【お知らせ】カテゴリの見直しについて

準防火地域で木造3階建てのバルコニーをFRP防水仕上げ(アイカ工業のDR認定品)で施工する場合の下地を梁の上に28mmの構造用合板(剛床)で勾配をとりその上に9mmの構造用合板を敷いてFRPの下地にしようと計画しておりますが問題はないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ほ~失礼。

さっきは急いでたので。
ちょっと確認したら断熱なしでもいけますね。
木下地30以上、野地板合板9以上、断熱材20~65又はなし、補強合板9以上、プライマー0.2、防水塗膜2.06~3.8でした。
でも、釘の指定も4仕様あり、塗膜も、上塗り、中塗り、下塗りのほかに補強層が必要です。それも4仕様あるので選ばなきゃね。

なのでメーカー相談して下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

色々ご丁寧に有難う御座いました。

お礼日時:2008/04/28 09:30

DR-0267でやるべきでしょう。


アイカのです。断熱材をはさむ形式になります。
あとはメーカーへ。
    • good
    • 1

メーカーで認定を取った際の仕様があるはずですので、それに従ってください。


DR(飛び火試験認定番号)は下地を含めた仕様で取得しています。
メーカーに問い合わせては?(アイカの資料はないので即答できませんけど)
ちなみに、ロンシールのシート防水でその仕様(9mm以上の合板二重貼り)でしたら大丈夫です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座いました。

お礼日時:2008/04/28 09:31

貴方の補足に答える前に以下の補足を求めます。


屋根については、耐火性能30分とあります。
バルコニー直下の天井の仕上げ構造の詳細の補足を求めます。
以上

この回答への補足

LVLの35*35野縁下地の上に大建工業のノキライト12.5mmフラット板を張る予定です。(軒裏45分準耐火構造認定品)

補足日時:2008/04/25 08:10
    • good
    • 0

外部バルコニーの床は、屋根に相当する部分です。


準防火地域であれば質問文の構造だと問題があります。
準防火地域の場合の屋根は、不燃材料で葺く事になっています。
9mmの構造用合板を止めて、代わりに窒業系ボードt12.5mm(不燃材料)を張る必要があります。
ご参考まで

この回答への補足

DR認定品(防火仕様)を使うのですがそれでも問題あるのでしょうか?

補足日時:2008/04/24 18:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座いました。

お礼日時:2008/04/28 09:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガレージ・自動車車庫の内装制限

お願いします。
ガレージや自動車車庫は規模に関係なく内装制限を受けると思うのですが、よくガレージ用シャッターなどのカタログを見ると、木造で天井は梁や野地板が現しになっているのを見ます。

天井現しは可能なのでしょうか??
それともガレージは自動車車庫扱いされないような事ができるのでしょうか??

Aベストアンサー

No.3さんの回答が少し・・・と思うことがあったので書き込ませていただきます。

>内装の制限を受けないのは、無指定(市街化調整区域)ぐらいなので、注意です。

日本全国で内装の制限を受けます。

>車庫扱いされない車庫とは、
倉庫、物置をいつの間にか転用するとか。

それを行っている方が多いのは否定しませんが、違法です。
用途変更の申請を行い、当然、法適合状態とすることが求められます。

>イナバやヨドの車庫を作っちゃえば?内装制限なんて関係しなくなっちゃいますよ。

当然、建物ですので、確認申請や内装制限が求められます。

建築基準法はザル法と言われていますが、法施工以前の既存建築物の存在と罰則が甘いためだと思います。建築基準法は建物を建てる上で最低限の基準を定めたものですので、ザルとか言わずに法令順守しましょう。

Q木造2階建てのバルコニー

住宅の新築を考えています。

規模は木造2階建て、35坪程度です。
2階のバルコニーを木で、格子状に作りたいのですが、建築基準法上何か問題はありますか?
準防火地域という土地だと、木は燃えやすいから、
無理ですか。

教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先ずこれから書くことは大改正以前の話です。又、自治体で解釈も違いますので私の知っている自治体での話です。
法22条地域でも木製バルコニーは駄目です。まして準防火地域では許可されません。
アルミでもOKがでない時期がありましたが、今はアルミは大丈夫のようです。
どちらにしろ役所で聞いてみてください。
木材を防火処理した物も出回っていますが、役所で認定されているかどうかは聞いてみないとわかりません。

Q戸建住宅駐車場の傾斜は何%にすれば良いの?

新築戸建の着工を11月17日に控えていますが、外構部分の打合せがやっと昨日始まったところで、いきなり難題が発生!
「駐車場スペースの傾斜は2.8%で良いですか?」というものです。
初めての経験で見当がつかず、決めかねています。そこで、皆様のご意見を是非お伺いしたく投稿してみました。
駐車スペースは縦列駐車型で全長11m。入口部分を±0とすると最終的に+30cmになります。
私達の希望は、なるべく平に近い状態で作りたい。という事です。
積雪地域(積もっても15cmぐらいですが)の為、スリップは避けたいと思っている為です。2.8%は急坂の方ですか? また何か良い案をお持ちの方は是非教えて下さい!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

駐車場の傾斜としては、1/100だとかなりゆるくて排水がきちんとなされにくいほどになります。見た目は全く平坦です。ただこれだと傾斜がゆるすぎるので、水があまり流れずにたまるところが生じる可能性があり、寒冷地では逆にそこが凍ることも考えられますので、もっと傾斜させた方がよいです。

故に傾斜は2~3/100程度は欲しいところです。提案では2.8%(2.8/100)とのことですから、見た目はほとんど平坦に近く、通常傾斜を感じることはないけど、水は流れるので駐車場にたまってしまうことは避けられるのではと思われます。

Q準防火地域内に建築できる木造3階建

主要構造部を準耐火構造とするイ準耐ではなく、
外壁の開口部の制限を適用によって木造3階建建築物を建てた場合、
準耐火の分類はイになるのでしょうか?

Aベストアンサー

建築基準法施行令136条の2の規定による建築物のことだと思いますが、建築基準法では、

(準防火地域内の建築物)
第六十二条  準防火地域内においては、地階を除く階数が四以上である建築物又は延べ面積が千五百平方メートルを超える建築物は耐火建築物とし、延べ面積が五百平方メートルを超え千五百平方メートル以下の建築物は耐火建築物又は準耐火建築物とし、地階を除く階数が三である建築物は耐火建築物、準耐火建築物「又は外壁の開口部の構造及び面積、主要構造部の防火の措置その他の事項について防火上必要な政令で定める技術的基準に適合する建築物」としなければならない。ただし、前条第二号に該当するものは、この限りでない。

とされており、質問の建築物は、法62条中の「」内の建築物(その基準を示したのが施行令136条の2)となりますので、耐火建築物でも準耐火建築物でもありません。
よって、イとかロとかの分類はありません。

QバルコニーFRP下地板にケイカル板は必要ですか?

木造の
準防火地域で延焼ラインにかかるバルコニーの下地ですが
必ずしもケイカル板等の不燃下地を入れなければならない
と言うことはないのでしょうか?
書籍に出ている矩計図面を見ると不燃板があるのですが
実際の現場では構造用合板+耐水合板のみの矩計図をよく見ます。
行政によるのですか?

Aベストアンサー

バルコニーの下に1階がある場合、バルコニーが屋根とみなされます。
その場合は、屋根としての性能(大臣認定DR0110など)が必要で、
認定仕様ですとケイカル板を敷くことになっています。

バルコニーの下に1階がない場合はそれは不要です。

Q22条地域で外壁に杉板を使いたい

この度、22条地域に自宅(延床30坪程度)を建築することになりました。延焼の恐れのある部分に建物がかかる敷地条件のため、普通の杉板は使用できないと思います。

その際に、不燃加工してある杉板を使用すると思うのですが、
難燃、準不燃、不燃と種類もあり、
どのランク以上のものを使用せねばならないのか?、
また下地を防火構造としなければならないのか(逆に下地を防火構造とすれば普通の杉板が使える?)、
とかよくわかりません。

過去の質問&回答も読みましたが今ひとつ理解できません。
現在検討中の工務店にも質問しましたが、本来施工地域が防火規制とはあまり縁の無い地域の工務店なので、あまり詳しくないようです。

そこで皆様のお知恵を拝借できればと思い質問させていただきました。
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

内装制限の場合は、不燃、準不燃という基準なのですが、外壁の場合は、防火構造になっているかどうか、となります。
木造の防火構造は告示でいろいろ決められた方法か、
メーカーが実験により認定を取っている方法(防火サイディング+内部PBt12仕上げなど)があります。
また、防火構造(たとえばサイディングの平板や、PBに鉄板など)の上に可燃の木材を表面材として貼っても性能を損なわないと判断されます。(#1のご回答にありますが)
下地を防火構造にしない場合は、防火構造の認定をとったメーカーなどの木材を認定の仕様で使うことになります。
防火構造の認定は表面のみでなく、壁の内部までの構造でPC030BE-○○○などの認定番号がそうです。

http://www.channel-o.co.jp/home.html

http://www.koshii.co.jp/a-02.html

参考URL:http://www.channel-o.co.jp/home.html

Qペントハウスは述べ床面積に入る?

容積率の算定に必要な延べ床面積は、
各階の床面積の合計、となっています。
水平投影面積の1/8以下の最上階のエレベーター機械室などのペントハウスは階とはみなされません。
だから延べ床面積の合計に算入しなくていいのでしょうか…。
って都合のいい解釈はできますか。

Aベストアンサー

回答が真っ二つに分かれていますが、No.2の「どんな人:一般人」の方が正解です。
「階数には入らないが、やはり述べ床面積の算出の定義、「階の合計」の「階」には入る、と解釈ですね?」で正解です。
一方で「階(数)に入らない」と言っていて、「各階の床面積の合計」なのだから、算入しなくても良いのでは、私も昔、そう思ったことがありましたが、ダメでした。
結果としては「残念ながら」ですね。

Q木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

1、構造用合板を使った耐力壁は、幅が最低600mm必要だと質問の中で見つけましたが、
  これは何かにはっきりと記載されているものなのでしょうか?
  軸組工法だと最低900mm必要という文章もありました。

2、筋交いを使った耐力壁は、最低900mm必要ということですが、
  以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
  まで耐力壁とみなす、というのを教えてもらったことがあるのですが、
  これは間違っているのでしょうか?
  同じく、この事も何かに記載されていますか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木造軸組工法の耐力壁については、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」をご覧下さい。
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html


P60の解説欄には

1、構造用合板を使った耐力壁の前提条件は、L≧60センチ且つH/L≦5

2、筋交いを使った耐力壁の前提条件は、L≧90センチ且つH/L≦3.5

ですから、面材で、60センチ以下、筋交いで90センチ以下は、耐力壁として算定出来ません。

>以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
2008年12月以降、90センチ以下の筋交いは、算定出来ません。

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html

Q法22条区域の軒裏の構造は?

法22条区域の軒裏の構造は防火構造にしないとならないのでしょうか。
木材で仕上たいのですか、どうすればできるでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.1です。
板張り・・・大丈夫でしょう。
私が過去に「板張り」と書いた事が無いので確証は御座いません。
(フレキシブル板とか既製品ばかり使ってましたので、ただそれでも○mmとか書くだけ、不燃番号も防火番号も22条地域では書かなかったです、必要ない訳ですから。)

万が一何か問題があっても今法改正(6/20)でもその程度の訂正は認められるでしょう(私の地域では何箇所も訂正しましたがOK)。

何か責任感じてきましたね・・・、間違ってたら誰か訂正して下さい。
法の解釈は間違ってないはずですけど・・・。

Q準防火使用をクリアする外壁のアイディアください!

準防火使用をクリアする外壁のアイディアください!
今、自宅庭にガレージを作っています。以前にウッドデッキを作り、その雰囲気を引き継いだアメリカンなガレージを作る予定でした。2x4で作り、扉はスイングアップで!

ところが、基礎ができた段階で役所からのチェックが入り(お隣から通報されたのですが)、建築基準法 第22条、第23条適用地域なので準防火仕様にできなければ進めてはならないという指導を受けてしまいました。

屋根材は簡単に見つかったのですが、外壁材がなんとも見つかりません。
要望としては、ウッドに限りなく近いか、それっぽいもの。そして重要なのは、コストが安いこと。
なにせ、2x4で作ると目指していましたので...。
内壁側は、何もせずに打ちっぱなし状態で考えております。

皆さん、良いお知恵をお貸しください!

Aベストアンサー

再びA.No3です。

自分がした質問に対し、回答して更なる追加質問に時間を割いて真剣に答えているのに、回答のお礼もしない常識の無い無礼な人に又回答しようか悩んだけど、一応教えて差し上げますよ(-_-)

ANO.2で貼り付けた、URLのカラマツのムク外装材が防火構造認定を取得したとの事。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20100531/541428/

こうゆう非常識な人が、参加出来ないシステムは無いものか・・・・・


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング