人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

バーチャルFXを始めたばかりの初心者です。本は一読して、デモで勉強してみようと思い、始めたのですがよく分からない事があります。
新規注文の「ストップ」についてです。

ストップで新規注文をする場合、

売買区分が[ 買 ]の場合、現在のレートより高いレート(値段)を入力。
売買区分が[ 売 ]の場合、現在のレートより低いレート(値段)を入力。

と、書かれています。
この意味がよく分かりません・・・。意味と言うか根拠と言うか・・。
ストップと言うのは、レバレッジを効かせていた場合、借金を背負わないように「ある一定の価格まで下がったら自動的に売る」というものの事ですよね??たとえば1ドルが100円として、95円でストップをかけておけば、95円になった時点で自動的にドルを売却してくれる。という事ですよね??

それならば、売買区分が[ 買 ]の場合、現在のレートより高いレート(値段)を入力。という根拠がわからないのです。「現在より低いレート」ならわかるのですが。
しかも、まだドルを購入していないのに、先に「売る」を押してしまいました。もうわけわかりません。
FXの本を読んでも、言葉の意味などは載っているものの、画面と照らし合わせての解説のようなものがないため、いざ、パソコンの画面の前に座ると理解できないことが多々あります。
みなさんはどうやって最初のステップを乗り越えたのでしょうか??
本を読むだけで理解できましたか??
画面と照らし合わせての解説本のようなものでおすすめがあったら教えて下さい。
無知な質問で申しわけないのですが、よかったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ストップとは、他社で言う逆指値のことです。

その前に指値注文の意味から復習しましょう。指値注文は、希望の価格をつけた注文で、買いは現在レートより低く、売りは現在レートより高く指値(希望の価格)を入れます。新規注文でも決済注文でも使えます。「安く買って高く売る」という基本どおりの注文です。
逆指値注文またはストップは、上記の逆になります。現在レートより高く買う、低く売る指値注文です。決済の損切りに使うのが一般的ですが、新規でも使えます。それは、上昇トレンドの上がっているところを買う、下降トレンドの下がっているところを売るという作戦になります。

本は、基本的なもの1冊でよいです。あれこれ読んでも上達しません。
注文の入力は会社ごとにやりやすさが違いますので、あまりにやりにくいなら、他社も考えたほうが良いです。

バーチャルトレードですが、注文の仕方がわかったら卒業しましょう。自分のお金がかからないゲームをやっても、実際のお金を投じたときにトレードが雑になります。小額でもリアルマネーでやりましょう。
    • good
    • 0

損切りのレートも、(ロングポジの場合)


上で切るのか(逆指値)下で切るのか(指値)によって変わります

おそらく質問者様は、その時に逆指値注文を選択していたのでしょう
指値注文に変えればで、下の価格で入力できるはずです

最初から売りで入ることも出来ますので、売りをクリックすれば
売りで注文されてしまいます

FXは4年ほどやってますが、デモはやってません
いきなり本番取引からです
最初はわからないことだらけで、失敗もありましたが
そういうことを繰り返して覚えていきました

デモを、否定するわけではありませんが
デモは所詮デモで、自分の身銭を切るわけではありませんので
システムに慣れるため程度ならいいですが、取引には
大して役に立たないと、思いますし、適当に売り買いする
癖が付きそうででう

やはり、小額でも自分のお金を動かした方が勉強になります
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング