人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

41歳の夫と二人暮らしの妻34歳です。
夫婦二人とも以前から精神科医に統合失調症
と言われ、私は精神科の隔離病棟に1年ほど
入院した経験があります。現在も幻聴が聞こえ続けており
仕事が出来る状態ではありません。主人も以前から
神経症で精神科に通院していましたが、幻聴が聞こえ始め
医者に統合失調症と言われました。昨年11月末で会社を
退職し現在は少しばかりの貯蓄で生活しています。
二人とも精神衛生法第32条の適用を受けている状態です。
このままでの生活では、僅かな貯蓄もすぐなくなってしまうので
生活が出来ません。また、今の様子では二人とも働ける
状態ではありません。
お互いの両親は亡くなっており、兄弟は、まだ幼い子供を
抱えているので私達に援助できる余裕はありません。
もちろん、財産もありません。
軽自動車を一台持っていますが、それも売ろうと考えています。
主人がサラリーマンだった時の僅かな貯金がなくなれば
生活はできません。
私達のようなケースの場合は、生活保護が受けられるのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

原則的に統合失調症であれば、先ずは精神障害者年金を受給するなど、


使えるものから使って、それで駄目なら生活保護の申請という順番
になります。
通院費公費負担はお使いのようですが、精神障害者としての等級は
お持ちではありませんか?
統合失調症といっても、人によって違います。

等級で1級が認められていれば、生活保護も認められやすいなどが
あります。入院履歴などがあればなおさらです。
いざとなれば、医療保護入院を主治医にして貰って、生活保護の
申請をする。この方が確実です。
主治医(新人は省く)や病院のケースワーカーは患者さんの生活保護
の申請は慣れていますから、病院でよく相談に乗って貰った方がいいです。

生活保護は認定の仕方が世帯状況も関わりますから、現在症状の強い
方だけを認定することも出来ます。質問者の方は生活保護の認定は
基本的には大丈夫です。おかしな役所でない限り。
ご主人の方は神経症から発病というようですが、心因性の可能性も
ありますので、ここではなんとも言えません。
世帯単位で取れるかどうかは分かりません。
主治医は分かっているはずですが。

車にしても必ずしも手放さなければならない訳ではありません。
とにかく、質問者の方の場合は主治医のアドバイスが重要です。
精神科医は病気だけを診るのではありません。
生活状況も重要なので、病院でよく状況を話して下さい。

それから、生活保護の現実の受給金額などや、規制は都道府県
によっても違いますし、住んでるところの等級に左右されますから、
地元の社会福祉協議会にご夫婦で足を運ぶのもいいと思います。
民生委員のことなども教えています。
    • good
    • 0

 


受給できると思います。

お二人で、子供はいないとして、夫婦ですから、一ヶ月の支給額は、12万円ぐらいではないかと思います。もう少し多い(少ない)かも知れません。住居を借りている場合、住居費用というのが支給され、例えば、5万円のアパートとかに住んでいる場合は、5万円がプラスされ、17万円の支給ということになります。(数字は自信がありません。大体合っているとはおもいます)。

わたしからすると、条件・資格は十分だとおもいますが、「審査」というものには主観が入ります。従って、役所の担当者にもよりますが、なかなか認めないとか、手続きしてくれないなどの可能性もあります。

その場合、というより、最初から、病院の医師に相談して、医師から役所への紹介を行ってもらうとかすると、かなり承認が簡単に降ります。

また、No.4 の回答者の方も言われていますように、市会議員とか、そう言った政治関係の有力者に紹介を願うというのもよいと思います。

そのまま、お二人で申請されるよりも、医師とか有力者とかの紹介や推薦などで、申請された方がスムーズに審理が進行し、許可がおりる可能性が高いです。

現在、軽自動車をお持ちとのことですが、営業用とかに使うのでない場合は、当然、手放すことが前提になります。また、少額の預金なら見逃してくれるかも知れませんが、預金類は、すべて使い果たした、というのが原則です。

(実際は、預金していても、確認できませんから、お金を貯めることは可能です。人権侵害になるので、あまり福祉事務所の担当者も、細かいことを最近は言わないようです)。

(ただし、生活保護を受けるということは、決して、仕事をしなくなるということではないので、仕事のために必要な自動車とか道具などは、認められます。自動車は難しいとおもいますが、以前、生活保護を受けているという人で、ここで質問などをしている方がいましたから、パソコンなどは、趣味の範囲で、持っていても問題ありません。

……昔は、もっと厳しかったのだとおもいますが、最近は世のなか全体が豊かで、生活保護を受けているからと言って、TVを持つなとかパソコンも売って生活費に充てよ、とは言わないとおもいますが、担当者には古い考えの人もいて、そういうのは認めないという担当者もいるかも知れません)。

なお、生活保護の場合、支給承認の場合、親類や近親者に、援助要請が行くはずです。これは、親類等が、「支援したいが、その余裕はありません」と返答すれば、それだけです。しかし、親類や近親者に、こういう照会が役所から届きます。

なお、保険はなくなります。保険金を支払う必要はなくなりますが、保険もなくなります。医療費は、地方自治体などが、医療券の形で支給してくれ、保険治療の範囲では、医療費は無料になります。32条公費負担は、精神疾患関係ですが、生活保護の医療券は、あらゆる医療に渡っています。

また、生活保護を受けていても、仕事はできますし、在宅バイトなどで、お金をもうけることもできます。その金額を報告すると、一定金額が支給額から減額されますが、働いて稼いだ分、減額では、勤労意欲が消えますから、働けば、それなりに得た収入の全額ではなくとも、収入は増えます。

こういう形の収入が、ある一定金額を超えて来ると、保護しなくとも自立して生活できると判断され、保護解除です。しかし、生活保護を受けているので、仕事をして収入があると、保護をうち切られるということはありません。恒久的な、または、永続的な収入源確保の見通しがあれば、審理して、打ち切りになります。
 
    • good
    • 0

近所の人で生活保護を受けている人がいます。



その方は50歳位の女性で若い頃から毎日酒三昧・パチンコ通いの、
ぐーたらの生活をし、挙句の果て
糖尿病になり病院代すら払えない状態で、
生活保護を申請し現在受給しています。

そのような馬鹿な人間にでも生活保護を受けられるのですから
junjun424さんの深刻なケースでは、充分可能ではないかと思われます。

ポイント
ただ役所に行くのではなく、
junjun424さんの住む市(junjun424さんの住所が市と仮定)の
市議会議員に状況を説明し、
市議会議員から市役所に口を利いてもらうということです。
市役所職員も即行動してくれるそうです。

何もせず個人で市役所に行っても、
市役所職員は仕事が遅く、何にしても後回しにされるそうです。

市議会議員に付き合いのある人はいません。と言われるでしょうが
心配要りません。
近所の人で生活保護を受けている人も
知り合いの市議会議員などいませんでした。
電話帳なり何でも良いですから市議会議員を見つけ出し連絡することです。
    • good
    • 0

障害年金についてはもう調べられましたでしょうか?


自分もあまり詳しくはないので参考URL(いろいろなサイトへのリンクが張られています)を載せておきますが
参考にならなければごめんなさい。

参考URL:http://allabout.co.jp/finance/nenkin/subject/msu …
    • good
    • 0

公費だけでなくもう一段階上の精神関係の補助みたいなものがあるらしいですよ。


精神障害・・・何というのか分かりませんが1級から3級?(よく分かってない)まであるそうです。
1級だと10万円ほどの生活補助?のようなものがもらえるようです。そして調子がよくなりアルバイトなどをしても直ちに打ち切られないようですよ。
この申請をすれば何とか生活できるでしょう。
知り合いの知り合いがその申請をしているらしいので聞いたことがあるのです。
審査が厳しいらしいけどね。
でもやっぱり病院と役所に相談に行かれたらいかがでしょうか?
    • good
    • 0

受けられる可能性がきわめて強いと思います。


お早めに役所に相談に行かれたらいかがでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング