以前、このカテゴリーにて、
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?qid=20553
の質問を出しました。

警察の監察官に手紙を書いたのですが、実際に私に電話で連絡をしてきたのは、私を取り締まりした警察官の直属の上司でした。(監察官は機能していないの?とも思うのですか・・・。)

私は、監察官からの返事がないと警察へは任意出頭に応じるか答えられないと伝えました。すると、「では、また連絡します」と言っておられました。

そのまま数日が過ぎると、私の運転免許取り消しにかかわる「意見の聴取」通知書が届きました。
私はまだ裁判すら受けていません。刑事処分と行政処分は別なのでしょうか?
どなたか詳しい方いらっしゃいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

警察に言った内容はそれでいいと思います。

とにかく警察はグダグダいって違反を認めさせようとします。認めてしまったらそれで終わりです。たとえ本当には裁判をしなくても「裁判でもなんでもして白黒はっきりつける気持ちだ」と相手に認識させることが大事です。万が一形勢が不利になってもそのときに違反を認めればいいだけの話ですから。その時に認めないからといって後で罪が重くなるなんてことはありませんから安心して粘ってください。

さらに行政処分の方も処分が下った後で、刑事処分が不起訴だったので処分を撤回してくださいといっても絶対?にしてくれませんので、あなたが言ったように「刑事処分が確定するまでは行政処分にも応じられない」とはっきりと主張すべきです。司法の判断が下ったら行政処分にも甘んじますと一筆書いておくと良いでしょう。

いままでの経緯から、刑事・行政両方に主張した内容や相手が言った内容は全て記録として残しておくことを薦めます。(無理でしたら次回以降は必ず記録として残してください)電話でしたら録音しておくのが一番ですが、できれば文書によるやりとりの方が間違いないでしょう。(かならずコピーは取っておいてください。)

この回答への補足

mo-さんへ
お久しぶりです。お返事遅くなりました。
行政処分、受けてきました。自分のしたことには反省していることと、長引くと良いことがないだろうという、ちょっと妥協?のような弱気?になったようなで意見の聴取に参加してきました。かなり精神的にも参ってしまっていたので決着をつけてしまいたかったというのが本音かもしれませんが。
web上の一つ下のamkさんへの補足の書き込みを見ていただくとわかると思うのですが、免許の取消しは免れました。驚きです。確実に取り消されると思っての意見の聴取への参加だったので・・・。
あとは、刑事処分です。
また、刑事処分の進展がありましたら、こちらの質問を閉じて、連絡させていただきます。

補足日時:2001/03/07 20:38
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも。おひさしぶりです。
刑事処分は・・・。処分なしのようです。
いろいろ書類を集め、裁判まで覚悟していたのですが、結局、検察の取り調べに一度いったきりになってしまいました。
ある期間を過ぎたら、処分はないものと考えてください、という期間を過ぎてしまいました。

免許は180日の停止処分をしっかりと終え無事復活しています。
(ただ、運転は怖いですけど・・・。2点で短期免停ですからね。)
とりあえず、ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/05 16:39

 どうも。

話しがもつれてきましたね。実は、7年くらい前に免許取り消しを受けた事があります。この勢いで行くと行政処分(取り消し)にしてきそうですね。通達を見て分かったと思うのですが、各公安委員会って警察と仲のよさそうな場所にありますよね。
 mo-さんの言われるとおり意見の聴取時に、文書で提出するしかないですね。そしてその時の状況等を口頭でも詳しく伝えるべきですね。そして、相手に刑事処分時もこの様な事実は全く無かったものとして、裁判する旨を伝えましょう。(当然文書のコピーはとっておきましょう。)基本的に意見の聴取に使われる時間は、ひとり5分から10分くらいです。事情が込み入っている人の場合は、2、30分の人もいるようです。人身事故等で本来取消し点数の人が、取消しにならず、180日免停の処分になる事があるのは、この聴取時の主張の妥当性を認めてのものです。処分延期等になればいいんですが、もしならなければ規定の期間中に、不服申立をするようになります。で、その後は刑事裁判とは別の行政裁判というものになります。
 そこまで行ったら、ご自分での対応はちょっと難しいかと思いますので、やはり弁護士が必要となります。弁護士にも得て・不得手がありますんで、弁護士会での紹介か、法律扶助協会での紹介を受けるようお勧め致します。刑事・民事・行政とどれをとっても、裁判費用が掛かりますから、一度法律扶助協会というところへの相談をお勧めいたします。扶助協会では、事前の審査によってあなたに勝訴の可能性が高いものと判断されれば、弁護士費用・裁判費用、場合によっては生活費までを、無利子で貸し付けてくれる制度もありますから。早いうちの方が良いですよ。
 
 

この回答への補足

amkさんも、お久しぶりです。
お返事が遅くなりました。
本日、「意見の聴取」へ参加して参りました。
amkさんやmo-さんのアドバイスおよび、私の当初の考えでは司法の結果を待ってからとしたかったのですが、私の30km/h~40km/hの速度超過を信じて、さらに、就職もからんでくるので、「もしも起訴になったら」就職後に処分が下り、運転できなることを恐れて、意見の聴取へ参加してきました。
当然、切符にサインしていないので、意見の聴取主宰者は、あなたは認めますか?など、なぜサインをしていなかったのか理由を聞かれました。以前の質問で書いた取り締まり時のことなどを詳細に話し、反省文と、なぜ速度違反をしたのかを2枚の用紙に分けて書いてきました。
処分は・・・
免許の取消しから180日の停止処分
に軽減されました。
今回、取消しになるのだろうという先の見えない状況に3ヶ月悩みつづけ、車の運転もせずに反省を続けたことを評価してもらえたようで、今は安堵の気持ちでいっぱいです。
後は、刑事処分についてですが、監察官宛ての手紙2通目を書きました。
ただいま再び返事待ちの状態です。

補足日時:2001/03/07 20:26
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも。お久しぶりです。
返信が遅くなってしまったのは、ほったらかしにしていたのではなく、刑事処分の進行具合を見て、と思っていたのでした。
おそらく、刑事処分の方は、処分なしということに
なったようです。
検察取り調べへ行って来たのですが、それ以降、ある期間呼び出しがなかったら処分なしと考えてください、といわれ、その期間を何事もなく過ぎてしまいました。
やはり、当時からの内容証明や、意見の聴取時における文章、また、横暴な警察官との電話の会話を録音したテープなど、いろいろ役に立ちました。
しかし、結局のところ、警察官はいい加減としか言えません。内容証明郵便+返信封筒付きで送ったのに、返事の一つもよこしません。
amkさんには感謝です。

お礼日時:2001/10/05 16:36

どうもmo-です。



監察官ではなく上司から来ましたか?つくづく警察の身内意識というか、もたれ合いを感じてしまいますね。ところでその上司は何と言ってきたのですか?出頭しろと?
該当の警察官が紙を破り捨てたことについては何といってましたか?つまり非を認めているのでしょうかね。
まあこの件についてはまた連絡があるのですから、それを待てばいいでしょう。

では行政処分の方ですが、これはまた別ですので、今までのいきさつや現状、あなたの考えを書かれて提出されることをお薦めします。「違反の取り締まりが適切であったかどうかわからないのに、行政処分だけ先走りされても困るので、司法の判断を待ちたい」という内容で。この場合結果的に裁判にならなくても、いいのでそのように書いておけばいいでしょう。

また進展がありましたら、教えてください。

この回答への補足

どうも、mo-さんお待ちしてました!

警察官の上司は、「あなたのいる近くまで行くので、ファミレスのようなところでお話を伺えませんか?あって話さないと通じないこともあるでしょう」なんていってました。もちろん「公式の場でないのに何を話すために会うのかわからないので、今は忙しいのですぐにはお会いできません」、と言いました。するとおよそ1週間後に行政処分の通知書が届いたのです。「調書」がなくても「捜査報告書」のようなものを書いておそらく私を書類送検(送致?)したものと考えられます。そして、刑事処分よりも先に行政処分の通知が来たものと考えています。
該当の警察官が紙を破り捨てたことについては、「いつもはそんなことないのですが、つい感情的になっていたようです。現場においても説明不足だったようですね。今後十分に指導し、改めさせます」みたいなことを言っていました。でも、「数字は正しい」みたいに言い張ってきたので、「いつもは普通な人が破ったのなら、それは普通じゃない状況だったのですよね。それなのに数字だけ正しいなんて道理がどうして通るのでしょうか?」と言い返したら別のことをぐだぐだ言い始めました。

行政処分を先に受けてしまうことで裁判にて不利益を受けることはあるのでしょうか?

また進展がありましたら連絡します。

補足日時:2001/02/13 20:15
    • good
    • 0

刑事処分と行政処分は別です。


刑事処分の方は別途裁判所へ出頭し簡易裁判を受けることになります。
検察官と簡単に話をした後、通常その場で判決&罰金が言い渡されます。
罰金を払いたくない場合は拘置されるという手段もあります。
1日あたり確か2000円相当だったと思います。
行政処分は過去の表彰歴など聞かれます。
人助けなどして表彰されたことがある人は
処分が軽くなることがあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q行政処分とは法的にはどのような位置づけでしょうか

 交通事故で検察庁で道路交通法違反に対する罰金を払うことになりました。
 (略式裁判、略式起訴?)
 しかし、警察からは別途行政処分としての免許証に対する処分(免停、免取処分)が別途ある
と聞きました。

 免許証に対する処分は何に基づくものでしょうか。
 罰金刑は、道路交通法に基づくものと思うのですが、行政処分と道路交通法との法体系の関係
がよく理解できません。

 そもそも、免許証の交付とはどのような法律に基づいているのでしょうか。
 道路交通法に基づくものではないのでしょうか。

Aベストアンサー

>免許証に対する処分は何に基づくものでしょうか。
>罰金刑は、道路交通法に基づくものと思うのですが、行政処分と道路交通法との法体系の関がよく理解できません。
道路交通法 第90条第5項
公安委員会は、免許を与えた後において、当該免許を受けた者が当該免許を受ける前に第一項第四号から第六号までのいずれかに該当していたことが判明したときは、政令で定める基準に従い、その者の免許を取り消し、又は六月を超えない範囲内で期間を定めて免許の効力を停止することができる。
道路交通法施33条の3


>そもそも、免許証の交付とはどのような法律に基づいているのでしょうか。
道路交通法第84条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。

Q出頭命令の連絡について、検察官と警察官の食い違いで失業しました。

詳しい方教えて下さい。

去年の7月に私は失業中で新しい会社も決まり、再就職する1週間前に交通違反で捕まりました。

所が、新しい仕事が船の仕事で1週間後には海の上での仕事の為次の出頭、もしくは出頭通知書の確認は2ヶ月後になってしまいますと警察官と承認の上で、携帯電話の連絡先や会社の連絡先などを元に一次待機状態になりました。

仕事で船に乗り次の下船状況等も含め、乗船中も警察官と確認は取っていました。
*その間に出頭の話は無く後日又連絡しますと警察官に言われ連絡待ち。

9月、下船になり出頭通知書も届いていないので不安になり、警察署に行き担当者に話を聞こうと出頭したのですが、担当者が不在のため後日連絡させて頂きますと、他の警察官に言われ待機状態だったのですが連絡も無くてまた、船に乗りました。

今回の乗船は約3ヶ月乗らないといけなく、不安も在りましたが警察官には出頭通知書の確認も取れない事は話をしてました。

乗船中、又警察官から連絡が有り次の下船はいつ頃になりますか?と言うので次の下船は来年の一月頃になりますという事で警察官とは承認の上で下船の日にち等を打ち合わせをして話は終わりました。

所が、検察庁から今年中に出頭させて下さいと、直接会社に出頭命令の電話での連絡が有りました。

検察庁に問い合わせて、警察官とは下船の話しも付いて居て緊急出頭みたいな話は一切されておらず何か有りましたら又連絡させて頂きますと言われたのに、何故に直接会社に出頭命令の電話をしたのか?と問い合わせした所、警察官には年内に出頭する様にと担当者に話したのだがこちらの不手際できちんと伝わってなかったかも知れないと検察庁の人が言ったので、直接、担当者の警察官に話しをしますと問い正した所、担当者には私(検察官)から連絡入れますので、又連絡をさせて頂きますと言われ待機して居ましたが折り返し連絡は1週間来ませんでした。

検察庁からの連絡に慌てた会社は、緊急下船の処置を下しました。

下船の日が決まったので検察庁に問い合わせた所、『下りれたんですね?貴方的にも年内に終わらす方が気が落ち着くでしょ?』と何だか、来年でも良かった様な口調で言われました。

下船して、出頭通知書が届いているか確認しましたが届いていませんでした。

確かに、期間は大分経って居ましたが担当の警察官と連絡を取り次の下船の話もついていたにも関わらず、直接会社に検察庁から出頭命令の電話をする事って有るんですか?

緊急下船の処置を下したため、乗船のシフトが組めず私は又失業してしまいました。

質問です。

※捕まってから、略式命令迄の期限は最長どれくらいの期間が伸ばせますか?

※捕まった時、乗船中、下船して警察署に出頭までして、きちんと仕事上一度乗船すると出頭日に出来ないかもしれない事や次の下船まで出頭通知書の確認が出来ない事を警察官に話していたにも関わらず、直接会社に電話連絡され、又、出頭は来年でも良かったらしい事を警察官に改めて言われ失業した私は、その検察官を失業に当たっての裁判を起こす事は可能でしょうか?

補足

捕まった時、警察官の配慮で現場検証や事情聴取は終わっていた。

引っ越しの為、住所変更後出頭したが切符は切られていない。

出頭命令通知書は届いて無い。

警察官と検察官との連絡内容に食い違いが有り、その事実は検察官側は認めている。

失業保険は終わっていて、失業手当が貰えない。

わたし的には人生が変わる程の良い職場に付けたのにお先真っ暗になってしました。
どなたか、詳しい方お願い致します。

詳しい方教えて下さい。

去年の7月に私は失業中で新しい会社も決まり、再就職する1週間前に交通違反で捕まりました。

所が、新しい仕事が船の仕事で1週間後には海の上での仕事の為次の出頭、もしくは出頭通知書の確認は2ヶ月後になってしまいますと警察官と承認の上で、携帯電話の連絡先や会社の連絡先などを元に一次待機状態になりました。

仕事で船に乗り次の下船状況等も含め、乗船中も警察官と確認は取っていました。
*その間に出頭の話は無く後日又連絡しますと警察官に言われ連絡待ち。

9月、...続きを読む

Aベストアンサー

会社としては睨まれたくないし下船させた方が面倒がない。
とはいえこれは雇用契約だから 会社に下船させる権利があれば合法の範囲だろう。
「出頭命令があればそれに従うのが当たり前」だ。
次の乗船シフトに入るかはまた別の雇用契約だから 入らなくても違法とはいえない。
検察はあくまで職務で確認を行ったのみであり 結果として失職しても その保証をする義務はない。

これはやっかい。

・会社が下船させたのは検察の不手際によるものにせよ自分に責はなく 会社に対して失った利益に対する補償を求める
これは順当だが もらえたとしても補償金額は多くないし 弁護士を頼めばその方が高そうだ。
・業務の不手際でなくても良い出頭命令を下し 個人の長期に渡る働く権利を阻害し 結果として職を失わせた慰謝料と損害賠償を警察と検察に求める
これは勝てさえすれば十分だが 証拠が必要だし時間もかかり 費用も更にかかる。
相手もプロで勝ちにくく しかも勝ち取る金額を考えれば受ける弁護士は少ない。

やっぱりやっかい。

しょうがない。
赤旗をとったり配ったりすることになるかもしれんが 労働者の権利の阻害と検察の横暴を 共産党に訴える手か。
貴方自身を餌にしてもらうのが狙いで。

なんかなあとは思うが 少なくとも相談してもお金は取られない。

さもなくば偶然と必然が重なってここまでなったのだから もうこれも縁と捉え 船から別の職業に転職した方が良いのかもしれない。

会社としては睨まれたくないし下船させた方が面倒がない。
とはいえこれは雇用契約だから 会社に下船させる権利があれば合法の範囲だろう。
「出頭命令があればそれに従うのが当たり前」だ。
次の乗船シフトに入るかはまた別の雇用契約だから 入らなくても違法とはいえない。
検察はあくまで職務で確認を行ったのみであり 結果として失職しても その保証をする義務はない。

これはやっかい。

・会社が下船させたのは検察の不手際によるものにせよ自分に責はなく 会社に対して失った利益に対する補償を求め...続きを読む

Q飲酒運転で身代わり出頭。行政処分されますか?

知人が免許停止60日の行政処分の通知を受け取りました。
書類に記載されている違反期日に覚えは無いそうです。

但し、知人は飲酒運転の身代わり出頭をしてしまい、その後にその事実を認めて、20万円の罰金を納めています。私はそのことの行政処分ではないかと伝えましたが、本人は納得できない様子です。

道路交通法を調べてみても、身代わり出頭に対する具体的な記述はありませんでした。
数年前の飲酒運転に対する罰則強化が行われた際に、本人だけでなく同乗者等に対する罰則が制定されておりますので、その関係ではないかと思うのですが自信がありません。

お知恵を拝借いたしたく質問する次第です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.5の回答者です。

自分の回答を読み返してみて、補足が必要と感じたのと、他の回答者様の回答の中に、見逃し難い誤りを見つけましたので、再度回答させていただきます。

飲酒運転での身代わり出頭という状況が、なかなか考えにくいのですが、想像するに、

(1)飲酒運転していた某氏が、検問突破か何かで逃げた。
(2)車のナンバーが読み取られていた可能性があった(あるいは呼び出しを受けた)ので、知人氏が身代わりに出頭した。
(3)知人氏は詳細を答えられず、身代わり出頭であることを認めざるを得なかった。
(4)そのことで、某氏の処分とは別に、知人氏は罰金20万円の処分を受けた。
(5)その後、最近になって知人氏が免停60日の処分通知を受けたが、書類に記載されている違反の日時に知人氏は何の覚えもない。

この様な状況ではないでしょうか?

2007年6月の道路交通法改正で、飲酒運転周辺三罪が新設されましたが、これは
(1)酒類の提供
(2)車両の提供
(3)同乗
を新たに処罰対象としただけで、身代わり運転については従前のとおり、刑法の犯人隠避で問議されるだけで、道路交通法上の規定や罰則はありません。
したがって、犯人隠避で罰金20万円の刑罰を受けたのなら、それ以上の処分は有り得ません。
一事不再理の原則があり、同乗していた等の事情で罰金と「同時に」科されるのならともかく、「違反期日に覚えがない」ような行政処分だけが、後から来ることは有り得ません。

また、良く勘違いされている方がいらっしゃいますが、罰金20万円という罰金「刑」を科すのは、警察ではなく裁判所です。
私は日本の公務員ですが、頭のおかしい人ではありませんので、できる限りの方法で調べてみました。
減点等の行政処分をする行政機関は、運転免許事務を統括している警察で(規定上は公安委員会ですが、実務は全て警察が行っているそうです。)、確定していようがいまいが、「道路交通法違反の通知を他の行政機関に連絡」したりすることは有り得ないそうです。(もちろん検察庁は除きます。)
同乗していたとすれば、罰金と行政処分は同時に言い渡しを受けているはずです。

違反期日に覚えがないと言うことは、某氏(第3者の可能性もあります)が今回の質問にある飲酒運転以外にも免停60日に相当するような何らかの違反を「違反期日に」しており、その時に知人氏の名前を騙った可能性が考えられます。

No.5の回答者です。

自分の回答を読み返してみて、補足が必要と感じたのと、他の回答者様の回答の中に、見逃し難い誤りを見つけましたので、再度回答させていただきます。

飲酒運転での身代わり出頭という状況が、なかなか考えにくいのですが、想像するに、

(1)飲酒運転していた某氏が、検問突破か何かで逃げた。
(2)車のナンバーが読み取られていた可能性があった(あるいは呼び出しを受けた)ので、知人氏が身代わりに出頭した。
(3)知人氏は詳細を答えられず、身代わり出頭であることを認めざるを...続きを読む

Q違法捜査を警察の監察官室に相談したいのですが

捜査のなかで、守秘義務違反と脅迫、自白の強要などの利益誘導、偽計が行われました。

その信用失墜行為を警察本部の監察官室に申し出て、回答を求めたいのですが

監察官室の方で、すぐに調べを進めてもらえるものなのでしょうか?

また、この様な違法捜査を受けた場合、どこへ相談するべきでしょうか?

わかる方がいらっしゃいましたら、是非、助言を下さい。

どうぞ、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

捜査のなかで、守秘義務違反と脅迫、自白の強要などの利益誘導、偽計が行われました。助言を下さい。難しいですね、相手は、警察官、調べる相手も警察官、同じ穴のムジナですから。言った 言わないの水掛け論で終わりです。公安委員会へ文書で申し立てしたら約二ヶ月後に文書での回答がありますが、やはり同じムジナですので回答は、わかりきっています。証拠「テープ」とかとつてありますか、なければ相手は、権力があります。泣き寝入りしかありません。昨年違法捜査をテープに取った方がいてマスコミにて報道されましたね、ご存知あります、私も二年間地元警察、警察本部と戦いました、が いかんせん一個人では、どうにもなりません、貴方のようにこのサイトへも相談しましたが、、、、今からでも遅くないはずテープをしのばせ再度地元警察へ行ってみては、私の経験では、ものすごい時間と労力がいります。お気持ちは、よく解かりますが どこかで妥協したほうが、良いかと、

Q行政処分

昨年5月に車対車で事故!自動車運転過失傷害、道路交通法違反(事故不申告)で書類送検
今年1月に検察庁より呼び出し、自動車運転過失傷害で2月に罰金10万払った。
被害者とは示談成立してる。
聞きたい事は、もう10ヶ月以上経つが行政処分が来ないこと!
検察庁より呼び出し後、運転記録証明書と累積点数証明書を発行し、1週間くらいで届いて、見てみたが事故に関しての記録がなく、累積点数も0のままだった事!
警察官が検察庁には書類送検したが公安委員会には書類送検しなかったのか! そんなことはないよな。
また運転記録証明書を発行してみた方がいいかな?

Aベストアンサー

何も言ってこないなら黙っていればいい。

Q 警察官の初動ミス&一般市民が犯人を出頭させてた。

今年の2月に14歳の女の子が家出をし、これ以上何かあったはと思い施設に入れました。

子供の携帯電話のCメールが鳴り出し、男性と思われる相手との連絡の結果を持って

枚岡警察 生活安全課 片桐が事情聴取しました。

娘の元に聞き取りをし、相手には何もしなかった。

今年7月同じ名前が出てきたので私が電話すると本人が出ました。

【うちの娘そっちに泊まったと言ってるが本当か?あんた年なんさい?27歳

警察に事情徴収1回も受け手ない?】と聞くと受けていないらしい。

27歳と14歳。しかも14歳の言動だけでその後何もしなかったと片桐は何と愚かでいょう。

事件があった場合未成年の言葉だけでその後何もしないのは、おかしいでしょう。

警察・27才の男には何か社会的制裁を与えられますか?

あと片桐に教えてもらった事なのですが成人の私が近くの高校生に声をかけカラオケBOX等に

入り対価のかからない関係なら罪にと問われないと・・・。

成人が未成年との関係をお金の対価だけで片付けてしまっていいのでしょうか

Aベストアンサー

コメントがあったので回答します。

27歳と14歳の恋愛は無理という根拠が条例であるなら、その条例を制定している役所に届けを出すべきでしょう。
警察はあくまでも刑事事件を取り締まる立場です。

本来なら警察も丁寧に説明して事情が事情なので介入すべきだとは思いますよ。
でも、杓子定規な警察ならではの対応で、民事不介入というよくあるパターンです。
そういった態度で幾つも事件が起きていますので、警察も司法も本当に考え方を変えてほしいものです。

あと、警察は法律の専門家ではないので説明義務無かった気がします。
法律は、弁護士ですね。

わいせつ行為があったとの事で既に事件化しているのなら、あとは娘さんを見守るしかありませんね。

アスペルガーや精神障害があってお辛いのは解りますが、それでも生きて行かなくてはなりません。
弱い部分があるからこそ支え合って生きねばなりません。

消えたいなどと悲しい事を言わないでください。
この世に無駄な人なんていません。
嫌と言われようがうるさいと罵られようが親は親です。
お子さんのために出来る限りの事をしなくてはなりませんよね?
生きていれば嫌な事も沢山ありますが、良い事もありますよ。

自分で手におえない事は他の人の助けを借りても良いのではないでしょうか?
住んでる地域や役場で相談に乗ってくれることもあります。
弁護士や専門家の助けを借りるのも手です。

負けないで!

コメントがあったので回答します。

27歳と14歳の恋愛は無理という根拠が条例であるなら、その条例を制定している役所に届けを出すべきでしょう。
警察はあくまでも刑事事件を取り締まる立場です。

本来なら警察も丁寧に説明して事情が事情なので介入すべきだとは思いますよ。
でも、杓子定規な警察ならではの対応で、民事不介入というよくあるパターンです。
そういった態度で幾つも事件が起きていますので、警察も司法も本当に考え方を変えてほしいものです。

あと、警察は法律の専門家ではないので説明義...続きを読む

Q免許失効で行政処分は。。。

免許を失効(1ヶ月)してこれから更新しようと思いますが行政処分が残っている場合はどうなるのでしょうか?
行政処分はもうかれこれ違反してから2年超えてるんですが更新の際
差し止めとかになるのでしょうか?
また前歴が消えるのは行政処分を受けて終了後、1年経ってからになるのでしょうか?
詳しい方がおられましたらお教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのまま「うっかり失効」の手続きをすると
あなたにとってすばらしい世界が広がるでしょう

参考URL:http://www.gekiura.com/guest/m0003428.html

Q日本で、他国の外交官が警察に事情聴取を求められたら?

たとえばイタリアの駐在中の外交官が日本において、殺人事件を目撃したとします。
通常日本人なら、参考人聴取がおこなわれるはずですよね?
この外交官の場合、日本警察は出頭を求めることができるのでしょうか?

Aベストアンサー

捜査協力要請、事情聴取・証言を、お願いできます。

※外交関係に関するウィーン条約(外交関係ウィーン条約)
三十一条 2 外交官は、証人として証言を行なう義務を負わない。

により、令状等とっても、強制できないので、外交官の行為による任意捜査に限定されます

Q行政処分(免停講習)について

昨年、会社近くのオービスに引っかかったらしく、警察に出頭しました。その時、どうしても納得出来ないので赤切符にサインをせず、調書だけ取られました。その後、検察庁と行政処分の為に運転免許試験所から出頭通知が届きました。

検察庁への出頭はまだしも、納得していないにもかかわらず行政処分が下される事に納得出来ません。しかも、赤切符にサインをしていないのに、なぜ行政処分を受けるのか意味が分かりません。

もし、行政処分に不服があれば不服申し立てが出来るようですが、あくまでも講習を受けてから出ないと不服申し立てを出来ないというのも納得出来ません。

このまま納得出来ないまま免停になるのでしょうか?

Aベストアンサー

行政処分は行政庁(公安委員会)が違反事実に基づいて、公安委員会が独自に処分します。
質問者様の意思に関係無く右から左へ、処分されます。

刑事処分は検察庁(検事)が処分必要かどうかを判断し、処分必要なら司法で裁判所に処分の審査をやらせるのが仕事です。

赤キップにサインをしないと言う事は、本裁判を希望すると言う意思表示と同じです、拒否しから終わりではありません、拒否してから始まりです。
起訴猶予になる事はまず有り得ません、起訴され本裁判に移行します、略式裁判受けた方が安上がりなのは言うまでもありませんがね。

出頭し、調書も取ったと言う事は、オービスに写っていたドライバーの本人確認が出来た証拠です、確かにオービスには誤差があります、誤差の分は速度で考慮されていますから、この部分で戦う事は出来ません。
出頭した事で速度超過が事実だと証明したです、それに基づき行政庁(公安委員会)が処分します、これを覆すには、まずは公安委員会に不服申し立てを行います。
ただ、どうやって速度超過で無いと立証出来るのか?不明ですがね。


>このまま納得出来ないまま免停になるのでしょうか?

納得しようがしまいが、速度超過の事実が消えない以上、免停は覆る事はありません。
オービスで撮られ、出頭し本人確認も出来ているのですから、これを覆す術はありません。


略式裁判でも本裁判でも罰金額は一緒ですが、会社も休み、裁判費用・必要なら弁護士費用も考えると、相当な金額で、納得いく判決が出るとも思えませんね。


>検察庁への出頭はまだしも、納得していないにもかかわらず行政処分が下される事に納得出来ません。しかも、赤切符にサインをしていないのに、なぜ行政処分を受けるのか意味が分かりません。

納得できないなら、最初から違反しなければ良いのでは無いでしょうか?皆してるからするのであれば車自体乗らなければ良いと思いますよ。

行政処分は行政庁(公安委員会)が違反事実に基づいて、公安委員会が独自に処分します。
質問者様の意思に関係無く右から左へ、処分されます。

刑事処分は検察庁(検事)が処分必要かどうかを判断し、処分必要なら司法で裁判所に処分の審査をやらせるのが仕事です。

赤キップにサインをしないと言う事は、本裁判を希望すると言う意思表示と同じです、拒否しから終わりではありません、拒否してから始まりです。
起訴猶予になる事はまず有り得ません、起訴され本裁判に移行します、略式裁判受けた方が安上がりな...続きを読む

Q警察官が、警察官だからこそ知りえた犯罪情報を、その犯罪者の家族などに教

警察官が、警察官だからこそ知りえた犯罪情報を、その犯罪者の家族などに教えることは、法的に問題あるのでしょうか?
もちろん、犯罪内容によるのかもしれませんが・・・
たとえば、公然わいせつ罪です。
これを、マスコミに情報を流すのはよくて、その家族に教えるのはダメ、とかそういうことはあるのでしょうか?
わからなくなってしまいました。

Aベストアンサー

 #2です。私の答えは質問文にあるとおり「警察官という立場の人」がという前提の答えです。「警察」・「公安委員会」など組織を前提にしていません。

>「秘密」の定義は?
 地方公務員法第三十四条に規定する「職務上知り得た秘密」で、この場合は「警察官として職務遂行中に知り得た事柄」と解釈され、報道され広く知られることとなったことは除きます。

> 犯罪行為が漏らしちゃいけない秘密?
 警察官が取調べや実況見分で知った「犯罪行為の詳細」は正に「警察官として職務遂行中に知り得た事柄」で、地方公務員法第三十四条に規定する「職務上知り得た秘密」に該当すると考えます。

> でもそれがグレーなんですよね・・・。誰が判断してるのか・・・。
 警察や検察には「広報担当」があり、「広報担当」が「組織として」判断しているのであり、一警察官がするのは違法です。

> 性犯罪者の犯罪行為は、社会的制裁を含めて、
 社会的制裁というのは、犯罪者が社会生活を送る中で誰の意図でもなく受けるものであり、公的機関やその職員が行うものではないと考えます。

> 誰に漏らしても罪に問われないのではないかと思えてきました。
 現在の法律では、違法行為であり責任は問われるでしょう。

> 性犯罪者がぜんぜん反省してないようなので、やっぱり社会的制裁をもっと厳しく加えるべきなんじゃないかと思ったのです。
 従前の法体系では「犯罪者保護」に偏重していた感は確かにあります。しかし、被害者も犯罪者も同じ人間で等しく保護されるべきだと思います。犯罪被害者等基本(平成十六年十二月八日法律第百六十一号)制定以降、被害者保護のあり方や再犯率が高く被害者に成り得る人が多い性犯罪の犯罪者情報の広報のあり方など、議論が高まってきていますが、成果が不十分であることは否めません。

 #2です。私の答えは質問文にあるとおり「警察官という立場の人」がという前提の答えです。「警察」・「公安委員会」など組織を前提にしていません。

>「秘密」の定義は?
 地方公務員法第三十四条に規定する「職務上知り得た秘密」で、この場合は「警察官として職務遂行中に知り得た事柄」と解釈され、報道され広く知られることとなったことは除きます。

> 犯罪行為が漏らしちゃいけない秘密?
 警察官が取調べや実況見分で知った「犯罪行為の詳細」は正に「警察官として職務遂行中に知り得た事柄」で...続きを読む


人気Q&Aランキング