【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

日本の伝統芸能(例えば、曲げわっぱなどの工芸品や漆喰や建築物などの有形文化財など)を守り、新たに再生させる仕事に興味を持っています。
総合的に扱うコンサルティングのような会社や、一地区・一製品に特化する会社、官公庁の類まで、何か知識をお持ちの方がいらっしゃいましたらぜひ企業名・団体名を教えてください。
私の知識の範囲では新宿のOZONEもそのひとつなのですが、現時点では採用はありません。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

えーと、最近は地域活性・地域ブランド・地域資源を始めご当地ブーム、あるいはデザイン・デザイナーとのコラボなど、個人でも企業でも多数の動きがあります。



サポートといっても、広告屋さん・印刷屋さんの新規事業という事でweb掲載や販売をされるところから、セレクトショップ的展開をされるところ、デパートのバイヤーや**職人展などの全国を巡回されるイベントの企画屋さん・問屋さん、デザイン面から関係していくところなどなど方向性は多数です。

オゾンをあげていらっしゃいますので、コーディネート的な、一般へ発信することへのご関心が高いやに思いますので、一例を挙げておきます。


メイドインジャパンプロジェクト
六本木 東京ミッドタウンのショップをはじめ、ショップやイベント面から新しい伝統工芸や日本の発信を試みられています。
http://www.madeinjapan.jp/

国の伝産協会と伝統的工芸品センター
経済産業省の外郭団体で、伝産を担当しているところです。池袋の伝産センターは運営ショップで全国の伝統的工芸を扱っています。

d&d department
デザインナー ナガオカケンメイさんが発信している企業で身近な伝統工芸・クラフトに注目された企画をされました。
http://web.d-department.jp/project/event/nippon_ …

その他、系統としてあげると
産地や職人がが自ら企画して盛り上げているもの(輪島のキリモトさん他、ozoneの和のある暮らしのカタチ展に出ているような皆さんhttp://wanokatachi.smrj.go.jp/)、
デザイナーとのコラボをしているところや行政のかかわり(国のJAPANブランド事業や青山のショップrin、コラボだと東京の伝統的工芸品チャレンジ大賞や伝産協会の伝統的工芸品フォーラム)、
デザイナー側からの試み(江戸意匠やUonoBI、あるいは奥山清行さんの活動)、
組合がショップを開設してブランド作りを試みているもの(江戸切子組合や青山に展開するなど)、
インテリアショップが展開しているもの(目黒のマイスターや燕子花)
もちろん輸出面などでジェトロが関係しているケース
などでしょうか。

こうしたところの、メディア露出もおおいです。
催事や展示会を含めて情報収集されてWEB等から絞られることをオススメします。
これ以外にもNPOやショップ、あるいはネット販売系は多くあり、それぞれに意図があり、おいおい・・・というものや、この展開は凄い。というところまで玉石混交です。
関わる方法はいろいろ。産地にも個性があります。もちろん職人さんにも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、詳細な情報本当にありがとうございました!

お礼日時:2008/08/06 10:53

伝統工芸、と書いた方がいいんじゃないかな。



私がテレビとかで見た数少ない知識では、
そういうのをやる人って、
「ここに入らないとダメ」ってことはないんじゃ、と思う。
たとえば家具ならば、
一般の家具会社で、そういうのに興味を持って情熱を持っている人が
一人で頑張ってみんなに声をかけて職人さんと連絡を取って、
企画を立てて、声を上げて、自分で実現していると思う。
そういうのを実現するためには、イキナリそれ、じゃなくて
普通の仕事で経験と知識と人脈と信頼を得てから
はじめて実現させてるんじゃないかな。そう見えました。

「曲げわっぱ」で新しいものを、と思ったら、
ある意味、百貨店というのも可能性はゼロじゃない。
バイヤーとか企画とかの仕事をしながら、
興味を持って伝統工芸の世界とつながりを持っていて、
何か機会があったら、職人さんと一緒に物を作るという
ことだってあるかもしれない。

ご質問の内容だと、可能性はとても広いと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
おっしゃる通り、伝統工芸でした・・・。確かに百貨店にもそのようなコーナーや特産展のようなものもありますね。あまり考えていなかった路線でしたが、アドバイスどうもありがとうございました

お礼日時:2008/07/24 14:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q伝統文化、芸能、その他日本の歴史にかかわれる職場について。

初めまして。現在就活中の者です。
皆様のお力をお借りしたく質問させていただきました。

タイトルの通り、日本文化にかかわる職業に就きたいと思っております。もちろん茶道・華道の先生や着付け師、書道師範や落語家、その他伝統工芸の職人等様々な仕事があるのは知っていて、将来的にはスキルを身に付けそのような仕事に就きたいと考えております。

ですが上に挙げた仕事は、当然長年修行を積んでからようやく仕事として出来るようになるものです。残念ながら現時点での自身の経済状況は非常に苦しくそれらに投資できるような余裕もありません。

しかし普通の会社に勤めるよりも少しでも日本文化にかかわることがしたく、歴史的な施設等でスタッフを募集していないか色々探している次第です。(某歴史的テーマパークの求人にも応募しました。残念ながら採用は無理でしたが)

長々と読みづらい文章をすみません。
少しでも歴史にかかわることで、「こんな仕事がある」、「こんな職場がある」というような情報をお持ちでしたら是非教えていただきたく思います。

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa920666.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1115848036

常識的に考えて上のサイトです。
または、歴史の本を扱う出版社勤務です。
今は歴女が増殖しているので雑誌・本は売れているはずです。
その他は忍者グッズ、刀を扱うお店です。
あとは書かれているように歴史資料館などでの仕事です。

Q歴史に関わる仕事を教えてください!

私は高2です。私は歴史が大好きで、将来は歴史に関わる仕事をしたいと考えています。でも歴史に関わる仕事にはどんな仕事があるのかを具体的に知りません。歴史が直接関係しなくても、歴史的な建物とか遺跡とか世界遺産とかにも興味があります。そういうことに関係する仕事を知っている方がいたら教えてください!!

Aベストアンサー

考古学関連の大学出身者です。
歴史、といっても幅が広いのですが…。

■遺跡や考古学に興味があるなら
遺跡の【発掘を担当する技官】=市役所など、教育委員会で発掘の指揮をとる。歴史学や考古学を学べる学科がよいです。【博物館の学芸員】という仕事もありますが、こちらはほとんど募集がありません。
なお、文書として記録が残っている時代を調べるのが歴史学。モノを頼りに調べるのが考古学です。


■歴史学に興味があるなら
発掘はしません。古文書などは読みます。歴史学だけを専門に仕事をするのは難しいので、【歴史関係の出版社】なんてのはどうでしょう?
より高度な専門知識があれば、【博物館の学芸員】なんて仕事もありますが、やはり募集はほとんどありませんです。


■歴史的な建造物が好きなら
建築学部、建築学科などで「建築史」を学んで、建築史の得意な【建築士】になるという方法もあります。もちろん理系ですから、建築構造なども学ぶことになるでしょう。古民家の活用や復元を専門としている建築事務所や会社もありますから、古建築の知識を活用できるでしょう。


■保存修復という仕事
歴史的遺物(発掘品や美術品など)を【保存修復する職人(技師)】のような仕事もあります。西洋絵画の修復、仏像などの修復、発掘出土品の保存修復などの仕事があります。修復だけでなく、【科学的に分析する研究者】もいます。
保存修復のための学科(大学や大学院)、または専門学校もあります。私はコレ関係の学科出身です。


■博物館の展示に興味があるなら
【展示業者】の中には、丹青社や乃村工藝社のように博物館の展示を得意とする業者もありますから、このような展示業者に就職するものある意味「歴史に関するしごと」といえるかもしれません。デザイン関係の学科や、博物館学を勉強するのがいいと思います。プランナー・デザイナーという肩書きが持てれば、博物館での展示を演出することができます。もちろん、博物館ばかりではないですけれど。

また、博物館に展示する【展示用模型を制作する会社】もあります。レプリカを作ったり、家屋や地形などの模型を作ったりします。こちらは、歴史というよりは模型職人ですね。かなりガテン系です。


■歴史を教える
【歴史の先生】これも歴史に関する仕事かもしれませんが、教えるのは歴史だけではないですよね(^^)

私が思いついたのはこんな感じかなぁ。参考になりますか?


参考URLは「東北芸術工科大学」という大学です。保存修復と美術関係の大学です。
最近、保存科学や修復関係の大学が増えてますね。

参考URL:http://www.tuad.ac.jp/guide/gakubu.html

考古学関連の大学出身者です。
歴史、といっても幅が広いのですが…。

■遺跡や考古学に興味があるなら
遺跡の【発掘を担当する技官】=市役所など、教育委員会で発掘の指揮をとる。歴史学や考古学を学べる学科がよいです。【博物館の学芸員】という仕事もありますが、こちらはほとんど募集がありません。
なお、文書として記録が残っている時代を調べるのが歴史学。モノを頼りに調べるのが考古学です。


■歴史学に興味があるなら
発掘はしません。古文書などは読みます。歴史学だけを専門に仕事をするの...続きを読む

Q日本の文化を守る仕事

現在理系の大学に通う大学院1年生です。
現在就職活動中なのですが、どの企業の説明を聞いても自分がそこで働く姿が想像出来ずしっくりきませんでした。
そんな時に、この国の伝統的な文化・行事を保護・保全・広報して行く活動をしている人達がいると知り、自分もその役に立ちたいと感じました。

もともと日本の文化や伝統は好きで、後継者が途絶えて行く現状を悲しいと感じていましたし、自国の文化が西洋文化よりも劣っているとされている風潮に疑問を持っていました。これまで受け継がれてきた文化を後世に残すのは今を生きる人間の義務だとも思っています。

ですので日本の文化を保護・広報する仕事がしたいと考えているのですがどうやって探せばいいのかがよくわからず困っています。
今から文化庁を目指すのは難しいと思いますし、NPO法人についても入会案内は見ますが、採用についてはどういった方法なのか今一つ分かりません

まだ自分の中で漠然としているのでどの分野の文化なのか?それとも時代なのか?地域に根ざしたものなのか?などがはっきりとは纏まっていない段階です。
ですのでどのような形のものでも結構ですので、なにか情報をお持ちの方がおりましたらアドバイスをお願いします。

現在理系の大学に通う大学院1年生です。
現在就職活動中なのですが、どの企業の説明を聞いても自分がそこで働く姿が想像出来ずしっくりきませんでした。
そんな時に、この国の伝統的な文化・行事を保護・保全・広報して行く活動をしている人達がいると知り、自分もその役に立ちたいと感じました。

もともと日本の文化や伝統は好きで、後継者が途絶えて行く現状を悲しいと感じていましたし、自国の文化が西洋文化よりも劣っているとされている風潮に疑問を持っていました。これまで受け継がれてきた文化を後世...続きを読む

Aベストアンサー

官やNPOがあるひとつの文化を守れるなどと
考えているのならそれは大変に甘いお考えです。
百歩譲って、それらの団体が、消えゆく文化を守るために献身できるしても
文化を守るという活動は、その文化を「大衆」が「生活の中に」
容易に取り入れられる環境づくりに寄与できてこそ、はじめてそう言えるものです。

例を変えるなら絶滅に瀕する動物を捕らえて檻の中で大事に飼ったり、
後世のために標本として残す活動が本当の動物保護でしょうか?
文化を担う主役なくして文化は無いのです。

質問者様が男子一生の仕事として日本文化を守ることを選択されたことを嬉しく思います。
守るべき日本文化には詩歌・絵画・能狂言などの芸術や、剣道・茶道などの芸事など
いろいろありますが、前述の意味でもっとも大衆的で、生活に即しているものといえば
「畳」「障子」「庭園」「お茶」あたりではないかと思います。
そしてこれらはすなわち既存のビジネスに近い存在でもあります。

もしわたしが質問者様の立場(理系で求職準備中)であれば、
NGOや広報機関などではなく、間違いなくメーカーや販売業者に求職先を絞り、
伝統的な日本文化のある面では現代でも機能的・美的価値があるぞ、
そしてこういう商品を展開していきたい、という具体的なプランを持ち込みます。

たとえば、建築・インテリア業界ならば
「伝統的な坪庭」+「ペット事情」=「人とペットの共生の場としての坪庭」
食品関係であれば
「伝統ある日本茶」+「忙しい朝食事情」=「新しいシリアルとしての茶がゆパッケージの提案」
など(個人的には)色々浮かびます(笑)。
拙くとも具体的に妥協なくまとめ上げ、知識と発想と企画力を自らの売りとするのです。

伝統をかたくなに押し付けることはよくありません。
日本文化に限らずは自然発生したものであり、誰かに押し付けられる性質のものではないのです。
そして逆に言えば「人に選ばれたものこそ文化」とも言えるのですが、かといってそう諦めることも拙速です。
かつて日本人がどういう生活で何を思い、この文化を選びとったのかをよく知る人こそが
どんな産業でも現代文化の中に日本伝統を滑り込ませる提案をリードできる人材です。

応援しています。がんばってください。

官やNPOがあるひとつの文化を守れるなどと
考えているのならそれは大変に甘いお考えです。
百歩譲って、それらの団体が、消えゆく文化を守るために献身できるしても
文化を守るという活動は、その文化を「大衆」が「生活の中に」
容易に取り入れられる環境づくりに寄与できてこそ、はじめてそう言えるものです。

例を変えるなら絶滅に瀕する動物を捕らえて檻の中で大事に飼ったり、
後世のために標本として残す活動が本当の動物保護でしょうか?
文化を担う主役なくして文化は無いのです。

質問者様が...続きを読む

Q跡継ぎのまったくいない伝統工芸をおしえてください

現在跡継ぎがいなく、数年後にはその工芸が日本からなくなってしまうというような伝統的な工芸を知っている方おしえてください。
休みを利用して訪問したいと考えているので知っている限りの詳しい情報をおまちしております。  よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

いくつかの伝統的工芸品について現地調査の経験がある者です。
経済産業大臣指定伝統的工芸品のうち、特に小規模なものを
稀少伝統工芸品といいます。下記のようなサイトをもうご覧になっているかもしれませんが、池袋の全国伝統的工芸品センターに行って情報を収集するといいでしょう。
http://www.kougei.or.jp/center/
http://www.kougei.or.jp/index.html
http://www.kougeishi.jp/index.php
http://www.kougei.or.jp/kougeishikai/
現地調査の印象としては、有名な産地でも「全工程手作業はこの人が最後」「この技法ができるのはこの人が最後」「これが作れるのはこの人だけ」「昔ながらの材料を使っているのはこの人が最後」、原材料や製造用の道具を作る人が1人しかおらず、その人がいなくなったらもう作れない。などのパターンがありました。工芸品の名称を出すと個人が特定できてしまうこともあるのでお許しください。
また、最初から最後まで一人で作る工芸品は少なく、多くは分業のため、ある工芸品で、手作業でその工程を行なっている家としては最後の一軒だったのに工賃があまりに安く、後継者として育っていた息子さんが生活が苦しくて泣く泣く転職してしまいました。別の産地ですが、地元の自治体の支援で後継者を募集し、やる気のある若者が集まってきたのに、全員やめてしまいました。その工程は床に正座かあぐらですわったままの作業が続くのですが、一日中床に座るということができなかったそうです。ちょっとずつ慣れればいいじゃんとも思いますが、作業時間が技術の向上や収入に直結するため、趣味ならともかく職業として家族を養うのは無理ということでした。
有名なのは輪島などの漆器の絵付けに使う筆でしょうか。最も細い部分を描くためにはある種のネズミの毛しか使えないのに、そのネズミの生息環境が破壊され、毛の質が悪化し、獲る人もいなくなったために筆が作れなくなったというもの。このような後継者以外の問題もあります。ご参考になれば幸いです。いい修行先が見つかるといいですね。

いくつかの伝統的工芸品について現地調査の経験がある者です。
経済産業大臣指定伝統的工芸品のうち、特に小規模なものを
稀少伝統工芸品といいます。下記のようなサイトをもうご覧になっているかもしれませんが、池袋の全国伝統的工芸品センターに行って情報を収集するといいでしょう。
http://www.kougei.or.jp/center/
http://www.kougei.or.jp/index.html
http://www.kougeishi.jp/index.php
http://www.kougei.or.jp/kougeishikai/
現地調査の印象としては、有名な産地でも「全工程手作業はこの人が最...続きを読む

Q呉服屋はそんなにツライのでしょうか?

就職活動中の21歳、女です。

無事、1社呉服屋さんから内定を頂きました!
店舗見学をしたり(軽く店内を見たり、お客のふりをして商品の説明を
してもらった程度です)、HPをチェックしたり、持ち前の明るさを
自分らしく出し切り、頂いた内定です。

しかし、周りから反対というか…
「本当にいいの~…??」
という感じです。

今は、着物もあまり売れないし、普通の洋服屋さんでも安い浴衣や
着物は売っているから、呉服屋さんは苦労するとのこと…。

来店客を待つだけではダメだから、色々出回り営業したり、
こちらの過去ログでも、1年に1回着物を買わされたりある。
というのを拝見しました。
展示会も大変だとのこと…。

ノルマもきっとある!(説明会ではないと説明していただきました)
と説明会を信じてはいけない!

とも言われました。

初めてだし、色々努力したので内定を頂いたときは本当に
嬉しかったのですが…
こうも周りから色々言われると、どうしたらいいのだろうか?
と思ってきてしまいました。

呉服屋は本当にそんなに大変なのでしょうか??
もし、自分の周り(娘・息子、友人)で呉服屋で働くと言ったら、
同じことを言いますか?

意志薄弱と思われるかもしれませんが…
本当に色々言われてしまい、落ち込み気味です。
色々ご意見お願い致します!

就職活動中の21歳、女です。

無事、1社呉服屋さんから内定を頂きました!
店舗見学をしたり(軽く店内を見たり、お客のふりをして商品の説明を
してもらった程度です)、HPをチェックしたり、持ち前の明るさを
自分らしく出し切り、頂いた内定です。

しかし、周りから反対というか…
「本当にいいの~…??」
という感じです。

今は、着物もあまり売れないし、普通の洋服屋さんでも安い浴衣や
着物は売っているから、呉服屋さんは苦労するとのこと…。

来店客を待つだけではダメだから、色々...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.1です。

まず、どんな会社であってもちょっと難しい話になりますが
『実質的な意味での』ノルマはあります。
例えていうなら、入社時に、有給、福利厚生、福利施設などが
利用できますよ、と説明を受けるはずですが、どんな恵まれた環境の
大企業であっても入社後に殆ど利用できません。
できるとしても、行政の庇護の下のんきに仕事をしている公共性
の高い企業だけ、なのです。

>ノルマがないというの信じてはいけないでしょうか?
形式的に言えば『ない』が、実質的には『ある』ということなのです。
ですので、どんな企業でも間違いなく『あります』。

逆に「ノルマはありますよ」と面接時にきちんと告げている企業の
方が企業としては良心的で信用できますね。

Q「採用担当御中」か「採用担当様」、どちらが正しいか。

会社にエントリーシートを郵送する時、宛先が「~株式会社 採用担当宛」となっていたら、「採用担当御中」ではなくて、「採用担当様」と書いて送った方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「御中」は 担当部署宛 担当者不明の場合。
今回の場合は担当者がわかっているので「○○様」とします。

Q日本文化を海外に伝える仕事

私は今高校生なのですが、日本文化が(伝統文化に限らずサブカルチャーなど現代文化も含めて)好きなので、将来それを海外に伝える仕事がしたいです。
しかし調べてみると仕事ではなくボランティアであることが多く、なかなか見つけることが出来ません。外務省はどうかと言われたのですがどの役職に付けばそういった仕事が出来るのかいまいちわかりませんでした。
そこで質問なのですが、日本文化を伝える仕事としてはどんなものがありますか? もしくは、外務省ではどの役職がそれに近いでしょうか?
1つだけでも構わないのでお願いいたします。

Aベストアンサー

アメリカの大学に行って、アメリカで、
日本の出版物をアメリカ人に売ったり、
アメリカのモノを日本人に売る会社で働いてた人がいます。

でもいまは辞めて日本で働いてるので、中々難しいのかもしれませんね。

僕は、日本語教師(と言ってもパリやNYばかり行けるわけじゃないよ。
むしろアジアとか中南米の小国とか多いよ)や、
新聞社、テレビなどのマスコミ(海外の文化を日本に伝えるでしょ?
同様に日本文化を海外に伝える機会も多いと思う)がアリかな、と思う。

Q和の仕事へ転職したいのですが…

和の仕事へ転職したいと思っている27歳女会社員です。

幼いころから日本史や、日本の文化が大好きでした。
世界はそれらで回っているといってもいいくらい、私の中心は日本の歴史と文化です。
社会人5年目を迎え、昔からの夢であった歴史や文化に貢献できる仕事に就きたいと強く思うようになりました。
この質問をする前にハローワークに聞いてみましたが、「関連団体への寄付でも関われることでは?」みたいなことを言われました。うまく言えませんが、趣味の範囲にとどめるのではなく、仕事という活動によって価値を見出していきたいんです。
今の仕事もそれなりにやりがいがあるのですが、「和」とはとはかけ離れた環境です。
もちろん、現職のやりがいを突き詰めたらとは思うのですが、一度きりの人生、どうしてもチャレンジしたいと思うのです。


ただ、転職しようと思っていても、指物師や表具師などの職人にはなれません
(一番やりたい仕事なのですが…)

まず、家庭の経済事情により、一定以上の収入が必要です。家族の援助はもらえません。
しかも家族への仕送りは必要になります。多くはないですが、少なくもありません。(ちなみに独身です)
実家からの通い(もしくは収入に目途が付ければ県外への脱出も可)

この三つがネックになってなかなか前に進みません。


今まで調べた所、着物業界が一番条件に当てはまっていると思ってます。
ある程度の収入が見込めそうですし、業界が厳しいとは聞きますがやりがいはありそうです。
他に、少しでも「和」に接する仕事があれば教えていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします!

和の仕事へ転職したいと思っている27歳女会社員です。

幼いころから日本史や、日本の文化が大好きでした。
世界はそれらで回っているといってもいいくらい、私の中心は日本の歴史と文化です。
社会人5年目を迎え、昔からの夢であった歴史や文化に貢献できる仕事に就きたいと強く思うようになりました。
この質問をする前にハローワークに聞いてみましたが、「関連団体への寄付でも関われることでは?」みたいなことを言われました。うまく言えませんが、趣味の範囲にとどめるのではなく、仕事という活動によって...続きを読む

Aベストアンサー

かなり大きな三つのネックですね。というか、普通に皆それがネックでなかなか進めないものです。
「和」と言ってもね、気持ちはわかるのですが範囲が広すぎます。
着物業界、それとてひとくちで言い表すには広い業界です。

販売員などを想定してるなら当然ノルマ等に振りまわされる世界ですし大手ほどあなたのイメージする世界とは違うと思います。
それでもいいと言うなら飛び込むのも良いですがまず未経験でできる職種、入れる会社は限られるでしょう。
最近は成人式専門店なるものがあります。着物レンタルから着付け、写真いっさいを請け負うという呉服店とはまるで異なる業態ですが、そういったところの電話アポとりなんかが現実的なセンじゃないでしょうか。

着物コーディネーターとかスタイリスト、デザイナーを目指すなら相応の勉強が必要になり軍資金が要りますね。
ただの着付けの先生なんかは食べていけません。
着付け、和裁、和服全般の知識、茶道なども嗜む必要もあると思います。
そのための専門学校に通う人も多いです。最終的にはセンスの問題なので才能も必要です。
接客能力、コミュニケーション能力も求められます。
そのあたりはアパレルつまり洋服の世界と大差ないですよ。
着物を着られれば満足というなら料亭の仲居さんでもすれば良いのですが売るとなれば厳しい世界です。

では着物を作る側はどうかと言えば染織を専門に学んだ美大出身の人も多い世界。
ただし織りや染めの職人見習いとして従事するなら経験不問の場合もあります。
京都をはじめ各地染織産業の産地での修行が必要になるでしょうから自宅を離れられないのでは無理ですね。

どの道「儲かる」という仕事でないのは確かで好きだからこそ続くという仕事です。
学校に通ったりと投資が必要な割りには回収率が悪いのは間違いありません。
それでもまあ、どうにかして始めない事には道は開けないわけですが。
リサイクル着物のショップ店員あたりから始めてみますか?
年齢的にはまだまだやれる世界ではあります。

かなり大きな三つのネックですね。というか、普通に皆それがネックでなかなか進めないものです。
「和」と言ってもね、気持ちはわかるのですが範囲が広すぎます。
着物業界、それとてひとくちで言い表すには広い業界です。

販売員などを想定してるなら当然ノルマ等に振りまわされる世界ですし大手ほどあなたのイメージする世界とは違うと思います。
それでもいいと言うなら飛び込むのも良いですがまず未経験でできる職種、入れる会社は限られるでしょう。
最近は成人式専門店なるものがあります。着物レンタルか...続きを読む

Q美大卒業後の就職について

高3の受験生です。
私は美大の油絵科に進学したいと思っています。
最初の頃はデザイン系のほうが就職率が高いということで、そちらを目指していたのですが、途中から油絵を描きたい!という気持ちが就職への心配でごまかされていたことに気がつきました。
せっかく両親も「やりたいことをやっていいよ」と言ってくれているので(本当にありがたい...)受験する科を変更しました。

しかし、そう決めたあとでも時々就職のことが気になってしまって仕方ありません。
主に油絵科に進学した後の就職状況を出来るだけ詳しく(具体例もあれば嬉しいです)、教えていただけませんか?
どんな職種に就いたのか、そのためにしたこと、取った資格など、できれば少数派の方々の話ではなくて、多数派の話が参考になると思います。

迷いを振り切るためにも教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

東京造形、多摩美、武蔵野美大の油画を卒業する人は、概ね
次の様な進路をとります。
A
中高の美術教員(非常勤含む)
公的.私立の美術指導員
福祉団体職員

B
企業のデザイナー
文化・芸術事業のスタッフ
雑誌や書籍の編集
木工や家具等の職人
造形制作スタッフ
雑貨やアパレルの販売員・・・等。

ここまでで、全体の70%ぐらい。

C、作家的な進路に行く人は
陶芸、版画、立体作家
イラストレーター
大学院、大学に残り助手

D、その他としては
自動車や量販店の販売員、営業職
家業の跡継ぎ
家事手伝い
テレビ局のAD・・・等。

油絵で純粋に食べて行こうとする人は、0.5%もいないです。
というか、全体の80%は油絵の道具に二度と触れない人生を歩みます。

Aの進路に進んだ人は、
たいがい「油絵画家になる夢」を持ちますが
多くの場合5~6年で日々の仕事に埋没していきます。
地方の自治体が行っている公募展には常連になりますが、
作家だけの収入で生活するレベルには、たいがい達しません。

美術教員を目指すのでしたら、大学に入ったら計画的に教職の単位を
取りましょう。
しかし、現在は、
少子化の影響もあり、教員になるのも難しく
たいがい親族のコネがないと出身地で正教員になれず、
見も知らない土地で美術教員になることも少なくありません。

予備校の講師は、基本、芸大出身者がメインです。

Bの進路に進んだ人は、
最も割合的に多いタイプです。ただし・・・
デザイナーになれても、たいがい中小企業やデザイン面では
マイナーな企業がほとんどです。
やはりデザイン科に比べると不利ですね。
景気が良かったら、この手の就職口は意外にあります。

雑誌の編集や造形制作スタッフは、たいがいバイトからの流れが
多いです。
卒業後に自分達で起業する人もいます。
ここを目指すのでしたら、大学に入ってすぐ関連するバイトを
見つけてがんばってください。

木工や家具等の職人も、みんな一様に進路として考える方向なの
ですが実際には意外に進む人は少ないです。

文化・芸術事業のスタッフや雑貨やアパレルの販売員は、
女性に多い進路ですね。

Cの進路に進んだ人は、
作家を目指しながらも、油絵以外の作家が多いです。
特に立体関連は少なくありません。
ただ、やっぱり生活面で不安定なため、Aとの兼業やBに流れて行く
人がほとんどです。
たまにいますよ、イラストだけで食べてる人も。かなり稀ですが。

武蔵野美大卒業生では、国分寺周辺に学生の時に住んでいたアパート
にそのまま居着いている人がよく見かけますね。
東京造形、多摩美卒業生は福生や横浜周辺でよく見ます。
つきあっている恋人と同棲したまま、あるいは彼女の実家にお世話
になるタイプはこのCの進路によく見られる傾向です。

Dの進路に進んだ人は、
たいがい「もう絵なんか描きたくない」的な人が多いです。
建築や何らかの資格を目指す人も稀ながらいます。

・・・・・
ただ、ここに列記した内容は、卒業から5~6年の範囲です。
その後多くは進路を軌道修正していきます。
Dのタイプの人も10年後には自分の工房を持つ人もいます。
Cのタイプに進んだ人も、美術指導員となって多くの教え子に慕われて
いる人もいます。
Bに進んだ人も、自分の店を持ったり、主婦になったり、会社幹部に
出世したり・・・。
しかし、
Aに進んだ人は10年後もあまり変化はありません。やっぱり堅実な
職業だからでしょうか。

だらだらとつまらない事を書いてきましたが、一番言いたいのは
美大に入る前に卒業後の就職にビクビクするんじゃなく、
自分のやりたいことを一所懸命やってくださいということです。
デザイン科に進んだ人達も、80%は10年後デザイナーをやってません。
彼らだって卒業時にデザイナーになるのは多いですが、だいたい企業に
残る道を選びません。
第一、企業に残っても、30代後半は管理職ですから。

概ね美大出身者は、何科卒業であろうとも10~20年後には全く進路に
垣根がありません。
大学卒といっても、もともと高卒や専門学校卒とそんなに立場は
変わらないのです。

東京造形、多摩美、武蔵野美大の油画を卒業する人は、概ね
次の様な進路をとります。
A
中高の美術教員(非常勤含む)
公的.私立の美術指導員
福祉団体職員

B
企業のデザイナー
文化・芸術事業のスタッフ
雑誌や書籍の編集
木工や家具等の職人
造形制作スタッフ
雑貨やアパレルの販売員・・・等。

ここまでで、全体の70%ぐらい。

C、作家的な進路に行く人は
陶芸、版画、立体作家
イラストレーター
大学院、大学に残り助手

D、その他としては
自動車や量販店の販売員、営業職
家業の...続きを読む

Q【ES】人生で最も困難な状況について

見てくださってありがとうございます。
最初にお断りしておきます。
知人に特定されるのが嫌なので所々ふわっとした表現がありますが、ご容赦ください。


さっそく質問なのですが、ESでよくある「今までの人生の中で最も困難な状況/人生で最大の乗り越えた壁」という項目について悩んでいます。
今まではサークルだのバイトだのと適当なこと(※実際のことですが)を言っていましたが、
つい最近あった面接で最も大変だったことを聞かれ、
サークルで後輩の人数が例年より遥かに多く教えるのが大変だったこと(担当制のサークルなので)を言うと、
面接官の方に「サークルって大変かなあ?」と苦笑いされてしまいました。
たしかに…まあまあ苦労はしましたけど、「最も大変」なことではありません。
バイトだってそんなに大変と思ったことはないです。


私の人生で最も大変だったことを正直に申し上げるならば…中学・高校(一貫校)で浮いていたことです。
いじめられてはいませんでしたし、休み時間に話す程度の友達も数人いましたが、本音を話せるような友達はいませんでした。
私は中学・高校の頃容姿が悪く、自分のことが大嫌いだったので性格も歪み、根暗で本当に「ブス」でした。おまけに進学校だったので勉強もできず、運動神経も最悪でした。
浮いていた内容というのが、たとえば私が体育のチーム競技でミスをすれば、同じチームの女子があからさまに苛立って舌打ちするか、それ以外は嘲笑してヒソヒソクスクスする、といった具合です。(とはいえクラス全員ではありません)
他には文化祭の強制登校日は当然のようにぼっちだったので一人でぶらぶらしていたらわざと数名の女子が尾いてきてクスクスしたり…とかです。数メートル離れながら私が曲がる方向についてくるついてくる…わざと同じ廊下を何往復もしてたら律儀についてきたのはちょっと笑えましたが。
まあこんな程度です。


こんなカワイイものでも毎日だと気が滅入って本当に死にたいと思うときも多かったです。
とくに中1なんか生徒より担任が最悪で大嫌いだったので(落ち零れに冷たい担任だった)、毎日思い詰めてました。
それでも中高で体調が悪かったとき以外は休みませんでした。
親に「いじめられてるの?」と聞かれるのが何より辛かったからだと思います。
聞かれるたび、「そんなことないよ」と答えて何が何でも休むもんか、と毎日行きました。
心配させたくなかったのは勿論ですが、一番はプライドだったんだと思います。
母は「私は学校が一番楽しかった。学校がつまらないなんて信じられない」
とよく言っていて、そのたび珍種を見るような目で見られましたから。
(とはいえ、親は今でも「私がいじめられていた」と思いこんでいるのですがね[苦笑])


ただ、高2で誰も友達がいないクラスになってしまったため、
「このままじゃ親にクラスで浮いてるってばれる、ヤバい!」と焦りました。
しかも高2は修学旅行という最大の難関がありましたから…。
そこから自分を変える努力をしました。
なるべく笑顔を意識して、話しかけやすい雰囲気をつくるように努力しました。
人見知りでしたが、あまり親しくない人に対しても冗談を言ったりしました。
この頃から「話してみると印象ちがうね!」と言われることが増えました。
おかげで、友達こそできなかったものの、グループをつくるとき人数が足りない場合には真っ先に呼んでもらえる程度の位置は確保できました。
これが高2、高3です。


そして大学は誰にも志望校を言わず、絶対に私の高校からは誰も行かない(そもそも知られてない)大学に行きました。
そして、やっぱりというか、大学でも浮きました。クラスでもサークルでも。
お化粧も分からないから下手くそで相変わらずブスのまんまでしたし、知らない土地ゆえに人見知りを存分に発揮していたことが大きいと思います。
県外で一人暮らしだったので、もう本当に鬱になっていて自殺方法を毎日考えていました。
大学2年生までそんな調子でした。


サークルも辞めようか迷いましたが、優柔不断なせいでずるずると続け、やめられないところまで来たとき…
もう腹を腹を括るしかない!とやっと自分から歩み寄る努力をしました。
最初は散々「嫌い」を態度に出され、お酒が入れば面と向かって「嫌い」と罵られることもありましたが、腐らず相手を好きになる努力をし、
私自身も「人に嫌われる」要素が少なからずあるはずだと思ったので何冊も自己啓発本を読み漁り、
徹底的に自分を矯正しました。
お化粧も年を追うごとに上手くなり、今ではたまに「美人」とさえ言ってもらえるまでになりました。
親にも昔は「目が小さい」だのとよく言われたものですが、今では「美人なんだから」とか「昔の知り合いには整形した?って言われるでしょう」等と褒めてくれます。
性格に関しては、今は「優しい」とか「性格いい」と言ってもらえることが多いです。
今でも意識しても自信だけはなかなか持てないですが(改善中です!)、ネガティブだった考え方を、なるべくポジティブにと心掛けています。
その成果でしょうか、サークルの他の部員も大人になったことはあると思いますが、今では普通に仲がいいですし、人に嫌われることはあまりなくなりました。


…と長くなりましたが、以上が私の中で乗り越えた最大の壁の本当のところです。
しかし、就活でこんな暗い話(?)を言うのは不適切だとも思います。
別に同情されたいわけじゃないですし、「そ~お、暗い青春を送ってきたのね~」なんて同情されたところで、それで就職させてもらえるわけではありませんし。
むしろマイナスにしかならない気がします。
「根は人付き合いが下手ということは、うちの会社でも浮くかも!」というふうに。


浮いてた話は誰にもしてません。正直したくもありません。
プライドが高いんでしょうか。「恥ずかしい」って思ってしまうんです。
その分、容姿も性格もブスだったのを変えた努力に関しては自分を誇らしく思っていますが…。
「就職活動」という枠で見たとき、この経験をどうとらえられますか?
否定的な意見でも一向にかまいません。率直な意見をお聞きしたいです。


補足ですが、親に電話で話をした際、「今まで死ぬほど頑張ってやり抜いたことって、ないでしょう。だから努力したって誇れることがないんじゃないの?」と言われました。
ショックでした。ある程度当たっています。
受験だってそれほど頑張ってません。夏にC判定だったところに合格した程度です。世間的には偏差値だってそれほど高くありません(60に届かない程度です)。
資格だって取りたい!と思って夏休みに毎日のように講座に通って取った資格がありますが、合格率は割と高いものですし(50%強)、趣味程度にしか役立たないものです(取ってよかったとは思ってますが)。
私の中で、死ぬほど努力したつもりの上記の事柄も、客観的に見れば大したことないのかな…と落ち込んでしまいました。
「普通の人(=世間の大半の人)」ならここまでしなくても当り前にできていることですしね。
すみません、愚痴のようになってしまいましたがよろしくお願いします。

見てくださってありがとうございます。
最初にお断りしておきます。
知人に特定されるのが嫌なので所々ふわっとした表現がありますが、ご容赦ください。


さっそく質問なのですが、ESでよくある「今までの人生の中で最も困難な状況/人生で最大の乗り越えた壁」という項目について悩んでいます。
今まではサークルだのバイトだのと適当なこと(※実際のことですが)を言っていましたが、
つい最近あった面接で最も大変だったことを聞かれ、
サークルで後輩の人数が例年より遥かに多く教えるのが大変だったこと(担...続きを読む

Aベストアンサー

あなたは自分に真っ直ぐでスレテイナイ所に好感をもてます。
56♂です

不幸な中高時代の一部はドブンと重なる所がありますし、
私はもっと逃げていたかもしれません。
そもそも、中学では春休みから電話帳(旺文社の全国高校入試問題集)を
1冊、朝から晩までやり通して1月にはする事がなくなっていたくらいで、
県一の進学校に進学したまでは薔薇色でしたが、背伸びした感の否め
なかった入試後の結果は悲惨な物となりました。
どこかで入試順位が420/450とはり、そのままでは留年だ、との
危機感が強くなり、友達関係の一切を絶って勉強に励みました。
あなたと同じで皆勤賞でしたが、仰るように学園祭などは最初の朝礼だけ
出て、一旦帰り、3時半頃の終礼に間に合うように帰ってくるような生活を
していました。
 何よりも悲惨だったのは、入試順位で自分の価値観が大きく崩れ、
周りの全ての人が優秀に見え、悪い事に全女性もその様に見えたことです。
同じ中学からいった女子ですらその対処に入りましたから、
「私みたいな頭の悪い奴に声を掛けてくれるヤツなんかいない」と
完全な殻に閉じこもりました。女性恐怖症ですね
従って、高校時代は私には何も無いブラックな時代になっています。
いまでも、同窓会にはこわくていけません。

女性恐怖症は大学(一応、公立なので勉強は盛り返したことになります)
まで続き、高校と同じスタンスをとり続けていました。
3年になってやっと、変人が現れ?、話が通じる友人ができました。
その人は大抵変わっていて、東大を出て、公立に入ってくるなんて
余程の時間潰しか、とおもったりしましたが、既に彼女がおり、
時々実家に帰るのに。私も方向が一緒だったので良く送って貰いました。
可愛い彼女でしたね。この時、ちょっとだけ女性に対する感覚が
少しだけ戻りました。

すでに友達関係はほぼ断ち切っているので、年賀状も数通になっていますし
自ら閉ざしていることも有り、自ら意識的に発想することはありません。
いましなっては、残念に事をしたと思います

会社に入って、やっと女性の同僚が出来たので否応なくせっいする機会に
恵まれ、徐々に免疫も出来てきて、しゃべれるようになりました。
1年後位には普通のカップルのようにABBAのコンサート(古!)にまで
一緒に行って貰えるようになりました。
本格的に女性を意識したのは、仕方なく、という消極的な物でした。
ある部署に機械を借りに行かないといかなかったのですが、ムスっとして
行く訳にはいかず、「おはよう」に始まりねそれだけでは能が無いな。
と考えるようになり「どちらから来られてます?」とか込み入った話で
まだまだ、踏み込んだ話も出来かねた感じです

しかし、3~4ヶ月もすると、情が移るというか、相手の事を知ろうというか
=こういうなのを恋の始まり、と言うのであれば多分そうです、
帰りのパスの後で待ち合わせ場所を決めてデートしたりしていました。
決定的だったのは、状況を察した彼女の上司が彼女が風邪で休んだ事を
理由に見舞いに行こうと言いだし、部外者だった私は断ったのですが
「機械を毎日のように借りているから、お見舞いくらい言ったら?」の
声に押され、彼女のアパートへ。何もかも晴天の霹靂でした。
すでに、ほぼ女性の免疫のない私はパニック状態。
が、上司が企んだ事と思います(後押ししないと動けないヤツでしたので)
今は彼女は私の奥さんです


私の話が長くなって、本題に戻りましょう

人生で最も困難な状況
(1)身内が亡くなった/親友が亡くなった(一般論)
(2)過去に(両手両指をだして、ヒーフーミーと数えて)両手で足りない位
 落ち続けていること(10社位は少ない位かも)
 でも、結構、精神的にぐさっと来るんですよ、と自虐的に言う
(3)中高からの不幸な時代を乗り越えて、大学になってから、綺麗になったと
 言われ自信を取り戻したこと(人を伸ばすのはけなすことではなく、
 褒める事と思いますから) → そういう意味では親の意見は外れている
 ブスだったのは主観なので本当は別に何の問題も無かったんでしょうけど
 私も陥った落とし穴に入ってしまって周りが見えなくなり、思い込みも重なって
 そのようになったとおもいますから、そこからの脱却はオブラートに包みながら
 「他人から見たらバカみたいなんですけど」と自虐的に、でも「今はちゃんと
 立ち直った」という落ちをつけて(最後良ければそれで良い、感じ)
 今は自信を持って何事にも取り組める自信が付きました、というのは
 アリかもしれません。
(4)資格を取ったのは自信に繋がりますから、「困難」という程ではないですが
 と前置きして、今後の人生に役立つと思ってチャレンジしました、
 といえば好感度はアップするとおもいます。
 ちなみに取っておいた方が良い国家資格、民間資格を上げておきますね

国家資格
http://www.shikakude.com/paje/kokkashikaku.html
民間資格
http://www.shikakude.com/paje/minkanshikaku.html

私も何度目かの就活中なのですが、助けてくれるのは経験と資格だけです。
うち一つは資格をもっているので書類審査無しで面接にこぎ着けました。
まだ56でもなんとかなるとおもっています

あなたは自分に真っ直ぐでスレテイナイ所に好感をもてます。
56♂です

不幸な中高時代の一部はドブンと重なる所がありますし、
私はもっと逃げていたかもしれません。
そもそも、中学では春休みから電話帳(旺文社の全国高校入試問題集)を
1冊、朝から晩までやり通して1月にはする事がなくなっていたくらいで、
県一の進学校に進学したまでは薔薇色でしたが、背伸びした感の否め
なかった入試後の結果は悲惨な物となりました。
どこかで入試順位が420/450とはり、そのままでは留年だ、との
危機感が強く...続きを読む


人気Q&Aランキング