中小企業の働き方改革をサポート>>

食品メーカーに勤めています。
当社では自社工場で生産しているものと、外注で生産しているものがあります。
よく、工場稼働率がどうだこうだと耳にするのですが、工場稼働率とはどうやって計算するのでしょうか?また、外注工場に委託生産してもらうのはどういったメリット、デメリットがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

工場稼働率の計算は製造機械、あるいは製造設備の生産能力をどれだけ使うかということで計算します。

生産能力を超えた注文や需要があるときに、設備投資のメリットがないかその需要が限定的な場合に外注委託をします。
あと、外注委託は外注先と販売市場との地理的位置で運送費が安いとか、海外である場合は製造原価の加工費が安く価格メリットがある場合などにもちいます。
デメリットは異品納入とか不良品の発生(国が違っている場合は不良そのものの認識が違っているケースもあります、例えば注文先が製品に記入される文字の色を白と指示している場合、それを黄色とかにした場合それを不良として認識するか否かは民族性によって違います。)、納期を守らなかったりとかがあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング