合なら文系(?)(ただこれも昔の話だという人もいて……)

私は前期は東北大学の工学部志望です。
駿台からは「ハイレベル東北大理系」「スーパー東北大理系集中」
河合塾からは「ハイレベル東北大英語強化/数学強化/理科強化/特別強化」
の受講認定がきています。
(他にも認定は来ていますが関係なさそうなのは省きました)
私立は経済上の理由から行く予定はありません。
また、同じく経済上の理由から浪人も一年のみです。
一年の浪人なので、授業料に関しても両親からは了解を取っています。
安価なほうがいいのですが、、授業料よりも志望校への
適不適を重視したいと思っています。

これを踏まえて、国公立工学部受験には駿台、河合塾
どちらの、どのコースが適しているでしょうか、教えてください
よろしくお願いします

はじめまして、私は現在高校三年生(今春卒業予定)のものです。
今年は前期で失敗したら浪人する予定す。
現在私の手元には駿台予備校仙台校と河合塾仙台校から
入学の認定が届いています。ですが、正直なところ、
両校のデメリットメリットを調べて比べてみても決めかねています。
皆さんでしたらどちらがいいと思いますか?もしよければ教えてください

ちなみに両校のメリット、デメリットは下記のようでした。
・駿台
○座席指定制
○実績がいい
(ただし実績は個人の問題だと思うのであまり加味し...続きを読む

Aベストアンサー

私は東京で通っていたので、仙台のことは分かりませんので、以下記述することは、あくまでも東京での噂によるものです。
確かに、「文系の河合塾」とよく聞きます。
ただ理系は駿台よりも代ゼミと聞きます(いまは、理系も文系も代ゼミになってきているらしいのですが)。
代ゼミは、考えていないようなので、駿台と河合について書きます。
案内にも書いてあると思いますが、年間授業料には1年間の模試代も含まれています。
三大予備校の中で最も平均的に良問と言われいるのが、河合塾の模試です。
さらに、三大予備校の模試の中で、判定が厳しすぎず、甘すぎないのも河合塾と言われています。
駿台は問題も難しく、判定が厳しすぎると言われています(ちなみに、代ゼミは問題が簡単で、判定も甘すぎる)。
模試は出来るだけ多く受けた方が良いので、三大予備校の模試を出来るだけ多く受けるべきだと思いますが、少なくとも、所属している予備校の模試は受けることになるので、模試の観点からでは河合をお薦めます。
授業で使われているテキスト問題ですが、河合は東大の国語の入試問題をドンピシャ(東大対策講座の国語で問題内容も引用文章も)で当てた実績もあり、また、大学入試の問題を請け負っている数が、最も多いらしいので、河合のテキストで使われている問題は、入試対策としては良い参考書になると思います(テキストにはオリジナルの問題もあるので)。
ただ、駿台は難関大学を目指している人たちが多いので、難関大学である東北大学を受けるつもりなら、そういった意味では、駿台は良い環境の予備校だと思います。
模試も難関大学を受ける人の多くが受けているため、比較的難しく作っていると言うことらしいです。
説明のへたくそな先生は、河合にも駿台にもいます。
説明が分からない場合は、他の先生に聞くという手もあります。
私は、授業では解答を得るためだけに行き、実際の質問はお気に入りの先生に夜遅くまで聞きに行った経験が何度もあります。
ただし、その場合は、失礼にないように担当の先生が不在の時に、聞きに行くようにした方が良いですよ。
まだ、1ヶ月あるので、しっかりと考えて予備校選びはしてください。
ただ、大学に受かるか受からないかはどこの予備校に行ったかではなく、1年間どのくらい勉強したかです。

私は東京で通っていたので、仙台のことは分かりませんので、以下記述することは、あくまでも東京での噂によるものです。
確かに、「文系の河合塾」とよく聞きます。
ただ理系は駿台よりも代ゼミと聞きます(いまは、理系も文系も代ゼミになってきているらしいのですが)。
代ゼミは、考えていないようなので、駿台と河合について書きます。
案内にも書いてあると思いますが、年間授業料には1年間の模試代も含まれています。
三大予備校の中で最も平均的に良問と言われいるのが、河合塾の模試です。
さらに、...続きを読む

Q進研模試の過去問を手に入れたいのですが・・・。

単刀直入ですが,進研模試の対策をするために,進研模試の過去問を手に入れたいのですが,学校や塾の先生に頼む他に何か入手する方法はないのでしょうか? 勉強がしっかり出来ているかどうかの確認をするためには進研模試を解くのが,レベル的にも難しすぎず簡単すぎず,良いと言われたので,何回分かの進研模試を解いてみたいと思い,このような質問をするに至ったのです。ご回答,よろしくお願いします。

Aベストアンサー

模試の対策をする必要はありません。
普段の勉強の成果を確認するための物ですから。
対策の結果、実力以上の点が出てしまえば、かえって実力が見えなくなります。

適切なレベルの物で勉強したい、というのは伝わります。
しかし模試は模試。
最適な教材になるとは思えませんし、なるようなら進研がとっくに発売していますし、進研ゼミなどとっくにやめているでしょう。

書店に行っても教材が多すぎると言いますが、自分の学力が把握できればおそらくそれでかなり絞れるはずです。
それも判らなければ、基礎的な薄い物をやってみて、その感触で量るのが良いでしょう。
また、色々な教材を良く眺めてみるいうのも良い勉強です。
根性決めて書店に「通って」ください。
進研の模試もそうですが、教材には相性やレベルがあります。
進研の問題は確かに基礎的な良問であるような気はしますが、だからと言って、あなたがそれで勉強できるかどうかは判りません。
もっと基礎が抜けているのかも知れないし、そんな問題では簡単すぎるのかも知れません。
それはどの教材であってもそうです。

基礎ができていないのなら基礎、入試標準レベルのところでつっかえているのならそれ、と今自分が何をすべきか、で決めて、それをさっさと終えてください。
最後までそれだけでやり通そうとするから基礎から応用まで、なんて事を言うんです。
そもそも化物に至っては、教科書をきちんと読んでいるのか。理解できるよう読んでいるのか。なんて事が第一です。
その上で参考書、です。
物理は、一読しただけではさっぱり判らなくて当然です。
何度も教科書や参考書を読み、基礎問題を解き、解らなくなってまた教科書参考書に戻る、の繰り返しです。しつこくしつこく。
天才を除けば根負けするかどうかの科目だと思っています。

単語帳は相性次第です。
前書きからしっかり立ち読みし、相性が良さそうな物を選んでください。
当面センターレベルで良いので、さっさと終わらせることです。
現代文は、出口、田村、板野、河合の入試現代文へのアクセス、辺りを。これも前書きからしっかり読んで、やり方を把握したり指示に従ったりしましょう。
古典は知りません。
理系なら、二次私大でで国語を使うのかどうかでどこまでやるかが変わると思います。
あなたなら、伊藤さんの「ビジュアル英文解釈」ができると思います。
最初は易しいですが、最後までやり通したり、その後の「英文解釈教室」まで行けば大した物だと思います。

模試の対策をする必要はありません。
普段の勉強の成果を確認するための物ですから。
対策の結果、実力以上の点が出てしまえば、かえって実力が見えなくなります。

適切なレベルの物で勉強したい、というのは伝わります。
しかし模試は模試。
最適な教材になるとは思えませんし、なるようなら進研がとっくに発売していますし、進研ゼミなどとっくにやめているでしょう。

書店に行っても教材が多すぎると言いますが、自分の学力が把握できればおそらくそれでかなり絞れるはずです。
それも判らなければ...続きを読む

Q青チャート?黄色チャート?

こんにちは
新高3になるものです。
広島大学を志望して受験勉強を始めました。
数学は黄色チャートを使って勉強しているのですが、学校の先生に青チャートのほうがいいと言われました。
でもネットで見ると、広島大学なら黄色チャートでも大丈夫という意見も見られたので質問しました。
このまま黄色のままで大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

元塾講師です。私自身は文系数学(昔のⅡBまで、複素数平面は範囲内でした)出身で、首都圏の国立大学(文系・2次で数学あり)に合格しました。指導経験としては、理系受験者に数学も教えいました。

 結論を書くと「黄色でも大丈夫」です。
 確かに青チャートを完璧にすれば、黄色を完璧にするより本番で高得点を期待できますが、その「青チャートを完璧にする」という行為はなかなか難しいものです。その達成が困難な参考書にトライして途中で挫折して結果的に学力が伸びない可能性が高いことが考えられます。また、チャート式は、色が違っても同じ問題が収録されている場合があり(同じ問題が複数の色で収録されている)、黄色と青の違いは(両チャートの簡単な問題をA、難問をC、その中間をBとすると)「黄色はAとB、青がBとCが収録」されているようなものです。青チャートで挫折する場合の多くは、基礎を理解しないまま青チャートを始めてBで躓くか、難しいCの理解に時間や手間がかかることです。広島大を目標とするのであれば、このCに対して時間を書けることは得策とは言えず、コストパフォーマンスが低いと言えます。東大の理系志望で数学で高得点を狙う人には必要ですが、そうでないならそこまでやる必要はなく、他の苦手科目などに時間を費やしましょう。
 また、重複している問題も多いので、「黄色が終わったら青をやる」というようなこともできます。そうすると(重複している問題があるので)青チャートでかかる時間を短くできます。またこうすることで、黄色チャートをやっている期間は難問に出くわすことなくある程度の数学の完成ができ、時間があれば青をやるということもできます。もちろん、いきなり青チャートをやってそれだけを完璧にした場合に比べて、時間や労力に多少の無駄が生じますが、保険料と考えれば安いものです。

 学校の先生は、「本番で黄色チャートで対応でいなかった問題が出た」時のクレームが面倒なのでそのように言ったのでしょう(もしくは、「高い目標をもたせた方が結果がよくなる」と考えているのかもしれませんが)。仮に黄色を完璧にして不合格したら先生に文句が言えますが、青を挫折して不合格になったとしても生徒は「先生の指導内容ではなく自分の勉強不足が不合格の原因」と結論付けます。できなかった自分の責任とするのです。つまり先生に責任がないことになります。学校の先生はこうしたクレームを非常に嫌うので、生徒のメリットよりも自分の責任逃れを最重視し、そのようにアドバイスすることも多いです。確かに青チャートを完璧にすればおそらく広島大では高得点(もしくは満点)が取れるでしょう。しかし、それを達成するのにコストがかかるばかりでなく達成そのものが低確率です。
ご参考までに

元塾講師です。私自身は文系数学(昔のⅡBまで、複素数平面は範囲内でした)出身で、首都圏の国立大学(文系・2次で数学あり)に合格しました。指導経験としては、理系受験者に数学も教えいました。

 結論を書くと「黄色でも大丈夫」です。
 確かに青チャートを完璧にすれば、黄色を完璧にするより本番で高得点を期待できますが、その「青チャートを完璧にする」という行為はなかなか難しいものです。その達成が困難な参考書にトライして途中で挫折して結果的に学力が伸びない可能性が高いことが考えられま...続きを読む

Qチャート式 合うレベルについて教えてください。

娘の学校でチャート式をつかっています。
黄色 だそうです。
先日の保護者会(私は欠席)で、クラスのお母さま方が
なぜうちの学校では黄色なのか、青を使いたいなどど言ってたそうです。
青のほうがレベルが高いからだと思いますが。。
学校が黄色と判断したのだからそれでいいと思のですが、
保護者的にはゆるされないようです。

うちより偏差値の低い学校も青や赤を使っているとのこと。

娘の高校は受験時の偏差値は60を少し超えるぐらいです。
大学進学率はほぼ100%ですが、国公立は1割ぐらいで、国立受験こそしますが、
進学は私大がほとんどです。
どのレベルが相応なのでしょうか?

Aベストアンサー

元塾講師です。

 チャートに関しては志望校レベルによって使う色は大まかに別れています。

赤:チャートとしては最難関であり、国公立医学部・東大受験生で数学を得点源とする人対象
青:国公立医学部・東大・難関国公立・早慶の合格を目指す人対象
黄:東大の文系で数学が苦手な人(1完~1完半程度)、難関国公立・早慶レベルで数学をやや苦手とす  る人・マーチクラス合格を目指す人対象

 おおざっぱに分類するとこんな感じです。確かに難しめの内容をやっておいた方が安心かもしれませんが、それだけ参考書の完全理解が困難になります。正直黄色チャートに関しては高校入試時偏差値60程度の学校の3割程度がマスターできると思いますが、青チャートにすれば5%切るでしょう。学校の先生もその辺を分かっていて「できない難関参考書よりできるやさしめの参考書」をやっているのでしょう。私自身、青チャートをやり結果早慶に進学しましたが、数学が得意な人でも挫折しそうな代物です。また金銭的には多少多くかかりますが、「黄色が完成してから青」というのがベストな気がします。黄色をマスターできる人も少ないですし、黄色をマスターした後からでも青に取り組めます。この方法はいきなり青の分量の多さを、黄色で少なくできるのでお勧めですし、一通り範囲を学習できるのでお勧めです(黄色と青では多少問題の重複があります)。  

 正直言って、青を使えといっている保護者の方は自分たちのお子さんの学力を分かっていないようです。「自分が解いて簡単だから子供にも青をやらせろ」というのなら構いませんが、青やって、入試問題で使えるかの吟味もせず「受験の基本青チャート」やドラゴン桜で勧めているなんていう安直な発想です。早慶以上志望者以外には青チャートは不要です。御三家(開成や桜蔭)クラスなら大半(ほぼ総数)が早慶以上に進学するので青チャートが基本ですが、それ以外の学校では無用の長物です。
ご参考までに。

元塾講師です。

 チャートに関しては志望校レベルによって使う色は大まかに別れています。

赤:チャートとしては最難関であり、国公立医学部・東大受験生で数学を得点源とする人対象
青:国公立医学部・東大・難関国公立・早慶の合格を目指す人対象
黄:東大の文系で数学が苦手な人(1完~1完半程度)、難関国公立・早慶レベルで数学をやや苦手とす  る人・マーチクラス合格を目指す人対象

 おおざっぱに分類するとこんな感じです。確かに難しめの内容をやっておいた方が安心かもしれませんが、それだけ...続きを読む

Q無機化学はなにを暗記すればいいんですか?

無機化学は暗記だと書いてありました。
参考書を開いたら、いろいろ書いてあります。
が、なにを覚えればいいのかわかりません。

例えば、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体

これをまんま覚えればいいのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。無機化学は確かに暗記が必要ですが、理解を伴った効率的な暗記が必要です。

「フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体」と唱えてもいざ問題を解くときには忘れてしまいます。

無機化学は極めようと思っても、学生には無理があります、ごくまれに難関大学でマイナーな元素の性質を問う問題もありますが、無機で出る問題はほとんど決まっています。

あなたはおそらく無機化学初心者でしょうから、頻出事項とマイナーな事項の区別がつかないと思いますので、参考書を使うことをお勧めします。

現在あなたが持っている参考書が何なのかわかりませんが、多くの参考書には「重要!」「ここがポイント!」などの重要箇所があると思います。まずはそこを覚えましょう。

もしあなたの参考書が使いにくいのならば、別の参考書にしましょう。あまりマニアックなのは避けて、シンプルで基礎的な参考書にしましょう。東進ブックスの「岡野の化学をはじめからていねいに(無機・有機化学編)」などがお勧めです。

さて暗記するコツを教えましょう。無機化学で暗記する物は大きく分けて2つです。1つは物質の性質。もう一つは化学反応式です。物質の性質はほとんど丸暗記です。ですが性質が似ている元素のグループを知っていると覚えることが少し減ります。アルカリ金属・アルカリ土類金属・遷移元素・ハロゲン・希ガスや両性元素・酸性酸化物・塩基性酸化物などのグループは押さえましょう。またゴロで覚えるのも効果的です。私が使っているのは、両性元素は「ああすんなり(Zn Al Sn Pb)」。「ひ さん に働く」で「非」金属の酸化物は「酸」性酸化物。「禁 煙」したい「金」属の酸化物の「塩」基性酸化物。などなど。


化学反応式についてはほとんど暗記の必要はありません。反応の原理だけ知っていれば知らない化学反応式でも書けます。そのために必要な知識を書きます。

(1)イオン化傾向の大きい順番
K Ca Na Mg Al Zn Fe Ni Sn Pb H2 Cu Hg Ag Pt Au(貸そう か な ま あ あ て に すん な ひ ど す ぎ るしゃっ(はく) きん)
(2)基本的な反応原理
・弱酸の塩 + 強酸 → 強酸の塩 + 弱酸 (弱い者は出ていけ!反応)
・弱塩基の塩 + 強塩基 → 強塩基の塩 + 弱塩基 (弱い者は出ていけ!反応)
・揮発性酸の塩 + 不揮発性酸 → 不揮発性酸の塩 + 揮発性酸

・イオン化傾向がA>Bのとき
 A + Bの陽イオン → Aの陽イオン + B

・酸性酸化物 + 塩基 → 塩 + 水 (中和反応)
・塩基性酸化物 + 酸 → 塩 + 水 (中和反応)

・酸性酸化物 + 水 → オキソ酸
・塩基性酸化物 + 水 → 塩基

・両性酸化物 + 塩基 → 塩 + 水 (中和反応)
・両性酸化物 + 酸 → 塩 + 水 (中和反応)

それでは、また何かあったらどうぞ。

こんにちは。無機化学は確かに暗記が必要ですが、理解を伴った効率的な暗記が必要です。

「フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体」と唱えてもいざ問題を解くときには忘れてしまいます。

無機化学は極めようと思っても、学生には無理があります、ごくまれに難関大学でマイナーな元素の性質を問う問題もありますが、無機で出る問題はほとんど決まっています。

あなたはおそらく無機化学初心者でしょうから、頻出事項とマイナーな事項の区別が...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング