私は花粉症です。いろいろ調べてみたのですが、
あのヒスタミンを出す肥満細胞(マスト細胞)
は普段何の役割をしているのでしょうか。
やはり白血球の一部と考えて良いのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

肥満細胞(mast cell)はヘパリン、ヒスタミン、セロトニン、白血球召集因子などを含有する分泌顆粒を細胞質内に充満させるという特徴を有した細胞です。

遊走細胞(※)の一種で、小血管壁内にとくに多く存在します。
体内に進入した異物を検出すると顆粒を放出し、体内のアレルギー反応と局所的炎症反応の引き金役となります。つまり普段は顆粒の放出がないので働いていないと考えてもよいと思います。
アレルギーとは抗原(アレルゲン)の再侵入による抗原抗体反応の結果として惹起される生体にとって好ましくない病的反応のことをいいます。
肥満細胞が関係するのは1型アレルギー(アナフィラキシー型、もしくは即時型とも呼ぶ)で、代表的疾患として気管支喘息、花粉症、蕁麻疹、アナフィラキシーショック、食物アレルギーなどが挙げられます。
なおアレルギーは(1~4型)に分けられます。(本当はギリシア数字ですが表示されないのでアラビア数字で表記しています)

※遊走細胞とは組織内を自動性をもって移動する細胞の総称で、代表的なものに好中球(好中性白血球)、リンパ球、マクロファージなどがあります。炎症のときなどに盛んに遊走活動を行います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。普段は働いていないと考えていいのですね。
他の白血球たちは、比較的調べやすかったんですが、肥満細胞だけが
本などで調べても見当たらなく困っていました。(私の調べ方が甘い
のでしょうね・・・)本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/02/27 11:44

shiteholeさんの丁寧な回答がありさらに直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「即時型アレルギー反応のおこり方」
模式図が気に入りました?

更にタイトルは忘れましたが、最近本屋で見たのが確か以下の本であったと思います。
---------------------------
図解雑学アレルギー  斎藤博久∥監修  岡村友之∥著
出版地 :東京
出版者 :ナツメ社
出版年月:2000.4
資料形態:206p  19cm  1200円
注記  : 奥付のタイトル:アレルギー
件名  : アレルギー
内容  : 文献あり
ISBN:4816327819
NDLC: SC151
NDC : 493.14
--------------------------------------
いずれにしてもアレルギー(あるいは免疫)に関して図解していて読みやすい(?)ものでした。

ご参考まで。

参考URL:http://www.nsknet.or.jp/~katoh/immediate.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

MiJunさん。ありがとうございます。早速観てみました。
良いHPに巡りあえたと感激しております。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/02/27 21:44

私も、よく知らないのですが、下記URLに、なんか、いろいろ出ていました。

ご参考までにどうぞ

参考URL:http://www.tmin.ac.jp/dept/immunology/MC%20proje …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答、ありがとうございます。
さっそく拝見させていただきました。

お礼日時:2001/02/27 11:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q幹細胞を臓器の細胞に分化させるのはムリ?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030403-00000005-wir-sci
上記サイトのニュースについて、以前質問をした者です。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=515265)

このニュースを読むと、幹細胞を臓器の細胞に分化させるのはムリ(修復なら可能)という発見が多くの研究者にショックを与えた、という書き方です。

しかし、カエルの臓器製造については成功しているようなので、「臓器へ分化がムリ、で研究者がショックを受けた」というのは変ではないでしょうか?
http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/science/Bio/200006/22-1.html

Aベストアンサー

幹細胞を使おうとしたら、幹細胞が分化せずに、融合することによって治療できてしまったということですので、
この記事では、むりだとはいっていないです。

ただ、そもそも、細胞が融合することを利用しての治療が可能なら、もしかしたら、幹細胞でなくてもいいかもしれないということです。

Q胚性幹細胞⇔骨髄性幹細胞

幹細胞の代表的なものとして、胚性幹細胞と骨髄性幹細胞がありますよね?
この二つの特徴だとか、長所・短所などが解かりやすく載っているHPなどご存知の方、いらっしゃいませんでしょうか??
どちらも臓器移植医療に技術が応用できるんですよね?そのあたりに触れているもの等もありましたらお願いします。

Aベストアンサー

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLが参考になりますでしょうか?
「再生医療 ES細胞、幹細胞、万能細胞」
●http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/8080/p/bio_ES_0201.html

◎http://www.horae.dti.ne.jp/~hnals/m2k/kaiho/new/05.html
(幹細胞)

ご参考まで。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/NewSphere/EP/b/bio_ES.html

Q透析膜に血液が接触したときの白血球と血小板の減少について

透析膜に血液が接触した初期に白血球と血小板が活性化して透析膜に付いてしまい数が減少するのは分かるんですけど、なぜすぐに元に戻るのでしょうか?急いでいます!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。
減った分が、血管壁、骨髄や脾臓などの滞留プールから補われるからではないでしょうか。

最初小量ダイアライザーに付着しても、ヘパリン化してあるので普通の凝固のように連鎖的にくっつきまくる事はなく、ある程度で飽和してしまうはずです。

Q白血球の数値

 白血球の数値が2500~2600です。時には4000~5000の時もあります。大体は低いようですが、これは、どういう状態なのでしょうか。何か病気などに繋がることもありますか。今のところ特に悪いところはありません。
 数値を上げるには〔上げた方がよいのでしたら〕どうしたらよいでしょうか。例えば、何かを食べた方がよいとか…。教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

白血球と一口に言っても、白血球はさらに細かく分類されます。
好中球・リンパ球・好酸球・単球・好塩基球…。
簡単に言いますと、このうち好中球とリンパ球が基準値内に保たれていればとりあえずの健康に障害は出ません。

白血球が減少する病気として、各種白血病や骨髄異形成症候群など、骨髄と呼ばれる血液をつくる造血組織の病気が考えられます。

当面、好中球やリンパ球が正常であれば現在の健康が障害されることはありませんが、白血球の減少や増加から上記の病気が見つかることがありますので、病院で白血球分画まで調べてもらう必要があると思います。

Q白血球。。

クラスに病気の男の子がいます。
あんまりよくわからないけど、
『白血球が少ない』
『たまに血を吐くことがある』
といった状態です。
これってなんの病気なんですか?
最近は学校に来て、
部活も陸上なんですががんばっています。
でもたまに咳をするのを見ると、大丈夫なんかなぁと心配です。
血を吐いたり、体調の悪い日は学校を欠席しています。
大きい病院にも通院していると聞きました。。

Aベストアンサー

いろいろな病気が考えられますが特定できませんので、こちらのサイトを参考にして下さい。
http://www.city.naze.kagoshima.jp/HouseCall/

参考URL:http://www.city.naze.kagoshima.jp/HouseCall/


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報