出産前後の痔にはご注意!

私の知り合いなんですが、
2年前から店舗を借りて商売をしていますが、当初支払った200万円の敷金を計上しないまま
申告していました。
申告には貸借対照表も作成していますが、
今年の申告時に敷金を計上したいときは、
どのように処理すればいいか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>当初支払った200万円の敷金を計上しないまま…



敷金ということは、いずれ返ってくるわけですね。
預けてあるだけのお金は、経費ではありませんから、計上してもしなくても納税額は変わりませんけど。

>申告には貸借対照表も作成していますが…

厳密には資産として計上しないといけませんが、個人事業レベルなら大きな問題ではありません。

>今年の申告時に敷金を計上したいときは…

2年前にさかのぼって青色申告決算書の訂正。
一種の修正申告です。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。

個人事業なので大きな問題ではないのですね。

ただ、今回銀行から融資をうける際に、
2年前の開業時に敷金を支払っているのに
貸借にのっていないのはなぜか、という指摘をうけました・・・
指摘があった以上、そのままほっておく訳にもいかないので、
今年の申告時には修正しようとおもっています。

前にさかのぼって貸借対照表に計上するにはどうすればいいのでしょうか?
資産・負債・資本の勘定科目は何とすればいいのでしょう?

簿記については知識不足なので・・・

補足日時:2012/08/16 22:06
    • good
    • 0

最初に敷金を支出した際の処理は、どうなっていたのでしょうか?



文面を拝見した限りでは個人事業なのだろうと思われますので、次のようなものになると思います。

まず、当初の支出時に「敷金」として資産計上はしていないということですから、普通に考えれば「事業主貸」として支出されていたのだろうと思います。

仕訳で示しますと…

(事業主貸)2,000,000(現金預金)2,000,000

…で、この「事業主貸」は支出した翌年度期首には次のような仕訳で「元入金」が減少しているはずです。

(元入金)2,000,000(事業主貸)2,000,000

さて、当年度あらためて「敷金」を事業用の資産として貸借対照表上に計上したい…次のような仕訳でいいのではないでしょうかね。

(敷金)2,000,000(事業主借)2,000,000

…で、この「事業主借」は翌年度期首には次のような仕訳で「元入金」に振り替えられます。

(事業主借)2,000,000(元入金)2,000,000

以上で、見掛上減少していた「元入金」はもとどおりになって、簿外処理されていた「敷金」も事業用資産として計上されることになります。

所得計算には別段影響もありませんから、当年度の申告の際に上記の処理でよろしいのではないかと思います。

但し、このお話しには少々補足説明(余計な話し?)が必要な気がします。

…と云うのは、仮に「敷金」を「事業主貸」として支出していた際に、開業資金として銀行から借入れをしていたとします。

例えばその借入金が5,000,000円だったとしますと、「事業主貸」として処理した「敷金」はその40%に当たりますから、普通に考えれば借入金の利息の40%は必要経費ではないという事になりますよね。

所得計算への直接的な影響の有無だけではなく、上記のような問題も起こりえますから、当初から適切な処理を行うことが必要なんでしょうね。

以上のようなところでいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仕訳順にわかりやすく回答していただき
ありがとうございました!


まさしく開業時に銀行借入してますので、
「敷金」の割合部分は必要経費でないのですね・・

今回を機会にアドバイスをうけながら適切な処理に心がけたいとおもいます。

お礼日時:2012/08/16 23:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q敷金の返還に関する仕訳方法について教えてください。

敷金の返還に関する仕訳方法について教えてください。


経理の初心者のため、以下の仕訳方法がよくわからず困っております。

事務所の移転に伴い、敷金が返還されます。
敷金の額は486,000円です。

しかし、修繕費286,913円が相殺され、
不動産会社からの入金は、199,087円となるようです。

この場合の仕訳は以下の通りでよろしいですか?

(借方)  (貸方)
諸口    敷金(預り金) 486,000円

預金    諸口      199,087円

修繕費   諸口      286,913円


わかりやすく教えていただけますと、とても助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

大家してます

敷金は預けたときにきちんと仕訳してますね?

仕訳しているなら「敷金」勘定に486,000円の残高が有るはずです

特殊なケースも有りますので注意が必要です

http://www.ogatainvestment.com/keieisyanotamenoyougoshyu465.html

通常は...

 預金 199,087円 敷金 486,000円
 雑損 286,913円
(摘要:原状回復費用)

「修繕費」の勘定は事務所や工場の修繕の時に使われ、今回の場合は使われない方が良いでしょう

「雑損」は「家賃」でも構わないと思います

>敷金(預り金) 

なお、敷金は預かり金ではなく、「預け金」と同じ扱いです

>諸口

それを使う仕訳は有りません

相手科目が複数の時「結果」として勘定科目に表現されるだけです

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q敷金の戻り分の勘定科目

会社で借りたアパートを返したため
部屋の修理や掃除代を引いた敷金が当座に振込まれたのですが、
この戻ってきた金額の勘定科目は何にすればいいのでしょうか?
あと、たとえば、戻り額が50000円で雑収入とした場合、仕分けは下記の通りでいいでしょうか?

当座 50000円(借方)/ 雑収入 50000円(貸方)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。質問の答えですが、会社で敷金で最初仕訳がおきているのですよね。そうしたらアパートを解約し敷金は戻ってきたのですから「0」にしなければなりませんね。
その場合の仕訳として、例えば敷金総額100,000円として
当座  50,000/敷金 100,000
修繕費 50,000
という仕訳方法もあるかと思います。

Qアパート入居時・退去時の勘定科目を教えてください

会社でアパートを借りたときに入会金が発生しました。この勘定科目は賃借料になるのでしょうか??それとも手数料や雑費などになるのでしょうか??また、敷金が無いため、入居時、退去時に抗菌代や清掃代が発生しますが、この仕訳は修繕費で大丈夫でしょうか??

Aベストアンサー

入会金は退去時に返金されるものであれば、立替金や仮払金として
資産計上し、返金されないのであれば支払手数料でも雑費でもよい
かと思います。

抗菌代や清掃代などは修繕費として計上します。

Q収入印紙に消費税??

切手をコンビニで購入した場合課税対象となると思うのですが、
収入印紙をコンビニで購入した場合も、課税されるのでしょうか?
仕訳としては
租税公課/現金
仮払消費税/現金  でいいのでしょうか?

それと郵便局で支払う手数料(為替手数料等)は全て非課税になるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、切手・印紙に関して規定している消費税法基本通達を掲げます。

(郵便切手類の譲渡)
6-4-1 法別表第一第4号イ《郵便切手類等の譲渡》の規定により非課税とされる郵便切手類又は印紙の譲渡は、日本郵政公社が行う譲渡及び郵政窓口事務の委託に関する法律第7条第1項に規定する委託事務を行う施設又は郵便切手類販売所若しくは印紙売りさばき所等一定の場所における譲渡に限られるから、これら以外の場所における郵便切手類又は印紙の譲渡については、同号の規定が適用されないのであるから留意する。(平15課消1-31により改正)


上記の通り、切手・印紙共に、郵便局や郵便切手類販売所若しくは印紙売りさばき所等一定の場所で販売される場合には非課税となりますが、それ以外の場所で販売される場合は課税取引となります、もちろん印紙もです。

ただ、コンビニの場合は、ほとんどが郵便切手類販売所に該当するものと思いますので、非課税になるものと思います。
(レシートに非課税である旨の記載があるものと思います)
http://www.gem.hi-ho.ne.jp/sayopee/post/sell.html

郵便局で支払う為替手数料等については、国内のものであれば課税取引となります。
(銀行等と競合しますよね)

まず、切手・印紙に関して規定している消費税法基本通達を掲げます。

(郵便切手類の譲渡)
6-4-1 法別表第一第4号イ《郵便切手類等の譲渡》の規定により非課税とされる郵便切手類又は印紙の譲渡は、日本郵政公社が行う譲渡及び郵政窓口事務の委託に関する法律第7条第1項に規定する委託事務を行う施設又は郵便切手類販売所若しくは印紙売りさばき所等一定の場所における譲渡に限られるから、これら以外の場所における郵便切手類又は印紙の譲渡については、同号の規定が適用されないのであるから留意す...続きを読む

Q10万円以下の物を複数買い10万を超えた時の資産計上はする?しない?

例えば1つ1万の椅子を10脚買った場合、一つ一つと個別のものとみて消耗
品費で計上するのでしょうか?それとも10脚すべてを1つの資産をして資産
計上するのでしょうか?

もし資産計上するのなら、その理由も教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

しません。
一つずつ使用できる物であれば、まとめて購入しても資産計上しません。
逆にセットでしか使用できない物は、まとめての金額になります。

例えば、パソコン本体とモニターを新規で購入した場合、別々に買っても合計で計上します。本体だけではパソコンは使えませんからw

Q仕事の紹介料の勘定科目は?

こんにちは。
私の会社は建設業を営んでいます。
この度仕事を紹介してもらって、紹介してもらった業者に契約金額の5~10%の金額を手数料として支払うことになりました。
金額的には50万から100万ほどになると思われます。

この場合、工事の事前原価としての処理になると思うのですが、一般管理費の仕訳科目は何になるでしょうか?
どなたかお分かりになる方教えていただけませんか?

Aベストアンサー

建設業や不動産業では分けのわからない仕訳をされている会社を散見しますが、世間一般の会社なら、
(借方)販売手数料etcXXX (貸方)現金or預金XXX
というのが普通だろうと思います。
売上を獲得するのに必要だった手数料ですから、工事原価ではなくて販売費(⊂販管費)になると思います。

Q車検代は経費にできるか?

確定申告で個人事業で車検代は経費で落とせますか?
無休で仕事をしているのでプライベートで車を使うことはほぼないです。
仕事9、家庭用1といった割合です。

もし経費にできるなら雑費になりますか?

Aベストアンサー

車検費用の9割は経費に出来ます。
会社組織などでは、車両費などで一括仕訳してる所もあるようですが、

重量税、印紙代→租税公課
整備費用、代行料→車両費
自賠責保険料→保険料

の様に仕訳するのが良いと思います。

正確に言うと2年間で償却する費用に相当しますが、
車検に関しては、その時点で一括償却可能です。

Q消費税・法人税の中間申告の納付時の仕訳のやり方について

いつもお世話になっております。
消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時
の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております)
また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。
仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか?
実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。
すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・仮払金の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[仮払金]*****
           /[未払法人税等]*****

・法人税等の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[未払法人税等]*****

Qリース購入の車の頭金は、経費として計上できる?

リース購入の車の頭金は、経費として計上できる?
経費対策に車の購入を検討しています。
もっとも効率がよいのはリースで、月々のリース料金を全額経費(損金)として扱える、と聞きました。
それでは、その場合の頭金も経費として扱われるのでしょうか?
例えば3年のリースとして、3年分を前倒しで、ある年次に支払うことはできないと思うのですが、頭金であれば利益が多く出た年次に支払うことが可能です。問題は、この「金額の大きい頭金」も経費扱いできるのか、ということです。
どなたか100%確実なご回答をご存じの方、ご教授ください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご質問の内容を例えば、5年でリース総額200万円の車を100万円頭金を入れて残り100万円を毎月支払って行く契約とします
まず頭金を入れた時は、前払費用として資産計上することになります
そして、リース期間で均等に費用化していくことになります
例の場合であれば1年あたり20万円ずつ損金になっていきます
結果、頭金いれない時と損金計上額は同じになります


人気Q&Aランキング