私(20代前半)は物心ついた時から吃音のある吃音者です。親にも吃音があるようなので遺伝だと考えられます。
これまで、この吃音に非常に悩まされ苦しんでいます。死にたい気持ちになる時もありました。日常会話でも吃音が発生することが多々あり、大勢の人の前での発表でも発生し恥をかくこともありました。こんな自分に情けなく悔しくてなんとも言えない気持ちになってきます。親からの遺伝だと思い、親を憎むことも今もなおあります。気にせずに前向きに生きていこうと考える努力をしても、吃音が発生するたびに落ち込むことが多々あります。吃音と一生付き合っていくようにしなければなりません。
私よりも辛い障害をもたれている方(比較すること自体問題ですが)もいらっしゃるかもしれませんが、心のそこから辛いと感じています。
これからどのようにして、吃音に対処し、また吃音と共に生きていけばよいのでしょうか?
しかもこれから社会へ出ますがこの吃音がある限り未来が見えてきません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

吃音そのものについては詳しくないのですが、


日本では体系的に研究している学者や専門家がまだ少ないこと、
吃音が原因で、二次的に抑うつ状態・うつ病などの悩みを
抱えてしまう方も多いと聞きます。世間での理解もまだ薄く、
当事者の方はとても苦労されてることと思います。

しかし吃音は、遺伝的要因は排除はしきれないが、
一方で子どもが言語を獲得するときに、親の話し方を真似て
身に付けてしまっただけだ、とする学説もあるそうです。
よって、親も吃音者であっても、言語聴覚士などの専門家の作った
プログラムや指導があれば、完治あるいは支障が少なくなるという
話もありますよ。諦めないで、せめてそういった方々のお話や
相談だけでも触れてみてはいかがでしょうか? 吃音を克服した
有名人はたくさんいらっしゃいますし
(ウィキペディアの「吃音」のページに掲載されてました)、
下記のようなものがありますよ。たとえ「一生のお付き合い」
であっても、付き合い方の視点を変えるだけでも
気持ちが違ってくると思います。また、同じ悩みを抱える方とも
分かち合いを持てる機会を持てるといいですね。

http://homepage1.nifty.com/heroiga/
http://mito.cool.ne.jp/stutstudent/
http://kitsuon-kaizen.que.jp/hori/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
これから吃音とどのように付き合っていけばよいか分かりません。

お礼日時:2008/02/21 07:49

然るに。



私、以前興味本位で話方教室に行ってみたとき。
同様の方がいらっしゃいましたが。
3・4日で改善されてましたのでお知らせまで。

先生曰く。
「人前で話す、人と緊張して話すことにおいて。
 何も準備しないままでは失敗する。
 それはあたりまえです。
 テレビのアナウンサーや司会者は、常に基本の発音や、
 野球選手の名前や、トラブル時のセリフなど。
 人の見えないところで練習しています。」
とのこと。

プロ野球中継をする解説者は、ノートに野球場を書いて、碁盤の線を
引いて、どこに玉が落ちると、どう言うか、全部即座に言えるように
しているとのことです。

また、アナウンサーは、TVの別のアナウンサーのセリフをそのまま
繰り返したり、新聞記事を毎日音読しているようです。

なるほどなぁと思いましたので。
ここに記載しておきますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
発表の前には十分な準備もしていましたが、いざ原稿などを読むと、どもって全くうまくいきませんでした。

お礼日時:2008/02/20 03:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q吃音の学校教育について

8歳の吃音の子供を持つ親です。

息子の吃音について、学校の授業(道徳の時間など)で息子の吃音についてクラスの子供たちに考えてもらいたいと思い、担任の先生へ吃音者の授業を行ってもらいたいと思いますが、授業内容や吃音者の困りごとなどについてどのように説明すれば良いでしょうか?

できれば、吃音者ご本人やご家族、教育関係者からアドバイス頂ければ幸いです。

先日、吃音者についての学習があり、その中で 吃音者の6割がイジメを受け、4割が引きこもりや対人恐怖症になるなどの説明を受けショックを受けました。


周りに吃音者がおらず、困っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

吃音当事者の28歳女性です。
吃音で困ることと言えば、学生時代で考えると自分の名前が言えない、お友達や先生の名前が言えない、職員室の出入りができない(クラス名が言えないので)、音読ができない、答えは分かっているのに挙手できない、日直ができない(号令を掛けられないので)など、沢山ありました。
成人した今でも結婚するまで名前は言えなかったし、就活の時はなによりも会社名を重視しましたし、外食に行けばオーダーができない、など苦労は尽きません。

授業で吃音のことを取り上げてもらいたいとの事ですが、現在何らかの問題に直面している訳でなければ必要ないのでは?と思います。
私の場合、低学年のうちは音読などでつっかえると笑われたりしましたが、先生がその都度クラスメイトに吃音について説明してくれました。授業が終わるとクラスメイト自ら「笑ってごめんね」と謝りに来てくれることもありました。
四年生から高校卒業までは年度初めの自己紹介で「上手く話すことができないので授業などで迷惑を掛けるかもしれませんがよろしくお願いします」と言ったきり、どんなにどもっても笑われることはなかったし、先生から特別何らかの説明もすることもありませんでした。
1度だけ、言葉の教室に通うことが決まったときにクラス全体に説明があったくらいです。

低学年ならば吃音が面白くて笑うことはあるでしょうが1度説明されたら納得できるでしょうし、高学年になれば詳しいことは分からなくても、笑ったり、からかってはいけない事だと認識できると思います。
また、私であれば自分自身が学級会の議題になることで特別扱いされることも嫌ですし、発言を求められるのはもっと嫌です。その辺の息子さんのお気持ちも確認する必要があると思います。

いずれにせよ授業の一コマを割いてまで説明しなくても子供たちは理解していると思いますし、息子さん自身も自分の力で乗り越える力を養わなくてはいけないのですから、そちらを気に掛けてあげた方がよいかと思います。
もしも吃音が原因でイジメなどがあれば、それは学級会レベルの話ではありませんからね。

社会人になってから学生時代の旧友と再会したことがありますが、友人によると「話すのが苦手な人」程度の認識だったそうです。
もしも息子さんもクラスメイトから「話すのが苦手な子」程度の認識だとすれば、吃音を議題に挙げることによって「話すのが苦手な子」から「障害を持った子」に置換されてしまうかもしれません。
そのようなリスクや息子さんのお気持ち、息子さんが置かれている状況なども考慮の上、それでも学級会が必要だと判断されたら担任の先生にご相談なさるといいと思います。

吃音当事者の28歳女性です。
吃音で困ることと言えば、学生時代で考えると自分の名前が言えない、お友達や先生の名前が言えない、職員室の出入りができない(クラス名が言えないので)、音読ができない、答えは分かっているのに挙手できない、日直ができない(号令を掛けられないので)など、沢山ありました。
成人した今でも結婚するまで名前は言えなかったし、就活の時はなによりも会社名を重視しましたし、外食に行けばオーダーができない、など苦労は尽きません。

授業で吃音のことを取り上げてもらいた...続きを読む

Qこれは「心の病」?(20代前半男です)

社会人2年目の男、半導体エンジニアしてます。
労働基準法の指針が企業に取り入れられる時代になってきましたがいわゆる「心の病」は増加傾向にあると朝の朝礼で知りました。
おもにIT企業で、中堅管理職にいきなりなり、上から下から板ばさみになりストレスを感じる人が多いのは成果主義が急速に取り入れられたことが背景にある。
上司が忙しすぎて後輩の面倒が見れず後輩はわからないまま、仕事をしてストレスを感じる。
今の職場環境にぴったりです。さまざまな業種、職種があるので私の悩みに理解が苦しむと思います。
今の所属グループは私含めて3人、うちリーダーは1人。仕事量は3人で回す事は不可能で、他にグループはたくさんあるのですが仕事量と人数の釣り合いが取れています。
単に働けば業務が減っていき負担が楽になるものではなく、エンジニアですので一つの仕事に時間が取られ、その間に違う仕事が増え、わからないから上司に聞こうとしても、上司も手が回らない(俺が忙しいちいって聞かないのはだめだと言われますが、そんな状況ではありません。上司も状況をわかってます)、わからないまま時間が過ぎ、グループを統括している課長は今の状況を把握しているのに何の対策もありません(人を増やす、仕事を他に回す、直接業務に関与しスキルアップさせる)。まだ辞める気はないのですが、同じグループの2年先輩の人や他のグループの先輩は今年辞めると言い出す始末。一つの事で時間がかかる仕事が一人、グループ全体でいくつも持ち、納期が近いものもたくさんあり、土日出勤しても10時まで残業しても終わりません。
 もう今日は体調不良で休ました。(仮病ではありません。同じグループの上司二人も体調不良で一日おき、一人ずつ今週休んでました。)
もう最悪の状況です。2年目にして今のグループに配属されて半年ですがここまで不満が出るとは思っていませんでした。

社会人2年目の男、半導体エンジニアしてます。
労働基準法の指針が企業に取り入れられる時代になってきましたがいわゆる「心の病」は増加傾向にあると朝の朝礼で知りました。
おもにIT企業で、中堅管理職にいきなりなり、上から下から板ばさみになりストレスを感じる人が多いのは成果主義が急速に取り入れられたことが背景にある。
上司が忙しすぎて後輩の面倒が見れず後輩はわからないまま、仕事をしてストレスを感じる。
今の職場環境にぴったりです。さまざまな業種、職種があるので私の悩みに理解が苦し...続きを読む

Aベストアンサー

それは心の病気ではなく「会社の病気」です。
一人では聞いてくれないでしょうから、休んだりしている課長さん達も連名で改善計画を上部に要求するべきです。
さもなくばみんな辞めるといって脅しを掛けるのが上策。

Q物心ついた時から30年近く吃音で悩んできました。

物心ついた時から30年近く吃音で悩んできました。
吃音症状を克服された方がおられましたらどのような訓練で克服又は改善されたかご教授をお願いいたします。

Aベストアンサー

吃音は必ず直る症状ですから、心配なさらないことが一番ですよ!

「吃音がある」・・・と思ってしまって、必要以上に萎縮してしまってはもったいないことです!


重度の吃音症にやはり20年以上も苦しんだ方で、
今では症状をすっかり克服し、会社を経営なさっている方がいらっしゃいます。

吃音に悩む方の相談にも応じていらっしゃるようなので、もしも御興味がおありでしたら
以下のサイトを御覧になってみてください。

何かヒントがつかめるかもしれません。


http://domorikanzenkokufuku.sublimeblog.net/

自信をもって頑張ってくださいね!

参考URL:http://domorikanzenkokufuku.sublimeblog.net/

Q吃音的症状を親に指摘したんですけど

吃音というほどのものでは全くありませんが、吃音的難発的症状(=言おうとする言葉が音として出てこない)があります。
ときたま言葉が出てこない吃音的症状が治らず、その原因と思われる親にそのことを伝えました

両親はずっと十数年間、そのことを認識していたと思っていました。
つまり両親が小さいころから私の言葉を毎日のように指摘し、言い直せだとか、その言葉は失礼だとか、まともじゃないとか言い続けたために私にそういった症状が発現したというのが私の主張でした。

しかし両親はまさかの事実関係を否定しました。
そしてまともに取り合おうとも話し合おうともしません。
「俺が責任も原因もない人たちに無責任に責任や原因を押し付けてると言ってるの?」と聞いたら、それにもまともに答えようとしません。

あげくのはてに笑いながら「何?母さんに慰謝料でも請求するの?」と言ってきました。

生まれつき吃音の人間なんていないのに、この症状はどう説明するんだと聞いたら、”それ本当かよ?”みたいなことを言って全く認めようとしません。

しかし私には確かな記憶があります。
十分に具体的で正確で克明なものではありませんが、言葉を発するのが怖くなり言葉をしゃべらなくなった時期があったことなどです。
黙っていれば言葉遣いを指摘される余地はないだろうと当時の幼い自分は考えたわけです。
もっともそのときは「黙ってるのは失礼だ」とか「なんか言えよ」などと言ってそれはそれで怒られましたが。
毎日こうした言葉の指摘をされ続ければ脳の言語処理も精神もおかしくなっても不思議じゃないです。

親はかつて自分のした異常な行為を反省する気も認める気もないと知ってうんざりしました。
私の勘ですが父は心当たりがあるような気まずそうな表情と言い方でしたが、認めようとしません。
あげくのはてに二人とも逆ギレしてきます。
全てこの2人が引き起こしたことなのにです。
かつて私から奪った言葉を返してほしくして仕方ありません。

しばらくして親が「親戚に聞いたら、お前が昔言葉が吃っていた○○(=兄)の言葉を真似したのが原因じゃないかって言ってたぞ」と言ってきました。
しかし私の記憶で兄が吃音的症状を発した覚えは皆無です。
もちろん私が兄の話し方の真似をした記憶もありません。
その可能性はゼロではありませんが到底信用できない状況です。
詳しく聞いても「知らん。○○(=親戚)がそう言ってただけだから」としか言いません。

何が言いたいかというと、もう自分はどこへ向かえばいいのかわからなくなりました。
人と話すときも自由に言葉が出ないことがときたまあり、スムーズにいかないからです。

親に認めさせる方法か、現状をうまくいかすアイデアなどお持ちの方いたら聞かせてください。
ちなみに親が症状の原因で間違いないみたいな表現を多用しましたが、私が覚えていないだけで兄の真似をしたのが原因で発症したなど他の原因である可能性もゼロではないとは思ってます。
しかし「限りなくゼロに近い」という認識です。
私の幼い頃の家庭でのバックグラウンドと生き方は、言葉への恐怖の歴史だと振り返ってみて思うからです。

吃音というほどのものでは全くありませんが、吃音的難発的症状(=言おうとする言葉が音として出てこない)があります。
ときたま言葉が出てこない吃音的症状が治らず、その原因と思われる親にそのことを伝えました

両親はずっと十数年間、そのことを認識していたと思っていました。
つまり両親が小さいころから私の言葉を毎日のように指摘し、言い直せだとか、その言葉は失礼だとか、まともじゃないとか言い続けたために私にそういった症状が発現したというのが私の主張でした。

しかし両親はまさかの事...続きを読む

Aベストアンサー

まず、原因を確定させたいとなりますと、
精神分析が頭に浮かびます。

ただ、親に納得してもらうには、医学的かつ理論的で社会的信用のある証拠が必要となります。
となれば、精神科等の医師による診断も不可欠と思われます。

この2つの診断結果をもとに診断書を書いてもらい、親に渡すことが必要ではないでしょうか。
ですが、親が(結果を)受け入れない事も十分考えられます。
となれば、あとは裁判という形で、
慰謝料を請求する(お金が目的ではありませんが、相手が負ければ、あなたの主張が正しかったと認める事になります)をとるしかないと思います。
それにより、あなたの心の整理が付けられるなら良いのではないでしょうか。

追記
私としては、過去を引きずるよりも、
言語訓練士等のサポートを受けつつ改善される事に、目を向けられた方が良いように思います。

参考まで

Q吃音〔どもり〕の治療手段 吃音克服できた人教えて

心因性による吃音です。
吃音のせいで非常にコンプレックスを抱えてしまい、
落ち込む毎日です。生きていると喋らざるを得ないですから・・・
吃音を治すためにどのような治療方法がありますか?
おすすめの方法がありましたら教えて下さい。
吃音克服のためにはどんな努力も惜しみません。
もうどもりと指摘されるのはいやです。

補足ですが、薬を飲むことは昔やっていました。
効果が出ずにやめてしまいました。
心因性によるものだとわかっていますので、
なにか良いどもり克服方法はないでしょうか

Aベストアンサー

吃音という事ですがこれは神経症の一種という事で神経症の治りという事を書いてみます。神経症には様々な症状が有ります。ですが原因は一つです、それは「意識する事」が原因です。意識したことが原因で、皆うまくゆかなくなっています。

人前で字を書こうとして、手が震えてうまく書けなかった事から、自宅に帰ってもう一度書いてみたけれど、やっぱりうまく書けなくて、今度は全身の力を振り絞って書いたけれども、ますます書けなくなる。この事を書痙と言います。貴方には理解できますでしょうか?書痙も同じ原因から発症しています。

それは、意識をしたことによってその症状を発症させています。神経症の原因は自我意識が、異常に「意識」をしたために、無意識とうまく切り替わらなくなった、という現象です。貴方の場合にも言える事です。

神経症を直すという事を説明します。症状がどうであれ、症状は有っても無視をする事が大事な事になります。症状を意識して症状を無くそうとすることが症状を起こす原動力になっています。そうして症状として発症しています。その症状が出たことによって社会生活が邪魔されています、その事で症状を無くしたい、直したいという思いが症状を固定させています。この事を良く理解する事が大事な事になります。

従って症状はもう治らないと思って下さい。症状を治らないものとして受け入れる事が大事な神経症の解決方法となります。神経症はほんのちょっとした認識の誤り、或いは勘違いです。その勘違いを修正することで、症状は自動的に消滅してゆきます。ですから症状を追い出そうとしないで、受け入れる事です。

神経症を治すためには、学ぶことが有ります。その前にもう一度言っておきます、症状が治ったとか、治りそうだとかは、もう考えない事です。症状は不問として日記にも書かない、口にもしないという事が本当に大事な事になります。その事を了承した上で、学ぶことが有ります。

第一番目は、人間の心理学です。是は神経症を扱った「森田療法」というものを学ぶのです。自分の症状だけではなく、他の症状を学ぶ事です。神経症全般を学んだ方が近道になります。どうして神経症を発症するのかという事です。それが分かる時には解決方法が手に入るかも知れません。

二番目は「禅」というものを学ぶ事です。昔から不安になり易い人達が、この門を叩いて、そうして不安を安心に変えてきた歴史が有るからです。禅には禅問答というものが有ります。是は神経症の人が症状を直そうとしても治らないで苦心している姿と全く符号しています。禅問答が解けた時には、神経症の完治という事になります。

この事をうまく説明しようとした場合には、大変な字数になりますので、控えさせていただきます。もし、興味が有るようでしたら、私の投降したものを読んでみて下さい。神経症と、不安について、私が回答しているのがかなりの数あるからです。その中から興味を持てるものを読んで参考にしてください。いつも同じことばかりを書いているようですが、少しずつ、変えてある部分が有ると思うからです。

早い話が、貴方の自我意識と、貴方の無意識が絶えず交代しながら貴方を働かせています。歩くときでも、貴方は無意識で歩いています。そうで無いならば、考えながら歩く事は出来ない筈です。処が意識をした場合には自我意識が出てきてうまく無意識になれなくなる場合が有ります。貴方の場合は話をしようとした時です。

眠れないという時は、何か不安などが有って、意識をした状態で眠ろうとした時です。眠る時には自我意識は引っ込んでしまって、一旦無意識に切り替わっています。無意識が体をうまく眠りに入らせています。不眠症になったという時は、無意識とバトンタッチが出来にくくなった状態と言えます。

貴方が、症状を克服した時には、症状は今と同じに有ります。ですが不安がなくなっています、その事で意識しなくて済んでしまいます。その事で症状が有ったまま症状が意識に上ってきません。貴方は症状を忘れてしまっています。そのために気が付かない内に自我意識が引っ込んでいます。そうすると貴方の無意識が貴方の口を勝手に動かしています。是が神経症の治るという事になります。その時には、貴方は悟りを開いているかも知れません。無意識の意識とは仏性の事です。貴方は吃音という事を通して仏性と仲たがいをしている状態と言えるからです。

神経症の治りとは自分の中の自分を働かせているものと、仲直りをする事、言い方を変えたなら、子供の時の一つの心が、ある時、意識をした時から二つの心になって苦しい思いをしていたものが、又一つの心になったという意味が有るからです。心が言い争いをしなくなるという事です。本当の安心が手に入るという事になります。

吃音という事ですがこれは神経症の一種という事で神経症の治りという事を書いてみます。神経症には様々な症状が有ります。ですが原因は一つです、それは「意識する事」が原因です。意識したことが原因で、皆うまくゆかなくなっています。

人前で字を書こうとして、手が震えてうまく書けなかった事から、自宅に帰ってもう一度書いてみたけれど、やっぱりうまく書けなくて、今度は全身の力を振り絞って書いたけれども、ますます書けなくなる。この事を書痙と言います。貴方には理解できますでしょうか?書痙も同...続きを読む

Q彼女がいて結婚して、未来の構図が見えないのです

先が見えないとかこんな質問して、確かに病気でもない五体満足な自分がこんな意思ではダメなのは100%理解出来ますが。
僕が生きてきて少しでも過去に戻れるなら
やり直せるだろう事も多数思えますが。
この先自分の思う構図として結婚して家庭持っての意志も構図も気力もないんです。しかし彼女は居ません

☆上記、意思が減退したのは昔から心配してくれていた僕の(おばーちゃん)に結婚姿を見せられなかった事で結婚すら無意味な事。

☆実家は母と父が仲が悪く、昔から家事もしたことの無く家いいつくことも少ない母も年で家に居ることが多いのですがグチの連発でしか無い毎日です。

☆こんな家庭環境で結婚すら希望もみい出せないのか?今の仕事環境も悪く出会いも無いからなのか?
自分でも何かわから無いのです。

長々いいましたがここで質問です
これは
(1)(うつ病)なのでしょうか?
もしくは
(2)(病気で無い)場合、結婚への憧れや意思が取り戻す事ができるのでしょうか??
(3)彼女も作る気力を取り戻すには??

Aベストアンサー

病気かどうかは分からないけど、たいした問題では無いと思います。

今現在、自分がその気力が無いなら、
気にせず、その自分に従えば言いと思いますよ。

例えば、好きな人が居るとして、
ふられたとして、その好きな人を簡単に忘れる事が出来るかと言えば、そんなに簡単に忘れられないけれど、また、いい人が出てくれば、好きになれる様に、
今の自分では想像出来ない事も、相手次第で創造出来る様になったりするものだと思います。

私も多くの方と交際をしてきたけれど、必ず、その人たちと将来が見えたのかと言えば、そうでもありません。
反対に、お付き合いする事は無くても、将来を見れる人も居ました。

だから、今は自分の将来に見合った人に出会えないだけだと思うと良いと思います。
今のままの自分の心に無理やりに逆らってでも、今の自分を変える事も、時には必要ですが、現在、彼女も居なくて、無理やりに変える必要が無ければ、無理やりでなくてもいいよ。

それから、おばあちゃまに、結婚の姿を見せてあげれなかったのはとても残念だけれど、やっぱり、おばあちゃまは、質問者さんが結婚して、幸せに成る事を望んでいるんじゃないでしょうか?親が仲悪ければ、なおの事、そう思っているかも知れません。
おばあちゃまとお話する事は出来なくても、質問者さんが、おばあちゃまを覚えている以上は、おばあちゃまは生き続けて居るものだから、いつか、結婚したくなって、結婚した時に、彼女と一緒に、お墓参りにご挨拶に行って上げる事で、おばあちゃまに彼女を紹介する事は出来るから、大丈夫。

病気かどうかは分からないけど、たいした問題では無いと思います。

今現在、自分がその気力が無いなら、
気にせず、その自分に従えば言いと思いますよ。

例えば、好きな人が居るとして、
ふられたとして、その好きな人を簡単に忘れる事が出来るかと言えば、そんなに簡単に忘れられないけれど、また、いい人が出てくれば、好きになれる様に、
今の自分では想像出来ない事も、相手次第で創造出来る様になったりするものだと思います。

私も多くの方と交際をしてきたけれど、必ず、その人たちと将来が見...続きを読む

Q吃音、どもり、言語障害

23の吃音持ちです。10歳のころから吃音で、一時期治まっていたのに中学くらいから酷くなり、今でも酷いです。 波があるのでその時によって気持ち悪いくらいスムーズに話せる時もあります。そのため、家族や初対面に近い人にさえも「あれ?吃音、治ってるじゃん」と誤解されるのです。

笑われるのも辛いですがなにより怒られるのが意味不明です。なんでもっと吃音について知識を広めないのでしょう? 「言いたいことがあるなら早く言え」とか「緊張しすぎだ」とかです。 もちろん緊張で酷くなることもありますがそもそも緊張ばかりではないんですし原因もわかってませんし非吃音者には理解できないほどの負担がかかるんです。 せっかく話すことが好きで、人前に出るのも嫌いではなく、英語も好きなのに喉をかっ切りたいくらいです。 もちろん本当にそんなことはしませんがその位、のどが憎いです。 いくつか原因がある程度わかっていて、「この場合はこうすれば治りますよ」と言うのであればこんなに苦しみません。 でも確実な治療法がなく、自然治癒に任せるべきだという意見、トレーニングで治すべきだという意見など人によって見解が違うようですし、「もしかしたらいつか治るだろう」と諦めるしかないんでしょうか? また、バカにされたら怒ってもいいんでしょうか?  

23の吃音持ちです。10歳のころから吃音で、一時期治まっていたのに中学くらいから酷くなり、今でも酷いです。 波があるのでその時によって気持ち悪いくらいスムーズに話せる時もあります。そのため、家族や初対面に近い人にさえも「あれ?吃音、治ってるじゃん」と誤解されるのです。

笑われるのも辛いですがなにより怒られるのが意味不明です。なんでもっと吃音について知識を広めないのでしょう? 「言いたいことがあるなら早く言え」とか「緊張しすぎだ」とかです。 もちろん緊張で酷くなることもあります...続きを読む

Aベストアンサー

吃音については素人知識がまかり通っていて、最新の知識はあまり関係の方々に伝わっていないのが現状です。

吃音はご本人の緊張や精神状態でひどくなったりするので、昔から「精神的なもの」「訓練すればよい」「大人になれば治る」というようにご本人の自己責任のように言われてきました。

けれども最近の研究では、脳の言語中枢ではなく、運動企図という運動を制御する部分の機能が不安定であることが原因であることがわかってきています。これは多少なりとも先天的な要素があります。全てとは言いませんが、前頭葉の機能の不安定さが原因する方がかなりの割合にのぼり、治療薬によって改善する理屈もわかってきています。

症状や程度は個人差があるので「△△をすればよい」という単純なものではありませんが、新薬を含めた有効と考えられる薬をひとつ一つ試していくことで、回復されるかたも増えてきています。

日本では「矯正的なトレーニング」とか「鍛錬」とか「医者に通わず治す」とか30年前と同じ誤った古い方法がまかり通っているのは不思議でなりません。

「絶対治る」とか安易なことを申し上げることはしません。けれども、まだ試みられていないのであれば、大学病院レベルで薬物治療を併用しつつ新しいトレーニング方法を受けてみるのがよいと考えます。それで治るものであればそれに越したことがないからです。

どこにお住まいの方かわからないので、受診大学をお示しすることもできませんが、近くの大学病院から初めて「吃音の治療を行っている科がありますか?」と問い合わせてください。神経科、精神科、神経内科(稀)などで行っている大学が3割くらいになってきています。

繰り返しますが、精神病とか精神疾患という「心の病」ではありません。

吃音については素人知識がまかり通っていて、最新の知識はあまり関係の方々に伝わっていないのが現状です。

吃音はご本人の緊張や精神状態でひどくなったりするので、昔から「精神的なもの」「訓練すればよい」「大人になれば治る」というようにご本人の自己責任のように言われてきました。

けれども最近の研究では、脳の言語中枢ではなく、運動企図という運動を制御する部分の機能が不安定であることが原因であることがわかってきています。これは多少なりとも先天的な要素があります。全てとは言いませんが、...続きを読む

Q絶望的な未来しか見えない

10年以上前から鬱病を患って自立支援法を受けながら通院しています。
それで長いこと失業していたのですが、去年の秋から派遣社員で働き始めました。

ところが、今年に入ってからこれでもかというほど苦しいことばかり立て続けに起きます。

まず、6月に父が莫大な借金を背負ったまま急死しました。
(借金については現在弁護士さんに一任しています)
その直後に姉が路上で転倒して大怪我をし、腕に一生治らないかもしれないと言われる障害を負いました。
そのせいか毎日ヒステリックに荒れて、私も母も怯えて暮らしています。
その母は父の死のショックなどのせいか、以前から物忘れ気味だったのが酷くなり、介護認定を受けて時々介護サービスを受けるようになりました。
今では一人で外出ができません。
同居の伯母(父の姉)がいたのですが、元々認知症で寝たきりになっていて、父が倒れた直後に肺炎になって危篤状態が続いていました。
現在少し落ち着いているのですが、入院している病院から
「早く終の棲家(入居型介護施設)を見つけろ」
と毎日せっつかれて、あちこち探している最中です。

父も伯母も保険に入っていなかった(満期で契約が切れていたり、知らないうちに解約したりしていた)ので、病院代を今母が受給している遺族年金から分割して払っています。

それで私ですが、父が死ぬ前から一人暮らしを決めていて、父の急死で延期になっていたのですが今週末に引っ越す予定です。
(もうほとんどの家具は運びこんでいますが、完全に終わっていないのでまだ自宅とマンションを行ったり来たりしています)
ところがつい最近胃腸の痛みが激しく病院に行ったところ、偶然子宮の辺りに大きなしこりが見つかりました。
行った病院が婦人科は専門外なので、すぐに婦人科に行って検査をするようにと言われましたが時間とお金がなくてまだ行っていません。
その上、今日、職場から「来月で契約を解除する」と言われました(人件費削減のため)

家では毎日姉が何かしらヒステリーを起して騒いでいるし(姉は怪我のため失業中です)、一人で静かに暮らそうと思った矢先に自分が失業する羽目にはりました。

一応、ブランクができないように仕事は探すつもりですが、もう年が40歳近いし、安定した仕事を見つけるのは難しそうです。

恋人もいないし、こうなっては何を目的に生きていけばいいか分かりません。

毎日睡眠導入剤を飲んでいますがほとんど眠れません。

もう絶望的な未来しか見えません。

鬱病になったのは隣に住む従兄(と言っても親子ほど年が離れています)がアル中で親戚との間でいさかいを起こし、その巻き添えで殺されかけた(首を締められたり刃物を突き付けられたり)のが原因で、警察などあちこちに相談しても「身内の揉め事」と取り合ってくれませんでした。
従兄は病気でしばらく入院していたようですが、最近退院してきたらしく時々家に脅迫まがいの電話をかけてきます。
(電話に出なければ家に押しかけてきます)

父が借金を背負ったのも、父自身のお金のルーズさが原因ではありますが、父が経営していた内装会社の取引先に従兄が嫌がらせをして取引を停止されて倒産したのが大きな理由です。


私の契約解除を言い渡されたのは、社長が自分の知合いのお気に入りの人を別の営業所にキャリア職で採用したため、その分を誰か削らなくてはならなくなったと上司から聞かされました。

こうして誰かを恨んでしまう自分も嫌です。
恨みながら生きるぐらいなら死んでしまいたいと思います。
心を落ち着けようと思って毎日仏壇の前でお経をあげていますが、やはり落ち着きません。

どうしたら絶望感から抜け出せますか?
アドバイスをお願いします。

10年以上前から鬱病を患って自立支援法を受けながら通院しています。
それで長いこと失業していたのですが、去年の秋から派遣社員で働き始めました。

ところが、今年に入ってからこれでもかというほど苦しいことばかり立て続けに起きます。

まず、6月に父が莫大な借金を背負ったまま急死しました。
(借金については現在弁護士さんに一任しています)
その直後に姉が路上で転倒して大怪我をし、腕に一生治らないかもしれないと言われる障害を負いました。
そのせいか毎日ヒステリックに荒れて、私も母も怯えて暮...続きを読む

Aベストアンサー

あまりに気の毒すぎる境遇にどうコメントしてよいのやらわかりませんが、社会保障を充実させない日本政府が悪い気がします。

>心を落ち着けようと思って毎日仏壇の前でお経をあげていますが、やはり落ち着きません。
そんな境遇では、そりゃ落ち着かんでしょう・・・。

>どうしたら絶望感から抜け出せますか?
『あなたのまわりにあるあなたを不幸にしているもの』が絶望感の原因では? ご家族も大事でしょうが、ご自身の幸せのことも考えると、『あなたの周りにあるあなたを不幸にしているものを捨てる』必要があるかと思います。

すべてをすてて、日本を脱出して連絡を絶つぐらいしかいいアイデアが思いつきません・・・。
http://www.jica.go.jp/volunteer/application/senior/seminar/

いっそのこと出家するとか・・・。
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa1085354.html

夜逃げするとか・・・。
http://www.yonigeya.com/

傭兵になるとか・・・。
http://www.13hw.com/jobcontent/06_01_03.html
※傭兵すべてが戦闘員ではなく、専門知識(医学など)があれば戦闘員以外の仕事もあります。
※現在は年齢詐称での入隊が認められているので、入隊可能です。

いきなりすべてを捨てるのは難しいですから、とりあえず遠く(北海道など)に長期間一人で旅に出るとかは無理でしょうか? 若いころ、バイクでキャンプしながら北海道を3週間ぐらい旅したことがあるのですが、北海道のキャンプ場は無料で快適なところだらけです。キャンプならお金かかりません。一人で遠くへ長期間旅に出れば『周りにあなたを不幸にするものが何もない状態』になりますので、少し元気になれるかもしれません。北海道ぐらいなら、もし嫌になったらすぐ帰ってこれますし。

うーん、、、さっきからずっと悩んでいるのですが、いいアイデアが思いつきません。いまいちぱっとしない回答で申し訳ないです。

あまりに気の毒すぎる境遇にどうコメントしてよいのやらわかりませんが、社会保障を充実させない日本政府が悪い気がします。

>心を落ち着けようと思って毎日仏壇の前でお経をあげていますが、やはり落ち着きません。
そんな境遇では、そりゃ落ち着かんでしょう・・・。

>どうしたら絶望感から抜け出せますか?
『あなたのまわりにあるあなたを不幸にしているもの』が絶望感の原因では? ご家族も大事でしょうが、ご自身の幸せのことも考えると、『あなたの周りにあるあなたを不幸にしているものを捨てる』必要...続きを読む

Q吃音です。学校生活で嫌になることがあります

吃音です。友達との会話で、言いたいことが言えません。大学での発表も心配です。
ゆっくり話すように工夫すると、吃音にならないのですが、会話中、気を抜くとすぐに吃音になります。
2、3ヶ月しゃべる練習したのですが、効果がなく、練習をしていて、吃音の練習に合っていないと感じました。
何かアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

吃音でイヤになります>ある雑誌にイギリスでは、政治家などが、わざと吃音の練習をしていると書いていました。吃音者というのは、感受性が強くて、頭の良い人が多いそうです。口より頭の方が先行するからです。私は口の方が先行していて、いつも失敗します。天皇陛下や高貴な方は、常にゆっくりと、丁寧に話をされますが、私も考えてしゃべりたいものです。他から見てても上品に見られるかなと思います。だから、気を抜かずにゆっくり話をされるべきかと思います。余談ですが、海軍の山本五十六は常に寡黙で「飯」「風呂」「寝る」と、単語を並べるだけの人だったと聞いています。とにかくゆっくりとが良いみたいですね。へんなアドバイスですが悪い所がありましたら許して下さい。

Q20代の娘と寝たがる父、束縛する兄の心理を教えて。

私は兄二人の三人兄弟。

父は男4人兄弟の次男。母とは夫婦仲悪く、私が中学二年生の時から口論絶えず。

というか、父が一方的に母をけなし、なじる。それに母が耐えるが、時折反論(ほとんど耐える)

それ以前までは夫婦喧嘩など一切なかった。
 
 父親は丁度その頃、中間管理職になり大変だった時期に、母がその苦労を子育てに追われ、汲み取ってやれなかったのもあったかも、と大人になってから母の口から聞きました。

 父親の兄弟の仲は良いですが、あの4人兄弟の中で、父親だけが、甘ったれで我儘が強い、と私の兄(長男)と従姉(父の兄の娘)は話していました。

 人間は三人以上の兄弟になると、次男、二女は、両親の愛を一番目、三番目の子にとられ、淋しい思いをする事が多い、と耳にした事があります。

 私は8歳の頃から父を毛嫌いするようになり、大学2年生くらいまでズットそれは続いてました。
理由は、
 8歳(小学3年生)から兄達とも父とも次第に一緒に入浴しなくなったのですが、兄達も次第にハニ

カム感じで自然に入らなくなったのですが、父親だけは異常にしつこく一緒の入浴を迫ってきました。

親にとって8歳の娘は当然、女ではなく、赤ちゃんだった頃のイメージが大人になっても抜けないの

かもしれませんが、8歳でも十分、少女としての自我は芽生えています。順調に成長してる証拠でしょう。
 何度か断るようになってから、ある日、「今日こそは絶対に一緒に入浴するんだ」と決心してきたよ

うな、父のシツコサ。
 仰向けに寝っ転がってベットでマンガ本を読んでる自分に上からかがみこんで

「ねえー、一緒にお風呂に入ろうよー・・・ねえ、ねえー・・なんでねー?ねえ、入ろうよー・・・」
 猛烈にシツコカッタ。15分以上は粘られた。無表情・無感情に。

あまりのシツコサに8歳ながら、オヘソの奥深く、奥底から湧いてくるような不快感、嫌悪感を覚えたの、今でもよく記憶してます。

 大学生になり一人暮らしでようやく家族と離れ、解放され、3年生あたりになった頃、家族に絡みつかれるストレスからも解放されて、ようやく少し気持ちにゆとりがでだした頃、

自分も「大人の対応」「大人にならねば」という意識から、時折帰省する際は、父とも普通に接し、普通に会話するようにしました。

きっと家族(兄達、母)は気づいてたハズ。

 ところが、成人式の頃から、父のセクハラ発言が始まりました。

普段から飲酒しない父は、事あるごとに昼間っからでも冷やかします。身体的な事から男女的な事。

 母親の後日談、父は若い頃からそういう人だったと。若い娘を見ると必ずそうだったと。

  大学3年生までは、仲良く接するようしてました。が、大人になった自分が、大人としての接し方を

してるつもりが、父にとっては4~5歳の、一緒に入浴し、一緒の布団で寝ていたあの頃の仲良かっ

た娘の心が戻ってきたとでも勘違いしたのでしょうか?

 距離が望まぬものになってきまして、とまどう結果になりました。

馴れ馴れしく電話をしてくるようになり「今日は朝から雨でどこにも行けない、妻は風邪で寝込んでい

る」と退屈そうなのを「父が母の面倒見てあげればいいじゃない」と優しく会話したところ

 後日、母から耳にしましたが「車で連れ帰る」と勝手に計画し始め、私に嘘をつき、学生アパートまで

押しかけ、騙して車に乗せ、終日一人占めする予定だったようです。

 毎年盆には本家である父の兄の家と、母の兄の家に親戚一同集まるのですが、私が到着ま

での間に「あの娘は一人暮らしの学生生活で勝手に彼氏作って男の家に入り浸り、家にいない、男

と寝てるようだ、昔は父と一緒の布団で寝ていたのに」といった事実無根の中傷を夫婦そろって親戚

一同へふりまき、到着した自分に一斉に中傷と非難と冷やかしと、男の従兄弟たちのいやらしい眼

差し、オバ達の冷やかし、オジ達の非難の目線と侮辱発言を受けました。21歳の4年生の時。

 全員を味方につけ図に乗った父。「昔は俺と一緒に寝てたのになあ、寝たいなあ」と言ってたよう

で、朝、目覚めた私にオバがニヤ付きながら、「○○ちゃん、お父さんの横にいって一緒に寝てごらん、お父さん喜ぶんだから」と馬鹿キモ発言。
 
 そういえば、偶然か?広間に布団沢山並べて寝る時、私の寝る場所は父の横にされてました。

次、母の実家でも似た雰囲気。

 親戚の3歳児と一緒に寝ようと、沢山敷いてある布団の部屋に向かうと父がいて、部屋の隅の布

団を3歳児と寝る場所と決め、数時間前から本を挟んでとっておいたのに、私と3歳児がそこへ進む

と、父が「さあて、どこで寝ようかね。○○(私の名)と一緒の布団で寝ようかね」(今度も無表情・無

感情)に、こっちに向かってきて、今、まさに布団めくって3歳児と入ろうとしていたその布団に、

横から割って入って先に勝手にもぐり込まれました。

 3歳児も「(場所)とられたよぉ~??・・・」と戸惑い気味。

仕方なくその子の手を引き、別の離れた場所を探しました。3歳児からまで、お姉ちゃんの私をひき

はがし、独り占めしたいのでしょうか??

 一緒に入浴しなくなった8歳の時も、両親そろって、盆の親戚集まりの晩飯の際、「この子は父親

と一緒に風呂に入らない」と議題に上げ、親戚中の目の前で吊るしあげられ、公開裁判されました。

調子に乗った父が、全員の前で「○○~、一緒にお風呂に入ろうよぉ~・・・(無表情・無感情)」と、

本当にジレッタイ、何故入ってくれないのだ?! と言った感じで言ってきました。

 両親とも、幼いころに父(私の祖父)を亡くし、父親というものを知らずに育ちました。

母が唯一の女家族であるにも関わらず、公開裁判の口火を切ったのは、自分が男親と入浴しなくな

った経験や、女性として成長していく中で父親を生理的に嫌悪(本能的回避)する経験が皆無だった

からなのでしょうか・・・。 母の兄弟構成は「姉、兄、母、弟」です。

 両親とも田舎者で、「結婚までセックスはご法度」の世代です。親戚も。

 そして父は典型的、昭和の男で男尊女卑の亭主関白。(父の4人兄弟同じく)

母は20歳で結婚。19歳だった母に父は一目ぼれだったようです。
私は母に生き写しです。父のセクハラ発言は私が19歳の終わり頃から始まりました。

 13歳の頃から夫婦仲の悪さ(母への罵倒、雑言)は続いてます。父は私にはヘツラウ感じですが、
私がツンケンするのを止めて優しく普通に接するようになると、ガーッと近寄ってくる感じで、次は関白的、高圧的態度を取り始めるようになってきました。
 カッ!となって言い返すと黙りますが、暫くすると又始まる・・・。

自分としては毛嫌いの態度は改め、普通に接し、大人に生まれ変わった自分と新たな関係を家族と構築していこうと努力を始めたのですが・・・。

 父が、私が幼児時代だった頃に逆走してるようで・・。かつ、20歳超えた私を女として支配したがってるようで・・・。

 夫婦そろって、異常に子離れしない、そして夫婦仲悪い。

卒業したら、さらに遠い県外にでも就職してさらに遠のこうと決意してましたが、色々経緯があり、(詳細は割愛)やむなく実家に帰り数年を過ごす中、今度は自分の兄(8歳離れた長男)の束縛が激しくなりました。

彼は母に執着され育った結果、モテナイ神経質な臆病者で彼女できたためしなく、友達も少なく女友達など皆無。そこで、普通に会話してくれるまともに相手してくれる年頃の女性は私だけでした。

 大学在学中から、兄の私へのゲスの勘ぐりは開始してました。

父や母の執着、束縛に苦しみ、同じ苦しみを理解しあえる長男によく電話で相談したり愚痴こぼしたりするうちに、おかしな方向に流れ始めました。

 鬱気味になり、引き籠りがちな私は学内のカウンセリングをうけつつ通学してましたが、ついに留年決定。
 その経緯を知ってるハズの長男でさえ「男に狂ってセックスに溺れてるから通学しないんだ」と両親
と一緒になって勘ぐり。
 一度、家族から折返しの電話でなかっただけで「男の家から電話してきたから自室にいなかったんだと皆で言っていた」だの、「退学して帰ってこい」だの。「過ちを犯している」だの。これ、実兄の言葉です。
 就職活動で県外へ行き、そこで郵便局からお金をおろすと、後日兄から電話がきて、

「いつもと違う場所でおろしただろう、通帳に番号表示がでるんだぞ。(通帳は兄が管理)いつもと違う番号がでた。そこまで分かるとは知らなかっただろうー!?どこに行ってたんだ!どーこ行ってたんだよ?!」と、汚らしい言い方。
  
 事実を淡々と正直に話して(活動資金で途中もより駅でおろした)も「○○県だなー・・・○ー○ー県だなぁ~?・・・」と汚らしい言い方・・・。(○○県に男がいて会いに行ってセックスしてたんだろう)
 というゲスの決めつけが容易に受取れましたが、淡々と応答したまで。

 卒業し、訳あって実家で過ごす中、23歳になった私が当然のように口紅を塗る事に長男は異様に

嫌悪感を露わにしました。当初は単なる冷やかしだと思い「??」だった自分は洗面台まで駆け寄っ

てきて嫌がり止めさせようとする兄を全く取り合ってませんでしたが、ある日、本気で嫌かってるとい

う事が分かった瞬間から兄が生理的に嫌になり始めました。

 反発するようになった私が24歳の時、酔った兄が部屋に押し入り、布団に上がり込んできました。
 
25歳で彼氏と外泊した時、母は涙目、父は寝込み。

私は兄二人の三人兄弟。

父は男4人兄弟の次男。母とは夫婦仲悪く、私が中学二年生の時から口論絶えず。

というか、父が一方的に母をけなし、なじる。それに母が耐えるが、時折反論(ほとんど耐える)

それ以前までは夫婦喧嘩など一切なかった。
 
 父親は丁度その頃、中間管理職になり大変だった時期に、母がその苦労を子育てに追われ、汲み取ってやれなかったのもあったかも、と大人になってから母の口から聞きました。

 父親の兄弟の仲は良いですが、あの4人兄弟の中で、父親だけが、甘ったれで我儘が強...続きを読む

Aベストアンサー

淡々と受け入れていたら、身が持ちませんよね。
とことん話してみてお互いに妥協点を見いだす努力はできそうなご家族ですか?
できそうなら淡々と受け入れながらも
はっきり反論拒否を伝えて様子見ながら少しづつ歩みよれます。しかし反論拒否はお互いにストレス、フォローも必要で体力がいること、相手があるものだから、必ずしもいい結果がデルかそれはわからないので相手の性質をよく判断してからで。

努力をしても
歩み寄り不可能で
かつ家を出ることが出来ない状況なら
なるべく顔をあわせなくてすむよう、夜勤で働いたりしてすれ違いの生活にするとか…。


人気Q&Aランキング