プロが教えるわが家の防犯対策術!

私は中学校国語の教員を目指し日々勉強をしているものです。

そこで質問なんですが、国語の教員をする上で呼んでおくべき本(森鴎外・

現代・近代・最近の話題作ETC…)というのはあるでしょうか?また一日に

何冊は最低限読んだほうがいい!!とか一ヶ月に最低このくらいはといっ

た意見などもありましたら是非参考にさせて頂きたいのでご意見宜しくお

願いします。

というのは私は古典が大好きで教師を目指すことにしたのですが、私自身

はこれまで現代・近代の評論・小説・随筆等の本を読むというう経験があ

りませんでした。しかし実習に行って切に感じたことは、中学校・高等学

校ではもちろん古典の指導も重要な学力と考えられていますが、それ以上

に現代文の読解力、さらにそれらを教材とした書くことや聞いて話すこと

いった表現力を学ばせる力こそが教員に求められているという現状でし

た。

六月から講師として教壇に立つ予定なんですが、もっともっと本を読まな 
ければいけないのではないか?と思い質問をさせていただきました。

何卒力添えよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#2です。


お待たせしてすみません。
じつは本当に言いたかったのはここからです。 

私がかねがね疑問を抱いているのは
日本の国語教育の中に根強く存在する文学偏重の傾向です。
もちろん教材として文学作品を取り上げることや,
教師が文学の素養を持つことが必要ないと言っているわけではありません。
しかし文学教育は国語教育のひとつの側面でしかないと思うのです。

詩や小説を読んで作者や作中人物の心情を汲み取ることも大切ですが,
コミュニケーション・ツールとして日本語を使いこなす能力を身につけさせることだとか,
思考の道具であると同時に思考を制約するものとしてのことばの役割に気づかせることだとかに
もっと多くの時間と労力を割くべきなのではないか。
そのためには教師の側が暗黙のうちに抱いてきた「国語観」を問い直してみることも必要かと思います。

たとえば
国語もまた語学のひとつであるとの視点に立って見直すと,
従来の国語教育の中で見過ごされてきた問題が浮かび上がってくる可能性があります。
第2言語としての日本語教育から学ぶべきものはたくさんあるように思います。

また外国語,手話,パラ言語,動物のコミュニケーション,プログラミング言語など,
地球上に存在する多様な情報伝達手段との比較において日本語を考えることは
ことばの本質について思索を深めるよい契機になると思います。
ソシュールだとかチョムスキーだとかいった言語学の中核はもちろんのこと,
心理言語学,認知言語学,社会言語学,言語人類学,進化心理学といった境界領域にも
われわれの目を曇らせている「うろこ」を吹き飛ばしてくれるような発見があります。

さらに「ことばの意味の根拠」とか「ことばと思考の関係」とかいった問題を始めとして,
ことばは20世紀哲学最大のテーマとして多くの哲学者によって論じられてきました。
哲学史上,それは「言語論的転回」と呼ばれ,影響は広く人文・社会諸科学に及んでいます。
21世紀の国語教師だってこのような動向と無縁でいられるはずはありません。
国語教育には哲学入門としての一面もあると思います。

ことばに関わる仕事をする者にとって
多様な視点からことばについて書かれた本を読んで知識と思索を深めておくことは,
格闘家にとっての筋力トレーニングみたいなものです。
私にとって教えられることの多かったことばに関する読み物の中から
比較的取っつきやすそうなものをリストアップしてみました。
私自身は言語学や哲学や国語教育の専門家ではありませんので,
選択に偏りがあることはご容赦ください。

入門篇。
■『日本語と外国語』 鈴木孝夫(著) 岩波新書/岩波書店
■『翻訳語成立事情』 柳父章(著) 岩波新書/岩波書店
■『ことばと国家』 田中克彦(著) 岩波新書/岩波書店 
■『全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路』 松本修(著) 新潮文庫/新潮社
■『もし「右」や「左」がなかったら―言語人類学への招待』 井上京子(著) ドルフィン・ブックス/大修館書店
■『日本語のしくみがわかる本』 町田健(著) 研究社出版

ここから中級。
■『情報のなわ張り理論―言語の機能的分析』 神尾昭雄(著) 大修館書店
■『ジョークとレトリックの語用論』 小泉保(著) 大修館書店
■『レトリックと人生』 レイコフ&ジョンソン(著) 大修館書店
■『言語を生みだす本能』 スティーブン・ピンカー(著) NHKブックス/NHK出版
■『心のパターン―言語の認知科学入門』 レイ・ジャッケンドフ(著) 岩波書店
■『心とことばの起源を探る』 マイケル・トマセロ(著) シリーズ 認知と文化 4/勁草書房
■『言語哲学―入門から中級まで』 W.G.ライカン(著) 勁草書房

この先には
ウィトゲンシュタインの『論理哲学論考』や『哲学探究』,
オースティンの『言語と行為』,クワインの『ことばと対象』・・・といった山脈が連なっています。


最後に宿題をひとつ(偉そうにすみません)。
下記のQ&Aで話題になっているのは1年ほど前にこのサイトを賑わせた「難問」です。
先のものは「メディア・マスコミ」のカテゴリに,
後のものはそこから分岐して「数学」のカテゴリに投稿されています。
どの回答者の言うことが正解なのか?
議論が噛み合わないのはどこに問題があるのか?
時間のあるときにじっくり考えてみてください。

■SPAのこのQuestionについて
 http://okwave.jp/qa2812353.html

■もう1人が男である確率
 http://okwave.jp/qa2815878.html

この問題は日常言語と論理言語のあいだに横たわる「罠」に気づかせてくれます。
2つめのほうの回答#65あたりで数学屋さんが自戒を込めて総括なさっていますが,
国語屋さんにもこの問題の難しさと面白さをぜひ味わっていただきたいのです。
日本語力の底上げが子どもたちの数学や理科の力を伸ばすのはまちがいないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~ん…本当に考えさせられるご意見ありがとうございます。

言語としての日本語の勉強を改めてしてみようと思いました。

まだはっきりいってDiogenesisさんが必要とする国語教育の足元にも及ばない

ことがはkkりしました。国語屋。その通りだと思いました。国語を専門として

子どもを学力に責任を持つ。入門編の書籍も参考にしながらやはりもう一度

教壇に立つ前にしかっり勉強します。

この度は本当に私のような教員を目指すさなかの不束者者にアドバイスし

ていただき本当に本当にありがとうございました。

頑張ります☆

お礼日時:2008/04/25 22:11

こんにちは。

再度投稿させていただきます。
新学期でバタバタしておりまして、遅れてしまいすいません。
授業の準備は、先生方によって違うと思いますけど…
参考になるかわかりませんが、簡単に。

私の場合は、まずは朗読ですね。
生徒に、自分が朗読するわけですから、時間を見つけて声を出して朗読します。
先生が朗読の見本を示せないのでは、生徒に朗読させれませんし。

次に、新出漢字の意味調べですね。
生徒に意味調べをさせるので、自分も意味調べをします。

次には、段落ごとのまとめ。
形式段落、意味段落を、それぞれ簡潔にまとめるようにします。

他にもいろいろあるのですが、基本は生徒にやらせる作業は、自分もやってみる、ということでしょうか。
とりあえず、同僚の先生たちなんかと相談すると良いと思いますね。「先生はどんなやり方されてますか?」とか聞いてみたらどうでしょう。

あとは、TOSSという授業実践のサイトを見て、他の先生の授業方法を勉強したりしています。
他にも時間があると、やることはたくさんありますが、まあ大まかな流れはこんな感じでしょうか。
とりあえず、乱読ですが、毎日本は読んでいます。

参考URL:http://www.tos-land.net/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご返信何度もありがとうございます。

授業までの流れまで教えていただいてありがとうございます。参考にさせ

ていただきます。まだまだ不安でいっぱいですが、学びの姿勢を持ち続けるこ

とだけは忘れずに勉強していきたいです。そしてnumnum1188さんのアドバ

イス通り先輩の教員からの指導を仰ぎながら頑張っていきたいと思いま

す。なかなか読書のペースもあがりませんが、すこしづつ国語の教員にふ

さわしい専門性を身に付けたいです。本当に教職という怒涛の日々をお過

ごしの中にお返事をくださってありがとうございました。

失礼します。

お礼日時:2008/04/25 21:10

 ここに寄せられた回答はどれもなるほどと思います。

現実に実務に携わると、生徒と向き合う時間のなさに失望し、生徒、保護者、上司、世間という生身の人間達の発する迫力におたおたすると思います。それにたじろがぬためには、#4のかたのご意見は、傾聴に値すると思います。あえて蛇足を加えますと、世に出て働く人間に最も必要なものを身につける読書や体験や思索をされるべきと思います。「それは、度胸、図々しさ、事務能力、人と表面だけ合わせることのできる軽薄さ、前記一切」です。(海音寺潮五郎氏の著作から引用)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんわ。御忙しい中ご意見本当にありがとうございます。

今回質問させていただいて感じたことは、国語教師としてどういう本を読むことという前に、国語、日本語教育がいかなる視座に立って行われていくべきかを考えての読書の必要性です。

今回の皆さんの回答をヒントに学校教育で育つ力と社会に出てから必要な力、生きていく上で必要な力が結びつくような教育ができるような教員を目指して行きたいと思います。そのような教育の場に活用できるような読書をします。

ご意見本当にありがとうございます☆

お礼日時:2008/04/11 21:35

生徒時代国語大嫌いだった立場から


 国語=文学(現代,古典含め)+随筆とかという発想は
 やめて欲しいです.
  ユニセフの定義によれば本とは本文49ページ以上の
  不定期刊行物を言い,漫画,数学,経済学などの本も
  すべて本です.
 実社会に入ったら文学本よむことよりも
 法律,業務マニュアル,業務報告,提案書などをを読み,書き,
 説明説得することが重要です.
  すでに古典になっている明治時代の文学にしかでてこない
 漢字,表現を教えることも国民の文化レベルを上げる意味で
 重要ですが,その前に実務作業がで十分できるだけの
 日本語の力を教育できるために必要な本(先ほどの定義)を
 読んで,正しい日本語教育をしていただきたいです.
 日本語教育が乱れたままでは,科学技術,国際政治などで
 海外に勝てない.
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御忙しい中、ご意見ありがとうごじます。

了解です☆とは簡単は言えませんが、私も学生時代を振り返って国語の教科として役割は何なのか、また社会に出て行くうえでどんな力が付いたのか?
延いては国語の教員としての役割もまだわからないでいます。

だからこそ国語科の教員として何を今のうちに学ばないといけないのか考え中です。GO4444さんの貴重なご意見参考にさせていただきます。

私も教員を目指すもとしてこれからの社会に出た子どもたちがあの授業が役に立ったと思えるような授業を創造していきたいです。

本当に貴重なアドバイスありがとうございます☆

お礼日時:2008/04/10 18:07

こんにちは。


私も教員をしているものです。
本を読むことは国語科教員の商売の一部だと、私は思います。

とりあえず、担当される学年の教科書に掲載されているものは、一通り読んでおくことをおすすめします。
特に文学作品は、抄出しているケースが多いため、授業中などに、
「実はこの教科書に載っている『富岳百景』は、ここのところがすこし削られているんだよ…」
と話を膨らませることもできます。

さらに、指導書などをみると、その筆者の別の代表作や、評論文なども紹介されているはずですので、それらもあわせて読むと、より理解が深まるように思えます。

特定の何かを「読まなければならない」ということはないと思うのですが、
とりあえず話題になっている本や課題図書あたりから手を付けてみられると良いのではないでしょうか。
また、生徒たちから「今、何読んでるの?」と情報を収集すると良いかもしれません。
あまり力むことなく、手に取れる本からはじめられてはいかがでしょうか?

この回答への補足

こんばんわ。

御忙しい中ご意見本当にありがとうございます。

はい!!実習の時に実際に抄出されていました!!

そっかー!!教科書に登載されている作品だけでなく別の代表作を読めば作品を読み深める上で参考になりますね☆

先生は実際に作品を授業を行う上でどのような準備をしてらっしゃいますか?すいません…お忙しければ返信の方は結構ですので☆

はい!!ますは一冊ずつ読んでみたいと思います。そしたらきっと好きな作家や子どもたちに紹介したい作品と出会っていきますよね?

本当にお仕事が忙しい中アドバイスありがとうございます。

補足日時:2008/04/09 19:59
    • good
    • 0

#1さんとは少し意見が違うのですが,


国語教員という立場上,好むと好まざるとに関わらず
読んでおいたほうがいい書物というものはあると思います。

たとえば活字離れが進んだと言われる現代にあって
「ライトノベル」とか「ケータイ小説」とかいったものが若者に支持されています。
こういうものにも目を通しておくと生徒理解の上で役に立つ機会があると思います。
もちろん生徒に媚びる必要なんてありませんが,
コミュニケーションの糸口になることはあるかもしれません。

そこまで行く前に近現代の文学作品をということなら,
まずはこちらの100(+α)冊の中から
まだ読んだことのないものをこの1年のうちに読んでみるというのはどうでしょう。
若い読者を想定した毎年恒例のキャンペーンです。
2008年版はまだのようなので,とりあえず2007年のもので。

■新潮文庫の100冊
 http://100satsu.com/viewer/

漱石,鴎外から村上春樹,吉本ばなな,果てはさくらももこ,ビートたけしまで,
近現代の名作,話題作を取り揃えています。
海外文学もゲーテ,トルストイ,ドストエフスキーといった19世紀の文豪から
カフカ,カミュ,ヘミングウェイといった20世紀の作家,
さらにはベルンハルト・シュリンクやジュンパ・ラヒリの最近の話題作まで,
硬軟取り混ぜてまずまずの顔ぶれだと思います。
『不思議の国のアリス』,『星の王子さま』といった作品も
大人の視点で読み直すといろいろ発見があります(原語で読むとなお良い)。
シェイクスピアと大江健三郎の作品が含まれていないのが玉に瑕か。

ちょっとマセた中学生なら
このリストにあるような本はすでに読んでいても不思議ではありません。
「さすが先生には敵わない」と思わせるぐらいの読書の「量」と「幅」があるといいですね。
いざとなったら文庫目録の作品解説を読んで知ったかぶりすることも
教師の技術のうちかもしれません。

(つづく) 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おはようございます。

ご意見ありがとうございます!!

「新潮文庫の100冊」早速チェックしてみました。近現代の名作?まだ

読んでいないのでわかりませんが、早速村上春樹「カフカ」から挑戦してみ

たいと思います。やっぱりちょっとマセた中学生にも魅力的な教員になれ

るよう頑張りたいです。算数でも理科でもなく国語の教員を選択したのは

私なのでやっぱり国語の教員として本が好き嫌いに関わらず少しでも多く

の本を読み、子どもたちに言葉、日本語のすばらしさを伝えていけるよう

になりたいです。その為の手段としての本は必ず役に立つと思うので、今

日早速「新潮文庫」を見に行きたいと思います。もしお金に余裕があれば

ケータイ小説も手にとってみたいです。御忙しい中私の為に貴重なご意見

本当にありがとうざいました。感謝の気持ちでいっぱいです。

お礼日時:2008/04/09 09:47

読みたければ読めばいいと思いますが、別にいまさら集中的に読んだところでどれだけ役に立つかは???です。

無駄なことかもしれません。本などを読み、内容を理解し、何かを感じ取りそれをふくらませていくといったことは、読みたいから読むんだという衝動にかられてする場合は吸収される何かも大きいと思いますが。
私は本を読むなといっているわけではありません。計算的でなく、もっと純粋な気持ちで本に接して欲しいと思っているだけです。
私は以前一時期は一日に10冊以上の本を読んだこともありましたし、それはそれでよかったと思っているのですが、何は絶対なんて考えるのはおかしいです。読みたいものを読めばいいんです。ノルマもありませんし。ただ一旦読み始めたら止まらなくなって徹夜することになるかもしれませんが、それはそれでありですよね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

本に対する純粋な気持ち…考えたことがありませんでした。ただ何とか教員と

しての最低限の知識と教養を身につけないと!!という風に考えていました。

そうですね…私はずっと野球をしていましたが、好きでやっていました。

やらされるのでは決してなく、だから一生懸命になれたし、多くの事を学

びとることができたのだと思います。

もう一度国語の教員に必要な資質について考えてみたいと思います。

御忙しい中ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/05 21:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教員が読むべき本はどんな本?

私は高校の国語の教員になりたいと思っているのですが、教員としての力をつけるためにどのような本を読んだらいいでしょうか?
教員としての基礎的な知識を身につけるものから、読んでおいた方がいい小説など、これはお薦め!!という本をぜひ教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お返事ありがとうございます。

私に謝る必要はありません。気分は害してません。感じたことをフィードバックしただけですから。このサイトは文章のみでやり取りしているので感情が伝わりにくいですね。

今回は良い教訓かもしれません。

教員になって、実際に学校という組織に属し、生徒という未熟な生身の人間や保護者を相手に仕事をしだしたら、今以上に「がっくるとうなだれる」ことが多くなると思います。

しかし、貴方が立ち止まっていても時間はどんどん過ぎていってしまいます。
落ち込もうが不完全な答えしかなかろうが、何か変化を起こすためには意思表示をして行動しなければなりません。その度合いは、一般の社会人よりも教員の方がより求められると私は思いますので、挫けず頑張って教員になってください。
完璧を求めるよりも、8割の出来でも良いからすぐに行動する方が良い場合が多いですね。

「あきらめず、挑戦し続ける限り、失敗とは言わない」そうです。

Q国語の中学または高校の教師になるには・・・

現在、文学部に所属する大学一年です。

将来、中学または高校の教師になることを志しているのですが、
そのために、今から勉強しておくべきことは何でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実力をつけておくこと。本当になる気があるのなら。

実力は2通りあります。国語の授業に関することと、人間性。

国語の授業に関しては
・古今東西の名作と言われる文学作品は全部読む
・漢字検定の2級に合格しておく
・整った文字を早く書けるようにする
・作文・詩・随筆など、どれか一つでもいいから文章力を高める
・文法・語法について、このサイトに出てくる質問に答えられるくらいになる
   まあこのくらいにしときましょう。

人間性に関しては
・人生の経験値を高める
   今日日の若いモンは、無趣味・無経験なのが多い。
   それって、人間的な魅力に乏しい。特徴すらない人物に見える。
・趣味をとことん追究する(上記に同じ)
・会話力を高める
・でかい声も出せるようにしておく
   まあ、このくらいにしときましょう。

その上で、単位を取って免許を取得し、採用試験に合格すること。コンパだサークルだバイトだって言ってる暇なんてないぞ。がんばれ若者。

Q教師が持っていたほうが良い資格

教師が持っていた方が良い資格についてアドバイスください。
他教科や他校種の教員免許ではなく一般的に取得できる資格です。
「重要なのは資格ではない!」ということは、重々承知しております。
ですが、キャリアアップと履歴書に箔を付けるために資格を取得したいと思っています。

現在、役に立ちそうな資格で取得しているものは
・シスアド
・漢検
・数検(勉強中)
・運転免許
があります。
他にも、こんな資格は役に立つ、あるいは採用試験の時に有利だ等お願いします。

ちなみに、希望は小学校です。

Aベストアンサー

小学校教員です!
私も質問者さんのお気持ち、よくわかります。
私も大学時代、特にこれといった資格を取得していませんでした。
また、サークル活動なども全然しておらず、焦ったのを覚えています。
採用試験の時、資格を書く欄に、運転免許以外、書けるものがないん
ですよね・・・
私は、何か自分で持っておきたいな・・・と
秋頃に、歴史検定と書写検定をうけました。どちらも3級なので
たいした資格?ではないのですが、資格の欄には書きました。
比較的短時間で取得できますよ。

・・・しかし、取得したからといって、有利になったとは全く思いませんでした。
それよりも、ボランティア経験があるとか(学生時代、ボランティアで
宿泊してお世話をする・・・というのをやったことがあり、それのほうが貴重だったかと思っています)・・・そういったほうが
大事だったんだろうなぁと思っています。
・・・でも、ホント、質問者さんのとにかく何かやらないと!という
気持ち、よくわかるので、頑張ってくださいね!
とにかく採用試験に合格したいっていう気持ち、わかりますから!!

また、複数免許は持っているとやっぱりいいのかな・・・
私は小学校専修免許と、中学と高校のある教科の一種免許を持っているので、それはしっかり書いて、面接でもアピールしました・・・

先生というよりも、1人の人間として、沢山の経験を積み、子ども達に色々なことを伝えていきたい・・・という気持ちで頑張ってください!
それは教師になった今も、私は努力していることでもあります☆

小学校教員です!
私も質問者さんのお気持ち、よくわかります。
私も大学時代、特にこれといった資格を取得していませんでした。
また、サークル活動なども全然しておらず、焦ったのを覚えています。
採用試験の時、資格を書く欄に、運転免許以外、書けるものがないん
ですよね・・・
私は、何か自分で持っておきたいな・・・と
秋頃に、歴史検定と書写検定をうけました。どちらも3級なので
たいした資格?ではないのですが、資格の欄には書きました。
比較的短時間で取得できますよ。

・・・しかし...続きを読む

Q国語の教員採用試験勉強法について

いつもお世話になっております。
ご存知の方、ご経験された方にご相談です。
古文・漢文の勉強方法で悩んでおります。
やり方、いい参考書、問題集があれば教えてください。
また、理解のレベルとしてセンター試験の国語で満点程度ならば、
問題ないのでしょうか?
以上、何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。
国語教師を目指していらっしゃるんですね。
やりがいがありますよ。ぜひ頑張ってください!

まず、出題傾向というのは、県によって違います。
なので、ご自分がお受けになる県の過去問は必要です。
そこで、古文漢文の問題の傾向を判断されるといいと思います。
(でも、過去問は受験された方から聞いた情報を元に作られているので、完全に傾向を掴むことはできません)

私も自分の県の過去問を買って傾向を掴み、高校の受験勉強のように、ひたすら古語や古典文法、句法を覚えましたよ。
そういえば、文学史も薄っぺらい問題集を使って、大まかな流れを掴みました。

センターで満点レベルの実力をお持ちなんですね!
素晴らしい!
ただ、国語教師を目指す人は国語が得意な方なので、満点レベルの方が多い、というのがあります。
そこから抜きんでるには、やはり記述問題に強くなっておくべきです。(専門教養は記述式ですので)
大学受験レベルの問題集(これはご自分の好みでよいと思います)を解いて、訓練されておくと良いでしょう。

どうか、素敵な先生になって下さいね!

こんばんは。
国語教師を目指していらっしゃるんですね。
やりがいがありますよ。ぜひ頑張ってください!

まず、出題傾向というのは、県によって違います。
なので、ご自分がお受けになる県の過去問は必要です。
そこで、古文漢文の問題の傾向を判断されるといいと思います。
(でも、過去問は受験された方から聞いた情報を元に作られているので、完全に傾向を掴むことはできません)

私も自分の県の過去問を買って傾向を掴み、高校の受験勉強のように、ひたすら古語や古典文法、句法を覚えましたよ。
...続きを読む

Q国語科教員になるための大学

高校生です。
将来は教員(国語科)になることを目標としています。進路は4年制大学に行き、日本文学を専攻しようと考えています。
しかし、大学については、どういう大学が教員になる環境が整っているのか、ということなどは詳しく知りません。予備校などには通っていませんし、先生方とは事情があってコミュニケーションが取れていないため、誰にも進路の相談に乗ってもらえずに困っています。「国語の先生」という目標はあるにもかかわらず、正直、足踏み状態です。
国語科教員になるには國學院大學などが良いとよく言われるそうですが、その他の学校については、まったく話を聞いたことがありません。

そこで教えてください。
・関東圏の学校
・私立で文学部がある
・教員になる環境が整っている
という条件がそろっている、具体的な大学名を教えてください。
また、教員の方がいらっしゃるのであれば、周りの国語科教員の出身校統計などを教えてくださると幸いです。
何卒、ご協力よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下の方が答えられているように、文学部国文科のある大学ならどこでもいいと思います。
教員以外の就職のつぶしも聞かせるためには、早慶上智の文学部(早稲田なら二文ではなくて一文の国文学専修のほう)が望ましいでしょうが、そこまでの学力が無ければ国文学なら「國學院大学」と「二松学舎大学」がいいと思います。国語科OBも多いですからね。尤も、二松学舎大学の場合、国文学の中でも漢文学のイメージが強いですが。つまり古典の教員という色彩が濃いですね。

*以下は個人的希望。
私の個人的希望を書かせてください。私の高校時代の経験からして、高校の国語科教員に求められるのは、日本文学の才能などではなくて、論理的に緻密に書かれた評論文などをしっかり読みこなし、学生に教授する力だと思います。悲しいかな、高校教員にはやはり、生徒を大学受験で合格させる任務があると思います。そうすると、常に高校の現場教育は大学入試問題によって制約を受けざるを得ません。と考えると、大学入試の国語の主流は現代文です。しかも、現代文は圧倒的に「評論文」がメインです。そして、その評論文の扱う内容に「文学」は殆ど扱われません。ほとんどが社会科学的・哲学的な内容です。国民国家とか市場経済、物心二元論、人間中心主義、環境破壊とヒューマニズム、情報化社会、技術革新・・・といった、しごく社会科学的(政治・経済学的)なテーマが扱われます。予備校の現代文教師のほとんどが文学部卒ではなくて法学部とか経済学部卒なことからも分かるように、相当の社会科学的素養が無いと現代文をといたり教えたりする事は出来ないと思います。

どうか、「日本文学」という文学ばかりに耽溺することなく、現実的な社会問題、あるいはその社会問題を根幹で支える近代的社会思想などについても学ばれる事を強く希望します。それができない現代文の高校教師があまりにも多くて嘆かわしいのです。

以上、おせっかいでした。

下の方が答えられているように、文学部国文科のある大学ならどこでもいいと思います。
教員以外の就職のつぶしも聞かせるためには、早慶上智の文学部(早稲田なら二文ではなくて一文の国文学専修のほう)が望ましいでしょうが、そこまでの学力が無ければ国文学なら「國學院大学」と「二松学舎大学」がいいと思います。国語科OBも多いですからね。尤も、二松学舎大学の場合、国文学の中でも漢文学のイメージが強いですが。つまり古典の教員という色彩が濃いですね。

*以下は個人的希望。
私の個人的希望を書...続きを読む

Q非常勤講師の労働時間と給料に関して

4月から講師希望で自治体に登録していたところ、昨日非常勤で1年間中学校での講師依頼が来ました。条件は、週24時間勤務で、時給は約3000円ほどだとのこと。詳しくは後日(月曜日)ということで詳細は把握していませんが、当然週に24時間分教科指導をするということではなさそうで、一部生活指導等も行うのでしょう。

そこで質問したいのですが、1ヶ月、祝日等がないと仮定して働くと、週当たり72000円、×4週分で単純計算で約29万円になります。校長先生ももう一度そのあたりは調べますと仰っていましたが、この金額だと、余裕で新任教諭の初任給を上回ってしまいます。こんなことは有り得るのでしょうか?形としては準常勤講師(?)みたいな感じですね。

詳細はもちろん後日自分で調べますが、一応気になったのでよろしければ参考にしたいので、ご回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

臨時教職員の呼び方は、自治体によってかなり違いがあるようなのですが、一般に「非常勤講師」とは、授業のみを担当し、勤務時間も自分の授業がある時間、給料は時給で、お書きになっているように1時間につき3000円弱ですね。
ただ、ちょっと気になるのは、24時間という時間数。
一日6時間で週5日だと週に30時間(ロングホームルームなど含む)が一週間の授業時間ですから、非常勤で24時間ということはあまり考えられません。通常、非常勤は、正規の先生で授業を割り振った際に出る「端数」の授業時間や、初任研などで該当の先生の授業時間を減らす場合の授業時間を担当しますから、多くても週に12~3時間程度のことが多いのです。
同一校で週に24時間の授業というと、教諭(臨時的任用)あるいは常勤講師という形で、勤務時間も正規の先生と同じ、持ち時間(授業をする時間)が24コマ、という方が一般的だと思うのですが。

Q日本の古典を学ぶ意義

高校生です。
高校で古典を学ぶ意義を教えてください。
僕は、教科書を使って学校で授業を受けていますが古典を学ぶ意義は無いと感じています。
古典を勉強することによって、日本の伝統的な心を学ぶことができるのでしょうか。(それよりは日本の歴史、とりわけWW1以降に重点を置いて学ぶ事のほうが優先順位が高いと思います。なぜなら現在の世界の情勢はここに起源があるからです。)
たとえば「あわれなり」の感覚。これは日本人に独特の感覚と聞いた事があります。確かに他の言葉では説明しにくい根本的な感覚「あわれ」を、古典によって深める・知ることはとても有意義なことです。

しかし、僕は思うのですが、古典というものは中身が無い。薄っぺらい。前述のような日本独特の感覚などを「汲み取る」ために古典を学ぶのならなぜ日本語訳を教科書に書いてくれないのでしょうか。学校ではいつも文法や単語帳をつかって必至に訳をする。そこで終わり。なにかを得たことは一度もありません。将来使うことも無いのに文法をつかって訳をする訓練。これって古典に中身が無いことをあらわしてると思います。

古典を教えることを決めた人たちはどういう目的で決めたのでしょうか?単になにか「日本人らしいこと」をさせるために無理やりに探し出してきて僕ら学生に押し付けているだけではないでしょうか?そう思えてしまいます。

古典を学ぶ意義、もし、あるのなら、教えてください。

高校生です。
高校で古典を学ぶ意義を教えてください。
僕は、教科書を使って学校で授業を受けていますが古典を学ぶ意義は無いと感じています。
古典を勉強することによって、日本の伝統的な心を学ぶことができるのでしょうか。(それよりは日本の歴史、とりわけWW1以降に重点を置いて学ぶ事のほうが優先順位が高いと思います。なぜなら現在の世界の情勢はここに起源があるからです。)
たとえば「あわれなり」の感覚。これは日本人に独特の感覚と聞いた事があります。確かに他の言葉では説明しにくい根本...続きを読む

Aベストアンサー

学習の意義とは何でしょうか?
古典を学ぶ意義、天文学を学ぶ意義、数学を学ぶ意義、科学を学ぶ意義、音楽を学ぶ意義、絵画を学ぶ意義、等等
実用的な面が無いと学ぶ意義は無いのでしょうか?
自分のやりたいことについて、現在の知識のみを学ぶことだけでよいのですか?

古典を学ぶことは、先人の知恵を受け継ぎ、さらに自分で考えを高める上で、強力な手法になります。

昔、理科系を目指すため古典は必要ないと思っていましたが、専門分野を奥深く理解,研究するためには古典の原典を読むことがしばしばあります。
たとえば過去の天文現象の研究に、日本書紀や平安時代の日記類が重要文献になっていることを知っていますか? この研究は世界が注目しているのですよ。欧米などは、当時の歴史書や日記類の記録がなく、非常に残念がっているのです。
また新薬開発に、本草学や医学の古典(しかも平安時代にもさかのぼります)が、大きなヒントになることを知っていますか? 製薬会社の研究者が、古典の解読を行い、新薬の開発をしているのです。
他にも、テクノロジーの分野でも古典の原典を読むと非常に大きなヒントが隠されていることが多々あります。
先人が残してくれた重要な情報を、古典が読めずに繰り返し実験を行っていたことを知ったとき、非常に空しい気持ちになります。
教科書の古典は、これらの文献を読みこなすための、トレーニングになっているのです。教科書の古典だけが、古典の世界ではありません。理学,化学,薬学,数学,政治,経済,処世法等等、古典の中に知識の大海が広がっています。この大海原を漕ぎ出すための小さな手法として、古典を学ぶ意識をもたれてはどうですか?

それともやはり異議が無いと考えるならば、それは個人の自由と思います。

学習の意義とは何でしょうか?
古典を学ぶ意義、天文学を学ぶ意義、数学を学ぶ意義、科学を学ぶ意義、音楽を学ぶ意義、絵画を学ぶ意義、等等
実用的な面が無いと学ぶ意義は無いのでしょうか?
自分のやりたいことについて、現在の知識のみを学ぶことだけでよいのですか?

古典を学ぶことは、先人の知恵を受け継ぎ、さらに自分で考えを高める上で、強力な手法になります。

昔、理科系を目指すため古典は必要ないと思っていましたが、専門分野を奥深く理解,研究するためには古典の原典を読むことがしばし...続きを読む

Q経済学部と経営学部の違いは何でしょうか?

経済学部と経営学部は何がどう違うのでしょうか?
たいした中身の差はないのでしょあか?

経済学部経営学科もてあるみたいですね。
これでますます分からなくなりました。

将来。起業するのなら経営学部の方が良いのでしょうか?
経営、経済にとらわれなくても良いのでしょうか?

どうぞ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題に対して常に関わっていくのが経済学であり、家計や企業や政府といった単位で経済の仕組みを考えるのが経済学で、それに対して経営学は、経営者として企業をどう動かしていくのか考えるのが経営学です。経営・会計・流通・情報などに興味があるのだったら経営学部です。

 特に、ブランドや洋服に興味があるんだったら「流通論」や「マーケティング」が絡んでくるから経営学部でしょう。「マーケティング」では、企業の戦略や小売業・卸売業・メーカーが一体となって商品の在庫管理などをとりあげたりして、企業側の戦略や業務分析など現場と密接な関係を持った感じの講義がたくさんあります。将来、企業家を目指すのであれば、経済学より、実践的な経営学をお勧めします。特に、中小企業論や社会起業家論などのゼミを選択されると良いと思います。また、大学によっては起業家をよんできてセミナーをひらいたり、ベンチャービジネスをゼミ単位でやっている大学などもあるようです。

 経済学部は、公務員試験に向けた講義が充実しているから、金融や公務員などを目指す人にお勧めでしょう。経営学部は、流通やサービス・金融などを目指す人に向いていると思います。経済学部に比べて、経営学部は、「実務や現場重視」といった感じがあります。商学部は、経営学部に似ていますが、「会計」「流通」「マーケティング」の比重が高くなります。商学部と経営学部は、商学部・経営学部は、ほぼ同じようなカリキュラムで、似たような講義をしているところもかなりあります。

 リクルートの進学系サイトのURLを載せておきます。大学の教授や学生などの情報ものっているので、参考にされてはいかがでしょうか?

参考になれば幸いです♪

 

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題...続きを読む

Q中学校の国語の教師になる課程で

私は国語の先生になりたいと思っています。
その場合、大学は主に教育学部の何科に行けばいいんですか??
まだ、来年に高校受験を控えている身ですが、
この夢はきっと一生変わりません。
こんなに先走っていても、とも思いますがどうか回答お願いします。

また、その必要な科に行ったあと、どのような勉強をするんですか??
国語といってもいろいろな分野があるじゃないですか?
現代文だったり古典だったり・・・。
それともし、国語教員の教育実習を受けられた方がいましたら、
その時にした授業の内容をぜひ教えてください。

Aベストアンサー

 教員免許を取得するには、教育学部にすすむよりも文学部の国文科、日本文学科に進んだほうが楽であることのほうが多いと思います。
 教員免許には大きくわけて、「教えかた」の単位と「教える内容」の単位があり、両者の関係が比率でいうと1:2か1:3くらいになっています(大学によって多少違う)。教育学部に在籍していれば「教えかた」の授業は卒業に必要な単位として認められますが、「教える内容」は認められない場合が多いのです。文学部ですとその逆。つまり、「卒業するために必要な単位以外の単位」を余分に取らなければならないわけですが、これが意外としんどいものです。特に教育学部に進むと、「2」か「3」の「卒業するために必要でない単位」を取らなくてはならないので、ひどい大学だと免許のために一留という教育学部もあるようです。文学部の場合には、たしかに「卒業するために必要でない単位」を受講しなくてはいけませんが、その量が少なくなるので助かります。
 教育学部で学ぶ利点は「どう教えるか」という方法論にくわしくなれることです。ですから小学校の先生を目指している人や学級経営、教育心理学、特殊学級などの問題に興味がある人はこちらのほうが実際的であるといえるでしょう。一方で文学部に進んだ場合には、大学にもよりけりですが「教える内容」についてより深く、専門的に学ぶことができます。多くの大学ではシステム上、あるいはその人の授業の選択の仕方によって、近代文学、古典作品、国語学などを幅広く、一通り学べるようになっています。むろん教育学部生でもそうした授業に出ないと免許を取れないわけですが、それはあくまで「最低限」の部分ですので、やはりなかなか力がつかないのが実情だと思います。
 中学校の先生をめざすのであれば、教育学部、文学部どちらにもそれなりの利点はありますが、できれば文学部でしっかりと勉強することをお勧めします。「どう教えるか」は、ありていにいってしまうと、大学で授業を受けて身につくものでもありませんし、学級経営などに特別な興味を持っていないかぎりはそれほど必要なものでもありません。むしろ塾などでアルバイトをして実際の経験をつむことのほうが役に立ったりします。
 最近は公立学校の教員採用が手控えられているので、就職はかなり大変だと思います。私立は割合活発に採用をおこなっているようですので、就職活動はそちらがおすすめですが、多くの場合、こうした就職口は大学の研究室や教授のところへ直接来ます。大学にはできるだまめにいって、研究室の人と仲良くなっておくといいでしょうね。ちなみに私立は中高一貫のところが多いですので、中学校の免許のほかに同じ教科で高校の免許を持っていると有利です。(なお中学校の免許には法律の改正で教育実習のほかに介護体験が必要になりましたので、大学3、4年はなかなかいそがしいと思います。)
 ちなみに国語の教員養成で定評があるのは国学院大学などです。高校は普通科などを選び、まじめに勉強すればけっしてかなわない夢ではありませんので、まずはがんばってみてください。ついでにいうと国語の教員をめざすにはまずなにより本をたくさん読んでおくことが大切です。若いうちにやっておかないとこれだけはとりかえしがつきませんので、こちらのほうも忘れずに努力してみてください。
 こまかい点は、いちど学校の国語の先生にくわしくうかがってみてはいかがでしょうか。

 教員免許を取得するには、教育学部にすすむよりも文学部の国文科、日本文学科に進んだほうが楽であることのほうが多いと思います。
 教員免許には大きくわけて、「教えかた」の単位と「教える内容」の単位があり、両者の関係が比率でいうと1:2か1:3くらいになっています(大学によって多少違う)。教育学部に在籍していれば「教えかた」の授業は卒業に必要な単位として認められますが、「教える内容」は認められない場合が多いのです。文学部ですとその逆。つまり、「卒業するために必要な単位以外の単...続きを読む

Q私立の中学か高校の教員として採用される方法

私は今月大学を卒業をし、

通信大学で1年間で中高の英語の教員になります。

でも、いつどのように就職活動をしたらいいのかさっぱりわかりません。

国公立なら試験に合格したらいいだけですけど・・・

私は私立にこだわっています。

私立には教員登録制度があるようですが、それ以外ではいい方法はないのですか?

みなさんの情報、経験を教えてください。

Aベストアンサー

私学の教員です。

私学は早・慶や立命館などのように大学が大きくてしっかりしているところは別格で、ほとんどがいわゆる「中小企業」と同じです。

専任が少なく常勤講師が担任を持っている割合の方が多いとか、持ち時間が多いなど、労働条件が悪い(=教育条件も悪い)学校は少なくありません。

経営者(理事長)がワンマンで、組合攻撃が激しい学校もあります。ある程度身分や賃金が保障されている公立学校と同じように考えていると失敗しますよ。

私立だけではなく、公立の採用試験も受ける(対策する)ことをお勧めします。

参考URL:http://www.shikyoren.or.jp/


人気Q&Aランキング