今年初めて確定申告(白色)をするのですが分からない事がありまして、お分かりになる方にお聞きしたいのですが、お願いします。

主人が個人で仕事をしています。
私もパートをしていて103万円を超えないように働いています。
白色の申告の時は、配偶者給金は経費にならないが86万の控除を受けられると聞いたのですが、私の使ってるソフトに従業員の欄に記入するのなら、配偶者の欄に記入しないように、と書いてあります。

私の用にパートで収入がある場合はどうすればよいのでしょうか?
配偶者の収入の欄に記入しても良いのでしょうか?
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>「ソフトに従業員の欄に記入するのなら、配偶者の欄に記入しないように、と書いてあります。

私の用にパートで収入がある場合はどうすればよいのでしょうか?配偶者の収入の欄に記入しても良いのでしょうか?」

ソフトの取扱説明書に、専従者として給与を払ってるなら、配偶者控除の欄には記入しないように、と注意書きがされてるということですね(違ったらすみません)。

事業主にとっては、妻の貴方が外の企業に勤めていくら貰っているかは、事業の収支計算には関係ないことです。

所得税の計算過程で「配偶者控除」を受けられるか否かというだけの問題なのです。
専従者になっていると「控除対象配偶者」には金額の多少を問わずなれません。それを「こちらにいれたら、あちらには入れたらいけません」と説明してるのでしょう。

控除対象配偶者になるには、所得が38万円以下である必要があります。
給与所得者(パート収入も給与です)だと、最低65万円の給与所得控除額があります。
給与所得控除額の最低限65万円と38万円を足すと103万円です。

妻がパート収入が103万円以下なら配偶者控除が旦那様が受けられるということです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
今月に入ってから、うちは確定申告の必要がある。と、主人に言われまして....
領収書などもほとんどない状態、確定申告の知識のない状態ですので
大慌てでして..
 
本当にありがとうございました。
これから税務署に行ってきます。

お礼日時:2009/03/16 11:46

専従者とはもっぱら従事する者と書きますので


白色申告では他の方も言っているとおり、六ヶ月
以上の事業への「専従」が必要です。

専従者控除として計上できる金額は正確には
専従者控除を引く前の所得÷(専従者として従事した家族の人数+1)
で配偶者は86万円、その他の家族は50万円を
超えない金額ということになっています。
(超えた場合は最高額は86万と50万)
※ 青色の専従者は又別です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今月に入ってから確定申告の必要がある事を知って、税務署に電話もしてみたのですが繋がらず、自力でやってみたものの、それほどできた頭でもなく...

これで書類は出来上がりました。
今から提出に行ってきます。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/03/16 11:55

>白色の申告の時は、配偶者給金は経費にならないが86万の控除を受けられると聞いたのですが・・



あなたが6か月を超える期間、ご主人の事業に専従し、ご主人が「事業専従者控除」を受けたいのであれば、確定申告書第二表の「事業専従者に関する事項」の欄にあなたの氏名、生年月日などを記入して下さい。

なお、この場合は、配偶者控除も配偶者特別控除も受けられないので、確定申告書第二表の「配偶者(特別)控除・扶養控除」の欄には、あなたの氏名と生年月日は記入しないで下さい。

>私の用にパートで収入がある場合はどうすればよいのでしょうか?配偶者の収入の欄に記入しても良いのでしょうか?

配偶者控除も配偶者特別控除も受けられないのだから、確定申告書第一表の「配偶者の合計所得金額」の欄には、何も記入しないで下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

今回皆さんに教えていただいて、初めての確定申告は無事に提出まで
こぎ着けました。

きっと初歩的は私の質問に答えて下さって本当にありがとうございました。

これから提出に行ってきます。

お礼日時:2009/03/16 12:03

>私もパートをしていて103万円を超えないように…



夫の仕事を手伝って 103万以内をもらっているのではなく、よそへ働きに出ているのですね。
それなら、どうして 103万以内にこだわるのですか。

税金は稼いだ額以上に取られることはないのですよ。
夫がサラリーマンなら、健保とか給与 (家族手当) とかの関連で 103万とか 130万とか言われますが、個人事業主には健保も給与も全く関係ありません。
103万にこだわる意味はないのです。

>白色の申告の時は、配偶者給金は経費にならないが…

それは、夫の個人事業を手伝っている場合の話です。

>私の用にパートで収入がある場合はどうすればよいのでしょうか…

よそで働いているという意味で間違いないなら、「確定申告書 B」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …
の○21「配偶者控除」欄に38万円。
○42 「配偶者の合計所得金額」欄に、パートの給与を「所得」に換算した数字。
第2表の右側中程に氏名と生年月日等を書き入れます。

給与の「所得」は、
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q主婦のパート収入 103万で教えてください

主人の扶養範囲内でパートをしようと思っており 収入(手取り)金額が103万以下となるよう気を付け調節して仕事をしておりました。が、仕事先よりいただいた源泉徴収表の支払い金額欄には源泉徴収税額が含まれた111万円との記載がありました。源泉徴収税額のことをよくわからずにいたのですが、これは収入が111万円だったということになるのでしょうか?自分では103万円を超えていないと思っていたので収入が111万円となると主人の会社での家族手当はどうなるのか?扶養はどうなるのか?申告が必要なのかわからず お教えいただければ幸いです。ちなみに今年以降は私(主婦)の収入が103万円を超えることはないパートです。無知でお恥ずかしいのですがどこに聞いたらよいのかもわからず こちらに質問させていただきました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>主人の扶養範囲内で…

税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
「配偶者控除」と「配偶者特別控除」とでは、税法上の取扱が異なりますから、十把一絡げに扶養と片付けてはいけないのです。

しかも、税法上の配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>これは収入が111万円だったということになるのでしょうか…

はい。

>主人の会社での家族手当はどうなるのか…

家族手当は給与の一部です。
給与はそれぞれの会社が独自に決めていることですから、他人に聞かれても答えられません。
夫にお聞きください。

>申告が必要なのかわからず…

基礎控除以外の「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
で該当するものが一つもなければ、
(111 - 103)×5% = 4,000円
の納税です。

つまり、 4,000円以上前払いしたのなら、前払いした税金のほうが多いです。
確定申告で、多すぎた分が返ってきます。
多すぎる分が返ってこなくて良いなら、申告しなくてもおとがめはありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>主人の扶養範囲内で…

税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
「配偶者控除」と「配偶者特別控除」とでは、税法上の取扱が異なりますから、十把一絡げに扶養と片付けてはいけないのです。

しかも、税法上の配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。

「配偶者控除」は、配...続きを読む

Qアルバイトの扶養控除申告書 配偶者欄について

小さい会社の事務をしております。

基本的な事でお恥ずかしいのですが教えてください。
アルバイトさんなのですが、配偶者とお子さんが3人います。他の仕事の事は良く分かりませんが、うちでは月5万円程度払っていて、扶養控除申告書も出してもらったので所得税は引いておりません。
この場合、配偶者欄(パートをしてるそうです)や扶養欄は記入して貰わなくてもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>うちでは月5万円程度払っていて…

あなたの会社の分だけでは、配偶者控除も扶養控除も取るだけの所得に達しませんから、書いても書かなくても同じです。
むやみやたらと他人の個人情報を収集するのは良くないですから、書いてもらわないでおきましょう。

>他の仕事の事は良く分かりませんが…

おそらく他にも仕事をしているのでしょうから、本人が確定申告をして、配偶者控除や扶養控除が必要ならそのときに取れば良いだけです。
年末現在で複数の職に就いている場合は、あなたの会社が関与することではありません。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q納めた所得税は、青色申告の租税公課の欄に記入していいのでしょうか?

お世話になります。
青色申告について質問なのですが、
納めた所得税は、
青色申告の租税公課の欄に記入していいのでしょうか
また、区民税なども、この租税公課の欄に記入していいのでしょうか
以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>所得税や区民税はどの欄に申告すればよいのでしょうか?
>控除されるものではないのでしょうか?

残念ながら控除されないものですので、書く欄はありません。

但し、所得税の内、予定納税がある場合には、一種の内払いのようなものですので、その分については、申告納税額から控除できますので、「予定納税額」の欄に記入します。
しかし、実際は税務署から来た用紙に印字されているはずですので、記載する必要はないと思いますが。
(というか、印字されていなければ、予定納税していないものと思われますし。)

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2040.htm

Qパート収入と副業収入の申告について

はじめて質問します。今頃ですが申告の仕方について教えてください。全くわからないのですが、一昨年企業を退職し それから特に仕事はしていなかったのですが、昨年末に身内のお店を手伝うことになり現在パートとして手伝いしております。それと同時に たまに要望があって企業に出向いて講師をすることがあり、その収入が昨年度は20万弱ありました。 パート収入は1ヵ月でしたので、7万程度です。講師料については、源泉徴収している企業とそのままの額を振込んでくる企業と二通りです。こんな場合には 申告はどのようにしたらいいのでしょうか教えてください。恥ずかしい質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

>その収入が昨年度は20万弱ありました。 パート収入は1ヵ月でしたので、7万程度…

全部足しても、「所得」(収入ではない) が 38万円を超えませんから、だまってポケットに入れておけばよいです。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>講師料については、源泉徴収している企業とそのままの額を振込んでくる企業と二通…

前払分を取り戻したいなら、「確定申告書 B」を作って提出します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/02a.pdf

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>その収入が昨年度は20万弱ありました。 パート収入は1ヵ月でしたので、7万程度…

全部足しても、「所得」(収入ではない) が 38万円を超えませんから、だまってポケットに入れておけばよいです。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>講師...続きを読む

Q配偶者特別控除申告時の配偶者の事業所得の書き方について

下記の事情の場合、
配偶者特別控除申告書にどのように書いたらいいか教えてください。

配偶者は個人事業主です。
見積所得金額が配偶者特別控除の範囲内の見込みですが、
青色申告時に必要経費計上が認められないものが有る場合、
所得金額が変わり、範囲外または控除額が変わる可能性があります。

以上です。
宜しくお願いします。 

Aベストアンサー

>見積所得金額が配偶者特別控除の範囲内の見込みですが…

配偶者特別控除ということは、所得額により控除額が階段状に変化します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm
もちろん現時点での皮算用でよいのですが、まだ 1ヶ月ありますので決算結果により階段が 1段や 2段上下することは、往々にして考えられます。
その場合は、1月中に会社で再年末調整を受けるか、2/16 以降に確定申告をしなければなりません。

>必要経費計上が認められないものが有る場合…

それはまた頼りない個人事業主さんですね。
まあそれはともかく、決算結果が皮算用と異なったら、夫も確定申告をして修正すれば、法的な問題はおきません。

ただ、提出時に確認できるとは限らず、何ヶ月か後になって経費を否認されることもままあります。
その場合は夫婦共に「修正申告」となり、延滞税などのペナルティが課せられます。
ご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

なお、お分かりかとは思いますが、青色の方なら「青色申告特別控除」後の所得金額で、配偶者控除や配偶者特別控除の対象になるかどうかを判断すれば良いんですよ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2072.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>見積所得金額が配偶者特別控除の範囲内の見込みですが…

配偶者特別控除ということは、所得額により控除額が階段状に変化します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm
もちろん現時点での皮算用でよいのですが、まだ 1ヶ月ありますので決算結果により階段が 1段や 2段上下することは、往々にして考えられます。
その場合は、1月中に会社で再年末調整を受けるか、2/16 以降に確定申告をしなければなりません。

>必要経費計上が認められないものが有る場合…

それはまた頼りない個人事業...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報