『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

歴史学者や歴史の専門家は左翼系が多いというのを聞いたのですが
本当ですか?
だとするならなぜ左翼系が多いのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

国家権力の圧政とそれに対する人民の闘争といったふうに図式化され、日本の近代を暗黒一色にとらえるマルクス主義系の歴史学が、敗戦からしばらく隆盛だったという事実がありますが、



こういった偏頗な史観が全盛を極めたのは、戦前の反動、揺り戻し、とはよく言われます。政治体制が大きく変わると、先行する時代・体制を全面的に否定する政策が意識的に打ち出され、また前代を否定する空気が世の中に充ちるのは、どの時代や国でも見られることです。そういった流れのなかに彼らもあったわけでしょう。
まあ、皇国史観を解毒するには、それに対応するだけの偏った毒も、存在意義があったのでしょうがね。

また日本の場合は、ヨーロッパ諸国のように戦争で勝った負けたを繰り返してきた歴史的な経験が不足していたため、敗戦・占領のショックが甚大で、したがって反動も大きく、より強く長期にわたって戦前を暗黒一色に見る史観が横行した、とも指摘できるでしょう。

と、以上は質問とは直接関係のない、そのむかし連中が幅を利かせていた理由の一端ですが、戦争の後遺症は何世代にもわたって続くといいます。現在の君が代・日の丸の問題でも、「戦前の苦い記憶」を持ち出す人が若い世代にもいるくらいですから、昔の左翼史観の横行のことも質問とまったく無関係ではない、と思う次第です。

ところで、#10の「公平な判断の元書いた歴史教科書」とい言葉で思い出したのですが、前述の左翼史家に『条約改正』(岩波新書)という小本があります。不幸にして私(#7)と同じレベルまで品性を下げてしまった回答者「たち」の発言ほど、この著者の叙述はユニークではないのですが、当時欧米に注目されはじめ、条約改正にあたっての大きな要因となった、極東での日本の軍事プレゼンスを考察の外に置いた極めてユニークな本です。もうだいぶ前に読ませられた本ですが、あのときは、イデオロギー史観の曲芸的なバランス感覚に恐れ入りました。
    • good
    • 2

 一口に歴史と言っても、いろいろと肌色があるようです。

まず歴史ドラマなどという場合の歴史は、詰まるところ現代劇のアンチーク仕立てに過ぎませんし、純然たるサイエンスとしての歴史科学の場合は実証が必要になる分、書証のほとんどは信用性が得られず、結果、縄文時代の糞にはこんな成分が含まれていただとか、そんな以上の話は出て来ようがないでしょう。

 次に支那の史書などにいう歴史ですが、これは典型的には王朝の史官が前王朝の滅びざるを得なかった理由と現王朝がこれに取って代った正当性をドキュメンタリーとして公示するものでしょう。つまりは自然科学的な事実とはほとんど何の関係もありませぬ。もちろん自然科学の発達した今日においては事実と明らかに矛盾する資料は用い難い筈であるが、それでも「南京事件」の如き客観資料の乏しい事実が一人歩きしているのが実際です。

 最後に最も忘れられているのが、我々が文字を知る以前から持っていたカガミとしての歴史です。これは本質的に我々が持っている幼児期の記憶と同じであり、思い出としての歴史である。全歴史を思い出すには全歴史と同じ長さの時間が必要であるから、思い出としての歴史はもちろん事実では有り得ないが、我々人類が長い間抱えていた歴史には違いないでしょう。

 結局、アカデミーとしての歴史は科学としての歴史となる筈が、その余りにも捗々しからぬ成果の末に登場するのがドキュメンタリーとしての歴史であり、その拠って立つところの政治的立場に從って事実があるだの無いだの詰まらぬ論争を繰り広げているのが現在の歴史学の現状であれば、右翼の流行らぬ昨今、左翼ばかりが目立つのも尤もなことだろうと思います。
    • good
    • 1

此も一つのご意見でしょう・・・ 大切なのはご自身の歴史観だと思います。

歴史学者の中には右翼を信奉する方も、左翼を信奉する方も居られます。昨今は体制に偏った歴史学者の声が大きいように思います。歴史は史記の時代から為政者の都合が表に出るようです。その色合いを取り除く目を持つ事が自分の歴史観を持つことになります。邪馬台国論争も一つの例で、近畿圏の学者と北九州圏の学者では根拠とする処が異なったっています。奈良県や京都府の歴史を国の歴史とするか県の歴史とするかは自分の足で資料を求め考えを纏める事だと思います。ちなみに小生は旧石器から平安までの遺物、遺跡のデータベースを作成しながら本物を見る目を養う研鑽を続けております。
    • good
    • 1

「これは(日米安保のこと)アメリカが日本を基地にアジアを侵略するのに日本が積極的に協力し、また日本の帝国主義的政策にアメリカ軍を後ろ盾にしようとする、軍事同盟条約である」と言うと左翼だとか、「南京大虐殺は無かった」と言わないと左翼だとすれば、大部分の学者は左翼でしょうよ。

    • good
    • 1

はっきり言ってしまえば、


公平な判断の元書いた歴史教科書が
共産思想に思えるならば、何を教えようと時間の無駄なのです。

右翼に共産思想を理解させる事はできませんし、左翼に右翼教育はできません。

公平な判断が左翼思想と判断される場合には、その個人を放棄するしか手段がありません。思想の教育義務など規範にはありません。

零戦ヲタクと言う、理解の妨げをする脳内物質がある限り、
教科書以外の雑誌が教科書になってしまいますし、
また、逆に赤旗が常に規範になるだけす。

ある問題に於いて、
日本人の場合は無罪。外国人の場合は有罪。
間違えた年齢で精神年齢が停止するだけです。
    • good
    • 2

 30年以上も前に大学を卒業した人間の目から見ると、全く違いますね。


 当時は、大学紛争の嵐が吹き荒れた直後で、大学の歴史の講義ではマルクス史観全盛期で、「おいおい、ちょっと待て。いくらなんでもそれはこじつけだろう。」と言う感じの講義でした。(さっぱり面白くなく、試験は論文で、やや批判的な解答を書いたら、60点の最低点で可。不可にして落としてくれたほうが、成績が下がらないだけ、ありがたかったのに。)

 ちなみに、ソ連の崩壊や時代の変化で、当時のマルクス史観の先生方及びその弟子は、ほぼ壊滅状態です。
    • good
    • 0

そもそも右翼・左翼とは何かと言う問題があります。


極めて乱暴な分け方ですが、人間の行動の原点を経済的・物理的利益追求におくものが左翼・唯物主義、精神的なものにおくものが右翼・唯心主義とすれば、学問的には前者が優勢になるのは必然ではあります。
そういった意味では、即物的な動機で行動(ゆすり・たかり)する右翼と称する輩は単なる、保守拝金主義者であり美意識を根源におく右翼とは相容れないものではありす。
    • good
    • 0

とくに昔は左翼史家全盛、ショウケツ(猖獗)を極めていたと言ってもいいんじゃないですか。



・・・・これは(日米安保のこと)アメリカが日本を基地にアジアを侵略するのに日本が積極的に協力し、また日本の帝国主義的政策にアメリカ軍を後ろ盾にしようとする、軍事同盟条約である・・・・・

↑これは井上清という有名な左翼史家が一般向けに書いた本からの引用です。
『新書日本史8 昭和の五十年』講談社現代新書(初版1976)
【通史】、【新書】といったジャンルでもこんな調子の本が平然と出回っていたくらいですから、いかに彼らが跋扈し、ひろい裾野を持っていたかということが伺えます。
左翼史家が「ほとんどいない」なんてのは何かのサクゴでしょ、でなければ願望でしょ。

付け加えれば、政治的活動は歴史解釈(つまりは歴史の研究)という形でいくらでも出来るしね。
    • good
    • 3

No2の方が本質をついています。


GHQの統治時代に極一部の大学以外は自由な言論が出来る状況ではなくなりました。この時に追放されたり意趣替えなどがあり左翼系又は左翼的な考えの方が教授の殆どを占めたのです。
    • good
    • 1

まともに歴史を研究するなら、経済史的なアプローチは避けて通れませんので、マルクスの手法なども古典として参考にするでしょうが、政治的に左翼な学者や専門家はほとんどいないと思われます。


政治活動なんかやってたら、研究する時間がなくなりますので。
研究者としてのマルクスやレーニンがこしらえた、用語や枠組みを用いることがあるから、素人目には左翼と思われるのでしょうかね?
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歴史分野の学者、研究者はなぜ左翼が多い

明治大正昭和だけでなく、戦国江戸時代までも日本人が野蛮だったというような話(乱妨取り)が出てきます。
日本に不利な展開に歴史をまとめる左翼のような学者が大勢を占める理由は何ですか?

Aベストアンサー

既に似た質問が存在しています。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3916118.html

Q何故、大学の歴史学者は左翼が多いのですか?本当にちゃんと歴史の勉強したのでしょうか?

きちんと勉強すれば分かる事ですが、日本が南京で大虐殺をしたという証拠は皆無であり、ほとんどの証拠品が捏造です。
なのに中堅大学から、東大や京大や一橋みたいなトップ大学の歴史学の教授

までもが、南京大虐殺を肯定しているのは、おかしいと思います。

彼等は本当に、きちんと勉強をしたのでしょうか?


一橋大学の入試問題でも、本来は日本は朝鮮にインフラ設備をして
あげて救ってあげたのに、「日本が朝鮮にした酷い事」を記述させる様な
問題も出てたし、なんでそれが酷い事になるんでしょうかね?
きちんと教授は歴史を学ばれたのでしょうか?

これを考えると
やっぱり、今現在、日本の歴史学者の大半が在日と考えるのが妥当なのでしょうか?

今のゆとり教育で平和ボケしている子供達にしらしめる為に、
徴兵制を実施すべきなのに、憲法改正に反対している学者が多いし。

一度、日本の大学の教授はきちんとネットで、本当の歴史を知るべきだと思う。

Aベストアンサー

runetaniaさん、

「渡部昇一」と「敗戦利得者」で検索してください。
するとなぜ 腐った教授たちが跋扈しているかが理解できます。
敗戦後のGHQが日本を7年間占領している間に徹底的に
日本を弱体化しようとした。その一つ:
GHQは まともな連中を公職追放、仕事ができないようにし、
空いた席に まともな連中が抑え込んでいた腐った連中を放り込んだ。
腐った連中は史実を捏造し歪曲し日本は悪だと言い続けGHQに喜ばれた。
その連中が認める後輩は同じように捏造し歪曲する連中でまともな後輩たちは昇進ができず、卒業ができず、糾弾された。

西尾幹二の「GHQ焚書図書開封〈2〉」もとても参考になります。

それにしても大学教授だけじゃないですね。
すぐ"目の前"にも大勢いる、
あるいは大勢いるフリをしている。
やれやれ。

Q歴史に関わる仕事を教えてください!

私は高2です。私は歴史が大好きで、将来は歴史に関わる仕事をしたいと考えています。でも歴史に関わる仕事にはどんな仕事があるのかを具体的に知りません。歴史が直接関係しなくても、歴史的な建物とか遺跡とか世界遺産とかにも興味があります。そういうことに関係する仕事を知っている方がいたら教えてください!!

Aベストアンサー

考古学関連の大学出身者です。
歴史、といっても幅が広いのですが…。

■遺跡や考古学に興味があるなら
遺跡の【発掘を担当する技官】=市役所など、教育委員会で発掘の指揮をとる。歴史学や考古学を学べる学科がよいです。【博物館の学芸員】という仕事もありますが、こちらはほとんど募集がありません。
なお、文書として記録が残っている時代を調べるのが歴史学。モノを頼りに調べるのが考古学です。


■歴史学に興味があるなら
発掘はしません。古文書などは読みます。歴史学だけを専門に仕事をするのは難しいので、【歴史関係の出版社】なんてのはどうでしょう?
より高度な専門知識があれば、【博物館の学芸員】なんて仕事もありますが、やはり募集はほとんどありませんです。


■歴史的な建造物が好きなら
建築学部、建築学科などで「建築史」を学んで、建築史の得意な【建築士】になるという方法もあります。もちろん理系ですから、建築構造なども学ぶことになるでしょう。古民家の活用や復元を専門としている建築事務所や会社もありますから、古建築の知識を活用できるでしょう。


■保存修復という仕事
歴史的遺物(発掘品や美術品など)を【保存修復する職人(技師)】のような仕事もあります。西洋絵画の修復、仏像などの修復、発掘出土品の保存修復などの仕事があります。修復だけでなく、【科学的に分析する研究者】もいます。
保存修復のための学科(大学や大学院)、または専門学校もあります。私はコレ関係の学科出身です。


■博物館の展示に興味があるなら
【展示業者】の中には、丹青社や乃村工藝社のように博物館の展示を得意とする業者もありますから、このような展示業者に就職するものある意味「歴史に関するしごと」といえるかもしれません。デザイン関係の学科や、博物館学を勉強するのがいいと思います。プランナー・デザイナーという肩書きが持てれば、博物館での展示を演出することができます。もちろん、博物館ばかりではないですけれど。

また、博物館に展示する【展示用模型を制作する会社】もあります。レプリカを作ったり、家屋や地形などの模型を作ったりします。こちらは、歴史というよりは模型職人ですね。かなりガテン系です。


■歴史を教える
【歴史の先生】これも歴史に関する仕事かもしれませんが、教えるのは歴史だけではないですよね(^^)

私が思いついたのはこんな感じかなぁ。参考になりますか?


参考URLは「東北芸術工科大学」という大学です。保存修復と美術関係の大学です。
最近、保存科学や修復関係の大学が増えてますね。

参考URL:http://www.tuad.ac.jp/guide/gakubu.html

考古学関連の大学出身者です。
歴史、といっても幅が広いのですが…。

■遺跡や考古学に興味があるなら
遺跡の【発掘を担当する技官】=市役所など、教育委員会で発掘の指揮をとる。歴史学や考古学を学べる学科がよいです。【博物館の学芸員】という仕事もありますが、こちらはほとんど募集がありません。
なお、文書として記録が残っている時代を調べるのが歴史学。モノを頼りに調べるのが考古学です。


■歴史学に興味があるなら
発掘はしません。古文書などは読みます。歴史学だけを専門に仕事をするの...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q古文書の文字ですが、当時の人はちゃんと読めたのでしょうか?

古文書の文字ですが、当時の人はちゃんと読めたのでしょうか?

「お宝拝見」 が好きでよく見ているのですが、たまに平安時代や戦国~江戸時代の古文書が登場しますよね。

その中に書かれている文章なのですが、当然、全て手書きの文字です。

ところが、よほどの専門家でない限り、現代人が読もうとしても一体何が書かれているのか、サッパリ分からないはずです。

漢字は崩しているし、おまけに今のように一文字一文字離して書くのではなく、次の文字と続いているケースが多いです。

当然、今と同じように字が上手な人もいれば、程度の差はあっても悪筆な人もいたはずです。 教養のある人の全員が達筆だったという事はなかったと思います。

という事で質問ですが、例えば手紙を受け取った当時の人が、「さて? 一体これは何と書いているのだろうか? ミミズがのたくったような字なので、サッパリ意味が分からないよ!」 というトラブルって無かったのでしょうか?

あるいは 「キッタネエ字だなあ、マッタク! 誰か、何が書いているか読める人、いない?」 というような事って、現実にはあったのでしょうか?

当然の事ですが、この質問は当時、文字を識別できる人が対象です。 

古文書を見るたびに疑問に感じていますので、宜しくお願いします。

古文書の文字ですが、当時の人はちゃんと読めたのでしょうか?

「お宝拝見」 が好きでよく見ているのですが、たまに平安時代や戦国~江戸時代の古文書が登場しますよね。

その中に書かれている文章なのですが、当然、全て手書きの文字です。

ところが、よほどの専門家でない限り、現代人が読もうとしても一体何が書かれているのか、サッパリ分からないはずです。

漢字は崩しているし、おまけに今のように一文字一文字離して書くのではなく、次の文字と続いているケースが多いです。

当然、今と同じように字が...続きを読む

Aベストアンサー

戦国武将には、いわゆる秘書がいましてね。お手紙はその秘書の人たちが書いて、最後に本人がそれにサインをするのです。
その秘書の人たちを「右筆(ゆうひつ)」といい、サインのことを「花押(かおう)」といいます。

織田信長の生涯を書いた「信長公記」の著者である太田牛一は信長の右筆だったといわれています。
また、花押で有名なのが伊達政宗のセキレイの花押で、大崎一揆を扇動した証拠として政宗の花押入りの手紙が出てきてしまうんですね。普通だったら逃れられないのですが、政宗は「その花押はニセモノです。本物の私の花押はセキレイの目に針で穴を開けているが、その花押には穴がない」と言い逃れて、なんとそれが通って命拾いしています(本当に穴があったとも、政宗の機転と度胸に感心した秀吉が「確かにこっちにはあるな」と腹芸を見せたともいわれています。個人的には、後者の説をとりたいですね)。

右筆にはかなり好みが出るみたいで、秀吉の手紙を見るとやはり京風というか、字体は繊細で美しいです。一方、信玄や謙信の手紙はかなり力強い男らしい字体で、その武将の好みが読み取れます。

勝海舟など、やはり歴史に残る有名人には達筆な人が多いですね。悪筆なのが坂本龍馬で、私が知る限り歴史に名を残す人で一番字が汚いです・笑。現代人の我々が見てもひどい・笑。しかも誤字だらけで、口語体で書かれています。明治時代に夏目漱石らが「言文一致体」と「喋り言葉(口語)と書き言葉(文語)を統一しよう」という活動をし始めて現代に至るのですが、それまでは手紙などの書き言葉は別の書き方をしていました。武士の「~にて候(そうろう)」なんていう候文が有名ですね。

未来の人々も、ギャル文字を見て翻訳に四苦八苦するのでしょうね・笑。あるいは、ギャル文字が「正しい日本語」になるかも。

戦国武将には、いわゆる秘書がいましてね。お手紙はその秘書の人たちが書いて、最後に本人がそれにサインをするのです。
その秘書の人たちを「右筆(ゆうひつ)」といい、サインのことを「花押(かおう)」といいます。

織田信長の生涯を書いた「信長公記」の著者である太田牛一は信長の右筆だったといわれています。
また、花押で有名なのが伊達政宗のセキレイの花押で、大崎一揆を扇動した証拠として政宗の花押入りの手紙が出てきてしまうんですね。普通だったら逃れられないのですが、政宗は「その花押はニセ...続きを読む

Q日本は社会主義国家なのになぜ発展できたのでしょう?

かつてソ連のゴルバチョフ大統領が‘日本は世界で一番成功した社会主義国だ‘と発言したそうですが、確かに日本は表向きは資本主義国家ですが社会主義的要素が強いように思います。税金の累進性は欧米より強く高額所得者は税金をたくさんとられます。貧困層は福祉や公的補助、医療制度など優遇され高額所得者から巻き上げた税金が還元されます。サラリーマンは年功序列で能力で関係なく昇給しました。(以前は)
経済格差は‘悪‘と公言する政治家までいます。ソ連、旧東ドイツ、北朝鮮など社会主義国家はどこも貧困に喘ぎ崩壊しました。日本だけなぜこんなに発展できたのでしょう?またこれからも発展できますか?自分は経済学、政治学には疎いのでどなたかお教えください。

Aベストアンサー

戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義
 「資本主義経済では、政府はなるべく経済に介入せず、市場のメカニズムに委ねるべきだ。それなのに日本では政府がマネーゲームのプレーヤーになっている。これでは社会主義のようだ」との見方もあるでしょう。
 でも同時代の欧州先進国、フランス、イギリス、ドイツと比べると日本は「市場原理主義」とも言えるほど、政府の介入の少ない自由経済であった。
 フランス──戦後のフランスはジャン・モネの考えによる「フランスは未だ十分に市場が成熟していないので、市場に任せず、政府が責任をもって経済を運営すべきだ」との、社会主義と資本主義の折衷政策「混合経済」政策をとった。このため多くの企業が国有化された。フランス石炭公社、フランス電力会社、フランスガス会社、鉄道部門、エール・フランス、フランス銀行 と四大預金銀行 クレディ・リヨネ、ソシエテ・ジェネラル、全国割引銀行+全国商工銀行⇒パリ国立銀行、保険会社、ルノー公社、航空機エンジン開発製造公社が国有企業として活動し始めた。
 石炭・鉄鋼に関してはドイツとの国境周辺地域に「欧州石炭鉄鋼共同体」を設立し、ドイツなど欧州6ヶ国で、アメリカ政府の援助資金であるマーシャル資金によって運営された。これは一国社会主義ではなくインターナショナル社会主義であった。1983年、フランス企業の売り上げ上位20社の内13社が国有企業であった。
 政治を見れば、ドゴール派の保守政権と社会党とが政権交代を繰り返した。日本に置き換えてみれば、石炭・鉄鋼がアメリカ政府資金による韓国との合弁、トヨタ自動車が国有、自民党と社会党が政権交代を繰り返す、といった状況だ。フランスから見れば日本は「市場原理主義」「自由放任主義」であった。
 イギリス──労働党の「ベヴァリッジ報告」による「ゆりかごから墓場まで」の社会主義政策を戦後の経済方針としていた。鉄鋼は、国有⇒民営⇒国有⇒民営と政権交代毎に弄ばれた。石炭はアーサー・スカーギルが率いる全国鉱山労組が仕切っていた。つまりアナルコ・サンディカリズムをやっていた。戦前アメリカに次ぐ自動車産業国であったが、中小企業が多く、このため国有企業に集約したが成果が上がらずホンダの支援を受けたがダメだった。政権は保守党と労働党が競い合い、その勢力は均衡していた。イギリスから見れば日本は「自由奔放経済」で「保守党独裁の反社会主義国家」であった。
 西ドイツ──アメリカ政府のマーシャル・プランによる援助資金をもとに戦後復興政策を進めた。戦後復興の基幹産業である石炭・鉄鋼は「欧州石炭鉄鋼共同体」という多国家管理による非民間企業に頼った。エアハルトは社会主義と資本主義の良いところをとった「社会的市場経済」を目指した。フォルクスワーゲンは戦後再出発にあたり、その株式20%を連邦政府が、さらに20%を地方政府が保有した。こうした石炭・鉄鋼・自動車産業を日本に当てはめるとどうなるか?それに比べれば日本経済は民間主導の自由経済であった。
 仏・英・独とも戦後何度も左翼政党が政権を担当した。現在英・独が保守政党を破っている。それに比べいかに日本の左翼・社会主義が信頼されていないか、よくわかる。

 日本では行政指導という政府の関与が話題になる。しかしそれ以上に「官に逆らった経営者」がいた。
 (1)天皇とまで言われた日銀一万田総裁に「川崎製鉄が千葉工場建設を強行するならば、ペンペン草を生やしてみせる」とまで言われた、西山弥太郎の大胆な設備投資、それに刺激され他社も追従した。戦争で古い設備が使えなくなったのは仏・英・独も同じ。しかし欧州の官僚にはあれほど大胆な発想は出来なかった。
 (2)「井深さんはトランジスタを使って補聴器を作るのですか?」と皮肉られ、特許導入を1年間遅らされた東京通信工業(後のソニー)。その1年の間に世界初のトランジスタ・ラジオはアメリカにやられた。大宅壮一に「ソニー・モルモット論」と皮肉られたが、今日の電子産業、官に逆らってトランジスタ特許を導入したソニーに始まると言って良い。
 (3)政府が成長産業を育成しようとした特定産業振興法、それに逆らって通産省で大型政務次官と言われた佐橋滋と喧嘩した、本田宗一郎は1983年のテレビインタビューで、佐橋滋と会った時を振り返り、次のように語っている。 「どうにも納得できないということで、僕は暴れたわけで、特振法とは何事だ。おれはやる(自動車を作る)権利がある。既存のメーカーだけが自動車を作って、われわれがやってはいけないという法律をつくるとは何事だ。自由である。大きな物を、永久に大きいとだれが断言できる。歴史を見なさい。新興勢力が伸びるにに決まっている。そんなに合同(合併)させたかったら、通産省が株主になって、株主総会でものを言え!と怒ったのです。うちは株式会社であり、政府の命令で、おれは動かない」(1995年2月5日、NHKテレビ「戦後経済を築いた男たち」から)
 (4)「官と闘った経営者」ヤマト運輸社長・小倉昌男が始めた「宅急便」、この普及は日本の流通業を大きく変えた。郵政民営化が問題になるのも宅急便の普及があったからだ。
 日本が「官民一体」ならば、仏・英・独は「民なしの、官のみ」だ。官に逆らった経営者たちのハイリスクな事業計画、前例を尊ぶ官僚にはとてもできない。戦後の荒廃はどの国も同じ、日本は度胸のある経営者が力を発揮できる自由な経済体制だった。進化論に例えれば、突然変異が出やすく、育ちやすい環境だったと言える。
 はしょって書きました。「官に逆らった経営者たち」「戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義」をキーワードに検索してください。詳しく書かれたサイトがあります。

戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義
 「資本主義経済では、政府はなるべく経済に介入せず、市場のメカニズムに委ねるべきだ。それなのに日本では政府がマネーゲームのプレーヤーになっている。これでは社会主義のようだ」との見方もあるでしょう。
 でも同時代の欧州先進国、フランス、イギリス、ドイツと比べると日本は「市場原理主義」とも言えるほど、政府の介入の少ない自由経済であった。
 フランス──戦後のフランスはジャン・モネの考えによる「フランスは未だ十分に市場が成熟していないの...続きを読む

Q政治学を学んでも、経済・経営を学んだ人より役に立たない?

私は政治学(国際関係論、開発学)を専攻しています。私は、文系では「文学部は就職難」と思っていましたので、その他の社会科学系の学部ならば就職で不利にはならないだろうと思っていました。

しかし、最近、企業に直結するのは「社会科学一般」ではなくて、むしろ「経済学・商学・経営学」の類だけなのかなぁと思ったりしてきました。
また、法学部の友人が「政治じゃ食えないからなあ」と、半ば文学部生と同じ扱いをされました。

政治学って、文学と変わらないんですかね・・?
就職や資格等の「実利面」から語っていただければと思います。「学問に貴賎なし」などの精神論は今回は結構です。

Aベストアンサー

某国立大で政治学(政治思想史・政治史・外交史)を学ぶ4年のものです。同じく政治を学ぶものとして、政治学に肩入れする発言になるかもしれませんが、そこは差し引いて見てくださいね。あらかじめお断りします。

私の大学は、法学部の中に、法律を軸とした3コース(法律・ビジネス・国際)と政治学コースがあります。ある方が、過去三年間のコース別の就職率を調べましたが、基本的にコース別の就職率に差は無かったそうです。ただし、政治学コースの学生は、もともと人数が少ないことや、その割に大学院進学者が多いということも言えるようです。

かく言う私も、大学院進学を目指し、就活をしていないので、就活をしている友人たちの話になりますが、やはり学歴と学部によるひいきはあるようです。ただ、採用ラインぎりぎりになれば、面接などでより広範な知識をもっているほうがはるかに有利だとも聞きます。そういう点では、政治だけではなく経済や文化などを広範に学ばないと学問にならない政治学を学ぶのは、有利だと考えることはできないでしょうか。法律一辺倒や経済・経営の連中に比べると、時事問題や構造上の問題に関しては、あらかじめ知っていることも多いのではないでしょうか。

大学の学部レベルの学問内容で大きく差がつくことは無いとおもいますが、ある程度のレベルの計算能力の必要になる銀行(文系内部よりも理系が有利との話もありますが)などは、経済・経営が有利かもしれませんね。

資格を取得すると、絶対に有利になるのは確かだとおもいます。一部の、大学でしか取得できない資格をのぞいて、基本的に大学は対策をしてくれないとおもうので、資格をとるための勉強をするという点では、あまり学部の差は無いのではないでしょうか。やる気次第ということでしょう。

某国立大で政治学(政治思想史・政治史・外交史)を学ぶ4年のものです。同じく政治を学ぶものとして、政治学に肩入れする発言になるかもしれませんが、そこは差し引いて見てくださいね。あらかじめお断りします。

私の大学は、法学部の中に、法律を軸とした3コース(法律・ビジネス・国際)と政治学コースがあります。ある方が、過去三年間のコース別の就職率を調べましたが、基本的にコース別の就職率に差は無かったそうです。ただし、政治学コースの学生は、もともと人数が少ないことや、その割に大学院進学...続きを読む

QA級戦犯に海軍軍人がいないのわなぜですか?

陸軍大将等は沢山処刑されましたが海軍軍人で東京裁判で起訴された人はいないと思いますが、事後法でも起訴する方法がただたんにみつからなかっただけなのですか?適当な解釈があれば教えてください。

Aベストアンサー

あえて、皆さんと別意見。
添付書籍は、元陸軍の方が書かれた、海軍主犯説です。
この本を読んで、私の意見を書くならば。

海軍は戦前からアメリカと交渉チャネルがあったが、陸軍は仮想敵がソ連であり、中国であったため、アメリカとのチャネルが少なかった。実際には陸軍は自分のチャネル(中国やソ連)と和平交渉をしておりました。
また、陸軍には、検察側に都合のいい証人がいたこと
http://taiwanx.exblog.jp/i5

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334933076/ref=ase_mixi02-22/250-1440357-0875447

Q史学部で有名な大学を教えて下さい。

こんにちは、まだ大学受験には早いのですが・・・
歴史学部に入りたいと思っています。 

やるなら、とことんやりたいと思っています。将来も、歴史に携わる仕事がしたいです。

大学の見学にも行ったのですが、やはりこれから大学受験を控えている方に気圧されてしまって上手く史学部を見ることができませんでした・・・。


来年も大学見学に行きたいと思っていますが、史学部のある学校を漠然と回るのではなくて

歴史学で有名な先生がいたり、有名な学校だったり。という予備知識をしっかり入れてから見学したいと思っています。


知っている方がいらしたら、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.3さんが書いておられますが国や時代によって各大学に特色があります。
自分の興味がある国や時代が明確でないとこれと言うアドバイスもできませんが。

強いてアドヴァイスをするなら歴史のある学校でしょうか。
史学は過去に書かれたもの(史料)をもとに研究をするのですが
歴史のある学校ほど史料の蓄積が多い傾向があります。
例えば明治、大正期に設立した大学なら設立当時の本や研究結果(文献)が残っています。
これが史料(コレクション、ライブラリー)となるのです。
もの蓄積は後発大学にはなかなか埋めがたいものだったりします。

あとは国立大学も史学は強いですね。
特に西洋史や東洋史の海外学術誌のライブラリーが私立より多いと思います。
50年前の海外の論文などを探すときは国立大学にお世話になることが多いと思います。
地方の歴史なども地方の国立大が強いですね。

いずれにせよ伝統校、国立大が有力だと思います。
全体的に偏差値は高めになるでしょう。
逆にいえば低い大学には史学科が少ない。

現状、ご自分の興味はそれほどはっきりしていないかもしれません。
大まかに偏差値60以上、学科が日本史、東洋史、西洋史にわかれる大学がよいと思います。
無論、この条件に入らなくても良い大学、研究者もあります。
ただ普通の高校がピンポイントで探すのは難しいでしょう。

参考まで。

No.3さんが書いておられますが国や時代によって各大学に特色があります。
自分の興味がある国や時代が明確でないとこれと言うアドバイスもできませんが。

強いてアドヴァイスをするなら歴史のある学校でしょうか。
史学は過去に書かれたもの(史料)をもとに研究をするのですが
歴史のある学校ほど史料の蓄積が多い傾向があります。
例えば明治、大正期に設立した大学なら設立当時の本や研究結果(文献)が残っています。
これが史料(コレクション、ライブラリー)となるのです。
もの蓄積は後発大学にはなかな...続きを読む

Q左翼はなぜ左翼になったんですか?

あの政党や、在日や、日本人の一般人の中にも左翼の人っていますよね?
帰化した人間が左翼なのはいいんですが、純粋な日本人なのに左翼の人っていますよね?
彼らはなぜ左翼的思想になっていったんでしょうか?
何があったんでしょうか?

Aベストアンサー

昔、左翼は「社会の不平等を打破し、公平な社会を作ろう」という美しい考えを持った人達でした。
一見美しい思想ですが、実際にそれをやろうとすると北朝鮮になっちゃうことが判明し、ほとんどの人が転向してしまいました。
今ではマルクス主義である左翼思想など「だれも努力しなくなり、みんなが等しく貧しくなる愚かな考え」と広く知れ渡ってしまいました。
今でもそんな考え方を貫いているのは、一部の共産主義者と在日です。
昔、左翼が強かった頃は在日は左翼の中のほんの一部の存在でした。今では日本人は左翼思想を捨てましたので左翼のほとんどが在日です。もうイデオロギーではなく日本人対在日の対立の図式に近くなっています。


人気Q&Aランキング