現在大学4年で、未だに「自分がどのような職業に就きたいのか」という事が決まりません。
そんな中で去年の夏休みに実家に戻り、父親の経営する会社の手伝いを初めて行いました。
父の会社は建設コンサルタントという仕事を行っており、会社に居るのも父と手伝いに来ている母だけです。
その時そこにあった多くの機械を見て「父親の代で終わらせるのは勿体無いのではないか」という考えが頭に浮かんだのです。

ですが、父親がやっていた建設コンサルタントという仕事も何をしているのか詳しく分からず
自分の認識では「地質調査をする仕事」としか理解していません。
しかし、今の私はこの仕事をやりたいと思っています。

聞いても父は「自分の好きなことをしなさい」と言い
自分も昔「会社は継がない」と言ってしまった以上この仕事の内容についても詳しく聞ける空気ではないのです。

一体この建設コンサルタントというのはどの様な仕事なのでしょうか?
どのような資格が必要なのでしょうか?今からでも間に合うでしょうか?

質問だらけですいません。多分間違っている事も多いでしょうが、どうかお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

参考URLに解説が載っています。



今から間に合うでしょうか?とのことですが、
あなたはどちらの学部に在籍されているのでしょうか?
また『間に合う』というのは、お父様の会社に入ることを指しているのですか?それとも他の建設コンサルへの入社のことを指しているのですか?

いずれにしても、いきなりお父様の会社に入社することは色々な観点からあまり好ましいとは言えません。
他のコンサルへ入社し、修行してからお父様の会社を継ぐことを考えた方がいいのではないでしょうか。

参考URL:http://www.jcca.or.jp/index.html

この回答への補足

親への反抗心からこの仕事とはまったく関係のない文系の学部に入りました。
22歳で来年大学卒業という状態から、まったく違う業界にチャレンジするのは無謀ではないのでしょうか。
そういう意味で「これからやっても間に合うか」と聞いたのですが、こちらの説明不足でした。すいません。
最終的な理想としては父の会社で共に働きたいと思っています。

少なくとも今考えてるほど生易しい業界ではないという事
そして自分の考えは甘すぎるという事は痛いほど分かりました…。

補足日時:2008/04/07 01:16
    • good
    • 0

>一体この建設コンサルタントというのはどの様な仕事なのでしょうか?




日本においては建築士法という法律により、建築の設計・監理を行うには建築士という国家資格が必要です。また事業として設計・監理や袖に関する調査などを行うには、建築設計事務所登録をしていなければできないことになっています。

しかし土木分野の設計を行うには、特別な資格は必要ないです(入札に当たっては、技術士やRCCMという資格を持っている人がいることが求められることもありますが)。

正確な表現ではないですが、ざっくりいうと、建設コンサルタントというのは、土木分野における建築士のようなものです。

ただし、土木分野においては対象とする構造物(道路、ダム、トンネル、空港、橋等々)によって設計基準が異なりますので、それぞれ専門分野を持っている点がことなります。

地質調査をするということは、おそらく質問者様のお父様は技術士の建設部門のうち土質・基礎やそれに準じるRCCM等の資格を持っていると思われます。

この分野ですとダムやトンネルその他土木構造物を建設する際の地盤の強度の安全性とかを解析したり、調査したりすることをしているのではないかと思います。

この回答への補足

有難うございます。父のはおそらくその様な仕事です。
しばらく自分でも調べながら、その道を目指してみようと思います。
助言有難うございました

補足日時:2008/04/10 10:05
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地方公務員(土木職)の仕事内容は?

大学4年生(女)で土木系の学科に所属しています。
今まで普通に就職活動していましたが、最近地方公務員を目指しはじめました。

<理由>
・利益<市民に尽くせる
・一生をかけて「まちづくり」ができる
・女性でも一生働きやすい環境がある(仕事と家庭を両立させたいという思いが強くあります)
・技術職に就きたい
・地元に残りたい

すごく魅力的でお仕事でやりがいもすごくあると思い志望しています。


しかし、
・土木職は工事のコストの計算・立ち退きの交渉ばかり
・公務員はやりがいは無い(仕事がつまらない)
・技術職は行政職にバカにされ、出世もできない(この不満がたくさん書かれていました。そんなに深刻なのでしょうか?)

と色々なサイトに書かれており、やりがいを持って働くイメージが持てず、実際はどうなのかと混乱しています。


そこで質問させて下さい。
(1)交通・水道・都市整備局など色々局があると思いますが、皆さん普段どんなお仕事をされているのでしょうか?
(できるだけ具体的にお願いしたいです。)

(2)やりがいはありますか?
 「ある」という方はなぜ多くの方が「やりがいがない」とおっしゃると思いますか?

(3)土木職のキャリア形成は難しいですか?
 私はあまり出世欲は無いのですが、出世のしにくさは仕事のストレスに大きく関わりますか?

(4)土木職は男性が多いと思いますが女性でもずっと働けますか?

(5)今年の合格は難しいと思うので就職浪人or大学院か迷っています。
 アドバイスお願いします。


長くなって申し訳すいません。
自分の働いているイメージが持てず毎日悩んでいます。
今度OB訪問もさせて頂くのですが、多くの方に意見を頂きたく思い質問させて頂きました。
よろしくお願いします!!

大学4年生(女)で土木系の学科に所属しています。
今まで普通に就職活動していましたが、最近地方公務員を目指しはじめました。

<理由>
・利益<市民に尽くせる
・一生をかけて「まちづくり」ができる
・女性でも一生働きやすい環境がある(仕事と家庭を両立させたいという思いが強くあります)
・技術職に就きたい
・地元に残りたい

すごく魅力的でお仕事でやりがいもすごくあると思い志望しています。


しかし、
・土木職は工事のコストの計算・立ち退きの交渉ばかり
・公務員はやりがいは無...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)皆さん普段どんなお仕事をされているのでしょうか?(できるだけ具体的にお願いしたいです。)
この場だけで具体的に説明できる方はいないでしょう。
例えば、「道路」に関する部署だけでも道路の維持・補修や都市計画道路の整備などを行なう部署があり、それぞれで事業の目的、予算規模、仕事のやり方が違ってきます。
詳しくは大都市のホームページなどを丹念に読み込むことをオススメしますが、私は、あまり働く前に具体的なイメージを持とうする必要はないと思います。
それよりも、「年収」とか「どの程度休暇が取れるのか?」とか、また何より、自分のライフプランと照らし合わせて合っているか?を重視すべきです。

>(2)やりがいはありますか?
まだ、勤務経験が浅いせいもあると思いますが、「十分に」ありますね。
>なぜ多くの方が「やりがいがない」とおっしゃると思いますか?
さぁ? そもそも、その「多くの方」というのがどういった方かもわかりませんし。
まぁ、行政の仕事の意義や重要性を十分に理解もせずに、マスコミの言うことを鵜呑みにしている人たちが盲目的に公務員バッシングをしてきた結果として、「公務員の仕事=地味・つまらない。」というイメージが形成されているのかな?という感想はありますが。
「やりがい」とのことですが、仕事はやりがいの以前に「職場環境がいい。」ことが大前提ですよ。
その点に関しては、安定した雇用と福利厚生が一応保障されており、採用試験によりある程度バラつきのない人材が採用されているであろう(地方)公務員は、職場環境は十分にいいと思います。

>(3)土木職のキャリア形成は難しいですか?
>出世のしにくさは仕事のストレスに大きく関わりますか?
そもそも、地方公務員のキャリアといっても、「ヒラ(20~40代)→係長(40代~50代)→課長or部長(50代)」ぐらいのもんです。もちろん、自治体によってはいろいろな役職があるし、管理職に就ける時期も早いです。 しかし、給与体系が年功序列で「管理職=抜群に給与が高くなる。」というシステムなわけでもないので、もともと出世欲の少ない人間が多い職場な気がします。
したがって、仕事のストレスは出世とはほとんど関係がなくて、『職場の人間関係』が全てだと思います。多少激務な職場であっても、同僚がいい人ばっかりだったらストレスはたまりません。
あと、行政職で採用された職員の方が管理職になるスピードが早いのはイスの数(ポストの数)が多いのですから当然の話でしょう。
土木職で採用された人は、限られた職場(土木・建築部局)の管理職にしかなれませんが、行政職で採用された人は、総務、財務、福祉、情報政策、産業振興、税務など様々な部署で管理職になるチャンスがあるわけですから。
それがイヤなら初めから行政職で受験すればいいわけです。

>(4)土木職は男性が多いと思いますが女性でもずっと働けますか?
最近採用されている職員はともかく、50歳以上の土木系の職員の中には、「単なる汚いオッサン」にしか見えない職員もおり、仕事に対して意欲的に取り組むことはないし、コミュニケーションが取りにくい者がいるのは事実です。(しかし、それは民間企業でも同じことのはずで、「組織」には一定の割合でそういう人間が存在するものだと思われます。程度の差はあると思いますが。)
土木職で働けば、そういった職員と接する機会が、総務部門などで働いている場合に比べればやはり多いでしょう。
ただ、そこで女性でも働けるかどうかは、本人のキャラクターによると思います。
もともと、「働く」ということはどんな職場であれ、根性がいることなわけで、多少きつくしかられたり、怒鳴られたりしているくらいで、「土木系の部署だからこんな目にあうんだ。」みたいな思考しかできないのであれば、どこも無理でしょう。

>(5)今年の合格は難しいと思うので就職浪人or大学院か迷っています。
私は、「卒業(=就職浪人と考えていいですか?)」することをオススメしますよ。
大学院に進学した場合のデメリットとしては、「研究室が忙しく、公務員試験の勉強ができない場合がある。」「面接の際に、大学院での研究内容が質問の対象となり、そこを深くつっこまれる可能性がある。」というのが挙げられます。

メリットは、たぶんありません。
あえて挙げれば、「卒論と修論で2回論文を書いているので、学部卒に比べれば様々なツールを使えたり、大人な判断能力を発揮できる。」「2年歳をとっているので、仕事に対して緊張感を持ってスタートができる傾向がある。」」といったところでしょうか。
どちらにしろ、本人の気持ちと時間で解決できる問題です。

最後に、来年の試験を視野に入れて公務員を目指すならば、私は、「行政職」での受験を検討された方がいいと思います。(理系学部卒で行政職の採用試験を受験することは、一般的なことで、別に不利であったり珍しいことではありません。)
公務員の仕事の魅力として、「様々な業務に携わることができる。」というのがあると思いますので。

>(1)皆さん普段どんなお仕事をされているのでしょうか?(できるだけ具体的にお願いしたいです。)
この場だけで具体的に説明できる方はいないでしょう。
例えば、「道路」に関する部署だけでも道路の維持・補修や都市計画道路の整備などを行なう部署があり、それぞれで事業の目的、予算規模、仕事のやり方が違ってきます。
詳しくは大都市のホームページなどを丹念に読み込むことをオススメしますが、私は、あまり働く前に具体的なイメージを持とうする必要はないと思います。
それよりも、「年収」とか「どの...続きを読む

Q技術士と一級建築士はどっちが難しいの?

私の会社には技術士をもっている人がいて、友人の会社は一級建築士を持っている人がいるようです。
はっきり言ってどちらの資格が難しいのでしょうか?
興味本位ですので暇なときに回答ください。

Aベストアンサー

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています。
ただし、建築というのは芸術性も求まられることから、芸術性が技術士に比べれば比重が大きい資格であるといえます。

建築士というか建築家の中には技術者側面よりも、芸術家側面の方が強い人も多くいます。
大学教育においても芸術学部でも工学部同様建築士の受験資格が与えられるところもあります。

以上のように建築士という資格は技術系の資格としては特殊なものとなっています。

しかし、技術士法が作られたとき既に建築士制度はありましたので、建築は技術部門として除かれたのだと思います。

私自身はゼネコン経験者なのですが、身の回りを見ると引用させて頂いたような気持ちを持っている人が多くいることは、正しいと思います。

また建築士の中でも芸術的職務の傾向が強い意匠設計者から構造設計者や設備設計者が下請で仕事をすることが多い関係上いう、技術者を下に見る傾向が強い人も多くいるということを付け加えさせてただ来ます。

逆に技術士は、建築士のように職業を独占できる資格ではないため、受験者数が少なく、また建築士に比べて歴史も浅いため、建築士ほど知名度の高くなく、取得者数は少ないです(同様に博士号に比べても)
そのため希少価値をもって上と見なす人もいるようです(なお、建築士有資格者は本来のその資格に対する需要に比べて多すぎて、資格の価値が低下している)。

このように近くて非なるものってライバル意識が強いというのは建築土木に限らず同様に存在すると思います。


なお、あくまでも個人的な資格に対してのイメージですが、建築士は運転免許に近いものがあります(難度は違いますが)。

自動車免許を持っている人を自動車運転の専門家といわないように、建築士の資格を持っていることイコール建築の専門家ではありません。
建築士の取得は建築設計・監理を行うためのスタートラインについたことを示す程度の資格(ライセンス)だと思っています。ちなみに運転免許証同様かなりの数のペーパー建築士がおります。

一方技術士は試験内容からいって、今まで行った業績に対しての1種の評価書であり、この点は論文に対する評価を行う博士号に近いものがあります(近いので技術士と博士号に比較はわりと耳にしますが、かなり異なる建築士と博士号の比較はあまり聞きません)。


>私が知りたかったのは、この程度のレベルで、技術士と一級建築士にはどっちに多く票が集まるだろうと言うことです。

ということでしたら、個人的には技術士の方が難しい資格だと思います。

建築士はその制度上、職業的独占権を有している関係上、資格取得者が0になったら、日本国内で建築の設計は行われないことになります。だから誰かに与える必要があります。
一方技術士は名称独占権はありますが、職業的独占権はないので(入札条件などで求められることはありますけど)、技術士という資格取得者がいなくとも、それを行える能力技術者がいれば、問題なく行えることになっています。

以上のように建築士は、建築設計及び監理を行う上で必要最低限必要な知識・技能を持っていることを確認して、許可を与えるための資格で、資格取得時点では技術者として最低限必要なラインをクリアしていることを示している程度ですが、技術士は「高等の専門的応用能力を必要とする事項」についての能力があることを示すための資格で、通常の専門能力がある程度では与えられない資格だからです。

ただし、私の身の回りでは、建築出身で建築士・技術士の両方を取った人はかなりいますが、土木出身で両方を取得した人はほとんどいないので、建築出身者にとっての技術士に比べて、土木出身者に取って建築士は敷居が高い資格なのかもしれません。
個人的には技術士の方が取得が難しい資格と思っていますが、このあたりの状況から劣等感が生まれて、技術士の方が上という見なしたいという心理が土木系の人に働いて、上と見なそうとしている傾向もあるように思います。


>本当はもっとゴシップ程度にどっちが上か聞きたかっただけなのですが・・

かなり前に聞いた噂話です、正しいかどうかわかりませんが(下手すると名義貸しに引っかかるかもしれないので今はこのようなことはしていないかもしれません)、定年退職後顧問などで勤めた場合の有資格に対しての報酬で、技術士7万、環境計量士3万、宅建1万、建築士0というのが相場だったそうです。

資格だけの稀少価値からいうと建築士は、技術士どころか誰でも受験できる宅建より低く、無価値に近い状況のようです。

ちなみに私が勤務していた会社の資格に対する給与制度でも技術士の方が上になっていました(ちなみに博士号は技術士と同じ扱い)。

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています...続きを読む

Q都市計画を仕事にする(就職)にはどうすれば?

 私は兵庫県神戸で生まれて、今東京の大学で建築(意匠・都市計画)について学んでいる大学4年生です。
 大学を卒業し大学院に行って都市計画を専攻するつもりです。そこで質問なのです。地域社会において都市計画を職業とする人は日本では大物建築家(例.丹下健三・黒川紀章)の仕事であると聞いたことがありますが、それは本当なのでしょうか?それとも都市計画は県庁に勤める都市計画局の役人の仕事なのでしょうか?また、これ以外にありましたら私に教えてください。
 皆様お忙しいと思いますが、どうかご指導下さい。

注意:ここで言う「都市計画」とは、緑地の配置・公園の設置・町並みの美しさ等のデザイン(設計)の事です。

Aベストアンサー

ANo.3の続きです。
ご希望はよくわかりました。

「行政の職員」では実現は難しいと思います。
こうした事業は、市町村が主体になることが多いと思われますが、市町村では「1事業」やるかどうかでしょう。
行政庁に入って所管部署に配属されてなおかつその時にその事業に当たる....確率として厳しいです。
仮にそうなったとしても事業の最初から最後までその部署にいられるという補償もありません。

「国土交通省」に入ってそういう事業を推進するという方法もありますが....ご希望とは少しずれてしまうでしょうか。

自分が住んでいる場所でやる、という方法もあります。
昨今は町の再開発、地域興しを「住民運動」あるいは「住民主体の事業」でやることも増えてきています。

「大手建設会社」もしくは「コンサルタント会社」で実力を磨き「業界でも名が通る」程になった段階で「独立」して「都市計画の設計・コンサルト会社」を興し、行政や地元商店街への営業を通じで実現するという方法もあります。

いずれにしても「大学・大学院を卒業して直ぐにそういう事業にたずさわりたい」のであればかなり厳しいです。相当な準備期間を覚悟する必要があると思います。
そうした計画をしているところが助力を頼みたくなるような画期的な論文でも発表できれば話は別でしょうけれども。

ANo.3の続きです。
ご希望はよくわかりました。

「行政の職員」では実現は難しいと思います。
こうした事業は、市町村が主体になることが多いと思われますが、市町村では「1事業」やるかどうかでしょう。
行政庁に入って所管部署に配属されてなおかつその時にその事業に当たる....確率として厳しいです。
仮にそうなったとしても事業の最初から最後までその部署にいられるという補償もありません。

「国土交通省」に入ってそういう事業を推進するという方法もありますが....ご希望とは少しずれてしまう...続きを読む

Q建築学部からの就職ってどんなのですか?

高3なんですが建築学部に行こうと思っています。はっきり言ってなりたいだけで中身がわかってないのですが、就職がどのようになってるかは知っとかないと思って質問しました。やはり親にお金出してもらうので。
一応事務はしたくないわけでありませんが、やはり夢は何か大きなものを立ててみたい。漠然ですみません。あと住宅の設計もしたいです。
こんな私はどんなところに就職したほうがいいのでしょうか?
そのための最低条件は何なんでしょうか?

はてなが多くてすみません。どんななことでもいいので書き込んでもらえるとありがたいです。お願いします。

Aベストアンサー

建築には企画(不動産業など)、設計(アトリエなど)、施工(ゼネコンなど)の3つの段階があります。
どの職種の人もこの建物は自分が建てたと言いますが役割は全く違います。
まず自分がどの部分をやりたいかを理解することが大事です。

建築学科からの卒業生の多くは建築系の会社に就職します。
アトリエ(安藤忠雄、伊東豊雄など)
組織設計事務所(日建設計、日本設計など)
ゼネコン(鹿島、大成、清水、大林、竹中など)
ハウスメーカー(積水ハウス、大和ハウス、住友林業など)
不動産業(三井不動産、三菱地所など)
公務員(国土交通省、経済産業省、地方上級など)
が主なところではないでしょうか。

私の主観ですが上の業種は以下のような感じだと思います。
アトリエ・・・仕事に夢はあるが労働時間長く給料低いアルバイトのよう。
将来的に独立する人が多く、その中から有名建築家になる人もいる。
組織設計事務所・・・仕事に夢はあるが労働時間長め、給料は少し良いが福利厚生は△
ゼネコン・・・労働時間長めだが、給料は良い。福利厚生も◎。現場と設計でだいぶ違うらしい。
また担当する物件の種類(オフィス、マンション、工場など)によっても忙しさ、やりがいが異なる。
ハウスメーカー・・・生活にもっとも身近でやりがい◎、給料は普通。
火・水休みが一般的で他業種の友人とはあまり遊べない。福利厚生は◎。
ただし客商売なので売上が非常に重要。労働時間は客次第。
不動産業・・・労働時間は長めだが、給料、福利厚生は◎。やりがいもある。
しかし入社は最難関ですさまじい倍率+コネがないと厳しい企業も・・・。
公務員・・・一番安定しており、給料普通、福利厚生◎。国家公務員はかなり難関。
仕事内容は多種多様。知り合いはあまり夢はないと言っていたが定時帰り可だそう。

大学に入ってからも十分時間があるので講義を受けながら進みたい道を
決めるのが良いと思います。
就職の為の最低条件ですがある程度レベルの高い大学のほうが
就職しやすいのは事実です。
アトリエは才能次第ですが、組織設計事務所は旧帝大、早慶が多く、
ゼネコンでは旧帝大、早慶、MARCH、日大などが多いです。

建築には企画(不動産業など)、設計(アトリエなど)、施工(ゼネコンなど)の3つの段階があります。
どの職種の人もこの建物は自分が建てたと言いますが役割は全く違います。
まず自分がどの部分をやりたいかを理解することが大事です。

建築学科からの卒業生の多くは建築系の会社に就職します。
アトリエ(安藤忠雄、伊東豊雄など)
組織設計事務所(日建設計、日本設計など)
ゼネコン(鹿島、大成、清水、大林、竹中など)
ハウスメーカー(積水ハウス、大和ハウス、住友林業など)
不動産業(三井...続きを読む

Q建設コンサルタントか公務員か

この春大学3年生になる女です。
国立の農学部で森林科学講座に在籍しています。

今、進路について悩んでいます。
公務員か、建設コンサルタントか。
私がやりたいことは建設コンサルタントのような、事業施行までの調査だったりで、公務員(森林だと恐らく営林署とかそっち系になるのかと。県職狙いです)はあまり興味がないんです。
私が男性だったらきっと間違いなくコンサルに行っていると思います。
けれど、女性は結婚すると子どもができると産休や育児がある。
私は結婚しても生涯仕事をしていきたいと思っているので、迷っています。
産休制度がある会社でも、実際取れなかったり、正社員から契約社員に落とされたり退職を促されたりするところもあると聞きました。
あと異動もありますね…
安定を選ぶか、やりたいことを選ぶか。ある程度指針を決めないと公務員試験の勉強をする気にもなれなくて…。
どなたかアドバイスをください(;_;)

Aベストアンサー

公務員。
できれば、農林水産省の林務専門の部門か、各都道府県の林務事務所が良いと思います。

職務以外の面で、民間とは比較にならない保障があるからです。
ただ、国の機関ですと、配属先が全国に渡りますので、その点は都道府県の林務事務所の方が、範囲は狭くなりますので良いとは思いますが。
旅行好きな方だったり、何処に行っても平気な方には返って農水省でも良いと思います。

Q建築土木系の進学に後悔

高校3年生です。もう土木学科に進学するのは避けられないんですが、後悔してます。
建築土木に興味があって好きな人にはやりがいがある仕事だと思いました。その方向で将来仕事ができるのなら、と建築土木の学科を希望したのです。
でも、よくよく調べていくうちにやる気失せました。まず、明らかにこの業界が厳しい局面にあること。激務薄給で家に帰れないことも多く、早くても夜中にしか帰れないそうじゃないですか。家庭もうまくいかず、多くの人がすぐに転職、そのような話しか聞きません。この業界で必死に頑張っている方は本当に尊敬します。日本の要です。
しかし、僕はこの仕事に人生尽くすことを生きがいにするつもりはありません!
しかし、せっかく大学で学ぶのでこれを生かそうと技術職の公務員になろうと思いました。、競争率も激しくて希望通りになるかはわかりません。失敗すれば、ゼネコンやら建設コンサルタントに進む可能性が高いです。
土木系で公務員になるために、大学で早いうちからできることや、最悪、他の分野での就職を考えるときに就活で大事なことを教えてください。

Aベストアンサー

社会に出てお給料を頂くということは、大変なことなのです。社会人を甘く見すぎです。まず楽をしようと考えていませんか?私の知り合いで、東大を卒業し国家公務員一種試験に合格し現在、官庁で勤めていますが毎日帰りは午前さまだそうです。ちなみに、その人は、東大の経済出身です。言い方は、大変厳しく申し訳けありませんが、社会に出るとは、そういうことなのですね♪楽な仕事はありません。別な友人で大手広告代理店に勤めている者もおりますが、やはり激務だとこぼしていました。まず、土木だろうが経済学部だろうが、その道のプロフェッショナルになることです。そうするとやりがいをみつけ、仕事が楽しくなります。そうすると勤務時間何て気になりません。どの業界でもそうですが、忙しい繁忙期とそうでない時期があります。
ようやく本題に入ります。
土木系で公務員になるためには、とのことですが、是非一種試験を目指して下さい。その為には、大学2~3年次辺りから専門の予備校に通うことをおすすめします。予備校は実績のあるところを選んで下さい。私も、予備校に通いました。某L予備校です。ここはあまりおすすめできませんでしたが。
あと最悪他の分野での就職ということですが、早めに活動を開始することをおすすめします。大学のOB、OAにまずは、たくさんあって見てください。そして自分の適正を見出だすのです。そして的が段々絞れてきたら、これも大学3年次のなるべく早い時期に企業の人事担当者に直接問い合わせて下さい。熱意を売り込むのです。

最後にまとめると、大学で専攻した分野とぜんぜん違う分野に進む人は沢山います。できれば、教員免許も取っておいて下さい。きっと何かの役にたつ時がきます。

なんだかお説教みたいで申し訳ありませんでした。あなたの熱意が乗り移ってしまいました。

キーポイントは大学2~3次から早め早めに活動することです。紆余曲折を経て自分なりの結論に至るはずです。大学1年次はキャンパスライフを楽しんでくださいね♪
健闘を祈っております。頑張って下さい♪

社会に出てお給料を頂くということは、大変なことなのです。社会人を甘く見すぎです。まず楽をしようと考えていませんか?私の知り合いで、東大を卒業し国家公務員一種試験に合格し現在、官庁で勤めていますが毎日帰りは午前さまだそうです。ちなみに、その人は、東大の経済出身です。言い方は、大変厳しく申し訳けありませんが、社会に出るとは、そういうことなのですね♪楽な仕事はありません。別な友人で大手広告代理店に勤めている者もおりますが、やはり激務だとこぼしていました。まず、土木だろうが経済学部...続きを読む

Q建設コンサルティングと設計事務所

両者の違いを教えてください。端的に言うと、業務範囲の差でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
設計事務所と言えば建築を意味することがほとんどですが、常駐する建築士の名前で登録しなければいけません。
建設コンサルタントは、主として土木を扱いますが、国土交通省に対して登録する義務があります。登録は部門制で(現在20部門あります)、登録したい部門に最低1人の常駐する技術管理者(たいていは技術士)をおく必要があります。

ただし、実際に会社では建設コンサルタントの1部門として設計部門がある場合もありますし、設計事務所と名乗りながら、建設コンサルタント的な業務を請け負うこともあります。

Q企業からのメールに返信する、しないの区別

お世話になっております。今回は就活の基礎であるメールのマナーについて教えて頂ければと思います。
よろしくお願いします。


私は現在就職活動をしている就活生です。

このところ合同企業説明会に参加することが多くなり、それと同時に説明をして頂いた企業の方から「ご参加頂きありがとうございます。○○株式会社~」のようなメールが来ることも多くなりました。

内容としては「お越し頂きありがとうございます~」という、ただ「説明会に来たこと」についてのメールや、それにプラスしてエントリー前であっても「○○月□□日に説明会があります。」というものがあります。
これについてはマナー上返信するべきなのでしょうか?

もしも返信するとすれば
件名を「メールを確認致しました」
内容は「ご連絡いただきありがとうございます。○○大学△△学部の□□です。 今後ともよろしくお願い致します。」
というような感じで書くだけでいいのでしょうか?受け取ったということを言うだけで十分でしょうか?

私の予想では自動的にメールが発信されるようなメールには返信が必要ないと思いますが、企業の人事の方から発信されたメールであれば、たとえ内容がテンプレートであっても返信をするべきなのではないかと思います。
今回は返信する際のメールの内容もお聞きしたいのでよろしくお願いします。


そこで質問があります。

1. 上記のような「説明会参加」に対するメールには返信をするべきなのでしょうか?

2. もしも1.のようなメールに返信する必要はない場合、そのメールに説明会の予定などが書かれていても返信をしなくてよいのでしょうか?

3. もしも1.のようなメールに返信するべきであるならば、どのような感じで書くべきでしょうか?上に書いたような「メールを確認したこと」を伝えるだけでいいのでしょうか?下記の私が考えた例文の添削をお願い致します。

4. 加えて、ビジネスマナーとして「返信をしなくてもよい」場合のメールがあれば教えていただければと思います。


添削をよろしくお願いいたします。


(件名) ご連絡いただきありがとうございます。(企業からのメールの件名を()内に書く)

(内容) ○○株式会社  △△部 
     
     ~~課 □□様


     お世話になっております。○○大学○○学部○○学科 (私の名前)です。

     お忙しい中、ご連絡いただきありがとうございます。

     会社説明会の際にはよろしくお願い致します。

     ―――――――――――――――――――――――――   
     名前(よみがな)
     ○○大学 ○○学部 ○○学科

     〒~~~~
     (住所)
     (携帯番号)
     (携帯とパソコンのメールアドレス)
    ―――――――――――――――――――――――――

    (以下、企業からのメール本文を引用)


お手数をお掛けして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

お世話になっております。今回は就活の基礎であるメールのマナーについて教えて頂ければと思います。
よろしくお願いします。


私は現在就職活動をしている就活生です。

このところ合同企業説明会に参加することが多くなり、それと同時に説明をして頂いた企業の方から「ご参加頂きありがとうございます。○○株式会社~」のようなメールが来ることも多くなりました。

内容としては「お越し頂きありがとうございます~」という、ただ「説明会に来たこと」についてのメールや、それにプラスしてエントリー前であっ...続きを読む

Aベストアンサー

>件名を「メールを確認致しました」
>内容は「ご連絡いただきありがとうございます。○○大学△△学部の□□です。
> 今後ともよろしくお願い致します。」
>というような感じで書くだけでいいのでしょうか?受け取ったということを
>言うだけで十分でしょうか?

受け取ったと言うことだけで充分です。
受け取ったよ、という内容が先の文です。お間違えなく

>私の予想では自動的にメールが発信されるようなメールには返信が必要ないと思いますが

 必要ですよ。
なぜ、そー思うのですか?

自動かどーかどーやって判るの?

1.必要
2.バカかお前は?
3.先の文でいい
4.あなたの立場で返信しなくていいメールは無いから気にしなくていい

Q建設コンサルタントのアルバイトとはどのような仕事をするのですか。

25歳の女です。
ある会社でアルバイトをすることになりました。
業種は建設コンサルタントということです。

一応、パソコンのスキルが身につくということで、
以前働いていたバイトで、多少ワード、エクセル等使っていたということで応募しましたが、
面接などで、一緒に面接を受けていた人が、キャドを使えますとか言っていたので、ダメだと思っていたのですが幸いにも合格しました。

いったいどんな仕事をするのだろうと思って調べてみましたが、
建設コンサルタントという仕事(?)があるということも初めて知ったような状態で何もわかりませんでした。
建設関係なので、やっぱりキャドとかを使うのでしょうか。

建設コンサルタントでアルバイトをしたことがある方などおられましたら、どんな仕事をするのか教えて欲しいです。
勤務は来週からですが、前もって知っておきたいなと思って質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大きな会社であれば、部署によって仕事内容は大きく変わります。
大別すると、設計系と計画(調査)系の2つを挙げられますが、CADを必要としないのであれば、後者かもしれません。

後者だと、基本的にワードとエクセルを使えれば十分。
部署によっては、写真やイラストを描いたり加工したりということが求められるかもしれません。IllustratorやPhotoshopを使用して。
使ったことがなくても社員や先輩アルバイトが教えてくれると思います。

建設コンサルタントというのは、さまざまなものを調査・設計したり政策立案をする会社です。”建設”と名のつく通り、建設関係のそれです。
顧客のほとんどが、国(国土交通省・農林水産省・環境省等)や地方公共団体(都道府県・市町村)や、それらの外郭団体(独立行政法人や公社・財団法人・社団法人等)です。
民間の顧客であれば、航空会社・鉄道会社・ディベロッパー・銀行などを相手にする会社・部署もあるかもしれません。
大手では、国土交通行政全般や農水・環境の一部、ありとあらゆるものを手がけています。

それらを相手に何の商売をするかというと、道路やダムの場合、実際に調査し図面をひいたり、環境アセスメントの資料を作ったり、中には住民説明のための資料を作って説明会に同席することも。
その他、空港の拡張計画とか航空需要予測、もっと大きな視点では、国土形成計画等の策定とか、観光活性化施策の立案とか、都市再生、地域再生など、さまざまな政策立案のための補助など。自治体からだと洪水ハザードマップ作成とか、上下水道関係とか。
部署によって、やっていることはまったく異なり、ほんとさまざまです。

本省(霞ヶ関の中央省庁のこと)からの発注で、このページPDFそのものを作る仕事もあります。
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/01/010804_.html
これはパワーポイントで作ったんだと思います。
こういうのを手がけるのは、だいたい大手かな。
日本工営とか、オリエンタルとか、八千代、千代田、三菱総研、パシフィックとか。

逆に、中小も多く、地質調査しかやらない、環境影響評価しかやらない、交通量調査しかやらない、という会社もあります。いったん、大手につとめて独立した人が興した会社がほとんど。


アルバイトの仕事は、パソコン上での仕事がすべてだと思います、文章書いたり、イラスト描いたり、エクセルでデータ処理したり。社員のお手伝いといったところ。つく社員によっては、結構頭を使わなければいけないかも。逆に単純作業しかやらせない社員もいるかもしれません。

あと、社員は2月3月は休みなし。月の残業時間200時間超もざらの部署もあるかもしれません。お役所の仕事は締め切りが年度末(3月末)のものが多いためです。予算の関係。
アルバイトは休みもらえるとは思うけど。

大きな会社であれば、部署によって仕事内容は大きく変わります。
大別すると、設計系と計画(調査)系の2つを挙げられますが、CADを必要としないのであれば、後者かもしれません。

後者だと、基本的にワードとエクセルを使えれば十分。
部署によっては、写真やイラストを描いたり加工したりということが求められるかもしれません。IllustratorやPhotoshopを使用して。
使ったことがなくても社員や先輩アルバイトが教えてくれると思います。

建設コンサルタントというのは、さまざまなものを調査・設計し...続きを読む

Q面接の当日に結果とは…(皆さんならどう思われますか?)

他の方のご意見もお聞きしたいので投稿させていただきます。

私は現在転職活動をしていて先日にある会社から内定をいただきました。内定をもらったことはうれしいことはうれしかったのですがいくつか引っかかっている点があります。面接で

「面接の結果は当日の夕方か明日に連絡がする。」と面接官に言われたので、こちらが「他にも面接を受けているので(内定が出た場合、御社に決めるかの)返答は来週まで待って欲しい。」と言ったのですが、「明日に返事が欲しい。」と言われました。結局、返答は面接の一日後に返事をすることになりました。

そして、面接当日の夕方に「内定が決定しました。」という電話をいただきました。少し結果が早すぎる事や返事を急かされた事に疑問や不安を感じましたがせっかくの内定なので一応受理しました。

面接官の感じは特に不愉快になるような発言や態度はなかったのですが
こんなに早く結果が出た事に「とにかく数合わせで誰でもよかったんじゃないか…?」と心配になってきました。また特に急ぎで何日までに人手が欲しいという話も出ていません(*私はこの会社の仕事に関しては全くの未経験者)

出社までまだ時間がありますが、正直不安や疑問が沸いてきています。
皆さんならこういった場合、どのように思われますか?

ちなみ私は26歳の男で受けた会社は30人くらいの零細企業です。
よろしくお願いします。

他の方のご意見もお聞きしたいので投稿させていただきます。

私は現在転職活動をしていて先日にある会社から内定をいただきました。内定をもらったことはうれしいことはうれしかったのですがいくつか引っかかっている点があります。面接で

「面接の結果は当日の夕方か明日に連絡がする。」と面接官に言われたので、こちらが「他にも面接を受けているので(内定が出た場合、御社に決めるかの)返答は来週まで待って欲しい。」と言ったのですが、「明日に返事が欲しい。」と言われました。結局、返答は面接の...続きを読む

Aベストアンサー

小さな会社は、面接官が採用責任者を兼ねていることが多いので
その場で採用の決定を下して内定を出すこともできるんですよ。
私の最初の勤め先は、入社試験と面接がありましたが
面接がいきなり社長面接で、その場で内定でした。
10年勤めましたが、ほんとうに良い会社でした。
小さいところは社長がみんなの顔と名前をおぼえていて、
社員が全員お互いを知っていて、非常に居心地が良いです。
社員のことを本当に考えていてくれている社長さんでした。
私が辞めた理由は、会社への不満では全くありません。

今の会社は大企業ですが、社長面接の最中に内定が出ました(笑)。
まあ……その場に同席した人事担当者も、
その後電話で報告した転職エージェントの担当者もビックリでしたが。

大企業でも中小企業でも、結局、面接結果はその場で決まっているといいます。
なんだかんだと勿体ぶったり、手続き上の問題だったり、
もしくは「他の人全員面接してから」と思っていたり、
そういう理由で時間がかかることもありますが、
落ちる/受かるはその場で既に決まっています。
「要らないな」と思われた人は、応募者がその人一人きりでも、
どんなに人がいなくて困っている会社でも、落ちます。
「欲しいな」と思われた人は、まあ…応募者が大量にいて
欲しい人が沢山いたら、取捨選択されて落ちることもあるでしょうが
そうでなければ(そうであっても)、欲しい人材なのです。

こいつは欲しい/要らない、を決めるのは面接官です。
最終決定は、社長だったり、責任者が下すわけですが、
最終決定者が応募者を面接していない場合には
面接官の判断を聞くしかないのですよ。
面接官が「あれはダメですよ」と言うのを
最終決定者が「いや、取ろう」と言うと思います??
面接官が「これは良いですよ!」と言うのを
「そうか、じゃあ取ろう」となるわけです。
そして、面接官はこの判断を、面接中に(その場で)しています。

判ります??
その場でorその日のうちに内定が出ることは
別段おかしなことではないということを。
あなたが本当に欲しい人材であったということを。

要らない人材ならば、応募者一人でも、落ちるんです。

「その日に内定が出たこと」で不安になるなんてばかばかしい!
会社の仕事の内容に不安になるとか
その会社でやっていけるかどうかで不安になるならともかく。

小さな会社は、面接官が採用責任者を兼ねていることが多いので
その場で採用の決定を下して内定を出すこともできるんですよ。
私の最初の勤め先は、入社試験と面接がありましたが
面接がいきなり社長面接で、その場で内定でした。
10年勤めましたが、ほんとうに良い会社でした。
小さいところは社長がみんなの顔と名前をおぼえていて、
社員が全員お互いを知っていて、非常に居心地が良いです。
社員のことを本当に考えていてくれている社長さんでした。
私が辞めた理由は、会社への不満では全くありませ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報