確定申告について質問させて頂きます。
 現在 夫は医師として総合病院で勤務していますが、その他にも
 バイトなどで数箇所での所得があります。
 総合病院のほうは、多分?年末調整されてると思うのですが、その
 他は源泉徴収のみなので確定申告の必要があると思うのですが
 いまいち分からない事があるので教えて下さい。

 (1) 確定申告書はA Bどちらを使用したらいいのでしょうか?
   また AとBの違いは?(同じような状況の家があるのですが
   その家にはAが送られてきたと・・しかしうちにはBが届きまし    た)
 (2) 総合病院の所得に関しては年末調整されていても一緒に確定
   申告するのか?
 (3) バイトに行く際に使う交通費などは控除対象になるのか?
   またなるなら どこに記載すのか?
 (4) 学会に行くために交通費とかも全て実費ですが、それは申告の
   対象にはならないのか?

  色々長い質問になってしまいましたがよろしくお願いします。
 

     

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

医師の場合に多くあるパターンですね。



総合病院に働いているが、他の病院にも行っている。そこからも「お金」がもらえている。

この「お金が」給与なら、確定申告時に総合病院からの給与に合算して給与所得控除を受けて税金精算します。

「お金」が報酬だと事業所得になりますので、給与所得控除を受けられません。報酬を受けるために支出した経費を引いたがくを事業所得として総合病院からの給与に合算して税金精算します。

これとは別に、お医者様特有の講義収入があります。専門の知識を研修会等で講師をしてお礼をもらうなどの「お金」です。
 これは確実に雑所得ですが、事業所得がある場合には事業所得として合算させた方がいいです。
 バイトを雑所得又は事業所得にした場合は交通費は経費になります。
 学会に行かれる費用についてですが、学会に参加で「収入」を得てるでしょうか。ならばその「収入」は経費となります。
 
 学会に参加しても「自分の知識が増す、専門家として研修」という自己研鑽効果が多いのでしたら、貴方の所得税法上の経費にはなりません。
 自己研鑽の必要なのは医師だけではありません。
 勉強に行く費用を所得税の経費にすると、営業マンが日本経済新聞を読んでる費用も給与所得控除があるにもかかわらず経費になってしまいます。
    • good
    • 0

>他は源泉徴収のみなので確定申告の必要があると…



「給与」をもらっていますか、それとも「報酬」ですか。
税金を前払いした証拠書類として『源泉徴収票』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hot …
をもらっているなら「給与」、何ももらえないかもらったとしても『支払調書』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hot …
なら「報酬」=「事業所得」。

>(1) 確定申告書はA Bどちらを使用したらいいのでしょうか…

「給与」だけなら A、事業所得もあるなら B。

>(2) 総合病院の所得に関しては年末調整されていても…

確定申告とは、貯金の利息など源泉分離課税となるものをのぞいて、昨年中のすべての所得が対象です。

>(3) バイトに行く際に使う交通費などは控除…

「給与」なら個別の経費は原則不可、「給与所得控除」のうち。
「事業所得」なら可。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>またなるなら どこに記載すのか…

「事業所得」なら『収支内訳書』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …
を作成して添付。

>(4) 学会に行くために交通費とかも全て実費ですが…

「給与」なら個別の経費は原則不可、「給与所得控除」のうち。
「事業所得」なら可。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年末調整未済だった前職(複数社)の分を転職先が年末調整してくれましたが、その結果をe-TAXで申告する時にはどう入力しますか

【平成20年の状況】
正社員 A社 平成20年11月30日まで勤務 →(転職)→ B社 平成20年12月1日から勤務 ※ただしB社は平成20年12月の給与を平成21年1月10日に支給した。
パート C社 数ヶ月間勤務
派遣 D社 数日間勤務
派遣 E社 数日間勤務

パートC社から得た収入+派遣D社から得た収入+派遣E社から得た収入=合計20万円超でした。これら3社それぞれで源泉徴収がなされ、年末調整はされませんでした。

平成20年12月1日から働き始めたB社の人事総務の担当者に相談したところ、前職のA社の源泉徴収票(年末調整未済)に加え、これら3社の源泉徴収票(年末調整未済)の計4枚の源泉徴収票を提出すれば、こちらで年末調整をすると言われ、実際してもらい、平成21年1月10日の給与支給時に、この年末調整の結果還付となった税金の返金がありました。

【ご質問】
この状況を踏まえ、「電子証明書等特別控除」の適用を受けるため、e-taxにて申請書類を現在作成中ですが、確定申告書Aの第二表の左上にある「所得の内訳」にはどのように入力すれば良いのでしょうか。

転職先で年末調整をしてくれていますので、平成20年に働いた4社それぞれの収入金額と源泉徴収税額を数字をそのまま入力していってしまうと「源泉徴収税額の合計額」が自動計算されて、調整後の税額と異なる金額となってしまいます。

この欄には、正社員として以前働いていた会社名に「等」をつけて、合算した金額を入力したら良いのでしょうか。

丁寧にわかりやすく説明していただける方にご回答をお願い致します。どうぞ宜しくお願い致します。

【平成20年の状況】
正社員 A社 平成20年11月30日まで勤務 →(転職)→ B社 平成20年12月1日から勤務 ※ただしB社は平成20年12月の給与を平成21年1月10日に支給した。
パート C社 数ヶ月間勤務
派遣 D社 数日間勤務
派遣 E社 数日間勤務

パートC社から得た収入+派遣D社から得た収入+派遣E社から得た収入=合計20万円超でした。これら3社それぞれで源泉徴収がなされ、年末調整はされませんでした。

平成20年12月1日から働き始めたB社の人事総務の担当者に相談したところ、前職...続きを読む

Aベストアンサー

B社では、年末調整後の源泉徴収票を貴方に交付してると思います。

一社からの給与を受け取り年末調整をうけたとして、入力をし、確定申告書を作成します。

4社それぞれ入れると、ご質問のようにおかしな数字が出てきます。

なぜなら、B社から受け取った源泉徴収票が4社全部の収入金額に対しての税額に基づいての年末調整をした後の額なので、他の3社分を含めた還付金を受けた額を二重計上してしまう形になってしまうからです。

会社名には「B」を入れて、B社以外の源泉徴収票に記載されてる額は、すべて無視して入力をしてください。

Q年末調整後の確定申告

一度源泉徴収票を頂いたのですが住宅借入金等特別控除の額
が未記入になっていた為再度源泉徴収票を出して頂いたのですが
そのときに年調定率控除額が変わっていたのですが
変わるものなのでしょうか?
それと平成17年度から配偶者控除は無くなったのでしょうか?
あと自動車保険に入っていますが損害保険料の控除額の欄は
未記入でした、去年は3千円と記入されていたような
気がするのですが会社のミスでしょうか?
税務署に聞けばいいのでしょうがずっと話中でつながりません・・・
どなたか教えて下さい宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>配偶者特別控除は仕事をされている方だけではないのでしょうか?
平成15年度までは仕事をしていない人も受けられました。
平成16年度からは所得38万以下に人に存在した配偶者特別控除が廃止されています。
したがって平成16年度からは所得が38万を超えていて配偶者控除を受けられない人に対して所得76万未満であれば段階的な控除額で受けられるようになっています。

配偶者控除自体はなくなっていませんので、専業主婦の配偶者がいれば配偶者控除は受けられます。
源泉徴収票を見れば配偶者控除がなされているかどうかはわかります。

>住宅ローン控除を受けたので納税額が変わったため
>年調定率控除額が変わったと思っていいのでしょうか?
そうです。最終的な納税額は、課税所得から算出された納税額から、住宅ローン減税を差し引き、その差し引いた納税額に対して定率減税を行うという順で計算されますので、必ず変わります。

Q確定申告 年末調整について

昨年分の確定申告をします。
昨年は色々とややこしくわからない点がありますので質問させていただきます。よろしくお願いします。

まず状況を下記に記載します。

 昨年1月~3月までは外注作業員として現在の会社で仕事をしており、
 自営という形になり、報酬(給与)は日当で引かれ物なしで
 もらっていました。また、国民健康保険、年金は自分で支払い
 していました。

 4月からは外注としていっていたこの会社の正雇用となりました。
 税金、保険料など引かれて給料をいただいています。

 昨年12月に子供が生まれた為、扶養家族が増えています。
 (生まれた子供以外の不要はいません)

 出産で医療費が高額になった為、医療費控除を受けます。

会社から年末に、年末調整を受ける為の書類の提出を求められましたが、
1月から3月までは自営扱いになりますので、経費もあると思い、
自分で確定申告をする旨を伝え、19年分の書類は提出していません。

ということで確定申告をする予定ですが、会社からいただいた源泉徴収票を見ると、「給与所得控除後の金額」「所得控除の額の合計額」に金額が入っています。また、1月~3月までの外注分の報酬も金額に含まれているようです。また、12月の給与明細の控除額の内訳欄に「年末調整 -4,780円」と記載があります。

これは、年末調整されているという事で確定申告するとおかしくなるのでしょうか?

国税庁のネットでの確定申告作成コーナーで申告書の作成を行ってみましたが、https://www.keisan.nta.go.jp/h19/syotoku/ta_menuX.htm の
「申告書A」で、「扶養控除」「医療費控除」「生命保険控除」なども入力して作成して問題ないのでしょうか?
そうすると1月から3月までの経費をどう処理していいのかわかりません。。

うまく説明できなくてすみませんが、どうすればいいのかご教示よろしくお願いします。

昨年分の確定申告をします。
昨年は色々とややこしくわからない点がありますので質問させていただきます。よろしくお願いします。

まず状況を下記に記載します。

 昨年1月~3月までは外注作業員として現在の会社で仕事をしており、
 自営という形になり、報酬(給与)は日当で引かれ物なしで
 もらっていました。また、国民健康保険、年金は自分で支払い
 していました。

 4月からは外注としていっていたこの会社の正雇用となりました。
 税金、保険料など引かれて給料をいただいています。
...続きを読む

Aベストアンサー

>会社からいただいた源泉徴収票を見ると・・・・・1月~3月までの外注分の報酬も金額に含まれているようです…

それが間違いないなら、1~3月の分も税法上の「給与」として処理されてしまったことになります。

>「申告書A」で、「扶養控除」「医療費控除」「生命保険控除」なども入力して作成して…

その 3つの控除を会社に届けてなかったのなら、申告すればよいです。
給与所得のみとしての「A」で間違いありません。

>そうすると1月から3月までの経費をどう処理していいのかわかりません…

「給与」の扱いになってしまった以上、個別の経費は原則として引くことができません。
たしかに納税面では不利になります。
税額があまりにも違ってくるようなら、会社に源泉徴収票の訂正を申し入れてください。ただ、

>昨年1月~3月までは外注作業員として現在の会社で仕事をしており…

これは、決められた時間、決められた場所で束縛されるお仕事だったのですか。
それならやはり「給与」と考えるのが自然で、当時「報酬」として支払われたことのほうが不思議なくらいです。
そのあたりの事情まで正確に分かりませんので、これ以上は言及しませんが、会社とよくお話し合いください。

>会社からいただいた源泉徴収票を見ると・・・・・1月~3月までの外注分の報酬も金額に含まれているようです…

それが間違いないなら、1~3月の分も税法上の「給与」として処理されてしまったことになります。

>「申告書A」で、「扶養控除」「医療費控除」「生命保険控除」なども入力して作成して…

その 3つの控除を会社に届けてなかったのなら、申告すればよいです。
給与所得のみとしての「A」で間違いありません。

>そうすると1月から3月までの経費をどう処理していいのかわかりません…

「...続きを読む

Q年末調整や確定申告などについて

私は扶養範囲内でパートしてます。
今の職場で年末調整の書類を渡されたんですがよくわからないので質問させて下さい。


(1)そもそも年末調整って何なんでしょうか?
主婦で扶養範囲内の私がする必要あるんでしょうか?また年末調整をしないとどうなるんでしょうか?
(無知ですみません…今さら誰にも聞けないので)


(2)今の職場には今年の2月末に入ったんですが、2月中旬まで他の職場でパートしていました。
本年中、前職がある方は前職の源泉徴収を提出して下さいと書類に書いてあるんですが、源泉徴収は前職に電話して送ってもらわないといけないんでしょうか?また提出しないとダメなんでしょうか?
なるべく前の職場には電話したくないんですけど そんな訳にはいかないんですかね?


(3)生命保険料や国民年金の証明書を添付するように書かれているんですが、証明書は保険会社から送られてきているのであるんですが、わざわざ添付する必要あるんでしょうか?添付した方がお得なんでしょうか?


わかる方回答お願いします

Aベストアンサー

所得税は1月~12月の年間所得によって計算されます。
給与や賞与から引かれる所得税はおおよその額になりますので一年の終わりに
年間所得を集計して計算し直します。
従って、前の職場の源泉徴収票も必要になります。
会社は、給与から所得税を計算徴収し税務署へ申告する義務があります。
このため、会社が年末の時点で雇用している人には年末調整を行います。
年税額と年間給与から控除された所得税の差額が還付又は徴収されます。
計算してみないと解りませんが、年間所得が多くない私の場合、毎回還付を受けています。
生命保険料や国民年金は、支払った額の一部が非課税になりますので
その分税金が戻ってきます。添付するのはその額を証明する為なので添付が必要です。
私は前職が自営だったので年末調整はせずに、自分で確定申告に行きましたが、
書類を作るのも税務署に行くのも結構面倒でした。
前職の源泉徴収票をもらう方が楽だと思います。

Q派遣社員の年末調整と確定申告

交通費込み時給の派遣社員の場合は、年末調整をするより、
確定申告を自分で行い、交通費を自己申告したほうが
あとで税金が還付されるのでしょうか?

たとえば交通費が毎月1万円かかるばあい、確定申告すると
いくらくらい還付されるのでしょうか?

Aベストアンサー

給与所得者には経費に相当する基礎控除があります
なので通勤費は控除対象にはなりません
申告書には経費や通勤費の記入欄がないのです
通勤費を賃金とは別に支給してもらえば申告不要になり課税されません


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報