今日からはじめる健康美ライフの秘訣は?>>

隣地境界は民法上50cmというのは、調べたことがあるのですが、出窓の規定はどのようになるのでしょうか?外壁は50cmとれているが、出窓があり、出窓部分は50cmない場合、隣人から、訴えられる可能性はあるのでしょうか?これが、サッシ既製品の出窓の場合、又は、造作出窓の場合によってもかわってくるのでしょうか?
以上、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 申し訳ありません。

他の質問に対する回答をNo1にしてしまいました。sakisukeさんのご質問に対する回答は次の通りです。お詫びして訂正致します。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1. 原則

 建物を建てる場合には、境界線から50cm以上あけて建てなければなりません(民法234条1項)。この距離は、土台敷または建物の側壁の固定的な突き出し部分(出窓など(材質問わず))と境界線との間の最短距離を計ることとされています(法曹界決議昭和2年2月24日)。



2. 例外

 しかし、上記の原則には2つの例外があります。


2-1. 例外1〔民法の規定と異なった慣習があるとき(民法236条)〕

繁華街などの住宅密集地の場合、境界ギリギリに建てている家ばかりが並んでいるような地域では、民法234条1項の規定は適用されません。


2-2. 例外2〔お住まいの地域が「防火地域」または「準防火地域」で
   あるとき(建築基準法65条)〕

 防火地域または準防火地域内にある建築物で、外壁がコンクリートなど耐火構造となっているものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができます。
 お住まいの地域が、「防火地域」または「準防火地域」に属するか否かについては、お住まいの市区町村の、都市計画課などの担当課に、電話でお尋ねになればすぐに判ります。



3. 上記例外に当てはまらない場合

 この場合、隣人は、
sakisukeさんが建築に着工した日から1年以内で、なおかつ、竣成前に限り、
建築の「廃止」や「変更」を求めることができます(民法234条2項)。
 これ以外の場合には、損害賠償の請求のみをすることができます(同項但書)。



 以上、ご参考まで。
    • good
    • 0

 政令には、大きく2つの種類があります。


 一つは、法律の規定を実施するための「執行命令」(憲法73条6号)。
 そしてもう一つは、法律の委任に基づいて制定される「委任命令」(憲法73条6号。内閣法11条参照)です。

 「執行命令」の例としては、「自動車損害賠償保障法施行令」があります。

 「委任命令」の例としては、
 ○ 「地方自治法第二百五十二条の十九第一項の指定都市の指定に関する政令」
 ○ 「商法、有限会社法及び株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律
  の関係規定に基づく電磁的方法による情報の提供等に関する承諾の手続等を
  定める政令」
などがあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q隣地境界50cm以上離してとは、どの部分?

 隣人が家を新築して、当方側の土地(まだ家を建てていない)に寄せて建築されています。隣地50cmから明らかに家が入りこんでいるように見えて、圧迫感を感じております。
 業者さんは、「80cm空けてるからと大丈夫です」とおしゃっていましたが、肉眼でも明らかに、屋根・出窓・水道などの外に出ている配管周りが、隣地から50cm以内に入りこんでいることがわかるくらいです。
 その狭い範囲でさらにコンクリートフェンスをつくろうとしています。
 また、家を建築するときは、土地内の端の方(四隅)に寄せて建築するものとおっしゃっています。


そこでご質問なのですが、
(1)隣地境界線50cmから離して建築するというのは、どの部分を離すことなのでしょうか?家の土台(コンクリート)でしょうか?屋根・出窓・配管などは入っていいのでしょうか?

(2)家というのは、土地の四隅に寄せてつくるものなのでしょうか?

(3)業者さんが、無断でこちら側の土地にはいって作業をしており、材料片・ゴミなどがこちら側に入ってきたり、しています。入るときは一言言っていただければいいのですが、気づいたように後の作業から「入るときはいいますから~」とか言いつつ結局言いません。こういったことはどうなのでしょうか?

(4)おそらく隣人(地主)さんは業者にまかせっきりだと思われますので、業者に言いたいことを言ったら、隣人との仲にさしつかえあるでしょうか?
 

 隣人とは今後仲良くつきあっていかなければいけないので、ほぼ黙認しております。どういったことでも結構ですので、アドバイスをいただければと思っております。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。

 隣人が家を新築して、当方側の土地(まだ家を建てていない)に寄せて建築されています。隣地50cmから明らかに家が入りこんでいるように見えて、圧迫感を感じております。
 業者さんは、「80cm空けてるからと大丈夫です」とおしゃっていましたが、肉眼でも明らかに、屋根・出窓・水道などの外に出ている配管周りが、隣地から50cm以内に入りこんでいることがわかるくらいです。
 その狭い範囲でさらにコンクリートフェンスをつくろうとしています。
 また、家を建築するときは、土地内の端の方...続きを読む

Aベストアンサー

>目隠しをするということは義務になるんですよね。
民法の規定というのはこの窓の目隠しの話にしても境界線から50cmの話にしても、強制ではなく、あくまで要求できる権利があるだけですから、その権利を行使しないのはいっこうにかまわないのです。
つまり仲良くやっている隣人であればそもそもこういう話は出てきません。

あともう一つこれらの規定は「地域の習慣があるときにはそれを優先」としていますので、たとえば東京の都心部などの密集地では、敷地に近接またはぎりぎりにたてるのは普通なので、これらの規定は無効となります。

Q隣地境界線から50cm空けるのはどこからでしょうか?

都内に家を建てる事を計画中なのですが、当家の外壁から境界線
まで30cmしか空けられません。(というか現在そのような計画中です)
民法では、50cm以上空けなければならないという事ですので
隣地の方に30cmで良いかご挨拶に伺ったところ、50cm以上は空けて
欲しいと言われてしまいました。

そこで本題ですが、隣地から50cm以上はなさなければならないところは
どこからになるでしょうか?
私がお願いしている設計士さんは、屋根の出っ張りなども入ると言って
ますが、本当でしょうか?
※Webなどで調べると外壁からとなってる意見が多いようです

ちなみに隣地の方は、外壁は50cm以上離れてますが、出窓や屋根は
50cm離れてません。(特に屋根は敷地境界線上ぐらにあります。)
それなので、設計士さんは、今回のケースはお互い様なので
50cm空けなくても、許可していただけると思いますと言っています。
どうなんでしょうか??

Aベストアンサー

この前の方でしたか、せっかく譲歩したのに残念ですねえ。
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/3876685C9710210949256A8500311EE0.pdf
今は判例も読めるんだなあとびっくりしました。
これによると用途地域にもよるようですね。
大阪ではありますが、防火地域が住居系地域に規定された時に接境建築を慣習もないのに認めることは不当ということのように読めます。
この場合は棄却されてますね。工事中の3階建ての50センチ以内の部分を取り除けと言っています。(そこだけって無理だろう・・とは思いますが)

ポイントはやはり用途地域と慣習があるかどうかのようです。
地域の様子を調査して結果を出しておくことが良いようですね。
用途地域がわかりませんが、健闘をお祈りします。

Q当方のミスで民法234条を犯してしまいました。お隣が許してくれません。

当方のミスで民法234条を犯してしまいました。お隣が許してくれません。
敷地境界から50cmを超えて当方の外部階段と玄関ポーチの壁を設けてしまいました。床面積に入らなかったので設計士も見落としてしまった完全にこちらのミスです。お隣の指摘でそのことに気づき、平謝り状態です。同条の2項によれば、既に完成しているので、法的には損害賠償ができるだけの筈ですが、お隣は取り壊しを要求しています。当方としてはお詫びの印としての金銭的な解決方法しか考えられません。
このような場合、私はどのような姿勢で臨めば宜しいのでしょうか。また裁判所などに調停をお願いする、などの具体的な解決方法をご存じの方、是非お教えください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1 民法第234条第2項ただし書の規定により、工事が始まって1年が経過した場合や、建物が完成した後では、工事を中止させたり計画を変更させることはできず、敷地境界から50cmより狭い間隔で建物を建てたことにより生じた損害賠償の請求のみできるとされています。

2 民法234条第1項の適用が問題となる紛争では、当該民法の規定と異なる慣習があるかどうかが争点となる場合が多く見られます。民法236条では、50cm以上離して建てないことが一般的な場合はその習慣に従い50cmの規定は適用しないとしています。
 また、建築基準法第65条(隣地境界線に接する外壁)では、
「防火地域又は準防火地域内にある建築物で、~その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。」
とされており、この規定を民法236条の異なる習慣を定めた規定として捉え、防火地域又は準防火地域内にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては民法の50cmの規定は適用しないのが通常です。
 なお、裁判例に現れた事例では、法違反を指摘する隣地所有者の方も民法234条第1項の規定を順守していない場合には計画変更等を請求できないとしたものがあります。
 しかし、建物の間隔が原因で新たに何らかの問題や損害が発生した場合は現実に可能な範囲で、お隣さん同士、円満に問題を解決出来るように互いに譲り合える妥協点を探し、よく話し合うことが大切です。
3 民法の規定ですから、建築士ではなく弁護士に相談される方がいいと思います。

1 民法第234条第2項ただし書の規定により、工事が始まって1年が経過した場合や、建物が完成した後では、工事を中止させたり計画を変更させることはできず、敷地境界から50cmより狭い間隔で建物を建てたことにより生じた損害賠償の請求のみできるとされています。

2 民法234条第1項の適用が問題となる紛争では、当該民法の規定と異なる慣習があるかどうかが争点となる場合が多く見られます。民法236条では、50cm以上離して建てないことが一般的な場合はその習慣に従い50cmの規定は適用しないとしています。
...続きを読む

Qペントハウスは述べ床面積に入る?

容積率の算定に必要な延べ床面積は、
各階の床面積の合計、となっています。
水平投影面積の1/8以下の最上階のエレベーター機械室などのペントハウスは階とはみなされません。
だから延べ床面積の合計に算入しなくていいのでしょうか…。
って都合のいい解釈はできますか。

Aベストアンサー

回答が真っ二つに分かれていますが、No.2の「どんな人:一般人」の方が正解です。
「階数には入らないが、やはり述べ床面積の算出の定義、「階の合計」の「階」には入る、と解釈ですね?」で正解です。
一方で「階(数)に入らない」と言っていて、「各階の床面積の合計」なのだから、算入しなくても良いのでは、私も昔、そう思ったことがありましたが、ダメでした。
結果としては「残念ながら」ですね。

Q出窓が建築面積算定に参入されない条件の1つに

出窓の建築面積不参入の3つほどある条件の一つに
壁からの水平出寸法が50cm以下の場合は建築面積に参入しないと言う条件がありますが
この場合の50cmは外壁の面からでしょうか?
それとも外壁の中心線からでしょうか?
諸解説には外壁面からの絵で解説しているものが多いように思えますが
中には中心線から50cmで解説しているものもあります。
どっちが正しいのでしょうか?
また、これはどこの出展ですか?

Aベストアンサー

おなじみの図の出典は例の住指発115号だと思っていましたが、今、国交省のデータベースで検索してみてみると115号には図がないみたいですね。(通達が出された当時どうだったのかは不明)
でも、26号の方にはちゃんと図が添付されているので、115号の通達にはもともとは図がなかったのでしょうか。
直接通達にリンクできないので、データベースで検索してください。(すぐにヒットするはずです)

 http://wwwkt.mlit.go.jp/notice/index.html
・住指発第二六号 (昭和三九年二月二四日)
・建設省住指発第一一五号 (昭和六一年四月三〇日)

115号の文章の当該部分を読んでみると、
 ロ 周囲の外壁等から水平距離五〇cm以上突き出ていないこと。
となっています。
どこからかは明記されていませんが、面積関係の取り扱いは壁芯ということになっているので、この情報からだけだと壁芯と判断してもよさそうに見えます。


一方、さらに(まぼろしの?)図を求めて検索してみると、横浜市の法令取扱い基準に以下のものを見つけました。
(出典は、神奈川県行政会議のようです)
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenchiku/guid/kenki/kijun/
http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/28281.pdf
このなかに、おなじみの図と解説が書かれていますが、
説明文のほうには、『d:周囲の外壁面からの水平距離』という記述があって、これだけ読むと「外壁面」と読取れます。
(原文も掲載されていますが、そちらには当然「面」とは書かれていません)

通常は外壁を同じ構造にしていれば、芯-芯でも面-面でも寸法は同じなのでどちらも同じ結果になると思いまずが、その後の棚付きの平面図をみると、そのまま包絡線を面積として算入するような解説になっているので、図のシングルラインの意味するところは面積算定用のライン(=壁芯など)と解釈することができそうです。(あくまで神奈川の場合ですが)

いずれにしろ、大元の出典は115号でしょうから(そちらには「面」とは書いてない)こちらを解釈するのが良さそう。
結論的には#1様と同様、面積算定の芯でよいと思いますが、最終の確認は主事に…

おなじみの図の出典は例の住指発115号だと思っていましたが、今、国交省のデータベースで検索してみてみると115号には図がないみたいですね。(通達が出された当時どうだったのかは不明)
でも、26号の方にはちゃんと図が添付されているので、115号の通達にはもともとは図がなかったのでしょうか。
直接通達にリンクできないので、データベースで検索してください。(すぐにヒットするはずです)

 http://wwwkt.mlit.go.jp/notice/index.html
・住指発第二六号 (昭和三九年二月二四日)
・建設省住指発第一一...続きを読む

Q戸建住宅駐車場の傾斜は何%にすれば良いの?

新築戸建の着工を11月17日に控えていますが、外構部分の打合せがやっと昨日始まったところで、いきなり難題が発生!
「駐車場スペースの傾斜は2.8%で良いですか?」というものです。
初めての経験で見当がつかず、決めかねています。そこで、皆様のご意見を是非お伺いしたく投稿してみました。
駐車スペースは縦列駐車型で全長11m。入口部分を±0とすると最終的に+30cmになります。
私達の希望は、なるべく平に近い状態で作りたい。という事です。
積雪地域(積もっても15cmぐらいですが)の為、スリップは避けたいと思っている為です。2.8%は急坂の方ですか? また何か良い案をお持ちの方は是非教えて下さい!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

駐車場の傾斜としては、1/100だとかなりゆるくて排水がきちんとなされにくいほどになります。見た目は全く平坦です。ただこれだと傾斜がゆるすぎるので、水があまり流れずにたまるところが生じる可能性があり、寒冷地では逆にそこが凍ることも考えられますので、もっと傾斜させた方がよいです。

故に傾斜は2~3/100程度は欲しいところです。提案では2.8%(2.8/100)とのことですから、見た目はほとんど平坦に近く、通常傾斜を感じることはないけど、水は流れるので駐車場にたまってしまうことは避けられるのではと思われます。

Q吹き抜けの採光計算&天井高さ

1. リビングに吹抜けを設けて採光計算に入れたいのですが、その場合2Fは廊下ですが、その2F廊下部分も入れて1/7の計算になるのでしょうか?
2. ロフトを作ろうと思っています。その場合天井高さは1,400mm以下にしないと3階建てになってしまいますよね。ロフトの下は物入れで、H=2,000にしようと思っています。

建築を離れて長いので忘れてしまいました。どなたか教えていただけますか?

Aベストアンサー

確かに2室1室で採光を考えると、Wa*k≧1/7*(sa+sb)
ですが、今回の場合は違いますよね。
No.3の方のほうが正解でしょう。

リビングと廊下、及び窓の位置関係はどうなんでしょうか。
南面に吹き抜けがあって、廊下は吹き抜けの南以外の辺、というのが一般的でしょうか。
そうであれば、南面の壁に設けられた窓は、全てリビングの採光上有効な窓となります。(高さが1階のレベルでも2階のレベルでも)
その場合の必要とされる開口面積算定に用いる居室面積は、リビングの面積で可であり、リビング+廊下の面積でなくて構いません。

南面に吹き抜けがあって、その壁沿いに廊下が有る(空中歩廊のような、ほとんど無いパターンと思いますが)、だとすると少しややこしいかな。
2階レベルの窓はリビングの窓なのか、廊下の窓なのか、意地の悪い建築主事なら「廊下の窓であり、リビングの採光上有効とはみなさない」なんて言う危険性が無いでは有りませんが、ま、先のパターンと一緒でOKと思いますが。

Q民法50cmの異なる習慣はどうやって調べるの?

建売参入業者です。

土地の購入において教えてください。

民法の第236条に

「前二条の規定と異なる慣習がある時は、その慣習に従う。」

とあります。

要するに民法では、第234条で境界から50cm離せという規定とともに
慣習があるときはその慣習に従えと言うことですが、
この異なる習慣はどうやって調べるのでしょうか?
民民の話しなので役所で調べることじゃないと思いますし。

事業主が建売用地を購入するに当たりこの規定の確認はすごく重要だと思いますが
隣地に確認しても規定を知らない方なら「じゃ、50cm離してよ」って言われて終わりかと思います。
現実的に普通の人がこの規定を知っていることは非常に少ないと思いますので
都会で境界いっぱいまで建ててるのは単に知らぬ者同士でトラブルが発生していないだけ
と言うのがほとんどだと思いますが、都会の狭小地住宅街を見るとどこも目いっぱいで建替えています。
建ててしまってから訴えられるとどうにもなりません。
建売にしろ建築条件付にしろ皆さんそのへんを確認してから土地を仕入れているのでしょうか?

Aベストアンサー

原則は50cm離します。そこから先はグレーゾーンです。計画がある程度すすみ、隣地とも協議できるようになっていかないと決定することは出来ません。

要するに土地の契約の時点で確定することは、よっぽどのことが無い限りありません。
また業者が境界一杯まで建てれますなんて言ってはいけません。
いくらあがこうがどうしようが、土地契約の時点で決めれません。無理です。
また業者がそこまで断定する必要はありません。
原則、離してください。民法で決められています。と説明すればそれでいい。

近所がみな接して建てられていても、業者の説明は接して建てれない場合もあると施主に説明しておく必要がある。

50cmくらい離さないと工事できないし、庇等で越境の恐れもある。
普通の土地では否が応でも50cmくらい離す事になる。

>3ヶ月以内に請負契約をしますが計画の段階で50cm離す必要があるかどうかで
>契約にたどり着けるかどうかが大きく変わりますよね?

変わらない。
建物計画したこと無いの?

>そのため業者としては50cmを確認したいところですが用地購入前の
>所有権もまだない時にお隣と念書を交わすのもおかしな話かなとも思うのです。

業者はあやうきに近寄らずで良い。
仮に口頭で隣地からOKもらって、施主に説明して契約したとする。
いざとなって、隣地がやっぱりダメといったら、業者側が訴えられるよ?責任どうやってとるの?

質問さんの言うように、あらかじめ決めれたらいいかもしれないけど、そこは業者としては踏み込んではいけないグレーゾーン。もっと計画が進まなければ確定は無理。

原則は50cm離します。そこから先はグレーゾーンです。計画がある程度すすみ、隣地とも協議できるようになっていかないと決定することは出来ません。

要するに土地の契約の時点で確定することは、よっぽどのことが無い限りありません。
また業者が境界一杯まで建てれますなんて言ってはいけません。
いくらあがこうがどうしようが、土地契約の時点で決めれません。無理です。
また業者がそこまで断定する必要はありません。
原則、離してください。民法で決められています。と説明すればそれでいい。

近所がみ...続きを読む

Q高度斜線はどうなるの??

建築面積の1/8の塔屋(昇降機や昇降機ホール)は建物の高さに入らないとの事ですが、高度斜線(北側)にかかっても良いという解釈で宜しいのでしょうか??
教えて下さい。困っています。

Aベストアンサー

建築面積の1/8以下の塔屋(高さが12M以下)は、(1)道路斜線の場合には高さに算入されません=道路斜線にはかかりませんが、(2)北側斜線制限(高度地区における北側斜線制限の場合も含む)には高さに算入されます。=高度地区の北側斜線にかかってきます。(建築基準法第56条第1項第3号、同法第58条)

もちろん建築面積の1/8を超える塔屋は、階数と床面積にも含まれるので、道路斜線にもかかってきます。

Q回り階段(螺旋階段)の巾について

回り階段の踏み面の巾は狭い方から30cmという規定がありますが、先日役所にて階段巾(回り部分)も狭い方から30cmいったところから広い方に向かって必要な寸法を確保しろと言われました。
これは基準法上正しいのでしょうか?
 ちなみに階段巾75cm以上必要な場合の螺旋階段は直径でどの程度必要になるのでしょうか?

Aベストアンサー

住宅の場合、法的に必要な階段幅は75cmですよね。
踏面は15cm以上ですが、周り階段の踏面は、階段幅の狭い方から広い方に向かって30cmの位置で15cm以上あれば良いのです。

役所がおかしなことを言ってるようですが、1回転する螺旋階段の場合はそうしなさいという指導でしょうか。

この見解を一般の住宅の回り階段に適用されると、階段の回る部分だけ、91cmモジュールが使えなくなり、住宅の回り階段が異常に大きくなります。

法規の解説本に、回り階段の寸法の法的チェック部分が記載されてますので確認してください。役所の見解は誤りです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報