ネットが遅くてイライラしてない!?

それぞれの電源の意味を教えてください。

IG、ACC、+B、ILL

それぞれどのような役割があるのでしょう?

宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

IG(イグニッション電源)


   ・・キースイッチがON又はSTARTの位置で12Vの電圧がでる
ACC(アクセサリー電源)
   ・・キースイッチACC又はONの位置で12Vの電圧がでる
+B(バッテリー電源)
   ・・常に12Vの電圧がでる
ILL(イルミネーション電源)
   ・・スモールランプが点灯している時は12Vの電圧がでる

たとえば通常のキースイッチ(OFF-ACC-ON-START)でナビを例にとると
キースイッチがOFFの時、当たり前ですがナビの電源は入りません。
キースイッチをACCまで回すと"ACC"電源が供給されナビの電源が入ります。
キースイッチをONまで回しても"ACC"電源は供給されているのでナビの電源は入ったままです。
キースイッチをSTARTまで回すと"ACC"電源が遮断されるのでナビの電源は切れます。
これはセルが回る際に大電流を必要とするので、他の電気機器の電源をOFFする必要がある為です。
エンジンがかかってキースイッチをONに戻すと、再び"ACC"電源が供給されるのでナビの電源が入ります。
夜間スモールを点灯すると、"ILL"電源が供給されナビの表示が夜用に暗く変化します。
ナビがDVD方式だとすると、キースイッチがOFFの時でも"+B"電源は供給されているのでメディアの出し入れは可能です。

ナビを例にとるとこんな感じです。
    • good
    • 14

簡単に


(1)IG=キーをONにして流れる電気
(2)ACC=キーがACCの位置で流れる電気
(3)+B=キーを挿さなくても流れてる電気
(4)ILL=スモールライト及びライトを点けた時に流れる電気
    • good
    • 5

IG、ACC、+B、ILL


それぞれどのような役割があるのでしょう?

 
IG = ACC-OFF時 間接照明点灯減光消灯する電源です

+B = 常に電気が来てる。キーがOFFでもバッテリーの電源が取れるところを「常時電源」または「+B」と言います。

ACC = キーをACCの位置にした時にのみ流れる電気です

ILL = イルミネーション用電源です
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイアグとは・・・?

ダイアグとは・・・?

こちらのサイトに、ダイアグテスターというものがあります。
http://www.denso.co.jp/ja/products/servicetool/dst/index.html

これは、車のダイアグ?をテストするものですが、
そもそもダイアグって何ですか?

詳しい方すみませんがよろしくお願いします。。

Aベストアンサー

簡単に言えば車が自分で何処が悪いのか教えてくれる機能です。
ただ、センサか配線かなど具体的にピンポイントでは教えてくれません。
まぁ最近のはどうなのかわかりあませんが。
系統だけ教えてくれるので故障などの修理を早く出来ますし、
走行時の状態を一緒に記憶しているので、故障の再現を容易にしてくれます。

Qヒューズから電源を取ってはいけない理由

ヒューズから電源を取ってはいけない理由
最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=20
こんなのです。

私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。

上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。

ここの質問。回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」という回答をよく見ます。
私がETCの電源の取り方で質問をした時もそういう回答がありましたし。
他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。

確かにディーラーに頼むとオーディオから分岐させるのが一般的なようです。(ETC程度の電源取り出しの場合)
しかしながら、3AのヒューズがついているようなETCなどの電源を取るのに15AのACCヒューズから分岐させていけない理由がわかりません。

もちろん理想を言えばということはあるのでしょうが、なぜヒューズからは取らないでというのかその回答が欲しいと思います。
大変失礼な質問とは思いますが、よろしくお願いします。

ヒューズから電源を取ってはいけない理由
最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=20
こんなのです。

私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。

上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。

ここの質問。回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」...続きを読む

Aベストアンサー

>他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。
私は元整備士ですが、そんなことはないですね。自分の車も家族の車も4台全てヒューズボックスから電源をとってETCを取り付けました。全く問題ありませんし、なんの故障もありません。ヒューズが飛んだという方もおられたようですが、それはそれなりの原因があったものと思います。しかしこれらの言われには一定の理解が出来ます。万人がヒューズボックスか電源を取る様になったら、万人なりのやり方が出てくるでしょうし、当然それによるトラブルも表面化してくる事でしょう。でもそれはその工事のやり方であったり、アンペアに対する使用電流の量であったり、さまざまなケースが出てくる事が考えられますので、当然メーカーとしては「やらないで下さい」と規制する事になるでしょう。十分理解している方が、それなりのきちんとした配線で工事するなら全く問題のない話だと思います。

Q+B電源はプラビー以外に呼び方ある?

知り合いが前+B電源のプラビー以外のほかの呼び方も言っていたのですが、それが思い出せません。
どなたかご存知の方おられますか?宜しくお願いします・・・。

Aベストアンサー

>+B電源のプラビー以外のほかの呼び方も言っていたのですが
プラビーとは言ったことはありませんね。
エンジンキーをOFFにしても常に通電している電源ですので、常時電源と呼ぶのが一般的です。

その他、
 ・バックアップ電源
 ・+12V
 ・メモリー電源
 ・メイン電源
などとも呼ばれます。

なお、車両側の電源線を使用せずに、バッテリーのプラス端子から直接車内に常時電源を引き込むことをバッ直(バッテリー直結)と呼びます。

QACC電源電圧が低すぎる

最近ナビの調子が悪く(電源が入ったり入らなかったり)で困っています。
原因を調べてみたところ、ナビへ接続しているACC電源(以下ACC線)の電圧が12Vを大きく下回っている(測定値で2.5V程度)
ことが分かりました。
しかし、バッテリー電源(以下BTT線)は12Vを上回っていますし、その他の電装品は普通に動作しています。
原因が分からない状況ではありましたが、先日バッテリーをボッシュ製の新品に交換しました。しかし状況は変わっておりません。
そもそも1割程度の電圧変動なら分かりますが、半分以下になるというのはどうも解せません。
まして、BTT線の電圧は12Vを維持しているので、ますます分からなくなっています。

そこで質問です。
バッテリーの電圧及びBTT線の電圧が12Vを維持している状態で、ACC線の電圧のみが12Vを大きく下回ると言う事象について、
どのような原因が考えられるでしょうか?

以下は補足情報になります。

・車種は2004年式のVWルポ、ナビの機種はアルパインのNVE-N099SSです。BTT線はバッテリー直結です。
・このナビは、BTT線が12Vを保っていても、ACC線が12Vないと動作しません。(モニタ側の電源にBTT線が接続されていないため。)
・ナビを取り付けて約4年になりますが、このような状況になったことはこれまで一度もありません。
・ナビのACC線は、オーディオハーネスから分岐接続しています。オーディオの方は問題なく使用できています。
 このハーネスからは、他にETC車載器の電源も取っています。こちらも問題なしです。
・先日100kmほど走った翌日、それまで一週間近く起動しなかったナビが、前触れもなく起動しました。
 その際のACC線の計測値は、12Vを上回っていました。
 しかし、さらに100km程度走ったその翌日には起動しませんでした。その際のACC線の計測値は、2.5V程度でした。
・その際、エンジンをかけた状態で計測したところ、電圧計の針が2~5V位の間での小刻みに揺れていました。
 なお、エンジン停止中であれば2.5V程度で一定でした。
・以前は、キーを刺さない状態でも(ACC線12Vが供給されていない状態)でも地図ディスクを取り出すことができていたような気が
 するのですが、今現在はできません。
・ナビの動作以外には、すべてにおいて支障は生じておりません。


自分で思いついた点としては、以下の二点です。(ただ、いまいち決め手に欠ける気がしています。)
(1)オルタネータ故障?
  → であれば、BTT線の電圧も下がっているはず。ただ、エンジンをかけた状態での電圧の揺れが気になる。
(2)電装品の集中によるACC線の電圧降下?
  → なぜ突然発生したのか? こんな急激な下がり方があるのか?

とりあえず、今度の三連休にでも電源の取り方を見直そうと思っているのですが、それまでに別な視点からのご意見・アドバイスを
いただけたらと思い、質問した次第です。
どうぞよろしくお願いいたします。

最近ナビの調子が悪く(電源が入ったり入らなかったり)で困っています。
原因を調べてみたところ、ナビへ接続しているACC電源(以下ACC線)の電圧が12Vを大きく下回っている(測定値で2.5V程度)
ことが分かりました。
しかし、バッテリー電源(以下BTT線)は12Vを上回っていますし、その他の電装品は普通に動作しています。
原因が分からない状況ではありましたが、先日バッテリーをボッシュ製の新品に交換しました。しかし状況は変わっておりません。
そもそも1割程度の電圧変動なら分かりますが、半分以...続きを読む

Aベストアンサー

1のオルタネータ故障であれば、バッテリーにまったく充電されず、すぐにバッテリ上がりの症状が出ます。

2の電圧降下は、ものすごく大量に使えばですけど。。。
そこまで電圧が落ちる前にヒューズが落ちると思われます。

オーディオ裏のACC電源部の電圧が正常であるかどうかをまず調べることからですね。
ほかの機器が大丈夫であれば、そこは大丈夫だと思いますが、
そこがちゃんと正常なら、そこからナビにいく間の配線がおかしいのが確定しますからね。
そこまでわかれば、テスターで、ちょっとづつナビに近づいていくだけです。

Q常時電源とACC電源とイルミ電源は同じ電流が流れますか?

私が持っているカーオーディオには常時電源とアクセサリー電源とイルミ電源の三種類がついています。

質問です。この三種類には同じ大きさの電流が流れますか?それともイルミとアクセサリーはデッキがアクセサリーとか夜とかを判断する信号だけが流れますか?

このデッキの消費電流は10アンペアです。
バッテリーからのプラス電流(常時電流)は最大10アンペア流れるのは間違い無いと思うのですが。
アクセサリーとイルミにこれだけのアンペア流れるのかなぁ。と疑問に思いました。

Aベストアンサー

追記しますm(__)m

私の質問の解釈が変だったので
NO.1は忘れて下さい

消費電流10Aの機械は殆どがACCで使用されます
何故なら車の構造上常時電源は
時計などのメモリーに使うだけなんです

ですからオーディオの常時電源も
時計などのメモリー用の電源になります

通常の作動電源はACCから供給されます
イルミネーション電源は
イルミネーションのオンオフで夜間用の照度に変わったり
夜間用の照明が追加点灯されます

試しに常時電源とイルミネーションを
接続しないままスイッチ入れてみて下さい
普通に鳴りますから

Qプルアップ抵抗値の決め方について

ほとんどこの分野に触れたことがないので大変初歩的な質問になると思います。

図1のような回路でプルアップ抵抗の値を決めたいと思っています。
B点での電圧を4.1Vとしたい場合について考えています。その場合、AB間での電圧降下は0.9Vとなります。

抵抗値×電流=0.9Vとなるようにプルアップ抵抗の値を決めるべきだと考えていますが、この抵抗に流れる電流が分からないため、決めるのは不可能ではないでしょうか?

抵抗値を決めてからやっと、V=IRより流れる電流が決まるため、それから再度流れる電流と抵抗を調節していって電圧降下が0.9Vとなるように設定するのでしょうか。どうぞご助力お願いします。



以下、理解の補足です。
・理解その1
ふつう、こういう場合は抵抗値を計算するためには、電圧降下と抵抗に流れる電流が決まっていることが前提だと考えていました。V=IRを計算するためには、この変数のうち2つを知っていなければならないからです。
また、例えば5V/2Aの電源を使った場合、マイコン周りは電源ラインからの分岐が多いため、この抵抗に2A全てが流るわけではないことも理解しています。

電源ラインからは「使う電流」だけ引っ張るイメージだと理解しているのですが、その「使う電流」が分からないため抵抗値を決定できません。(ポート入力電流の最大定格はありますが…)


・理解その2
理解その1で書いたように、抵抗値を計算するためには、電圧降下と抵抗に流れる電流が必要だと理解しています。図2を例に説明します。Rの値を決めたいとします。
CD間の電圧降下が5Vであることと、回路全体を流れる電流が2Aであることから、キルヒホッフの法則より簡単にRの値とそれぞれの抵抗に流れる電流が分かります。今回の例もこれと同じように考えられないのでしょうか。

ほとんどこの分野に触れたことがないので大変初歩的な質問になると思います。

図1のような回路でプルアップ抵抗の値を決めたいと思っています。
B点での電圧を4.1Vとしたい場合について考えています。その場合、AB間での電圧降下は0.9Vとなります。

抵抗値×電流=0.9Vとなるようにプルアップ抵抗の値を決めるべきだと考えていますが、この抵抗に流れる電流が分からないため、決めるのは不可能ではないでしょうか?

抵抗値を決めてからやっと、V=IRより流れる電流が決まるため、それから再度流れる電流と抵抗を調...続きを読む

Aベストアンサー

NO1です。

スイッチがONした時に抵抗に流れる電流というのは、最大入力電流や最大入力電圧
という仕様から読めば良いのでしょうか。
→おそらくマイコンの入力端子の電流はほとんど0なので気にしなくてよいと思われます。
入力電圧は5Vかけても問題ないかは確認必要です。

マイコンの入力電圧として0Vか5Vを入れたいのであれば、抵抗値は、NO3の方が
言われているとおり、ノイズに強くしたいかどうかで決めれば良いです。
あとは、スイッチがONした時の抵抗の許容電力を気にすれば良いです。
例えば、抵抗を10KΩとした場合、抵抗に流れる電流は5V/10kΩ=0.5mAで
抵抗で消費する電力は5V×0.5mA=0.0025Wです。
1/16Wの抵抗を使っても全く余裕があり問題ありません。
しかし、100Ωとかにしてしまうと、1/2Wなどもっと許容電力の大きい抵抗を
使用しなければいけません。
まあ大抵、NO3の方が書かれている範囲の中間の、10kΩ程度付けておけば
問題にはならないのでは?

QIG線とST線について

エンジンスターターの説明書を読んで理解できないところがあったので教えてください。

イグニッションとスターターとはどういった違いがあるのでしょうか?

そこから配線を分岐させるのですが、どの車でも線の色は共通なのでしょうか?

Aベストアンサー

通常は車種別ハーネスで対応するので細かいところは気にしなくていいのですが、ないとなれば自分で結線するしかないですよね。

配線図で言えばイグニッションは常時電源の端子、スターターはキー位置がスタート(スターター回転中)に12Vがかかる端子ですね。

こればかりはテスターで調べるしかないのでできれば二人でやるといいですね。

キー位置を2段回してIG(ON)にしてバッテリーをつないだ状態でテスターのマイナスをボディー(イグニッションスイッチのあたりならばステアリングシャフトでも大丈夫かもしれないです)そしてハーネスの裏からテスター棒のプラスを挿していきます。この状態で12Vを指示する端子がIG端子ですね。さらにテスター棒を差し替えスタータを回したときに12Vかかる端子を探してください。注意ですがスターターを回したときにエンジンが始動すると面倒なのでできれば点火系をカットした方がいいです。プラグをはずすだけだと燃料が出てしまってかぶってしまうので注意です。(車がわからないので燃料噴射の停止方法が的確に説明できないです)

面倒ならエンジンがかかってしまったら止めて・・・で問題ありません。中途半端にクランキングだけさせてエンジンをかけないとかぶってしまうので注意してくださいね。

通常は車種別ハーネスで対応するので細かいところは気にしなくていいのですが、ないとなれば自分で結線するしかないですよね。

配線図で言えばイグニッションは常時電源の端子、スターターはキー位置がスタート(スターター回転中)に12Vがかかる端子ですね。

こればかりはテスターで調べるしかないのでできれば二人でやるといいですね。

キー位置を2段回してIG(ON)にしてバッテリーをつないだ状態でテスターのマイナスをボディー(イグニッションスイッチのあたりならばステアリングシャフトでも大...続きを読む

QACC ON/+B ON/IG ON それぞれの頻度について

こんにちは。非常に当たり前の質問ですが、確認したいので質問させていただきます。

+Bはバッテリーを付けた時にONとなります。
ACCはエンジンの鍵をACCまで回すとONになります。
IGはエンジンの鍵をSTARTまで回し、その後ONに戻すとONになります。

つまり、頻度としてはバッテリーを何回か意図的につけたりはずしたりしない限りは

ACC ONの回数>IG ONの回数 >+B ONの回数

となると思います。

考えは合っていますでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「OFFからONになったとき」を「ONの回数」と定義するならば、それであっています。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

QAD変換のLSB(量子化単位)の求め方。

AD変換のLSB(量子化単位)を求める式について質問があります。
8ビット分解能の場合、LSBの計算式は以下の式になるようですが、
 LSB = Vref/256 (※Vref:リファレンス電圧)

なぜ"256"で割るのか分かりません・・
次のように"255"ではないんでしょうか。
 LSB = Vref/255

例えば 8ビット分解能、Vref=255Vの場合、次のようなAD変換結果に
なると思います。
 0V = 00000000b
 1V = 00000001b
 2V = 00000010b
   :
 254V = 11111110b
 255V = 11111111b

この場合、LSBは1Vではないでしょうか。
となると、
 LSB = Vref/x
の計算式より
 x = Vref/LSB = 255V/1 = 255

となり "255"で割ることが正しいのではないんでしょうか??

Aベストアンサー

LSBは最下位ビットによる変位幅なので、質問者さんの考え方であっていると思います。
私はそのように教わりました。
失礼ですが、参考文献に誤りがあるのではないでしょうか。

No1の方は256を主張していますが、カードの例えで1LSB=1=(3-0)/(2^2-1)から分解能nビットのAD変換について範囲を(2^n-1)で割るのが正しいことを証明していますね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング