ちょっと変わったマニアな作品が集結

先週、47000円のコートを取り置きしてもらいました。その時に内金として、3000円をお店に払いました。しかし、他の店で良いのを見つけてキャンセルしようとしたのですが電話をかけてみると、「基本的にキャンセルはできない。」ということです。内金=キャンセル時の保証料と考えていたんですが・・・。本当にキャンセルはできないのでしょうか?内金入金の時点ではキャンセルできないと言う説明はありませんでした。
ちなみに、お引換証をもらっていてそこには、商品名、値段、入金(内金の値段)のみで契約内容(キャンセルなどについては)は書いてありません。
学生なものですから結構高額な買い物なので困っています。回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

 4700円と3000円では大きく違います。

しかも 一般的なセールストークに応じての行動です。
 
 言葉が内金か手付けかということが問題ではなく、実態として商品代金として払ったのか、手付けを入れてとり置いてもらうために払ったのかということが大事です、手付けであれば、2割や5割は買わないかもしれないのに そこまで 通常入れないということです。
 
 予約というのも そのときに決定するというものではなく、購入を前提に検討するという類のものが取りおきですから、なくなったら困るから取っておいてもらったのと、比較検討して悩んだり迷った上で購入を決断して内金を払って残金を持参するのではそのときの会話はまったく違いますよ。

 そうであれば、すそ上げをしてサイズ直しをするで有るとか、ネームを入れるとかが行われることになる(場合も有るということ)ですから。

 そうであれば、質問者様の行動は買ったという意識が無く、ほかで購入してしまっていますので、少し疑問です。
 
 質問の記入の状態だけでは、売買の予約と手付けが該当するのではないかと推測しております。ご自身で法令の条文を読んでみてください。
民法556条557条で出ますから。

 私は取りおきはしてもらいますが、検討したがやはり払えない等の理由で断ることは良くあることです。その場合債務不履行で相手が契約解消の権利を持ちます。受け取っていないのに、契約履行の着手をしているとは思えないですし、それに伴う損害賠償を請求するのでしたらすればよいと思います。
 
 もちろん納得づくで買い物するなら それが買い物の楽しみですが。
    • good
    • 4

補足


参照法、
民法555条 諾成契約 
 ※要物契約 消費貸借(587条)使用貸借(593条)寄与(65 7条)に該当すれば返せないかな、。
民法556条 売買の一方の予約
民法557条 手付け 
    • good
    • 3

 買うという約束をしてとりおいていたのでしょうか?それとも、検討するからとっておいて何時までに返事をするから?といってそのリスクに対する手付けを打ったのでしょうか?


 金額からすると経験上契約とするには疑問のある金額なので、内金による契約の成立とするには無理があると思います。
 契約の履行に着手するまでは、手付けの倍返し 手付け流しで解約手付けではないでしょうか?引き渡し(占有権の移動)ていないのですよね?
 代金の一部の内金の支払いとなると、代金の最低1割から2割以上を入れるものではないかと思われます。内金としての意思表示とか、残金を持ってくるからそのとき納品して、という売り掛け販売と、違いますよね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

迷いがありましたが、同じように迷ったお客さんが他の店に見に行った数分の間に売り切れた話を聞いて、一応購入を前提に取り置きしてもらいました。

内金については「売値の1割ぐらい=3000円ぐらい入れてもらうかな」ということでした。

内金と言うことばを自分なりに勝手に手付け金と解釈してしまったのが今思うと馬鹿ですね・・・。

お礼日時:2008/12/20 21:07

店頭にある品物をその場で買わずに内金を置いて店に取り置き


買うけれども今金が無いから店で保管して欲しいと言うことですね
だったらその時点で品物はあなたに権利が付いたことになりますね
品物はあなたのものになったわけですからキャンセルと言うことは返品に相当します
金額の妥当性はともかくいくらかの違約金は止むを得ないでしょう
運賃の払い戻しを考えればお分かりになると思います
商店では次のお買い物を期待して無料で引き取ることが多いですが等価交換の原則から言えばキャンセル料は当然のことと思います
    • good
    • 6

#4です



お礼ありがとうございます

「物を買う」という行為は基本的に「契約」です。
家を買おうが、コンビニでおにぎりを買おうが契約です。

あと#5さんのおっしゃる「倍返し」「三倍返し」は
商慣習の一つですが、法的に完全に認められた
ものではないので、「手付けの倍払えば必ず
売り手側からキャンセルできる」わけではないです。
    • good
    • 3

「基本的に」であれば、交渉の余地があるということでしょう。

ここがまず、突破口になるものと思います。

その上で、「学生なものですから結構高額な買い物なので困っています」などを率直に店舗側に告げつつ、キャンセルをお願いしてみてはいかがでしょうか。

というのも、法律論でごり押しすると、負ける可能性があるからです。

お書きの事実関係で法的にキャンセルするには、解約手付の放棄による契約解除を目指すことになりましょう(民法557条1項)。この点、その3千円の内金は、売買価格に対する内金の割合からも、取り置いてもらうための内金であったことからも、手付の性質を有していると考えてよいように思います。そうすると、whiz6937さんはこの手付を放棄することで、契約の解除が出来ます。

しかし、店舗が契約の履行に着手していたときは、whiz6937さんはもはや手付を放棄することによる契約の解除が出来ません。仮に店舗がそのコートの取り寄せを既にwhiz6937さんのためにどこかへ依頼し、またはそのコートをwhiz6937さんのために店舗内で取り分けていたのであれば、これは店舗が契約の履行に着手していたことを意味しましょうから、whiz6937さんからの契約の解除が出来なくなります。

もちろん、法的に解除不可能であっても、事実上バックレることは出来ましょう。ただ、法律カテゴリーで債務不履行を推奨・助長するかのようなコメントを前面に出すのはどうなのかなぁ、と思っております。
    • good
    • 2

>私もバックれることも考えました。


>ちなみにその場合は最悪でも商品購入ですむのでしょうか?
>(社会人として恥ずかしい行動だとはおもいますが・・・。)

#4さんの仰るように民事で訴えられる可能性はあります。
でもまぁ民事じゃ前歴にはなりませんし、何よりそうなる前に商品買って終わりです。


#4さん
>例えば3000円の内金を払った質問者様が、残金をもってお店に行った時、
>「3000円は返しますんで他の人に売ります」と言われたらどうしますか?
>もちろん法律上(民法)これもできません。

あれ?
商慣習で手付金の倍又は三倍返しで買主が権利放棄することができませんでしたっけ?
    • good
    • 1

こんにちは



ここは法律カテですので法律の観点から回答すると
「キャンセルはできません」ということになります。

理由は「質問者様が購入する、お店側が売却する」という合意の上の
「契約」がなりたっているからです。お互い合意の上の契約はどちらか
による「一方的な破棄」はできません。
契約書があるとかないとか、#2さんの言うような金額が高いからだとか
一切関係ありません。
例えば3000円の内金を払った質問者様が、残金をもってお店に行った時、
「3000円は返しますんで他の人に売ります」と言われたらどうしますか?
もちろん法律上(民法)これもできません。

「手付金だけ払えば契約解除できる」だの、「内金は解除手付金」なんて
いう考え方は「契約書にそう書いてある(特約)」から成り立つのであって
一般的な売買契約に適用されるものではありません。

#2さんの言う「消費者契約法の重要不実告知」になるわけがありません。
質問者様が「ちょっと買うかどうか検討したいので手付けをおいていく」
と言ったのなら少し話は変わりますが、「購入の意思を明確にして」
商品を取っておいてもらったのであれば、内金云々は関係なく売買契約
は成立しています。消費者契約法のどの条文を読んでもあきらかです。

#2さんがもう一つおっしゃっている

>きにしてこのままバックレても大概の店は大事にはしませんから

というのは法律論ではお店側は質問者様に「残金を支払え」という訴訟
をおこすことができます(もちろん本当におこすかどうかは別です。
あくまで民事的に契約不履行で訴えることが出来るということです)。

もちろん契約ですので「双方が納得すれば」いかようにもなりますので
「お店に誠心誠意お願いしてみる」というのが「正しい」対処法だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。

服を買う=契約まで大きく考えていませんでした。
もう少しお店との内容確認が必要だったのでしょうか・・・。

まずお店に再度電話してみることにします。

お礼日時:2008/12/20 16:50

返金出来ます。


書面契約してないのでOK

相手側も
会計上問題になりますので早々に取りに行ったのが宜しいです。
    • good
    • 1

前金(内金)3000円と言ったら、その額からしても通常は解除手付金だと思ってしまいそうなものですよね。


そうなると「消費者契約法」の”不利益事実の不告知”に該当しそうな気がします。

そもそも、日用品である衣服とはいえ、5万円近い高額の商品のわけですから、
店側の契約時の対応があまりにも悪い気がします。
消費者センターに相談するか、実際にそうするから待ってもらう旨の連絡を入れてみてはどうでしょうか?

正直な話、法律論抜きにしてこのままバックレても大概の店は大事にはしませんから、
どっちにせよあなたがその店に足を運びづらくなるだけなんですけどね。

ただし、車や不動産などお金や権利の移転が多い大きな契約のときはそうはいかないので注意してくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました!ありがとうございます。とりあえずもう一度電話掛ける事にしたいとおもいます。

私もバックれることも考えました。ちなみにその場合は最悪でも商品購入ですむのでしょうか?(社会人として恥ずかしい行動だとはおもいますが・・・。)

お礼日時:2008/12/20 16:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお取り置き商品のキャンセルについて

小さなお店(実店舗とネットショップ)を営んでおります。
ネットショッピングでここ1年で10回程お買い物してくださるお客様がおります。
そのうちの半分くらいは期限内に入金して頂けずキャンセルになっております。
入金して頂けている分も入金期限がすぎて催促のメール後にようやく入金という感じです。

夏のセールにてセール商品をいくつか購入していただきました。
その商品の入金前に秋物が入荷しました。
すぐにそのお客様から注文が入り、「秋物も追加して合計して下さい」とのこと。
合計金額を送りました。その後もいつものように入金期限が過ぎ、こちらからの催促メールで
「仕事で平日は忙しいので◯日に必ず振り込みます」と返事がありました。
その後も新商品は入荷するのですが、「今、振込に行こうと思ったらまた可愛いのがあったので追加して下さい」とまた注文が入りました。
そんな感じで3回程追加があり最初の注文から2ヵ月が経っており、商品も10点以上。
金額もそれなりに大きくなっています。
こちらも不安で何度かお客様とコンタクトを取り、お客様もお返事を頂けていたのですが。
「◯日に振り込みます!入金が待って頂けないならキャンセルで構いません」とお客様からメールが来ました。
そして最終的にお客様が提示した日の朝に確認の為お振込をお願いしますとメール。
結局そのメールに対する返事はなく、また振り込んで頂けませんでした。

かなり人気のあった商品なので、その時に出していたら必ず売れる商品ばかりです。
その後も他のお客様からはお問い合わせもありお断りした商品でしたので悔しくて。。。
このような場合、今後そのお客様とお取り引きをお断りする事は可能でしょうか?
回答をお願いいたします。

小さなお店(実店舗とネットショップ)を営んでおります。
ネットショッピングでここ1年で10回程お買い物してくださるお客様がおります。
そのうちの半分くらいは期限内に入金して頂けずキャンセルになっております。
入金して頂けている分も入金期限がすぎて催促のメール後にようやく入金という感じです。

夏のセールにてセール商品をいくつか購入していただきました。
その商品の入金前に秋物が入荷しました。
すぐにそのお客様から注文が入り、「秋物も追加して合計して下さい」とのこと。
合計金額を送りました...続きを読む

Aベストアンサー

これまで買ってくれていたお客様のことだけに悩んでいらっしゃるのでしょう。よく分かりますよ。

改めて法律など持ち出す必要もありませんが、ちょっと解説。

本来商品の取引のようなありふれた売買ならお金を払って商品を引き取ることを同時に行うことが原則です。ただし通信販売ならそうは行きませんから大半の業者はあなたも含めてお客様に先に支払ってもらい、それを確認してから発送するわけです。あなたのサイトにもおそらくそう記載されているはず。支払い条件を前もって決めてあるのですから、この契約は有効です。

お客様はそれを承知の上で売買の申し込み(今回の場合は取り置き)をするわけです。当然期限も決めていらっしゃるのでしょう。その後に追加があるからそれも一緒に買いたいとの新たな申し入れがあってあなたはそれを受け入れたのですから、改めて期限を通知する必要がありますが、当然お客様はその期限を守らねばなりません。民法でいう「信義誠実の原則」ってやつです。

しかし今回はさらに3回も追加の注文があったのですから、本来はその注文を受け入れる前に「これまでの精算を」と申し入れるべきでしたね。

現在は厳密に言えばお客様の契約不履行、つまり先にお金を支払うという約定を一方的に無視した不法行為です。その結果、あなたはやむを得ず、これまでの契約を解除しなければならないことになり(これは合法です)、売れ残った不良在庫を抱えることになります。つまり損害を被ったわけですから、不法行為(代金の未払い)によって生じた損害賠償を請求する権利があります。

しかしながら通信販売という制約でなかなか相手のところまで行って請求する、ってことは事実上は無理でしょう。金も時間も掛かります。

物の売り買いは契約。契約をどのように結ぶかは当事者同士の自由な意思に任されています。来たお客に対して必ず売り続けねばならない、なんて義務はありません。あなたにとって好ましくないお客さんとは一切の取引をしない、というのもあなたの自由で、なんらの制約はありません。心配しないでいいですよ。

おそらく相手はだらしない性格なのでしょう。あなただけでなく周辺の方々にも迷惑をかけ続けて平然としている人に違いありません。そんな相手には絶縁状をやんわりと突きつけましょうよ。あなたの生活を守るためです。

これまでのお客さんを一人失うかもしれませんが、また新しいお客様を2人見つければいいではありませんか。ご繁盛を祈ります。

これまで買ってくれていたお客様のことだけに悩んでいらっしゃるのでしょう。よく分かりますよ。

改めて法律など持ち出す必要もありませんが、ちょっと解説。

本来商品の取引のようなありふれた売買ならお金を払って商品を引き取ることを同時に行うことが原則です。ただし通信販売ならそうは行きませんから大半の業者はあなたも含めてお客様に先に支払ってもらい、それを確認してから発送するわけです。あなたのサイトにもおそらくそう記載されているはず。支払い条件を前もって決めてあるのですから、この契約...続きを読む

Q取り寄せたジャケットはキャンセル可能か

以前、伊勢丹にあるDCブランドのショップで、8万円位するジャケットを試着したところ、サイズが合わず、取り寄せてもらい、後日来店で購入することにしました。
が、後から、値段の高さ、着回しなど考えたところ、必要な買い物とは思えなくなり、ショップに電話し、キャンセルしたい胸を伝えたところ、「取り寄せ商品のキャンセルは通常できません。」と、とても嫌そうな声で言われました。
その場はなんとか「知りませんでした、ごめんなさい。」と謝って、買わない方向に話が進みましたが、それ以来そのショップに行くのはためらっています。同じ店員に会うには気まずいからです。
「取り寄せ商品はキャンセルできない」というのは、あたりまえで、
「キャンセルはしない」というのが、一般の消費者のマナーとしてあたりまえのことなのでしょうか。

Aベストアンサー

元デパガです。

お取寄せ商品は通常は店頭に置いていない物(サイズ)に関してはできる限りキャンセル不可にして頂かないと、店頭に陳列したとしても、その1点限りになってしまいます。店側が商品を納品する時は、売れると思う物だけを選んでシーズン毎に発注をしているので、返品になったからと言って簡単にメーカー側に返すという事はできません。もし、仮にメーカー側への返品が出来たとしてもその商品1つを取り寄せるのに何人もの人の労力がかかっています。連絡をして商品を探して、値札を付けてデパートまで運搬して納品をして・・・。その辺を考えていただけると良いのでは?

デパート側では絶対にキャンセルはできませんよ!とは言えません。(まあ、事前に店員がキャンセルは出来ませんと断っておくのが良いですね。私はそのような事を言ってたと思います。それでもされる方は泣きます。)

まあ、店員さんもその時は少なからずムッとしたと思いますが、値段も値段ですからきっとそんな事は日常茶飯事だと思います。気にせずにYama24さんが、そのショップの商品を購入し続けてくれる方が嬉しいと思いますよ。ただ今後のお取寄せは時間をかけて考えてからが良いですね。お互いに嫌な思いをしないためです。

ではでは。

元デパガです。

お取寄せ商品は通常は店頭に置いていない物(サイズ)に関してはできる限りキャンセル不可にして頂かないと、店頭に陳列したとしても、その1点限りになってしまいます。店側が商品を納品する時は、売れると思う物だけを選んでシーズン毎に発注をしているので、返品になったからと言って簡単にメーカー側に返すという事はできません。もし、仮にメーカー側への返品が出来たとしてもその商品1つを取り寄せるのに何人もの人の労力がかかっています。連絡をして商品を探して、値札を付けてデパー...続きを読む

Q内金は戻ってくる?

友達が、洋服のお取り置きをした時に、内金を1,000円入れたのですが、後日、考えた末にキャンセルしたのですが、「内金は戻りません。」と店側から言われたそうです。こういった場合、店側が正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

1000円は返還してもらえます。

「消費者契約法」という法律が今年の4月より施行されました。
この法律はまさにこのようなケースを防止し、消費者を保護するためにできたものです。

消費者取消権が認められるのは、事業者に以下の行為があった場合です。
・不実告知
・断定的判断
・不利益事実の不告知

今回の場合は、内金を入れるときに、「キャンセルの場合返金しない」旨の告知が必要になるのに、それがされていませんから(不利益事実の不告知)であり、消費者が「内金は返還される」と誤認した、または、そのような告知があれば、「内金を入れずに最初からキャンセルしていた」ということになるでしょう。

したがって、明らかに変換されるべきものとなります。

Q取り置き商品のキャンセル料について

4月初旬に母がTシャツを取り置きし、代金¥25000のうち¥5000を内金として入金。その後すぐ母は入院した為私は全くその事を知りませんでした。昨日(6/29)にTシャツを取りに来てほしいと店から自宅の留守電にメッセージがあり、そのことを始めて知りました。店にキャンセルのお願いをしたところ、事情を話したら受け入れてくれたものの、既に2ヶ月以上たっているし、今からだとバーゲン価格で出さなければならなく、店としても損害なので内金分の¥5000は返金できないと言われました。承諾したものの、店からももっと早く連絡してくれれば良かったものを、と納得が行かない思いでいます。
洋服等の取り置きの期間やキャンセル料金って、法定基準はないのでしょうか?ご存知の方、教えてください!!

Aベストアンサー

 こんにちは。

 まずは消費者センターに正確な対応を聞かれることをお勧めしておきますが、一般的な話として…

 契約は口頭でも成立します。今回の場合、内金も支払っておられますから、売買契約は成立していると言ってもいいと思います。
 本来は、お母さんが残りの代金を支払って引き取る義務がありますから、引渡しについては店側に落ち度はないと言えます。
 本来は、店側としては、契約の履行を求める権利、すなわち、残金を支払って、引き取ってもらう権利があります。

 以上から、貴方の選択肢は次のどちらかだと思います。

・残金を払って、服を引き取り、お母さんに代わって契約どおり履行する。
・店の好意に甘えて(契約の履行を求められなかっただけでもラッキーです)、5000円はあきらめる。

 民法を読んで見られると、納得していただけると思います。
----------------------------------------------
○民法
(売買の一方の予約)
第556条 
 売買の一方の予約は、相手方が売買を完結する意思を表示した時から、売買の効力を生ずる。
----------------------------------------------
 今回は、お母さんが予約しますと言ったことに対し、お店は売りますと言っているわけですから、売買の効力が生じます。つまり、本来は買い取らないといけませんね。

 こんにちは。

 まずは消費者センターに正確な対応を聞かれることをお勧めしておきますが、一般的な話として…

 契約は口頭でも成立します。今回の場合、内金も支払っておられますから、売買契約は成立していると言ってもいいと思います。
 本来は、お母さんが残りの代金を支払って引き取る義務がありますから、引渡しについては店側に落ち度はないと言えます。
 本来は、店側としては、契約の履行を求める権利、すなわち、残金を支払って、引き取ってもらう権利があります。

 以上から、貴方の選...続きを読む

Qお客様の注文はいつまで有効ですか?

おもちゃ売場に勤めております。
よく商品の予約や取り置きを承ります。
しかしながら、とりにこないお客様がけっこういます!涙

☆そこで質問です:
「こういう注文の品の扱いについての法律というのは存在するのでしょうか?」
たとえば、20枚以上の硬貨での支払いは拒否してもいいような法ってあるんですよね?

たいてい注文を承っても未代ですので、商品に対する権利ってそんなにないと思うのですが、
注文もしくは入荷から何日後には約束が無効になるといったことはありますか?
人気の商品とかいつまでも眠らせておくのは口惜しいのです。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・ご質問に則して、法律的に考えるとしましたら、売買契約については「民法」で定められていますので、それに則して対応されればよいと思います。
 関係部分を引用してみますと、

[民法]
(売買)
第555条 売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

(売買の一方の予約)
第556条 売買の一方の予約は、相手方が売買を完結する意思を表示した時から、売買の効力を生ずる。
2 前項の意思表示について期間を定めなかったときは、予約者は、相手方に対し、相当の期間を定めて、その期間内に売買を完結するかどうかを確答すべき旨の催告をすることができる。この場合において、相手方がその期間内に確答をしないときは、売買の一方の予約は、その効力を失う。

○法律の解釈

・第555条

 売買契約は諾成契約とされています。つまり当事者の双方が意思を表示し、意思が合致するだけで成立しますので、品物が引渡されたときに成立する訳ではありません。
 また、売買契約は不要式契約なので、書面による必要はなく口頭でも成立します。

・第556条

 売買について予約した場合は、品物の引渡し期限を定めた場合は、その期限までにどちらかが契約を履行しなかった場合は契約違反になります。
 期限を定めなかった場合は、契約の相手方に契約の履行の確認をし、履行の確約が得られなかった場合は予約を取り消すことができます。

 以上から、

>「こういう注文の品の扱いについての法律というのは存在するのでしょうか?」

・民法の定めに従うことになります。

>たいてい注文を承っても未代ですので、商品に対する権利ってそんなにないと思うのですが、注文もしくは入荷から何日後には約束が無効になるといったことはありますか?

・口頭でも売買契約は成立しますので、契約期間内はお客さんは商品を受け取る権利があります。

・取りに来られない場合に契約を無効にしたい場合は、
 *注文を受けられたときに、いつまでに取りに来られるか確認しておき、それを超えると他の方に売買することを伝えておく
 *いつまでも取りに来られない場合は、予約を履行するかどうか確認をする
のどちらかをしておく必要があります。

○まとめ

・契約の履行期限を決めておらず(つまりいつまでに取りに来てくださいと伝えておらず)、予約を履行するかどうか確認して確約が得られない場合以外は、契約はいつまでも有効になります。

・ですから、予約を受けられる場合は、いつまで取りに来るかお互いの合意で決めておく事が重要です。
 そうしておかれれば、期限までに受け取りに来られなければ、相手の契約違反ということで、商品を処分できます。

 こんにちは。

・ご質問に則して、法律的に考えるとしましたら、売買契約については「民法」で定められていますので、それに則して対応されればよいと思います。
 関係部分を引用してみますと、

[民法]
(売買)
第555条 売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

(売買の一方の予約)
第556条 売買の一方の予約は、相手方が売買を完結する意思を表示した時から、売買の効力を生ずる...続きを読む

Qモラルの欠けてる客

仕事の話です。

お得意さんで大量の取り置きをする人がいます。
それも全部旬の良いものばかり。
店側としてもせっかく色々なお客さんに、沢山の旬の商品があって品揃えが良いお店として見てもらえるチャンスなのに、
ほぼ毎日来るお客さんによって棚がガラガラ。
おまけに簡単にキャンセルするし、何故か取り置き中の商品があるのにまた取り置きを繰り返す。

そんな事が頻繁にあったので、ちょっと口出ししてしまったんですよね。
取り置き自体は構わないですが、頻繁に繰り返されたり、大量にされては困る、と。
そしたら軽いクレーム?に発展してしまいそうになってしまい、結果、自分が店側に迷惑掛けてしまった事に。

日頃から愚痴ってたし、自分一人が犠牲になっても構いやしないと思っての行動でしたが、後になって何の相談も無しに、随分浅はかな事をしてしまったな~と若干後悔気味です。
しかし、お得意さんだからって、モラル欠けてる人にヘコヘコするのもどうかなとも思うのです。ただの転売屋かもしれないし。


あまりにも店が受身過ぎて腹が立って仕方ないです。

こう言った環境で、こんなお客さんにはどう言った対応をするのがベストなんでしょうか。
やはり我慢が一番なのでしょうか…。

仕事の話です。

お得意さんで大量の取り置きをする人がいます。
それも全部旬の良いものばかり。
店側としてもせっかく色々なお客さんに、沢山の旬の商品があって品揃えが良いお店として見てもらえるチャンスなのに、
ほぼ毎日来るお客さんによって棚がガラガラ。
おまけに簡単にキャンセルするし、何故か取り置き中の商品があるのにまた取り置きを繰り返す。

そんな事が頻繁にあったので、ちょっと口出ししてしまったんですよね。
取り置き自体は構わないですが、頻繁に繰り返されたり、大量にされては困る、と...続きを読む

Aベストアンサー

あなただけではなく店長や主任も愚痴ってたのなら相当な客ということでしょう。

何らかの対策は必要だと思いますね。
たとえば大量取り置き注文して半数がキャンセルされたりすれば普通じゃありません。
それがましてや年中定番品ではなく、旬の商品であればなおさらです。
質問文面だけでは真のところは分かりませんが、常識的に言って
取り置きをキャンセルするっていうのは嫌がらせです。
(まあその人なりの何らかの事情はあるんでしょうけど、、)

相手がどんな人(個人?業者?)かは分かりませんが、
取り置きをキャンセルされなければ上得意さんだが、
キャンセルされれば別に得意先でもリピーターでもない、という
論理になります。

取り置き注文受ける際には注文書とかきっちり作って署名してもらうことです。
「キャンセル不可」とか「○○日以内に支払いしてください」とか
文面をつけるべきですね。(文言などは調べれば適切な表現は
出てくると思いますよ)
大量注文してキャンセルしてくるにはそれなりの理由があるでしょうし、
キャンセルしてくる際に理由を言ってもらえればいいのです。いや言わせるのです。

それによってお互いの今後の対処のい仕方が変わってくるでしょうしね。

得意先やリピーターがいるおかげであなたが雇われている・・・という論理は
この質問では関係ないと思います。

あなただけではなく店長や主任も愚痴ってたのなら相当な客ということでしょう。

何らかの対策は必要だと思いますね。
たとえば大量取り置き注文して半数がキャンセルされたりすれば普通じゃありません。
それがましてや年中定番品ではなく、旬の商品であればなおさらです。
質問文面だけでは真のところは分かりませんが、常識的に言って
取り置きをキャンセルするっていうのは嫌がらせです。
(まあその人なりの何らかの事情はあるんでしょうけど、、)

相手がどんな人(個人?業者?)かは分かりませんが、
取...続きを読む

Qお取り置き期間

タイトルの通り、ショップでのお取り置き期間について
教えて下さい。
今、欲しい洋服があるのですが恥ずかしいことに
高くて今はちょっと買えそうにありません…。。
(かといってカードは使いたくないので)
雑誌に載っている洋服で、しかも毎回雑誌に載ったものは
すぐに完売してしまうお店なので、
どうしてもキープしておきたいのですが…

そのショップでお取り置きしてもらったことは以前一度だけ
あるのですが、もともとすぐに取りに行くつもりだったので、
次の日には取りに行ったので最長期間が分かりません。
ショップにもよるかもしれませんが、だいたいどのくらいまで
お取り置きしてもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

そのお店にもよって違うとは思いますが...
お取り置きは基本的に1週間程度と考えておくといいですよ。
もし、確実に取りに行く日が分かるなら1週間以上でも取って
おいてくれるお店もあります。が、人気商品となると少し
厳しいかもしれませんね。
お目当てのお洋服ゲットできると良いですね!

Qメルカリについて。 私は、購入者側です。取り置きをしていたんですが、事情によりキャンセルをし

メルカリについて。


私は、購入者側です。取り置きをしていたんですが、事情によりキャンセルをしました。

そしたら、出品者が激怒し、私が取り引きしている出品者達 全員に誹謗中傷のメッセージを送っていました。

その人は、事務局に通報すると言ってましたが、私は、停止処分になってしまいますか?

私は、その人を事務局に誹謗中傷として通報しました。

あまりにも、酷かったので。

詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

そもそもメルカリには取り置きというシステムはありません。
遠慮のない人は取り置きしているのがわかっていて、入札入金する場合もありますが、大抵は交渉中の物を横取りのように入札する人はいません。
どちらにせよ取り置いた事で相手に迷惑を掛けた事は事実です。
その結果売れたはずの物が売れなくなった可能性もありますからね。
ですから、あなたその人に対しては真摯にお詫びをするだけです。
そして誹謗中傷に対しては、絶対に反応しないことです。
売り言葉に買い言葉になってしまったならば、お互い停止になる可能性も出てきます。

システムにない取り置きはしないことに限ります。

Qヴィトンの取り置き

今日、ヴィトン(デパート)に電話し、あるバッグの在庫を
確認てもらい在庫があったので、明日買いに行くので
取り置きしてもらうように頼みました。
すると、購入を前提になら取り置き出来ると言われたので、
購入すると返事をし、置いて貰っています。

しかし、その時は買おう!と決めていたのですが、実は
以前からもう一つ気になる商品があって、やっぱりそちらが
欲しいと思い始めちゃいました。
その商品は、在庫ナシで現在入荷されていません。

明日、ショップへ行って、取り置きしてもらったバッグを
一応見せてもらい(実物を触った事がないので)、でも
購入はしないという事は出来るのでしょうか?
その場合、キャンセル料などは発生しますか?
ブラックリスト(キャンセルしたという記録)に載ったり
して、今後取り置きしてもらえないという事はあるのでしょうか?
その他、何か不利な事は起こりますか?

もし、キャンセル出来るならさせてもらって、入荷されていない
商品が入るのを待とうと思っていますが、でも正直まだ迷って
います。
取り置きしてもらった商品を、実際に見たらやっぱり買う気持ちに
なるかもしれないので。

勝手な話ですが、同じような経験者をされた方、お話聞かせてください。
宜しくお願い致します。m(_ _)m

今日、ヴィトン(デパート)に電話し、あるバッグの在庫を
確認てもらい在庫があったので、明日買いに行くので
取り置きしてもらうように頼みました。
すると、購入を前提になら取り置き出来ると言われたので、
購入すると返事をし、置いて貰っています。

しかし、その時は買おう!と決めていたのですが、実は
以前からもう一つ気になる商品があって、やっぱりそちらが
欲しいと思い始めちゃいました。
その商品は、在庫ナシで現在入荷されていません。

明日、ショップへ行って、取り置きしてもらった...続きを読む

Aベストアンサー

 そんな高価なものの経験ではありませんが、一般的に考えてのアドバイスです。

 実物を見ていない状態で、電話でのお取り置きですし
思っていたのと違っていた、などの理由で
実際に来店して断るというケースはありえないことではないので
特に問題はないと思います。
キャンセル料をとるようなせこい商売はしないと思いますよ。
ただ、断るのなら早い方がいいに決まっていますから
早速明日行ってください。
時間がたってからお断りするとお店の人だって
(何人のお得意さまにお断りしたと思っているの!)と気分が悪いでしょうから。
できるだけお店の迷惑にならないようにする配慮は必要でしょうね。

 ただし、今回のキャンセルが響いて今後お取り置きしてもらえないという可能性は大いにありますね。
私の行き付けのキャラクターブランド(洋服ですが)は常連さんのお取り置きでいっぱいですが
1ヶ月以上何の連絡もなしに取りにこない人がいて
「もうあの人にはぜったいにお取り置きしない」と店長さんはご立腹でしたから。
正式にキャンセルするまでに、来店して欲しがってくださったお客様にお断りするのはお店側としてもつらいんですよ。
そこのところはわかってあげてください。
でもヴィトンくらいのブランドのお店がそんなことくらいでブラックリストに載せるというのはないんじゃないでしょうか。
高額な商品ですし、必死の選択だということくらいはわかってくれると思うんですが。

 そんな高価なものの経験ではありませんが、一般的に考えてのアドバイスです。

 実物を見ていない状態で、電話でのお取り置きですし
思っていたのと違っていた、などの理由で
実際に来店して断るというケースはありえないことではないので
特に問題はないと思います。
キャンセル料をとるようなせこい商売はしないと思いますよ。
ただ、断るのなら早い方がいいに決まっていますから
早速明日行ってください。
時間がたってからお断りするとお店の人だって
(何人のお得意さまにお断りしたと思ってい...続きを読む

Q代金引き換え、受取拒否。キャンセル料の支払い義務について教えてください。

ある事情があって(これは全く私側の理由で、こちらの勝手であることは了承はしています・・・)
ネットショップで代金引き換えで注文したものを結果的に長期不在という形で(受け取り拒否)になりました。

ここに至ったのはショップのサイトにキャンセル料の記載等がなかったことです。
書かれていたのは

●ご購入商品の弊社からの発送後の、受取拒否・受取辞退をされました
場合、いかなる事由の場合も、以後、サイトよりご注文頂きましても
全てキャンセルとさせて頂き、一切のご注文を承る事が出来ません

でした。

なので迷惑だろうとは思いつつ、やむおえない理由があり、この記載を読んで「キャンセルのペナルティは今後このショップでは購入できないということ」と解釈し長期不在による受取拒否にしました。

すると相手方からメールがきて
「往復送料・代引手数料・キャンセル料をご請求させて頂くこととなりますので、予めご了承頂けます様、宜しくお願い致します。」
と書かれていました。
まだ口座番号や振込用紙などは届いていません。

もしよく他のサイトに書かれているような「「受け取り拒否」・「商品発送後のキャンセル」・「長期不在」などによる返品につきましては、 誠に恐れ入りますがお受けする事が出来ません。 この場合、往復送料実費、決済手数料、キャンセル料(販売価格の40パーセント)をご請求させていただきます ...」とあればこのようなことはしませんでした。

私はサイトに記載がなかったので、やむおえずこのような手を使ってしまいました。

それでも私は具体的な金額を伝えられたら支払う義務があるのでしょうか。迷惑をかけたことは重々承知ですが......

もし支払い請求を放っておいたらどうなりますでしょうか?

ちなみに商品代金は20000円です。

私の勝手だとは承知のうえで相談させていただきました。よろしくお願いいたします。

ある事情があって(これは全く私側の理由で、こちらの勝手であることは了承はしています・・・)
ネットショップで代金引き換えで注文したものを結果的に長期不在という形で(受け取り拒否)になりました。

ここに至ったのはショップのサイトにキャンセル料の記載等がなかったことです。
書かれていたのは

●ご購入商品の弊社からの発送後の、受取拒否・受取辞退をされました
場合、いかなる事由の場合も、以後、サイトよりご注文頂きましても
全てキャンセルとさせて頂き、一切のご注文を承る事が出来ま...続きを読む

Aベストアンサー

法的には、次のとおりかと思います。

まず、受取拒否の場合、それだけでは契約は解除されず、損害賠償請求権も生じません。ただし、受取拒否をされた側が目的物の保管に多額の費用を要する場合には、信義則違反としての損害賠償請求権が生じます。(以上、受領遅滞の議論に基づきます。)

他方、受取拒否をした場合、拒否した側は代金支払義務を履行していませんから、履行遅滞という債務不履行をしていることになります。したがって、拒否をされた側は、拒否した側の代金未払に基づく契約解除および損害賠償請求をすることが出来ます。

また、「受取拒否はキャンセルとみなします」などの契約上の根拠があるときは、契約が解除され、解除に伴う損害賠償請求権が生じます。

以上より、お書きのケースでは、そのネットショップは、misatossさんの代金未払に基づき契約を解除し、損害賠償請求をしてきたと考えられます。


この場合の損害賠償請求の範囲は、民法416条により定まります。すなわち、通常生じる損害と、通常は生じないものの損害賠償義務を負う者が予想できただろう損害との、合計額となります。

この点、お書きのケースでは、代金引換の受取拒否の場合に通常生じる損害としては、往復送料が挙げられるかと思います。代引手数料については、受取拒否でも生じるのかどうか存じませんが、生じるのなら通常生じる損害に含まれましょう。

他方、キャンセル料については、一般的に請求されているものの、売却前提での利益予定額などは基本的に通常生じる損害とはされていないため、キャンセル料は原則として「通常は生じないものの損害賠償義務を負う者が予想できただろう損害」といえるかどうかにかかってくるでしょう。より具体的には、第三者の視点で見てmisatossさんが予想できたといえるかどうかで判断することになります。

以上が、そのネットショップが法的根拠に基づき請求できる損害賠償となりましょう。(なお、損害賠償の予定について触れている方もいらっしゃいますが、損害賠償の予定は両者が予定内容に合意していることが前提となるところ、今回のケースではそのような合意が見られませんから、そもそも問題として登場しません。)


ただ、法的根拠ある請求額を超えた額を求めることも、手続上は可能です。

そのため、今回の支払請求を放っておいたときは、そのネットショップは、請求書の再送や内容証明の送付、少額訴訟や支払督促などによって、misatossさんに対して(手続上の)請求を引き続きおこなうことが出来ます。もちろん、実際におこなわれるかどうかは、別です。

実際におこなわれたときは、上記の法的根拠ある損害賠償額を視野に入れつつ、対応することとなりましょう。

法的には、次のとおりかと思います。

まず、受取拒否の場合、それだけでは契約は解除されず、損害賠償請求権も生じません。ただし、受取拒否をされた側が目的物の保管に多額の費用を要する場合には、信義則違反としての損害賠償請求権が生じます。(以上、受領遅滞の議論に基づきます。)

他方、受取拒否をした場合、拒否した側は代金支払義務を履行していませんから、履行遅滞という債務不履行をしていることになります。したがって、拒否をされた側は、拒否した側の代金未払に基づく契約解除および損害賠...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング