人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

裁判素人の者です。

最近、「裁判長!そこは懲役4年でどうですか」を、読み始めまして、自分も裁判を傍聴してみたいと思いました。
法学部の学生でもなければ、記者でもないし、法に興味があるわけでもありません。
ただ、裁判ってどんなもんだろうと思ったわけです。

平日は会社ですので、土日に傍聴したいのですが、土日ってそもそも裁判は行われるのでしょうか?(G.Wでも傍聴できますか?)

また、自分は大阪の北摂に住んでおりますが、どの裁判所に行けばいいでしょうか?大阪高等裁判所で見てみたいと思いますが、初めからそのような大きな裁判所へ行っても、物怖じしないでしょうか?


皆様のアドバイスをお持ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

経験者といっても裁判の経験者じゃなく傍聴の経験者です。



土日祝日は裁判所が休みですね。
例えば今年なら28日など、休みが取りやすい平日なら裁判所はやってます。(弁護士の都合がつきにくくて開廷数が少ない可能性はありますが)

なお、私も北摂住民ですが、大阪地裁が行きやすいと思います。
大阪高裁と大阪地裁は同じ建物です。高裁の裁判自体、数が少ないですし、他の方がおっしゃるとおり一審判決で不服な部分をクローズアップして争われますので、いきなり傍聴するなら地裁がいいのでは?
ただ、ほとんどの裁判は傍聴人なんていませんから、一人で行くよりはお知り合いの方と行かれた方が気まずさは少ないと思います。
民事でも証人尋問がある日はけっこうやりとりがありますが、やはり刑事裁判の方がわかりやすいし色々考えさせられると思います。

検察側の論告を聞いていると、被告人は極悪人に聞こえますし
弁護側の弁論を聞いていると、被告人の切なさ、辛さが切々と伝わってきます。麻薬で捕まった"再々犯"被告ですらやり直せるんじゃないかと思えてきます。

報道をもとにした感想で軽率にあーだこーだ言われることが多い刑事裁判ですが、一度見てみると見方が変わると思います。真実なんて、そう簡単に判断できるものじゃありませんよね。
    • good
    • 2

土日や祝祭日が閉庁日というのは既出のとおりです。



で、これも既出ですが、民事裁判は代理人同士の書面のやり取りなどが主で、どのような案件の裁判なのかをしっかり確かめてから法廷を選ばないと退屈するだけでしょうね。
また、高裁の審理に期待を持たれているようですが、事実は第一審で争うものであり、高裁の審理の基本は、一審判決の法令や証拠採用の適否の判断です。
高裁審理から入った第三者にしてみると、話が見えないまま(当事者が判っていれば良いので、傍聴人に対する粗筋の説明はありませんよ)審理が進むでしょう・・・でも、審理があったらまだ良い方で、大半は「棄却する」の一言で終わりでしょうね。

まず、「地裁の刑事裁判」から入ることをお勧めします(できれば、事実審理にはいると思われる第2回公判かな)。
    • good
    • 1

土日祝は裁判所はお休みです。


あと、日によっては刑事裁判がお休みであったり、
民事裁判がお休みであったりします。
あと、家庭裁判所管轄の裁判は傍聴できません。

経験談ですが、裁判所には夏休み、冬休みみたいなのがあり、
夏の一定期間と、冬の一定期間、裁判が行われない日があります。
裁判所によっては、その休みがあるかは不明ですが、
詳しくはお近くの裁判所へ問い合わせてみてください。
    • good
    • 0

裁判所が土日休みなのはすでにある回答のとおりです。



>大阪高等裁判所で見てみたいと思いますが

物怖じは特にしないと思いますが、控訴審の第一義は「第一審のチェック」なので、
第一審の内容を知らないといまいちわかりにくいことはあると思います。

大阪高裁と大阪地裁は同じ建物にありますから、
裁判の流れを知りたい、という目的でしたら地裁をお勧めします。
http://www.courts.go.jp/map.html

裁判所や裁判の傍聴については、最高裁判所のサイトにある諸案内を見るといいと思います。
http://www.courts.go.jp/kengaku/botyo_tebiki.html
    • good
    • 1

裁判所が土日休みなのはすでにある回答のとおりです。



>大阪高等裁判所で見てみたいと思いますが

物怖じは特にしないと思いますが、控訴審の第一義は「第一審のチェック」なので、
第一審の内容を知らないといまいちわかりにくいことはあると思います。

大阪高裁と大阪地裁は同じ建物にありますから、
裁判の流れを知りたい、という目的でしたら地裁をお勧めします。
http://www.courts.go.jp/map.html

裁判所や裁判の傍聴については、最高裁判所のサイトにある諸案内を見るといいと思います。
http://www.courts.go.jp/kengaku/botyo_tebiki.html
    • good
    • 1

残念ながら裁判所も役所の一つですから、土日と祝日は休みです。

傍聴の便宜を考えれば、休日にも開廷した方がいいのでしょうが。
高裁で傍聴するといっても、ただ傍聴席に座って聞いているだけなので、別にプレッシャーを感じることはありません。高裁は地裁の控訴審というだけであって、傍聴する行為自体は同じです。一方は物怖じしなけど、他方は物怖じするという問題ではありません。
逆に、初めて法廷にに入る際は、地裁であっても気まずい思いをすることはあります。

なお、民事裁判の場合は、書面審査をメインとして進められるので、聞いていてもあまり面白くありません。傍聴人にも事件の具体的な内容が把握できる点からいえば、刑事裁判の方が格段に面白いでしょう。
裁判所の内部は、刑事部と民事部の法廷が分かれているので、傍聴の際は前者の方の建物に行くわけです。
刑事事件でも、控訴審(高裁)の審理は、原審(地裁)の判決を前提にするため、事件の全体について争うわけではありません。その点で、一から事件を解き起こす地裁での審理の方が、よりリアリティがあって興味深いと思います。
    • good
    • 0

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

このサイトにもありますが、土、日、祝祭日は休みです。
GWもやっていません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q裁判所 って土日休日休み?

なのでしょうか?

Aベストアンサー

はい、休みです。

「裁判所の休日に関する法律」の第1条第1項に、
・日曜日及び土曜日
・国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日
・12月29日から翌年の1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)
の日は休日とする。
と定められています。

Q裁判の予定表(開廷表)が確認できるホームページを教えてください。

裁判の予定表(開廷表)が確認できるホームページを教えてください。

東京地裁などで裁判を傍聴したいのですが、傍聴は、
法廷が開かれていれば,法廷の入口に掲示されている裁判の予定表(開廷表)で確認でき、事前に申し込まなくても傍聴することができると聞きました。

ですが、当日、裁判所に行って、開廷表を見て、興味のない裁判ばかりだと、何も傍聴せずに帰宅する行という無駄になるので、できれば、事前に、前日とかまでに、どのな裁判が行われているのか、裁判の予定表(開廷表)をインターネットで調べたいのですが、何かホームページがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

横浜地裁のホームページで見たときは、事件番号(?)が掲載されているだけで、その裁判の中身まではわかりませんでした。

私はある事件に興味があり、目指す裁判があったので、裁判所に電話で問い合わせて教えてもらいました。残念ながら抽選に外れて、傍聴は出来ませんでしたが。

どんな裁判に興味をお持ちなのかわかりませんが、直接行って見る、直接聞いてみる、ということになるでしょう。

東京地裁は扱う件数も多いだろうし、ある程度絞り込んで調べたほうがいいかも知れません。

Q日曜日に裁判はありますか?

日曜日も普通の裁判は行われているのでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

狭義の裁判(いわゆる法廷を開催)ということであれば、原則として日祭日には警備上の問題点もあって実施されません。
しかし広義で裁判を考えると、特殊な事情がある場合の、決定、審判、調停などが実施されているケースはあります。
例えば緊急を要する令状発行などは、休日や深夜を問わず行われております。
尚、繁忙裁判所などは時として日曜に合議をやったり、個々の判事が出勤して判決書を起案したりなどのケースはあります。

Q懲役2年6月、執行猶予5年ってどうゆうこと?

懲役2年6月、執行猶予5年って判決の意味がわかりません。
これって、実際に2年6ケ月牢屋にはいらなければいけないのですか?
執行猶予5年の意味もわかりません。

Aベストアンサー

懲役(2年6月)=(最長で2年6ヶ月の間)刑務所に入って所定の労働をしろ、ということ。
執行猶予(5年)=刑罰を直ちには執行しないで、執行猶予期間中(の5年の間に)罪を犯さなければ執行猶予期間が満了(となる5年が経過)した時点から刑そのものを帳消しにして無かったことにする、ということ。

執行猶予期間中に新たに罪を犯したりすると執行猶予が取消になることがあります。執行猶予が取消になると刑罰を執行することになるので刑務所行きになります。しかし、執行猶予期間中に新たに罪を犯したとしても、条件は厳しいですが執行猶予が取消にならないこともあります。

Q裁判所の夏休みはいつごろですか。

裁判所に夏休みがあると聞いています。
書記官とか、裁判官とかも休みを取るのでしょうか。

 本人訴訟をしようと考えています。提訴の時期について、思案中です。
夏休み期間はいつから、いつ頃まで。
その間に提訴した場合、何か不都合とか、ないでしょうか。
提訴に適した期間というか。まあ8月10日前後は避けたほうが良いとか。
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

 裁判所には夏季休廷期間というものがありますが,裁判所全体を休みにしてしまうわけには行かないので,7月21日から8月31日までの間,交替で休みを取っています。
 訴えを起こす場合,第1回期日が入るまでにどうしても1箇月くらいはかかりますので,いつ訴えを提起しても夏休みの影響はそれほどないかと思われます。

Q裁判傍聴希望です。毎日やっているんでしょうか?

裁判の傍聴をしたいです。
内容は何でもいいのですが平日の昼間に裁判所へ行けば何らかの裁判は毎日やっているのでしょうか?
また、やっている内容はどこかに貼り出されるのでしょうか?
裁判所のhpを見ても傍聴券があるような裁判(これは傍聴する人が多いと見越している裁判という事ですよね?)しか載っていないので、ご存知の方教えてください。

因みに裁判の数が多そうな、東京の裁判所に行きたいと思っています。

Aベストアンサー

#2さんが、「小法廷」と言っておられますが、これは最高裁のみに使われる用語であって、最高裁は審理しないこともあり不適切
でしょう。

さて、裁判傍聴で行くなら、断然東京地方裁判所ですね。事件の数が多いので、自分の好きな事件を見ることができます。
東京地裁は入場時に手荷物検査があり、凶器等を持っている場合には通報されます。

事件は、その日の朝、受付のところに、行われる事件の一覧表が貼ってあります。インターネットでは裁判の日程は公表しないようです。なお、裁判は平日しかやっていません。

初心者の方であれば、そのうちの刑事裁判で「新件」となっているものを選び、第○×号法廷かと時刻をメモします。

傍聴券の抽選がない通常の事件の場合は、入退場自由です。ただし、満席の場合は立ち見が禁止なこともあり、傍聴できません。

そして、法廷の場所に行きます。傍聴人入り口のところから入り、空席に着席します。
なお、一番前の席は証人など関係者のためにあけてある場合が多いので、そこには座らないようにします。
また、傍聴中は携帯電話の電源を切り、帽子を外してください。

Q民事裁判とは、どのようなものですか? 経験者の方、教えて下さい。

こんばんは。

民事裁判経験者の方に質問です。 

民事裁判とは、どのようなものですか?

訴訟の提起から裁判終了までの流れに沿って教えて下さい。

裁判を経験した感想等も伺えたら助かります。

宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍しくありません。

原告が申し立てたことのひとつひとつについて、被告は、
1.認める
2.争う
3.知らない
のいずれかを申し立てるのが原則です。

認めるといったものは、真実ではなくても、原告の言い分が真実となります。
争うといったものは、立証義務がある方が、証拠をもとに証明します。証明できないと、真実であっても、うそだということになります。

最終的に双方の陳述(といっても、文書のやりとりですが)、が終了すると、裁判官が判決を書きます。

その間、判決ではなくて、和解しないかという打診が裁判官から何度もあります。互いに合意すれば、判決と同じで、強制執行などもできます。

双方が納得しなければ、判決ということになります。
裁判官は、原告の言い分が多分正しいのだろうなと思っても、原告が証明しきれてないと、正しいという判決は書けません。

つまり、裁判は、裁判官が正否をジャッジするのではなく、証明できるかどうかの争いなのです。

だからウソが飛び交います。そのウソを証拠で突き崩していくことになります。

素人でも裁判はできますが、文書のやりとりですから、文書力と証拠がカギです。

未経験の方が争えば、負けてしまいます。弁護士の助力は不可欠でしょうね。

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍し...続きを読む

Q起訴後、裁判の日が決まるまで

今日、夫が起訴されました。(拘留7日目です。)
起訴されたあとは、裁判を待つだけだと思うのですが、
裁判の日にちは、起訴されてから何日くらいで決定するのでしょうか。
わかる方がいましたら、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>裁判の日にちは、起訴されてから何日くらいで決定するのでしょうか。
起訴後、1~2週間に最初の裁判(第1回公判期日)
を決められることが多いと思います。

そして、起訴された日の1ヶ月半~2ヶ月後に
第1回公判期日が開かれることになると思います。


逮捕後~起訴までの間に弁護人が付いている場合
(被疑者国選弁護人や私選弁護人)と
起訴された時点で弁護人が付いていない場合で多少違いますし、
起訴事実(公訴事実)の内容や
どこの裁判所に起訴されたかにより、多少違います。
(裁判所によって、刑事事件の多い少ないがあるので)

犯罪のほとんどが、被告人に弁護人が付いていないと
裁判を開くことができない事案ですので、弁護人が付くのが
早ければ早いほど、最初の裁判の日が早く決められる
傾向にあると思います。

【起訴された時点で弁護人が付いていない場合】
起訴の数日後に、裁判所から、被告人に対して、郵便により
起訴状謄本と弁護人選任照会の用紙が送られてきます。

弁護人選任照会の用紙には、
「あなたは、弁護人をどうしますか?」
「国選弁護人を希望しますか? それとも
 私選弁護人を依頼しますか(すでに決まってますか)?」
というようなことが記載されており、被告人が記入して、裁判所に送り返します。

裁判所は、被告人からの弁護人選任照会の回答を受け取った後、
国選弁護人選任手続きを取って国選弁護人を決める、
又は
私選弁護人からの私選弁護人選任届けを受理した後、
最初の裁判の日(第1回公判期日)を決めます。

ここまでの手続きが完了するのは、
だいたい起訴後、1~2週間といったところだと思います。

弁護人選任照会の回答を送り返すのが遅くなれば、
その分、最初の裁判の日を決めるのが遅くなります。

そして、裁判の日を決める日の概ね1ヶ月~1ヶ月半後に
第1回公判期日が指定されると思います。
(その後、裁判所から被告人に対し、第1回公判期日の召喚状(呼出状)が郵送で送られきます)

そうすると、概ね、起訴された日の1ヶ月半~2ヶ月後に
第1回公判期日が開かれることになると思います。

【逮捕後~起訴までの間に弁護人が付いている場合】
 【起訴された時点で弁護人が付いていない場合】に比べて、
 裁判の日を決める日が早くなります。
 したがって、第1回公判期日が開かれるのも早くなります。

>裁判の日にちは、起訴されてから何日くらいで決定するのでしょうか。
起訴後、1~2週間に最初の裁判(第1回公判期日)
を決められることが多いと思います。

そして、起訴された日の1ヶ月半~2ヶ月後に
第1回公判期日が開かれることになると思います。


逮捕後~起訴までの間に弁護人が付いている場合
(被疑者国選弁護人や私選弁護人)と
起訴された時点で弁護人が付いていない場合で多少違いますし、
起訴事実(公訴事実)の内容や
どこの裁判所に起訴されたかにより、多少違います。
(...続きを読む

Q裁判ってお盆期間中もやってますか?

裁判ってお盆期間中もやってますか?

お盆期間中 8月9日~8月13日に名古屋市中区の裁判所に傍聴にいこうと考えているのですが、
お盆期間中は裁判やっているのでしょうか?

ネットで調べたら裁判は先の日程を決められないので、
スケジュールなどは公開していないそうなのですが(裁判員裁判を除く)お盆期間中に裁判があるのかどうか
知りたいです。

やってても数少ない上に人多そうですが。。。

Aベストアンサー

裁判官や事務官さんは、交代で、お盆休み取りますが、
裁判は、土日祝以外は、順次
行います。

実際は、休みとっても、大半は
家出証拠書類読み込んだり、判決下書き
してるとか。

※緊急な逮捕状や捜査令状発令のため
24時間、書記官が裁判所に待機し、
当番裁判官は、職印と令状書式を常に
携行してます\(^^;)

Qホテルの部屋で「ダブル」と「セミダブル」の違いって何ですか?

 この前に「ツイン」と「ダブル」の件で質問した者です。
すばやいご回答にとても感謝しています。「セミダブル」については
とくに返答がなかったので、あらためて質問することにしました。
 ちなみに、一つのホテルで、「ダブル」と「セミダブル」を見たわけ
ではありません。あるホテルの空き部屋が、「セミダブル」となっていました。
この際なので、すっきりさせてしまいたいと思いまして、質問させて頂きました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答しようと思ったら、締め切られていたので、、、ちょっとビックリしました。
ご質問のセミダブルとは、要するにベッドのサイズのことです。
以下に並べてみましたので、参考にしてください。

◆部屋のタイプ
「シングル」・・・一人用ベッドの部屋
 主にビジネスホテルに多いタイプで、部屋も一番狭い。

「ツイン」・・・一人用ベッドが独立して2つある部屋
 最もポピュラーなタイプ。シングルに比べて部屋がベッド1つ分広いので、一人の利用でもわざわざツインを利用する人もいる。

「ダブル」・・・ダブルサイズ以上(不通はクイーン以上)のベッドが一つある部屋
 ツインよりは数が少ない。一つのベッドに2人で寝る

「トリプル」・・・ベッドが3つ、或いはツインに簡易ベッドが一つある部屋
 あまり一般的ではないので、簡易ベッドはソファーベッドの場合が多い。或いは、シングル1+ダブル1の場合もある

「フォース」・・・4人用。滅多にないタイプ。多くの場合、クイーンベッドが2つある感じ。アメリカなど家族旅行の盛んなところで見られる。

「セミスイート」・・・スイートに準じる部屋 ジュニアスイートともいう。

「スイート」・・・ベッドルームとリビングルームが分かれている部屋
 一般的には最上級の部屋。中には数十万~百万前後の部屋もある。中堅クラスのホテルなら数万円で利用できるので、特別な記念日などに利用する人も多い。

□番外編
「ステューディオ」・・・ソファーまたはカウチベッドがついている部屋。シングルまたはダブルベッドと組み合わさっているのが一般的。

「キチネット」・・・簡易キッチン(コンロとシンク、若干の料理器具など)がついている部屋。ホテルの部屋で自由に調理することができるタイプ。都会のシティホテルには少なく、リゾートのコテージや郊外のモーテルなどでよく見られる。


◆ベッドのサイズ
シングル 幅100~120cm 長さ195~205cm
・・・やっぱり一人用。
セミダブル幅120~130cm 長さ 同上
・・・これも一人用。2人ではちょっと狭いかも。その分お互いが密着できるかな?
ダブル  幅140~150cm 長さ 同上
・・・ようやく2人で寝れるサイズです。
クイーン 幅160~170cm 長さ 同上
・・・ダブルルームのベッドはふつうこのサイズです。
キング  幅180~200cm 長さ 同上
・・・真横になって寝ても大丈夫。ベッドの上でプロレスも出来ます。

ついでに・・・
◆日本と外国のホテル料金のシステムの違い
日本では、部屋のタイプに関わらず、一人~~円で料金が設定されています。
ツイン1万円を2人で利用なら、1万×2=2万円が料金です。
海外では、利用する人数に関わらず、一部屋~ドルなどで設定されています。
ツイン100ドルなら、何人で利用しても100ドルです。(もちろん人数の制限はありますが)
日本でも外資系のホテルではこのシステムを導入しているところがあります。

参考URLもどうぞ。

回答しようと思ったら、締め切られていたので、、、ちょっとビックリしました。
ご質問のセミダブルとは、要するにベッドのサイズのことです。
以下に並べてみましたので、参考にしてください。

◆部屋のタイプ
「シングル」・・・一人用ベッドの部屋
 主にビジネスホテルに多いタイプで、部屋も一番狭い。

「ツイン」・・・一人用ベッドが独立して2つある部屋
 最もポピュラーなタイプ。シングルに比べて部屋がベッド1つ分広いので、一人の利用でもわざわざツインを利用する人もいる。

「ダブル...続きを読む


人気Q&Aランキング