痔になりやすい生活習慣とは?

昨年白色申告をして所得金額がマイナスとなりました。
20年度の帳簿をはじめるにあたって期首の現金がマイナスでスタートする。でいいのでしょうか?あと売り掛けなども1月1日時点での金額そのままでいいですよね?
初歩的な質問ですみません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>昨年白色申告をして所得金額がマイナスとなりました…



貸借対照表において、「所得金額」は期末欄にのみ載る科目で、翌年に繰り越す時点で「元入金」に組み入れられ、期首欄には載りません。
白色の方なら「元入金」までは計算してないかもしれませんが、向学のために知っておいてください。

[当年の元入金] = [期首の資産の総額] - [期首の負債の総額]
[翌年の元入金] = [当年の元入金] + [所得] - [事業主貸] + [事業主借]

>期首の現金がマイナスでスタートする…

財布が空っぽということはあっても、財布がマイナスということはないですね。
支払資金が足りなかったときは、家計費から補填してでも支払ったはずであり、その家計費から補填することが上記の「事業主借」なのです。
事業主貸や事業主借も、期末欄にあるだけで期首欄にはありません。

資金が足りずに支払を留保してあるなら、期首に「買掛金」や「未払金」として載ることになります。

>あと売り掛けなども1月1日時点での金額そのままでいいですよね…

大晦日までに集金できなかった分は、「売掛金」や「未収金」で良いです。
買掛金や売掛金は、期首にも期末にもあります。

http://www.a-firm.ne.jp/nyu-mon/account1.htm
    • good
    • 0

会計にマイナスの数字はありません。

マイナスの現金というのもありません。所得金額がマイナスであることが現金がマイナスだということにはなりません。不足分はプライベートな資金から充当したはずなので、事業主借ということになります。
今回から帳簿を付け始めるなら、すべて0から開始し、1月1日付で、年初における事業用の資産と負債について
現金(預金、売掛金、固定資産など・・・) XXXXX円/事業主借 XXXXX円
事業主貸 XXXXX円/買掛金(未払金、借入金など・・・) XXXXX円
という形の仕訳をまず起こして、そこから記帳を始めることになるでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング